喪中 範囲 祖父母。 喪中の範囲は? / 喪中・寒中のマナー&文例集

喪中の範囲、義祖父母や叔父はどうなる?期間は親等でかわる?

喪中 範囲 祖父母

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 亡くなった人の両親(義理を含む)• 子ども(子供の配偶者は親等に関係しません) そして2等親も喪中になりますが、2等親とはどのような関係になるのでしょうか。 祖父・祖母の場合は? 2等親としての血縁関係には、まず 祖父母が入っています。 つまり祖父母は2等親となるため、祖父母が亡くなった場合には喪中という事になります。 さらに2等親として喪中になる血縁者としては 兄弟姉妹、孫がいます。 叔父・叔母の場合は? では自分から見て、叔父や叔母が亡くなった場合にはどうなるのでしょうか。 親の兄弟姉妹である叔父や叔母のときには喪中になるのかどうか、血縁関係と等親から考えてみます。 叔父や叔母と一緒に同居していたり、近くに住んでいて幼いころからよく面倒を見てもらったという人も多いでしょう。 近くに感じる存在である叔父や叔母を、まるで家族同然のように考えている人も少なくありません。 しかしながら、実は血縁関係による等親からみると、 叔父や叔母は3等親に位置することになります。 3等親といえば、喪中の範囲には入らないという事になり、一般的には喪中という期間を設ける必要がありません。 配偶者(嫁)の家族の場合は? では結婚していた場合、 配偶者の家族はどうなるのでしょうか。 住んでいる場所が遠いと、夫や嫁の家族に会う機会が少なく、あまり近しい人と感じないこともあるでしょう。 配偶者の両親は血のつながりがなくても、子供と同じように1等親という位置付けになります。 近くに住んでいて深いつながりがあれば亡くなって喪に服すのも当然です。 ですが、遠くに住んでいて普段まったく交流する機会がない場合でも、配偶者の両親の場合には1等親として喪中になるのです。 そして、自分の祖父母や兄弟が2等親となるように、配偶者の祖父母や兄弟も2等親として扱われることになります。 中には、結婚してから一度も会ったことがない配偶者の祖父母や兄弟という場合でも、亡くなったので喪中になるというケースもあります。 喪中の範囲は人によって異なる 一般的にどこまでが喪中になるかという点では、だいたい2等親までは喪中になるという認識になっていますが、喪中の範囲は人によって異なると言えるでしょう。 3等親であっても、ごく近しい関係性で普段から交流する機会が多い場合には、故人の死を悼みしのぶ思いを込めて喪に服すという考え方もあります。 またあまりにも関りが薄く全く見ず知らずの人と同然だったり、絶縁関係にあるような2等親であれば、亡くなっても喪に服さず喪中はがきなどを出さないという場合もあります。 喪中ハガキを出す範囲はどこまで? ではここで、喪中の場合に出す 喪中はがきの範囲はどこまでかについてもご覧いただきましょう。 近親者の場合、喪中の期間がおよそ1年であることが多いため、必ず喪中はがきを出すという時期が来ることになります。 喪中はがきとは、いったいどの範囲まで出すのが妥当なのか、そしてどういった点に注意して送付すればよいのかについても考えてみましょう。 年賀状のやり取りをしている人全員 喪中範囲をどこまで出せばよいのかについては、あまり悩む必要がないと言えます。 年賀状をやり取りしている全員に出せばよいでしょう。 あくまでも、年賀状をもらったとしても新年のあいさつができないため、先方が年賀状を出す手間を省くことができるように出すからです。 また、年賀状が届いたとしてもお返事をしたり、お祝いの言葉やお礼の気持ちに応えることができないため、 もらいっぱなしという失礼な形になってしまう事を避けるという意味もあります。 このような事から、相手がせっかく年賀状を出したのに、もらっただけでしらん顔をしてしまうという状況を作り出さないため、年賀状のやり取りをしている人全員にはしっかりと喪中はがきを出すようにしましょう。 喪中を知っている人にも送るべき? 喪中という事を知っている人であれば、気を利かせて年賀状の送付をしないという人も多いものです。 では、喪中だと知っている人に対する喪中はがきは、出す必要がないのでしょうか。 実は喪中はがきは、喪中を知らせるために出すものではありません。 多くの人が、喪中はがきは先方に喪中だという事を知らせるためだけのはがきだと考えているようですが、喪中はがきはそれだけの意味ではないのです。 喪中はがきの本来の意味、それは近親者がなくなり喪に服している期間のため、 新年の喜びの挨拶を控えるということです。 先方がおめでたい挨拶をしてくれるのに、それに応えることができないため、あらかじめ新年を祝う喜びの挨拶をご遠慮するという意味なのです。 そのため、喪中を知っている人に対しても、「喪中です」という知らせではなく、新年の挨拶をご遠慮しますという意味で出します。 喪中ハガキを送付する際の注意点とは? 喪中はがきを送付する際には、 いくつかの注意点があります。 先方に失礼のないよう、そしてしっかりとこちらの意志が伝わるように、以下のような注意点に配慮して送るようにしましょう。 では、 喪中の期間はどれくらいが妥当なのでしょうか。 実は喪中期間は、続柄によって一般的に設定されている期間が異なります。 喪中の期間はどのくらいなの? 1等親であれば、 およそ1年が喪中期間となります。 2等親となると、3か月~1年と喪中の期間も考え方や生前の関係性によって異なってくるでしょう。 続柄によって喪中の期間は違うの? 同居していなくても、よっぽどのことがなければ1等親は1年くらいの喪中となります。 しかし、 2等親は続柄としては喪中の期間を設ける関係性となりますが、それぞれの関わりの深さと考え方によって、喪中の期間が大きく異なるでしょう。 例えば2等親であっても配偶者の方の祖父母で一度も会ったことがなかったり、あまりにも遠くに住んでいてほとんど関わることがなかった孫の配偶者などの場合、喪中の期間を数カ月に短縮したり、喪中という期間を設けなかったりという事もあります。 逆に3等親であったとしても、同居してずっといっしょに暮らしてきた曾祖父母や伯父伯母などが亡くなった場合には、喪中期間を設けるというケースも少なくありません。 喪中の範囲についてまとめ• 1等親や2等親は喪中になる• 配偶者の家族の場合でも1等親や2等親となり喪中になる事がある• 喪中はがきを出す範囲は年賀状をやり取りしている全員• 喪中はがきは喪中を知らせるためのものではない• 喪中はがきを出す際にはいくつかの注意点がある• 喪中期間は続柄によって異なる 喪中の範囲がどこまでという事と喪中になる期間には、続柄が深く関係していて、さらにそれぞれの関係性や考え方も影響しているのですね。 いざというときに自分が喪中になるかどうか、大切な人や近しい人が亡くなったときに慌てることのないように、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。 「終活ねっと」ではその他にも喪中はがきの書き方や考え方などの記事も多数掲載しています。 以下の記事では喪中に控えることについて解説しています。 ぜひそちらもご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

喪中はがきを出す範囲は?義理の祖父母や兄弟の場合も必要?マナーと現状は?

喪中 範囲 祖父母

身内が亡くなった場合、喪中の範囲はどこまでの間柄と考えるのが一般的か、戸惑う人もいるのではないでしょうか。 今回はこの記事で、どこまでの親族が喪に服す範囲なのか、一般的な服喪期間や喪中で控えるべきことなどをご紹介します。 喪中の範囲は何親等まで? 喪中とは、身内に不幸があった場合、故人の死を悼み、一定期間喪に服すことをいいます。 「服喪(ふくも)期間」と呼ばれることもあります。 「服喪」の「喪」は喪中を指します。 喪中の範囲は2親等までが目安 喪中の範囲は2親等までが一般的といわれています。 2親等とは、自分や配偶者の兄弟姉妹、祖父母、孫までを言います。 ただし、2親等までというのはあくまで目安であり、3親等以降でも深い付き合いがあった場合など、自分の気持ち次第で喪に服しても良いとされています。 最近は同居しているかどうかで決める人も多いです。 親族、地域内で慣習がある場合も従うといいでしょう。 親等 自分との関係 0親等 自分(夫・妻) 1親等 父母、配偶者の父母、子 2親等 自分や配偶者の兄弟姉妹、兄弟姉妹の配偶者、祖父母、孫 3親等 自分や配偶者の曽祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者、自分の甥姪 親等は自分や配偶者を0親等として考えるため、両親や子供は1親等となります。 義理の両親や兄弟姉妹については、自分の両親・兄弟姉妹と同じ親等になります。 つまり、配偶者の両親、兄弟姉妹についても自分と同じように喪に服すのが基本です。 喪中の期間 服喪期間は長くて1年程度 喪中の期間は故人との続柄に応じて長くて1年程度というのが目安です。 一周忌法要を区切りとして喪明けと考えるといいでしょう。 とはいえ、喪中の期間も喪中の範囲と同じく、現在の法律では厳密に定められていません。 明治時代までは太政官布告で喪中に関する定めがありましたが、昭和22年に撤廃されました。 現在も慣習として一般的な目安はありますが、同居や別居など、付き合いの程度によって決めることも増えています。 1年を目安として、悲しみが大きい場合は長期間喪に服してもいいでしょう。 続柄 喪中の期間 父母・義父母 12ヶ月〜13ヶ月 子 3ヶ月〜12ヶ月 祖父母 3ヶ月〜6ヶ月 兄弟姉妹 1か月〜6ヶ月 曾祖父母、伯叔父母 喪中としない 亡くなって四十九日までは忌中 喪中と似た言葉に「忌中」があります。 喪中と忌中とは、他界してからの日数によって呼び方が変わります。 一般的に忌中は、故人が亡くなってから四十九日の忌明けまでが範囲となります。 喪中は、故人を偲ぶ期間とされるのに対し、忌中の間は故人に祈りをささげるとともに、死の穢れが身についているため外部との接触を避けるべき期間とされています。 「忌服(きふく)期間」とも呼ばれ、「忌」は忌中を指します。 喪中の期間中、控えるべきこと お正月のお祝い(年賀状) 喪中は故人を偲ぶ期間として、お正月のお祝いを控えたほうがよいとされています。 お正月のお祝いに関連して、年賀状による新年のあいさつも控えるのが一般的です。 年賀状の代わりに喪中はがき(年賀欠礼状)を出します。 喪中はがきを出すのも、故人が亡くなりお正月のお祝いをする気になれないという悲しみの表現のひとつといえます。 結婚式 喪中の期間は結婚式を行うことや参列することも、控えたほうがよいとされています。 とはいえ、最近は四十九日の忌明け以降であれば結婚式を行う人や、友人や会社関係者の結婚式であれば喪中でも参列する人は増えています。 迷ったときは周囲と相談して決めるといいでしょう。 旅行・遊興 旅行や遊興も喪中で控えたほうがいいとされることのひとつです。 遊興とは文字通り、遊び興じることをいいます。 現在は忌明けを区切りにするケースが一般的ですが、かつては服喪期間中の殺生を禁じ、お酒やお肉も断つべきとされていたことが影響していると考えられます。 喪中はがきを出す範囲 2親等までが一般的 喪中の範囲と同様に、喪中はがきを出すのも2親等までが一般的ですが、3親等以降でも喪に服したいと思えば喪中はがきを出してかまいません。 年賀状にて喪に服す期間は一律1年間が通例となっています。 ちなみに、法人の場合は喪中という概念がないため、会社の社長が亡くなった場合社員が喪に服す必要はありません。 しかし、家族経営の場合は喪中として新年のあいさつを遠慮する場合もあります。 喪中はがきを出すタイミングは? 11月~12月15日ごろまでに送ろう 喪中はがきは、相手との行き違いを防ぐため、11月から12月15日までに送るのがベターです。 年末近くに不幸があった場合は、寒中見舞いにて喪中の旨を伝えるといいでしょう。 喪中でも参加していいのは? 寺院への初詣 喪中の期間でも寺院への初詣は問題ないとされています。 神道と違い、仏教には死をけがれとする考え方がないためと考えられます。 神道も忌明け以降であれば初詣をしてもいいとされていますが、地域によって考え方が異なります。 慣習があれば従いましょう。 お中元・お歳暮を贈り合う お中元・お歳暮も、自分や相手の喪中に関係なく贈りあって問題ないとされています。 お中元やお歳暮はお祝いではなく、日ごろの感謝を伝えるための慣習だからです。 注意したいのは、喪中の期間中に贈るお中元やお歳暮には、紅白ののしを使用しないことです。 贈るタイミングも、四十九日の忌明け以降になるよう考慮するほうがいいでしょう。 喪中の範囲は2親等まで、服喪期間も把握しておこう 喪中の期間は四十九日をめどに慶事も控えるのが一般的 身内が亡くなった場合の喪中の範囲は、2親等までとするのが一般的です。 服喪期間は続柄によって異なりますが、1周忌をめどに考えるといいでしょう。 服喪期間中の注意点としては、新年のお祝いや結婚式など、慶事は控えることです。 とはいえ、あくまで喪中の範囲や服喪期間も、一般的な目安であり明確な決まり事ではありません。 3親等以降でも付き合いが深かった場合は喪に服しても問題ありませんし、最近は四十九日の忌明けを区切りに結婚式を行うことも増えています。 自分自身の気持ちを第一に、親族や地域の慣習があれば従いながら行動するといいでしょう。

次の

喪中で年賀欠礼となる範囲は?義理の祖父母なら?喪中はがきは誰に出す?

喪中 範囲 祖父母

喪中はがきを出すとされている故人の範囲は、1親等と2親等です。 1親等とは…自分から見て故人が 父、母、義父、義母、子 2親等とは…自分から見て故人が、きょうだい、義理のきょうだい、祖父母、義祖父母 まず、1親等の父母、義父母、子は、まず、迷うことなく喪中ハガキを出す方が多いと思います。 特に、同居していない祖父母や、ダンナさんや妻の祖父母の場合(義祖父母)は、特に、喪中ハガキを出すか出さないかは悩むところだと思います。 基本的には、2親等までは、喪中はがきをだすものだという前提ありきで考えた場合、深く考えず、喪中ハガキを出すのが良いと思います。 ただ、喪中ハガキを出すと、年賀状が来なくなって寂しいから普通どうり年賀状出したいな…、と思っている方は、まずは、配偶者(ダンナさんや奥さん)に相談してみましょう。 やはり、たくさん年賀状が来ないと寂しいという方が喪中ハガキを出した場合、次の年からは、しっかり自分から年賀状を出さないと、元旦に来る年賀状の数は少なくなりました。 それは、喪中ハガキも、年賀状も出さない、という方法です。 あえて、喪中ハガキはださずに、新年を迎え、松の内が明けた1月8日以後に 寒中見舞い を出します。 寒中見舞いを出した相手は「あら、喪中だったんだ、悪いことしちゃったかな…」と思うかたもいらっしゃるとは思いますが、年賀状で、相手の近況も知ることができ、また、こちらも喪中の意を表せる方法ではあります。 この方法だと、葬儀を知らない友達や、知り合いからは普通に年賀状が来て、近況も知ることができます。 相手の年賀状のリストにもそのまま載ってるので、来年度も普通に年賀状は届くと思います。 この場合、親戚や、葬儀に来てくださった方は、喪中だと知っていらっしゃるので、喪中ハガキを出さなくても、年賀状は来ない可能性の方がたかいですし、あまり、問題はないと思います。 が、気をつけたいのが、口うるさい親戚がいる場合。。。 12月中旬以降に亡くなられた場合は、もしかしたら逆に、こちらももう年賀状を投函している可能性もあるのですが この場合は、郵便局に「取戻し請求」をして、返還してもらうことも可能なのですが、手数料もかかりますし、そのまま、年賀状を送っておいていいと思います。 近親者や親しい間柄の方は、年末に身内が亡くなられたことをご存じでしょうから、年賀状が届いても「亡くなる前に出されたんだな」とわかっていただけると思います。 そして、身内のご不幸をお伝えすべき方にだけ、改めて年が明けてから「寒中見舞い」としてハガキを送れば良いと思います。 ただ、亡くなられたのが祖父母の場合は、あらためて寒中見舞いを送らないといけない方はあまりいないと思われます。 そのまま、年賀状を送った状態だけで良いと思います。 さて、ネットでも、喪中ハガキの注文ができます。 喪中ハガキの切手代は52円?62円?63円? 2017年6月からハガキの切手代が52円から62円に値上がりしました。 が、年賀状だけは、円のまま据え置き価格だと発表されました。 じゃあ、喪中ハガキの切手代はいったいいくらかといいますと。。。 喪中ハガキの場合は切手代は「62円」です。。。 2019年10月にふたたび料金改定があり、年賀状はハガキの料金と同じで63円に値上がりしました。 そうなんです、喪中ハガキは通常のハガキ代と一緒で値上げして63円なので、間違えて62円切手を貼らないようにしてくださいね。 そういえば、父の時に、郵便局に、「喪中ハガキに貼る切手ありますか?」と聞いてみたら、 弔事用の切手をだしていただけました。 調べてみると、今でも、 弔事用の63円切手が販売されていましたので、それを使われるといいと思います。 まとめ 喪中ハガキというのは、そんなに出す機会がないだけに、身内に不幸があると、「あれ?どうすればいいんだろう?」って思うことがたくさんありますよね。 昔ほど厳しい常識もなくなって、個々のやり方でいいんじゃない?という風潮も出てきています。 祖父母の御不幸でしたら、喪中ハガキをだすか、出さないかは、本当に、個々の判断でどちらでも大丈夫だと思います。 ぜひ、ご家族とも相談されて、決められることをお勧めします! 関連記事.

次の