関越道 渋滞 情報 リアルタイム。 関越自動車道を通る時に役に立つ!渋滞予想と渋滞区間・リアルタイム交通情報

関越道の猛烈渋滞なぜ起こる? 埼玉に「高坂SA」「花園IC」の2大関門あり

関越道 渋滞 情報 リアルタイム

1号羽田線 浜崎橋JCT付近• 3号渋谷線 用賀• 4号新宿線 高井戸• 4号新宿線 幡ヶ谷付近• 5号池袋線 南池袋PA付近• 7号小松川線 錦糸町• 高速湾岸線 湾岸市川IC付近• 高速湾岸線 大井JCT付近• 都心環状線 呉服橋• 1号羽田線 芝浦付近• 3号渋谷線 谷町JCT付近• 4号新宿線 代々木PA付近• 5号池袋線 飯田橋• 6号向島線 向島• 9号深川線 枝川• 高速湾岸線 葛西付近・有明方向• 中央環状線 千住新橋• 都心環状線 竹橋JCT付近• 3号渋谷線 三軒茶屋• 4号新宿線 初台• 4号新宿線 赤坂見附付近• 5号池袋線 北池袋• 6号向島線 江戸橋JCT~箱崎JCT間• K1号横羽線 浜川崎• 高速湾岸線 葛西付近・舞浜方向• 都心環状線 宝町• 都心環状線 芝公園付近.

次の

リアルタイム交通情報

関越道 渋滞 情報 リアルタイム

この記事の目次• 渋滞予測とは GW初日の渋滞状況 今年のGW(ゴールデンウィーク)後半の初日・2017年5月3日の渋滞状況はこんな感じです。 都内から放射状に伸びている高速道路の渋滞状況が真っ赤っ赤です。 実際にはこんな感じで、もうちょっとぐったりでした。 5月5日にも、関越道を使って群馬サファリパークへ子連れで高速を使う予定なので、渋滞予測のホームページを調べてみました。 高速道路の渋滞を予測する ニュースではすでに大渋滞の予報が。 5月5日の渋滞予測は45キロとのことです。 >> 日本道路交通センターが、日本の高速道路の渋滞予測を公開してくれています。 >> これによりますと、2017年5月5日の関越自動車道の渋滞は、上り車線は、12時から夜中まで平均で20km以上もの渋滞が見込まれる、と予想されています。 ぐぬぬ・・・。 渋滞xxキロって何時間かかる? ところで渋滞の長さがわかったところで、それが結局何時間かかるのか、というのを知りたくなり、調べてみました。 ラジオから渋滞情報が流れてきます。 そのとき例えば、高坂SAから渋滞10キロなどと流れます。 そのときは時速30キロ未満の交通量が10キロ続く、という意味です。 渋滞の定義はNEXCO中日本によりますと、こちらのようです。 時速40km以下で低速走行あるいは停止発進を繰り返す車列が、1km以上かつ15分以上継続した状態 >> >> 渋滞が事故渋滞なのか、料金所での渋滞なのか、質によって何時間で抜けられるというのは、一概には言えません。 ただ、例えば、渋滞40キロで、車がノロノロ運転で徒歩と同じくらいの時速4キロ、その場合は10時間かかるわけです。 渋滞を抜ける時間を予測 たとえば、以下のルートで計算してみましょう。 102キロあって、そのうち渋滞が40キロ、渋滞中は時速10キロとします。 Googleマップのルート探索では時速72キロで計算された時間が出ています。 なお、高速移動できる箇所が40キロも目減りしていますので、平均時速72キロを50キロ程度に減じて計算してみます。 102キロー40キロ=62キロを時速50キロ• 渋滞40キロを時速10キロ• 24時間(約1時間15分)• 合計:約5時間15分 まあ、なんだかんだで6時間といった感じかと思います。 約4倍ですね。 ですので、 渋滞10キロ増すごとに、x倍すれば良いのかなという感じ。 渋滞40キロだったら通常の4~5倍みたいな。 渋滞情報がリアルタイムにわかる以下のサイトを定期的にスクショ撮りました。 >> それでは、当日の様子をどうぞ。 GW中日5月5日の関越道の渋滞状況 6~7時台の関越道の渋滞状況 2017年5月5日6時10分と7時10分の渋滞状況です。 GW中日の6時台の関越道は、まだ渋滞が起きていません。 7時台になりますと、川越から高坂SAあたりまでが赤くなっています。 赤い部分は40km以下の混雑です。 8~11時台の関越道の渋滞状況 8時をすぎますと、関越道の渋滞の定番である、川越~高坂あたりと、東松山~花園あたりが赤くなっていきます。 さすがに上り車線はまだそれほど渋滞はしていません。 このあたりは、渋滞予測と差がありますね。 11時くらいまでは少ない、という「傾向」は当たっていますが。 12~14時台の関越道の渋滞状況 午前中をすぎますと下り車線は一段落します。 午後に入り、関越道では、いよいよ上り車線が渋滞してきます。 17~19時台の関越道の渋滞状況 事前の渋滞予測でもっとも混雑が予想される渋滞の時刻です。 上り・下りとともに事故が発生し、渋滞になっています。 それなりに混雑していることはわかりますが、事前の渋滞予測で言われていたような40km以上なのでしょうか。 詳細情報を見てみましょう。 赤い部分をタップしますと、詳しい渋滞情報がわかります。 実際の渋滞の詳しいキロ数 赤くなっている路線をタップします。 ピンチアウトで拡大するとタップしやすいです(上図)。 17時台は11kmと一般的な高速道路の渋滞の様相ですが、19時台になりますと33kmです。 渋滞予測の45kmには及びませんが、それなりに時間のかかりそうな渋滞であることがわかります。 情報元は同じでしょうから、当然テレビのリアルタイム渋滞情報でも同じ渋滞の長さです。 17~19時台の関越道の渋滞状況 23時になりましても10キロ以上の渋滞は続いています。 ただ、この渋滞の長さはJARTICの予想どおりの数字です。 Uターンラッシュの初日ということもあり、大規模な渋滞ではありましたが、検証結果としては実際には以下くらいな印象ですね。 ただ、渋滞は、その場がどれくらいのスピードで進むのかによっても、ストレスや移動時間が異なるため、何とも悩ましいですね。 というわけで、この検証はあくまで1つの事例として、参考程度にして下さい。 さて最後に、渋滞の当日、わたしたちがとった行動を振り返って考察してみましょう。 渋滞を避けるために実際にとった方法 結果としてはわたしたちは、関越で移動する距離を電車に切り替えました。 まず、大宮駅まで自家用車で移動。 駅前のコインパーキングに停めます。 大宮から高崎まで新幹線に乗ります。 自由席でしたが行きは座れましたが、帰りは30分立つことに。 特急でなく高崎線などですと、約90分なのでちょっと子連れには辛いかなと思い切って出費。 高崎駅から群馬サファリパークまで、駅レンタカーを借りて到着です。 混雑に巻き込まれることはありませんでした。 カーシェアリングも探したのですが、高崎駅前では私は見つけられず、レンタカーに。 それでも、前日に予約を入れてヴィッツを予約できましたので、駅レンタカーすばらしいです。 場所も近いし。 >> 唯一の混雑はサファリパークの入場でしたが、それはスタッフの人に聞いたところ、一番早い人で朝6時ということでしたので、さすがにここは仕方ないかなという感じでした。 結果としては、渋滞を避けて移動することができて、とても快適でした。 ただ、快適だったぶん出費はかなりかさんでしまいました。 コインパーキング 1800円• 新幹線 往復約24000円• レンタカー 約7000円• 合計 約32800円 高速道路だった場合、関越自動車道と上信越自動車道で、まあガソリン代込でも1万円弱といったところでしょうから、 約4倍の値段ですね(泣)。 高速道路の料金はこちらで調べられます。 >> でも、そうすると 値段も前述のx倍に近い数字になりますね、不思議。 渋滞を避けるコツと考え方 今回、割り切って、ある程度早め早めの予定で進めていったとすると、帰りは14時に出てくるくらいならば、おそらくは通常の2~3倍くらいでは帰れたと思いますが、その分、現地で回れるところが減ってしまいます。 値段の4倍を取るか、時間の4倍を取るか。 前者は高額だけれども予定は確実にこなせる、後者はそれよりも早く進む場合もあるけれど予定は詰めないといけない、という違いになるかと思いました。 結果、わたしたちは、現地を16時くらいに出ましたので、サファリパークと富岡製糸場と道の駅と、それなりに楽しみました。 悩ましいですね。 渋滞を避けるコツとしては、最大ピークをいかに避けるかという判断かとは思いますが、いずれにしましてもGWの高速道路の混雑は避けられないでしょう。 ですので、遊ぶ時間を削るかコストをかけるか、というところはハイシーズンのときのレジャーは仕方ない、という当たり前の考え方に帰着する、という検証結果でした。 ちゃんちゃん。 追記:GW最終日の首都高 ちなみに、GW最終日の2017年5月7日は、渋滞予測でも高速道路は渋滞がほとんどない、通常の混雑という予想でした。 ですので、埼玉から横浜にドライブしてみましたが、都内を抜けるところも、それぞれの高速道路も、まったく混雑なくスムーズに運転できました。 渋滞を避けるとこんなにも快適なのかと。 最終日は疲れて、明日からに備えたいという気持ちもあるので、混雑が少ないという予想でも、なかなか出かけよう!とはならないのでしょうけども、渋滞を避けるコツとしては、混雑の週間見通しなどもチェックして予定や予算を組む、と言えそうです。 NEXCOなどで長期の渋滞予測が発表されます。 >> それでも、高速道路の渋滞予測を活用して、ハイシーズンでも予測の上で無理のないスケジュールを立てて、また車で遊びに出かけたいなと思いました。 ご参考になれば幸いです。 >>人気の「高速道路」関連本 最新一覧はこちら。 関連情報リンク 暇つぶしやあると便利なもの 渋滞で暇つぶしも用意したいところですが、トイレやエコノミークラス症候群など、ストレスには気をつけましょう。 >> >>人気の「渋滞 トイレ」最新一覧はこちら。 万一には備えて荷室に準備しておくと良いでしょう。 暇つぶしには動画が最適。 プライム会員の人なら、予めダウンロードしておけば見放題。 もちろん、iOSやAndroidにも対応。 >> 機種変で余ったスマホなどにゲームを入れておくなどすると、暇つぶしにはなるかもです。 >> 高速道路の渋滞情報 渋滞が予想される時期なら、Twitter検索で高速名を入れれば渋滞状況が。 5月3日は見事これに巻き込まれました。 >> マジか!というレベルです。 ふつうに「移動としてだけに費やす」スケジュールになりますよね。 >> 実際に行ったのはこちら。 >> 渋滞予報士とは。 >> 首都高の渋滞予測のわかりやすい解説。 >> まとめ 渋滞予測は、実際の速度などで快適さがかわり、何ともいえないところもありすが、傾向を見る分にはそれなりの精度で参考にはできそうでした。 今後もハイシーズンでの子連れの高速道路のドライブには、渋滞予測情報を活用しようと思いました。 渋滞予測、おすすめですよ。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の

リアルタイム交通情報

関越道 渋滞 情報 リアルタイム

2017年末から2018年始にかけての予測でも、1月2日(火)12時から23時のあいだに上り線で高坂SA(東松山市)付近を先頭に35kmとされています。 2017年夏休み期間の実績値では、下り線で8月11日(金)に花園IC(深谷市)付近において48. 4km、上り線で8月6日(月)に鶴ヶ島IC(鶴ヶ島市)付近において50. 2kmと、NEXCO東日本のなかでも特に長い渋滞が発生しました。 関越道における渋滞の特徴について、NEXCO東日本の「渋滞予報士」、外山(とやま)敬祐さんに聞きました。 高坂SA付近や花園IC付近における渋滞が大きな割合を占めており、いずれもサグ(下り坂が上り坂に変わる箇所)での速度低下が原因です。 上下線とも、一番のボトルネックは高坂SA付近、次点が花園IC付近となります。 また冬季は、雪の降り方によって渋滞が増減するという特徴があります。 関越道沿いには多くのスキー場があるためです。 暖冬だった2015年度は、関越道の渋滞も例年より少なくなりました。 高坂SA付近、花園IC付近は上下線ともに渋滞ポイントとされている(画像:NEXCO東日本)。 一方の上り線は、帰宅のタイミングが夕方の時間に集中しやすいため大きな渋滞に発展します。

次の