競艇 蛭子買い。 競艇(ボートレース)の

ボートレース【競艇】蛭子能収買いとは

競艇 蛭子買い

競艇のイメージとして私の中で強く印象に残ってることとして 下記のやり取りがあります。 【Q】「私の姉が新興宗教に入っています。 義母が入院したり、子どもがケガをしたりすると、『入信したら、そんな目にあわなかった』と勧誘されます。 お金もつぎ込んでいるようなのでやめさせたいと思っていますが……」(ヒロちゃんさん・46・主婦・和歌山県) 【A】「宗教は、自分の頭で考えられない人が頼るもの」(蛭子能収) 最近、競艇の成績がいいんですよ。 この前も大村競艇場で15万円も勝ちました。 なんとなくコツが見えてきたんです。 それがボートの1、2、5、6号艇を組み合わせる舟券「1256のボックス」買い。 ピタリと当たるんです。 やっとオレにも運が回ってきたようです。 それで新興宗教ですか、ウフフ……。 かわいそうですけど、お姉さんとは関係を絶ったほうがいいですね。 新興宗教をやめさせたり、説得したりすることなんか考えずに、しばらく放っておいたほうがいいですね。 「私はだまされていた」といつか気づくかもしれませんよ。 オレは新興宗教の誘いはきっぱり断っています。 自由に生きるために、あれ読めとか教会に行けとか、強制されるのが嫌だからです。 宗教は自分で判断できない人が頼るもの。 自分の頭で考えられないなんて、何が楽しいんでしょうかね。 そもそもオレは宗教観がありませんし、何かにすがろうと思ったこともありません。 オレが信じているのは 「1256のボックス」だけです。 いわゆる人生相談としての企画です。 まぁ蛭子さんに人生相談するというところですでに興味深いんですがやはり相談に対してのアンサーが人のそれとはだいぶ違います。 宗教にはまってる姉がいて・・という相談に対して おれがはまってるのは舟券の 「1256のボックス」だけと豪語してるわけですからね。 相談者もあっけにとられてることでしょう。 当ブログでは蛭子さんほどの方が信仰してる 「1256のボックス」が どれほどすごいのか今後検証していきたいと思います。

次の

【ボートレース】3連単ボックスの買い方と注意点「初心者は必読」|ふねバカ

競艇 蛭子買い

蛭子能収 えびすよしかず ってどんな人物? 蛭子能収さんと言えば無類のギャンブル好きとして知っている方も多いでしょう。 過去には麻雀賭博の現行犯で逮捕されてりまったこともあり、競艇、麻雀、パチンコ、カジノ、丁半、チンチロと、ありあらゆるギャンブルが好きな芸能人です。 これだけ様々なギャンブルが好きなのにも関わらず、競馬だけには興味がなく競馬でギャンブルする事はないそうです。 しかし、ギャンブル好きというイメージだけを持たれる方が多いかもしれませんが、本業は「漫画家」「イラストレーター」「タレント」「エッセイスト」「俳優」「ナレーター」「映画監督」と多岐にわたって活動する芸能人です。 蛭子能収さんの経歴 蛭子能収さんは1974年に生まれ、5歳上の兄と8歳上の姉がいる末っ子として誕生しました。 子どもの頃から賭け事が好きだったのではなく、当時は貸本劇画誌『影』や『街』を愛読しており、山森ススムや辰巳ヨシヒロの劇画など、映画に対する関心を高く持っていました。 蛭子能収さんは長崎商業高等学校を卒業したのち、地元の看板店に就職をしましたが、つげ義春の『ねじ式』に衝撃を受けて上京し、「看板屋」「ちり紙交換」「ダスキンのセールスマン」など様々な職業についた後、青林堂に漫画を持ち込み『ガロ』初代編集長の長井勝一に才能を見出され、漫画家の道を進むことになったのです。 そして、ついに「月刊漫画ガロ」の入選作「パチンコ」で漫画家デビューを果たしました。 デビュー作品が「パチンコ」というだけあって、この頃からギャンブル好きだったのかもしませんね。 その後、劇団東京乾電池の公演『台所の灯』に出演し、これがフジテレビプロデューサーの横澤彪の目に留まり、1987年に「笑っていいとも! 」に文化人枠としてレギュラー出演をするようになりました。 しかし、1998年11月に東京都新宿区の麻雀点で麻雀賭博の現行犯として逮捕されてしまいました。 蛭子買いとは 蛭子能収さんは競艇好きとしても知られていますが、有名なのは「蛭子買い」という買い方ではないでしょうか? 「蛭子買い」は簡単に説明してしまうと、1レースで多くの組み合わせの舟券を購入する買い方です。 しかし、数多くの組み合わせを購入してしまうとトリガミのリスクが高まり、回収することが難しくなるのが事実でしょう。 なぜ、蛭子能収さんは「蛭子買い」の様な買い方をするのでしょうか? 蛭子能収さん曰く、予想を絞り込めずに買いすぎて結局当たらないのであれば、外れるよりも少しでも当てて「的中した喜び」を感じた方が良いという考えをもっているからだそうです。 そして、この蛭子能収さんの買い方は蛭子能収さんの様な腰の低いキャラクターもあって、「蛭子買い」として広まることになりました。 当時「蛭子買い」は比喩された存在でしたが、最近「蛭子買い」は的中率の高さと、思いがけない高配当が的中する可能性の高さから、一部の競輪ファンから支持されています。 買い目点数が多いため、トリガミのリスクは高いですが、蛭子能収さん本人も「蛭子買い」で驚くような万舟券を的中させた実績があるのです。 蛭子買いの具体的な買い方 「蛭子買い」は1つのレースで多くの組み合わせの買い方を購入するスタイルですが、購入する舟券にはルールがあり、以下の組み合わせで購入することになっており、蛭子能収さんは下記の様に語っています。 全部で36点買いになるが全通りだと120点であり、約3分の1の舟券を買うことになる。 買い目が多過ぎるよ、という人もいると思うが、120点の内36点だ。 つまり「1256」、「235」、「245」の3連単ボックスを買う予想方法です。 【1256の買い目】 「1-2-5」「1-2-6」「1-5-2」「1-5-6」「1-6-2」「1-6-5」 「2-1-5」「2-1-6」「2-5-1」「2-5-6」「2-6-1」「2-6-5」 「5-1-2」「5-1-6」「5-2-1」「5-2-6」「5-6-2」「5-6-1」 「6-1-2」「6-1-5」「6-2-1」「6-2-5」「6-5-1」「6-5-2」 【235の買い目】 「2-3-5」「2-5-3」「3-2-5」「3-5-2」「5-2-3」「5-3-2」 【245の買い目】 「2-4-5」「2-5-4」「4-2-5」「4-5-2」「5-2-4」「5-4-2」 上記、合計36点と、かなり広い範囲で購入する買い方です。 競艇は6艇しかいない競技のため、3連単の全ての買い目は120通りなので、全組み合わせの30%も購入する事になっています。 そのため、トリガミになる可能性も高いですが、手広く買い目を増やす事で「的中率」を上げるのが蛭子買いの特徴です。 蛭子買いのメリット・デメリット 蛭子買いは様々な競艇ファンに親しまれている買い目ですが、買い目点数が多くなるためトリガミのリスクが高くなり、回収率が低くなってしまうことからも賛否両論に分かれる予想の方法です。 しかし、トリガミのリスクが高いものの思いがけない穴舟券が的中して一発逆転する事もできるかもしれません。 そこで、こちらでは蛭子買いのメリットとデメリットについて見ていきます。 蛭子買いのメリット 蛭子買いのメリットとして考えられるのは、 ・的中率が高い ・穴舟券で万舟券が当たる期待がある 上記2つが考えられます。 競艇の3連単は全部で120通りあるので、蛭子買いでの予想であれば単純に「30%」の的中率があります。 つまり、3連単が3レースに1レースは的中するという計算です。 もちろん、レースが荒れ無ければトリガミになってしまいますが、レースが荒れた場合には100倍以上の舟券が飛び出す期待もあります。 蛭子買いは買い目を広げる事によって、普段の予想ではカスリもしない様な万舟券も的中する期待があるのです。 蛭子買いのデメリット 蛭子買いのデメリットとして考えるのは、 ・1レースあたりの舟券代が高い ・トリガミになりやすい 上記2つが考えられます。 蛭子買いの予想は36点を購入するのが基本のため、1レースで必ず「3,600円」の軍資金が必要となります。 また、競艇は3連単を的中させたとしても艇数が少ないので、3連単の配当があまり高くないのが事実です。 そのため、せっかく3連単を的中させたのに賭け金の「3,600円」を上回るのは簡単なことではありません。 そして、どちらのデメリットにも共通する部分として、買い目が多すぎるという点でしょう。 自分の競艇予想に自信がない方であれば広めに買うのも良いかもしれませんが、普段から自分で予想を考えられる方にとってはあまり使えない予想方法かもしれません。 結果的に蛭子能収さんは競艇で勝ってるのか? 予想の範囲を広げるという独自の予想をする「蛭子買い」ですが、実際に競艇で蛭子能収さんが勝っているのか気になるところです。 買い目を広げていてても回収率が高ければ良いのですが、実際のところ蛭子能収さんはギャンブル専門メディア「ガイドワークス」の連載記事によると競艇で1億円以上負けていると語っています。 この事からも「蛭子買い」は長期で買い続けた場合負ける可能性が高いと言えるでしょう。 そもそも、蛭子買いの目的は「的中させること」なので、儲ける為の買い方ではないのです。 とにかく、何でも的中さえすれば良いという方であれば面白い買い方かもしれませんが、競艇で確実に儲けていきたいと考える人にはおすすめできません。 「蛭子買い」で万舟券獲得の実績があった!! ギャンブル専門メディア「ガイドワークス」の連載記事によると蛭子能収さんが人生最高の的中を残したのが2015年10月6日の戸田競艇場での第12Rです。 このレースでは「蛭子買い」を使い27万250円の高配当を的中させました。 蛭子能収さんはこのレースで自身の「蛭子買い」を駆使して「1256」「235」「245」を300円でボックス買いしました。 そして、6-5-2という結果になり、80万を越える払戻金を受け取ったのです。 蛭子買いは確かに買い目が広くなりトリガミの多い買い方になってしまいますが、このレースの様に思いがけない高配当を獲得できるチャンスが転がっているのは、魅力の一つかもしれません。 まとめ この記事では、蛭子能収さんの人物像や蛭子能収さんの予想スタイルでもある「蛭子買い」について紹介しました。 「蛭子買い」は3連単のボックスを全体の30%購入する事で高い的中率を誇る予想の方法です。 30%もの組み合わせを購入するので、 ・的中率が高い ・穴舟券で万舟券の期待がある というメリットもありますが、蛭子買いの最大のデメリット「トリガミ」の可能性は忘れてはいけません。 トリガミになってしまったらいくら「的中」したとしても「稼げた」とは言えないでしょう。 また、蛭子能収さんは今までにギャンブルで1億円以上もの大金を負けていると語っているため、「蛭子買い」は稼げる競艇予想の方法とは言えないかもしれません。 舟券の買い方に迷ってしまっているときに「蛭子買い」を使って見るのは良いかもしれませんが、常に「蛭子買い」を使ってしまうと蛭子能収さんの様に負け続け大きなマイナスになる可能性が高いので気をつけるようにしてください。

次の

【競艇】ボートレースの面白い買い方4選「明日からすぐ使えます」|ふねバカ

競艇 蛭子買い

蛭子買いとは?• 蛭子買いだと勝てない理由は?• 三連単で買い目点数を絞らないといけない理由は? など、蛭子買いがおすすめできない理由についてご紹介していきます。 そもそも蛭子買いとは?:ある法則に従い三連単ボックスを買う方法 「蛭子買い(えびすがい)」とは、 ある法則に従って三連単ボックスを買う方法。 競艇好きである漫画家の蛭子能収(えびすよしかず)さんが提唱しています。 私が考えた必勝出目とは「1256」「235」「245」のボックス舟券である。 全部で36点買いになるが全通りだと120点であり、約3分の1の舟券を買うことになる。 買い目が多過ぎるよ、という人もいると思うが、120点の内36点だ。 約3分の1の舟券買いになる。 つまり3600円以上の配当が出なけりゃ取っても赤字になってしまう。 しかし私は思う。 点数を少なくしたがために当たりを逃したら、それこそ負けてしまうじゃないかと。 舟券は当てることが大事。 例え赤字であろうと儲けが少なかろうと、当てることが大事なのだ。 それにより赤字になったって全く当たらない少数の舟券買いよりは減る金額は少なくて済むのだから。 (ガイドワークス公式HP 蛭子能収のうきうきギャンブラー人生 Vol. 44 より) 蛭子買いの購入方法は? 蛭子買いは、以下の計3つを同時に買うことです。 ボックス買いは複数通り買えるので便利ですが、買い目点数の調整をしにくいデメリットがあるため購入する際は注意しましょう。 蛭子買いの買い目一覧 ここでは、蛭子買いの買い目「1256ボックス」、「235ボックス」、「245ボックス」をすべてご紹介します。 ボックス 1着 2着 3着 1 「1256ボックス」 1号艇 2号艇 5号艇 2 1号艇 2号艇 6号艇 3 1号艇 5号艇 2号艇 4 1号艇 5号艇 6号艇 5 1号艇 6号艇 2号艇 6 1号艇 6号艇 5号艇 7 2号艇 1号艇 5号艇 8 2号艇 1号艇 6号艇 9 2号艇 5号艇 1号艇 10 2号艇 5号艇 6号艇 11 2号艇 6号艇 1号艇 12 2号艇 6号艇 5号艇 13 5号艇 1号艇 2号艇 14 5号艇 1号艇 6号艇 15 5号艇 2号艇 1号艇 16 5号艇 2号艇 6号艇 17 5号艇 6号艇 1号艇 18 5号艇 6号艇 2号艇 19 6号艇 1号艇 2号艇 20 6号艇 1号艇 5号艇 21 6号艇 2号艇 1号艇 22 6号艇 2号艇 5号艇 23 6号艇 5号艇 1号艇 24 6号艇 5号艇 2号艇 1 「235ボックス」 2号艇 3号艇 5号艇 2 2号艇 5号艇 3号艇 3 3号艇 2号艇 5号艇 4 3号艇 5号艇 2号艇 5 5号艇 2号艇 3号艇 6 5号艇 3号艇 2号艇 1 「245ボックス」 2号艇 4号艇 5号艇 2 2号艇 5号艇 4号艇 3 4号艇 2号艇 5号艇 4 4号艇 5号艇 2号艇 5 5号艇 2号艇 4号艇 6 5号艇 4号艇 2号艇 ちなみに、蛭子買いはボックスを利用しなくても、上記の表にある買い目を一つひとつ購入することでも可能です。 1レースにかかる舟券代が高い• 買い目点数が多くなるとトリガミになる 以上の2つがデメリットとして挙げられるため。 蛭子買いを行うためには、毎レース36点の舟券を購入する必要があります。 そのため、100円で舟券を購入したとすると、最低でも1レース参加するためには3,600円かかることになります。 そして、同じ競艇場で終日購入する場合、レースは1日12レースあるので合計43,200円が必要になります。 また、蛭子買いは買い目点数が多過ぎるので、 的中してもマイナス収支になる可能性が高いですね。 実際に購入してみると… 2019年10月30日には144レース開催されました。 1レースにつき36通りで検証した結果がこちら。 会場 レース 1着 2着 3着 払戻金 多摩川 2R 1 2 5 1,990円 3R 1 2 5 2,390円 4R 1 2 6 2,190円 蒲郡 5R 2 3 5 2,920円 6R 1 2 6 1,190円 常滑 3R 1 2 6 1,020円 7R 1 5 2 9,180円 10R 5 4 2 19,640円 12R 6 1 5 110,870円 津 6R 2 1 6 1,430円 9R 1 2 5 2,190円 びわこ 3R 1 3 6 620円 8R 6 5 2 5,350円 住之江 2R 3 5 2 1,550円 7R 1 6 2 5,480円 10R 2 1 5 1,900円 尼崎 2R 2 5 6 1,820円 7R 2 5 4 11,690円 9R 1 6 2 1,550円 鳴門 9R 2 1 5 1,820円 11R 2 6 5 57,390円 宮島 3R 2 6 5 5,700円 6R 1 6 2 3,330円 下関 3R 1 5 2 3,350円 6R 5 3 2 2,760円 12R 1 2 6 2,260円 唐津 2R 1 5 2 2,870円 9R 1 5 2 3,810円 大村 3R 2 4 5 14,790円 4R 2 1 6 3,510円 6R 1 2 5 2,090円 9R 1 2 5 3,430円 結果は、144レース中30レースの的中なので、的中率はおよそ20. 8%になることが分かります。 そして、3連単1点100円で購入してみた場合のシミュレーションです。

次の