焼売 グリンピース 理由。 シュウマイの上にグリーンピースをのせる理由と減っている訳は?

シュウマイのグリーンピースは何のため?横浜・崎陽軒の「シウマイ」の歴史をひも解いてみた

焼売 グリンピース 理由

スポンサーリンク なぜシュウマイにグリンピース?現在は消えた理由は? シュウマイの上にグリンピースの起源は? シュウマイの上にグリンピースは正確な理由は判明していませんが、 イチゴのショートケーキの代わりにシュウマイの上にグリンピースを載せたのが始まりが有力とされています。 (画像引用元:) 昭和30年台に学校給食用のメニューとして子供たちに喜んでもらえるようイチゴのショートケーキを出せたら良いと考えていました。 しかし、コストが掛かるため、ショートケーキの代わりに白いシュウマイにグリーンピースを乗せたのが始まりとのことです。 また、当時の日本在来種のグリーンピースは硬くゴリゴリしていたが、その頃にニュージーランドから輸入したグリーンピースが甘くて美味いのでこれなら子供にも喜ばれるだろうと採用したのでした。 他の起源説は 数えやすいから? シュウマイの色はほぼグレーの単色のため、多くの個数を数える時に面倒でした。 そのため、緑で目立つグリンピースを乗せることで数えやすくしたとのことです。 蒸し加減を確かめるため シュウマイは中身は肉なので、硬すぎても柔らかすぎずと蒸し加減が重要で、確かめる必要がありました。 しかし、シュウマイに爪楊枝で刺して調べると見た目が悪くなる。 そのため、シュウマイの上にグリンピースを載せて、グリンピースの皮にシワが入るところで蒸し加減を確認していたのです。 スポンサーリンク シュウマイにグリンピースが消えた理由は? シュウマイにグリーンピースが消えた理由は製造元によりそれぞれですが、 海老やカニ等の具材が増えて他の食材が人気になってしまったからです。 冷凍食品「ニチレイフーズ」では海老やカニなど具材のバリエーションが増え、認知度とともに人気も高まったため。 他者のグリンピースにシュウマイと差別化を図るために無くなったとのことです。 (画像引用元:) 実際にニチレイでは人気のシュウマイは2000年に発売した「甘えびシュウマイ」で、やっぱり好き嫌いが分かれるグリンピースより、甘エビの方がみんな好きなのでした。 そのため、ニチレイではグリンピースを乗せる必要がなくなり、1980年以降はシュウマイのグリーンピースを止めているのでした、 シュウマイにグリンピースの理由?現在は消えたのは他に美味しい具材があるから シュウマイにグリンピースが載った有力な説は、ショートケーキのイチゴの代わりでした。 そして、現在はシュウマイにグリンピースが消えたのは、様々な具材のシュウマイが増え、やはり他の具材のほうが人気が高いからでした。 そんな、賛否両論のシュウマイにグリンピースですが、久しぶりに懐かしいシュウマイにグリンピースを食べて見てはいかがでしょうか? せばな~.

次の

シュウマイにグリーンピース

焼売 グリンピース 理由

また、蒸す筈なのに何故「焼」の字が当てられたのでしょか?あと、上に乗っかってるグリーンピースも色添えだけですか?他に理由があるのでしょうか? てるりんさん シューマイの事はやっぱり「埼陽軒」に聞いてみました。 その回答です。 ご質問の件ですが、以前当社の中国料理人曽総料理長にこのような事を聞いたことがあります。 「昔、中国では料理をした後の材料の残りを(例えば野菜の切れ端とか、肉の残りとか、とにかく何でも)棄ててしまうのはもったいないので、細かくして丸めて焼いたのがシューマイの起源なんだよ。 」 その後、料理をいっぺんに大量に調理するには、大きな蒸し鍋で蒸し上げるのが一番早いので、現在のようになったようです。 これが正解という確信はないですが、私は「なるほど、だから焼売と書いてシューマイか」となっとくさせる説明だと思いました。 ご参考程度に、、、。 よりかさん シュウマイ中国南部・広東省発祥の代表的な点心。 日本でも食べられるようになったのは昭和の初期、横浜が最初だそうです。 本場中国でのシュウマイには、グリーンピースは、乗っていません。 また、グリーンピースが乗っていないシュウマイもたくさんあります。 まさかイチゴを乗せるわけにはいきませんから、グリーンピースを乗せたそうです。 あの緑色は、宝石の翡翠(ひすい)を連想させて、それも理由の一つのようです。 グリーンピースを乗せたことで、もうひとつメリットがあります。 「数えやすい」ということです。 番組では、グリーンピースの有無で、数える時間に差が生じるかどうか実験をしておりました。 グリーンピースが乗っている方が、やはり、数えやすいようです 下記参考URLより抜粋させていただきました。 グリンピースがのっているのは、給食のおばさんが数えるとき間違えないようにするためだって何かで見たことあるけど本当かどうかは定かではありません。 くろぅさん シュウマイの発祥は中国です。 比較的新しい食べ物で、辞典によれば18世紀中頃です。 南部では焼売と書き、北部では焼麦と記されていました。 たしかに焼という字を使っていますが、この焼という字の中国語の意味には強く熱するなどの加熱するという意味があります。 グリンピースはいろどりと考えて良いようでした。 Tsuneさん まず、語源ですが・・・ 「食は広州にあり」といいますけど、 雲呑 ワンタン 焼売 シューマイ 叉焼 チャーシュー これって、広東語だったんですねえ。 参考URL:日本語とその周辺 ということで、語源は中国広東語。 さらにグリーンピースを載せた理由が次のURLに詳しく載ってます。 (上記よりかさんと同じURLを紹介していただきました。 ) ということで、見た目以外にも数えやすさや、蒸し加減を見るためなど、色々な理 由があるようですね。 超な兄貴さん 語源はなんと,京都府京都市です。 あるところに,和菓子職人がいました。 彼の弟は中華料理屋を開いており,ある日,弟が「あんちゃんは,手先が器用だから餃子作るのもうまいんだろう」と言いました。 兄は「心にダムがあるんだから当たり前だろ!」といい,作ったのですが,和菓子はどうも,円形が多く,餃子のような形が作りにくい,和菓子作りに慣れてしまったあんちゃんはどうしても,丸い餃子になってしまいます。 それも見て,弟は「アンちゃんでもできないことがあるんだな〜」と笑いました。 しかし,負けず嫌いのあんちゃん,これが売れれば餃子よりすげえだろ!とむきになり,売り出しました。 和菓子屋ですので蒸すのがオーソドックスなやり方。 あと,見た目も大事と,うぐいす餡に使うはずのグリンピースをのせてみました。 そこで売るとなんと,新しい味だといってよく売れました。 それが,毎週毎週よく売れましたが,当時は蒸し餃子と言う名前でした。 A B C D E 計 やった! 3 4 4 3 4 18 yutaさん 購入しないと 焼きを入れられるからです。 シュウマイの漢字は「焼きながら売った」というところから付けられたようですね。 漢字の世界は深い!まだまだ疑問が沢山ありそうです。 正答者の方々です。 本当にありがとうございました。

次の

シュウマイにグリンピースの理由?なぜ現在は消えた?その他の説は?

焼売 グリンピース 理由

シュウマイにグリーンピースを乗せるようになった理由 実は、シュウマイにグリーンピースを乗せているのは日本だけです。 中国では乗せていません。 グリーンピースを乗せるようになった理由として、 「給食で数を数える際わかりやすくするために目印として」や 「彩りのため」など 色々な説があるのですが、ここでは最も有力な説を取りあげます。 それは昭和30年代のこと。 当時、大手冷凍食品会社「ニチレイフーズ」の開発担当者であった小野寺さんという方が始めたのです。 学校給食のメニューを考えていた時、「子供たちにシュウマイを食べてもらおう」と グリーンピースを乗せることにしたのです。 それは、ショートケーキから発想を得たのです。 子供が好きなショートケーキ。 上には必ずイチゴが乗っていますよね。 同じように「シュウマイの上にも何かを乗せたら子供達が喜んで食べてくれるだろう」 と小野寺さんは考えたのです。 なので子供達に出すシュウマイには、ニュージーランドから輸入した甘くて食べやすい グリーンピースを使ったそうですよ。 近年ではグリーンピースを乗せなくなった理由 ところが最近は、グリーンピースが乗ったシュウマイ、 そこまで見かけないような気がしませんか? その理由が気になりますね。 グリーンピースを乗せるきっかけを作った「ニチレイフーズ」は、 「乗せる必要がなくなった」からだと言います。 どういうことでしょう? それは、シュウマイのバリエーションが増えたことにより認知度が高まったためです。 もともとは「馴染みのないシュウマイを子供達に食べてもらおう」 という目的で乗せられたグリーンピース。 今ではシュウマイの認知度が高まったので、わざわざグリーンピースを乗せる必要がなくなった、 ということですね。 確かにエビやカニなど、豚肉以外にも色々な具材が入れられたりしますよね。 私はエビシュウマイが好きです! プリプリとした食感がシュウマイの皮とマッチするんですよね。 ああ食べたくなってきた・・・ また、シュウマイといえば・・・ 崎陽軒の「シウマイ」も有名です。 こちらも美味しいですよね〜 リンク 崎陽軒では、グリーンピースを上に乗せているのではなく、具材と一緒に中に混ぜ込んでいます。 これは、食感や味を考慮してこのように至ったと。 ただ、グリーンピースが嫌いな人も多いわけで、これには賛否両論あるようです。 「タネと一緒に混ぜ込んであるのでグリーンピースだけを取り除くのが大変」、 という声もある一方で 「一緒に混ぜ込んであるからグリーンピースが苦手でも食べられた!」 という声もあるみたいです。 シュウマイにグリーンピースは必要? では結局のところ、シュウマイにグリーンピースは必要でしょうか。 グリーンピースがあることで、シュウマイのモッタリ感とはちょっと違う、 プチッとした食感を与えることができますよね。 味に変化をもたらすということです。 また、彩りも良いですよね。 シュウマイはいわゆる「茶色いおかず」・・・ 食卓でも、お弁当でも正直あまり見栄えは良くありません。 でも、上にちょこんとグリーンピースがあることで、 小さな豆ですがそれでも一気に華やかさを与えてくれます。 それだけ緑色はよく映えます。 ただ、一方で・・・ グリーンピースが嫌いな人も少なくありません。 その人たちにとっては、グリーンピースは邪魔な存在であり、 毎回わざわざ取り除かなければいけません。 また、「グリーンピースは果たして本当に必要なのか?」 という声も多いです。 あっても良いけど、別になくても不便は感じないということですよね。 ということでまとめると、.

次の