いじめ て くん。 いじめてくん

日本の学校から「いじめ」が絶対なくならないシンプルな理由(内藤 朝雄)

いじめ て くん

学校、職場、ママ友グループ……女が集まるとなぜか生まれてしまうもの。 そう、それは「いじめ」です。 いじめのターゲットになりそうなとき、あるいはなってしまったときには、どう行動するのが正しいのでしょうか? いじめに詳しい脳科学者の中野信子さんに教えて頂きました。 さらにいじめている最中はドーパミンが分泌し、脳が快感を覚えている状態です」と、中野さん。 いじめをしている最中、人は本能レベルで快感を覚えます。 これを理性で止めようとしても難しいところ。 だからもしターゲットになってしまったら、やめさせることではなく「自分に向いた注意をそらし、回避する」ことに専念した方が良いのです。 とくに女性同士のいじめは巧妙化しがち。 真正面から攻撃されない分、反撃もしにくい傾向があります。 危ない気配を感じたら、次のような行動をとりましょう。 「意味がない」と思わせる 「一番いいのは、気づかないこと」と中野さん。 「誰かに嫌味を言われてもあまり気にならない人、いますよね。 周囲に同情されても、本人は『え、何が?』ときょとんとしているような人。 もしあなたがそのタイプであれば、そのままでいることが一番です!」 いじめる側の脳が求めているのは、攻撃中に分泌されるドーパミン。 思うような反応が得られなければ自然とクールダウンし、ターゲットから外れます。 「意外と怖い人」になる そうは言っても、「受け流せないからこの記事を読んでるんだよ〜!」という人もいるはず。 気になってしまうタイプの場合は、無理にスルーするよりも「自分を守る鎧」を作り上げましょう。 「鎧とは、 ちょっと強い言葉で言い返す、相手の痛いところを見抜いてそこを突く、といったスキルのこと。 身近な人でも小説のキャラクターでも、言い返すのが上手な人を観察してフレーズを研究するのがお勧めです」 小さなダメージでもOK。 相手の脳に「この相手は反撃してくる」というイメージを植え付ければ、いじめやすい対象ではなくなります。 「直接言い返せなければ、 『外堀を埋める』『強力なバックを味方につける』方法もアリ。 職場なら、相手よりも立場が上の人(できれば人事権を持つ人)に相談します。 このときのコツは、感情論ではなく論理的な相談をすること。 別の刺激を提示する いじめ以外の刺激をさりげなく提示してあげる、というのも一手です。 「ドーパミンに支配された脳は、次々新しい刺激を求めます。 『もっと面白いものがあるよ』と提示することで、いじめを回避できるケースも」 お局様に「これ今ハマってて。 お勧めです!」と、お局様がハマりそうなイケメンアーティストのCDを貸し出す、とか。 11月といえばまさに今ですが、いったいなぜ!? 「子どもの場合は学校行事との絡みが大きいのですが、大人の場合は 日照時間の変化が原因。 心身を安定させるセロトニンは、日光を浴びることで生成されます。 日照時間が大きく変化するこの時期は、体内でセロトニンの量が不安定になって、誰もがイライラしたり、憂うつになったりしやすいんです」 イライラの原因を無意識に探して、「あの人が目障りなせいだ」「あいつが人の輪を乱すのが悪い」と、他人に敵意が向きやすいんですね。 毎日を過ごす職場で、いじめを予防するコツはありますか? 「ズバリ、 女性らしさと若さを前面に出さないことです。 というのも、いじめや嫉妬の対象になるのは『自分に似ている人』や『手が届きそうな対象』だから。 可愛くて若くて、ちやほやされる後輩がいる。 私だって同じ女性で、少し前までちやほやされてた。 羨ましい、妬ましい……そんな些細な火種から、いじめの炎は燃え上がります。 ファッションや髪型をシンプルにしたり、低めの声でゆっくり喋ったり、無理のない範囲で工夫してみて」 いじめへの対処法・予防法は、中野さんの著書『ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書)』にも詳しく書かれています。 次回は、ネット炎上などで自分がうっかり「いじめる側に回りそうなとき」、心を落ち着かせるコツについて伺います。

次の

響いじめとは (ヒビキイジメとは) [単語記事]

いじめ て くん

岡本 豊さん(「いじめから友達を守る会」元代表) みなさんは、「いじめ」と聞いてどのようなことを想像するでしょうか? 集団リンチ。 みんなから、空気のように扱われる。 陰口を言いふらされる。 どれも深刻ないじめだと思います。 こういったことは、人が3人以上集まればどこでも起こります。 幼稚園や保育園・小中高校・大学・就職しても引退しても。 一生涯つきまとってくる問題です。 何故、人はいじめを行うのでしょうか。 昔、とある先生との会話の中で 「やられた側に問題がある場合もあるのではないか」という言葉がでました。 先生曰く 「クラスの協調性を損なうなど、本人が問題を抱えているケースがある。 それを正すための手段として、『いじめ』はしょうが無いこともある」 というのです。 私はその先生に向かって激昂してしまいました。 「先生。 その理論は『悪いことをしている人がいたら殺した方がいい』という理屈です。 」 そう言ったのは、ある理由がありました。 小学校以来の親友がいました。 私は、小学校1年生の時に、2学期に転入してきた初めての転校生。 しかも、外国から転入してきたという物珍しさ満点の転校生でした。 クラスのみんなからの好奇の目。 なかなか馴染めずにいたときに 「豊くんもみんなと一緒だよ」と仲間に入れてくれたのが後の親友 前島優作くんでした。 アイディアマンで人気者の優作くんは、2年生のときに 僕のあだ名を考えてくれました。 「ゆたか」くんは「たんじゅん」だから「ゆたじゅん」 〜「ゆたちゅん」てあだ名にしよう。 小学校6年間、途中でクラス替えもありましたが ずっと同じクラスでした。 中学に入るとクラスが初めて分かれ、 部活も別々になってしまいました。 なかなか登下校の時間も合わず、会話する機会も減ってしまいました。 中学1年の3学期。 始業式の朝に、彼のクラスに用事があって訪ねました。 なんの気なしに優作くんの姿を探しましたが、居ません。 風邪でもひいたのかな、と軽く思っただけでした。 本当のことを知ったのは、始業式のとき。 校長先生の口から教えられました。 「1年1組の前島優作くんが 昨夜自宅で自殺をしました。 」 頭が真っ白になりました。 何かの冗談かと思いました。 「先生たちが、イジメ問題の教育のために嘘をついているのか」とすら思いました。 今思えばめちゃくちゃな理論です。 それくらい現実を受け入れられなかったんです。 教室に戻ると、みんなと一緒にいることができず トイレにこもりました。 最初に芽生えた思いは、彼への怒りでした。 「なんで、親友だと思ってたのに相談してくれなかったんだよ。 」 彼の遺書が見つかりました。 「あの4人にいじめられていた。 ぼくは死ぬ ぼうりょくではないけど ぼうりょくよりも ひさんだった かなしかった。 ぼくはすべて聞いていた。 」 私は彼が「いじめられていた」ことすら気づいていなかったんです。 考えると、色々なことを思い出しました。 10月頃、登校中にたまたま一緒になったときに 「最近よく眠れない」と言ったことがありました。 最後に話したのは、2学期の終業式の日。 帰り道、ひとりで歩いていた優作くんと一緒に帰りました。 なんとなく長く話したくて、回り道をして帰りました。 その時、彼が質問したのは 「自殺するとしたら、どんな方法がいいと思う?」ということでした。 彼がそこまで思いつめていて、 遠まわしに匂わせていたのに、私は何も気づいていなかったのです。 彼への怒りの思いは、後悔の念に変わりました。 それから、いじめ問題をなくすための活動を始めました。 中学3年のときは、放送委員会として「いじめを考える放送劇」を始めました。 高校2年の時は、いじめを無くすための中高生の活動「いじめから友だちを守る会」を始めました。 大学1年の時、小学校での授業をさせてもらうように頼み、何校かで授業を行ないました。 その後、県の人権講師派遣事業に登録され、県の講師として授業を行っています。 たくさんの人の相談をうけてきました。 だから、冒頭の先生の言葉に怒ったんです。 「先生!どのような理由があろうとも、いじめていい理由はありません!」 日本には、「出る杭は打たれる」という言葉があります。 他の人と違うことをする人は、攻撃されることがある。 だから目立つことは控えよう。 という意味で使われることがあります。 私はこの言葉が大っきらいです。 個人の個人らしさを尊重しないで、何が「基本的な人権の尊重」でしょうか? 「いじめ」は「いじめよう」としてされるものより、 無意識にされることがほとんどだと思います。 同じことをしても、傷つく人と傷つかない人がいます。 小学校のとき、悪ガキだった私に 先生は「自分だったらどう思う?」と問いました。 これは、無意味な質問でした。 「僕だったら平気だもん」 人はひとりひとり違うので、人によって嫌な言葉や 嫌な態度は違います。 自分がいたずらだと思ってやることが 相手にとっては、大きな傷になってしまうことがあるのです。 さすがに初対面の人に対して 深い理解をすることは無理でしょう。 でも、せめて普段から身の回りにいる人のことは 知りたいと思います。 この人は、何をしたら喜び、何をしたら悲しむのだろう。 100%理解することはできないけれど、 今より少しでも多く、その人の事を知ることはできます。 一生かけて練習し、上手になりたいと思います。 そして、その人が傷ついている時は何も言わず抱きしめてあげたい。 それが私なりの「基本的な人権の尊重」です。 みなさんはどう思いましたか? 【岡本 豊(おかもとゆたか)さんのプロフィール】 1999年に「いじめから友達を守る会」を発足。 全国の中高生によるいじめ対策活動を行う。 2006年の就職に伴い、活動は休止。 2003年より長野県教育委員会に人権講師として登録し、県内の小中高校で講演活動を続ける。 2010年7月現在 26歳。 福岡県在住。 自営業プログラマとして生計を立てている。

次の

いじめられっ子たちが上村君を殺すまで【川崎中1殺人事件の真相】(石井 光太)

いじめ て くん

大河内清輝くんの自殺 愛知県の中学2年生だった 大河内清輝くん 当時13歳 は、 1994年11月27日に、遺書を 残して自ら命を絶ちました。 主に4人の同級生から、 日常的に受けていた暴行は エスカレートし、ひどい時は 川で何度も溺れさせられた ほどでした。 自転車を盗まされて警察沙汰にも なりましたが、いじめの加害者 たちに強要されてのこと だったとは、言いませんでした。 また、何十回もお金を持って くるよう強要され、自分の 小遣いが底をつくと、親や祖母の 財布からお金を抜き、そうして 最終的には110万円以上の 金品を強奪されています。 しかし、 清輝くんは そのことをだれにも相談 できないまま、 「これ以上お金の工面が できない」と 追い詰められて自宅の 裏庭で自殺したのです。 机には遺書が残されて いました。 それには主犯格の同級生たちの 名前と、壮絶な被害の様子、 最後には家族への感謝と 謝罪の言葉がつづられて いました。 スポンサードリンク 加害者、関係者の言葉 加害者たち1 万単位のお金を日常的に 恐喝し、 清輝くんが もうお金がないというと、 「強盗してでも金を持って こい」と脅し、同級生の家に 盗みに入らせたりしました。 学校1 担任は、「 大河内清輝くんが 問題の多い子たちと一緒に いるので、強い意志で断ればよい」 と言いました。 また、女子に対して悪口を 言っていた際は、「もし命令 されてやったなら言って ほしい」と言いましたが、 清輝くんは何も 答えませんでした。 養護教諭は、 「視線が定まらなかったり、 体のゆれがとまらなかった ことがあった」と報告し、 清輝くんに対し、 心理テストの実施を勧めました。 そのテスト結果に懸念を 抱いた教諭は、教師に 相談してカウンセリングを 受けるよう勧めます。 親戚 叔母が学校を訪れ、 「カウンセリングは 受けさせない。 家庭で話し合う」 と返答しました。 スポンサードリンク 父・祥晴さん1 大河内家では、お金の額が 合わないことがたびたび 起こり、祥晴さんは 清輝くんを 問い詰めました。 清輝くんは「知らない」と 言いつつも、一度だけ 「自分で使った」と言いました。 祥晴さんは、 清輝くんが 夜ひんぱんに出歩くように なったことに気づきますが、 半面では「清輝の話 が分からない」と 言っていました。 自転車の窃盗で、いじめ グループのメンバーが 警察に保護され、 清輝くんと 祥晴さんも 出頭しました。 その時、 清輝くんが 「自転車は同級生に盗むよう 言われてそうした」と 告白しました。 清輝くんの自殺の前月、 祥晴さんは 清輝くんに 学校を休ませて、家族で オーストラリアに旅行しました。 問題行動の続いていた 清輝くんに心を開いて もらうのが目的でしたが、 清輝くんは楽しそうに していた反面、 グループへのみやげを 買うのに必死だった のでした。 スポンサードリンク 祖母の財布からお金が 消えたことを問い詰めると、 清輝くんは 「ゲームで使った」と 答えました。 祥晴さんは正座して涙を流す 清輝くんを平手打ちし、 さらに蹴りました。 そして「人の金を取るのは 犯罪だ。 施設に行け」と 叱りました。 清輝くんは 「施設に行ってもいい」 と答えました。 後日、清輝くんが命令 されて盗まされた自転車の 持ち主に、父子で謝罪に 行きました。 そのあと、 清輝くんは 「勉強しに行く」と 言って家を出ます。 しかし、いじめグループの メンバーと出くわして しまい、また金を要求され、 「もうない」と答えた 清輝くんは再度恐喝されます。 清輝くんは自宅に戻り ました。 夜、戻らない 清輝くんを 家族が探したところ、 裏庭の木で首をつっている 清輝くんが 発見されました。 スポンサードリンク 学校2 清輝くんの自殺の翌日、 学校は教育委員会に対し、 「突然死」と報告しました。 校長は全校集会で 生徒たちに向かい、 「軽はずみに人に話さない ように」と伝えました。 報道陣に対しても、 「いじめの事実は出て こない」と返答しました。 加害者たち2 清輝くんの自殺を知った いじめグループのメンバーは 「黙っていれば分からない」 と口裏を合わせました。 しかし、遺書により真相が 明らかになると、 彼らはいじめの理由を 「面白かったから」 「楽しかったから」 と答えました。 恐喝でお金を奪っていた ことについては、 「お金をとっているうちに 感覚がまひして ためらいが消えた」と 話しました。 同級生の親たち 清輝くんの自殺のあと、 大河内家に対し、 「騒いだことで地域に 泥を塗った」 「受験で不利になった」 「東部中の推薦枠が心配」 などと非難しました。 また匿名の電話をかけて きた男性は、 「いつまで学校に文句を 言っているんだ」 と大河内さんを脅しました。 スポンサードリンク 父・祥晴さん2 家からお金が無くなって いることに、 祥晴さんは もちろん気づいていました。 しかし、「子どもが、 同じ子どもを恐喝して お金を巻き上げるという 発想がなかった」 といいます。 「子どもの社会でどんな ことが起きているのか ということにあまりにも 無関心でした」。 父・祥晴さんの行動 清輝くんが亡くなった ことを、 祥晴さんは「なぜ」と 問い続けています。 清輝くんに対し、 「大丈夫か?」 「何かあったら言えよ」 と声をかけてきました。 しかし、 祥晴さんは仕事に 追われ、話をする時間は 少なかったのです。 そして、遺書を見るまで、 凄惨ないじめに遭っていた ことにはまったく気づか なかったと述懐しています。 祥晴さんは、加害者たちを 自宅に呼び、 「自分たちが何をやったか」を 全部話してほしいと、 また、全部を書いてほしいと 告げました。 加害者たちに罪悪感が なかったと 確信したからです。 罪悪感がなければ、 また同じことをする。 自分たちがやったことが どれだけいけないこと だったか、 自覚を促すためにも、 手紙を毎週持って こさせました。 しかし、 清輝くんが自死を 選んだことには、 「何もできなくても、 一緒にいてくれるだけで 良かった」 「なぜ『ありがとう』と 言い残しながら 死んだのか」 悔しい、悲しいという気持ちを 残したことを叱ってやりたいと いいます。 祥晴さんは、 清輝くんの死後に 発見された遺書を、あえて公開し、 自殺の実態を世に訴えました。 そして、全国のいじめに 苦しむ子どもたちに住所を公表。 手紙や来訪を受けて子どもたちの SOSを受け止めてきました。 清輝くんが亡くなった翌年から、 祥晴さんは講演活動をして きました。 会社を休んででも講壇に立ち、 子を失くした親として気持ちを 語り続けました。 しかし、講演はいつからか、 いじめに苦しむ全国の 子どもたちを受け止めて きた体験の話へと変わった そうです。 スポンサードリンク 13年後、兄も自殺 悲劇はさらに大河内家を 襲いました。 清輝くんの兄もまた、 自死によって命を絶った のです。 このことに関しては、 ネット上の情報に 確定的なことは見つから なかったのですが、 一部では双極性障害だった ということも言われて います。 弟さんが壮絶ないじめの 果てに自殺し、その遺書を 見つけたのがお兄さんでした。 お兄さんもまた10代の 子どもだったのに、 そのような過酷な運命に 翻弄されたのです。 双極性障害という情報が 本当だとしても、 誰もそれを弱いなどと 責めることは できないはずです。 お兄さんもまた、 いじめの苦しみの 被害者の一人だったのかも しれないと思いました。 スポンサードリンク まとめ 人間の中で、実はいちばん 残酷なのは子どもだと いいます。 子どもは罪悪感を持たない からです。 罪悪感は、被害を受けた人が それをどう思うかという 共感がなければ生まれません。 この共感という能力は、 実は教育やしつけという 「後づけ」で人間に備わる ものであることを、 この社会は事実として 認識すべきだと 強く思いました。 お父さんの言うとおり、 加害者には罪悪感が全く なかった。 これが事実だと思います。 そして、なくならない いじめの問題に接する たびに、私は 「いじめ」と いう言葉の欺瞞を感じます。 大人の世界では、暴行、 恐喝、窃盗、そして殺人 と呼ばれることが、 なぜか子どもに対しては 「いじめ」という やわらかい言葉で覆われて しまう。 だから余計にことの本質が 見えないのです。 だから、学校には刑法の 手が入らない無法地帯なのです。 そんなところに自分たちの 子どもを通わせていることに、 世の大人たちは気づくべきです。 未成年には教育と更生が 重要であることは もちろんですが、それ以前に 自分たちがしたことが、 そうした犯罪であったことを 十全に理解させることが 必要だと思うのです。 それらを「いじめ」と 言っているうちは、 いじめはなくならない でしょう。 学校を聖域とせず、 犯罪を看過しない 社会になってほしいと 心から思います。 以上、 大河内清輝くんと そのお父さん・ 祥晴さんのことを 考えてみました。 いじめ探偵阿部泰尚が無料調査 ユースガーディアン 『NHKスペシャル』の記事は こちらです。

次の