何者 名言。 樹木希林さんの名言すぎる名言に教えられた【映画あん】

Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

何者 名言

解説 「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。 就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之という豪華キャストの共演で描いた。 監督・脚本は、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」「愛の渦」といった映画でも高い評価を得ている演劇界の鬼才・三浦大輔。 演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な拓人。 何も考えていないように見えて、着実に内定に近づいていく光太郎。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せる実直な瑞月。 「意識高い系」だが、なかなか結果が出ない理香。 就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、焦りを隠せない隆良。 22歳・大学生の5人は、それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら就職活動に励むが、人間関係は徐々に変化していく。 2016年製作/97分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 主人公の気持ちに共感出来る。 周囲の人に対する感情、人間味を感じました。 ただ思う事が就活時期の歳頃、私と私の周りにいた人間はこの映画に出て来る登場人物の様な大人な考え方はしていなかった。 就活と言う題材の中で描かれてはいるものの、流れている空気が凄く大人な感じがしました。 言葉のチョイス、仕草、山田孝之演じる先輩なんて、もう何かを悟っている感じだ。 就活中の歳頃なのに、自分達だけで生きている感が凄い、まるで社会人の様な生活をしている。 もっと周りの大人が絡んでいるはず、家庭の事情は少し出てくるものの足りな過ぎる。 もっと、家庭的な所、生活費の流れ、そういった就活時期にある子供らしい問題を散りばめて欲しかった。 就活中の主人公の葛藤と言うよりは、 主人公の葛藤中がたまたま就活中だった。 そう思うくらい、主人公には共感出来ても、就活にはリアルを感じれなかった。 そんな作品。 ネタバレ! クリックして本文を読む 最初の30-40分は、淡々と進む就活生の生活。 時々変な間があって、 ここで笑えってことかなぁ、と思って見ていた。 大学生当時なら、爆笑なセリフが多数あるんだけれど、 自分はもう大人だから「こんな人もいるなぁ」という感じで、どう見たら良いのかわからなくて。 ・就活に流されているぞ、君たちは。 ・組織に属さないと何もできないのか ・同棲してるけど、付き合って3週間 ・部屋でもチノパン履いてる ・部屋でもニット帽 ・余裕そうな子が中小企業の面接に遅刻しそうで走ってる ・ノーネクタイなのに30分以上前に会場に到着してる などなど。 友達のSNSを見て「誰に自慢してるの 笑 」とか、 友達のSNSを読んでは、カゲで笑うような主人公。 少数グループのディベート面接って、ポジション選考に入ってるから、もうほとんど受かった様なものなのに、落ちてくる主人公。 面接官が10人近くいて、1人だけで面接受けてるのに、落ちてくる主人公。 採用する側も、そんなに暇じゃないよ? 周囲の友達に面接のレクチャーしてるのに、落ちてくる主人公。 周りの子は、SNSは「王様の耳はロバの耳」として使っていて、頑張ってる事が当たり前の雰囲気に耐えられなくて、SNSやっているのが何が悪いのか、と怒ってしまう。 自分の現在の立ち位置が、頼りない事もわかっているよ、と。 そして次々に、周囲が受かっていく。 途中、周囲がマネキンになって、マネキンから声だけが聞こえて、舞台の上での演技に切り替わって、観客席にもお客さんがいて。 それを俯瞰して見るスタイルになる。 観測しているはずの主人公が、観測されている。 ラ・ラ・ランドのあれ。 あの辺から展開が変わって、ちょっと映画に集中できる。 そして、何者にもなれていない事に気付く主人公。 最後は、自分の現在地を認めて、ドアを開けて進む主人公。 観測者をやめて、何かになる決意をした終わり方。 演劇を続けるのか、就活を続けるのか。 もっと若かったら感情移入できたかも。 今の子って、webテストとか、まず携帯で写真撮るのね。 びっくりした。 集団で対策練って受けに行くってのもびっくり。 研究室とかゼミに入った時点で、ある程度道が分かれてたから、繊細な奴もいるから、あまり聞かなかったなあ。

次の

【感想】映画「何者」を就活生は絶対に見てはいけない ※ネタバレあり

何者 名言

あらすじ [ ] 御山大学演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な 拓人。 何も考えていないように見えて、着実に内定に近づいていく 光太郎。 光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せる実直な 瑞月。 「意識高い系」だが、なかなか結果が出ない 理香。 就活はしないと宣言し、就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、焦りを隠せない 隆良。 瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、理香と同棲中の隆良を交えた22歳の大学生5人は、理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まる。 海外ボランティアの経験、サークル活動、手作り名刺などのさまざまなツールを駆使して就活に臨み、それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら就活に励む。 SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする本音や自意識が、それぞれの抱く思いを複雑に交錯し、人間関係は徐々に変化していく。 やがて内定をもらった「裏切り者」が現れたとき、これまで抑えられていた妬みや本音が露になり、ようやく彼らは自分を見つめ直す。 登場人物 [ ] 登場人物は少なく、ほとんど二宮・神谷・田名部・小早川・宮本の5人のやりとりで展開される。 人物像を限定するような情報はある程度抑制され多少記号的に書かれる。 二宮拓人(にのみや たくと) 主人公。。 学生サークルで演劇の脚本を作っていたが、就職活動を機にやめる。 観察能力が高く、細かなことに気が付く。 神谷光太郎(かみや こうたろう) 二宮の友人で、ルームシェアをしている大学生。 社会学部。 学生時代はバンド活動に注力していた。 性格は明るく、コミュニケーション能力が高い。 田名部瑞月(たなべみづき) 二宮の片思いの相手で、小早川の友人。 社会学部。 光太郎に片思いしており、一度告白して振られている。 米国でインターンシップを経験。 5人の会話の中ではどちらかというと聞き役。 小早川理香(こばやかわ りか) 二宮・神谷の部屋の上の階に住む大学生。 国際教育学科。 留学生交流会で田名部と知り合い、宮本とは付き合って三週間ながら同棲している。 米国留学を経験。 就職活動に対する意識が高く、エントリーシート記入、模擬面接、OB訪問に余念がない。 毎日のできごとをポジティブな言葉で脚色したツイートを慣習的に行う。 宮本隆良(みやもと たかよし) 二宮と神谷の上の部屋に住む大学生。 小早川の彼氏。 小早川とは付き合って三週間ながら同棲している。 小早川と同じ部屋に住んでいるため他3人が部屋に来たときも話に加わる。 就職活動のありように批判的であり、当初は就職活動をしないと言っていたが、のちに4人に隠れて就職活動するようになる。 銀次(ぎんじ) 学生サークルで二宮とともに演劇の活動をしていた元大学生。 大学をやめて自分の小劇団を設立し活動している。 サワ先輩 二宮と親交のある先輩。 大学院二年。 「理工学部院二年」とあるが専門は不明。 映画 [ ] 何者 監督 脚本 三浦大輔 原作 朝井リョウ『何者』 製作 畠中達郎 中村理一郎 弓矢政法 市村友一 高橋誠 吉川英作 坂本健 荒波修 (企画・プロデュース) 製作総指揮 出演者 音楽 主題歌 中田ヤスタカ 「NANIMONO(feat. )」 撮影 編集 穂垣順之助 制作会社 製作会社 映画「何者」製作委員会 配給 公開 上映時間 97分 製作国 言語 興行収入 10. 7億円 同名タイトルの映画作品が、に公開された。 監督・脚本はが担当。 キャスト [ ]• 二宮拓人 -• 田名部瑞月 -• 小早川理香 -• 神谷光太郎 -• 宮本隆良 -• サワ先輩 -• OVER MUSICのメンバー - タイヘイ、オチ・ザ・ファンク() スタッフ [ ]• 原作 - 朝井リョウ『何者』(刊)• 監督・脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - 中田ヤスタカ「NANIMONO(feat. )」()• 劇中歌 - 「俺よ届け」「まだ知らない世界」、「pellucid」、「あの日見た青空はきっと今日に続いている」• 製作 -• 共同製作 - 畠中達郎、中村理一郎、弓矢政法、市村友一、、吉川英作、坂本健、• エグゼクティブ・プロデューサー -• 企画・プロデュース -• プロデューサー - 石黒裕亮• ラインプロデューサー - 田口生己• プロダクション統括 - 佐藤毅• 撮影 -• 録音 -• 照明 - 佐藤浩太• 美術 - 小島伸介• 装飾 - 石上淳一• スクリプター - 田口良子• 編集 - 穂垣順之助• スタイリスト -• ヘアメイク - 梅原さとこ• VFXスーパーバイザー - 小坂一順• 音響効果 - 小島彩• ギター指導 - シミズコウヘイ()• キャスティング - おおずさわこ• 助監督 - 茂木克仁• 製作担当 - 萩原満• 企画協力 -• 配給 -• 製作プロダクション -• 製作 - 映画「何者」(東宝、、、、、、、、) 舞台 [ ] 2017年、の()の主演で舞台化。 東京・でからまで上演。 キャスト 舞台 [ ]• 二宮拓人 - (・)• 小早川理香 -• 宮本隆良 - (ジャニーズJr. ・Love-tune)• 神谷光太郎 -• 田名部瑞月 -• サワ先輩 - スタッフ 舞台 [ ]• 演出 - () 受賞 [ ] 映画• 第29回 新人賞(、『』と合わせて) 脚注 [ ]• 第24回 「長恨歌」「真説石川五右衛門」• 第25回 「英語屋さん」「颱風さん」「御苦労さん」• 第27回 「罪な女」他• 第28回 「叛乱」• 第29回 該当作品なし• 第30回 該当作品なし• 第31回 『終身未決囚』• 第33回 該当作品なし• 第37回 『ルソンの谷間』• 第38回 該当作品なし• 第43回 「錯乱」• 第45回 「」• 第46回 「螢の河」• 第47回 『天才と狂人の間』• 第49回 『女のいくさ』• 第51回 該当作品なし• 第53回 「虹」• 第55回 「白い罌粟」• 第56回 「」• 第57回 『追いつめる』• 第59回 該当作品なし• 第61回 『戦いすんで日が暮れて』• 第62回 該当作品なし 1970年代• 第64回 『長良川』• 第65回 該当作品なし• 第66回 該当作品なし• 第68回 該当作品なし• 第70回 該当作品なし• 第71回 「鬼の詩」• 第73回 該当作品なし• 第74回 『』• 第75回 該当作品なし• 第76回 『』• 第77回 該当作品なし• 第78回 該当作品なし• 第82回 該当作品なし• 第84回 『元首の謀叛』• 第85回 『』• 第88回 該当作品なし• 第89回 『』• 第92回 該当作品なし• 第93回 「演歌の虫」「老梅」• 第95回 『恋紅』• 第98回 『それぞれの終楽章』• 第103回 『蔭桔梗』• 第104回 『漂泊者のアリア』• 第107回 『受け月』• 第108回 『佃島ふたり書房』• 第112回 該当作品なし• 第113回 『白球残映』• 第115回 『』• 第116回 『山妣』• 第118回 該当作品なし• 第119回 『』• 第120回 『』• 第122回 『』• 第125回 『愛の領分』• 第127回 『生きる』• 第128回 該当作品なし• 第132回 『』• 第133回 『花まんま』• 第134回 『』• 第136回 該当作品なし• 第137回 『』• 第138回 『』• 第139回 『切羽へ』• 第141回 『』•

次の

朝井リョウ「何者」 2つのセリフが伝える若者の在るべき姿

何者 名言

見終わった後に感じたのは、原作を読んだ後に浮かんだ感情と全く同じ気持ち悪さでした。 登場人物6人全員が何らかの闇を抱えていて、「就活」という誰もが苦しむ舞台でその闇がどんどん増幅していきます。 しかも、それぞれの登場人物が持つ闇は映画を見ている人たちにも当てはまるようなものばかり。 「何者」を見た人は、自分自信の闇がスクリーンに投影されたかのような気分になったのではないでしょうか? 就活映画ですが、心にドス黒い物を抱えてしまうと思うので就活生は絶対に見ないでください。 絶対に他人事にできない映画「何者」を振り返ってみます。 拓人 冷静分析系男子• 瑞月 地道系素直女子• 理香 意識高い系女子• 光太郎 天真爛漫系男子• 隆良 空想クリエイター系男子• それぞれの抱えている闇はこんな感じ 二宮拓人は何者? 出典: <拓人の闇> ・どこか斜めに構えている ・他人を見下す、批判する ・本心を表さない 「何者」の主人公・拓人。 結局映画の最初から最後まで、一度も心からの笑顔を見せませんでしたね。 佐藤健くんの演技は素晴らしかったです。 自分の思想と反する行動を他人が取ると、どうしても批判したり、心の中でちょっと見下してしまいます。 拓人だけではなく、自分も含めてそういう人多いと思います。 ただ、拓人が良くないのはそうした感情を表に出さずに裏アカウントやLINE越しにぶちまけること。 他人の行動がおかしいと思ったら直接伝えるのが1番なんですけどね。 特に5人は同じ部屋で過ごす時間も長かったので、気軽に話せる環境だったのですが…。 映画の最後に理香から直球の説教を食らって、心変りしたかのような拓人ですが、結局晴れやかではない顔つきのまま面接会場を後にします。 「そんなに簡単には変われない」 何者の気持ち悪さが残るシーンです。 ちなみに、私はこういう冷静分析系男子は結構好きです。 考えていることって的を得ていることが多いんですよね。 でも、口に出してくれないから「何考えているのかわからない怖いやつ」で終わってしまいます。 うん、いるいるこういう人。 田名部瑞月は何者? 出典: < 瑞月の闇> ・ネガティブ ・自分を過小評価してしまう ・他人の芝が青く見えすぎてしまう いちばん何の問題もなさそうな瑞月 正直に言いますが、私が「何者」を見たかったのは有村架純が出演していたことも大きな理由です。 カワイイ! 瑞月みたいなタイプは他人に害を与えることなく、他人を褒められるので愛されやすいタイプですよね。 (有村架純補正がかかってたらすいません) 一方で、自分がやることにあまり自信を持てずに、誰かに依存したい、認めて欲しいという気持ちが強いです。 「報われない私カワイイ」気質があります。 映画では内定が出ていませんでしたが、あのまま就活を続ければどこかで内定が出ていたはずです。 (二階堂ふみ補正がかかっていたらすいません) 理香が就活上手くいないのは努力の方向が間違っているからで、グループディスカッションでの論点のズレた実績アピールが典型でした。 もっと素直になればいいんですけどね。 「お祈りメール」が届いた後も、「落ちちゃった〜」と気楽に話せれば救われるんですけど、プライドが邪魔するのでしょう。 弱い部分をさらけ出せば、楽に内定が出る気がします。 「悪の教典」でも思いましたが、二階堂ふみはちょっと闇のある演技が上手いですよね。 説教からの泣き崩れるシーンは超怖かったです。 神谷光太郎は何者? 出典: <光太郎の闇> ・無意識に人を傷つける ・何も考えてない ザ・就活強い系男子の光太郎 明るくてコミュ力高い人って就活に強いですし、会社でもこんな人が活躍します。 常に感情を素直に吐き出しているところも好感持てますよね。 私もこういうタイプ大好きです。 ただ、素直すぎるため気遣いが下手で「拓人になんで内定出ないかわからない」の発言はイヤミじゃなくても完全にOUT 拓人じゃなくてもこんなこと言われたら数日間落ち込みますって。 他人のやることには色々口出すくせに、自分は何も行動しない。 私が言いたかったことは瑞月がぶちまけていましたが、結局この映画の中で隆良は何もしてないんですよね。 個展をやろうとして辞めただけ。 今の世の中って良いアイディア持っている人はたくさんいるのに、それを実行する人ってほとんどいないんですよね。 だからどんだけ批判されようが、自分の思う方向に突き進んでいる烏丸ギンジはカッコイイと思います。 自分のやりたいことができないからといって、軸がブレ始めて就活始めるのも「俺カッケー」タイプの人にありがちなパターン。 それでも隆良がよかったのは、反省して拓人に素直にアドバイスを求めるところ。 あそこまで「俺カッケー」してた人が頭下げるのってなかなか勇気がいると思いますよ。 2のサワ先輩 拓人にどストライクなアドバイスを送っているあたり、大人な人物のようにみえますがやっぱり闇を抱えています。 拓人にひとことだけ声を掛けるのではなく、ちゃんとその理由を説明してあげればいいのにそれをしません。 しかも拓人の考えをさえぎって、先輩風ふかせた説教するなんて感じ悪いったりゃありゃしない。 中途半端に絡んでくるのが1番タチ悪いですよね。 どこかで拓人にやさしく丁寧に思いを伝えるシーンがあれば、一気に頼りになる先輩に格上げなのですが…。 喫煙室で、ロクに会話せずに見た目だけで隆良を判断したのもどうかなと思いました。 何者の闇は誰もが抱えている さて、ここまで偉そうに登場人物を分析してきましたが、私も同じ闇を抱えています。 他人を見下す• ネガティブ• ズレた方向に空回り• プライドが高い みんなが持っている闇を私も少しづつ持ち合わせています。 だから私も他人のことを批判できません。 「何者」で出てくる闇は、誰もが抱えている闇です。 「こういう人いるいる!」という人ばかり。 その闇を小さくすることはできても、完全に消し去ることはできません。 だから「何者」を見た後は強烈な嫌悪感に包まれます。 「ああ、これは私なんだ」って。 良いところに目を向けよう 何者は人の悪い部分ばかりにとことんスポットを当てています。 でも人間は悪い部分だけではなく、良いところもいっぱいありますよね! 拓人の冷静なところ、 瑞月の他人を素直に褒めるところ、 理香の努力するところ、 光太郎の素直なところ、 隆良の謝るところ、 サワ先輩の後輩想いなところ。 みんな良いところがいっぱいあるんです。 就活は減点方式ではありません、加点方式です。 良い部分がキラキラ輝いている人が採用されます。 他人の悪いところばかりに目がいってしまうと、自分も自然とネガティブになっていきます。 そうではなくて、他人の良いところにとことん目を向けられる人でありたいなと思います。 日本社会は「強烈な減点方式」なので、ここがもう少し変わると良いのですが。 最たる例が「国会」や「芸能界」ですね。 また、良いところに目を向けることは、自分のやりたいことに没頭することでもあります。 「何者」は結局他人と自分を比べてばかりなんですよね。 そうではなくて、自分のやりたいことに没頭できているのであれば、他人の目なんて全く気にならなくなります。 あ、コレ就活も同じですね。 どこかから拾って来たノウハウではなくて、自分で「こうだ!」と決めたことをやり抜けば内定はそんなに難しくありません。 自分の闇が映し出される「何者」ですが、自分の良い面を見つめ直すきっかけになれば良いですね! 映画「何者」を無料で見る方法 映画「何者」は「」やdTVなどの映像配信サービスで楽しむことができます! オススメなのは「何者」の著者である朝井リョウの代表作「桐島、部活やめるってよ」も視聴できる「」です。 U-NEXTもdTVも1ヶ月間無料体験ができますが、dTVは視聴するために追加料金が必要です。 U-NEXTも「何者」を見るには追加料金が必要ですが、 無料体験加入時にもらえる600ポイントを使えば実質無料です。 もちろん1ヶ月で解約すれば料金は一切かかりません。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXTの公式ホームページにてご確認ください。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の