キングダム最新話 642。 最新ネタバレ『キングダム』641

キングダムネタバレ最新話644話「桃泉殿」

キングダム最新話 642

史実から考える キングダムは実際の歴史をもとに原先生が想像力とアイディアを織り交ぜて描かれているものなので、今後の展開のヒントが史記の中にあるわけです。 この点、ほかの多くの漫画とは違い、考察予想する身としてはありがたいですね。 ということで、攻略本の如く史記を読み返してみると、 物語の現在である紀元前236年(始皇11年)の鄴攻めから、 桓騎による次の趙攻め紀元前234年(始皇13年)までにいくつかの記述を見つけることができました。 呂不韋の死 史記の秦始皇本紀や呂不韋列伝によると、 始皇12年、つまり紀元前235年に呂不韋が服毒自殺したと書かれています。 呂不韋陣営とはすでに決着がついているので、今更、1話丸々使うほど長々とその死が本編で描かれるとは思いませんが、これまでの経緯を踏まえて、まったく触れずにその死が描かれないということは考えにくいです。 最低でもナレーション進行で1~2コマくらいは触れられるのではないかと思います。 趙高の復帰 また、呂不韋の死後、同じ年の秋に嫪毐(ろうあい)に仕え、蜀に流刑となっていたものを復帰させた、という旨の記述があります。 史記の該当箇所には、趙高の名前は出ていませんが、キングダムでは毐国(あいこく)反乱に関係したものを蜀の地に島流しにしたとあり、その時のコマに太后のことを想い涙する趙高が描かれていました。 趙高はキングダム本編上では宦官として太后に仕え、毐国の建国に貢献した有能な人材として少し登場したのみです。 ただ、史記では始皇帝に仕えた趙高が秦国滅亡や蒙恬、李斯の死に深く関わるほどの重要人物として書かれており、今後、本編上では趙高がどのように中枢に入り込んでいくかが描かれるのではないでしょうか。 秦と魏が楚を攻める? 史記の楚世家によると、 幽王の3年に秦と魏が楚を伐った、という記述があります。 この幽王はキングダム本編でも登場した考烈王の次に即位した王で、実父は考烈王ではなく春申君だという話は本編でも描かれました。 幽王3年は上記の呂不韋の死などと同じ紀元前235年にあたります。 趙との戦前に、次は魏と手を組んで楚を攻めるのでしょうか。 信、蒙恬、王賁の将軍としての初陣を描くなら、同じ世代の項翼や白麗のいる楚との戦いは、しのぎを削るライバル相手に成長した姿を描きやすいと思うので、描かれる可能性もあるかもしれません。 またもうひとつ、描かれる可能性がある展開としては、魏から楚に亡命した元趙三大天・廉頗の存在があります。 山陽戦で事実上の敗北となった廉頗は魏から追放され、現在は楚で亡命生活をしています。 秦としては旧六将時代から山陽戦まで何度も戦争を繰り広げた相手であり、魏としても山陽を秦に奪われたときの将軍ということもあり、両国にとって廉頗に対してはケリをつけたい相手ではあります。 この点から秦と魏が共闘して楚の廉頗を討つ、ということが一応成立するのかなと。 また、将軍となった新時代の信たちが旧時代の廉頗を超えていくという図式を描くことも可能ではありますが、、、 この図式は先の鄴攻めにおける藺相如の元部下2人相手や魏火龍戦でも散々、描かれてきたので、「またか」と読者に思われる危険性を孕んでいます。 それに山陽戦で廉頗自身が「自分たちの時代は完成しているから、さらに強烈なこと、中華統一を達成するくらいじゃないと超えられない」という趣旨の発言をしていることから、今更、廉頗を倒しても蛇足感は否めません。 また、すでに640話以上を費やして、いまだに1国も滅ぼしていない物語の進行速度を考えると、おそらくこの記述部分の戦はキングダム上では描かれないでしょう。 というか個人的には早く先に進んでほしいので、もはや願望です 笑 最後に 休載期間はまだまだあるので、引き続き今後の展開予想や、史実ネタをもとに少し先の話なんかを書いていければと思います。 最後までご覧いただき、ありがとうございます。

次の

【キングダムネタバレ642話】鄴攻めが終わり信は李の苗字をもらいこれからどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

キングダム最新話 642

スポンサーリンク 週刊ヤングジャンプ掲載『キングダム』ネタバレ642話最新話確定速報をお届けします! 鄴を完全に攻略し、秦国へ凱旋帰国しましたね! 前回641話では、飛信隊が凱旋帰還し、更には信の新居までお披露目されました! 最初はボロボロの小屋だと思われていたのが、今となっては巨大な城になっていましたね! 更に秦王・嬴政に呼び出され、今のままでは将軍になれないことも告げられました。 その理由は、信に姓がないことでした。 よって信は新たな姓を考えることになるわけですが、ここで久しぶりに漂が現れました!! 嬴政が漂を影武者にしたときに国の重要な役目を担うことになるので、姓を与えたと言います。 その際に漂は、『李』という名をつけたことから、 信の姓は『李』にきまり、これから『李信』と名乗ることに… また、 Contents• いよいよ李信としての活躍がスタートしますね! その今後の活躍の第一歩となる次回話を早速見ていきましょう! 論功行賞で信の将軍昇格 全話で将軍になる問題であった姓をもらい受けることとなった信。 『キングダム』1巻冒頭で描かれていた通り、『 李信』と名乗ることになりましたね! 李信の姓と同じ姓である李牧が何か関係しているのかなと考えていましたが、全くちがって漂の姓だったとは衝撃的でした! これによってようやく信は将軍になる問題を解決したことになります! 最新話では論功行賞から始まりようやく信が将軍へと昇格するのではないでしょうか! 次回はかなり重要なシーンになるので派手に描かれるのではないでしょうか? 信の将軍による活躍への期待 そして次回以降気になるのは新が将軍になったことの初陣までが描かれそうですね! これまでは新章が始まるまでに、戦地を平定していくシーンを挟んだ離しましたが、これを 将軍になりたての李信が筆頭となり平定していくのではないでしょうか? しかし、次の対戦では桓騎将軍の平陽攻めが待っています。 そこに新たに将軍として加勢して大活躍する様も描かれるかもしれませんね! また新章を描かれるときに、1巻の冒頭のシーンを今の絵に書き換えたシーンが描かれるかもしれませんね! 次世代の六大将軍 本日発売のヤンジャンですが、『キングダム』は原先生がコミックス周りの作業に入っていた分、休載をいただいています。 現状でいえば、今のメンバーは• 楊端和 この5人が今の六代将軍に近いと言えますね! 趙の不落と言われた鄴を落としたことにより、列国は秦国の戦力をほっとけなくなるでしょう。 信と蒙恬と王賁が新たに将軍に昇格し、秦国の戦力は更に進化します。 そしてさらには飛信隊の副将・羌瘣の昇格も間違いなくなってくると思います。 李牧の生死はいかに?趙国のこの先は? 李牧の斬首処刑が、郭開によって本人に告げられていましたが、史実的に考えてまず今ではないでしょう。 ただこのまま放っておくと李牧は間違いなく斬首されてしまうので、趙国で権力を持った人物が何かしら介入してくることが予想できるでしょう。 もしかしたら太子嘉が介入してくるかもしれません。 更に李牧の問題が趙国をかき乱す間に、秦国が更に攻め入るかもしれません。 鄴攻めの2年後に平陽を攻め落とすと史実上には残っています。 扈輒将軍がここで相対するでしょう。 しかし桓騎は扈輒を討ち、およそ10万人を斬首する歴史があります。 大きな戦になるのは間違い無いので、ここに 飛信隊も参加することが考えられますね。 しかし、信は桓騎のやり方が大っ嫌いですからね。 何かまた揉め事を起こすこともあるでしょう笑 呂不韋自殺? 嬴政は紀元前236年に謹慎を呂不韋に命じ、山中の僻地へ幽閉します。 紀元前236年といえば現在のキングダムで描かれる年になります。 更にこの年、 呂不韋は毒を飲んで自殺したとなっていますね! ここもキングダムで描かれていくのでは無いのでしょうか? 呂不韋が死ぬことにより、秦国の政治がまた一つまとまりを得ることになりそうですが、逆にいうと呂不韋陣営はまとめて処分を受ける流れになってしまいますね! であれば、呂不韋を列国に死んだことにして、実際は別の人生を与え、呂不韋陣営を抱き込むことも考えられそうです! もちろん何か条件付きだとは思いますが… 将軍たちの論功行賞の予想 そして気になることがまた一つありますね! 各武功はどのように当てられるのでしょうか!• 第一功:王翦将軍• 第二功:楊端和• 第三功:信・蒙恬• 第四功:王賁・桓騎 あたりでは無いでしょうか! まずは王翦将軍は言わずもがな、難攻不落と言われていた鄴攻めがあります! ここをとれば3年で邯鄲を落とすことができるということも考慮に入れてこれ以上ない武功だと判断しても良いでしょう! 昌平君が考えた軍略も全てなくなり、その場で軍略を練り李牧相手に鄴を攻略したことは間違いなく第一功にあたり、更にここで大将軍に昇格もあり得ますね! そして第二功は楊端和ですね。 橑陽を落とし多ことが評価されるでしょう! また楊端和が第二功になると同時に犬戎王・ロゾを討ち取った壁も武功を評価されることが考えられそうですね! そして第三功は信と蒙恬。 蒙恬は一時的ながら戦略が分かっていることで将軍の地位を与えられていました! その起点で秦国軍を幾度となく救いましたね。 そして 信は、龐煖と岳嬰と趙峩龍を討ち取った武功ですね。 そして桓騎・王賁に関しては尭雲を討ったことや鄴の周りを囲い続けていたことが武功につながりますね! キングダムネタバレ642話最新話確定速報のネットのファンの反応 信が李信を名乗ることを決めましたが、やけにあっさりと決めましたね。 また漂(ひょう)も政が食べていた李(すもも)から、あっさりと李姓を名乗ることを決めていました。 二人は親友だから名字を付けることに対しても似たような軽さがあったのかもしれませんね。 そして今後の信の活躍がもっと楽しみになった。 (画像をあげたいが、グッと我慢!) — 50オヤジの独りごつ happykotakatu 今週のキングダム良かった。 漂、李漂なんや。 信が羽ばたけばそこには漂もそこにいる。 天下の大将軍までまだ途中やけど、ここまでの道のりもほんま長かったから今週話に立ち会えたことが感動で震える。 ありがとう原先生。

次の

キングダム642話ネタバレと感想!李信将軍誕生!蒙恬や王賁に王翦たちへ論功行賞が与えられる!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

キングダム最新話 642

秦国が趙軍と戦っている間に、 魏の呉鳳明が山陽近くまで侵略してきていました! 現在 秦国は新領土を秦の人間で埋めることを最優先とし。 前線では王翦が趙の逆襲に対抗しています。 しかし、戦況は悪くありません。 そう、 『論功行賞』です! そして、信は論功行賞で蒙恬や王賁とともに第一功の特別功を授かり、 ついに 李信将軍が誕生するのでした!! 漫画『キングダム』第643話『覚悟の通達』ネタバレあらすじ! こちらでは『キングダム』第643話のネタバレあらすじを紹介します。 しかし、そこからは信が将軍になったことで飛信隊の規模も大きくなり、大忙しです! 飛信隊構成隊員 一万人 羌瘣隊を含めると実に 一万五千人! 今週のキングダムで飛信隊は一万人!羌瘣隊含めて一万五千人!こういう軍の組織図見るとついに李信将軍誕生を実感しますね。 尾平が百人将っていうのもうれしい!確かにキャラ的にまだ五百人将ではないか。 目指すは鄴!楽華隊と玉鳳隊もともに! そして、一ヶ月後。 進軍する飛信隊の中に 尾平の姿。 尾平も 百人将になっていました! 同じ城戸村出身の 慶と 昂は、尾平隊に入って尾平を支えていくようです。 尾平は百人の命の責任に、プレッシャーから嘔吐しています! すると、遠くに飛信隊と同様東に向かう軍の姿が。 蒙恬将軍の楽華隊です! 「よー李信将軍」 「よー蒙恬将軍」 「アハハ」 「カカカカ」 二人はお互いに将軍と言い合って上機嫌です! 蒙恬は蒙部軍から移ってきた新しい 副長・愛閃を紹介しています。 玉鳳も一日遅れで同じく鄴に向かって発つため、3人とも鄴でまた一緒になるようです。 」 「分かってるって ハハハ なー愛閃 信って面白いだろー」 と蒙恬に茶化され、愛閃も「いや全く」と否定しません。 すると、蒙恬が今後の展望について話し始めます。 いよいよ王都邯鄲の攻略、つまり 趙国を滅ぼす戦いに入ろうとしています!しかし、ここからは鄴攻略以上に大変です。 趙軍の多くは健在のまま邯鄲は分厚く守られているのです。 「俺は王騎将軍を倒した李牧をこの手で討ちてェ 李牧を討って天下の大将軍になるんだ!」 信は、自分の手で李牧を討ちたいと言いますが、李牧がこのまま死ねば秦軍は数万の兵の命が救われるため、そんなことを軽々しく言うな、と蒙恬に言われるのでした。 舜水樹やカイネは李牧救出へ! 場所は変わって、 趙王都 邯鄲 暗闇の中、暗殺者が忍び込み、子供達を人質にして李牧の繋がれている地下牢の所在を吐かせています! 敵が吐いた情報によると、李牧が閉じ込められている牢の場所は北喜殿の地下です! 李牧を救出するべく忍び込んだ中には、 カイネの姿も! 地下に入るとすでに弓を持った兵が待ち構えていました! 罠です!! すぐに 舜水樹に報告がいきます。 北喜殿の地下は虚報! カイネ達は伏兵に遭い危険な状態です。 邯鄲城内では李牧を救出するため、 舜水樹を筆頭とした腹心達は武力行使に出ていました! 舜水樹は国内の要人を派手に殺めますが、それは李牧を死刑にすれば本気で暴走して戦を始める 覚悟の通達でした!! それに対して、朝廷側も王都の兵を動員して応戦したため、互いに血を流す 内戦状態です! カイネはなんとか危機を脱し戻りますが、ひどい傷でその場に倒れてしまいます! 倒れながらも、『李牧様 李牧様』と涙を流しながら李牧のことを思うのでした。 今度は、淋大臣を襲った隊から李牧が 東呉殿の地下にいるという報告が! しかし、また罠かもしれません。 すると、重症のカイネがなんとか起き上がりながら、「て…手当を…東呉殿の地下へ行く…」と言い、自分をを手当をするように言うのでした。 悼襄王と郭開 「まだ殺らんのか 李牧を」 悼襄王は李牧を殺す気満々です! すると、郭開は主を失った兵達が決死隊となって攻めてくるため、もう少し李牧兵を削らなければいけないと進言しています。 「さっさとせねば奴の酷い殺し方の考えがどんどん浮かんでくるぞ この邯鄲の大衆の面前で末代まで語り継がれるおぞましい殺し方で送ってやろうぞ 李牧」 趙国の運命が大きくうねり狂おうとしています! 漫画『キングダム』第643話『覚悟の通達』感想と考察まとめ! ついに将軍となり、飛信隊は一万人へ!さらに羌瘣隊が五千人いるので合計すると一万五千人です! 一万五千人の規模になり、練兵を重ねた飛信隊の活躍を早くみたいですね! そして、ついに向かう戦いの地は鄴。 やはりまだしばらく趙国との戦いが続くようです。 飛信隊だけではなく、楽華隊と玉鳳隊も同じく鄴に向かっているため、また3人の共闘が見られるかもしれません!! 趙の王都邯鄲では、舜水樹やカイネなど腹心が李牧の救出を狙って内戦状態です! 悼襄王は李牧殺す気満々です!王が殺そうとしている状態から李牧の命が救われることがあるのでしょうか!? 史実では、まだ桓騎が李牧と戦うところなどが描かれていないため、まだすぐには殺されないと考えられますが… 今後の展開から目が離せません! 漫画『キングダム』を無料ですぐに読む! 以上、『キングダム』第643話のネタバレあらすじ、感想と考察まとめを紹介しました! でも、やっぱり漫画は絵つきで読んだ方が面白いですよね!! U-NEXTなら 31日間の無料期間があり、期間内の解約なら 一切お金はかかりません!! 無料登録直後に600P貰えて すぐに無料で読むことができます!! 週間少年ジャンプの作品は最新話を無料で読むことはできませんが、 最新刊や単行本コミックスは無料で読むことができるのでオススメです! 漫画だけでなく、無料動画も見放題作品がたくさん! 『キングダム』はアニメも 第1シーズンから第3シーズンまで見放題です! 『キングダム』の最新刊を無料で読んで、アニメまで見放題!! なら、どちらもとってもお得に楽しむことができますね!! 『キングダム』の漫画を無料でお得に読みたい方は、ぜひこちらをチェックして下さい! 解約方法は以下のボタンからご覧ください。 最新刊を無料で読んで、アニメまで見放題で楽しんでみてはいかがでしょうか!?.

次の