ドライフルーツ 妊娠中。 果物の代わり?3時のおやつにドライフルーツを食べる4つの理由

妊娠中にドライフルーツがおすすめって本当?何を食べたらいいの?

ドライフルーツ 妊娠中

スポンサードリンク 食物繊維やビタミンが豊富なグラノーラは、美意識の高い女性や健康志向の方より人気が広がり、今では誰でも知っている人気のヘルシー食品となりました。 豊富な栄養素を手軽に取れて満腹感も得られるので、朝食だけでなく間食やおやつとしても人気です。 それでは、妊娠中にグラノーラ食べても良いのでしょうか。 栄養価の高いグラノーラならそれだけで栄養が付きそうですし、つわりのような食欲が落ちているときほど食べたくなるかもしれません。 そこで今回は、グラノーラの原料や栄養素と効果、添加物や糖質の注意点についてご紹介します。 妊娠中にグラノーラを食べてもいいの? グラノーラって何? グラノーラとミューズリーの違い• グラノーラの栄養素と効果• グラノーラの注意点 市販でも数多くの種類が販売されていますし、グラノーラ専門店もある程人気の食べ物です。 何が入っていて、どのように身体に良いのかご存知でしょうか。 妊娠中に食べても良いものなのか探っていきましょう! 妊娠中にグラノーラを食べてもいいの? 身体に良いし食べやすいからと普段から朝食やおやつにグラノーラを食べられている方も多いと思います。 妊娠中もグラノーラを食べても良いのでしょうか? もちろん妊娠中でもグラノーラを食べて頂くことは可能です。 しかしフルーツグラノーラに関してはドライフルーツが入っているだけでなく、甘いシロップで味付けをされている物がありますので食べすぎには注意が必要です。 フルーツグラノーラはチョコレートやケーキと比べると脂質は低いですが、糖質はやはり多め。 糖質を過剰に取ると体重増加になり妊娠糖尿病のリスクを高めてしまうので適量を取るよう心掛けて下さいね。 グラノーラって何? グラノーラは、オーツ麦や玄米の穀物にシロップやお砂糖、植物オイルで混ぜオーブンで焼き上げたコーンフレークの一種です。 ナッツ類やドライフルーツが入っているフルグラなるものも多くあります。 では、グラノーラにはどのような物が入っているのでしょうか。 主に玄米、大麦、小麦、オーツ麦です。 市販の物には「植物油」とだけしか記載が無いので何の植物油を使用しているかは不明。 グラノーラ専門店では、オリーブオイルやグレープシードオイル、キャノーラ油が使われています。 主にはちみつやメープルシロップが使われています。 グラノーラ専門店では、はちみつやメープルシロップ以外に、ブラウンシュガーやきび砂糖で白いお砂糖は使用されていないところがほとんどでした。 市販で販売されている物には、保存料や着色料、乳化剤、酸味料の多くの食品添加物が入っていますので食べすぎには注意が必要。 日本で販売されているグラノーラに含まれる食品添加物は、厚生労働省が安全性と有効性を認めた限られた物です。 しかし輸入品のグラノーラに含まれる添加物は日本の使用基準を超えているものもあります。 コストコなどで買えば業務用の量がリーズナブルで手に入りますが、妊娠中に食べるグラノーラはなるべく日本産の物を選ぶようにしましょう。 グラノーラとミューズリーの違い グラノーラとミューズリーは見た目や原料も同じなように見えますよね。 さて、この違いは何なのでしょうか。 グラノーラは、最後にオーブンで焼き上げているのでザクザクといった食感が特徴です。 ミューズリーは、非加熱でオイルも使用をしていませんので、素材のそのままの優しい味を楽しめるのが特徴です。 中には、甘味料も加えていないものもあります。 妊娠中にどうしてもグラノーラが食べたいけど、糖質が気になりますよね。 体重増加をお医者さんから注意されているのであれば、甘さやオイルを加えていないミューズリーもお勧めです。 グラノーラの栄養素と効果 グラノーラには妊娠中に積極的にとりたい栄養素が豊富に含まれています。 グラノーラに含まれる栄養素と効果についてご紹介します。 食物繊維 グラノーラに使用される大麦や玄米の穀物には多くの食物繊維が入っています。 又、食物繊維は、水に溶ける物と溶けない物の2種類に分かれていますが、穀物は水に溶けるタイプの物です。 ・血糖値の急な上昇を防ぐ ・整腸作用 ・余分な脂質を排出する 妊娠中は、便秘に悩む人も多くいらっしゃいます。 グラノーラには整腸作用の効果があるので便秘解消にお勧めの食品です。 また、グラノーラは糖質が多い分血糖値や脂質が気になるところ。 しかし、穀物の食物繊維の効果で血糖値の上昇を緩やかにしたり、余分な脂質を排出してくれるので安心して食べることができます。 ビタミンB群 大麦や玄米には妊娠時に必要なビタミンB群が多く含まれています。 ビタミンB群のひとつにお腹の赤ちゃんの健康に必須な葉酸が含まれます。 ・疲労回復 ・脳細胞の活性化 ・胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクの軽減 葉酸 ・貧血防止 葉酸 ・動脈硬化 葉酸 グラノーラを食べることで、葉酸も一緒に摂る事ができるのです。 しかし、1日に必要な摂取量には満たないのでサプリメントや他の食品で補う必要があります。 オーツ麦は大麦や玄米よりも多くのミネラルを含んでいます。 カルシウムや鉄分もミネラルのひとつです。 ・お腹の赤ちゃんの骨や歯の形成 ・身体の機能維持や調子を整える ・貧血防止 妊娠中に貧血気味の場合は転倒の危険があるだけでなく、出産時にも大きな影響が出ます。 妊娠中にビタミンAを過剰に摂取するとお腹の赤ちゃんに先天性異常を起こすリスクを高めると言われています。 ・抗酸化作用 ・免疫機能の向上 グラノーラの注意点 食品添加物の注意点 市販されているグラノーラには、「乳化剤」や「酸味料」の食品添加物が使われています。 日本の食品衛生基準は他国と比べてもとても厳しいです。 そして、グラノーラに含まれている食品添加物は厚生労働省が安全性を認めている物ですので安心。 とは言っても多く摂りすぎてしまうと身体には良くありませんので、ほどほどに食べるようにしましょう。 糖質の注意点 グラノーラはフルグラのようにドライフルーツや甘味料が含まれている糖質が多い食品です。 糖質を過剰に摂取すると体重増加や妊娠糖尿病のリスクを高めますので、お腹の赤ちゃんと母体の健康のためにも食べすぎには注意しましょう! 大豆の注意点 市販されているグラノーラの中には、大豆やきな粉が入っている物があります。 大豆の中には健康や美肌に効果のあるイソフラボンが含まれています。 身体に良いからと言って過剰に摂取すると大変危険。 イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをする為ホルモンバランスが崩れてしまい、お腹の赤ちゃんへのリスクを高めてしまいます。 妊娠中は、大豆やきな粉を含んだグラノーラは避けるようにしましょう。 しかし、今では糖質が大幅にカットされているものや、ドライフルーツの入っていないプレーンの物もあります。 また、グラノーラ専門店には、添加物や甘味料が入っていない天然の素材のみの身体に優しい物も販売されていることも。 糖質が気になる方やついつい食べ過ぎてしまう方はなるべく無添加の物を選ぶようにしましょう。 妊娠中にママが食べる物は、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす物もあります。 健康な赤ちゃんを産むためにも食べる物には注意するよう心がけましょう。

次の

妊婦がドライフルーツを食べると危険?【妊娠中の食事(果物)の注意点】

ドライフルーツ 妊娠中

この記事の目次• デーツは妊娠中や産後に必要な栄養がたっぷり デーツは、中近東諸国(イラン、エジプト、サウジアラビア、パキスタン、北アフリカなど)に生育するヤシ科の常緑高木 「ナツメヤシ」の実です。 主に、 ビタミン(葉酸など)・ミネラル(鉄分・カルシウム・カリウム・亜鉛)・食物繊維が豊富に含まれています。 ブドウ糖・果糖も豊富です。 妊娠中にデーツのビタミン(葉酸) ビタミン B群の仲間の 葉酸が豊富です。 葉酸は、水溶性ビタミン B12と協力して血液をつくる働きがあり、欠乏すると貧血になります。 葉酸は妊娠中に必要な栄養素なので、妊婦さんに特におすすめです。 貧血になりやすい妊娠中にデーツの鉄分 デーツには 鉄分も豊富です。 妊娠して胎盤が作られ、赤ちゃんが形成されていくには、多くの血液が必要になり、不足しがちになります。 鉄は赤血球の主な成分「ヘモグロビン」をつくり、血液を増やしてくれます。 ストレスが多い妊娠中にデーツのカルシウム デーツに含まれる カルシウムにはイライラを鎮めることもできます。 ストレスを感じたときには、カルシウムが消費されやすいのでカルシウムは必要です。 むくみやすい妊娠中にデーツのカリウム デーツに含まれる カリウムはむくみの解消を助けます。 むくみの元となる余分な水分を外に出してくれます。 便秘がちな妊娠中にデーツの食物繊維 デーツに含まれる食物繊維で、整腸作用を促し 便秘の解消を助けます。 デーツ 3粒を食べたときの食物繊維の摂取量は、バナナ 1本分に当たります。 妊娠初期のつわりにデーツのブドウ糖・果糖 ブドウ糖は即効性の高い エネルギー源です。 ブドウ糖だけがエネルギー源となる脳にとてもよいデーツです。 妊娠初期のつわりなどで、食事ができない時 に補給するとよく、食事代わりですと朝がおすすめです。 葉酸は妊娠中・産後になぜ必要? 妊娠中、産後は、水溶性ビタミン B群の葉酸が特に必要!と言われ、栄養補給の一つとして食べられているものにデーツがあります。 葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素です。 葉酸をしっかり摂ることで、神経管閉鎖障害という脳症・二分脊椎・髄膜瘤などの異常な発症リスクが減ると言われています。 葉酸を一番必要なときが過ぎていることが多いのです。 そこで、 妊活中から葉酸を摂ることをおすすめしています。 受精してから着床、そしてその後も細胞分裂が活発に行われます。 も胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすために、妊婦さんに葉酸を推奨しています。 4.妊娠可能な女性への注意事項 胎児の神経管閉鎖障害とは、受胎後およそ 28 日で閉鎖する神経管の形成異常であり、臨床的に は無脳症・二分脊椎・髄膜瘤などの異常を呈する。 その他に葉酸摂取によってリスク低減が期 待される胎児奇形として、口唇・口蓋裂 102,103)や先天性心疾患 104)があげられている。 したがって、 もっとも重要な神経管の形成期に、母体が十分な葉酸栄養状態であることが望ましい。 妊娠中 妊娠中期~出産までも、赤ちゃんの成長は著しく、日々大きくなっていきます。 葉酸は細胞を形成して身体の発育を助け、赤血球の生産を助けるので大切な栄養素のひとつです。 妊娠中は特に、 赤ちゃんの発育のために葉酸が不足しないようにしましょう。 産後 産後に赤ちゃんに飲ませたい母乳は、ママの血液から作られています。 産後も、血液を作る働きがある葉酸を摂ることで、ママの血液は増え質の良い母乳がでるようになります。 また、葉酸は産後のママの体力の回復や、ホルモンバランスを整えることにも役立ちます。 デーツとは? デーツの原産国 ヤシ科の常緑高木 「ナツメヤシ」の実で、イラン、エジプト、サウジアラビア、パキスタン、北アフリカなどの中近東諸国で生産し輸出しています。 メソポタミアや古代エジプトでは、紀元前 6000年代から栽培されていたと考えられています。 デーツを食べると イスラム教の聖典コーランには「 神の与えた食物」、旧約聖書には「 エデンの園の果実」と記載されています。 サウジアラビアでは、 妊娠中や出産後は、特にデーツを食べるようにする習慣がある• ラマダン(断食月)明けには 栄養補給としてデーツをジュースにして飲むことがある• 砂漠を移動するキャラバンでは、 デーツを保存食として、旅を続けていた デーツはどんな味? デーツの種類はいくつかあり、 色は薄い茶褐色から濃い茶褐色です。 干し柿のように、 しっとり・ねっとりの食感で、干し柿や黒糖のような 濃厚で上品な甘さです。 デーツを買ってきた! NHKの朝イチで放送した夕方、近くのスーパーのドライフルーツ売り場に行きました。 デーツの食べ方・アレンジ デーツの食べる量 デーツは食物繊維とミネラルに含まれるマグネシウムも豊富で 便秘の解消を助けます。 しかし、食べ過ぎると下痢になる可能性があります。 デーツは 1日3粒目安で、 5粒以上は食べないようにしましょう。 デーツのアレンジ 手軽にドライフルーツのまま食べられますが、 アレンジすることで栄養バランスがよくなることもあります。 デーツのサンド デーツの中央に切込みをいれ、 クリームチーズとチョコやナッツを挟む。 食べやすく、一度に 3つの味が楽しめます。 ヨーグルトに 食べやすい大きさに刻んで混ぜると、デーツの甘さが和らぎ食べやすくなります。 デーツ2個 スムージーに 刻んで他の野菜・フルーツなどと一緒に ミキサーにかける。 栄養バランスが良くなり、デーツの甘さがはちみつなどの代わりになります。 焼き菓子の生地に パンやケーキに刻んでいれます。 デーツの甘みとコクが焼き菓子をおいしくします。 料理の隠し味に ハンバーグカレーに刻んで加えると、デーツの甘みとコクでまろやかな料理になります。 まとめ デーツには、ビタミン・ミネラル・食物繊維、、などたくさんの栄養が含まれています。 なかでもビタミン B群の 葉酸は、特に妊活中から産後までママの栄養源の強い味方です。 栄養があり手軽に食べられるデーツを、 1日 3粒前後目安に食生活に取り入れてみましょう。 そのままおやつとして食べたり、トッピングしたり、刻んで混ぜたり、料理のアクセントにしたり、、色々楽しむこともできます。

次の

ドライフルーツおすすめ。無添加やオーガニックのものを厳選!

ドライフルーツ 妊娠中

妊娠してから初めて知ったという人も多いかと思いますが、葉酸は妊娠中に必要な栄養素で、妊娠中は通常の2倍の葉酸が必要だと言われています。 葉酸は、赤血球や細胞が新しく作られるのに必要な栄養素で、胎児の発育にはなくてはならないものです。 また、妊娠中だけでなく産後の授乳中も葉酸をとることにより産後の疲れた体をサポートし、良い母乳を作ってくれます。 また生の果物は水分が多く体を冷やしてしまいますが、ドライフルーツは水分を飛ばしていますし、成分も濃縮されていて、より効率的に葉酸をとることが出来ます。 妊娠初期のつわり中は、つわりが辛くてなかなか思うように食事がとれない場合もあると思いますが、食べられるものを見つけて少しでも葉酸をとるように心がけましょう。 ドライストロベリー いちごはビタミンCも豊富に含まれていて、フルーツの中ではトップクラスに葉酸の含有量が多いです。 また、いちご含まれているクエン酸は疲労回復、ペクチンは腸内環境を整えてくれる働きがあるので、妊婦さんに特におすすめのフルーツです。 ドライマンゴー マンゴーには葉酸以外にも、視力回復や疲れ目に効果のあるビタミンA、カルシウムと結合して骨を作るリン、お肌や髪の毛を美しく保つビタミンB6が含まれていて女性におすすめです。 ビタミンB6は、妊娠初期の辛いつわりをやわらげてくれる効果もあると言われています。 ドライラズベリー ラズベリーは葉酸とビタミンを含んでいます。 特に抗酸化作用のあるビタミンEとポリフェノールが豊富です。 ラズベリーに含まれているラズベリーケトンという成分には、カプサイシンの3倍もの脂肪分解効果もあります。 ドライプルーン プルーンは葉酸を含んでいるのはもちろん、解熱作用・疲労回復・整腸作用・貧血予防といったたくさんの効果があります。 妊娠中は血液が不足して貧血になりやすくなってしまう人が多いので、ドライプルーンを食べれば、葉酸を摂るのと同時に貧血を予防することも出来るのでおすすめです。 ドライキウイ 葉酸の量はそんなに多くありませんが、キウイはビタミンC・食物繊維・カリウムが多く含まれているので、妊娠中の風邪予防やむくみ解消にも効果的です。 特にビタミンCを多く含んでいるので、ストレスを感じた時や肌荒れが気になる時もおすすめです。 ちなみに甘みの強いゴールデンキウイのほうがより多くのビタミンCを含んでいるそうです。 ドライバナナ ドライバナナと言えばバナナチップスがよくスーパーでも売られています。 バナナには葉酸が含まれているのはもちろん、つわりの症状をやわらげてくれると言われているビタミンB6も含まれいます。 なので妊娠中でも特に、つわりの辛い妊娠初期に食べるのがおすすめです。 ただしバナナチップスは油であげて作られているとのがほとんどなので、食べすぎには注意が必要です。 ドライデーツ デーツは葉酸と鉄分を多く含んでいます。 イランでは妊娠中2~3個のデーツを食べれば丈夫な赤ちゃんが生まれるという言い伝えもあるほど、妊婦におすすめなドライフルーツです。 デーツは栄養満点で妊娠中の栄養補給にもピッタリです。 つわりであまり食事をとれない時などにも少量で栄養を補うことが出来るのでとてもおすすめです。

次の