横浜 市 プレミアム 商品 券 公式 サイト。 2019年 横浜市プレミアム付商品券公式サイト

飯山市公式サイト

横浜 市 プレミアム 商品 券 公式 サイト

普通に働いて収入がある(住民税を払っている)人とか小さい子供がいない人には何の関係もない話だけど、全国で「プレミアム付商品券」ってのが実施されるワケです。 で、私は貧しいのでちゃんと通知が来ました。 住民税を払っていない(滞納っていう意味ではなく)とか、三歳未満の子供がいるのに来ていないっていう方は自分で申請が必要かと思われますので、詳しくは内閣府のサイトへ。 残念ながら内閣府のサイトに間違いが多々見受けられるので、多分ご自分がお住まいの自治体の特設ページみたいなヤツの方がよろしいかとは思われます。 で、すでに申請は開始されているのにもかかわらず、使える店が発表になっていないという「なんじゃそりゃ?」な状況。 つまりは使える店の方の申請が後手に回ったというか、こっちの申請開始前に決めろや!っていう状況で決まっていなかったっていうね。 この時点で氏(以下自粛)。 で、横浜市から送られてきた書類には 使用可能店舗 9月頃から、横浜市のホームページで公開予定です。 と書いてある。 使える店もわからん状況で申し込めないんで、9月になってから確認して申し込むか・・・って思っておりましたら! いつの間にか知らんけど、すでにものすごい数の店が発表に! 現在6104件。 次回はいつ更新されるのかも不明だけど。 今後増えるものと思われる。 で、まあ使いづらい。 区を指定したりもできるけど、同じ区の中でも自分が利用しやすいところと、まるっきり関係ないところがあるんで、いらんのが大量に出てきてその中から探すっていう。 店名でも指定できるからと思って五十音順に・・・と思ったら店名の頭の文字で並ぶワケじゃないんだな。 店名の途中の文字でも出てくるし、具体的に店名がわかる時しか使えない機能か・・・。 とにかく使いづらすぎてどうにもならんから、自分でエクセルにでも落として並べ替えとかし倒して使おうかと思っていろいろコピペとかやりまくってみたけど、カタワな上にバカなんで無理だった。 で、ざっと見た感じ。 割と大手のスーパーなんかも出そろっているし、ドラッグストアとかコンビニとかもかなりの割合で使える模様なので、これなら使えるかなという感じ。 追記 実際に申請書類を書いてみて思ったこととか。 横浜市限定のことかも知れないので他の自治体はちゃんとなっているのかも知れないけど。 実際に記入して送る用紙自体の裏側に「申請書の記入方法」が書かれている。 つまりは記入方法を見ながら記入することはできない。 アホかと。 もっと考えれやと。 これを考えた頭のいい人たちは、それでも問題なく書けるのかも知れないけど、カタワなんですげぇ大変なんですけどね。 使える店の発表が後からとかバカか?と思ったワケだが、この申請書を送ったらもらえるワケではなく。 とりあえずどこの店で使えるとかわからなくても、申請書だけ送ってしまって後から「これは使えねぇな」と判断したら券を購入しなければいいだけってことか。 それなら店の発表が後だってのもわかるというか、それでも大丈夫なんだなと。 でもさ、それだけ手間数が増えるってことは、そこに大量の税金投入なワケで、申請書を出させるんじゃなく最初から対象世帯に購入引換券を送りつけて、指定の場所に来させてそこで「要件を満たしているか否か」とか確認すりゃあ手間が一個省けて、その分投入する税金も大幅に減ったのでは?と。 こんなことのために余分に税金じゃぶじゃぶ使って大丈夫か?.

次の

2019年 横浜市プレミアム付商品券公式サイト

横浜 市 プレミアム 商品 券 公式 サイト

横浜市プレミアム付商品券について 2019年10月の消費税率引上げに伴い、住民税非課税者や子育て世帯の消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起・下支えすることを目的に発行する商品券です。 商品券の購入対象者とは? 今回のプレミアム付き商品券は購入対象者が限定されています。 下記の条件に満たした方である必要があります。 0~3歳半の子供がいる世帯の世帯主 (2016年4月2日から2019年9月30日までに生まれた子供がいる世帯が対象) 住民税非課税世帯 (夫婦と子ども2人の世帯の場合給与収入が255万円以下) プレミアム付商品券の金額と利用期間 プレミアム商品券は2万円で商品券を購入して、2万5千円の買い物ができる券となります。 2万5千円の価格では丁度良い期間ではないでしょうか。 購入引換券の申請方法 商品券を購入するには、購入引換券が必要となります。 住民税非課税者 【購入引換券の交付申請手続き】• 対象と思われる方に、横浜市から申請書を送付します(7月下旬から順次送付)。 返信用封筒を同封していますので、郵送でご申請ください。 申請に基づき、購入対象者要件に該当するか確認します。 購入対象者には、購入引換券を9月以降に順次送付します。 交付申請手続きは必要ありません。 9月以降順次、横浜市から購入引換券を送付します。 横浜市プレミアム付商品券 が使えるお勧めのお店を紹介! プレミアム付き商品券は2万5千円分で期限は6カ月間です。 高額ではないので2万5千円なら日用品の購入の際に商品券を利用することが一番使いやすいと思います。 商品券が利用可能なお店に関しては公式サイトのを参照して頂ければと思いますが、公式サイトでは一律でが記載されているだけなので、どの店舗がお勧めなのかは判りにくいですよね。 スーパー オーケー ロピア マルエツ ビッグヨーサン いなげや ライフ そうてつローゼン 東急ストア アピタ ユーコープ FUJI サミットストア まいばすけっと 主要スーパーは基本的に商品券を利用できる予定です。 激安系スーパーの「オーケー(OK)」や「ビッグヨーサン」が利用可能なのがとてもうれしいです! 「ロピア」も横浜では激安系スーパーで有名ですよね。 週末の朝11時くらいにはレジが大混雑するくらい人気のお店ですが、バッチリ使えるお店となりました。 我が家もよく利用し、ビールやお肉やお菓子などを大量購入するお店です。 衣料・身の回り品取扱店 ユニクロ GAP バースデイ ジーユー しまむら アベイル タカハシ しまむら系列が利用可能なのが嬉しいです!0~3歳半の子供がいる世帯なら知っていると思いますが、「バースディ」は服も安くていいですよね!横浜市でもやがありますよ! なお、上記には記載しませんでしたが横浜駅にあるJOINUS内の店舗も利用可能となっているので子育て世代は横浜に買い物に行った時に使えそうです。 おもちゃ・ベビー用品 トイザらス・ベビーザらス 赤ちゃん本舗 西松屋 DADWAY 最初の頃には利用可能店舗に入ってなかった「赤ちゃん本舗」もしっかり利用店舗に入りました!0~3歳半の子供がいる世帯なら赤ちゃん本舗は外せないので、良かった~。 西松屋も子育てするうえでは避けて通れないお店 笑 ちゃんと使えます。 ドラッグストア クリエイトエス・ディー Fit Care DEPOT セイジョー マツモトキヨシ ハックドラッグ 横浜市でも沢山の店舗があり、食料品がとても安いクリエイトSDが利用可能なのは物凄く助かります! まとめ 横浜市プレミアム商品券は我が家ならおそらくスーパーとドラッグストアの食料品の買い物だけでも半年で2万5千円を使い切れると思います。 子育て世代なら紙オムツの購入や、おもちゃの購入で商品券利用できそうですね。 コーナンやビバホームなど主要なホームセンターも利用できますし、ヨドバシカメラやビックカメラ、ノジマやエディオン等の大型家電販売店も対象です。 今までの商品券は並ばないと購入できなかったり、転売ヤーが買い占めてしまったりしたのですが、今回は購入対象者に申請書や購入引換券が郵送で送られてくるため、商品券を手に入れやすくなっています。 貯金3838円から意地と根性で4年で1000万円貯金しました!人間やればできる!大体が自分の経験を元にブログ書いてます。 今は無事再婚して昔の苦い経験を活かした貯金生活してます! 最近のコメント• に まめ太 より• に とおこ より• に ナマズまん! より• に まめ太 より• に ナマズまん! より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

【記者発表】横浜市プレミアム付商品券 商品券を利用できる協力店舗を募集します! 横浜市

横浜 市 プレミアム 商品 券 公式 サイト

横浜市プレミアム付商品券、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭には購入引換券が届いているのではないでしょうか。 最近買い物に行ったときに行ってから思い出すんです。 購入引換券持っているのに家に忘れたって。 特にららぽーと横浜(イトーヨーカドー ららぽーと横浜店)やドン・キホーテに行った時に、商品券引換購入窓口を見て、 「あ!購入引換券、家に忘れた」って。 毎回、そんな感じで買いそびれています。 さて、近所ではどこで交換できるのか、詳しくは下記サイトで案内しています。 主に JA横浜 市内全店舗やイオン、イトーヨーカドー、ダイエー、ドン・キホーテ、FUJIスーパー、ライフといったスーパーの一部店舗(全店舗ではないです)などですが、その他にもいくつかあるので、上記サイトで検索して引き換えする候補のお店を頭に入れておくと良いでしょう。 ずっと近所ではJAしかないと思ったら、意外とドン・キホーテやイトーヨーカドー(ららぽーと横浜)に買い物に行ったりするのですから。 利用可能店舗は 市内11,368店舗 (9月26日現在) ということで、使えるお店はたくさんあるようです。 こちらも公式サイトで案内されています。 引換購入期間 令和元年10月1日(火)から令和2年2月29日(土)まで 使えるのは3月末までだけど、2月末には引き換えが終わってしまいますので、忘れないうちに! いずれにせよ、6ヶ月もあれば使い切りそうなので、早めに交換しておきたいな、と思います。 忘れずに。

次の