艦これレベリング。 5-2-1 空襲マスレベリング【第二期】 | ぜかましねっと艦これ!

【艦これ】4

艦これレベリング

艦これを始めてまず最初にやるのは可愛い艦娘たちのレベリングスポットのご紹介。 【目次】• 最序盤:じっくり進みたい人用 あまり無理をせずじっくり進みたい人のためのレベリング場所をご紹介します。 「そんなまどろっこしいことしたくない!」 という方は1-4もしくは2-4くらいまで進んでみましょう。 1-3:製油所地帯沿岸(鎮守府海域)• 場所 |1-3• 対象艦|重巡・軽巡・駆逐• 練度 |1~15• 経験値|80(旗艦MVP288)• 狙い目|古鷹・加古・青葉・衣笠・球磨・長良・千歳・千代田 渦潮で資源を消費するのでそれが嫌な方にはあまりおすすめできませんが、 川内型や重巡の古鷹型・青葉型、千歳型が悪くない確率で入手できます。 建造よりもレベリングに資源を使いたい方にはドロップも狙えるこちらが吉。 序盤:ここから本格的なレベリングへ 1-4クリアから2-4クリア前までのレベリング。 目標はここで司令部Lv. 80になるまでひたすら1-5-1で駆逐・軽巡レベリングしたい。 あ、いま「そんなめんどくさいことするの・・・」って思ったかもしれませんが、1-5-1は艦これ界でも1位2位を争う良レベリングスポットなんです! 経験値がそこそこ美味しい&鋼材・ボーキが減らない、なにより高速修復材(バケツ)が減らないという、これ以上ない海域です。 駆逐艦「綾波・霞・夕立・時雨」と軽巡「五十鈴・川内・神通」あたりをここで育てておくとイベントでもかなり活躍できますし、完走の近道です。 のちのち戻ってくることも出来るので、面倒であれば飛ばしてもいいですが、やっておいたほうが確実に楽になります。 1-5:鎮守府近海(鎮守府海域)• 場 所:1-5• 対象艦:軽巡・駆逐etc• 練 度:1~50(司令部Lv. 80未満)• 経験値:150(旗艦MVP540)• によりドロップ制限あり 期間限定ドロップ対象海域(明石・江風など) 序盤における最強のレベリングスポットといっても過言ではないです。 対潜装備がなくても大丈夫ですが、のちのマップやイベントでも必要となるのでこのあたりで開発と並行して周回しましょう。 がすぐに上がってしまうので、1-5-1(初手マス)や1-5-3(3戦目)までで撤退推奨。 改二がある軽巡(川内・神通etc)、駆逐(霞・夕立・時雨・綾波etc)あたりを重点的に鍛えておくと幸せになれます。 初めてのEOということで、この1-5のゲージを破壊すると貴重な勲章が手に入ります。 勲章は4個集めると改装設計図になり、強力な改二改装に必要になるので早めに対潜装備を整えて早めに割りたいですね。 この記事「」で攻略編成を紹介していますので、ぜひご覧ください。 また、下記の駆逐隊による単発任務を司令部が低いうちに達成するとのちの面倒がありません。 「第三十駆逐隊」対潜哨戒!(睦月・卯月・弥生・望月)• 「第三十一駆逐隊」対潜哨戒!(吹雪・白雪・初雪・村雲)• 「第六駆逐隊」対潜哨戒なのです!(暁・響・雷・電) 2-4:沖ノ島海域(南西諸島海域)• 場所:2-4-1(初手マス)• 対象艦:戦艦・空母・重巡• 練度:1~35• 経験値:300(旗艦MVP1080)• 狙い目:島風・大井・妙高型・高尾型・蒼龍・伊勢型・扶桑型 序盤の最難関マップとされる2-4攻略のためのレベリングはこちらですね。 とりあえず主力をここにつぎ込んでS勝利から1戦撤退です。 レア艦の島風・大井や序盤に貴重な戦艦の伊勢・扶桑型も入手できます。 2-4はここで主力(戦艦・正規空母・軽空母・重巡)をあらかた第一段階改造し、近代化改修をしてから挑みましょう。 特に伊勢型は低レベルで航空戦艦になり、1-5での明石掘り周回の役に立ちます。 中盤:キス島で戦艦・重巡などを改二へ 序盤の最難関2-4を突破したら初心者卒業です。 中盤はキス島やリランカを利用したレベリングが主流です。 むしろ初心者・熟練を問わず末永くキス島やリランカレベリングが愛されています。 当面の目標としてはEO2-5の攻略や北方・西方の攻略に向けてさらなる艦隊の練度を高めましょう。 改二とまではいかなくてもLv. 50~70を目安にレベリングしておくとイベント海域でも前段作戦最終までは攻略できます。 3-2-1:「キス島沖」(北方海域)• 場 所:3-2-1(初手マス)• 対象艦:戦艦・空母・重巡etc• 練 度:1~99• 経験値:320(旗艦MVP1152)• 狙い目:北上・妙高型・高尾型・利根型・千歳型・隼鷹・金剛・比叡・霧島・扶桑型 言わずと知れたレベリングスポットです。 これ以降の海域攻略を行わず、ひたすらここでレベリングしイベントに参加、という提督さんもいるほど。 基本的には2-4-1のやりかたと同じですが、デコイとして潜水艦を入れることでさらに被害減少、高速修復材(バケツ)の消費を抑えることができます。 詳しいレベリング方法はこちらの記事「」でご紹介します。 最初は空母多めで開幕爆撃赤疲労レベリングがおすすめです。 このあたりから改装設計図が手に入りだすと思います。 対象艦:軽巡・駆逐・秋津洲?• 練 度:20~99• 経験値:330(旗艦MVP1188)• 狙い目:蒼龍 軽巡・駆逐など、対潜攻撃出来る艦の絶好のレベリング場所。 潜水艦マスを2戦して撤退ですが、1回の出撃で2,300以上の経験値が貰えます。 初手南に進むと怖いです。 でも艦隊練度や装備が整ってくれば大幅に事故が減ります。 オススメ編成は「駆逐・航空戦艦・空母2・重巡・雷巡(潜水艦)」あたり。 終盤:熟練提督へ向けて 5-4:「サーモン海域」(南方海域)• 場所:5-4• 対象艦:高速艦• 練度:50~99• 経験値:504(旗艦MVP1512)• 狙い目:翔鶴・瑞鶴・長門・陸奥・阿賀野・瑞鳳 ウィークリーのあ・い・ろ号作戦と絡めて出撃すると最短で消化できてなおかつ経験値も美味しい海域です。 また敵が輪形陣なので比較的こちらの被害を少なめに抑えられる利点も大きいです。 ここでは戦艦や空母といった大型の高速艦のレベリングに適しています。 ドロップも陸奥や五航戦(翔鶴・瑞鶴)、瑞鳳など結構美味しい。 こちらの記事「」で周回編成は紹介していますが、「戦艦・空母3・重巡・航巡(ドラム缶4)」などがおすすめ。 まとめ:艦これはレベリングが命! 艦これは性能のよい艦よりもレベリングが命。 とりあえず1-5とキス島3-2-1が艦これ界で最強のレベリングスポットです。 どちらも被弾が少なく、かつ資源の消費が少なく済むんですね。

次の

【艦これ】6

艦これレベリング

Sponsored Link 艦これ2期ってなに? 2019年3月現在の艦これは2期と呼ばれる 2018年8月17日からサービスが開始された HTML5版の艦これであり、8月15日までは Flashで動く1期が配信されていました。 元々、HTML5移行を望む声が多かったので HTML5へ移行の発表があった時は プレイヤーの多くは大変喜んだようですね。 FlashとHTML5の違いについては 専門的なことになるので省きますが FlashからHTML5に移行することで 高解像度化、フレームレートの向上 つまり、今までの艦これよりも キレイでヌルヌル動くというのが理由です。 こういった理由から1期の艦これは 2018年8月15日で幕を閉じました。 その後、約2日間に渡るメンテナンスと アップデートを経て艦これ2期の配信が開始されます。 また、ゲーム内容についても変更があり 1期と異なるところが多少ありますね。 その最たるものがレベリング場所であり 1期で使えたレベリング場所が2期では あまり使えないようです。 初心者でも使える2期のレベリング場所は? ではここからは2期で使える初心者向けの レベリング場所についてご紹介していきましょう。 他にも色々とまとめています。 この記事が新たに艦これを始めたいと 思っている方やプレイされている方の 役に立てば幸いです。 色々なオンラインゲームで存 韓国産の無料オンラインゲーム Alliance of Valiant Arms.

次の

初心者必見!提督なら抑えておきたい段階別おすすめレベリング場所まとめ

艦これレベリング

【戦艦・重巡】サブ島沖海域補給艦狩り 5-3-P 経験値効率が非常に良いです。 また夜戦マスなので燃料弾薬消費も軽い。 しかし被弾が多いので結局ある程度の消費はします。 ダメコンあるとないとで入る経験値がかなり違うので筆者はダメコンを推奨しています。 徴収も時々ありますが 主にフラワのCI)、載せておくと便利です。 陣形は梯形陣。 【 メリット】 〇経験値の時速が非常に高い 〇夜戦マスなので燃弾消費は軽い 【デメリット】 〇バケツ消費が多い 〇ダメコンがないと不安定 【空母・水母】珊瑚諸島沖空襲マス 5-2-C バケツと 鋼材の消費ほぼ0でレベリングできます。 また燃料と弾薬消費も通常戦闘マスの半分以下と資源効率は良いです。 牧場や空母はバケツ備蓄時などにまとめてここで育成しています。 この編成では牧場兼ねています。 その場合輪形陣。 【メリット】 〇被弾がほぼない 旗艦のみ) 〇旗艦MVP固定なので牧場向き 〇燃料弾薬消費も比較的軽い 【デメリット】 〇経験値の時速は低い 〇装備の敷居が高い 噴進砲改二が複数必要) 【駆逐・軽巡】ブルネイ沖泊地周回 7-1 戦果稼ぎ向きの海域ですが結果的にレベリングにもなっています。 どちらかというとある程度育った駆逐・軽巡の底上げに向いており、まだ先制できない子の育成には向きません。 その場合、戦艦入り5-3-Pの駆逐枠に入れる等で先制ラインまで上げてしまい、こちらに切り替えるのが楽かなと感じます。 旗艦に強力な対潜装備を偏らせることでキラ付けを兼ねることも可能。 海峡・ブルネイ等のキラ消費が多い遠征と組み合わせるとキラ付けしているだけでも相当の戦果を稼ぐことができます。 【メリット】 〇戦果を効率的に稼ぐことが可能 〇資源消費が非常に軽い ほぼ対潜マス、燃料拾える) 〇周回が速く、経験値時速が高い 【デメリット】 〇先制艦が複数いないと周回するのが難しい.

次の