三代目 j soul brothers スカーレット。 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、ニュー・シングル『SCARLET』8月7日発売!Giorgio Tuinfort&Afrojack楽曲プロデュース!

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

三代目 j soul brothers スカーレット

概要 [ ]• 前作「」から約5か月ぶりのシングル。 「赤」をテーマとした楽曲。 それぞれ全2曲4トラックを収録。 初回盤はスリーブケース仕様。 2019年8月2日に放送された『』で、「SCARLET」の音源を初解禁・初披露した。 「SCARLET feat. Afrojack」のミュージック・ビデオはのホテルを舞台に3日間かけて撮影された。 発売日直前の8月3日に、メンバー7人全員が揃ったイベントを開催。 ミュージック・ビデオをSNS・主要動画配信サービスを使用して世界同時に初解禁した。 8月19日付のビルボード「」で総合首位を獲得した。 「」から2作ぶり。 収録曲 [ ] CD [ ]• SCARLET feat. GOLDEN [4:04] 作詞:、作曲:, Carlos Okabe• SCARLET feat. Afrojack(Instrumental)• GOLDEN(Instrumental) DVD [ ]• SCARLET feat. Afrojack(Music Video) [7:49]• Music Videoがそのままスマホで持ち歩ける"スマプラ・ムービー"対応。 収録アルバム [ ] 収録アルバム 楽曲 曲順 GOLDEN 8 SCARLET feat. Afrojack 9 脚注 [ ]• Billboard JAPAN 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 EXILE TRIBE FAMILY 2019年6月24日. 2019年7月27日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年6月25日. 2020年6月4日閲覧。 EXILE TRIBE MOBILE 2019年7月26日. 2019年7月27日閲覧。 ORICON NEWS オリコン. 2019年8月4日. 2020年5月7日閲覧。 RBB TODAY 2019年8月4日. 2019年8月4日閲覧。 EXILE TRIBE FAMILY 2019年8月26日. 2019年8月26日閲覧。 外部リンク [ ].

次の

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

三代目 j soul brothers スカーレット

SPARK Higher 空に住む ~Living in your sky~ BURNING UP 冬物語 T. Top To Toe SO RIGHT Waking Me Up S. 風の中、歩き出す R. Summer Dreams Come True Wedding Bell ~素晴らしきかな人生~ C. ~秋桜~ Glory O. Eeny,meeny,miny,moe! starting over STORM RIDERS feat. SLASH J. DREAM Summer Madness feat. Afrojack Unfair World Feel So Alive Share The Love Born in the EXILE MUGEN ROAD Welcome to TOKYO BRIGHT HAPPY J. LOVE Mステ ミュージックステーション エムステ music station.

次の

三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE OFFICIAL WEBSITE

三代目 j soul brothers スカーレット

『RAISE THE FLAG』は、結成10周年イヤーに突入した三代目JSBにとって、これからの10年を占う意味で大きな意味を持つ作品であり、直近のヒットシングルだけでなく、近年の音楽業界ではヒット曲を生み出す鍵になっているバイラルヒットの要素を持った「Rat-tat-tat」が収録されるなど、グループとしての進化を感じる内容となったことは記憶に新しい。 (参考:)また本作では、サウンド面でもEDM、フューチャーベース、ヒップホップからマーチングバンドサウンドなどが取り入れられ、近年の音楽トレンドの今様を体現。 そのような多彩な音楽性を見せたことでもポップスにおける様々なワールドクラスの先鋭的な要素を持つ作品となっていた。 同曲のプロデュースはこれまでにも「R. 」、「O. 」、「S. 」、「Summer Madness」など三代目JSBのヒット曲を手がけてきたSTYだ。 しかしながら、今作はこれまでのSTYプロデュースの三代目JSBヒットが踏襲していたEDMスタイルではなく、疾走感のあるビートに乗って進むドラムンベーススタイルになっていることに注目したい。 日本ではドラムンベースがポップスに取り入れられること自体がまだ珍しいといえる。 しかも三代目JSBのようなトップクラスのメジャーアーティストとなればそれはなおさらだ。 しかしどうだ、高速ビート、開放的なシンセ、さらに爽快な歌声など同曲のMVで見られる荒野のハイウェイを駆け抜けるかのごとく、突き抜けていく多幸感あるサウンドは、これまでにも数多くの大規模会場をロックしてきた三代目JSBにとっては、新たなライブアンセムに相応しい曲になっているのではないだろうか。 加えて、先ほどドラムンベースが日本ではポップスに取り入られることは少ないと言及したが、このジャンルが全くポップス向きでないかといえば、そうではない。

次の