プロローグ 歌詞。 Uru「プロローグ」歌詞の意味は?ドラマ『中学聖日記』主題歌

Uru

プロローグ 歌詞

同楽曲は、有村架純主演、TBS系 火曜ドラマ枠で放送される 『中学聖日記』の主題歌になっています。 今回は、「プロローグ」の 歌詞の意味を考察し解説します。 「プロローグ」の歌詞の意味については、 親しみやすくするために 主人公の言葉や気持ちを代弁する形をとっています。 それでは、さっそく見ていきましょう。 彼女は、ずっと彼と一緒にいたかったのです。 いつもと違う彼の表情と体温を感じた彼女は 別れが近いことを自覚したのでした。 そして、彼は彼女の前から姿を消しました。 彼女は冷たい風が吹く中、自分を失ったように さ迷い歩きました。 彼への熱い想いを胸に秘めたまま。 苦しくて辛くてたまらない彼女は、 彼を忘れようと思いますが、気付くと、 彼の名前を何度も呼んで、彼を探している自分がいます。 今日も彼を想って夜空を見上げると 淡く光る小さな星がひとつだけ輝いています。 いつか終わる恋だと思っていても、 実際に愛する人が目の前からいなくなると 過去の思い出はキラキラ輝きだし、余計に胸を締め付けてきます。 恋は、いつの世も切ないものです。。 関連記事.

次の

Uru「プロローグ」歌詞の意味は?ドラマ『中学聖日記』主題歌

プロローグ 歌詞

スポンサーリンク Uru「プロローグ 」歌詞の意味とは? 「プロローグ 」ーUru 作詞 Uru 作曲 Uru 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲じませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる 求めては突き放す 読めない心 見つめられる程に 嘘がつけない 力なく点滅する あの街灯を 見上げてた その横顔は 優しかった 壊れそうに膨らんで 真赤に熟れた果実は 誰かの摘む手を待っている ねえ、それは 私だった あなたが溢れて行く 抑えた胸の数だけ 隠せない「始まり」を 次から次の手の平に伝えていくよ 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 痛くて苦しくて それなら見えない様に どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを 探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて Uruさんはこの曲についてこうコメントしています。 恋愛には色んな形があるし、当人同士にしかわからない感情だったり言葉だったりがあると思っています。 心のままに素直に相手を想える恋愛もあれば、自分の気持ちにブレーキをかけてしまう苦しい恋愛もあって。 この曲を作る時、「もしも私だったら」どうだろう…という所から始まって、原作や脚本を読ませて頂いた時の胸の苦しさや痛みをヒントに制作しました。 切なさや愛しさなど、一つ一つのシーンで物語に寄り添う曲になってくれたら嬉しいです。 それでは歌詞を見ていきましょう。 いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの しかし、私はいつの間にかあなたのその全てが視界に入ってきて、いけないと思いながらも、 自分の心が痛む程にあなたのことが気になってしまっている。 どうしてこの気持ちに気づいてしまったんだろう。 あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる あなたを見ないようにしていても、 本当は誰にも見えないように隠した瞳の奥でいつの間にかあなたを探している。 二人の関係は行き場もなくて彷徨っている。 そんな中であっても、 あなたと見る世界はいつでも綺麗だった。 ここで出てくる 「淡く光る 小さな星」とは行き場のない二人の関係に唯一残された可能性のようなものを表しているのではないでしょうか。 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 風は冷たくても、決して冷えることのないあなたへの想い。 本当はいけないのにあなたに触れたいと思ってしまった。 どうして二人は出会ってしまったんだろう。 痛くて苦しくて それなら見えない様に どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを 探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて 胸が痛くて苦しくて、そんなことならいっそのこと見えない様にどこかへ飛んでいってしまえば良いのに。 そう思っているのに、本当は心の中で何度も名前を呼んであなたを探している。 はっきりとは見えない可能性を空に浮かべて。。。 この曲は、一緒になれないと思っている二人が「ぼんやりと見えている一つの可能性」を二人で探していこうとする前の 「プロローグ 序章 」の部分が描かれているのではないでしょうか。 プロローグ での二人の胸の苦しさや痛み、そして切なさや愛しさなど様々な感情が描かれていて、リスナーである私たちも思わず二人を応援したくなってしまう、そんな素敵な曲になっているのではないでしょうか。

次の

天月

プロローグ 歌詞

スポンサーリンク Uru「プロローグ 」歌詞の意味とは? 「プロローグ 」ーUru 作詞 Uru 作曲 Uru 目にかかる髪の毛と かきわけた指 壊れそうでどこか 寂し気な背中 頼りない太陽を 滲じませながら 微笑んだ その横顔 見つめていた いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる 求めては突き放す 読めない心 見つめられる程に 嘘がつけない 力なく点滅する あの街灯を 見上げてた その横顔は 優しかった 壊れそうに膨らんで 真赤に熟れた果実は 誰かの摘む手を待っている ねえ、それは 私だった あなたが溢れて行く 抑えた胸の数だけ 隠せない「始まり」を 次から次の手の平に伝えていくよ 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 痛くて苦しくて それなら見えない様に どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを 探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて Uruさんはこの曲についてこうコメントしています。 恋愛には色んな形があるし、当人同士にしかわからない感情だったり言葉だったりがあると思っています。 心のままに素直に相手を想える恋愛もあれば、自分の気持ちにブレーキをかけてしまう苦しい恋愛もあって。 この曲を作る時、「もしも私だったら」どうだろう…という所から始まって、原作や脚本を読ませて頂いた時の胸の苦しさや痛みをヒントに制作しました。 切なさや愛しさなど、一つ一つのシーンで物語に寄り添う曲になってくれたら嬉しいです。 それでは歌詞を見ていきましょう。 いつの間にかその全て 視界に入ってくるの 心が波打つ痛みに どうして気づいてしまったの しかし、私はいつの間にかあなたのその全てが視界に入ってきて、いけないと思いながらも、 自分の心が痛む程にあなたのことが気になってしまっている。 どうしてこの気持ちに気づいてしまったんだろう。 あなたを探してる 隠した瞳の奥で 誰にも見えぬように 行き場もなくて彷徨いながら あなたと見る世界は いつでも綺麗だった 空には一つだけ 淡く光る 小さな星が 残ってる あなたを見ないようにしていても、 本当は誰にも見えないように隠した瞳の奥でいつの間にかあなたを探している。 二人の関係は行き場もなくて彷徨っている。 そんな中であっても、 あなたと見る世界はいつでも綺麗だった。 ここで出てくる 「淡く光る 小さな星」とは行き場のない二人の関係に唯一残された可能性のようなものを表しているのではないでしょうか。 風は冷たいのに 染まった心は赤いままで あなたに触れたいと思ってしまった どうして二人出会ったの 風は冷たくても、決して冷えることのないあなたへの想い。 本当はいけないのにあなたに触れたいと思ってしまった。 どうして二人は出会ってしまったんだろう。 痛くて苦しくて それなら見えない様に どこかへ飛んでいけ そう思うのに あなたを 探してる 何度も名前を呼んで 空には一つだけ 淡く光る 小さな星を 浮かべて 胸が痛くて苦しくて、そんなことならいっそのこと見えない様にどこかへ飛んでいってしまえば良いのに。 そう思っているのに、本当は心の中で何度も名前を呼んであなたを探している。 はっきりとは見えない可能性を空に浮かべて。。。 この曲は、一緒になれないと思っている二人が「ぼんやりと見えている一つの可能性」を二人で探していこうとする前の 「プロローグ 序章 」の部分が描かれているのではないでしょうか。 プロローグ での二人の胸の苦しさや痛み、そして切なさや愛しさなど様々な感情が描かれていて、リスナーである私たちも思わず二人を応援したくなってしまう、そんな素敵な曲になっているのではないでしょうか。

次の