演歌歌手 年収。 歌手の給料・年収

歌手の年収について芸能人歌手の年収のランキングサイトを見ました。自分の...

演歌歌手 年収

歌がうまい男性歌手 ベスト5!尾崎紀世彦の歌唱力などを解説 「一番歌がうまい歌手はだれか」 音楽好きの方なら一度はそんな疑問を持ったことがないだろうか。 『2ちゃんねる』や『Yahoo! 知恵袋』などでもああだこうだとランキングを作ったり思い思いに意見を出す人は多いが、この件に関しては自由参加のウェブ上でまともな答えなど出るはずがない。 まただいたいのランク付けはできても「この人が2位でこの人が1位で……」みたいなことはそれこそ独善的すぎるしナンセンスに思われる。 しかし! そういう理性を押してでもランク付けを楽しみたいという俗情もよくわかる。 湧き出づるかな我がサービス精神。 今回はあくまで僕の価値観を信頼してくださる親愛なる読者の方に向け、1980年代までに活躍した男性歌手の中から「最高峰」と信じる五人を紹介したい。 個別の順位はつけない。 1958年生まれ。 北海道出身。 1982年に 『安全地帯』のボーカルとしてデビュー。 完成度の高い楽曲と歌唱力、斬新なサウンドで 『ワインレッドの心』 1983年 、 『恋の予感』 1984年 、 『悲しみにさよなら』 1985年 などをヒットさせる一方、ソングライターとしても多くのアーティストに楽曲を提供し一時代を築いた。 ソロでも 『キ・ツ・イ』 1989年 、 『田園』 1996年 などのヒットを持つ。 1980年代の全盛期をご存知の方はもちろん、近年 『FNS歌謡祭』 フジテレビ などの音楽番組で知った方も理解していただけると思うが、この人ほど一曲で場の雰囲気をさらってしまえる人はなかなかいない。 玉置浩二の魅力はピッチ 音程 とリズムの正確さ、そして歌い上げるようにも、ささやくようにも、ファルセットでも、叫ぶようにも歌える幅の広さにある。 民謡教室を開いていたという祖母の影響、十代でバンドを結成するに至らしめた和製ポップスや レッド・ツェッペリン、 ドゥービーブラザーズなど洋楽ロックの影響など、それ以前の世代の歌手ではなしえなかった新旧さまざまな音楽との出会いが彼の歌唱法を形成していったのだろうか。 最近のフェイクやシャウトを多用した崩した感じもセクシーでいいが、個人的にはデビューから1990年代半ば頃までの その間も変化はあるが きっちりしたテクニック重視の歌い方が好きだ。 『恋の予感』、 『碧い瞳のエリス』 1985年 、 『メロディー』 1995年 などがわかりやすい例だと思う。 はっきり言って同時期にヒットを放ち、音楽番組で共演していたどの歌手よりもウマい! また1989年に主演したドラマ 『キツイ奴ら』 TBS などで見せているように、この人は 『コモエスタ赤坂』 ロス・インディオス などの歌謡曲を歌わせてもピカイチだ。 レベルの高い歌手は自分の曲に限らずいろんなジャンルの曲を上手に、魅力的に歌える。 時にはオリジナルを超えるくらいに。 今後も後進の歌手の手本として長く活躍してもらいたい存在である。 1948年生まれ。 福井県出身。 1965年に松山まさる名義でデビューするが低迷。 数度の改名、再デビューを経て1971年に五木ひろし名義でリリースした 『よこはま・たそがれ』のヒットで認知される。 以後、 『待っている女』 1972年 、 『おまえとふたり』 1979年 、 『長良川艶歌』 1984年 などポップスの影響を受けた都会的な演歌から本格演歌までさまざまな楽曲をヒットさせ、演歌シーンを代表するスターとして現在に至っている。 デビューから約50年を経て今なお堂々たる第一線の歌手として演歌界に君臨する五木ひろし。 この人の凄さは演歌を完全にポップスとして現代音楽に昇華したところにある。 五木以前の演歌歌手にはコブシや独特の節回しを先行させるあまりピッチ、リズムの悪い人が多かった。 西洋音楽的な素養に欠けていたのだ。 しかし五木はデビュー当時からド演歌を歌ってもポップス的な曲を歌っても崩れることがない。 演歌ファン以外にも「おっ!」と思わせるだけのクオリティがある。 これは彼に、積極的に時代が求める音楽的要素を取り入れて自分のものにしていけるだけの素養があったゆえだろう。 もっとも顕著な例が1976年から1978年まで毎年行われたラスベガス公演。 当時の流行を反映して 『KUNG FU FIGHTING』 カール・ダグラス や 『I Can't Give You Anything』 スタイリスティックス などのディスコナンバーから果てはファンクアレンジの 『ソーラン節』まで披露している ライブアルバム 『ラスベガス・オン・ステージ』 1976年 、 『Songs Are My Wings Hiroshi In Las Vegas '77"』 1977年 など のだが、英語発音がつたないことを差し引いてもなお震えるほどのソウルとビートを感じる。 当時の日本人歌手で……しかも演歌歌手で果たしてどれだけの人がディスコの黒いフィーリングを表現できただろうか。 恐るべし五木ひろし。 これと言って有望な若手がなく寂しい限りの演歌界だが、だからこそ五木ひろしにはまだまだ元気で第一線の歌手として活躍していってほしい。 1932年生まれ。 宮城県出身。 米軍クラブでの活動を経て1955年デビュー。 1985年の事故以降は音楽活動から遠ざかっている。 2008年逝去。 日本の戦後ポピュラー音楽の歴史は演歌的コブシや唱歌的な抑揚のない歌唱法からの脱却の歴史だった。 その上でまずお手本になったのはアメリカのジャズやポップスだ。 フランク永井もまた少年期にそういった音楽に触れ歌手をこころざした一人。 『有楽町で逢いましょう』が素晴らしいのはもちろんだが、デビュー初期にリリースした 『恋人よ我に帰れ』 1955年 や 『バラの刺青』 1956年 などの洋楽カバーは彼の音楽性の神髄だ。 ジャズやポップスを理解し、その技量をオリジナルの歌謡曲に活かした彼のスタイルはムード歌謡の源流の一つとなり1970年代以降のシティ・ポップにも間接的な影響を与えた。 1982年にはシティ・ポップの旗手、 山下達郎のプロデュースで 『WOMAN』をリリースしているが、それまで馴染みがなかった16ビートのリズムを見事に制して大歌手の貫録を見せつけている。 本当に歌の上手い人というのは世代もジャンルも超えることができるのだとわかる例だ。 まだまだ活躍できる歌手だったのに、不幸にも道半ばで音楽シーンを去ってしまったことが残念でならない。 1923年生まれ。 新潟県出身。 1939年に南篠文若名義で浪曲師として活動をスタート。 1957年に歌謡歌手に転向して三波春夫名義で 『チャンチキおけさ』 1957年 をヒットさせた。 以後も 『大利根無情』 1959年 、 『東京五輪音頭』 1963年 、 『世界の国からこんにちは』 1967年 などをヒットさせ国民的歌手として地位を築く。 晩年までコンスタントに新曲をリリースし、若手とのコラボレーションにも取り組むなど精力的に音楽活動をおこなっていた。 2001年逝去。 1960年代まで浪曲は音楽シーンで大きなシェアを占めていた。 人それぞれにフリースタイルだった浪曲を西洋音楽の視点から再構築し、バンドやオーケストラの伴奏で歌うという三波ら歌謡浪曲歌手の試みは大きな反響を呼んだ。 中でも三波がその第一人者として不動の地位を築くことができたのは、やはりその朗らかな声質とリズム感の良さ、新旧どちらにも寄れるバランス感の良さがあったゆえだろう。 当時の男性歌手で、三波ほど日本的なソウル感と西洋的なポップスセンスをあわせ持った者はいなかった。 若者からもお年寄りからも受け入れられる希少な才能の持ち主だったのだ。 当時のそうそうたる人気歌手たちと競作でリリースされた 『東京五輪音頭』、 『世界の国からこんにちは』両曲とも、三波バージョンが圧倒的な最高セールスを記録したことからもそれがよくわかる。 ヒットという点では先に挙げたものや 『ルパン音頭』 1978年 など浪曲性のない楽曲で有名な彼だが、 『沓掛時次郎』 1959年 、 『俵星玄蕃』 1964年 など歌謡浪曲の醍醐味を味わえる名曲も数多い。 また1990年代には 『ジャン・ナイト・じゃん』 1993年 、 『世直しロックンロール』 1994年 でそれぞれ CHOKKAKU、 爆風スランプといった若手とコラボレーション。 ハウスやロックなど新世代の音楽と歌謡浪曲の融合をはかっているが、これまたクオリティーが高く三波春夫というアーティストのポテンシャルの高さを見せつけられる。 1943年生まれ。 神奈川県出身。 1967年にコーラスグループ 『ザ・ワンダース』でデビュー。 日本人ばなれしたダイナミックであか抜けた歌唱力で 『また逢う日まで』 1971年 、 『さよならをもう一度』 1971年 、 『ゴッドファーザー~愛のテーマ』 1972年 などをヒットさせた。 スタンダード・ナンバーの歌唱にも定評があり、晩年まで実力派歌手として活躍した。 2012年逝去。 「ふたりでドアをしめて……」 『また逢う日まで』 のフレーズとは正反対だが、洗練されたダイナミックな歌声で1970年代ポップスシーンのドアを開けたのは尾崎紀世彦だと思っている。 それ以前にも声量自慢の本格歌手はいた。 しかし、彼らの歌唱は演歌的、歌謡曲的なこぶしが効いていたりクラシカルに過ぎたりして1970年代と言う大変革の時代を切り開くサムシングを持ち合わせていなかったのだ。 尾崎は初期の 『また逢う日まで』、 『さよならをもう一度』などで発揮した声量ばかりが注目されがちだが、それ以上に彼の魅力を形作っているのはソロデビューに至るまでに積んだハワイアン、カントリー&ウェスタン、ロック、スタンダードなどの豊富な音楽経験と持ち前のエモーショナルな声質。 ピッチやリズムの正確さはもちろん、楽曲の魅力やジャンル性を的確につかんで時に優しく、時に激しく声をのせてゆく手法は現代のJ-POP歌唱法の元祖と言えるだろう。 『Love Me Tonight』 トム・ジョーンズ 、 『太陽は燃えている』 エンゲルベルト・フンパーディンク などの洋楽カバー、時代が彼に追いついた後のオリジナル曲 『サマー・ラブ』 1987年 、1990年代に 『THE夜もヒッパレ』 日本テレビ で披露した 『innocent world』 Mr. Children 、 『LA・LA・LA LOVE SONG』 久保田利伸 など後進のカバーを聴けば尾崎紀世彦という歌手の凄みがよくわかってもらえると思う。 ただ一つ残念なことは……病に伏せる最晩年まで衰えるどころか円熟味を増し輝き続けた彼が2000年代以降、本格的な新曲リリースの機会に恵まれなかったこと。 日本の音楽シーンのレベルの低さをよくあらわしている気がする。

次の

ミュージシャンの平均年収を詳しく解説!平均年収.jp

演歌歌手 年収

名前:大野智 おおのさとし 生年月日:1986年11月26日 出身:東京都三鷹市 身長:166cm 血液型:A型 1999年9月15日、「嵐」のメンバーとしてデビューを果たし、国民的アイドルとして大忙しの日々を送っています。 コンサートツアーやCDの売り上げから考えると、年収3500万円というのは安い気がしますが、ジャニーズ事務所は給料形態も個々によって違うため、歩合制の場合でも個人に支払われる割合はそれぞれです。 あくまで推定であって、実際にはこれよりも多い可能性もありますし、2020年12月31日をもって休業を発表したことによる経済効果も今後期待できるため、年収が跳ね上がる可能性もありますね。 39位:櫻井翔[推定年収:3500万円] 名前:山本彩 やまもとさやか 生年月日:1993年7月14日 出身:大阪府 身長:155. 5cm 血液型:B型 小学2年生から芸能事務所に所属し音楽活動をしており、2010年からは「NMB48」の絶対的エースとして活躍。 卒業後は、ソロアーティストとして音楽活動を続けていて音楽番組などに出演を果たしています。 大所帯のアイドルグループの中で中心人物として個人の仕事も多かったため他のメンバーに比べるとかなり高めの年収だと言えます。 卒業後にどのように変動したのかは分かりませんが、今後シンガーソングライターとして成功すればより一層年収も上がる可能性があります。 37位:松井珠理奈[推定年収:4000万円] 名前:西野カナ 生年月日:1989年3月18日 出身:三重県松阪市 血液型:A型 2008年にメジャーデビューを果たし、2009年から2010年にかけては「君に会いたくなるから」「DEAR…」「best friend」「会いたくて会いたくて」などヒット曲を連発。 自身で作詞作曲を手がけている楽曲もあるため、ダウンロードやCD売上、カラオケなどによる印税も期待でき、少なく見積もっても年収6000万円ほどだと考えられます。 無期限の活動休止期間に入りましたが、印税収入は続くので大幅に年収がダウンすることもなさそうですね。 歌手の年収ランキング最新版 35位~31位 35位:aiko[推定年収:6000万円] 名前:指原莉乃 さしはらりの 生年月日:1992年11月21日 出身:大分県大分市 身長:159cm 血液型:O型 男性スキャンダルにより、HKT48に移籍となりアイドルとしては一時は致命的な状態でしたが、バラエティ番組で見せる自虐的で、毒舌なキャラクターが大成功。 「AKB48 選抜総選挙」で初の3連覇を成し遂げ不動のセンターとして活躍する一方で、多くの冠番組を持ちバラエティに特化したアイドルとして人気を博しています。 活躍の割に年収は少なく感じますが、グループに在籍している間は個人に入る収入はある程度制限されるようで、推定では6800万円ほど。 本人も「そんなにもらってないけど、満足いく分の給料はもらっている」と語っています。 33位:松岡昌宏[推定年収:7100万円] 名前:松岡昌宏 まつおかまさひろ 生年月日:1977年1月11日 出身:北海道札幌市 身長:181cm 血液型:A型 1994年「LOVE YOU ONLY」でTOKIOとしてCDデビューを果たし、以降TOKIOのドラム担当として多くのヒット曲に恵まれました。 また俳優としては1990年に「愛してるよ先生」でデビューし、「天国に一番近い男」「夜王」「必殺仕事人」「高校生レストラン」「家政夫のミタゾノ」など数々のドラマで主演を務めています。 TOKIOのメンバーであった山口達也さんの不祥事により、TOKIOの音楽活動が現在はできない状態であるため、収入はバラエティ番組や俳優業によるもので、推定7100万円とされていますが現在は少しダウンしている可能性があります。 32位:水谷豊[推定年収:7500万円] 名前:武田鉄矢 たけだてつや 生年月日:1949年4月11日 出身:福岡県福岡市博多区 身長:165cm 血液型:O型 1972年に結成された「海援隊」は、「母に捧げるバラード」「贈る言葉」などのヒット曲を輩出しました。 また、1977年「幸福の黄色いハンカチ」で俳優として注目されると、1979年から始まった大ヒットドラマシリーズ「3年B組金八先生」により日本を代表する俳優として知られるようになりました。 海援隊が解散後はソロで「男と女のはしご酒」「声援」などを世に送り出し、現在はタレントとしてバラエティ番組にも多く出演しています。 歌手の年収ランキング最新版 30位~26位 30位:ナオトインティライミ[推定年収:8000万円] 名前:ナオトインティライミ 本名:中村直人 なかむらなおと 生年月日:1979年8月15日 出身:三重県亀山市 身長:172cm 2001年「なおと」名義で歌手デビューを果たしましたが、デビュー当初はそれほど知られる存在ではありませんでした。 2003年から世界一周の旅に出た後、2005年4月から「ナオトインティライミ」名義で活動を始めました。 「Brave」や「恋する季節」「Overflows ~言葉にできなくて~」などの楽曲を世に送り出し、ライブ活動も積極的に行なっています。 また最近では俳優としてドラマやミュージカルに出演するなど活躍の幅を広げていることから、推定年収は8000万円に登ると言われています。 29位:国分太一[推定年収:8100万円] 名前:城島茂 じょうしましげる 生年月日:1970年11月17日 出身:千葉県市原市 身長:170cm 血液型:A型 1990年にTOKIOを結成しリーダーに就任すると、1994年「LOVE YOU ONLY」でCDデビューを果たしました。 デビューから2ヶ月で武道館ライブ、3ヶ月で紅白歌合戦出場という史上最速記録を打ち立てました。 そして1995年からはTOKIOを代表する冠番組「鉄腕DASH」が開始するなど現在まで目まぐるしい活躍を見せています。 TOKIOとしての冠番組2本と、個人での冠番組2本、そしてラジオ番組の出演やCM出演などから考えて年収は8100万円程だと考えられます。 27位:香取慎吾[推定年収:8600万円] 名前:稲垣吾郎 いながきごろう 生年月日:1973年12月8日 出身:東京都板橋区 身長:176cm 血液型:O型 1988年から2016年までの約28年間、ジャニーズアイドルグループ「SMAP」のメンバーとして第一線で活躍。 俳優としてドラマや映画、ミュージカルなどにも出演しており、担当していた飯島マネージャーはタレントの取り分が8割と高かったことからもSMAP時代には今の何倍もの年収を稼いでいました。 SMAP解散後は、歌手としての活動再開、SNS開始、舞台での活躍などにより推定1億3000万円の年収があるとされますが、実際にはもう少し少ない可能性もあります。 21位:長渕剛[推定年収:1億3000万円] 名前:堂本光一 どうもとこういち 生年月日:1979年1月1日 出身:兵庫県芦屋市 身長:168cm 血液型: B型 1993年「KinKi Kids」を結成し、1996年にはレギュラー番組5本をかかえる人気デュオに。 1997年に「硝子の少年」でCDデビューを果たして以来、リリースしたシングルは全てオリコンチャート1位を獲得してきました。 KinKi KidsとしてのCD売上のほか、KinKi Kidsの冠番組や、ミュージカル俳優としての活躍も目立ちます。 また自身が主演、演出を務める「Endless SHOCK」の活躍もあり、剛さんより2000万円多い1億5000万円の年収が推定されます。 18位:中島みゆき[推定年収:1億6000万円] 名前:中島みゆき なかじまみゆき 本名:中島美雪 なかじまみゆき 生年月日:1952年2月23日 出身:北海道札幌市 オリコンチャートにおいて、自身の楽曲が4つの年代に渡りシングル1位を獲得した唯一のソロアーティスト。 また、他のアーティストに提供した楽曲を含めると5つの年代に渡りオリコンシングルチャートで1位を獲得。 自身の楽曲では「悪女」「空と君との間に」「地上の星」などの名曲で知られますが、研ナオコさんに提供した「あばよ」、柏原芳恵さんに提供した「春なのに」など数多くの名曲を生み出してきました。 最近でもTOKIOやももいろクローバーZなどにも楽曲提供しており、カラオケによる印税収入も大変多いと考えられます。 滅多にテレビ出演はないことから収入のほとんどが印税によるものと考えられますが、それだけでも1億6000万円に登るようです。 17位:宇多田ヒカル[推定年収:1億8000万円] 名前:宇多田ヒカル うただひかる 本名:宇多田光 うただひかる 生年月日:1983年1月19日 出身:アメリカ合衆国ニューヨーク州 15歳で「Autmatic」でデビューすると同時に、瞬く間に注目を集めアイドル的な存在として才能を発揮。 「First love」「Distance」「Flavor of life」などは爆発的にヒットし、世界にも名を轟かせました。 2010年から音楽活動を休止し、2016年に活動を再開して以降も、「とと姉ちゃん」の主題歌や、「NEWS ZERO」のエンディングテーマを担当するなどの活躍を見せています。 これらの大ヒット曲は日本だけではなく世界でも評価されているため、印税収入はかなりの額だと考えられます。 16位:森進一[推定年収:1億9000万円] 名前:槇原敬之 まきはらのりゆき 生年月日:1968年5月18日 出身:大阪府高槻市 身長:176cm 血液型:O型 多くのヒット曲を世に送り出してきましたが、そのほとんどの楽曲に関して作詞、作曲、編曲までをこなしています。 「どんなときも」「冬がはじまるよ」「もう恋なんてしない」などミリオンヒット曲を次々と輩出し、また数多くのアーティストに楽曲提供も行っています。 2003年にSMAPに提供した「世界に一つだけの花」は300万枚のセールスを記録し、現在も第一線で活躍しています。 これらの名曲の印税収入やテレビ出演などにより推定年収は最低でも2億円が見込まれます。 14位:桜井和寿[推定年収:2億5000万円] 名前:木村拓哉 きむらたくや 生年月日:1972年11月13日 出身:東京都 身長:176cm 血液型:O型 1988年にSMAPとしてデビューして以来、2016年に解散するまで絶対的エースとしてジャニーズアイドルを牽引してきました。 そのカリスマ性から、ジャニーズを代表するスターとして音楽活動、俳優業、バラエティ番組など幅広く活動。 SMAPが解散した後も、ジャニーズ事務所に残留しドラマや映画に出演を続けています。 歌手として楽曲をリリースはしていませんが、番組で歌声を披露することもありアーティストとして現在も活躍しています。 SMAP解散前よりは収入はダウンした可能性はありますが、個人としての仕事は充実しています。 「太陽のKomachi Angel」「LADY NAVIGATION」などこれまでシングル15作品、アルバム19作品がミリオンセラーを達成しています。 日本を代表するロックバンドとして、現在もドームコンサートなどを行なっているため、推定年収は3億3000万円にも登ると考えられます。 9位:倖田來未[推定年収:3億5000万円] 名前:倖田來未 こうだくみ 本名:神田來未子 こうだくみこ 生年月日:1982年11月13日 出身:京都府京都市 身長:154cm 血液型:A型 デビューからしばらくはヒット曲に恵まれませんでしたが、「キューティーハニー」で一世を風靡。 「エロ可愛い」をコンセプトに、当時女子高生たちの間で髪型や服装を真似る人が多く、若い女性から絶大な人気を誇りました。 その後「 Butterfly」や「you」、「恋のつぼみ」などのヒット曲を連発しましたが、2010年から活動を休止。 2013年から活動を徐々に再開し、楽曲のリリース、コンサートツアーなどを行い現在も根強い人気を集めています。 全盛期ほどの年収はないものの、カラオケなどでは変わらず人気を集めていることから現在も推定3億5000万円の年収があるそうです。 8位:浜崎あゆみ[推定年収:4億円] 名前:GACKT がくと 本名:大城ガクト おおしろがくと 生年月日:1973年7月4日 出身:沖縄県 身長:180cm 血液型:A型 1995年「MALICE MIZER」に加入しボーカルとして活動しましたが1999年に脱退。 その後はソロ歌手として活動し、シングル47枚アルバム19枚をリリースし、オリコンシングルランキングにおいてTOP10にランクインした作品数において日本首位の記録を保持。 また近年は歌手活動や芸能活動の他に、海外で実業家として活動しておりそちらの収入がかなり多いようです。 芸能活動や歌手としての収入からは考えられないセレブな生活から暗い噂が絶えませんが、おそらく事業による収入により約4億円の年収が推定されます。 6位:星野源[推定年収:4億5000万円] 名前:星野源 ほしのげん 生年月日:1981年1月28日 出身:埼玉県蕨市 身長:168cm 血液型:AB型 2017年「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣さん演じるヒロインの相手役を演じドラマが大ヒットしたことによりブレイク。 同ドラマの主題歌「恋」も大ヒットを記録し、「恋ダンス」は一大ブームとなりました。 一気に知名度を上げると、シングルをリリースすればオリコンチャート首位の常連となり、その他俳優としての活動、執筆活動、CM出演など多岐にわたって才能を発揮しています。 そのため、この2年で一気にブレイクを果たし現在の年収は推定4億5000万にも登るそうです。 歌手の年収ランキング最新版 5位~1位 5位:矢沢永吉[推定年収:4億円7000万円] 名前:桑田佳祐 くわたけいすけ 生年月日:1956年2月26日 出身:神奈川県茅ヶ崎市 1978年「勝手にシンドバッド」で「サザンオールスターズ」はメジャーデビューを果たしました。 現在まで活動休止期間も含めると40年に及ぶ活動の中で、「いとしのエリー」「tsunami」「涙のキッス」「エロティカセブン」などミリオンセラー曲は多数。 またソロとしても楽曲リリースやワンマンライブなどを行い、グループ活動とソロ活動を両立しています。 ソロ、グループどちらにおいても楽曲は作詞作曲ほとんどを担当しており、印税収入、コンサートツアー、テレビ出演などから考えて5億円の年収が考えられます。 3位:中居正広[推定年収:5億1000万円] 名前:中居正広 なかいまさひろ 生年月日:1972年8月18日 出身:神奈川県藤沢市 身長:165cm 血液型:A型 1988年にSMAPを結成して以来、グループのリーダーとして2016年解散まで活動。 1995年「味いちもんめ」でドラマ初主演を果たし、その後「砂の器」「私は貝になりたい」など代表作があります。 また、「紅白歌合戦」において7度の司会、「FNS27時間テレビ」では7度の司会を務め、タレントとして番組での司会業が目立つようになります。 レギュラー番組を数多くかかえ、SMAPが解散した現在もテレビで見ない日はないほどの活躍ぶりから考えて、年収は推定5億1000万円に登るとみられます。 2位:安室奈美恵[推定年収:6億円] 名前:安室奈美恵 あむろなみえ 生年月日:1977年9月20日 出身:沖縄県那覇市 身長:158cm 血液型:O型 1995年から小室哲哉プロデュースにより「Body Feels EXIT」をリリースすると、「chace the chance」「a walk in the park」「SWEET 19 BLUES」など次々にミリオンセラー曲をリリース。 小室ファミリーの中でも一際人気を集め、「アムラー」と呼ばれるファンたちは髪型やメイク、ファッションを真似し、一大ブームを巻き起こしました。 10代、20代、30代、40代とミリオンを達成し40歳となった2018年9月20日をもって芸能界を電撃引退しました。 引退後には週には大きく変動することが考えられますが、引退に際しての年収は6億円にまで達したと思われます。 1位:福山雅治[推定年収:7億円] 名前:福山雅治 ふくやままさはる 生年月日:1969年2月6日 出身:長崎県長崎市 身長:181cm 血液型:O型 1990年にデビューし、1995年「HELLO」をキッカケに多くのヒット曲を世に送り出してきました。 「桜坂」「化身」「初恋」「虹」など数え切れないほどの名曲はすべて自身が作詞作曲を手がけています。 また、俳優としても大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」に出演し、「美女が野獣」「ガリレオ」などで主演を務めました。 シンガーソングライターとして、俳優としてどちらも高い評価を受け、根強い人気を集めています。 楽曲の印税収入、テレビ出演、ラジオ番組出演、CM、コンサートなどの収入から考えると、国内の歌手の中では最高と言える7億円の年収が推定されまふ。 まとめ いかがでしたか?歌手としてヒット曲を出せば、印税収入だけでもかなりの額になるようです。 夢のある仕事ですね。 今後も日本で活躍する歌手がどんどん増えて新たなヒット曲を生み出して行ってほしいですね。

次の

演歌歌手の給料年収や手取り・人気ランキングを解説!

演歌歌手 年収

演歌歌手の給料・年収補足 20代の給料:10万円~30万円(推定) 30代の給料:40万円~50万円(推定) 40代の給料:50万円~100万円(推定) 上記平均給与から算出してみると、平均年収はだいたい 300万円~600万円となると予測されます。 大御所になると年収が億単位になりますが、ほとんどの人がバイトをして食いつないでいる現状です。 平均にするとそれほど儲けているとは言えませんね。 札幌の求人調査結果:無し 東京の求人調査結果:無し 大阪の求人調査結果:無し 福岡の求人調査結果:無し 演歌歌手の仕事内容 演歌歌手の仕事内容は、演歌を歌うことです。 それは、CDを出したり老人ホームや公民館、スナックなどで歌を披露したりとさまざま。 さらに文化教室などで歌の先生をしている人もいたりして、仕事の幅はとても大きいですね。 多くの演歌歌手はスナックなどで営業を行うのを主な仕事としているようです。 一発売れればテレビなどの出演の機会もかなり増えるのですが、それまでがなかなか大変なようですね。 演歌業界は1曲ヒットすればその曲だけで食べていけるといわれています。 多くの演歌歌手が埋もれないために、その「1曲」を生み出そうと1曲1曲に魂をこめて歌っているのです。 演歌歌手の給料手取り 上記平均給与から算出してみると、手取りはだいたい 10万円~40万円となりそうです。 演歌歌手になるには? 演歌歌手になるのに資格は必要ありません。 また、絶対的に「この道を進まなければならない」ということもなく、演歌歌手になるまでの道のりは多岐にわたっています。 ただ、音楽を学ぶために音楽教室や音楽大学、専門学校などに進む人が多いようですね。 そこで演歌主体で学び、実力をつけるわけです。 あとはボイストレーニングに通って、音楽は独自に勉強するという人もいますが、稀です。 演歌歌手の場合もPOPS歌手の場合も、レコード会社や音楽事務所にデモテープを送って売り込むというスタイルは変わりません。 また、スナックなどで演歌を歌っていたら偶然音楽事務所の方の目に留まるということもあります。 演歌業界の人はスナックなどをチェックしていることもあるので、そういう道もありますよ。 最近ではインターネットを利用して、自分でつくった演歌を歌い、注目を集めてプロになろうという人も多いです。 とにかく、なるためには色々な道があります。 でも、そのすべてが茨の道ですね。 演歌歌手の女性人気ランキング 現在人気の女性演歌歌手を3人ほど、ランキング形式で紹介します。 3位は林あさ美。 つんつん津軽が代表曲。 演歌にしてはかなりポップで、さまざまな世代の人に受けています。 2位は水森かおり。 ご当地ソングの女王と呼ばれていて、紅白歌合戦では派手な衣装で登場しましたね。 小林幸子が諸事情でNHKから姿を消した今、幸子の後継とささやかれている演歌歌手。 おしろい花や東尋坊が代表曲です。 そして第1位が・・・森山愛子。 若手の演歌歌手で、若い人でも入り込みやすい世界観と曲調の演歌を歌っているのが人気の理由でしょうか。 代表曲は、約束です。 比較的若い人がランキングに入っているのは、演歌を若い世代もきいているということでしょうか。 大御所はランキングに投票するまでもなく人気ということもあるのでしょうね。 演歌歌手の若手人気ランキング 若手演歌歌手がどんどん生まれていますね。 若い世代の演歌に対する興味が、最近少しずつ高まっています。 人気若手演歌歌手を、3人ランキング形式で紹介しましょう。 まず第3位は、森山愛子。 さきほど女性演歌歌手ランキングで紹介しました。 演歌に興味を持ち始めた若い女性に人気のようです。 女性目線の恋愛の曲などを多く歌っているからでしょうか。 続いて第2位は、三山ひろし。 人恋酒場や、男の嘘が代表曲と言われています。 男性目線女性目線の両方の曲を歌っており、男女共に人気がありますよ。 大御所との競演・共演も多く行っており、現在注目されている演歌歌手の一人です。 そして第1位は、山内恵介。 歌謡ポップスチャンネルの演歌男子という番組をきっかけにして現在注目が集まっている若手男性演歌歌手です。 2015年でデビューから15周年を迎えます。 デビュー作の霧情が総合TOP100入りするなどスタートから好調だったところから、実力を伺うことができますね。 代表曲は風蓮湖。 この曲がきっかけで人気に火がつきました。 北島三郎や有名な重鎮クラスの演歌歌手はどのくらいの年収なの? 北島三郎などの重鎮クラスの演歌歌手になると、1曲で食べていけるほどの年収になります。 2004年の長者番付によると、北島三郎の年収は2億6200万円。 重鎮と呼ばれる大御所演歌歌手になると、年収は億単位になりますよ。 演歌歌手の口コミお給料 給料:10万円 アルバイト。 実質稼げていません。

次の