シリアス無言劇 変なおじさん。 「志村けんのだいじょうぶだぁ」を見て甦った「鬱展開」の記憶

【芸能】笑いでなく「泣き」を追求 志村けんさんの「シリアス無言劇」シリーズ [臼羅昆布★]

シリアス無言劇 変なおじさん

芸名の由来は父親の名前 本名は志村康徳さんといいます。 芸名の「けん」の由来は、お父さんの名前「憲司」から。 ちなみに、学校の校長を務めるほど超真面目人間だったそうですが、お笑いを見てゲラゲラする姿を見て「お笑いってスゴい!」と思ったのがきっかけだったとか。 ちなみに憲司さんは、交通事故が原因で脳の病気になり、脳内出血が原因の認知症状が進んでしまい、ドリフターズへの道に進む前に亡くなっています。 その時の父親の姿をモデルにしたのが、志村さんの名人芸であるトンチンカンなやり取りだったそうです。 ドリフの付き人時代に、いかりや長介さんにネタ見せ ドリフターズの付き人時代から、コメディアン路線を目指してた志村さんは、付き人同士で『マック・ボンボン』を結成。 もっとも最初は『チャーミングコンビ』という名前だったのですが、 いかりや長介さんから「ちっともチャーミングじゃねぇじゃねーか!」と却下されたそうです。 看板番組ギンギラ・ボンボンを持つことに。 前の同時間帯番組は伝説のバラエティ番組『シャボン玉ホリデー』ですから、どれだけ期待されてたか分かろう、というもの。 しかし、持ちネタが少ないことが仇になり、番組は半年経たずに打ち切り。 それでもコメディへの意欲は失わず、ドリフのリーダーいかりや長介さんに、ネタ作りをしては意見を求めていたそうです。 「付き人は何人もいたが、そんな奴志村だけだった」といかりやさんは後年語っていました。 窮余の策だった『東村山音頭』 荒井注さんの脱退に伴い、ドリフのメンバーに昇格した志村さん。 しかし、荒井さんの抜けた穴は大きく、新メンバーの志村さんは大苦戦。 当選、『8時だョ、全員集合』の視聴率も低調に。 しばらく、以前の傑作選でしのぎつつ、メンバーはネタの練り直しをしたそうです。 そんな時、息抜きのマージャンをしている時に志村さんが口ずさんでいたのが『東村山音頭』。 その歌詞が妙に印象に残ったいかりやさんが、3丁目の歌を追加し、もはや歌ではなくシャウトな1丁目は志村さんが作り、聖歌隊コントの締めに使ったら見事にバカ受け!! メンバーチェンジの低迷期を見事に乗り切りました。 これは伊集院光さんのラジオで話していたのですが、以前のコントではオナラの音は、ラッパのプァ〜、という音を使っていました。 かねてからレコード収集を趣味にしていた志村さんが、ある日見つけたのが「オナラの音を収録したレコード」。 様々な種類のオナラの音を専門家が録音した、というなんの目的で作られたかが分からない「珍盤」なのですが… こりゃいい、と早速購入してコントに使ったところバカ受け! それ以来、あのリアルな「ブッ」「ブリブリ〜」というリアルな音がコントで定着したそうです。 私はあまりに当たり前すぎて、意識してませんでしたが、西部劇コントでよく使われていた「最初はグー!」が子供たちに定着。 もはや全員集合を見たことない世代でも知る定番となりました。 在日米軍も大ファン これはご自身の自伝『変なおじさん』より 志村さんがある時、在日米軍の兵士から「お前アメリカ行けよ!仲間はみんな大ファンだぞ!!」と言われたとか。 もちろん、向こうは日本語はあまりわかりません。 しかし、志村さんの笑いってなんで、アメリカ人にも受けるのか? 女優の太地喜和子さんは志村さん演じる「ひとみおばあさん」のファンで、それっぽく見えるのが志村さんのすごいところ、と生前よく話していました。 偉くなったらオシマイ 志村さんが『バカ殿』で共演していた東八郎さんに「いい歳になってもなぜ馬鹿な演技ができるのでしょうか?」と尋ねたことがあるそうです。 当時の子供達に衝撃を与えた「サイレントシリアス劇」シリーズ オカリナの悲しげなメロディが流れながら、セリフは一切なく、オチもなし。 当時子どもの私はポカン…たまたま一緒に見てたお袋が涙目になってた… 後でコレが『伊集院光日曜日の秘密基地』の情報捜査コーナーで明らかになったところによると… 飲みの席で、「泣かせる」と「笑わせる」のどちらが難しいか?となった時、志村さんは笑わせる方だ!と断言。 じゃ、今度泣かせられるかどうか番組でやってみよう、となったのがこのコーナーだったそうな… ただ、何回かやってたら視聴者も慣れてくるので、途中までシリアスにしておいて、オチに変なおじさんが登場!という「視聴者の裏をかく」パターンも登場しました。

次の

志村けんさんの芸人エピソードまとめ

シリアス無言劇 変なおじさん

2 日のフジ系「」 2 時間ルを見た。 コントオンリー。 しかもオール新作だという。 とはいえ、が下ネタ連発、セクハラ放題、老人キャラで手を震わす、頭レ気味の男を演じてキモがられる、そしてリーサルウェポン「変なおじさん」でパジャマ姿の優香に襲いかかるなど、志村コントの粋を集めたそんなコント群はお約束にまみれている。 もう何十年も同じようなものを見せられてるような気もするし、これ家族といっしょに見たら絶対気まずくなるだろうってこと請け合いの内容でもある。 ただ、あんまりバカすぎて正直声を出して何度も笑った。 おもしろかったです。 深夜のレギュラー番組(現在は「志村屋です。 」)はずっと続いているものの、常時見たいという気持ちにはなれず、このたびルという機会に、ベタでエロでバカな志村イズムが発揮されまくってるのを久しぶりに見て、うれしくなった。 特にとの与太話を延々と繰り広げる芸者コントが相変わらずくだらなかった。 志村と柄本ふたりのだる〜んってしゃくれちゃう感じの「顔」を見てるだけで噴き出す。 また「」という名前が出演者テロップのかなり目立つところにポジショニングされていて、「誰だろう?」と思ったが、いつも「」でメガネをかけた家来として出演している人だった。 しかもの弟子だという。 弟子なんていたのか。 またこの芸名「」を命名したのはダチョウとらしい。 なにやらおつまみ的な「」。 芸名というかまるで有吉のつけるあだ名みたいだ。 ちなみにのひぐち君に有吉がつけたあだ名は「三遊亭ショボ太郎」だ。 ところで途中、ひとつこんなコントがあった。 扮する父親が優香扮する娘を連れて歩く。 妻は「買い物に行く」と行ったきり 3 ヶ月も帰ってこない。 ド貧乏で雨が降っても濡れっぱなし。 娘が風邪をひいても満足に薬も買えない。 水たまりをよける長靴も買えない。 ひもじい生活。 それでもなんとか 500 円の長靴を娘に買いあたえて束の間の幸せをかみしめる。 水たまりにもどんどんハマれる、とはしゃぐ優香。 しかし調子にのって親子ふたりで大きな水たまりに入ってみたら、実はものすごく底が深くて膝上までどっぷりハマッてしまう。 身動きが取れない。 いかにも悲劇を演出する旋律の音楽が流れる中、ふたりにはピンスポットライトが当たり、その周囲はすべて暗転。 微妙に暗ーい感じで終わっていく。 そんなコント。 それなりに笑いどころもあったし、またおなじみ「笑い屋 SE 」的な音声も挿入されていたので、素直に笑っていいコントという受け取り方をして良いのだと思う。 しかし「バカ親子」みたいに鼻垂らしたりふざけた言動をするわけでもなく、「貧乏で満足にモノが買えない」ということにやたら重みがあって、ほんのりシリアスなコントだった。 このコントを見ていて思い出したことがある。 「」がまだレギュラー放送をしていた時代、じっとコントだと思って見ていたら、実はそれがコントでもなんでもなく、笑いどころはおろか「笑い声 SE 」もそして演者たちのセリフすらいっさい無く、ただただ無言でひたすらシリアスに終わる「ミニドラマ」だった、ということが何度かあった。 もう 15 年以上前のことになる。 (現)や、そしてがレギュラー出演していた月曜 8 時の時代のことだ。 コントをシリアスの方向に振るだけ振っておいて、でもオチは「変なおじさん」でした! なーんだくだらない! というどんでん返しなら、まだいい。 たとえ予定調和であろうともそのほうがオチが効果的だ。 ところがそれをあえてシリアスなままで終わらせる。 ぼくがちょっとトラウマなのは、と扮する老夫婦みたいなのが、海岸の砂浜から海のほうに一歩一歩近づいていって、そのまま荒れた波に沈んで消えていってしまう…というワンシーンだ。 笑いどころもオチもない。 謎を残したままこの「コント」は終わるが、もちろんもはやコントでもなんでもなかった。 「そういうドラマだ」と最初から心構えができているならよいが、なまじバラエティ丸出しの「だいじょうぶだぁ」なだけに、そのギャップは大きく、まだ小学生かそこらの年齢だったぼくには妙にショックだった。 今回放送された新作の「だいじょうぶだぁ」にはそんなシリアスコントは無かったものの、志村と優香の貧乏親子のコントを見ていて「まさかこのままズブズブと水たまりに頭まで沈んでいって息絶える、みたいな悲惨な末期を迎えたりはしまいな…」とすこしドキドキしてしまった。 当時の「だいじょうぶだぁ」で放送された、そんな鬱展開のコント。 別名で『シリアス無言劇』などとも呼ばれているらしい。 で詳細が記されていたので以下に引用する。 コントではないシリアスなサイレントドラマ。 これはスタッフと飲んでいた際に志村が「人を笑わせられるなら、人を泣かすぐらい簡単な話」と豪語したことが発端となった企画で、志村にとってはスタッフ・視聴者との「勝負」であった。 志村は「コントの中に予告なく悲しいドラマを入れることで視聴者を驚かせたかった」と後に語っている。 番組内で異色の存在だったが、それまでの爆笑コントと非常にシリアスな内容とのギャップ、さらには BGM のオカリナの音色が視聴者の感動を呼び、番組終了までに十数本放映された。 ただし、シリアス無言劇と見せかけて、途中から「変なおじさん」や「好きになった人」になる引っかけ的なコントになることもある が視聴者に対して「勝負」を仕掛けてたという。 あるいはいきなり悲しいドラマを見せつけるわけで「だまし」「ひっかけ」とも言える。 今となってはそんな志村の意図していることも理解することができる。 今なら。 ただ、当時はそんな意図などわからなかったし、目論見どおり「予告」や企画意図の説明などもこれといってなく、子ども心には「なにこれこわい」ってすげー恐怖なだけだった。 に映像があった。 老人(志村)が亡き妻(石野)の遺体の前で自分の一生を振り返る。 途中ホームコメディ風の笑いはあるものの、総じてシリアスな作り。 最後は妻の遺体を背負い海に入り、妻の後を追うかのような場面で終わる まさにこれを見たのだ。 BGM は宋次郎のオカリナ。 なんだかものすごく久しぶりに見てしまった。 おもいっきり記憶の扉が開いた。 そして今すぐその扉に鍵をかけてしまいたいという気分にもなっている。 発信の真剣勝負なドラマだと理解して、あらためて見てもなお、けっこう鬱だ。 の「遺体」とか、入水とか。 たしかに驚きはするけれども。 まだ健全なころのがちょこちょこ顔を出しているのが、今となってはおかしいくらいだ。 tvhumazu.

次の

無言劇 (むごんげき)とは【ピクシブ百科事典】

シリアス無言劇 変なおじさん

そんな彼が、90年代には「笑い」ばかりではなく、「泣き」も追求していたのは、あまり知られていない。 その集大成とも言えるのが、『志村けんのだいじょうぶだぁ』内で放送された「シリアス無言劇」と呼ばれる 一連のシリーズである。 タイトルの通り、セリフはなく、オカリナ奏者の宗次郎による『悲しみの果て』のBGMに乗せて、志村さんと、 当時の相棒として活躍していた石野陽子 現・いしのようこ がサイレントドラマを繰り広げる。 その内容は、老人役の志村さんが過去を回想しながら死を迎えるといった、切ない余韻を残すものから、妻で あった石野が自分の元を去ったため、志村さんが男手一つで子供を育てるも、アルコール中毒と過労の果てに 血を吐いて死ぬといった、救いのない展開まで多くの内容が見られた。 子供ながらに「トラウマ」となった視聴者も多いようだ。 伊集院光は志村さんの死を受けて、ラジオ番組『伊集院光とらじおと』で、この企画について語っていた。 かつて、伊集院が志村さんから聞いたところによれば、「悲劇は喜劇より上」「笑わせるのは簡単だが泣かせる のは難しい」と批判する人がおり、悔しさを感じた志村さんは泣ける悲劇コントを思い立ったのだという。 さらに笑いの中に突然、悲しいドラマが始まり、再び笑いが始まる流れも意識していた。 志村さんは笑いの作り方において、「メリハリ」を好んだ。 ナインティナインの岡村隆史にも酒の席で、「本命のネタを生かすために、捨てるネタがあっても良い」といった バランスの取り方を説いていた。 「シリアス無言劇」はまさにそうした作品と言える。 「シリアス無言劇」は長いものだと、30分近い作品もあった。 実に番組の半分を占める分量だが、視聴率が落ちることはなかったという。 それだけ志村さんの作り上げるコントのクオリティの高さが、際立っていたと言えるだろう。 jpg 志村けんさん.

次の