松田聖子ピュアピュア。 松田聖子「高音出ない!」ジャズ転身にあった“声帯の異変”

「ピュアピュアリン♪」ツゥのブログ | 足利発

松田聖子ピュアピュア

解説 [ ]• 先行シングル「 」を含む、全10曲。 シングルの「あなただけ広い世界に」はアルバム未収録。 「花びら舞う季節に」の(別編集の計2ヴァージョン)とで撮影されたオフ・ショット等を収録したとミニフォト集を封入し、CD盤がピクチャー・レーベル仕様の初回生産盤と通常盤が発売された。 CDジャケット写真はそれぞれ異なる。 前作アルバム『』に続き、収録曲すべてが松田本人の作詞・作曲・プロデュースである。 アルバムに連動したコンサートツアー「Seiko Matsuda Concert Tour 2008 My pure melody」が、6月29日の公演からスタートする。 上記シングルと本アルバム発売の間の3月26日には、ライヴDVD「Seiko Matsuda CountDown Live Party 2007-2008」がリリースされ、6月25日にはアルバム未収録のシングル「」も発表される。 「 星空の下の君へ」は、松田自身が出演する映画『火垂るの墓』のイメージ・ソングに起用された。 収録曲 [ ]• 春色の恋• 「私の恋の物語」• 明日へのふたり• Soul• Don't wanna lose you• 好きな気持ちはあふれてるから• Kissをしてね• あなたの手に導かれて• 星空の下の君へ• 全作詞・作曲: Seiko Matsuda DVD [ ]• 花びら舞う季節に Music Video• Special Feature SEIKO in Hawaii• 花びら舞う季節に Music Video 2 関連作品 [ ]• 花びら舞う季節に• シングル「」を参照されたい• 星空の下の君へ• 関連項目 [ ]•

次の

cdn.gifpop.io: My pure melody(初回生産限定盤)(DVD付): 音楽

松田聖子ピュアピュア

前作『Baby's breath』はおかげさまで大きなヒットとなりました。 これも皆様の暖かいご支援の賜物と御礼申し上げます。 2008年の松田聖子は前作をパワーアップし、かつ、より「松田聖子」らしさをストレートに表現!! ほんとうにかわいらしいPOPなアルバムに仕上がっております。 是非お聴きになってみてください! なお【初回生産限定盤】には最新シングル曲『花びら舞う季節に』のミュージックビデオなどを収録したDVD 収録内容は予定 に加えミニ写真集も付いた2枚組、もちろんピクチャーレーベルになっております。。 他の商品とあわせてご注文されますと、それらの商品の発送可能時期によりましては、初回特典付をお取り置きできない場合がございますので、ご了承ください。 ・ 昔よりかなり低い声になりましたね。 80年代から聞いたことない人が突然聴くとたぶんビックリします。 あの水のような歌声はなくなってしまいましたが、今の声なら英語版によりマッチすると思います。 アメリカ進出遅い方がよかったかな。 昔の可愛いエンジェルボイスは芯がない声みたいで英語に合わず、可愛すぎて反対に聴きづらいけど今なら行けそう。 まあアメデビュは犠牲も多く、破産するくらいお金がかかるらしいし、独禁法が適用されないのか?とことん潰されるらしいですね。 リスキービジネスです。 当たるとそりゃミリオネアですけど。 このCDの低い声はなかなか良い…曲はあまりぱっとしないかも…1から3すごいよく似た感じかな。 最初の歌はピアノが素敵です。 ほんと、ビックリした。 ) DVDは、、、うーんハワイの聖子ちゃんが見れます…TV取材みたいな。 一回見ればいいかな。 個人的にはこのジャケット、ブックレットの聖子ちゃん苦手。 アメリカに住んでる中国人の『オバハン』を思い出す…おでこ出し、似合わないかも。 資格試験の本を買おうと思ったら500円くらいの本に送料が300円、あまりにも屈辱的だったので送料オフにするため何かついでに買おうと思い(商売上手だねえ)、小さい財布と相談し、エンヤのクリスマス系アルバムかSEIKOにしようか3時間ほど迷い、結局試聴後にSEIKOにした。 私はSEIKOのヘビーリスナーではないが、小学生の頃(今から2X年前)からSEIKOが好きなので、ミディアムリスナーくらい。 SEIKOのアルバムを買うのは「Sunshine」以来。 賛否両論あるが、これだけ長い間歌手を続けている人は我が国には多くない。 時々とんちんかんな事をやって笑わせてくれるSEIKOだが、歌に関してはプロ意識充分だろう。 で、好きな数曲のインプレッション: Track 1:ピアノのイントロが綺麗で、その後ギターが入りリズム感溢れる小気味よい曲。 ベースも楽しそうに跳ねるようなフレーズを奏でている。 2:なんだか結婚式を思わせるようなイントロ(私は独身だが、まあいいじゃないかほっとけ)で始まる、あったかい曲。 4:ストリングスが壮大なバラード。 10:曲名通り晴れた夜空を思わせる、切ないながらも壮大な曲。 ややスローテンポの曲だが、シンバルだけが早めのビートを刻んでいて、心地よい緊張感を与えている。 付随ながら、私はSEIKOの曲では歌詞にはあまり注意を払わず(でも歌声はちゃんと聴いているから安心してほしい)、専らメロディラインを聴いて悦に入っている。 静かな夜に「The Glenlivet」や「The MaCallan」をお供にSEIKOを聴く、こんな乙なひとときが他にあるだろうか。 I do not understand Japanese but I love these songs. I can tell they are for a mature audience with feel good vibrations. They give a very happy feeling as you can tell she is very content while performing them. There are a few of the tunes which appear to be love songs and she seems to really feel the love she is singing. Song 3 you will play over and over again and smile throughout.

次の

「雨のコニー・アイランド」(松田聖子): Pure Songs

松田聖子ピュアピュア

「デビュー37年目になりますが、その中ですばらしいジャズに触れる機会もたくさんあって、いつか私も機会があったらジャズの歌を歌ってみたいなって思っていたんですけど、それが今回、このように実現したってことですよね」 3月30日に放送された『SONGS』(NHK)でそう語ったのは、松田聖子(55)。 3月29日、自身初となるジャズアルバム『SEIKO JAZZ』をリリースした。 タッグを組んだのは、グラミー賞の常連プロデューサーのデビッド・マシューズ。 アルバムはチャップリンの『スマイル』や『追憶』、『イパネマの娘』など、スタンダードからボサノヴァまで名曲のカバーで構成されている。 これは永遠のアイドルからの脱皮だ、と指摘するのはレコード会社関係者だ。 「美空ひばりさんも晩年、ジャズを歌ったように50代も半ばを迎え、情感をしっかり歌う大人のシンガーを目指したんだと思います」 今回、彼女はこの渾身のアルバムを引っさげ、全米でも勝負に出る。 5月12日に米名門ジャズレーベル『Verve Records』から『SEIKO JAZZ』を出すことが決まっているのだ。 しかし、最近相次いだ日本人アーチストたちの成功がそんな聖子を刺激したという。 「宇多田ヒカルが去年リリースした『Fantome』は、全米iTuneチャートで3位まで行きました。 さらにピコ太郎の『PPAP』が大ヒットし、ビルボードのシングルチャート77位を記録したとき、マスコミが90年の聖子の57位を引き合いに出したんです。 「彼女は例年、アリーナツアーを行って来ましたが、最近は『赤いスイートピー』などの曲で、若いときには普通に出せていた高音のサビを歌うのに苦労するようになっていました。 声を張り上げる部分では客席にマイクを向けて歌わせるように、うまく逃げるようになったんです。 「女性の場合、閉経が関与しているとされ、50代になり女性ホルモン(エストロゲン)が減ると、声帯はむくんで太くなります。 そうすると声が低くなるんです。 さらに喉の潤滑油が乾いてきて、声帯に潤いがなくなると、高い声は出せなくなりますね」 声質が変わり、シンガーとしても新たな方向性を模索し始めた聖子。 その妥協なき姿勢は私生活にも及んでいるという。 アルバムのレコーディング終了後、聖子はアメリカでの再挑戦に備えて、のどを守るなど体調を整え、日常生活にも気を使ってきた。 そのおかげか睡眠もたっぷりとれて、気力・体力とも充実しているようです」(芸能関係者) 声帯に負担をかけないようにと、食生活も野菜中心に変えたという。 「聖子さんは、3月に亡くなった大物プロデューサー、トミー・リピューマ氏(享年80)の縁もあって、今回の名門レーベル入りを果たしました。 『絶対に全米で成功したい』と、彼女はすでに渡米しているそうです」(前出・音楽プロデューサー) 背水の陣で全米に挑む聖子は、声の衰えを乗り越えることができるか。

次の