悪役令嬢サリエル。 サリエルの命題(最新刊) |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

馬場翁/輝竜司「蜘蛛ですが、なにか?」小説 最新刊13巻 7月10日発売!

悪役令嬢サリエル

2020. あのやろうの親やサリーの鬼畜パパが無視できないほど噂がひろがれ広がれ。 さて屍の真っ白になったラウルと俺様が気になりますが おにーさまへの煽り運転maroもやります。 チャリで。 だって警察は気が向かなきゃ見て見ぬふりだもん。 おにーさまへの煽り運転しません。 これは。 次のお相手はおにーさま。 おにーさま。 おにーさま。 」 ラウルの部屋に取り敢えず ねえどんな気持ちの弾幕、ババーンとプレゼントしといたった。 オキナグサの花束、月桂樹の花、紫陽花、カルミアつけといてやれ。 一輪だけシネレいれといてやる。 ネタバレ含む 2020. 無いの?本当に? サリー騙されないでー あのやろうやってるから~ 空白の時間や朦朧としたとき あんなこともやってるって。 素敵だなあ。 あちらですよお。 ネタバレ含む 2020. そして久しぶりなノータリン伯爵令嬢。 ラウルの浮気 濡れ衣? を暴露したのはラウルざまぁだけど、それを公衆の面前で自分の口で言っちゃうリスクは考えたのかね? ちゃんとサリエルは忠告してるのに聞いてなかったんですかね。 例え噂になってたとしても公然と口に出した人間が公爵子息を侮辱した事になるんだけど。 評判の悪い伯爵家の娘が、公爵家2家を敵に回してただで済むと思ってんの? まあ、サリエルのクソカス親父が娘の為に動くとは思えないけど、公爵家同士の婚約にヒビ入れようとしてるんだからそれなりの処罰はあって然るべきと思いますが。 密かに、ではなく公に社会的抹殺されてもおかしくないね! ネタバレ含む 2020. ネタバレ含む.

次の

悪役令嬢サリエルの夢

悪役令嬢サリエル

王立学園に、その名も高き『乙女通信』 キャロライン、ザビーネ、ビアンカの3人は、今日も乙女のための乙女による情報紙発行に夢中だ。 今回嗅ぎつけたのは、伯爵令嬢と子爵家子息の婚約。 しかし、めでたいお話には裏がありそうで。 シャロン嬢の抗議にそ の人となりに惚れたキャロラインは、不義理な婚約者、なぜだかシャロンに絡んでくるフラット侯爵子息、ついでに王子と婚約者の公爵令嬢などの思惑が渦巻いている事に気がついた。 さあ!取材!ペンは剣より強いのです! 乙女の底力見せてくれよう。 この婚約待ったあ! 本格的にラブコメを異世界ベースで繰り広げたいと思います。 即断罪即ざまぁではない進行なので、サクッとスッキリしたい方は、拙作「断罪の時間です!」をオススメします。 それは人間社会の暗部において、密かに密かに語り継がれた名前。 その姿は悪魔のように美しく、天使のように酷薄である。 いつの世にも影の社会に存在し、予言で世界を動かす。 頂点を求める者達が常に追い求めその手中にと蠢く中、ひっそりとそして確 実に存在している女神とその組織。 女子大生の蜜葉は、とことん運に見放された中、この闇妃と出会ってしまう。 そこにはシビュラ=巫女候補の3人の少女が。 蜜葉は、東のシビュラとなるべく、3人と渡り合う事に。 イケメンと美女が書きたい!というだけのオカルトなのかSFなのか伝奇なのか、はたまたコメディなのかよく分からないものに手を染めてしまいました。 もしかしてざまあ?かも。 自身が直前までプレイしていた乙女ゲームの世界の悪役令嬢に転生していた。 そんなとんでもない記憶を学園入学前日に思い出してしまった彼女の前身は、ただのアラサーOL。 悪役令嬢たるカサンドラの婚約者は、何とゲーム内ラスボスとして立ちはだかる王子 である。 このままでは自分は断罪によって追放処分、王子にいたっては最後に主人公の聖剣によって倒されてしまう。 一風変わったゲーム内仕様のせいなのか。 主人公が三人同時に登場するという非常事態に、カサンドラは己の記憶を駆使して立ち回る決意を固める。 地球日本産の魂を持って転生を果たしたリリアンは、それは大層な貴腐人でした。 三度の飯よりBL大好き、活字万歳な隠れオタクだった彼女は、化学ではなく魔法が発達した世界に生まれ 変わり、言葉を覚えるまでに五年の月日を要しました。 そんな彼女は、大の乙女ゲーム嫌い。 召喚系のラノベも大嫌いな歴女です。 何で嫌いかと言えば、勝手に誘拐して他力本願で「世界をお救い下さい」とか言えちゃう馬鹿も、それに乗っかる主人公もヘドが出るほど嫌いなのです。 しかし、アースフェクトも例外ではなく聖女召喚という魔法がありました。 召喚された聖女のせいで、リリアンの生活は更に放棄したくなるほど嫌気がさすものになり、卒業式の日にバカ王子率いるヒロインマンセーな一味がやらかしてくれました。 ヒロイン曰く、リリアンは悪役令嬢だそうです。 この世界の悪役は魔物や魔王だろうに、宜しいその喧嘩買いましょう。 そんなバカ達を「人生終了pgr」をするお話。 十五歳になり成人を迎えた主人公アルスは最近おかしな夢を見る。 其れは自分ではない誰かが守って来た者達に裏切られ殺される夢。 其れは無慈悲で残酷な夢。 この夢を見始めてからアルスは自分の生活に違和感を感じ始めた。 そんなある時、とあるきっかけで 自分が何者かを思い出す。 夢で見たあの光景は、決して見たことのない光景では無かった。 あの場で殺されたのは、無関係な赤の他人では無かった。 何故ならあの場で殺されたのは自分自身だったから。 あれは唯の夢なんかでは無かった。 あれは自分の前世の記憶。 自分の全てを思い出したアルスは動き出す。 最愛との約束を果たす為に 「さぁ、決着《コンティニュー》と行こうか!」 自分の妄想をありったけぶち込んで行く予定です。 のんびり投稿していこうと思います。 よろしくお願いします。 ソフィア・サンチェスとして生まれ変わっていることを思い出したのは、ゲームの断罪イベントの時だった。 ソフィアはモブとして生まれ変わっていたのだが、辺境の令嬢でも、平民でもなかった。 攻略対象の1人でもある第二王子の身内という立場。 第二王子 婚約者との仲は良好で、第二王子に断罪されるはずだった婚約者を救った事で変化が起きる。 隣国同盟国の王子、ラファエル・ランドルフにダンスを申し込まれたソフィアの運命が今、動き出す。 乙女ゲームED直前から物語が動き出す攻略方法が不明のED後の世界。 R15設定は念のためにつけています。 更新速度は遅いと思いますが、よろしくお願いいたします。 皇帝の七男アシュレイは、竜の目と白い腕という異形に生まれついた不遇の青年だ。 厳しい兄は彼に剣術を仕込み、軍人として生き繋ぐことを勧めていたが、残念ながら彼の才能は剣よりスコップの扱いに偏っていた。 ところがそんなある日、発掘中のアシュレ イが邪竜ジラントを掘り当てる。 竜は彼と同じ、竜の目を持った少女に変わり、一冊の書を生み出した。 ジラントは言う。 これは課題を果たすたびに、持ち主を飛躍的に成長させる導きの書。 これから貴様を皇帝にしてやろう。 いつ暗殺されるかもわからない、誕生を祝福されることもなかった皇子は、悪の断罪を望む奇書を懐に、帝国にはびこる悪を屠る。 ただし剣ではなく、全てを穿つそのスコップで。 魔王による圧倒的な世界改革!』 聖国バシレイアは、復活した魔王の脅威に晒されていた。 恐怖におびえる人々が選んだ方法は、かつて魔王を封印した異世界勇者の召喚。 異世界魔王がこの世界の魔王を退け、国のあれこれに口出し手出しを行い、最終的に救世主になってしまう。 誤解されるチート系、俺様魔王のどたばた復国記。 敵を排除し、狩りをし、魔物を倒し、複数の女性を無自覚に侍らせる。 私は白い空間で、光の球体からそう言われてた。 『聖女として天寿を全うしてくれるだけで良いのです。 のんびり できますよ』 なんて、悪徳業者が言うようなセリフにうっかり騙されてこの世界に降り立ってしまいました。 ルーブルシア王国の悪役令嬢マーガレット・レヴァイン公爵令嬢として……。 降り立った日(前世を思い出した日)が断罪イベントの真っ最中なんて誰が思うでしょうか? しかも、大国アイストルスト王国の女王陛下に粗相をした聖女と言われているエミリーの身代わりに、国外追放にされてしまった。 もう、どうすれば良いの。 瘴気渦巻く森に捨てられる運命に付き合うと言ったのは、元近衛騎士のダグラス・ゲートスケル伯爵。 しかし彼は、前世で政略結婚をした元夫だった。 愚かな私は政略結婚でも、夫から少しくらい愛情をもらえると信じていた。 だけど夫は本妻の私と子どもを数人作った後、責任は果たしたとばかりに妾を作って家の事は私に全て任せっきりになってしまう。 はっきり言って、二度と近寄りたくない相手だった。 そう思って離れようとしているのにダグラスは付いてくる。 前世の贖罪とばかりに私の世話をしてくれていた。 ダメダメ、ほだされては。 また同じことを繰り返すつもり? エミリー排除のざまぁ有、愛なんてもう信じないと思っているのにモテ期が来たり。 王室の陰謀に巻き込まれそうになったりの『のんびり』とは程遠い波乱万丈の人生になる予定です。 毎日20時更新。 1話700文字~2000文字弱。 よろしくお願いいたします。 いつも助かっております。 (他サイトも全て修正しました) これからも、よろしくお願いいたします。 ブラック企業を辞退した私が卒業後に手に入れたのは無職の称号だった。 どうやら少女の強大すぎる魔法は村人達の恐怖の対象となったらしい。 村人の気持ちも分からなくはないが、二度目の人生を小屋での軟禁生活で終わらせるつもりは毛頭ないので、逃げることにした。 だが私には強すぎるステータスと『ポイント交換システム』がある!拠点をテントに決め、日々魔物を狩りながら自由気ままな冒険者を続けてたのだが……。 恋愛要素を含みますが、出てくるのが遅いのでご注意ください。 『悪役令嬢は断罪ENDまでぐーたら過ごしたい』と同じ世界観・時間軸のお話ですが、こちらだけでもお楽しみいただけます。 ひょんなことから前世の記憶を取り戻したはいいが、転生先は乙女ゲームの悪役令嬢。 しかも断罪エンドでは『癒やしの巫女』殺害未遂の罪で斬首刑にかけられる。 なんとかシナリオを回避すれば斬首を免れるのかもしれないが、この手の話は運命からは逃げられな いっていうのがお決まりだ。 下手に足掻いたところで罪被せられるだけ。 死は免れても別の形でやっぱり断罪はされるのだろう。 だったら何かするだけ無駄無駄。 そもそも発揮できるような特別な才能なんて持ち合わせていない。 どうせ断罪されるなら真面目に生きても無駄だと割り切って断罪エンドまでぐーたら過ごそうと決めたのに、婚約者の王子の様子がおかしくて……。 (旧タイトル:悪役令嬢に転生したので断罪エンドまでぐーたら過ごしたい ~王子がスパルタとか聞いてないんですけど!?~) 田舎の村の農家に生まれたアターシャ=ベンリルには特別な力があった。 傷や病気をたちどころに直してしまう不思議な力。 ある日、王都からやってきた兵士によってそれが『癒しの力』というものだと告げられる。 国に力を見いだされ、学園への入学を認められたア ターシャは家族のために学園の入学を決めた。 初めて村を出るアターシャは寂しさと不安に押しつぶされそうになったが、王都へ向かう途中の町で前世の記憶を思い出した。 そして迎えた入学式、この世界が『乙女ゲーム』の世界だと確信する。 こちらだけでもお読みいただけますが、「路頭に迷いたくない悪役令嬢は断罪エンド後に備えて『投資』を始めた」をお読みいただいた方がよりいっそうお楽しみいただけます。 アターシャのお相手はカウロ王子ではないのでご注意ください。 下級貴族令嬢のイリスは聖女として国のために祈りを捧げていたが、陰謀により偽聖女であると断罪されて死んだ。 聖女になど名乗り出なければ良かった、と思ったイリスは名乗り出る直前に巻き戻る。 「別に祈りを捧げるのは王宮である必要もないし、家に引 きこもってひっそりと祈りだけ捧げておこう」 「お嬢様は毎晩部屋に籠ってらっしゃいますが、もしかして……」 ばれる、と思ったイリスだったがメイドのアリシアの手に握られていたのはイリスが昔書いた黒歴史恋愛小説だった。 「……まだこんな甘々で非現実的な小説を書いてらっしゃったんですか?」 いやああああああああ! でも聖女バレよりはましかと思った私は頷いた。 「そうなの! だから絶対部屋には入ってこないで!」 が、正体を隠すために仕方なく書き始めた恋愛小説はなぜかどんどん人気になっていく。 なのに、若い身空で死んでしまった水谷理亜。 なんと大好きなゲーム『エレメンタル・プリン セス』の世界に転生して、シャルリア・フロンターレ伯爵令嬢として第2の人生を送ることになった。 ただし、転生したのはイージーモードのチートなメインヒロインではなく、ハードモードのごくごく普通なサブヒロイン! 断罪も没落もない、普通の伯爵令嬢に転生したのだから普通に過ごせばいいのに、ゲーマー魂がうずうずしてハードモードをクリアしたくなってしまった残念サブヒロインのお話です。 ある日突然前世の記憶を取り戻したリーゼロット。 よくよく思い出してみるとここは前世で愛読していた小説の中の世界だった。 そして気付いてしまった。 私がその小説の中の悪役令嬢だということに。 悪役令嬢・リーゼロットは王子に無理矢理結婚を迫った 末に婚約。 婚約後は王子にリーゼロット暗殺計画と称して密かに命を狙われる。 そして結婚直前に断罪という形で婚約者に殺されてしまう。 そんなの絶対に嫌!! こうなった原因も暗殺方法もわかってる。 最高の愛し方を知っているか? お互いの粘液を合わせながら絡み合う事? いいや違う。 静かに抱き合い、鼓動の音に耳を傾ける事? いいや違う。 それは瞬きと共に終わる共同作業、乙女を弾丸に、転移・転生した先で好き放題しているチート 持ちを断罪する瞬間。 それこそ、至高の快感と甘美なる一時。 女性よりも美しい、いや女神よりも美しい少年、大友は銃を持つ。 愛し合う乙女を一回きりの弾丸にして、あらゆる異能を打ち砕く。 瞬きの愛。 それはたった一つの想いと願いを叶える為に。 愛が成就した時、神々の奇跡が壊される。 詩が二人を分かつまで 本編、『おいらの嫁さん、オークなの?ねぇ?神様?(おっさんの異世界迷走記)』の閑話集になります。 チョイと長めの短編、サイドストーリーというものはこちらにと思っています。 ・ゴルディア視察行 ゴルディアに行き散々…でもないけど、舐めた態 度を取られご立腹のセツナ嬢。 再びの来訪を心に誓い、それを実現に移す。 先方にはかなり先の予定と伝え、すぐさま急襲するという。 ・図書館に行こう! 国がやばいと、詫びに行ったノリナ国の宰相様。 セツナさんにとっちゃどうでも良い事。 無下に追い払われる。 その時にニコ君の王家の図書室っていってみたいなぁ~の一言に、少しでも貸しができると喜ぶ宰相様。 それが思わぬ方向に… ・アヌヴィアト領主一家 放蕩親父の残した負債でヒィヒィいってる御領主様。 「まじで金…無いぞ…」兄 「はぁ?町が消えたらどうすんのさ!」弟。 こんな話。 ・マリウスさんののんびり馬車の旅(往路編) 逃避行中のはずの王弟。 その尊大な態度は逃避行と忘れるほどだ。 …が、運悪く、ビルック君に手を出していまう。 捕縛され、マリウスさんにお兄ちゃんの所まで送ってもらう道程お話。 (復路もあるよ) ・きのこ勇者とエルフ クロックちゃんの冒険譚。 とその後。 ・マリウスさんののんびり馬車の旅(復路編) お使いも終わり。 後は帰るだけ。 折角だし。 少々この世界を楽しませてもらおうか…。 ・第三隊・アツミ結納して結婚し隊…只今連載中。 本編(第535部分)で出発したアイリさんご一行。 セツナさんも付いていくし、普通には収まらないわなぁ。 はてさて。

次の

恋人ガチャのスキルを持つポンコツ聖女は、勇者と魔王に追放される ~街で出会った婚約破棄された悪役令嬢に恋人ガチャを使ったら、なぜか魔王を引き当てました~(アトハ)

悪役令嬢サリエル

イデオンは血の繋がらない10歳年上の兄のオリヴェルが大好きだ。 しかし、イデオンの両親は家を乗っ取りたいがためにオリヴェルを亡き者にしようとしている。 オリヴェルは病弱で不治の病だと嘘を言う両親。 「おにーたん、すちの。 とーたま、かー たま、わるいの」 イデオンは大好きなオリヴェルを救うために、妹のファンヌと協力して両親を追い詰めていく。 賢いけれど幼くか弱い弟が、血の繋がらない兄を幸せにするために両親をザマァする物語。 二章以降はほのぼのです。 この作品はユウギリさんと、僕(ネコlove )のコラボ短編です。 リレーでは無いですが、同じドキュメントを共有して書きました。 書き手紹介 ネコlove ネコloveと申します。 初めまして。 もしかしたら知ってくださっている方もいらっ しゃるかも知れませんが。 syosetu. 人物紹介にあった、【ネコlove】と入っているものは、僕の作品のキャラで、僕が書いてます。 syosetu. 初めましての方は初めまして。 そうでない方は、そうです 『罰ゲーム告白を懇切丁寧に傷つけないように断った結果』 を書いているそのユウギリです。 syosetu. 初めてのコラボ作品でしたが、楽しんで書いたので、楽しんで読んでいただければ幸いです。 人物紹介の中で名前の後ろに【ユウギリ】とあるのは、〝ユウギリの作品から出演しているキャラクター〟という意味です。 コラボしてくださった〝ネコlove様〟に、この場をお借りして感謝申し上げます。 では、本編をお楽しみください。 クラスではインキャボッチの良一。 でも本当の姿は有名アイドルRYOUICHI。 アイドルであるということは隠し続けるも……。 インキャだといじめてくる田崎に怒り……。 面白いと思いましたらポイントお願いします! 性格ブスだからって、私がされザマァ!? お金持ちの子供たちが集う芙蓉学院高等部。 そのまた、エリートだけが集う芙蓉会の一室で、デブス性悪お嬢さま白山姫奈子は動揺していた。 ザマァにより、婚約解消、家は没落、傷心の姫奈子に救いの手をさしのべた神 様は、心を入れ換えることを条件に逆行(人生のやり直し)を提案。 姫奈子はそれにすがりつく。 しかし、その神様はドSのようで。 元婚約者や、ザマァしてきたエリートたちとは関わりたくないのに、前世の学院に強制入学。 ここからのやり直しって、結構辛くないですか? それでも没落回避のために、まずは性格ブスをやめ、自立を目指すことにしたのだが。 意地悪だってもうしません! だから私に関わらないで! 逆行はしたけれど、逆転は望まないお嬢様は美味しいものを食べて穏やかに暮らしていきたいだけなんです。 辛口アドバイスをくれる使用人の子供と共に、やり直しライフを奮闘。 恋をしたり失恋したりご飯を食べたりの青春ラブコメ。 syosetu. 2018年9月30日のジャンル別日刊ランキング 現実世界〔恋愛〕部門で6位になっていました! ありがとうございます!! ハイスペック御曹司との婚約で調子に乗って、ブスになってしまった成金お嬢様の白山姫奈子。 まるで悪役令嬢さながらの行動を起こした結果、ザマァにより、婚約解消、家は没落。 ドSの神様の提案により、心を入れ換え人生のやり直し(逆行)をすることにな ったのだが。 元婚約者や、ザマァしてきたエリートたちとは関わりたくないのに、前世の学院に強制入学。 それでも没落回避のために、まずは性格ブスをやめ、自立を目指す。 学院生活を頑張ったり、没落に備え勉強したり、生家のお菓子開発にいそしんでいると前世とは様子が変わってきて……。 syosetu. 本編には入り切らなかったお話を、気まぐれに置く予定です。 簡単な一話読み切りがメインになると思います。 わけあって男として洗礼を受けた侯爵令嬢ベルンは、女子禁制の全寮制士官学校で生活している。 本来男しか騎士にはなれない王国で、アイドル騎士に祭り上げられた侯爵令嬢が、モンスターあり、魔法ありの世界で女性であることを隠しながら卒業を目 指す。 初恋も知らない男勝りの女の子が、だんだんと恋を知りながら成長していくファンタジー色強めの、主人公が溺愛される恋愛物語。 BL(ボーイズラブ)っぽく見える表現があるかもしれませんが、主人公が男装の麗人のためご容赦ください。 ザマァありません。 第三回フェアリーキス大賞 一次審査通過しました! 嬉しい!! ありがとうございます! 『異世界転生』『悪役令嬢』『ハーレム! ハーレム!』 人々の要求が余りにも自分好みではないのに逆切れを起こした天界の創世神は、人々の願いを全面的に叶えることを決断した。 地球滅亡! 人類滅亡! そして全人類を異世界へ! そんな中、冴子は地 球で生きてた時の願い通りに『悪役令嬢』として転生を果たした。 世紀末の荒廃した世界で、水や食料を略奪するモヒカン一族、猛虎一家のご令嬢として。 冴子に、天界から創世神のザマァという内心が透けて見えた声が届く。 「望み通りに悪役の令嬢にしてやったぞ。 存分に楽しむがよい」 言葉通り楽しもうとした冴子を最強のヒロイン達が阻む。 恋の料理勝負に負けたヒロイン、七木津 唯は圧倒的な暴力を持ってテーブルをひっくり返し、抑えようとした猛虎一家は壊滅の危機に陥る。 お屋敷が炎上し、高笑いを上げながら最愛の恋人マサシを担いで拉致するヒロインを、動けない冴子は見守る事しかできなかった。 そして冴子は誓う。 「私はこの世界を征服するわ。 そしてヒロインの圧倒的な暴力ですら捻じ曲げられない法律を作り、警察を作り、軍隊を作る。 そしてマサシを取り戻して見せる」 タイトルを「そんなに異世界が好きか? よろしいならば全員チート転生だ」から変更しました。 神聖エレフォース王国の第三王女、クローディア。 彼女は白魔法を至上とする国家に生まれながら、白魔法を使えず「出来損ない王女」と蔑まれていた。 それでもめげずに文官として努力し立場を築いてきたクローディアだったが、ある日濡れ衣を着せられて流 刑に処されてしまう。 失意のクローディアは、祖国を捨てて亡命を決意。 輸送船で運ばれている途中、同じく冤罪に巻き込まれた「見習い騎士」の少女チトセと共に脱出を図る。 だが、脱出する際にクローディアが使ったのは祖国では禁忌とされていた「黒魔法」だった!? これは、伝説級黒魔法使いの「出来損ない王女」が、ちょっぴり頼りない「見習い騎士」の少女を連れて無双する、異世界流離譚!! 百合とザマァもあるよ。 私の姉は人見知りで引きこもりのゲーマーだった。 姉がはまっていたゲームの格闘対戦相手はほとんど私。 姉の影響で、私は少年漫画も少女漫画も 恋愛シミュレーションゲームもたしなむ高校生に成長していた。 そんな私は高校生最 後の夏休み中に家族で行った海で溺れてしまったのだ。 ーー ーーーー 私は、ラドレス公爵令嬢サリエル・ミューラ。 物心ついた時には断片的に体験したことのない記憶があった。 そして成長するうちに確信に変わっていった。 私は前世で行なっていた恋愛シミュレーションゲーム 悪役令嬢サリエル・ミューラとして転生しており、 辿る道は ・身分剥奪の上追放 ・死亡 この二択である事を。 前世の私は若くして死んだのにあんまりだと思わないだろうか。 女子高生が株でしくじったら、サボテンに転生した。 脳みそまで緑一色に染まりそうだったので、スグさまVRMMO「マホロバ」を開始。 天使アバターをゲットして何とか精神を保つ。 ところでこのVR、アバターに成長の概念がなかった。 トレーディング カードゲームの呪文を使って強化するという、廃課金上等のシステムだったのだ。 少女はもちろん無課金だったが、意外にも、案内人の社長からは歓迎される。 『手ぶらで俺の世界に挑む……ハハッ、楽しみだ~』 呪文ゼロのままダンジョンへ放り出されると、現れたのは巨大なドラゴン。 「おーいぇ、殺意マシマシ」 押し寄せる数々のピンチを、目の付け所の違う少女がガンガン乗り越えていってたら、いつの間にやら有名人になっちゃってるとか、そんな話。 「父上、こんなちんくしゃが僕の婚約者なのですか?」 初めて紹介された自分の婚約者候補の第三王子ルーベンス殿下の発言にぽっちゃり公爵令嬢のリシャーナ・ダスティアは絶句した。 今なんつったよこの王子、えっこれが婚約者とかマジ勘弁! いくら見目麗しい男子でも、王子でお世継ぎ筆頭だろうがこんな婚約者は要らん! 即行で婚約を全力回避、十五歳になったリシャーナの王立学院での悠々自適な生活は男爵令嬢に惚れ込んだルーベンス殿下と愉快な仲間達の起こした集団リンチで崩れ去った。 頭痛と共に甦った記憶、ちょっとまて、これって所謂乙女ゲームのエンディングじゃん。 しかも現実で逆ハーレムとか迷惑極まりないっしょ。 とりあえずプチっと逆ハーレムエンドは潰したけど、どうやら騒ぎを起こした子息や男爵令嬢、王子を逆廃嫡ザマァしてハイ終了には内政的に出来ないようなので、モブキャラなのに王様に顔だけ美形なバカ王子の更生を押し付けられました。 本当に美形に関わるとろくなことがない! なんで奴等は次から次へと厄介事を運んでくるんだ!? 私の平穏な日々をかえせー! これは自分らしく生きたいモブ令嬢の奮闘記です。 注:自己中もぶ娘よ、お前はいったい何がしたいんじゃい! と作者が突っ込みたくなります。 本作品は「二度目の人生は男ですか!? 元喪女に王太子は重責過ぎませんかね?」と同世界を舞台にした曾孫の作品です。 お気に入り登録、ブックマークありがとうございます。 御感想、誤字や脱字報告ありがとうございます。 今後もご指導、ご鞭撻を宜しくお願い致します! 注意書き 本作品の全ての権利は作者『紅葉くれは』に帰属します。 無断転載はおやめ下さい。 アルファポリス様にも投稿中です。

次の