楽天モバイルwifi。 楽天モバイルのアンリミット(UN

楽天モバイルのポケットWIFIとは?料金プランや対応エリアを徹底解説

楽天モバイルwifi

このところ、テレワークによるポケットWi-Fiの需要増で、いくつかの会社で端末の在庫切れや、通信障害が起きたりしているそうです。 そんなネット環境難民の皆さんに朗報です。 実は今、 楽天モバイルに申し込むと、先着で300万名に限り、なんと1年間無料でSIMカードを持つことができます。 この楽天モバイル、以前はいわゆる「格安SIM」と言って、ドコモやauからネット回線を借りて消費者に提供するスタイルでした。 ところが2020年4月に、自社でネット回線を用意して消費者に提供するスタイルにリニューアルしました。 昔の楽天モバイル:ドコモやauから回線を借りて、利用者に提供していた(格安SIM)• 今の楽天モバイル:自分たちで回線設備を作り、利用者に提供している(キャリア) つまり、ここ最近はドコモ、au、ソフトバンクの3社が日本の携帯会社だったわけですが、2020年4月からは楽天モバイルを加えて4社となったのです。 そしてすごいのが、 楽天モバイルはデータ容量がなんと無制限です。 他社だとプランにもよりますけど、月に7GBとかまでしか使えなくて、ギガを使い切ると低速回線になるんですが、ギガ不足知らずの無制限。 そんなことからついたプラン名はその名も「 UN-LIMIT(アンリミット)」。 というわけで、 楽天モバイルと契約しておけば無料で無制限にネットが使えて、さらにスマホからテザリングするなりでPCでもネットが使えるし、ポケットWi-Fi契約するよりも良いじゃん!というのがこの記事の内容です。 実際に楽天モバイルで契約したスマホをポケットWi-Fiとして使ってみたので、その感想と、楽天モバイルとの契約にあたっては色々と注意点もあるので、それぞれ説明しますぅ。 電話料金:Rakuten Linkアプリからの発信は無料• 縛り:なし、いつでも無料で解約可能• 注意点:楽天回線対応端末は非常に少ない 1年無料でデータ通信無制限という神みたいなプランなんですが、2点すっごい気をつけてほしいことがあります。 要注意1:通信エリアによっては月5GBまでしか使えない 【エリアマップ】 楽天モバイルはデータ容量が無制限だと言いましたが、実は 一部の対象エリアに限り無制限です。 楽天モバイルはドコモやauから独立するにあたって、自社のネット回線をユーザーに届けるべく、日本全国津々浦々に基地局を建てました。 しかし現状、都心部にしか建設することができませんでした。 そこで基地局建設が間に合わなかった地域は、auの基地局を借りて運用しています。 そんなわけで、 楽天モバイルが使えるエリアは「楽天回線エリア」と「パートナー回線エリア」の2種類が混在しています。 楽天回線エリア:楽天モバイルオリジナルの回線が使えるエリア• パートナー回線エリア:auの回線エリア このうち、楽天回線エリアでは無制限でデータ通信が利用できますが、 パートナー回線エリアでは、月々5GBまでしか使えません。 ただし、パートナー回線エリアでギガを使い果たしても、最大1Mbpsの速度で通信可能です。 北海道• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 新潟県• 愛知県• 三重県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 詳細は参照。 そうでない人は月々5GBになるのでちょっと魅力は劣りますが、それでも最大1Mbpsで使い放題なのは強み。 例えばドコモでも、ギガを使い果たすと128kbpsに速度制限されるんですが、楽天モバイルなら1Mbpsなのでそのおよそ9倍くらいの速度で使えるわけです。 1Mbpsあれば、HD動画の閲覧とかだと厳しいけど、ウェブサイトの閲覧ならまだ戦えるかなという感じです。 なので、楽天回線エリア以外だと全然使えないってわけではありません。 実際1Mbpsで通信してみた様子の動画が楽天モバイルに掲載されています。 また、YouTubeでも多数の方々が1Mbps通信を紹介しているので、見ると参考になると思います。 【参考】 要注意2:楽天回線に対応したスマホが少ない(iPhoneもほぼ利用不可) もう1点の要注意事項が、 楽天モバイルに対応しているスマホが少ないこと。 実はSIMフリーのスマホであっても、楽天モバイル回線に対応していないと使うことができません。 なので基本的には、楽天モバイルで販売されている端末を購入して使うことになります。 販売中の端末は以下の通り。 Xperia Ace:49,819円(税別)• Galaxy A7:31,500円(税別)• Galaxy S10:90,728円(税別)• AQUOS sense3 lite:29,819円(税別)• AQUOS sense3 plus:44,364円(税別)• arrows RX:29,819円(税別)• OPPO Reno A 128GB:35,273円(税別)• OPPO A5 2020:26,182円(税別)• Rakuten Mini:19,819円(税別)• HUAWEI nova 5T:54,364円(税別) これ以外にも、SIMカードを差し替えるだけで使えるスマホも多少あります。 公式サイトから対象スマホの確認ができるので、こちらもご確認ください。 ただしiOSの場合、楽天モバイルが使えるとしてもRakuten Linkアプリをダウンロードすることができません。 このアプリが使えないことで、無料通話ができない、ポイント還元キャンペーンの対象外になる、というデメリットがあります。 いずれにせよ、今のところiPhoneとの相性は悪し。 楽天モバイルをポケットWi-Fiとして使う方法 楽天モバイルに詳しくなったところで、この記事の本題、楽天モバイルをポケットWi-Fiとして使う方法を3つ紹介していきます。 おすすめ:楽天モバイル対応スマホを購入する(特にRakuten Mini) ボクはRakuten Mini 最もおすすめなのが、楽天モバイルでSIMとスマホをセットで購入して、モバイルルーターとして使うことです。 スマホの中でも、Rakuten Miniは最も価格が安く、尚且つ79gという超軽量サイズなので、スマートでおすすめです。 Rakuten Miniの本体価格は19,819円(税別)ですが、 5,000円分の楽天スーパーポイントが貯まるキャンペーン中です。 また、回線開通後にRakuten Linkアプリを利用すると最大6,300ポイント円相当の楽天スーパーポイントももらえるので、初期費用がかなり抑えられます。 ちなみにRakuten Miniならではの機能かは知らないけど、ホーム画面にワンタップでテザリングのオンオフを切り替えられるボタンを用意できるのが便利。 ただスマホでテザリングするうえで、気になるのがバッテリー。 特にこのRakuten Miniは超小型端末だけあってバッテリーサイズも約1,250mAhと小ぶり。 単純計算ですが、 6〜7時間くらいなら充電なしでも使えそうなので、大きな問題ではなさそう。 また、このサイズからRakuten MiniではeSIMを採用しています。 つまり、SIMカードを使い回すことができないのでご注意ください。 とまぁWi-Fiとして使う前提で話しましたが、Rakuten Miniはあくまでも「スマホ」なので、単体で遊ぶこともできます。 特に おサイフケータイがついているのはデカいメリット。 ただやはりあまりに小型なので、メッセージのやりとりとかはストレス溜まる。 その辺はスマホ単体のレビューもご覧くださいな。 契約事務手数料:3,000円(税別)• 端末代:12,546円(税別)• 合計初期費用:15,546円(税別)• そのため、実費で言うとこちらの方が安いんですが、ポイント還元を考慮した実質的なコストは高くつくのでご用心。 また、モバイルルーターだと当然ながら通話はできません。 楽天モバイルの通話無料というメリットを殺すことになるので、ご注意ください。 SIMカードのみ契約して、手持ちの楽天モバイル対応スマホで運用する 対象のスマホ()をお持ちなら、SIMカードのみ契約して使うことで、楽天回線を利用できる可能性があります。 例えばiPhone XSやiPhone SE(第二世代)をお持ちの人は、楽天モバイルで契約したSIMカードを挿すことで運用が可能です。 ただし、あくまでも「 使えるが、動作保証は対象外」であり、一時的に使えたとしても今後は使えなく場合もあります。 また、「接続先回線切替」に対応していません。 そのため、例えばパートナー回線エリアから楽天回線エリアに移動したとしても、パートナー回線エリアと判定されたまま通信が継続してしまうので、5GBを消費してしまう、ということが考えられます。 というか 楽天モバイル対応のAndroid端末を持っていた場合、3,000円儲かりますね。 Rakuten MiniをポケットWi-Fiとして使った感想・速度比較 日曜10時半頃に計測 まず前提として、私は楽天回線エリアに住んでいます。 そのためパートナー回線エリアでは検証していないのでご注意を。 というわけで実際に、何回かRakuten MiniでテザリングしてPCで仕事してみました。 その結果、 もう全く問題なしという感想です。 薄い感想ですが、本当になにも気になることなかったです。 ウェブサイト閲覧、動画閲覧、動画通話、全く問題ありません。 土曜1時頃に計測 実際に数値を見てみると、だいたい常に5Mbps以上は出てる感じ。 一方で先日契約したポケットWi-FiのFUJI Wi-Fiで計測してみると、安定して10Mbpsくらい出る。 さらに光回線なら50Mbps以上。 というわけで、楽天モバイルでテザリングした状態での回線速度は、数値上だとポケットWi-Fi等と比較してちょっと遅いわけですが、とはいえ体感ベースでは全く問題なしです。 バッテリー持ちも前述の通り、特に悩まされることはありませんでした。 ただサービス開始して間もないので、多少の不具合は覚悟した方が良いかも。 実際5月1日には、 一部のユーザーの間で全く通信ができないという障害が発生しました。 また、正式サービス開始前の感想ですが、エレベーターの中など、少し奥まったところに行くと繋がりにくくなる経験もありました。 この辺りは、これからじっくり改善されていくと思います。 逆に言うと、まだしばらくはちょっとした不具合が出てくるケースはありそうです。 ずっと家から(楽天回線エリアから)出ないのであれば、ネット環境を楽天モバイルに一本化してしまえばかなりお得ですが、現状の安定性を鑑みると、一本化はせずに、保険として別の通信会社も用意しておいた方が良いかなとは思います。 私自身、以前契約したポケットWi-FiのFUJI Wi-Fiは、今後も継続して使い続けようと思います。

次の

楽天モバイル: Aterm MR05LN

楽天モバイルwifi

楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として利用するとコスパ最強なのではないかと思いついてしまったので、検証してみるよ。 3月3日に楽天モバイルの新プランが発表されました。 「iPhoneに対応していない」「先着申込はMNPできない」といった理由から、一時は「落胆」して以下のような記事を執筆しました。 でも、その後色々と調べていくと、 楽天モバイルの「モバイルWi-Fi」としての使い途に可能性を見出すことができました。 エリアの条件をクリアすれば、 既存の「モバイルWi-Fi」よりもコスト面でも機能面でも大幅に上回るポテンシャルがあります。 本記事では、 楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として使う方法、通常のモバイルWi-Fiとのコストや通信の比較、そして申込時の注意点について解説していきます。 こちらでも動作するので、 「スマホとしての機能が必要ない」という方は、こちらを購入するのもありです。 そして、後日談ですが、 最終的にはこちらの「Aterm MP02LN」を購入しました。 問題なく快適に利用できています。 同端末に楽天モバイルのSIMを入れて利用 あとは、 購入したスマホに楽天モバイルのSIMを入れて開通作業を行えば完成です。 とてもシンプルでそこまで難しくはないかと思います。 もしSIMカードとスマホ端末を別々に購入するのが怖いという方がいらっしゃいましたら、 楽天モバイルではセットプランもあるので、そちらを検討してみるとよいでしょう。 例えば、以下のような商品ですね。 これは「Rakuten Mini」という楽天が出しているスマホとのセットプランです。 他の端末とのセットプランも上記リンク先に掲載されているので、気になる方は見てみてください。 楽天モバイルと一般的なモバイルWi-Fiを徹底比較 では、楽天モバイルをモバイルWi-Fiとして利用したケースと、一般的なモバイルWi-Fiとを比較してみましょう。 「一般的なモバイルWi-Fi」としては、 を例として使っていきます。 「コスト面」と「通信面」の両面で比較を行ってみます。 楽天モバイルと一般的なモバイルWi-Fiのコスト比較 コストについては、短期と長期でも考えられるように、1〜3年でそれそれ比較をしてみます。 まずは、 楽天モバイルのコストです。 端末代は、先ほどご紹介した「HUAWEI nova lite 3」を新品で購入したケースを想定しています。 一方で、 GMOの「とくとくBB」のコストは以下のようになります。 楽天モバイルとGMO「とくとくBB」の月額費用のみを比較して整理すると、以下のようになります。 さらに、楽天モバイルでは、 解約時の手数料が0円というのもメリットです。 GMO含めほとんどのモバイルWi-Fiでは、1〜2万円ほどの解約手数料が発生します。 また、楽天モバイルで利用する端末は使わなくなれば売却もできることを考慮すると、実質的なコストはもっと低くなります。 楽天モバイル、優秀すぎではないですか? 通信速度と通信容量の比較 では、 通信速度と通信容量についても比較してみましょう。 楽天モバイル GMOとくとくBB 通信速度 5G対応で高速に? 下り最大440Mbps 容量制限 無制限 3日で10GB エリア 東京・大阪・名古屋が中心 全国 通信速度については、優劣どうなるかは検証してみないと分かりませんが、 容量制限の違いが大きいですね。 多くのモバイルWi-Fiでは「3日で10GB」の容量制限があり、映画などをみてしまうと1本で3〜5GBほど消化してしまうので、データ容量が不足してしまうことも多々あります。 それに対して、 楽天モバイルでは、無制限で高速データが使い放題ということですからすごいことです。 もちろんテザリングでもその制限はないとのことです。 費用も安くてデータ通信制限もないということで、楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として利用するとコスパ最強すぎるわけです。 楽天モバイル利用における注意点 ただ、注意点もあります。 以下の2点は気をつけておいたほうがよいでしょう。 住んでいる地域が「楽天回線エリア」内である必要あり• 通信の安定性はよく使う場所で調べてみる必要あり それぞれ簡単に解説します。 住んでいる地域が「楽天回線エリア」内である必要あり 自分の住んでいる地域やよく行く地域が「楽天回線エリア」内にあるかを確認しておきましょう。 データ通信が無制限となるのは、 上図の「楽天回線エリア」という濃いピンク色の部分です。 上図は、首都圏をクローズアップしたものです。 東京23区に加えて、千葉・埼玉・神奈川県の一部が対応しているようですね。 その他の地域では、 大阪・名古屋エリアが対応しています。 今後楽天回線エリアは拡大していくはずですが、現時点はかなりエリアが限定されていることは認識しておきましょう。 通信の安定性はよく使う場所で調べてみる必要あり また、 楽天モバイルの通信の安定性やスピードについては、まだまだ未知数ともいえます。 ここは実際に利用してみてどうか検証してみる必要があると思っています。 そのため、僕自身は、今利用しているモバイルWi-Fiをすぐには解約せずに、 初期の1ヶ月ほどは試しに2台を併用していく方針です。 使用してみての感想はまだ共有していきますね。 条件に合う人は先着300万人の枠がなくなる前に早めの申込を というわけで、本記事では、 楽天モバイルを「モバイルWi-Fi」として使うとコスパ最強説を検証してきました。 楽天モバイルで最初の1年間が利用料無料になるキャンペーンは、 先着300万人限定です。 1年間はコストがかかるわけでもないですし途中で解約もできるため、一旦申し込んでおくという形でもよいかもしれませんね。

次の

【これがオススメ!】楽天モバイルを使って格安のモバイルWi

楽天モバイルwifi

楽天モバイルUN-LIMIT:データ通信を目的に使うのはアリ Rakuten UN-LIMITを、 データ通信を目的に使うのはアリだと思います。 (ただし楽天回線エリアの方のみ) 楽天モバイルUN-LIMITは、 完全データ無制限。 最近、どんなときもWiFiをはじめTHE WifiやZEUS Wifi等の 無制限WiFiが流行っていますが、それらは完全無制限ではありません。 必ず以下のような注意書きがあります。 契約者間の利用の公平を確保し本サービスを円滑に提供するため、弊社のネットワークを継続的かつ著しく大量に占有する通信をされた場合、速度や通信量を制限することがあります。 THE WifiのCMでは完全無制限かのように煽っていますが、ちっさい文字で一瞬だけ映る注意書きの中に、おそらく完全無制限ではないことが記載されているはずです。 (小さすぎて一瞬すぎ見えませんが…!) 最近はコロナの影響でリモートワークも増え、モバイルWiFi通信が逼迫。 通信制限や障害が起きたりもしています。 そんな中、 楽天モバイルのUN-LIMITは完全データ無制限とのこと。 これは熱いですね…! …と思っていたのですがが、以下のような注意書きがありましたね。 公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり 完全に無制限なんてありえないか。 誰かがとんでもない量を使用すればさすがに制限はしますよね。 ただし、私は一日中テザリングしたRakuten MiniにPCを接続して仕事をしていても、通信速度制限にあったことはありません。 相当量使わない限りは大丈夫だと思いますよ。 また、以下の方が要注意。 超過後は最大1Mbpsで使い放題。 あなたの使いたい場所が楽天回線エリアかどうかは、以下でご確認ください。 でも逆に言えば、 楽天回線エリア内にお住いの方であれば、データ無制限で使えるためアリだと思います。 ちなみに私の友人も無料サポーターをしており、その友人とは共通して感じていることです。 (友人も東京23区内で使用。 端末はOPPO Reno A。 利用場所は私とは異なります。 場所を移動していないのに 急にデータ通信ができなくなることがある• 通話品質が悪い• ユーザ数が莫大に増えた後の通信速度等は不明 注意点1:場所を移動していないのに急にデータ通信ができなくなることがある 私の感覚だと3日に1回くらい、 急にデータ通信ができなくなることがあります。 (友人も同じように言っています。 ) 発生する日は1日に2,3回発生することも。 しかも場所を移動していないのに発生します。 移動中であれば、基地局のエリアから外れてしまって圏外になる可能性はありますが、そういったことが原因では無いようです。 ただし、端末を再起動すれば直ります。 1年無料であることを考慮すればこれくらは我慢できるかもしれませんが、お仕事等で使用したいと思っている方は注意した方がよいかもしれません。 そのため、通話無料を狙って契約しようと思っている方はRakutenLinkを使う必要があります。 そして 通話品質についてですが、正直言って悪い。 私のRakuten Mini、友人のOPPO Reno Aどちらも悪いです。 ただし、通常の通話アプリとRakutenLinkアプリで通話した場合のみ品質が悪い。 LINEアプリで通話した場合の品質は良いです。 どう悪いかというと、相手の声+シャカシャカした音が鳴っていて聞き取りにくい。 あまり通話しない人ならいいかもしれませんが、通話が多い人だと気になると思います。 ただし端末の差もあるようで、Rakuten MiniよりOPPO Reno Aの方がマシでした。 私は通話はあまりしないので、UN-LIMITに契約したとしても通話はLINE通話を利用しますね。 お店への予約等LINE通話が利用できない場合だけRakutenLink使うかなぁ。 いつの間にかオフライン状態になっていました…なぜ。。 "RakutenLink"とはLINEの楽天版のようなアプリ。 RakutenLinkを使用した場合、通話・メッセージ・SMSの送受信が全て無料になります。 ですが最近、 RakutenLinkでのメッセージの送受信ができません。 無料サポーターになってはじめの1ヶ月くらいはできました。 がここ1ヶ月くらいはできません。 (友人も同時期からできていません。 ) 送っても相手に届きませんし、相手が送ったと言っていてもこちらに届きません。 1通も送受信できていません。 まぁでも普段LINEを使用している方は、そのままLINEを使い続ければ良いですね。 RakutenLinkアプリのアップデート後からできるようになったような…?• 銀行、Twitter等のSNS、その他サービス利用の際の認証• パスワード忘れの際の認証 今お持ちのスマホのSMSの履歴を確認してみてください。 さまざまなサービスの認証コードが届いていませんか? SMSが届かないとなると、SMS認証が出来ません。 認証が必要な新しいサービスが始められなかったり、パスワード忘れの際の認証も出来なくなる恐れがあります。 (実際に先日友人が新しいサービスのSMS認証をしようとしたところ、SMSが届かなくて認証できませんでした。 ) モバイルWiFi代わりや、2台目のスマホ用に使用するなら良いですが、メイン回線としてこれ一本に絞るのは現状おすすめできませんね。 ちなみにRakutenLinkのメッセージとSMSはどうやら連動しているようです。 友人のOPPOの電源をオフにする• OPPOの電源を入れる• OPPOのSMSアプリでメッセージを受信する 4ではRakutenLinkで受信すると思っていたのに、SMSで受信しました。 ちょっと動作が分りづらいですね… まぁでもとりあえず何らや連動しているようなので、RakutenLinkでメッセージ送受信ができなくなったのとSMS送受信ができなくなった時期が同じなのは納得です。 注意点5:ユーザ数が莫大に増えた後の通信速度等は不明 楽天モバイル無料サポーターの 1次募集は5,000人、 2次募集は3万人でした。 これが急に 300万人膨れ上がります。 (実際そこまでユーザー数が増えない可能性もありますが) 無料サポーターの間は通信速度も全く問題ありませんでしたが、今後は分りませんよね。 基地局もまだ少ないため、人数が増えるとそれだけ通信速度も遅くなるでしょう。 無料サポーターの時ほど快適な通信ができるとは期待しない方が良いかもしれません。 この使い方が一番オススメ。 ただし、通信速度は今後どうなるか分りません。 モバイルWiFi代わりに使うにもスマホとして使うにも、 端末は別途必要になります。 (キャンペーン期間:〜終了日未定。 300万人達成次第終了。 ) 3つのキャンペーンを合わせると以下の通り、 最大21,300ポイントもらえるということになります。 テザリング設定をすれば、 8台の機器を接続可能です。 45GHz メモリ 3GB ストレージ 32GB 外部ストレージ 非対応 カメラ メインカメラ:約1,600万画素 インカメラ:約500万画素 バッテリー容量 約1,250mAh ディスプレイ 3. また、この小ささで おサイフケータイにも対応しています。 物理SIMではなく eSIMなのも特徴的ですね。 ちなみに公式サイトのページには、以下のような記載があります。 楽天モバイルSIMは、楽天回線対応製品以外での動作保証はしておりません。 楽天モバイルSIMとあわせて製品のご購入をお願いいたします。 また、 iPhoneは動作保証対象外。 今ならポイント還元でかなり安いので、私なら端末セット購入をおすすめします。 (不要になったらご家族や友人に譲ってもいいですしね。 ただし、WifiでのテザリングではなくBluetoothでのテザリングであれば一定時間通信しなくても接続は外れません。 (少なくともRakuten Mini 楽天回線 とiPhone、OPPO Reno A 楽天回線 とiPhoneではBluetoothテザリングが外れませんでした。 )でも、Bluetoothテザリングだと通信速度がかなり遅くなるためあまりオススメはしません。 (OPPO Reno Aは同様の設定が無さそうでした。 ) 参考になれば幸いです! blueeuldさん、コメントありがとうございます! テザリング使用時の電池の持ちについては、正確に測ったわけでは無いのですが、丸1日(8時間程度でしょうか?)ずっとPC接続してWeb閲覧等していると充電がなくなった記憶があります。 (全て都内での測定結果です。 アップロードは上記の数値マイナス10Mbpsほどです。

次の