織田信成。 フィギュア織田信成はホントに信長の子孫?信長の血筋を徹底調査

織田信成は織田信長の子孫じゃない!?家系図から浮上した疑問点!

織田信成

元フィギュアスケート選手で、現在はプロスケーター・スポーツ解説者・TVタレント・指導者・コーチなどで大活躍中の織田信成さんと、 の関連性について、念入りに時間を掛けて調べてみました結果をまとめます。 織田信成さんは から数えて17代目の末裔、旗本高家・織田信高の系統 もしくは の子孫 にあたると自称なさっております。 もちろん、本人が調べたと言う訳では無く、祖父母やご家族・ご親戚からの話も含めて総合的に判断した上でのお話かと存じます。 私自身を含めまして、ご先祖様の事は分からない事が多いですので、その信憑性を問いただすと言う訳ではなく、実際には織田信長からどの系統に当たるのかな?と興味を抱き、大変失礼ながら調べさせて頂きました。 下記の内容は織田信成さんなどのご主張からの検証内容ですので、下記が必ず正しいと言う事ではありません。 間違っている可能性もありますし、正しいかも知れませんが、当方はそれを判断する立場ではないことをご理解のうえ、ご参照賜りますと幸いです。 目次 Contents• 織田信高とは まず、戦国武将・織田信長の7男が、織田信高 おだのぶたか となります。 この織田信高は1576年生まれで、母親は高畑源十郎の娘・お鍋の方 興雲院 とされますが、異説もあります。 お鍋の方は最初、六角義賢 六角承禎 の家臣である近江の高野城主・小倉実房に嫁いだようで、この間に小倉甚五郎・小倉松寿をもうけたようですが、小倉実房は織田家に協力したため、六角義賢 六角承禎 に攻められて討死しました。 その後、お鍋の方は織田信長の側室となり、織田信長との間に織田信高、織田信吉、於振 水野忠胤・佐治一成の正室 をもうけ、既にいた子の小倉甚五郎・小倉松寿兄弟も織田家に仕えたとされます。 1582年に による で、織田信長・ が横死すると、織田信高は、 の家臣・氏家行広 その後、 に臣従しているため、正確な時期は不明 に預けられて養育を受けたようです。 この氏家行広は1583年に、美濃国三塚で1万5000石の大名となっていますので、この頃の事だと推測します。 その後、織田信高は1585年に兄・ が羽柴姓を与えられた際に、仲介によって豊臣秀吉に出仕しました。 官位は従五位下・左衛門佐。 ちなみに、 も、左衛門佐 さえもんのすけ ですので、官位は同じと言って良いでしょう。 しかし、真田幸村は1594年に官位を与えられていますので、織田信高の方が官位は先輩と言えます。 織田信高の正室は の娘・光秀院です。 1591年には、黄母衣衆として近江・神崎郡山上内に1060石となっています。 この黄母衣衆 きほろしゅう と言うのは豊臣秀吉の側で常に警護する親衛隊のようなもので、腕がたつ武者が抜擢されましたので、織田信高も武芸に秀でた人物だったのかも知れません。 その後、羽柴姓を許されて羽柴藤十郎と称し、 、朝鮮の役を経て1595年には粟野秀用の旧領1000石が加増されて合計2060石となりました。 1600年の では、 に協力して弟・織田信吉・織田信貞らとともに西軍に属したようで、所領を失ったと考えられます。 その後、1603年12月12日に死去。 28歳の若さでした。 墓は の大徳寺総見院。 一方、母・お鍋の方は の戦い後に化粧料を取り上げられました。 ただし、織田信長に寵愛された側室の1人として、 から50石の知行を与えられ、晩年は京都で過ごしました。 まぁ、50石ですので、最低限の生活ができる保護を受けたと言って良いでしょうか? 1612年6月25日に死去し、墓は同じく大徳寺総見院となります。 織田高重 織田信高の子・織田高重 おだたかしげ は、1602年生まれで、元服したと考えられる1616年1月に にて徳川家康に拝謁し、従五位下美作守となり、徳川家の旗本となりました。 正室は能勢頼次の娘。 徳川家康は大勢の拝謁者の中から、木瓜の家紋 織田家の家紋 をつけた者がいるのを見つけて話を聞き、織田信長の孫という説明を受けて官位を与えたと言う逸話があります。 こうして、織田高重は2000石として旗本寄合となり、1617年5月26日には、近江国愛知郡から神崎郡に領地替え。 そして、寛永12年 1635年 には の新造奉行を務めています。 その後、1661年3月24日に死去、享年60。 墓地は同じく大徳寺総見院と東海寺 にあります。 織田一之 織田高重の子・織田一之は1636年生まれで、1661年12月10日に家督相続が許されて、父と同じく旗本寄合となりました。 正室は織田信雄の5男・織田高長の5女でしたが、のち離婚しています。 織田一之 おだかずゆき は、1687年7月10日に隠居し、家督を嫡男・織田信門に家督を譲ると、1695年6月12日に死去。 享年60。 墓地は深川の要津寺です。 織田信門 1662年の生まれの織田信門 おだのぶかど は、父・織田一之が隠居した際に、弟・織田高元が500石となり、残りの近江神崎郡内1514石余りを相続していました。 その後、1688年11月25日に高家旗本に取り立てられ、信高流高家織田家として1689年1月11日に高家職に就任しました。 織田信門は従五位下侍従・美作守に叙任し、後に従四位上に昇進。 正室は上杉長貞の次女。 徳川幕府は、有名な の子孫を高家 こうけ として取り立てており、江戸幕府における儀式や典礼を任せており、また高家職は朝廷への使者として天皇に拝謁する機会もあったので、官位も高かったのですね。 以後、織田家は幕末まで旗本高家として仕えています。 例えば「忠臣蔵」( )で知られる吉良上野介 吉良義央 も、高家で4200石でした。 なお、織田信門は 跡にあるに、永楽銭が彫刻された織田信長愛用とされる譚を奉納しており、現在、重要文化財に指定されています。 1706年9月には高家肝煎となりました。 この高家肝煎とは、礼儀作法に精通した3家を称したものです。 1710年12月1日、安房朝夷郡500石の加増を受け、1716年6月1日に死去。 享年55。 なお、嫡男・織田信有は早くに亡くなったようで、旗本・能勢頼寛の3男を養子に迎えて、家督を継がせたようです。 織田信倉 第5代となる織田信倉 おだのぶくら、能勢頼寛の3男 は、1696年生まれで、3代前の織田高重の正室が能勢家の娘であった縁から、織田家の養子になったと考えられます。 正室は久世広隆の長女だとされますので、織田家の娘と結婚した訳ではなさそうです。 1716年10月20日に家督相続が許されて、1728年12月15日に高家職に就任して従五位下侍従・淡路守に叙任。 のち、従四位上左少将・能登守に昇進し2700石。 1739年4月22日には高家肝煎となり、1752年10月9日に死去しました。 享年57。 織田信直 さて、5代・織田信倉も嫡子に恵まれなかったようで、 の子孫である旗本・織田信義の次男・織田信直 1732年生まれ を養子に迎えて、1572年12月26日に家督が相続されました。 正室は蒔田広尊の長女。 1784年7月12日高家職、従五位下侍従・能登守に叙任され、1795年9月26日に死去。 享年64。 嫡男に織田信賢がいましたが、既に亡くなっていたのか、次男・織田長孺が家督を継ぎました。 織田長孺 織田長孺 おだながつぐ は1769年生まれで、1795年12月3日に家督相続が許されています。 正室は南部信依の娘。 しかし、高家職に就くことはなく、非役の高家、俗にいう「表高家衆」となったようです。 これは、高家も子孫が増え、数が多くなったので、徳川幕府は1780年に、高家は26家と制限していた関係がありそうです。 1835年12月10日隠居すると、次男・織田長裕に家督を譲り、以後、鷹巌と称しました。 1837年4月23日死去、享年69。 織田長裕 織田長裕 おだながひろ の生没年は不詳です。 1835年12月10日に家督を相続し、1840年7月20日、高家職となり、従五位下侍従・淡路守に叙任されました。 正室は毛利高標の娘。 継室は田村村資の次女・常子ですがのち離婚。 1854年10月9日、病気を理由に高家職を辞任し、高家末席となります。 1855年3月26日に隠居し、子の織田信真に家督を譲っています。 織田信真 第9代・織田信真 おだのぶざね は、1842年生まれ。 もう、江戸時代の末期 幕末 ですね。 2000石で家督を相続したものの高家職に就任することなく、表高家衆となりましたが、表高家内での席次は第1位です。 1863年1月7日には将軍・徳川家茂に拝謁しましたが、翌年には公武合体で和宮が降嫁すると言う激動の時代であり、1867年には が大政奉還しました。 明治新政府からは1868年7月9日に本領安堵を受け、のち10月14日、太政官より「旧旗下織田織之助本領安堵ノ儀」が大津県へ下達されています。 しかし、廃藩置県などに伴い、家禄を失うと「写真屋」として生計を立てたようで、明治5年 1872年 10月には、江戸の薬種問屋・杉浦六三郎(後の杉浦六右衛門)の肖像写真を撮影しています。 この杉浦六右衛門はコニカの創業者でして、写真を撮影した翌年には、フランス人技師を雇って写真器材の販売 コニカ を起業していますので、織田氏がそのキッカケを与えた可能性があります。 ちなみに、杉浦六三郎は別名を小西六右衛門と言い、小西六がコニカと言う名前に変貌しました。 さて、織田信真の没年は不詳で、その後、第10代から13代も不詳となります。 14代が織田重治さん 1917年生まれ 、15代が織田信義さん、そしてその次男が・織田信成さんとなる系図です。 ちなみに、織田信成さんの甥となる織田信義さんも、フィギュアの選手として将来有望視されています。 以上で見る限り、織田信真さんの明治維新までは織田信長より続いたご家系だと言う事が概ねハッキリと分かりました。 途中、養子を迎えておりますが、たいていの武家は養子を迎えて、家を存続させることを優先していますので、多分に漏れず、特に珍しい訳ではありません。 しかし、明治から昭和初期?まで、良く分からないと言う事は、もしかしたら、かなりご苦労があったのかも知れません。 そのためか、第10代~13代の間の期間が推定で約50年くらいと短く、その辺り疑ってしまう方もいる原因にもなっているのかと存じます。 信憑性に関しては、ご覧頂きました皆様のご判断にお任せする次第です。 ただし「織田」と言う姓名である以上、系図が違ったとしても、織田氏の一族である可能性は高いのではと、私は感じております。 以上、大変失礼ながら、織田信成さんがご主張なさっておられるご家系を調べてみたまとめでした。 閲覧、ありがとうございました。 織田信成氏がその子孫だというのならそこをぼやかしてはいけないのです。 織田信成氏のやり口を応用すれば大名家や公家の家系図を書き足せばその子孫を自称できることになりとんでもないことです。 仮に明治天皇の落胤を自称する人が皇室系図を持ち出してきても明治天皇までの系図に信憑性があるということと落胤であるということの信憑性とは一切関わりないでしょう。 更に一般論はここまでとして、仮に旗本織田家の子孫であれば自家に伝わる系図の他にも菩提寺や幕府に提出する系図などがあるはずであり、織田信成氏が系図がわからないなどと説明しているのは墓穴を掘っているようなものです。 そもそも織田氏は大名の家柄と旗本の家柄、それから津田等を名乗って分家した家柄など多数ありますが彼らにとって織田信長の子孫であることあるいは織田氏であることは判明することでもそれによって驚くことでもなく、単なる事実であり織田信成氏が織田信長の子孫であるとわざわざ騒ぎ立てている段階で一笑に付して終わらせるべきなのです。 余談ですが織田信成氏が先祖への報告と称して本能寺へ参拝していたのは笑いました。 先祖への報告は自家の菩提寺か、どうせ京都なら織田信長の菩提所である大徳寺の塔頭の総見院にでも行くべきだったのですが。 それができないのには理由があるのでしょうね。 カテゴリー• 126• 764• 112• 108• 128• 115• 113• 208• 162• 157 いつもご高覧賜りまして、深く御礼申し上げます。 各ページのリンク・紹介は自由で報告も不要です。 当サイトに掲載されている写真・画像、その他商品名・番組名などは、各社の商標・登録商標・著作物です。 記載内容は可能な限り事実に基づき、公平になるよう配慮致しておりますが、史料自体の問題などもあり、中には誤認もあるかと存じます。 ご指摘賜れば、再調査の上、必要に応じて修正・加筆など行いますので、誤字・脱字のご指摘と合わせて、コメント欄よりご一報賜りますと幸いです。 残念ながら当方の承諾を得ていない、記事の流用や成りすましサイト・動画などが見受けられ弁護士と対処を検討中です。 他サイトご利用の際にはご留意願います。

次の

織田信成“モラハラ提訴”「陰口や無視で賠償金を勝ち取れるのか?」判決を分ける4つの争点

織田信成

2020年4月22日、プロフィギュアスケーターの織田信成さんがブログを更新、そこで、結婚10周年を迎えたことを報告しました。 おめでとうございます! いつも泣き顔や変顔で視聴者を楽しませてくれるプロフィギュアスケーターの織田信成さん、実は家族を大事にされるパパでもあるってご存じですか? 彼には子供が何人いて、その子供たちの名前はキラキラネームなのでしょうか? そして彼の子供たちはどこの幼稚園に通っているのか、調べてみました。 織田さんといえば、自称織田信成の子孫として知られています。 またフィギュアスケート選手としては、2006年四大陸選手権での優勝や2010年バンクーバーオリンピックでの7位入賞とスケートでも功績を残されています。 引退後はコメンテーターやコーチとして、更にアイスショーでも活躍されていますよね。 そんな織田さんのプライベートな面、織田さんの子供の名前、そして彼らが通う幼稚園について調べてみました。 織田信成の子供は何人で名前はキラキラネーム? 織田信成さんは2019年10月23日に、レギュラー出演しているカンテレの「よ~いドン!」にて、第四子四人目が誕生したことを報告されました。 織田さんにとっては初めての女のお子さんのようです。 織田さんには他にも9歳、7歳、3歳の男のお子さんがいるようで、ちょうど3年ごとにお一人ずつ誕生しているようです。 それではお一人ずつ見ていきましょう。 織田信成の第一子 長男は信太郎くんで2010年10月15日生まれです。 現在、9歳です。 信太朗くんはフィギュアスケートをしており、お父さんである織田信成さんより指導を受けているようです。 実際のところ、織田さんは選手時代に様々な苦労を経験したため、自分の子供たちにスケートをさせるべきか迷ったそうです。 しかし、そんな織田さんが自身の息子はスケートの才能も華もあると太鼓判を押しています。 オリンピック出場経験のあるお父さんの背中を見ての練習風景。 何ともほほえましいです。 近い将来、大きな大会で信太朗くんの滑りを見られる日が来るでしょうか。 織田信成の第二子 次男は信之介くんで2013年1月5日生まれで、現在7歳です。 写真からみると、髪の毛がくりくりしていてかわいいですね。 信之介くんもフィギュアスケートをはじめたようです。 兄弟でママに作ってもらったスケート靴用のバックをもって、かわいくてほほえましいですね。 元オリンピック選手のお父さんがコーチとしてついてますしそのお父さんが自分より才能があると認めているので、もしかしたら将来兄弟で表彰台にのるなんてこともあるかもしれないですね。 織田信成の第三子 三男の名前は、「あきらくん」というようで、誕生日は2016年11月7日です。 漢字ではどのように書くのかは分かりませんでした。 お兄ちゃんやお父さんのように「信」の字は入ってないようですね。 もうすぐで3歳ですね。 織田信成さんの親友でもあり昔からの戦友でもある村上佳菜子さんと同じ誕生日であきらくん誕生の際には村上さんは自分のことのようによろこんでくれたようです。 あきらくんもお父さんやお兄ちゃん達のようにスケートを始めるのでしょうか? 織田さんは子供の日にあたり、手作りでこいのぼりケーキを作成されたそうです。 お子さんよりも織田さんの方が嬉しそう!? 織田信成の第四子 そして先日、2019年10月に第4子となる長女が生まれたようです。 現在の時点では、まだお名前も誕生日も公表されていないです。 去年2018年4月4日のカンテレの生番組「よ~いドン!」に出演した際に、織田さんは女の子の赤ちゃんとVTRでふれあい、「男3人なので、女の子を見るとまた欲しいなとおもっちゃいますね。 」と語っていました。 その、一年半後2019年10月23日に織田さんは同じ番組で第四子にあたる長女の誕生を報告しました。 兄弟間の年の差は3年ずつ! 男の子3人に次いでの女の子誕生といえば、サッカー選手のデイビッド ベッカム選手も同じですね。 ベッカム選手も息子3人に次いでできた一人娘のハーパーちゃんを溺愛しているようですが、きっと織田さんもベッカム選手のように一人娘の長女さんを大事に大事に育てていかれることでしょう。 2020年5月7日、織田さんは自身のブログを更新! そこには第四子、長女ちゃんのお写真が投稿されていました。 「寝返りもするの早かったり足の力も何か力強さを感じるので もしかしたらフィジカルでは兄達を上回っているかも…元気にすくすく育ってね」 キリンのソフィーちゃんがお気に入りなのでしょうか、すくすくと大きくなっているようですね。 3人のお兄さんたちに囲まれて、毎日賑やかで楽しそうですね。 織田信成は子供にどこの幼稚園に通わせている? 織田信成さんのお子さん方は皆「天王寺幼稚園」に通園していたようです。 この天王寺幼稚園は入園の際に面接とグループ遊びを含んだ検定試験があります。 そして、音楽やお遊戯、表現活動等の情操教育やネイティブスピーカー等の英語専門講師の指導による歌や遊びの中から自然と触れられる英会話の授業等がカリキュラムに組み入れられているようです。 表現力や語学力を幼稚園で養ってもらえるとは、世界で活躍するフィギュアスケート選手に育てるためには最高の環境ですね。 幼稚園を卒業後は小学校受験をしたとの情報がありますが、具体的な学校名は分かりませんでした。 そしておそらく下のお子さんたちも、こちらの幼稚園に通っている可能性が高いと思われます。 — なんたらかんたら fsnanchara 第4子女児の誕生を報告した さんに、祝福のメッセージが寄せられています — Twitter モーメント MomentsJapan 大会の公式パンフレットによると、(スケート以外で)これまでの人生で、嬉しかったことや感動したことは「子どもたちが生まれて、子どもたちとパンケーキ屋さんに行くこと」だそうです。 子供の才能を引き出すための秘訣とは? そして、パーティで子供を喜ばせるコツについて、聞いてきました。 織田さんには2010年10月に生まれた長男を筆頭に3年おきに4人の子供がいることがわかりました。 上のお子さん二人には織田家のシンボルである「信」の字がついていますが、三男の名前の漢字は分かりませんでした。 第四子である長女の名前も見つけることができませんでした。 しかし、キラキラネームではなく、少なくとも上のお子さん二人は織田家の伝統にのっとった名前の付け方のようです。 織田さんは大変な子煩悩であるようで、夜、子供たちと一緒にお風呂に入る時間を楽しみにしていたり、また子供たちとパンケーキ屋さんへ行くことが楽しみなようです。 第四子は女の子ということで上の男の子たち以上に溺愛されていくことでしょう。 子供たちの成長がとても楽しみです。 結婚10周年を迎えられたという事で、これからも末永くお幸せに。 今回は織田信成さんの子供は何人で名前はキラキラネームなのか、そして幼稚園はどこに通わせているのかをお届けしました。

次の

織田信成の家系図はほんとか嘘なのか完全調査!お気に入りのパンケーキのお店情報!

織田信成

失礼ながら、むしろ何故末裔と信じられるのでしょうか?信じられる理由とは何なのでしょうか? 彼の初期の信成側主張は9長裕-10信真-〇-〇-〇-〇-15重治-16信義 読み・シンギ -17信成としていました。 仰天では9代長裕以降の10代~13代4人を不明とし、中居正広氏の質疑で重治父親の13代は豊春と供述しました。 長裕には信真と鐡之丞という二子が存在し、信真が 信長から数えた場合 確実に存在した10代目と歴史上も確定しているのでそもそも存在が不明になる訳がなく、ましてその家系を名乗りながら消し去るなど普通常識的に絶対ありえなく、家系図の内容を意図的に変えるというのは何かしらの不都合から消したと疑われるのは当然でありますが彼が末裔だと信じる人はこの点についてどうお考えなのでしょうか? 長裕の子である織田信真は1842年に誕生し、信成の祖父重治は1917年誕生なので間は75年間しかありません。 1867年の大政奉還時点で26歳になる信真に子がいた記録は現時点で発見されていません。 織田一族であり、高家旗本として公にいた時期の信真に大政奉還以前に子がいたら記録が残るはずです。 仮に信真に15歳で子がいたと仮定しても重治誕生までに60年間で直系で4代4人、1867年以降27歳以降で子が出来たなら重治誕生まで48年以内で4代4人が必要。 年数的に大変厳しいですが、彼が末裔と信じる人はこの点はどうお考えなのでしょうか? その後の出演番組であろうことか信真の存在を消して長裕から重治まで4人の不明に変えてきた訳で、信真の父長裕も豊春も生没年不詳ですから75年間の疑問をうやむやにしようとし、存在が確定している信真を不自然に消したのではないかと疑われて当然ではないでしょうか? ちなみに過去別質問において他回答者の意見であった養子に出た信真の弟の鐡之丞の家系だろうという仮説については上記同様例え誕生年など不詳だろうが大政奉還以前の公にいた時代の織田一門の高家旗本家系が名前の記録すらないはずありませんし、他回答でよそから養子を入れたんだという何の根拠も論拠も示されない妄言がありましたが、それならもう血筋的に関係なくなってますし、信成側すら消している不明部分をよくも語れたものだと驚きです。 サンド伊達さんの大條伊達氏ですら伊達家庶流でも家系図に不明者なんて一切存在なく判明しているのに高家旗本織田家で家系図に不明者なんておかしな話です。 他にも以下の疑問を提言します。 ・家系が本物なら旗本の地位の織田家でありながら何故先祖の菩提寺や戸籍での証明が出来ないのか。 ・明智家紋の桔梗の花はタブーと言っているが茶道の流派にもなった織田有楽斎の末裔でしか聞かない話。 信長子孫家で聞いた事すらない。 ・歴史的に信真以降他にこの家系を語る人が確認されていなかったのを利用したのではないか。 ・家系図で不明な部分を親戚に迷惑がかかると言っていたが何故迷惑になるのか。 曾祖父の名前まで語って系図を示していて親戚に今更迷惑になる理由とは何なのか。 他に、信成の家が子孫を主張する根拠というのは作製の時代が新しい自分たちで作ったと証言した家系図としている帳面しかなく 一部では家系図作製業者の物だと指摘も 、菩提寺などの過去帳などでの信長の家系との証明は一切ありません。 また、よく清須 清洲 城名誉城主になった事があるのを引き合いに公的機関が子孫と認めている証拠などという発言もよく擁護派からありますが、清須市は何の裏取りもしていません。 要はショーンKの学歴詐称の時にテレビ局などが裏取せずプロフのまま信じたの同じ事 多数に分家しているとはいえ、知り得る範囲では織田家子孫の方々は書簡や道具など何かしらの子孫を証明する物を持っていらっしゃいますし、他の子孫家からも認められていますが、信成家はその自分らで作った家系図以外何もないことを自分で証言しております。 信高系旗本家系の正統な直系子孫を名乗るなら考えにくい事です。 また、2015年の週刊朝日において旧柏原藩織田家の現当主信孝氏が信成の家系に異議を唱え、過去にも何度か信成が子孫を語る事に疑問を投げかけておられます。 また、彼の主張は自称悪魔や自称姉妹とは違い本当の家系の子孫が存在するのだから意味合いが全く違うし、信長の子孫を語り名誉城主などの仕事や注目を得た経緯があるので本当の子孫でなければショーンKや政治家等の学歴詐称ほどではなくとも看過できない事案です。 以上から子孫主張を信じるより、信用できる客観的証拠が示されない限りは疑わしいという判断しかできません。

次の