珍しい 名前 女の子。 女の子の珍しい名前!古風で綺麗な名前などかわいい名前290選!

女の子の珍しい名前420選!【かわいい】

珍しい 名前 女の子

1-1.漢字一文字の珍しい名前 男の子の名前で漢字一文字のものをいくつか紹介していきます。 珍しいものの、段々と人気を上げてきているのが 「朔(さく)」や「魁(かい)」です。 海のように大きな心を持つ人間になってほしいのなら 「海(かい)」というのもおすすめです。 善良な人柄になってほしいのなら 「善(ぜん)」、名前にカラーを含めたいのなら 「青(あお)」、勇ましい格闘家に育ってもらいたいのなら 「拳(けん)」などもありますね。 特に『北斗の拳』世代のお父さんは、「拳(けん)」という名前に思い入れがあったりもするでしょう。 その他にも、東西南北という方角から名前を拝借するというやり方もあります。 「東(あずま)」というのは名字だけと思われがちですが、名前にも付けることが可能です。 名前は固定観念に縛られず、頭をフニャっと柔らかくして色々と情報を入れることも大切です。 1-2.漢字二文字の珍しい名前 続いて二文字の名前を紹介していきましょう。 「快成(かいせい)」「快斗(かいと)」や 「空翔(あきと)」は今風の名前なので、これから人気を上げていく可能性が高いと考えられます。 男の子の人気名前ランキングでベスト10入りする名前は「陽」の漢字を含むものがたくさんあります。 珍しい名前とスタンダードな名前の境界線上にあるのが 「陽光(ようこう)」です。 もしかするとここから勢いが出て、数年後にはかなりのポピュラーネームになることも十分ありえるでしょう。 「亜門」と聞けば、日本を代表する演出家の宮本亜門さんを連想する人が多いかもしれないですね。 彼の影響もあったのか「亜門(あもん)」という名前を付ける親御さんも一定数いるようです。 一度聞くと忘れにくいインパクトのある名前ですね。 VISA会員誌11月号。 クローズアップインタビュー宮本亞門。 — 宮本亞門 公式 amonmiyamoto 1-3.漢字三文字の珍しい名前 漢字三文字の名前をつける時に人気なのが「のすけ」とつく名前や語尾に「と」や「や」を入れる名前です。 例えば、間に「の」がつく名前には、 「慶乃助(よしのすけ)」「凛ノ輔(りんのすけ)」などがあります。 語尾に「と」がつく名前には、 「明希人(あきと)」。 二文字の名前でも人気な名前ですが、三文字にしてもよいですね。 他には、 「利久斗(りくと)」もあります。 「や」がつく名前には、 「未来哉(みきや)」や 「優希弥(ゆきや)」はいかがでしょうか。 どれもドラマのイケメンな登場人物というイメージがありますね。 1-4.古風・和風なイメージの珍しい名前 古風で和風な男の子の名前をいくつか紹介しましょう。 「臣(じん)」という名前は、古風な意味合いを持ちます。 「臣」という漢字には「主君に仕える者」といった意味があります。 これだけ聞くと「仕えるってことはトップじゃないの?」と思う人もいるでしょうが、実は王のようにトップに立つ人間はごく少数。 自らの器を知り、二番手や三番手のポジションで力を発揮する人もたくさんいます。 人には各々、与えられた運命があるのです。 最も不幸なのが、己に器がないにもかかわらずトップの座にこだわり続ける人々。 そのような人達に人望は集まらず、晩年孤立して寂しさを覚え続ける宿命にあると言えるでしょう。 「臣」の名の付く地位といえば大臣。 国務大臣は内閣を構成する非常に優秀な人しかなれません。 もし「臣(じん)」と付けられた男の子が将来的に大臣の地位に上り詰めたら、それは名前の影響が大きいはずです。 国務大臣(こくむだいじん)は、のの構成員。 であり、を除く国務大臣は、内閣総理大臣が任命し、天皇がする。 で、 閣僚(かくりょう)、 閣員(かくいん)とも言われる。 引用: また元ニートからスターダムに駆け上がったことで有名な米津玄師さん。 彼と同じ 「玄師(げんし)」も日本的な名前と言えます。 「玄師」の「玄」という漢字は• 「普賢(ふげん)」• 「叶夢(かなむ)」• 「肇洋(はつみ)」• 「主水(もんど)」• 「巨登(まさと)」• 「怜久(れく)」 他にも多数ありますが、ほんの一部として上記の名前などが難読な名前であり、難読な読み方と言えるでしょう。 女の子の名前で人気が高い 「凛(りん)」という漢字を、あえて男の子の名前に入れるという方法もあります。 「凛空(りく)」という名前は、最初は読みにくいですが、とても格好良くてスタイリッシュな名前の代表格。 令和の時代におすすめの名前です。 とくに シンプルで自然を感じられる名前が「幹(みき)」です。 一見女の子の名前に多い響きですが、漢字が一文字でインパクトも大です。 強くて土台のしっかりした子というイメージを連想させます。 ほかにもおすすめしたいのが 「流星(りゅうせい)」。 今ドラマや映画で引っ張りだこの人気俳優「横浜流星さん」と同じ名前です。 名前の響きも男の子らしさがあってカッコいいですよね。 1-8.音楽・芸術をイメージする珍しい名前 芸術的な才能に秀でた子に育って欲しいと願う方におすすめの名前です。 「奏(かなで)」は、将来音楽をさせたいという方にはピッタリです。 楽器を奏でる様子から、優雅さや豪華さも感じられます。 さらに音楽は時に「人を癒す」、「人を楽しませる」イメージもあるので印象のいい名前です。 他にも人気なのが「創(そう)」。 なにかを創り出す、創造するという意味があります。 これから明るい未来を創造していって欲しいという願いを込めて付ける人が多いです。 1-9.かっこ良くて珍しい名前 最近は当て字を使ったり、珍しい響きの名前を付けるのが人気です。 人とはあまり被らない、かっこいい名前を付けたいという方は是非参考にしてみてください。 まずは 「煌(こう)」。 漢字の通り、きらめきのある子に育って欲しいという願いを込めて付ける人が多いです。 「煌」という漢字は名前では珍しく、インパクトもあるので男の子にはおすすめですよ。 輝かしさ、美しさを連想させるので一目置かれそうな名前ですね。 続いては 「凱亜(がいあ)」。 漢字を見るとたくましいイメージがありますが、意外にも「にこやか」という意味を持ちます。 強さと柔らかさが対比しているので、現代の男の子にはぴったりです。 1-10.珍しくて画数も良い名前 名前を付ける時、やっぱり画数も気になりますよね。 名前も画数も両方こだわりたいけど、なかなか名前を考えるのは難しいものです。 珍しくて、かつ画数も良い名前を紹介していきます。 「大昇(たいしょう)」。 全部で11画の名前で、男らしい名前です。 11画の名前は、周りから愛されたり富貴繁栄が約束される名前と言われています。 「大」と「昇」、どちらもプラスをイメージさせる漢字なので画数の意味とも相性がピッタリですよ。 「剛史(ごうし)」。 画数は全部で15画の、男らしさが伝わってくる名前です。 15画の名前は財運が良く、良い人間関係にも恵まれるという意味があります。 将来出世してほしい、成功をおさめてほしいと願う方にはおすすめです。 続いては、 「颯馬(そうま)」。 画数は24画で、 末広がりの8と3の倍数なので最高にいい画数です。 健康運もよくお金に困らない名前とされています。 とくに「颯」という漢字は、爽やかさを連想させるため、最近人気が高いです。 強さもありながら、爽やかで美しい印象の名前ですね。 「忍(しのぶ)」• 「景(けい)」• 「純(じゅん)」• 「司(つかさ)」 などは、読みやすいながら個性をしっかりと発揮する漢字です。 日本が誇る四季にちなんだ名前はよく目にしますが、あえてストレートに 「春(しゅん、はる)」と季節一文字で勝負するというのもシンプルで良いですね。 マンガやアニメに登場しても違和感がないほど個性的な名前で 「翠(あきら)」というものがあります。 漢字を覚えるのが大変ではありますが、名付けられた当人は自らの名前というだけあって、かなり練習して覚えるはず。 名前で日本語の早期教育効果が生まれれば、言葉に対するこだわりが生まれるかも? 言葉を大切にできる人は尊敬されますし、言葉を発する仕事や記す業務に就くことも考えられます。 2-2.漢字二文字の珍しい名前 日本人の名前で最も多い漢字の字数は二文字です。 「紗月(さつき)」• 「沙世(さよ)」• 「小雪(こゆき)」• 「小春(こはる)」• 「小夢(ゆめ)」 などは、いずれもキュートさと情緒をバランスよく含んだ文字。 同じように個性をしっかりと放ちつつも調和がとれている二文字の漢字で、 「珠緒(たまお)」「珠季(たまき)」などがあります。 これらの名前は 女性芸能人でも付けている人がいますので、読み方の説明を省けるというメリットがあります。 2-3.漢字三文字の珍しい名前 女の子の漢字三文字の珍しい名前には、同じ音が重なっているものがおすすめです。 一文字や二文字の名前ではできない名前なので、「三文字だからこそ」という特別感もありますし、響きがとても可愛らしいです。 例えば、 「妃沙希(きさき)」、「紗良羅(さらら)」、「七那花(ななか)」、「愛々子(めめこ)」、「莉々花(りりか)」はいかがでしょうか。 また、二文字で人気の名前に一文字足すパターンもおすすめで、名づけのランキング上位にある「芽衣」に一文字足して 「芽衣沙(めいさ)」というのも良いでしょう。 一文字足すだけで、特別な珍しい名前にすることができます。 2-4.古風・和風なイメージの珍しい名前 日本らしさを持つ古風で和風な女の子の名前はたくさんあります。 京都や奈良にはその昔、都がありました。 古都と称される土地ですが、 「古都(こと)」というのは字面も響きも情緒を多分に含んでおり、魅力的な名前ですよね。 京都の「京」を漢字に入れるなら 「京羽(きょう)」というのもありですね。 桜の季節に生まれた女の子には 「桜香(おうか)」と付けてみてはどうでしょう? 夏生まれなら 「蛍花(けいか)」という名前がいいかも。 蛍ほど日本的な虫はいないかもしれません。 蛍は幼虫時代にしか餌を食べることができず、成虫になると水を体内に取り込むのみ。 限られた栄養素をエネルギー源として、わずか二週間ほどで子孫を残して亡くなります。 都々逸で「鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす」という有名な一節があるほど、たくさんの人に親しまれてきた昆虫です。 愛され続ける蛍を、大切な赤ちゃんの名前に含めるのは良い選択でしょう。 日本にはいくつかの和楽器があります。 その中でもお琴は外せないでしょう。 お琴の音色で 「琴音(ことね)」、お琴に羽で 「琴羽(ことは)」というのも、和の雰囲気がすごく出ますね。 ロマンチストな親御さんに推奨したいのは 「恋歌(こうた)」です。 恋に関する歌は、万葉集、古今和歌集などの時代からたくさん詠まれてきました。 西野カナさんの『トリセツ』ではないですが、これからもたくさんの恋歌が生まれるでしょう。 「恋歌(こうた)」と命名された女の子も、いずれは素敵な恋をするはずです。 2-5.海外でも通用する英語風の珍しい名前 今は日本国内だけではなく、海外を視野に入れても全くおかしくない時代。 むしろグローバルな価値観を取り入れないと、令和に入ってからはやっていけないかもしれません。 海外でも通用する英語風の珍しい名前をいくつかお伝えしましょう。 フランスの画家を連想させる音を持った名前として 「萌音(もね)」というものがあります。 芸術的な素養がある人からは、「お父さんかお母さんは、クロード・モネが好きなの?」と尋ねられるかもしれないですね。 ヨーロッパ系に多く特にドイツの女性で見かける名前が「ハンナ」。 これに漢字を当てはめれば、 「範奈(ハンナ)」となります。 「ハンナ」には「優雅な者」という意味があるため、「品位溢れる女性に育ってほしい」と思う親御さんは名前の候補に入れてくださいね。 2-6.読み方が珍しい名前 読み方が難しい女の子の名前は、難易度の分だけどう読むか理解できた時に「そう読んだらいいのか!」と感情が動いて脳裏に焼き付きます。 「紅亜(くれあ)」「景桃(けいと)」はまさに、その種の名前。 命名する際は、少々勇気が必要かもしれません。 しかし赤ちゃんが育ってくると、名前は当人になじんでいくもの。 「名は体を表す」という言葉の通り、革新性のある名前を持つ人は新しい生き方を自然とするかもしれないです。 確かにかわいいけど…読めないんだよなぁ。 しかし、市民権を得ると何の違和感もなく呼ばれるようになるのが不思議なところ。 市民権を得る 国家や都市に所属する市民として認められ、諸々の権利が与えられるさま。 転じて、ある行為や考え方が広く知られ、一般的なものとして根付く様子などを譬えて言う表現。 引用: 何でもかんでもキラキラネーム、DQNネームと脊髄反射で批判するのではなく、 その名前が持つ長所にフォーカスすることも必要ではないでしょうか? 2-7.ひらがなで珍しい名前 珍しい名前にすると「漢字が読めない」とキラキラネームとされてしまう場合がありますが、ひらがなであれば、珍しい名前でも絶対に読むことができます。 ですから、好きな名前をつけることができますね。 ここでは、可愛らしいひらがなの名前をご紹介します。 二文字だと 「ここ」、「なゆ」、「のこ」、「める」、「もあ」、「りず」。 珍しい名前で中性的なものを紹介していきましょう。 先ほど「蛍」を含んだ名前を紹介しました。 実は「蛍」一文字で「けい」と読むことができます。 また同じく一文字のものでいえば• 「縁(えにし)」• 「育(いく)」• 「聖(せい)」• 「青(あお)」• 「寿(とし)」 などがありますね。 極めて短い間という意味を持つ 「刹那(せつな)」も男女両方に使える名前です。 人生は刹那の連続。 一瞬一瞬を大切にできる人間に育ちそうですね。 似たようなニュアンスを持つ名前として 「瞬那(しゅな)」というものもあります。 昔から「真」の文字は名前によく用いられてきました。 「真琴(まこと)」「真尋(まひろ)」なども、性別に捉われない名前となります。 漢字三文字のものをいくつか挙げましょう。 加藤一二三さんの名前で浸透した感もある 「一二三(ひふみ)」は、女の子に付けても違和感がありません。 また 「千愛輝(ちあき)」という名前は、女の子っぽいと感じる人がいるかもしれないものの、今の時代であれば男の子に付けてもなんら問題ありません。 一文字の漢字の名前は「朔」「魁」「海」「拳」「東」• 二文字の漢字の名前は「快成(かいせい)」「快斗(かいと)」「空翔(あきと)」「陽光(ようこう)」• 三文字の漢字の名前は「慶乃助(よしのすけ)」「凛ノ輔(りんのすけ)」「明希人(あきと)」「利久斗(りくと)」「未来哉(みきや)」や「優希弥(ゆきや)]• 古風・和風な名前は「臣(じん)」「玄師(げんし)」• 海外で通用する名前は「豪(ごう)」• 読み方が難しいけど個性的な名前は「普賢(ふげん)」「叶夢(かなむ)」「肇洋(はつみ)」「主水(もんど)」「巨登(まさと)」「怜久(れく)」「凛空(りく)」• 植物や自然をイメージする名前は「幹(みき)」「流星(りゅうせい)」• 音楽や芸術をイメージさせる名前は「奏(かなで)」「創(そう)」• かっこ良い個性的な名前は「煌(こう)」「凱亜(がいあ)」• 画数も良い名前は「大昇(たいしょう)」「剛史(ごうし)」「颯馬(そうま)」 などとなります。 女の子の珍しい名前をまとめると• 漢字一文字は「忍(しのぶ)」「景(けい)」「純(じゅん)」「司(つかさ)」「春(しゅん、はる)」「翠(あきら)」• 漢字二文字は「紗月(さつき)」「沙世(さよ)」「小雪(小雪)」「小春(こはる)」「小夢(ゆめ)」「珠緒(たまお)」「珠季(たまき)」• 漢字三文字は「妃沙希(きさき)」「紗良羅(さらら)」「七那花(ななか)」「愛々子(めめこ)」「莉々花(りりか)」「芽衣沙(めいさ)」• 古風・和風な名前は「古都(こと)」「京羽(きょう)」「桜香(おうか)」「蛍花(けいか)」• 「琴音(ことね)」「琴羽(ことは)」「恋歌(こうた)」• 読み方が珍しい名前は「紅亜(くれあ)」「景桃(けいと)」• 海外で通用する名前は「萌音(もね)」「範奈(はんな)」• ひらがなの名前は「ここ」「なゆ」「のこ」「める」「もあ」「りず」「うらら」「にいな」「かがり」「きらら」「きらり」「ひらり」「りのん」「りりい」 などが挙げられます。 男の子と女の子の双方に付けられる中性的で珍しい名前としては.

次の

女の子の珍しい名前420選!【かわいい】

珍しい 名前 女の子

赤ちゃんの名前一文字?二文字?それ以上? 女の子の名前を決めるために、まず 文字数から検討してみてはいかがですか? 名前を決めるためには柱となる方針を何か一つ設定すると決めやすくなります。 また、名字と名前のバランスはとても重要なんですよ。 例えば一文字の名字に対して名前の文字数が一文字だと、どうしてもアンバランスな印象を受ける人もいます。 だから一文字の名字の場合、名前は二文字・三文字がスマート。 三文字姓の場合は二文字の名前にする人が多いです。 【一文字の特徴】 一文字の名前は少し前まで男の子の名前として流行していましたが、近年は女の子の名前でも人気です。 一文字の漢字が持つ意味やイメージを前面に出すことができます。 古風だけど古臭くない、かわいい名前が多いです。 【二文字の特徴】 時代・年代問わず不変の人気を誇るのが二文字の名前です。 漢字の場合、二つ組み合わせることができるので、 いくつかの願いや想いを込めるのに最適な文字数です。 【三文字以上の特徴】 字面の良さが前面に出るのが三文字の名前です。 漢字であれば字体の持つカッコよさを、 ひらがなであれば女の子らしい柔らかい雰囲気をアピールしやすい文字数です。 2018年女の子の名前人気ランキング! 次に 2018年人気の女の子の名前をランキング形式でチェックしてみましょう。 ウェブサイト「赤ちゃんの命名ガイド」では名付けに人気の「よみ」と「漢字」が男の子・女の子別でランキングされています。 2018年6月23日時点で、女の子の人気の「よみ」と「漢字」ランキングは下記の通りです。 読み 漢字 1位 はな 結 2位 さら 咲 3位 ゆい 桜 4位 さな 陽 5位 めい 花 出典元: この結果を基に筆者が2018年に人気となる女の子の名前を大予想。 文字数別にランキングしてみました。 使用する漢字 一文字 二文字 三文字 1位 結 結(ゆい) 結衣(ゆい)・結愛(ゆあ) 結衣菜(ゆいな)・結莉菜(ゆりな) 2位 咲 咲(さき) 美咲(みさき)・咲良(さくら) 咲也香(さやか)・咲莉奈(さりな) 3位 花 花(はな) 花音(かのん)・花蓮(かれん) 穂乃果(ほのか)・百合花(ゆりか) 4位 桜 桜(さくら) 美桜(みお)・桜子(さくらこ) 伊桜里(いおり)・桜久良(さくら) 5位 陽 陽(はる) 陽葵(ひまり)・ 陽菜(ひな) 陽菜乃(ひなの)・亜咲陽(あさひ) 太字にしている名前は2017年に特に人気のあった名前です。 2018年の女の子に人気の名前で使用されている漢字は、一目見て「女の子だ」とわかる漢字が多いのがわかります。 「咲」「花」「桜」は花を表現することで女の子らしさがある漢字ですし、「結」は女性特有のやわらかさを、「陽」は太陽のような明るさを感じさせてくれる漢字です。 流行に外れた名前はちょっと……というパパさんママさんはぜひこちらのランキングを参考にしてください。 珍しい名前をつけたい! 古風・和風な名前を参考にする ここからは珍しい女の子の名前を考えている人、へジャンル別に名前をご紹介します。 まずは「古風・和風」な女の子の名前から見ていきましょう。 ・【「花」を使った名前】 ランキングにもランクインしていた 「花」という漢字は、昔から女の子の名前として親しまれてきた漢字です。 「花」一文字では「はな」と読む名前が主流です。 「花」の字自体が「花のように美しい様子」を表したり、「日本の桜、梅」を指したりするので、古風でかわいい名前としてはピッタリです。 【「花」を使った二文字の名前】 一花(いちか)、藤花(とうか)、桜花(おうか)、愛花(あいか)、春花(はるか)、花蓮(かれん) など 【「花」を使った三文字以上の名前】 菜乃花(なのか)、百々花(ももか)、千花子(ちかこ)、美花子(みかこ) など ・【「雅」を使った名前】 女の子の名前として 「雅」は一文字で 「みやび」と読みます。 それに「みやび」というと日本に古くから伝わる美的感覚でもあります。 日本の精神を大切にした本居宣長は「雅」の感覚も大切にしたんだそうですよ。 「雅」は男の子の名前にも使われる漢字ですから、字体が男の子っぽくなる可能性もあるので気をつけてくださいね。 【「雅」を使った二文字の名前】 礼雅(あやか)、愛雅(あいか)、雅子(まさこ) など 【「雅」を使った三文字以上の名前】 愛衣雅(あいか) など ・【「音」に関連する名前】 日本に古くから伝わる美しい言葉には 音や音楽に関連したものも多くあるので女の子の名前におすすめです。 例えば日本の伝統的な和楽器である 琴。 琴を美しくかき鳴らすためには芯のある力強い指裁きが必要です。 「一つ一つの音を力強く鳴らすように、少しずつ丁寧に、そして可能な限り美しい人生を歩んで欲しい」という意味を込めることができます。 他にも 「音」という漢字そのものや、和歌という単語でも親しまれる 「歌」も古風な名前にピッタリ。 まとめてご紹介します。 【「音」に関連する一文字の名前】 琴(こと)、詩(うた)、響(ひびき)、律(りつ)、奏(かなで) など 【「音」に関連する二文字の名前】 美琴(みこと)、琴音(ことね)、朱音(あかね)、歌子・詩子(うたこ)、響子(きょうこ)、律子(りつこ) など 【「音」に関連する三文字以上の名前】 琴都音(ことね)、天舞音(あまね)、由歌里(ゆかり)、詩津歌(しづか)、帆乃歌(ほのか)、いろは など 花の名前や物の名前から連想する 女の子らしさが溢れる花の名前や物の名前から連想するのも、珍しい名前を付けるポイントです。 ・【花の名前から連想する】 女の子の名前として最近の流行でもあるのが 「葵」(あおい)。 ちなみに「葵」という漢字は 「向日葵」(ひまわり)にも使われていますので、鮮やかで凜とした姿や逞しく成長する様子、花の可愛らしさを表現したい名前に向いています。 冬生まれの女の子なら 「椿」(つばき)も素敵です。 見も凍る雪の中で美しく花を咲かせる様子は、強く美しい女性像を思わせます。 ランキングにも入っていた桜や、三月に咲き乱れるかわいい桃の花から連想する名前も素敵です。 【「花の名前」から連想する一文字の名前】 葵(あおい)、椿(つばき)、桃(もも)、棗(なつめ)、菫(すみれ)、梓(あずさ)、苺(いちご)、霞(かすみ)、芹(せり)、茜(あかね)、藍(あい)、柚(ゆず)、蘭(らん) など 【「花の名前」から連想する二文字の名前】 花梨(かりん)、彩芽(あやめ)、紫苑(しおん)、紅葉(もみじ)、胡桃(くるみ)、百花(ももか)、杏奈(あんな)、芹香(せりか) など 【「花の名前」から連想する三文字以上の名前】 向日葵(ひまわり)、つくし、かんな など ・【物の名前から連想する】 季節折々の物や色の名前など、特定の物から連想する女の子の名前も珍しくてかわいいものが多いです。 こちらもまとめでご紹介します。 【「物の名前」から連想する一文字の名前】 文(あや)、栞(しおり)、紫(ゆかり)、渚(なぎさ)、緑(みどり)、光(ひかり)、雪(ゆき)、楓(かえで) など 【「物の名前」から連想する二文字の名前】 一葉(いちよう)、弥生(やよい)、皐月(さつき)、瑞穂(みずほ)、和歌(わか)、瑠璃(るり) など 【「物の名前」から連想する三文字以上の名前】 あかり、こはる、香央梨(かおり) など パパママの名前から一文字ずつとる 「親から子へ受け継ぐ」という意味では、パパとママの名前から一文字ずつ取って名前を付けるというのも素敵です。 特に女の子は受け継いだ名字が結婚などで変わってしまうことも想定されますから、変わらない名前へ想いを込めることができます。 明治安田生命が2017年に発表したの女の子部門では 「莉子」が 4位にランクイン。 先に引用したサイト「赤ちゃんの命名ガイド」でも「莉」という漢字は人気ランキング9位にランクインしています。 そもそも「莉」という字は植物の ジャスミンを連想させる漢字。 日本では「茉莉花」(まつりか)と呼ばれてきたジャスミンは、香水にも使われる香り高い花を咲かせます。 しかし香りとは反対に、花自体は意外なほど可憐。 主張しすぎないけれど確かな美しさを備えているジャスミンは女の子の名前の由来にふさわしい花です。 筆者は「莉」が今から人気になっていく女の子の名前に使用されるのではないかと予想しています。 【「莉」を使ったおすすめ・かわいい一文字の名前】 莉(れい) 【「莉」を使ったおすすめ・かわいい二文字の名前】 茉莉(まり・まつり)、莉紗(りさ)、優莉(ゆうり)、莉緒(りお) など 【「莉」を使ったおすすめ・かわいい三文字以上の名前】 茉莉花(まりか)、万莉乃(まりの)、香莉菜(かりな) など 芸能人の芸名や役名を参考にする かわいい名前といえば芸能人の名前や役名の名前もかわいいものが多いので、ぜひ参考にしてみてください。 役名であれば、役柄や性格に注目して選んでもいいですね。 女の子の名前を全く決めていない人は文字数から検討を• 流行に外れたくない人は2018年に流行しそうな名前をチェック• 珍しい女の子の名前を付けるキーワードは3つ 「古風・和風」、「花」、「パパママから一文字もらう」• 女の子のかわいい名前におすすめは「莉」• 芸能人の芸名や役名もチェック よほどのことがない限り、名前はその子が一生付き合っていくものです。 女の子には、赤ちゃんの今だけでなく学生時代や就活で名前を呼ばれるときにも「素敵だな、かわいいな」と思える名前を付けてあげたいですね。 この記事が皆さんが素敵な名前を付けられる手助けになったら幸いです。

次の

女の子のかわいい名前一覧!珍しい・古風な名や響きが可愛い名前など

珍しい 名前 女の子

珍しくて少ない女の子の名前ランキング ひととき流行したキラキラネームとは、またニュアンスが異なる珍しくて少ない名前。 なんて素敵な漢字を使っている名前なんだろう!と感じたその名前は、見た目だけではなく響きも素敵だったりします。 そんな頭が固い自分には思いつかない、素敵に心地よい名前。 スポンサードリンク 花心 名前の読み方は「かこ」と読みます。 とても綺麗な名前「花心」は、花を愛する方が考えた名前でしょうか。 清楚・素直・かわいらしい・癒されるなど、良いイメージばかり湧いてきます。 「花心」に願いを込めるなら「清らかな心で周囲の人を癒し、愛される人となって、花のある人生を送ってほしい」ですね。 「花心」は「かこ」の読み方の他にも、「はなこ」の読み方も考えられます。 花心のある風流な人になってほしいと願いを込めて「花心」と名づける方もいるそうですよ。 心優 名前の読み方は「みゆう」と読みます。 「心」は「気持ち」「おもいやり」など、「優」は「やさしい」「おだやか」などの意味があります。 漢字の通りに、広く温かい心で穏やかに、周囲の人に優しくできる人となってほしい!と願いが込められます。 漢字の見た目だけでも、温かい人を連想する名前ですね。 心優は「みゆう」の他にも「みひろ」とも読まれています。 茉宙 名前の読み方は「まひろ」と読みます。 ジャスミンの花をイメージする「茉」と、空や天を意味する「宙」で「茉宙」。 「茉宙」には、清純で美しく、広い心を持った人となって、世界にはばたいてほしい!と願いが込められます。 男の子の名前のイメージがある「宙」ですが、女の子らしいイメージがある「茉」と組み合わさると女の子の名前のイメージになりますね。 かなり珍しくてなかなか見ることのない名前ですが、響きがいいですね。 花穏 名前の読み方は「はのん」と読みます。 漢字の見た目は優しく、読み方の響きも穏やかに美しい名前ですね。 「花穏」に願いを込めるなら「穏やかで優しく、可憐にかわいらしい人になってほしい」でしょうか。 個人的には「はのん」の響きが好きですが、「かのん」という響きも素敵です。 「伽羅」は、とても良い香りがする木をいい、花言葉のなかに「高尚」という花言葉があります。 花言葉などから「伽羅」には、上品に気高く立派な人になってほしい!と願いが込められますね。 「伽羅」という名前の方には、本木雅弘・内田也哉子夫妻の娘「内田伽羅」さんがいますね。 本木雅弘・内田也哉子さんは、どんな願いを込めて「伽羅」と名づけたのでしょう? ちょっと聞いてみたいですね。 奏和 名前の読み方は「そわ」と読みます。 「奏」は「すすめる」「申し上げる」「かなでる」、「和」は「やわらぐ」「なごむ」などの意味があります。 「奏和」に込める願いは「人との和を大切にし、和ませ癒すことのできる人になってほしい」でしょうか。 「奏和」には、「そな」と言う読み方もありそうですね。 花が咲く・笑うなどの意味がある「咲」と、はね・つばさなどの意味がある「羽」で「咲羽」。 「咲羽」には、笑顔が素敵な魅力のある人となり、広い世界で活躍してほしい!と願いが込められます。 「さくは」の読み方の他に「さきは」の読み方もある名前です。 璃音 名前の読み方は「りおん」と読みます。 爽やかで透明感のあるイメージの「璃」、人を癒す力がある「音」の二文字で「璃音」。 「璃音」には、上品で透明感のある心を持つ人になってほしい!と願いが込められます。 「璃音」は、「りおん」の他に「りね」「りのん」の読み方もあります。 秋桜花 名前の読み方は「あきか」と読みます。 「秋桜」と書いて「コスモス」と読むと思っている方も多いかもしれませんが、秋桜はコスモスの和名で、読み方は「あきざくら」と読みます。 いつの日からか、秋桜を「コスモス」と読むようになったのは、山口百恵さんの「秋桜」という曲からだとされていますね。 「秋桜花」は、実り多い「秋」に、日本の国花とされている「桜」、植物の総称「花」の三文字から成っています。 「秋桜花」に願いが込められるなら「温かい心を持ち、華やかに実り豊かな人生を送ってほしい」でしょうか。 緋彩 名前の読み方は「ひいろ」と読みます。 「濃い紅色」「あか」の意味がある「緋」、「いろどり」「美しい」「あや」などの意味がある「彩」で「緋彩」。 魅力的な人を連想する名前「緋彩」に願いを込めるなら、「才能に恵まれ、美しく彩り豊かな人生を送ってほしい」ですね。 【11位】 美久梨 名前の読み方は「みくり」と読みます。 美しいなどの意味を持つ「美」、久しい・長いなどの意味を持つ「久」、果実のナシの意味がある「梨」で「美久梨」です。 「美久梨」に願いを込めるなら「豊かな感性を持つ心がきれいな人となり、人生を歩んでいってほしい」でしょうか。 【12位】 華緒 名前の読み方は「かお」と読みます。 美しく優雅なイメージがある「華」、しとやかで思いやりのあるイメージの「緒」の二文字で「華緒」。 「華緒」には、人とのつながりを大切にできる思いやりのある人となって、魅力ある人になってほしい!と願いが込められます。 【13位】 紗羽 名前の読み方は「さわ」と読みます。 しなやかに柔らかいイメージのある「紗」と、おおらかで広いイメージのある「羽」。 「紗羽」には、しなやかに柔軟性の備わった人となって、未来へはばたいてほしい!と願いが込められます。 【14位】 絵夢 名前の読み方は「えむ」と読みます。 漢字の見た目も響きも、かわいい「絵夢」。 「絵夢」に願いを込めるなら「豊かな感性を持って、夢を実現してほしい」と願いが込められますね。 【15位】 織舞 名前の読み方は「しきぶ」と読みます。 「織舞」は、機を織る・あやぎぬなどの意味を持つ「織」と、まう・励ますなどの意味を持つ「舞」から成っています。 「織舞」には、明るく周りを元気づけ、心遣いのできる優しい人になってほしい!と願いが込められそうです。 スポンサードリンク 終わりに・・・ いかがでしたか? 今回は、珍しくて数少ない変わった女の子の名前をランキング形式でご紹介しました。 あなたの目に留まるような素敵な名前はみつかったでしょうか。 人名に使える漢字も増え、当て字などで名前を名づけても何の違和感もない今日この頃。 親の願いや字画などを考えて名づけするなら、珍しい名前も素敵でいいですよね。 ただ、やっぱり読めない難読な名前には注意が必要ですよ。 自己満足にならないように、こどもの将来を願って名付けしてくださいね。 最後までありがとうございました。 カテゴリー• 140• 106•

次の