お盆 の お供え 料理。 初盆 お供え・新盆 お供え】時期・果物・お供え物・のし・お金・お膳・画像

お盆の仏壇にお膳をお供えするのは何故 献立は何を作ればいい 仕来りは?

お盆 の お供え 料理

リンゴ• メロン• スイカ• オレンジ など、丸いもの。 そして、しばらくの間お供えするので日持ちしないものはおすすめできません。 注意しておきたいマナー! お盆にお供えする果物には注意しておきたいことがあります。 果物を切らずにそのままお供えする お供えする果物は切らずにそのままお供えするのがマナーです。 そして、色々な果物を一つのかごなどにしてお供えするときにはもう一つマナーがあります。 果物の数を奇数にする それは、果物の数を奇数にそろえるという事です。 販売されている果物のセットはきちんと数をそろえてくれてますが、自分で準備するときには注意しましょう。 まとめ お盆にお供えするものには、お菓子・果物は用意しますが、きちんと料理まで準備する家庭は少なくなりました。 しかし、迎え火・送り火をするのであれば、お迎えしたご先祖様はしっかりとおもてなしをしておきたいものですよね。 仏膳専用の食器などもセットで販売されていますし、料理もあまりこだわることはないので簡単に準備できると思います。 お菓子も果物も料理も特にこれを用意しなければならないという事はないので、故人が好きだったものを中心に備えるとよいでしょう。 1年に1度のお盆ですが、きちんとご先祖様のためにお供え物を準備しましょう。

次の

地蔵盆のお供え料理!?精進料理の基本レシピと作法とは!?

お盆 の お供え 料理

お盆の時期におすすめ!簡単に作れるおもてなし料理 まずは簡単に作れるおもてなし向けのお料理をご紹介しますね。 前菜、メイン料理、デザートと順番に解説します。 そちらの記事もぜひご一読くださいませ。 前菜「きゅうり巻きサラダ」 一見すると手の込んだサラダに見えますが、作り方はとっても簡単! きゅうりをピーラーで薄く切って、クリームチーズとパプリカや人参を巻くだけのサラダです。 おすすめポイントは、 一口サイズで食べやすく、先に作っておいて冷蔵庫で冷やし、お客様がきたらお出しできるところ。 なんて 気の利いた前菜なんでしょう!と喜ばれること間違いなしですね。 そうめんは長時間置いておくと固まってしまうのですが、 一口サイズにすることで取りやすく、食べやすいのでおすすめの盛り付けアレンジです。 冷蔵庫にある野菜や海鮮ものなどをトッピングするだけで簡単華やかなプレートに! 素麺が「白」なので、トッピングの色も映えますね。 人参を飾り切りしたり、 手綱こんにゃくにしたり、きぬさやを最後にトッピングするだけでおもてなし感が出ます。 煮物はその ご家庭の味が出るのでいいですね。 簡単に作れて、食卓が豪華になるおもてなし料理の定番ですね。 お好みの具材をトッピングして楽しみましょう。 普段使っているお皿でも良いのですが、 おひつや 桶に盛り付けるとより特別な雰囲気がでます。 せっかく大人数が集まるなら、みんなに楽しく美味しくお料理を召し上がっていただきたい! そんな時も肩肘張らずに、普段の料理を素敵に盛り付けるだけで充分におもてなし料理になりますよ。 大人数で食卓を囲む時におすすめのお料理、お皿や盛り付け方のコツ、野菜の切り方のコツをご紹介いたします。 豚しゃぶサラダ 普段の豚しゃぶサラダがおもてなし料理になりました。 これにはちょっとした 盛り付け方の4つのコツがあるんです。 それぞれの 具材ごとに盛り付ける。 野菜の切り方を工夫する。 (ミョウガやネギは千切り、きゅうりはピーラーで薄切り)• 揚げ茄子をあえて 切らずに主役にする。 スプラウトなど水菜以外の野菜を使ってみる。 いかがでしょう。 水だしコーヒーにフルーツを入れてコーヒーを爽やかに飲みやすくしたものです。 暑いお盆の時期におすすめのアイスコーヒーのアレンジです! カフェの本場であるイタリアには、コーヒーにレモンをちょい足しした「 カフェ・ロマーノ」というドリンクがあるほど、コーヒーとフルーツの相性ってぴったりなんです。 最近は水だし用のコーヒーが売っていますので、水だしアイスコーヒーを作っておいて、コーヒーの中にフルーツを漬けておくだけでOKです。 お盆に食べるべき行事食はあるの? お盆とは 「盆」とは、古くから日本に伝わっていた祖先の霊に感謝する行事です。 東京都では新暦の7月13~16日にお盆の行事を行う地方もありますが、全国的には旧盆の8月13~16日のほうが一般的ですね。 13日の夕方に「迎え火」を焚いて祖先の霊を迎えします。 そして、お供え物をしてまつり、16日に「送り火」を焚いて祖先の霊を送るのがお盆の流れです。 ではこの間何を食べるのが一般的なのでしょうか。 地域や家系によって異なるようです。 お盆の間は「お迎え団子」から「送り団子」へ、食べるものが日替わりの地域もあるそうです お盆は日本全国各地それぞれの地域やご家庭ごとに根付いているものなので、とくに「これ!」という決まり事はありません。 地域の文化によるんですね。 お盆の間に食べるものが日替わりになっていたという話を聞いた事があります。 例えば・・・• ご先祖様が帰ってくるお盆だからこそ「 お迎え団子」から始まって、「 送り団子」でまた来年、ですね。 お盆に食べる「 おはぎ」に込められた意味とは お盆の時期に馴染みのある「 おはぎ」も、大切な意味が込められています。 ご先祖様の霊を供養する際に、 魔よけの力がある小豆と 五穀豊穣の願いを込めたお餅を使用したおはぎをお供えするという意味があるそうですよ。 子供の頃、お盆の時期にはおはぎが食べられると喜んだ覚えがあります。 これは 殺生を禁じる仏教の教えに則ってのこと。 精進料理は 「五」の調理法に従って作られる料理を意味します。 五つの 調理法 生、煮る、焼く、揚げる、蒸す• 五つの 味付け 甘い、辛い、すっぱい、苦い、塩辛い• 五つの 色 赤、白、緑、黄、黒 を使った料理 出汁に使われる食材は、昆布、干ししいたけ、かんぴょう、切り干し大根、高野豆腐など。 その出汁をベースに豆腐・納豆・ゆばなどのタンパク質源や、ごま・くるみ・植物油などの脂肪源、そして季節の野菜を組み合わせ、これを各家庭で工夫をして精進料理を作っていたそうです。 精進料理は 「いのちの大切さ」を伝え、 感謝することを忘れない手段の一つだと思います。 現在、様々な食材が手に入るようになりましたが、和食の基本の精進料理を作ってみる良い機会かもしれません。 また、夏の暑い時期に和食の基本の精進料理で体を整えてみてはいかがでしょうか。 お盆にお供えするお菓子のおすすめは お盆でお供えするお菓子の定番といえば 「落雁」のイメージがあります。 落雁はお盆の暑い時期でも 日持ちするので果物を模して代わりとしても用いられていますね。 和三盆を使用したこだわりの落雁は口どけがよく、お茶に合います。 また、 故人の好物のお菓子や 日持ちするお菓子も好まれるようですよ。 人気があるものは水ようかん・カステラ・おかき・ふまんじゅう・ゼリー・どら焼きなども良いですね。 手土産などを探す時は、お店などで聞いてみても良いかもしれませんね。 あとがき お盆の料理について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 お客様、親戚の皆様と集まる大切な機会です。 せっかくの機会ですから、心を込めたおもてなしでお迎えしたいですよね。 お子様がいると夏休みの思い出の食事にもなりますよね。 どんなお料理でも、気持ちが込められていればそれだけでおもてなし料理です。 そこに盛り付け方やお皿選びをちょっと工夫してあげるだけでも~っとステキになります。 今年のお盆の準備に、このブログを参考にしていただけたら嬉しいです。 今日もフードコーディネート事業部ブログを読んでくださってありがとうございます! これからも季節ごとの「食」をテーマにブログを更新します。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次の

お盆には何を食べる?お盆の食べ物、肉を食べてはいけないって本当?

お盆 の お供え 料理

スポンサーリンク お盆のお供え料理は何を作ればいい?メニューは? よく日常生活でも耳にするのが「一汁三菜」です。 お供え膳の場合、「一汁五菜」でも大丈夫です。 基本のおかずの他に故人の好きだった食べ物、おかずを足してあげてもよいということですね。 お供え膳は本来の意味からすると故人の好きだったものでもてなすということから、好物ならなんでもという気になります。 色々教えによって違うでしょうけれども、違う世界で頑張っている身だということから精進料理でおもてなしする方が供養になるのではという考えから肉、魚を使わない献立が一般的です。 《飯椀》 ごはんですね。 昔は白米が高価だったのですが今は故人が好きだったのなら炊き込みご飯でもよいです。 《汁椀》 味噌汁です。 出汁も鰹節、煮干しを避けて昆布、椎茸を使います。 《高皿》 お新香です。 匂いのきついものを避けます。 《平椀》 煮物です。 《坪椀》 和え物です。 おひたしから白和え、胡麻和え等です。 坪椀には、大根、きゅうり、にんじんなどの和え物、ひじきでもよいです。 平椀には、がんもどきの煮物、厚揚げでもよいです。 卯の花もよいですね。 といったところがメジャーな感じです。 お盆のお供え膳の配置はどうしたらいい? 先にもちょこちょこ書いてますが、色々様々な作法があるので確認しながら用意して備えるのが何しろベストです。 お供えと同じものをいただくなら同じ配置でいいです。 とはいっても、通販でお膳セットが販売されていたりもしますので基本的な配置はあります。 こちらのサイトを参考に見てみてください。 とても詳しく書かれています。 URL スポンサーリンク そもそもどういう理由でお盆にお供え膳を作るの? 先にチラッと書きましたが、お盆の4日間だけ、故人があの世から現世に帰ってくるのをお迎えして、毎食自分たちと一緒に食事をしているようにふるまい心をこめておもてなしして冥福を祈りながら送り出すというのが主旨です。 そんな時くらい、好物を!と思いますね。 ともに楽しんだり、故人の好きだったものを供えることから忘れずに懐かしむという行為がとても素敵だと思います。 お盆お供え料理についてまとめ 残された者にはそれぞれの事情や日常があって、時間をかけながら故人を失った喪失感、寂寥感から逃れていきます。 でも忘れるのはどちらにも悲しいことだと思いませんか。 子供を産んだはいいけれど、愛情はあっても何をしてあげたらいいかで悩む母親達にカウンセラーは、食事を作ってあげる事、オムツを替えてあげること、ただ抱っこすること全てがすでに育児だと言うといいます。 生を受けているもの失ったものが供えるという行為で環境は違い、意思疎通もままならなくても「大丈夫だよ」「懐かしいね」と語り合える時間をもてるのは素晴らしいことだと思います。 この記事を見た人はこんな記事も見ています チェック.

次の