ポルシェ 718 スパイダー。 クルマ好きなら1度は味わいたい ポルシェ718ボクスター・スパイダー 試乗

新型ポルシェ 718 スパイダー初試乗! 抜群の軽快感で魅せるハードコアモデル【動画レポート】

ポルシェ 718 スパイダー

ポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーが正式発表に 2019年6月18日、ポルシェがPorsche 718 Cayman GT4と718 Spyderを正式に発表されました。 さ~て、ポルシェ911以外のモデルにおいては、ほとんど何もわかっていない私 笑。 でも、ポルシェの新しいモデルだし、多少はちゃんと知っておきたい…。 でも、どこから何を見たらわからないな~。 なーんて思っていたところ、が「忙しいあなたの為に、とりあえず今回発表されたポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーの、最もワクワウする5つの点をまとめたよ!」ということを書いてくれていました。 なんて素敵^^ 私みたいな「どこを知ればいいの~?」っていう人の気持ちをわかってくれてる! さらにはこちらの記事では、前置きでちゃんと「今回挙げた5つの点以外にも、最後にちゃんと詳細も書いてあるからね。 さてさて、では、私と同じく「どこ知っておくべき?」と思っている方、まはたお忙しい方の為の『ポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーのワクワクする5つのポイント』が何なのかを、見てみたいと思います^^ 出典: 新しいポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーの5つのポイント 5:真剣にレースする人の為にはクラブスポーツパッケージがある• 718 Cayman GT4には、太めのリアスティールロールバー ロールケージ 、消火器、そして運転席には6点式レーシングシートベルト ハーネス が装備されるクラブスポーツパッケージが用意される。 でも、このクラブスポーツパッケージはなんとヨーロッパの顧客向けにしか用意されない !。 えええ。 とにかく!日本には718ケイマンGT4クラブスポーツ入ります^^コンペティションと、MRの2種類。 ご参考まで。 現行のポルシェケイマンGT4はニュルブルクリンク北コースを7:40のタイムでデビューしたが、今回の新しい718ケイマンGT4は悪名高いグリーンヘル ニュル北コースのこと を、10秒以上速くラップ。 3:両車とも安くはない …って、このタイトル…これ、ワクワクポイントじゃない 笑。 と、書いてありました。 ホント、この記事書いた人好き^^ ちなみに上記価格は米国での設定価格です。 2: オプションのカーボンセラミックブレーキで即座に止まる• 718ケイマンGT4も、718スパイダーも標準装備なのはスチール製ブレーキローターと、大型アルミモノブロックキャリパーのセット。 オプションでポルシェのカーボンセラミックブレーキ PCCB が選択できる。 1: ポルシェ911のエンジンがベース• 2020 ポルシェ911のエンジンと同じ ただしターボチャージャーはついていないNA。 420馬力、自然吸気の4リッター水平対向6気筒ボクサーエンジン、6速マニュアルトランスミッション。 レブリミットは8,000rpm。 ポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダー詳細スペック一覧 かなり本当にシンプルな5つのポイント紹介でした^^ …って、シンプルすぎでしょ、これ! これだと新しい718ケイマンGT4と、718スパイダーのことがわかったような、わからないようなで、消化不良になっちゃいそうなので、記事の最後に書かれていた詳細情報に加え、他の出典 本サイト下部にリンク掲載 からの情報含め、以下にまとめました。 結局私は、とことんまで色々知らないと気がすまなくなる傾向にあるので、ついつい色々と見てしまいました^^ では、詳細情報を書いておきたいと思います。 順不同な感じで、ごめんなさい~。 より良いものを作りあげる為に、718のオープンとクーペの両方ともポルシェのGT部門が引き継いで製造した。 718ケイマンGT4はポルシェGTモデルのエントリーレベルに位置し、718スパイダーはコーナリングを楽しむために特化したモデルであり、ポルシェ550スパイダー、718 RS60スパイダーといったポルシェロードスターの系譜を引き継ぐ。 718ケイマンGT4と718スパイダーは、完璧にバランスされたミッドシップカー。 718ケイマンGT4と718スパイダーは、初めてテクニカルベースを共有する。 718スパイダーは初めて718ケイマンGT4が誇るハイパフォーマンスGTシャシーの恩恵を受けている。 両車に搭載されるエンジンに関してポルシェは「新型ポルシェ911の3リッター水平対向6気筒ターボチャージャーエンジンが強化されたバージョンである」と言っている。 4リッター水平対向6気筒NAエンジンである、ポルシェ911 GT3から得た知識を利用した可能性は低い。 両車とも0-100kmが4. 新欧州サイクルでの燃費は10. 6速マニュアルトランスミッションのみ PDKなし!。 クイックシフトとするため、ギアレバーが0. 39インチ 約1㎝ 短くなっている。 手動でオン・オフの切り替えをすることが可能な「オートブリッピング機能」がついている。 718スパイダーが今回の最高速度を達成する為に、ポルシェいわく『ボクスターとして初となる』リアアクスルで『本当の』空力学的なダウンフォースを生み出す、機能的なリアディフューザーを搭載した。 大型フロントリップスポイラーと、前輪に沿って流れる空気を整える通称「エアカーテン」が空力のバランスを保つ。 718スパイダーには、時速120kmで自動的に上がるリアスポイラーを搭載。 タイヤは、ミシュランと共に新しく開発した「ウルトラハイパフォーマンスタイヤ ultra-high-performance tyres 」である「Sport Cup 2」を採用。 20インチホイールは標準で、幅は前輪が245、後輪が295。 ポルシェ911 GT3からは、フロントアクスルとブレーキを採用。 スチール製ブレーキローターのサイズは前輪・後輪ともに同じで、直径約15インチ 約38センチ。 両車の総重量を減らすことに加え、以下が標準装備。 新しいスプリングとストラット• Racing-derived axles• 新しいボールジョイント• 両車ともに、ポルシェ・アダプティブ・シリンダーコントロール Porsche adaptive Cylinder Control 技術が採用されていることにより、部分的な負荷が掛かる状態で片側バンクのシリンダーが休止し、燃費を低減する 一時的に2つのシリンダーのうち、1つのインジェクションプロセス 燃料噴射 を止めることが出来る設計になっている。 それぞれが独立した燃料噴射を行う、ピエゾインジェクションが初めてDFI高回転型エンジンに搭載。 燃料噴射が5段階に分けられたことで燃焼プロセスが向上。 2つのレゾナンスバルブを備えた可変吸気システムにより、シリンダー内のガス交換が最適化されている。 Camber、Toe、Ride height、アンチロールバーのセッティングは手動で調整することが出来る。 両車の為に、ポルシェは新しいスポーツエグゾーストシステムを開発したので、より良いサウンドになっている。 内装は、ステアリング・シフトレバー、シートの中央にアルカンターラを採用。 エアコン、PCM ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント は標準装備。 他のポルシェモデルたちと同様、ポルシェのGT部門は、718ケイマンGT4も718スパイダーも、両車とも「サーキットでも一般道でも利用可能ということを保証している。 Porsche 718 Cayman GT4の動画 ツイッターでシェアされている方がいて、ついつい見てしまったこちらの「ポルシェ 718ケイマンGT4」の動画。 いや~見なければ良かった!!!…だって、カッコ良すぎる!!!! こんなの見たら、欲しくなってしまいそう^^ 音も凄く良さげだし、もう、なにこれ~超カッコイイ~!って、音大きくして見てしまいました。 29日土曜日にPCで詳細資料をじっくり読んで来ました 981から足回りやエンジンマウントや排気やら色々と細かい所が進化してました だけど大幅に見栄えが変わらないから食欲がそそらない車です それなのに衝撃的な運命?で申込みにサインしてしまいました。

次の

新型ポルシェ 718 スパイダー初試乗! 抜群の軽快感で魅せるハードコアモデル【動画レポート】

ポルシェ 718 スパイダー

ポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーが正式発表に 2019年6月18日、ポルシェがPorsche 718 Cayman GT4と718 Spyderを正式に発表されました。 さ~て、ポルシェ911以外のモデルにおいては、ほとんど何もわかっていない私 笑。 でも、ポルシェの新しいモデルだし、多少はちゃんと知っておきたい…。 でも、どこから何を見たらわからないな~。 なーんて思っていたところ、が「忙しいあなたの為に、とりあえず今回発表されたポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーの、最もワクワウする5つの点をまとめたよ!」ということを書いてくれていました。 なんて素敵^^ 私みたいな「どこを知ればいいの~?」っていう人の気持ちをわかってくれてる! さらにはこちらの記事では、前置きでちゃんと「今回挙げた5つの点以外にも、最後にちゃんと詳細も書いてあるからね。 さてさて、では、私と同じく「どこ知っておくべき?」と思っている方、まはたお忙しい方の為の『ポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーのワクワクする5つのポイント』が何なのかを、見てみたいと思います^^ 出典: 新しいポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダーの5つのポイント 5:真剣にレースする人の為にはクラブスポーツパッケージがある• 718 Cayman GT4には、太めのリアスティールロールバー ロールケージ 、消火器、そして運転席には6点式レーシングシートベルト ハーネス が装備されるクラブスポーツパッケージが用意される。 でも、このクラブスポーツパッケージはなんとヨーロッパの顧客向けにしか用意されない !。 えええ。 とにかく!日本には718ケイマンGT4クラブスポーツ入ります^^コンペティションと、MRの2種類。 ご参考まで。 現行のポルシェケイマンGT4はニュルブルクリンク北コースを7:40のタイムでデビューしたが、今回の新しい718ケイマンGT4は悪名高いグリーンヘル ニュル北コースのこと を、10秒以上速くラップ。 3:両車とも安くはない …って、このタイトル…これ、ワクワクポイントじゃない 笑。 と、書いてありました。 ホント、この記事書いた人好き^^ ちなみに上記価格は米国での設定価格です。 2: オプションのカーボンセラミックブレーキで即座に止まる• 718ケイマンGT4も、718スパイダーも標準装備なのはスチール製ブレーキローターと、大型アルミモノブロックキャリパーのセット。 オプションでポルシェのカーボンセラミックブレーキ PCCB が選択できる。 1: ポルシェ911のエンジンがベース• 2020 ポルシェ911のエンジンと同じ ただしターボチャージャーはついていないNA。 420馬力、自然吸気の4リッター水平対向6気筒ボクサーエンジン、6速マニュアルトランスミッション。 レブリミットは8,000rpm。 ポルシェ718ケイマンGT4と、ポルシェ718スパイダー詳細スペック一覧 かなり本当にシンプルな5つのポイント紹介でした^^ …って、シンプルすぎでしょ、これ! これだと新しい718ケイマンGT4と、718スパイダーのことがわかったような、わからないようなで、消化不良になっちゃいそうなので、記事の最後に書かれていた詳細情報に加え、他の出典 本サイト下部にリンク掲載 からの情報含め、以下にまとめました。 結局私は、とことんまで色々知らないと気がすまなくなる傾向にあるので、ついつい色々と見てしまいました^^ では、詳細情報を書いておきたいと思います。 順不同な感じで、ごめんなさい~。 より良いものを作りあげる為に、718のオープンとクーペの両方ともポルシェのGT部門が引き継いで製造した。 718ケイマンGT4はポルシェGTモデルのエントリーレベルに位置し、718スパイダーはコーナリングを楽しむために特化したモデルであり、ポルシェ550スパイダー、718 RS60スパイダーといったポルシェロードスターの系譜を引き継ぐ。 718ケイマンGT4と718スパイダーは、完璧にバランスされたミッドシップカー。 718ケイマンGT4と718スパイダーは、初めてテクニカルベースを共有する。 718スパイダーは初めて718ケイマンGT4が誇るハイパフォーマンスGTシャシーの恩恵を受けている。 両車に搭載されるエンジンに関してポルシェは「新型ポルシェ911の3リッター水平対向6気筒ターボチャージャーエンジンが強化されたバージョンである」と言っている。 4リッター水平対向6気筒NAエンジンである、ポルシェ911 GT3から得た知識を利用した可能性は低い。 両車とも0-100kmが4. 新欧州サイクルでの燃費は10. 6速マニュアルトランスミッションのみ PDKなし!。 クイックシフトとするため、ギアレバーが0. 39インチ 約1㎝ 短くなっている。 手動でオン・オフの切り替えをすることが可能な「オートブリッピング機能」がついている。 718スパイダーが今回の最高速度を達成する為に、ポルシェいわく『ボクスターとして初となる』リアアクスルで『本当の』空力学的なダウンフォースを生み出す、機能的なリアディフューザーを搭載した。 大型フロントリップスポイラーと、前輪に沿って流れる空気を整える通称「エアカーテン」が空力のバランスを保つ。 718スパイダーには、時速120kmで自動的に上がるリアスポイラーを搭載。 タイヤは、ミシュランと共に新しく開発した「ウルトラハイパフォーマンスタイヤ ultra-high-performance tyres 」である「Sport Cup 2」を採用。 20インチホイールは標準で、幅は前輪が245、後輪が295。 ポルシェ911 GT3からは、フロントアクスルとブレーキを採用。 スチール製ブレーキローターのサイズは前輪・後輪ともに同じで、直径約15インチ 約38センチ。 両車の総重量を減らすことに加え、以下が標準装備。 新しいスプリングとストラット• Racing-derived axles• 新しいボールジョイント• 両車ともに、ポルシェ・アダプティブ・シリンダーコントロール Porsche adaptive Cylinder Control 技術が採用されていることにより、部分的な負荷が掛かる状態で片側バンクのシリンダーが休止し、燃費を低減する 一時的に2つのシリンダーのうち、1つのインジェクションプロセス 燃料噴射 を止めることが出来る設計になっている。 それぞれが独立した燃料噴射を行う、ピエゾインジェクションが初めてDFI高回転型エンジンに搭載。 燃料噴射が5段階に分けられたことで燃焼プロセスが向上。 2つのレゾナンスバルブを備えた可変吸気システムにより、シリンダー内のガス交換が最適化されている。 Camber、Toe、Ride height、アンチロールバーのセッティングは手動で調整することが出来る。 両車の為に、ポルシェは新しいスポーツエグゾーストシステムを開発したので、より良いサウンドになっている。 内装は、ステアリング・シフトレバー、シートの中央にアルカンターラを採用。 エアコン、PCM ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント は標準装備。 他のポルシェモデルたちと同様、ポルシェのGT部門は、718ケイマンGT4も718スパイダーも、両車とも「サーキットでも一般道でも利用可能ということを保証している。 Porsche 718 Cayman GT4の動画 ツイッターでシェアされている方がいて、ついつい見てしまったこちらの「ポルシェ 718ケイマンGT4」の動画。 いや~見なければ良かった!!!…だって、カッコ良すぎる!!!! こんなの見たら、欲しくなってしまいそう^^ 音も凄く良さげだし、もう、なにこれ~超カッコイイ~!って、音大きくして見てしまいました。 29日土曜日にPCで詳細資料をじっくり読んで来ました 981から足回りやエンジンマウントや排気やら色々と細かい所が進化してました だけど大幅に見栄えが変わらないから食欲がそそらない車です それなのに衝撃的な運命?で申込みにサインしてしまいました。

次の

【ポルシェ新型718スパイダー最新情報】ハイパフォーマンス日本発売!スペックや燃費、価格、発売日は?

ポルシェ 718 スパイダー

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治) もくじ ー ー ー ー ー ー ー 車重はケイマンGT4と同じ1420kg 先日、ポルシェ718ケイマンGT4についてお伝えしたが、今回はポルシェ718ボクスター・スパイダーだ。 一方はサーキット走行を心から楽しめるスター選手であるのに対し、他方は一般道を味わうためのクルマという設定となる。 だが、メカニカル的には非常に近いスポーツカーでもある。 これまでの2代に渡っては、ヴァイサッハのポルシェGT部門がエンジニアリングを担当したスパイダーはラインナップされてこなかった。 それだけでも今回のスパイダーのエキサイティングな事実だ。 10万ポンド(1360万円)を切る価格を付けた、スタイルと実態とが伴ったエキゾチックなクルマでもある。 20万ポンド(2720万円)の価格を下げ、911 GT3がベースとなった911スピードスターのJrというわけではない。 ケイマンGT4とボクスター・スパイダーの車重は同じ1420kg。 先代のスパイダーは1315kgだったから、スパイダーとしてはかなり重量が増えたことにはなる。 だが、基本的なボディパネルやサスペンションのチューニング、調整可能なトー各やキャンバー角、アンチロールバーの硬さまでケイマンGT4と同一だという。 どちらのクルマもフロントは、GT3譲りのダブルウイッシュボーン式サスペンションとダンパーを装備。 カーボンセラミック・ブレーキはオプション。 試乗車にはかなり大きい鉄製のブレーキディスクが付いていた。 ホイールは新デザインの20インチで、タイヤは従来以上に優れたウェット性能を発揮する、新しいトレッドパターンのミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2となる。

次の