カブドットコム証券 評判。 カブドットコム証券の評判は実際どう?みんなの口コミでわかったメリット・デメリット

カブドットコム証券の評判は実際どう?みんなの口コミでわかったメリット・デメリット

カブドットコム証券 評判

コロナショックを契機として投資や資産運用を検討する方が増える中、証券会社の口座開設数も大きく増えています。 その内の1社、「」は業界最低水準の手数料体系と強固な財務基盤が強みで、取り扱う金融商品も豊富なため、実力派の証券会社として個人投資家から支持されています。 そこでこの記事では、auカブコム証券のメリット・デメリットや評判について詳しくご紹介します。 投資をするのが初めての方、運用手数料の負担を軽くしたいという方は、参考にしてみてください。 1-1. 1-2. 1-3.• 2-1. 2-2. 2-3. 2-4. 2-5.• 3-1. 3-2. 3-3.• 1 auカブコム証券とは auカブコム証券は、2019年12月1日にカブドットコム証券から社名を変更した企業です。 国内ネット証券会社の中でも古参の部類で、独自性のある商品やサービスの開発に定評があります。 以下、具体的にどのような特徴を持った企業なのかをご紹介します。 1-1 財務基盤がしっかりしている auカブコム証券は、金融大手の三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社で、ネット専業の証券会社として独自の地位を築いています。 グループの持つ信頼性や顧客基盤に加えて、ネット証券の黎明期から築き上げてきた独自のノウハウを併せ持っているのが大きな特徴です。 また、株主として国内3大通信企業のauが資本参加しており、auとの連携を活かしたサービスも提供しています。 このように、財務上の数字や過去の実績、ノウハウなどは業界でも高く評価されており、ネット証券企業の中では最高の格付け(2020年4月10日時点)を得ています。 1-2 システムを完全に内製化している auカブコム証券は社内に優秀なエンジニアを抱え、自社システムの開発や修正などにスピーディーかつユニークに対応できることが企業の強みになっています。 また、技術力のあるスタッフがシステムの運用を行っているため、システムの障害やサイバー攻撃などにも強いのが特徴です。 auカブコム証券では、「顧客投資成績重視の経営」を経営理念に掲げており、その経営理念を形にするための必要な技術力を併せ持っています。 「逆指値」などの自動売買のシステムや、多くの取引ツールの開発を行っており、顧客からも高い評価を得ています。 1-3 リスク対策に強い auカブコム証券では、自社製システムによる「リスク管理追求型サービス」を提供することで、顧客の投資成績の向上を支援しています。 システムの障害などで顧客に不利益が生じた場合、一定の条件のもとで不利益分を返還するなど、リスク対策にも強みがあります。 2 auカブコム証券のメリット 他社と比較した場合のauカブコム証券のメリットや特徴について見ていきましょう。 2-1 手数料が安い auカブコム証券は、ネット証券会社の中でも最低水準の手数料体系が強みです。 現物の1約定ごとの取引手数料は、10万円以下なら税込みで99円、20万円以下なら115円、50万円以下なら275円となります。 さらに、auカブコム証券は独自の手数料割引も充実しています。 2-2 金融商品や銘柄の種類も豊富 auカブコム証券は取引可能な商品のラインナップが充実しており、投資スタイルに合わせて自由に商品を選ぶことができます。 商品の種類は、現物株や信用株、IPO(新規株式公開)、ETF(上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)、プチ株、投資信託、FX、先物・オプション、債券、外貨建てMMFなど多岐にわたり、各商品の中でも扱える銘柄も豊富です。 取引できる商品の種類が多いと、特に初心者は混乱することもありますが、各商品に関する説明や解説などは丁寧なので、新しい投資商品にもチャレンジしやすくなっています。 2-3 プチ株なら1株から購入可能 auカブコム証券では単元未満株式であるプチ株というサービスを提供しています。 株式投資では、通常、100株を1単元とした取引単位で売買する必要があるので、ある程度のまとまった資金が必要になります。 一方、auカブコム証券のプチ株では1株から売買できるので、少額資金でも上場企業の株式を取得することができます。 2-4 取引用ツール・スマホアプリが使いやすい auカブコム証券が自社開発している取引ツールやスマホアプリも人気です。 情報収集から取引までひとつで可能な「kabuステーション」、商品ごとに提供されるナビゲーターやシミュレーター、市場の状況をわかりやすく視覚化してくれる「~ボードフラッシュ」など、豊富に提供されています。 2-5 サポート体制も充実 auカブコム証券が初心者におすすめされる理由のひとつに、質の高いサポート体制があります。 各種の情報提供やWebサイトの使いやすさなども評価されていますが、手続きのわかりやすさや、24時間体制のメールサポート、オンラインサポートやメールサポートなども好評です。 また、サポートセンターの対応は証券外務員の資格を持ったスタッフが行うため、専門的な知識が必要な相談内容でもしっかり対応してくれます。 サポートセンターの受付は午前8時からと早めの時間帯から対応しているので、仕事が忙しい方でも出社前に相談することが可能です。 3 auカブコム証券のデメリット auカブコム証券にもデメリットがあります。 よく理解した上で、どのような使い方が良いのかを考えましょう。 3-1 100万円以上になると手数料は割高 auカブコム証券の取引手数料は安いのが強みですが、100万円を超える取引になると、他サービスよりも割高になる場合もあります。 割引を含まない手数料は、100万円を超える場合1,089円となり、最安クラスのネット証券会社と比較しても倍近い金額になります。 また、1日の取引回数が多い方向けの手数料定額サービスなどもないため、頻繁に取引を繰り返して利益を得るデイトレードのような使い方には向いていないのも特徴です。 3-2 外国株の取り扱いがない 日本経済の成長鈍化が見られる中で、世界的な経済成長の恩恵を受けられる外国株は人気が高まっています。 しかし、auカブコム証券では外国株の取り扱いがないため、外国株への投資を考えている方は慎重に検討しましょう。 4 auカブコム証券の評判・クチコミ auカブコム証券を利用しているユーザーから寄せられた意見や感想は以下の通りです。 サービスのご利用にあたっては、ご自分でも情報収集をされた上で最終的にご判断ください。 auカブコム証券に対する評判は、手数料などのように数字で表せる情報だけでなく、「使いやすい」「見やすい」「サポートが丁寧」などの感想が寄せられているのも特徴です。 「少額から始められる」「サポートが手厚い」「使いやすい」といった声も多いので、初心者の方におすすめできるサービスと言えます。 また、auカブコム証券では顧客の投資成績の向上のために、ツール開発や低リスクのサービス開発、サポート体制の充実などを積極的に行っており、そういった企業努力が高評価に繋がっています。 このほか、auカブコム証券ではIPOを取り扱っているので、IPO投資をしたい方にも向いています。 IPO取引実績は2019年24社、2018年23社、2017年14社と、ネット証券大手のやに次ぐ規模です。 IPO投資では抽選に当たることが難しいため、複数口座の開設を検討している方は、auカブコム証券を候補の一つに加えてみるのも良いでしょう。 5 auカブコム証券の始め方 auカブコム証券の口座開設は、Webサイト上の口座開設ページ、または口座開設アプリから行うことができ、手続きは5分ほどで完了します。 口座開設に関して手数料などは発生しませんが、以下のものが必要になります。 メールアドレス(フリーアドレスでも可)• 出金用の金融機関口座番号(本人名義)• マイナンバー・本人確認書類(マイナンバーカード、免許証、パスポートなど) まず、上記のページやアプリにアクセスし、必要な情報を入力して申し込みを行います。 この申し込みの際に、個人情報やメールアドレスが必要です。 必要な情報を入力した後は、マイナンバー・本人確認書類を送付します。 送付の方法には、メール、アップロード、FAX、郵送といった方法が利用可能です。 写真付きのマイナンバーカードが望ましいのですが、その他(マイナンバー通知カードなど)の場合、マイナンバーを示す書類に加え、写真付きの本人確認書類(免許証やパスポートなど)が必要です。 申し込みと本人確認書類の提出が終わると、証券会社側での審査が行われ、口座番号やログインパスワード、取引用のパスワードが記載された「口座開設手続き完了の案内」が郵送されてきます。 なお、「口座開設手続き完了の案内」の郵送までは数日かかることもあります。 上記書類が届いたら、Webサイトやアプリからログインし、マイページに必要な情報を追加して口座に入金します。 入金が済めば、取引ページからいつでも取引が可能です。 まとめ auカブコム証券は、さまざまな割引サービスによる安価な手数料体系や、使いやすい取引ツールやアプリ、手厚いサポートで人気のネット証券会社です。 使いやすさや対応の良さから、初心者でも投資を行いやすいサービスとして親しまれています。 特に、各種の手数料割引が適用される場合、コスト負担はさらに軽くなるので、有力な選択肢となるでしょう。 この記事などを参考に投資を行う際は、サービスの特徴やメリット・デメリットをよく把握した上で、ご自身の投資方針や運用スタイルに合う証券会社を選んでみて下さい。

次の

auカブコム証券の評判〜使ってみた感想とネット上の評判を検証/i

カブドットコム証券 評判

通貨ペアが12種類と少ない• 注文方法が6種類と少ない• の許容幅を設定できない• FXに関するセミナーがない• を保有したままスワップポイントを引き出せない 「シストレFX」で自動売買ができる カブドットコム証券のシステムトレード「シストレFX」は、専門的なプログラミング知識こそ必要ありませんが、 売買シグナルを発生させるためテクニカル指標を複数組み合わせて自分でストラテジーを作成する必要があります。 そのため、 FX始めたてでまだチャート分析経験の浅い初心者には敷居の高いシステムです。 その代わり、トレードツール「シストレFXナビゲーター」は、22種類のテクニカルと豊富な描画ツールを搭載しているので分析機能には不自由しません。 自分でチャート分析ができる知識と経験を持った中上級者向きであり、FX初心者がいきなりシストレFXを始めた場合は、痛い目を見る可能性がとても高いものだといえますね。 信頼性が高い安心の三菱UFJフィナンシャル・グループ カブドットコム証券はGMOクリックHDの株主なので、「店頭FX」は子会社ののシステムを利用、カバー先にしています。 また、顧客資産はカブドットコム証券の資産とは区別され、三菱UFJ信託銀行に全額されます。 口コミと評判 カブドットコム証券の良い評判 カブドットコム証券のシストレFXナビゲーター 自動売買の窓口が初心者にも開いた感じ。 こんな便利なものがあったとは! サポートも優しく教えてくれるし~ 数日ハマってます(笑) パフォーマンスレポート見ながらニヤニヤしとります 便利情報を知らないって事は、罪ですな・・・ — FXにゃん FxHirokiloox FX始めた頃、相場の先輩が何個も証券会社に口座持ってて、無駄じゃね?って思ったけど、気付けば自分も海外国内合わせて7つも口座持ってる。 カブドットコムと外為どっとコムとSBI、iFOREX、XM、Land-FxにTitan。 使ってる人見たことないけど、カブドットコムのシストレ用のチャートは超オススメよ。 — 出来川 dekigawa 給料振込口座とカブドットコム証券が同一グループで、資金移動が簡単なことがこの証券会社を選んだひとつの理由です。 それに加えて、株式投資もしますので、例えばベンチマークに連動したETFの購入が無料になるサービスを実施している点にも魅力を感じました。 結論から言いますと、FX専業業者ではないため、例えばAUD/USDなどのドルストレートの通貨ペアのレートは下4ケタまでしか表示されません。 なので、思うようなレートで約定しないこともしばしあります。 よって、FXをメインに取引する場合には向いていなので、株式投資がメインで副次的にFX取引するスタイルに向いている証券会社とも言えます。 株式をメインとしている証券会社であるため、情報の量や質をはじめ、専業業者と比較するとどうしても見劣りしてしまいます。 カブドットコム証券は、いわゆる普通のFXである「店頭FX口座」とは別に「シストレFX口座」が用意されているのですが、これはシステムトレード専用口座という訳ではなく、本格的な裁量トレードの延長でシステムトレードもできるという特徴を持った口座です。 また、システムトレードでは珍しく原則固定に設定されています。 インヴァスト証券の「シストレ24口座」でも裁量トレード(マニュアル注文)はできますが、普通のFXである「FX24口座」よりはスプレッドが広めに設定されており変動制です。 カブドットコム証券「シストレFX」 スプレッドコスト50円(原則固定)• インヴァスト証券「シストレ24」 スプレッドコスト400円〜500円(変動制、投資助言報酬10円含む) ストラテジーの自由度は高いが、システムトレードとしては制限も多い ストラテジーは、好きなテクニカル指標を組み合わせて自分で作成しますが「難しすぎず簡単すぎない」ことが特徴です。 パラメーターの変更、事前のバックテスト、複数のストラテジーの同時稼働も可能です。 しかし、 リアルタイムの相場を利用したテストはできず、おすすめのストラテジーランキングなどもないため、運用前にストラテジーの実力や相性を測る手段に欠けるといえるでしょう。 また、テクニカル指標の組み合わせといってもある程度限られた枠組みの中で行うことになるので、複雑なストラテジーは作成することができず上級者には物足りない内容となるでしょう。 そして、ストラテジー稼働中はパソコンの電源をOFFにできません。 スタンバイモード、スリープモード、休止モードになっても停止します。 トレードツール「シストレFXナビゲーター」はMac非対応 トレードツールは、ブラウザ型とダウンロード型の2種類です。 ブラウザ型はMacに対応しているのですが、裁量トレードしかできません。 システムトレードができるのは、Windowsのみ対応のダウンロード型「シストレFXナビゲーター」だけです。 こちらは22種類のテクニカル指標と、ここでは紹介しきれないほど充実した描画ツールを搭載しており、非常に高機能です。 株式・投資信託を証拠金として使える 「シストレFX」は、現金以外にも現物株式・投資信託(一般型)を証拠金にできます。 このようなサービスが利用できるのも総合証券会社のメリットであり、元々カブドットコム証券で取引していた人が、分散投資の一つとしてFXを利用しやすくしています。 1,000通貨からのミニ取引も可能なので、少額からお試し運用するにも最適です。 カブドットコム証券の詳細評価 スプレッドとスワップポイントは標準的 カブドットコム証券は、取引できる通貨ペアが12種類と少ないです。 スプレッドは業界最狭とまではいきませんが狭い方で、スワップポイントも比較的高金利を提供できる通貨ペアに絞っています。 最低限のFX取引ができれば良いという印象です。 問題は、 「最小取引単位は10,000通貨から」、「注文方法が6種類と少ない」、「ストリーミング注文ができずスリッページ許容幅の設定ができない」、「ポジションを保有したままスワップポイントを引き出せない」といった制限があります。 8 -0. 60 0. 0 -0. 47 0. チャートとスマホアプリは見やすく使いやすい 取引ツールは、とほぼ同様の仕様です。 高機能ダウンロード型タイプの「店頭FXナビゲーター」はWindowsのみの対応。 ブラウザ型の「店頭FXWEB画面」であればMacも利用可能です。 スマホアプリは、iPhone・Androidに対応しています。 注文方法は 成行、指値、逆指値、IFD、OCO、一括決済の6種類が利用可能です。 ちなみに、スマホアプリメインでFXをする人は「」の記事でおすすめを紹介しているので参考にしてみてください。 ネット回線を使ったオンラインサポートサービスも利用でき、本部スタッフと顧客が同じパソコン画面を見ながら操作方法の案内を受けることができます。 マーケット情報も充実しています。 株式や投資全般に関する会場・オンラインセミナーは頻繁に開催されていますが、FXに関しては初心者やスキルアップを対象としたセミナーがありません。 FX取引を集中的に学習するには不十分な環境です。 そのため、投資商品全般が取引できる総合口座の開設を目的としており、FXは分散投資の一つと考えているのであれば、カブドットコム証券も無しではないでしょう。 カブドットコム証券をおすすめする人• 75万口座突破の実績!• スプレッドは業界最狭水準!• FX業界初の「LINEサポート」対応 『』はFX口座数が 75万口座を突破という実績を誇っており、初心者から上級者まで非常に多くのFXトレーダーから支持されている人気のFX会社です。 人気の理由は、その総合力の高さ! DMM FXは初心者の方が取引する上で重要な 「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」4つの要素全てが高水準。 特に取引コストであるスプレッドは業界最狭水準かつ安定しているため、 国内FX業者の中でもトップクラスに安いコストで取引ができます。 さらに、DMMFXはサポートが充実しているのも初心者におすすめできるポイント。 FX業界では初となる LINEサポートにも対応していて、わからないことがあればLINEを使って気軽に質問することができます。 キャッシュバックやポイント還元など、取引をすればするほどお得なシステムも用意されており、 一番はじめに開設するFX口座として、最もおすすめなFX会社です!• FX取引高8年連続国内No. 初心者にも使いやすい取引ツール• 取引ツールの充実度には定評があり、初心者でも使いやすいと評判のツールから、豊富なテクニカル指標が利用できるツールに高性能スマホアプリなど、取引や分析を快適に行うためのツールが盛りだくさん。 さらに全20通貨ペアの スプレッドは業界最狭水準、スワップポイントも高金利と口座スペックもかなりの高水準です! 総合的に高いスペックで、 本格的な取引を行いたい方、テクニカル分析に力を入れたい方におすすめのFX会社です。 業界最小の1通貨(約5円)から取引可能• 業界最狭のスプレッド0. 09銭• メジャー通貨のスワップポイントが高い 『』は、国内FX会社の中で最小となる 「1通貨」単位からの超少額取引に対応しているFX会社です! 1通貨=約4円あれば実際のFX取引が始められるので、「少額からFXをはじめてみたい」「実際のFXを体験してみたい」という初心者の方にぴったりです。 スペックも申し分ない高水準で、1~1000通貨の少額トレードでは業界最狭の スプレッド0. 09銭(米ドル円)が提供されており、少額かつコストも抑えてトレードをすることができます。 さらに、SBI FXトレードでは 口座開設してログインするだけで必ず500円が入金される特典があるため、自分のお金を使わなくても、 ほぼノーリスクで実際のFX取引をはじめることができます。 カブドットコム証券「店頭FX」のスペック 取引基本ルール.

次の

カブドットコム証券の評判は?特徴からメリット・デメリット、口座開設の流れまで解説

カブドットコム証券 評判

通貨ペアが12種類と少ない• 注文方法が6種類と少ない• の許容幅を設定できない• FXに関するセミナーがない• を保有したままスワップポイントを引き出せない 「シストレFX」で自動売買ができる カブドットコム証券のシステムトレード「シストレFX」は、専門的なプログラミング知識こそ必要ありませんが、 売買シグナルを発生させるためテクニカル指標を複数組み合わせて自分でストラテジーを作成する必要があります。 そのため、 FX始めたてでまだチャート分析経験の浅い初心者には敷居の高いシステムです。 その代わり、トレードツール「シストレFXナビゲーター」は、22種類のテクニカルと豊富な描画ツールを搭載しているので分析機能には不自由しません。 自分でチャート分析ができる知識と経験を持った中上級者向きであり、FX初心者がいきなりシストレFXを始めた場合は、痛い目を見る可能性がとても高いものだといえますね。 信頼性が高い安心の三菱UFJフィナンシャル・グループ カブドットコム証券はGMOクリックHDの株主なので、「店頭FX」は子会社ののシステムを利用、カバー先にしています。 また、顧客資産はカブドットコム証券の資産とは区別され、三菱UFJ信託銀行に全額されます。 口コミと評判 カブドットコム証券の良い評判 カブドットコム証券のシストレFXナビゲーター 自動売買の窓口が初心者にも開いた感じ。 こんな便利なものがあったとは! サポートも優しく教えてくれるし~ 数日ハマってます(笑) パフォーマンスレポート見ながらニヤニヤしとります 便利情報を知らないって事は、罪ですな・・・ — FXにゃん FxHirokiloox FX始めた頃、相場の先輩が何個も証券会社に口座持ってて、無駄じゃね?って思ったけど、気付けば自分も海外国内合わせて7つも口座持ってる。 カブドットコムと外為どっとコムとSBI、iFOREX、XM、Land-FxにTitan。 使ってる人見たことないけど、カブドットコムのシストレ用のチャートは超オススメよ。 — 出来川 dekigawa 給料振込口座とカブドットコム証券が同一グループで、資金移動が簡単なことがこの証券会社を選んだひとつの理由です。 それに加えて、株式投資もしますので、例えばベンチマークに連動したETFの購入が無料になるサービスを実施している点にも魅力を感じました。 結論から言いますと、FX専業業者ではないため、例えばAUD/USDなどのドルストレートの通貨ペアのレートは下4ケタまでしか表示されません。 なので、思うようなレートで約定しないこともしばしあります。 よって、FXをメインに取引する場合には向いていなので、株式投資がメインで副次的にFX取引するスタイルに向いている証券会社とも言えます。 株式をメインとしている証券会社であるため、情報の量や質をはじめ、専業業者と比較するとどうしても見劣りしてしまいます。 カブドットコム証券は、いわゆる普通のFXである「店頭FX口座」とは別に「シストレFX口座」が用意されているのですが、これはシステムトレード専用口座という訳ではなく、本格的な裁量トレードの延長でシステムトレードもできるという特徴を持った口座です。 また、システムトレードでは珍しく原則固定に設定されています。 インヴァスト証券の「シストレ24口座」でも裁量トレード(マニュアル注文)はできますが、普通のFXである「FX24口座」よりはスプレッドが広めに設定されており変動制です。 カブドットコム証券「シストレFX」 スプレッドコスト50円(原則固定)• インヴァスト証券「シストレ24」 スプレッドコスト400円〜500円(変動制、投資助言報酬10円含む) ストラテジーの自由度は高いが、システムトレードとしては制限も多い ストラテジーは、好きなテクニカル指標を組み合わせて自分で作成しますが「難しすぎず簡単すぎない」ことが特徴です。 パラメーターの変更、事前のバックテスト、複数のストラテジーの同時稼働も可能です。 しかし、 リアルタイムの相場を利用したテストはできず、おすすめのストラテジーランキングなどもないため、運用前にストラテジーの実力や相性を測る手段に欠けるといえるでしょう。 また、テクニカル指標の組み合わせといってもある程度限られた枠組みの中で行うことになるので、複雑なストラテジーは作成することができず上級者には物足りない内容となるでしょう。 そして、ストラテジー稼働中はパソコンの電源をOFFにできません。 スタンバイモード、スリープモード、休止モードになっても停止します。 トレードツール「シストレFXナビゲーター」はMac非対応 トレードツールは、ブラウザ型とダウンロード型の2種類です。 ブラウザ型はMacに対応しているのですが、裁量トレードしかできません。 システムトレードができるのは、Windowsのみ対応のダウンロード型「シストレFXナビゲーター」だけです。 こちらは22種類のテクニカル指標と、ここでは紹介しきれないほど充実した描画ツールを搭載しており、非常に高機能です。 株式・投資信託を証拠金として使える 「シストレFX」は、現金以外にも現物株式・投資信託(一般型)を証拠金にできます。 このようなサービスが利用できるのも総合証券会社のメリットであり、元々カブドットコム証券で取引していた人が、分散投資の一つとしてFXを利用しやすくしています。 1,000通貨からのミニ取引も可能なので、少額からお試し運用するにも最適です。 カブドットコム証券の詳細評価 スプレッドとスワップポイントは標準的 カブドットコム証券は、取引できる通貨ペアが12種類と少ないです。 スプレッドは業界最狭とまではいきませんが狭い方で、スワップポイントも比較的高金利を提供できる通貨ペアに絞っています。 最低限のFX取引ができれば良いという印象です。 問題は、 「最小取引単位は10,000通貨から」、「注文方法が6種類と少ない」、「ストリーミング注文ができずスリッページ許容幅の設定ができない」、「ポジションを保有したままスワップポイントを引き出せない」といった制限があります。 8 -0. 60 0. 0 -0. 47 0. チャートとスマホアプリは見やすく使いやすい 取引ツールは、とほぼ同様の仕様です。 高機能ダウンロード型タイプの「店頭FXナビゲーター」はWindowsのみの対応。 ブラウザ型の「店頭FXWEB画面」であればMacも利用可能です。 スマホアプリは、iPhone・Androidに対応しています。 注文方法は 成行、指値、逆指値、IFD、OCO、一括決済の6種類が利用可能です。 ちなみに、スマホアプリメインでFXをする人は「」の記事でおすすめを紹介しているので参考にしてみてください。 ネット回線を使ったオンラインサポートサービスも利用でき、本部スタッフと顧客が同じパソコン画面を見ながら操作方法の案内を受けることができます。 マーケット情報も充実しています。 株式や投資全般に関する会場・オンラインセミナーは頻繁に開催されていますが、FXに関しては初心者やスキルアップを対象としたセミナーがありません。 FX取引を集中的に学習するには不十分な環境です。 そのため、投資商品全般が取引できる総合口座の開設を目的としており、FXは分散投資の一つと考えているのであれば、カブドットコム証券も無しではないでしょう。 カブドットコム証券をおすすめする人• 75万口座突破の実績!• スプレッドは業界最狭水準!• FX業界初の「LINEサポート」対応 『』はFX口座数が 75万口座を突破という実績を誇っており、初心者から上級者まで非常に多くのFXトレーダーから支持されている人気のFX会社です。 人気の理由は、その総合力の高さ! DMM FXは初心者の方が取引する上で重要な 「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」4つの要素全てが高水準。 特に取引コストであるスプレッドは業界最狭水準かつ安定しているため、 国内FX業者の中でもトップクラスに安いコストで取引ができます。 さらに、DMMFXはサポートが充実しているのも初心者におすすめできるポイント。 FX業界では初となる LINEサポートにも対応していて、わからないことがあればLINEを使って気軽に質問することができます。 キャッシュバックやポイント還元など、取引をすればするほどお得なシステムも用意されており、 一番はじめに開設するFX口座として、最もおすすめなFX会社です!• FX取引高8年連続国内No. 初心者にも使いやすい取引ツール• 取引ツールの充実度には定評があり、初心者でも使いやすいと評判のツールから、豊富なテクニカル指標が利用できるツールに高性能スマホアプリなど、取引や分析を快適に行うためのツールが盛りだくさん。 さらに全20通貨ペアの スプレッドは業界最狭水準、スワップポイントも高金利と口座スペックもかなりの高水準です! 総合的に高いスペックで、 本格的な取引を行いたい方、テクニカル分析に力を入れたい方におすすめのFX会社です。 業界最小の1通貨(約5円)から取引可能• 業界最狭のスプレッド0. 09銭• メジャー通貨のスワップポイントが高い 『』は、国内FX会社の中で最小となる 「1通貨」単位からの超少額取引に対応しているFX会社です! 1通貨=約4円あれば実際のFX取引が始められるので、「少額からFXをはじめてみたい」「実際のFXを体験してみたい」という初心者の方にぴったりです。 スペックも申し分ない高水準で、1~1000通貨の少額トレードでは業界最狭の スプレッド0. 09銭(米ドル円)が提供されており、少額かつコストも抑えてトレードをすることができます。 さらに、SBI FXトレードでは 口座開設してログインするだけで必ず500円が入金される特典があるため、自分のお金を使わなくても、 ほぼノーリスクで実際のFX取引をはじめることができます。 カブドットコム証券「店頭FX」のスペック 取引基本ルール.

次の