約束のネバーランド 144話。 約束のネバーランド 144話 「助けて」 ネタバレ ムジカの正体と「ご褒美」を大考察!絶対読むべき!!

約束のネバーランド145話ネタバレ!ノーマン死亡寸前?エマとレイが急ぐ!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束のネバーランド 144話

コンテンツ• 約束のネバーランドネタバレ最新141話 『結ばれた約束はひとつではない』 エマたちが、約束について考えている回想から始まります。 レイが、ミネルヴァのペンの内容を見ながら話していました。 」 他の仲間が尋ねます。 「どんな約束を結び、どうやって結び直すのか。 エマが意見を述べました。 そこからレイが新たな発見をします。 "約束はひとつではない" 人間の世界と鬼の世界を分ける約束は、 人間と 鬼の王族が結んだものでした。 それを利用し結び直せば、食用児たちは この世界から逃げられると、確信しました。 エマは驚きます。 もう少しこじれるモノだと、予想していたからでした。 できないと言われるよりかは、良いと感じます。 "自分も褒美をもらう必要がある。 " 【WJ32号発売中】 今週の『約束のネバーランド』は、いつもと少し違う雰囲気…!! 鬼が 望みを叶えるには対価がいる、と話します。 そして 何を望まれても、絶対に断ってはいけないと伝えました。 約束のネバーランドネタバレ最新141話 『1000前の戦争』 ここから、約束が結ばれる 1000年前の話になります。 人間たちは、鬼と戦っていました。 敵の伏兵に会い、体力を消耗しています。 そこへ 当時のラートリー家の人物が、伏兵は最後だと伝えに来ていました。 ここにいる鬼たちを倒せば、 拠点を抑えられると話します。 兵はやる気を出し、勇敢に攻め込みました。 目標は達成した者の、多くの仲間が亡くなります。 いつまでも続く戦いに 疲れを見せる者もいました。 けれども、今回は人間たちの勝利です。 約束のネバーランドネタバレ最新141話 『非情な意見』 次なる作戦を立てようとしました。 そこへひとりの人物が、話し合いにより 戦いを終わらせようと提案します。 その場にいた者たちが、驚きました。 前向きな意見もあれば、否定的な意見もあります。 鬼たちは、 普通の方法では了承しないと発言する者がいました。 「一部の人間を供物として渡すのはどうだろうか。 」 食料である人間を断つことがなければ、交渉に応じるのではと考えたのです。 奴隷などの人間を差し出し、鬼たちで増やしていくように仕向けます。 けれども、 仲間たちは反対しました。 あまりにも非人道的な考えです。 提案をした ユリウスと言う青年は、提案を取り下げました。 一方で、戦い疲れた兵士たちを想うと、その方が良いと考える者もいます。 しかし一度人間を渡せば、 永遠に要求してくる可能性もありました。 そのため、この意見は見送られます。 約束のネバーランドネタバレ最新141話 『鬼の圧倒的な強さ』 人類は国を超えて、 一致団結していました。 和平を結ぶにしろ戦い抜くとしても、全ての人間の勝利が重要です。 「身分の違いにも左右されずに、全ての国民を守るろう!」 人類の勝利も見え始めていました。 先祖代々続いた戦いを終わらせる、と固く決意します。 人間が鬼に食べられない世界に必ずしようと誓い合いました。 けれどもユリウスは、思い知らされます。 鬼が一瞬にして、 戦況をひっくり返してしまったのです。 何人もの人間を、あっという間に蹴散らす存在が現れました。 レウウィス大公です。 約束のネバーランドネタバレ最新141話 『ユリウスの裏切り』 ユリウスの存在に気がつきました。 「月が綺麗だね」 そう挨拶をしてきます。 彼は、いつの間にかひとりとなっていました。 その時心の奥底に眠っていた、本心が明らかになります。 「戦は疲れた……。 早く帰りたい……。 」 誰のためでもない、ユリウス自身がそう感じていたのです。 終わるといいながらも、終わらない戦争。 勝ち目のある今なら、 鬼たちも要求を聞き入れると考えます。 自身が戦いを終わらせると決意しました。 ユリウスは剣を置きます。 そしてレウウィスに、 鬼の王への謁見を求めました。 「取引がしたい。 」 彼の裏切りが、食用児たちの悲劇の始まりでした。 スポンサーリンク 約束のネバーランドネタバレ最新141話 『今週の一押しキャラ』 仲間を裏切ったユリウス ユリウスもまた、長く続く戦いに疲れていました。 終わると言われながらも、一向に収束しない戦いです。 疑問を持つ者が現れるのも必然でした。 それが彼だったのです。 仲間の中にも、和平を考える者がいました。 有利な内に申し入れすれば、要求を聞き入れてもらえる可能性は十分にあります。 そうユリウスは答えを出したのです。 それを、ひとりの人間の要求で変更できるとは普通は思わないでしょう。 エマが驚くのも当然です。 自分の願いを聞いてくれるなら、なんだっていいと思っていそうです。 また約束が結ばれたきっかけが、仲間の裏切りだったとは驚きました。 戦争なんてだれも幸せなどしませんからね。 終わらせたいと思うのも当然でしょう。

次の

漫画「約束のネバーランド」144話のネタバレと無料読み放題

約束のネバーランド 144話

約束のネバーランド 最新145話 ざっくりネタバレ! ノーマンを止めるため、王都へ急ぎたいエマとレイ。 エマたちのデッドラインは、ノーマンが王・貴族を殺しつくすまで。 交渉相手がいなければ和平の道は絶たれ、戦争も混乱も止められなくなってしまう。 ノーマンが作戦を決行するティファリまで、あと二日半。 エマとレイが危険度外視で近道を強行しても到着は三日後…ギリギリ間に合わない。 そこへオリバー達GP組が馬に乗って登場。 オリバー達はエマとレイが七つの壁に行っていた間、乗馬の訓練をしていた。 オリバー達の馬に乗せてもらい、王都へ向かうことになる。 王都へ向かうメンバーは、エマ・レイ・オリバー・ザック・ナイジェル・ペペの六人。 GP組は当初、鬼を救うことには乗り気でなく、特にジリアンは反対していたのだが… ジリアン「私は鬼を殺すわよ。 仲間に危害を加える鬼は全部敵」 ジリアン「でも、友達(ノーマン)を助けたい友達(エマ)を助けたいの、私も」 ノーマン達は王都の傍で待機中。 偵察から報告があり、計画は順調に行っていることが判明。 王都軍は偽の拠点へ向かい、五摂家の親族は王都を目指して出発している。 ヴィンセントが準備していた例のアレも完成し、持ってきている様子。 一方、アジトではヴァイオレットたちがノーマン達のことを心配中。 抜かりない時ほど危ない、ルーカスやユウゴもそう言っていた、と。 アンナは自分たちが量産農園で鬼に見つかってしまったことで、ノーマンが焦っているのではと気にかけるが… 本当にそれだけが理由か?とサンディが疑問を投げかける。 一方、ノーマン達は決戦を控え、休息をとっていた。 シスロ達はここまで自分をひっぱって来てくれたノーマンに感謝し、命を捨てる覚悟をする。 しかしノーマンはそれをたしなめ、誰一人戦士は許さない、と改めて無血での勝利を宣言。 夜、一人になったノーマンは夜空を見上げながらエマとレイのことを想う。 突然ノーマンを頭痛がおそい、ゴホゴホッとせき込んで吐血。 ノーマン(ちっ…またか…) 自分の手についた血を見て、何かを諦めたように、薄く笑うノーマン。 ノーマン(ごめんね) そして2047年11月10日、儀祭当日の朝を迎える。 女王や五摂家は祭壇に肉を捧げ、一般の鬼たちはお祭り騒ぎで盛り上がる。 そんな中、ノーマンが会戦の合図を告げる。 ノーマン「始めよう」 ドォン、と王都の一角に爆発が上がるのだった。 約束のネバーランド 最新145話 感想と考察レビュー! ついに決戦の時が来ましたね! エマとレイはオリバー達に馬で送ってもらったようですが… ラストで爆発が起こっているということは、それまでにノーマン達と合流することはできなかったのでしょうか? 約束を結び直せたエマですが、それを知らされたからといって、ノーマンがすんなり作戦を中断するとも思えないですよね。 あるいはエマとレイもそれを見越して、ノーマンではなく鬼の王側に直接交渉に向かった、という可能性もありますね。 オリバー達GP組も久々に活躍が見れそうで楽しみですね! 鬼の精鋭たちと戦うような展開もあるかもしれません。 そして今回やはり気になるのは、ノーマンの吐血ですよね。 ラムダの副作用なのか、それとも別の要因なのか、まだわかりませんが…。 どうもヴィンセントたちは知らない様子。 GF脱獄時のように、ノーマンは自分を犠牲にしようとしているのかもしれません。 ノーマンを止めたいエマとしては、戦争を止めるだけではなく、ノーマンの命の危機?に早く気づいて、そちらも何とかしてほしいものです…。

次の

約束のネバーランド 最新第144話助けてネタバレ含む感想と考察。ソンジュに挑みかかるジンたち。しかし意外な結果が……。

約束のネバーランド 144話

約束のネバーランド【ネタバレ】144話 〝邪血抹殺部隊〟に包囲されて窮地に立たされた ムジカ達だったが、 ソンジュが一瞬で「リーダー」の背後を取り、 形勢は逆転する。 が、それでも襲いかかろうとする部隊に ソンジュが戦いを始めよとした矢先————— その場の全員が 突然にもがき苦しみ、 意識を失くしてバタバタと倒れゆく。 それは人体実験の副作用による「発作」であった。 「戦い」は中断され、 ムジカは倒れた者の命を救うために応急処置を施し、 全員の無事を確保するのであった。 こうしてソンジュは〝抹殺部隊〟を捕縛した後——— ギルダは改めて 今までの「経緯」をムジカ達に語り聞かせるのだった。 そして、全ての事情を把握したムジカは 「ノーマンの暴走」を止めるために、 〝王都〟へ行くことを決意するのであった—————。 その頃——— みんなの元へと帰還したエマは 「約束の結び直し」と、 「みんなで人間の世界へ行けること」を報告する。 「気配?」とムジカ。 「ああ、尾けられている。 」 「だが近づいては来ない。 」 「3日前から 俺達が残している痕跡にも 気付いているはずなのに・・・。 」 「追手じゃないのかも。 」 「今のところは何ともだな。 とりあえず様子を見よう。 」 ムジカがギルダに優しく言う。 「少し眠ってもらっただけよ。 」 (え? 嘘だろ? 最初の一瞬で?) ドンが信じられないという風に振り返る。 ここで退け。 」 ソンジュがジンに力強く言う。 ) 退く? 退けるものか この命令・・・ この〝任務〟には・・・ 「全食用児の未来」が、かかっている・・・ そうですよね・・・ボス・・・!! だから・・・ たとえ命を落としても 退くわけにはいかない 「俺ごとコイツラを殺せ!!」 ジンが叫ぶ! 「(気をつけろ!!)」 アイシェが〝鬼語〟でソンジュに呼びかける。 「(そいつらはラムダのイレギュラーだ!!)」 「!!!」 ソンジュとジンは 鋭い鉈を持った 5人の屈強な男達に囲まれるのであった—————!? なんだぁ・・・!? ソンジュ達は最初っから尾けられていることを知っていた! それでもわざと見つかるように出て行くってことは・・・ よほど「腕に覚えアリ」の強者であるに違いない!! そして注目なのが———— ジンを始めとする〝抹殺部隊〟だろう! ジンにはジンの信じる〝正義〟があるのだ。 そう、彼も「人類の為」、「全食用児のため」に この任務を全うしようとしているのだ!! そのためなら自分の命をも厭わない!! これはこれでブレない 「立派な心掛け」だと認めずにはにはいられない。 エマやギルダと「想い」は同じ・・・ だが残念ながら———— 「方向」と「方法」が全く違うというだけなのである。 発作 ド ゴ ン ! 部隊の面々は鉈を振り下ろして 的確にソンジュを狙う!! ソンジュは上へと跳んで難なく攻撃を躱す。 (ほう・・・。 「発作・・・」 ジンが呟く。 「なんで・・・こんな早くに・・・。 」ハヤトが愕然とする。 他の男達も頭を抱えてバタバタと倒れていく。 ダッ (ムジカが倒れた者へとダッシュする。 ) 「見せて!」 「だめだムジカ、近づくな!」ソンジュが叫ぶ! 「まずいわ・・・ この子達・・・息をしていない!」 ムジカはソンジュを無視して診察する。 「ギルダ、私の荷物から〝薬草袋〟を! ドン、ソンジュ! 手を貸して!!」 「はい!!」 ドンが応える。 「おい、ムジカ————」 「相手は人間よ! 早く! 急がなければ手遅れになるわ!」 ソンジュが何か言おうとするのを遮って ムジカが声を上げる! (そしてムジカの必死の応急処置が続く。 ) 「それじゃダメです!!」 ハヤトが見るに見かねて声を上げる。 「『薬』を飲ませないと・・・ それは〝ラムダの発作〟なんです!!」 「ジン!! もう俺達じゃムリだ!」 ハヤトの声が〝叫び〟へと変わる! 「彼らに薬を・・・! 降参しよう!!」 「ジン!! もう降参しようよ!!」 ジンは目をきつく閉じ ハヤトの「心の叫び」を ジッと聞き続けるのであった——————。 よもや戦闘勃発か? と思われた瞬間・・・ 〝抹殺チーム〟が激しい発作に襲われる!? それにしても・・・この発作はかなり激しいモノであるらしく・・・・ 前にバーバラやシスロが 「地獄の苦しみだ」と言っていた事を思い出す。 そしてこの「発作」の感覚は短くなっており、 自分達の寿命が残り少ない事も承知しているのだ。 そんな絶望的な状況の中でも ラムダ出身者は懸命に生きているのだ。 間近に迫る「死」の恐怖という 〝重い宿命〟と毎日必死で戦い続けているのだ! そんな彼らに心を馳せる時———— 読者は〝身を引き裂かれる〟気持ちになるのである。 ギルダの涙 その後——— ジンを始めとした〝抹殺部隊〟は・・・ 全員無事に手当てが済み みんなの様態が落ち着いたところで ソンジュに捕縛されるのであった。 「それで・・・何があったの?」 ムジカが2人に尋ねる。 ギルダとドンは ムジカに、 ここに来るまでの様々な経緯を 必死に語って聞かせるのであった。 「・・・王都を?」 さすがのムジカも驚いた様子である。 「それで———」 ギルダが話を進めようと口を開くが————— 〝ある事〟にハッと思い至る。 ああ でも そうか・・・ ノーマンは本当に・・・ ムジカ達を〝殺す気〟だったんだ。 その途端———— ギルダの目から〝滝の涙〟が流れ落ちる!! 「ギルダ?」 ムジカが呼びかける。 「ごめん・・・ ごめんなさい・・・ 私は2人を殺そうとしたノーマンの妹で・・・ こんな事を2人に頼めた義理じゃない・・・ 義理じゃないんだけど・・・ このままじゃ・・・ ノーマンも周りの人達もみんな・・・ 取返しがつかなくなる。 戦争が起こる。 鬼を虐殺する・・・ エマが戻っても・・・ そんなのは嫌だ・・・」 「助けて・・・」 俯くギルダは小さく呟く。 「私はノーマンを止めたい。 」 ギルダは両手でムジカの手を握り締める。 「お願いします。 食用児(わたしたち)を助けて下さい。 そう・・・そうなのだ・・・ 涙でムジカに訴えるギルダ————— 自分では〝どうしょうもない問題〟にぶち当たった時、 身近で一番信頼している存在に 頼ってしまうその気持ちは・・・痛い程よく理解できる。 私達も生きていると 少なくても1度や2度はこんな経験を したことがあるだろう。 それは人間の「心の働き」としては 至極当たり前・・・自然に起こる事なのである。 「今は2047年11月7日、 俺が戻って3時間後・・・。 」レイが話す。 「ノーマン達は既に王都へ、 ドンとギルダはムジカ達を捜しに外へ そして・・・ 〝絶滅作戦は順調に進行中————。 」 「お前が知りたい情報は以上だ。 」 レイはそう言い切るとエマに向き直る。 「それで? 〝約束〟はむ結べたのか?」 「うん!」 エマが笑顔で断言する!! 「結べた!」 そしてみんなへと向く。 「全員逃げられるよ!! 誰も殺さず追われることもなく 『人間の世界』へ!!」 「え・・・本当に?」とちびっ子達・・・。 「うん!」 エマが力強く答える。 わ あ あ あ ああああ!! その場の全員が笑顔と喜びに包まれる!! 「それで?〝ごほうび〟は?」 レイが心配気に尋ねる。 「うん・・・。 」 一瞬だけ間が空いてエマが答える。 「それも大丈夫だったよ、後で話すね!」 少し気になるレイ。 「・・・・まあいい・・・ それは後でたっぷりと聞く。 それより————」 「俺達も急ぐぞ! 今すぐ発つ!! トーマとラニオンがヤベェもん見つけたんだ!」 そのレイの言葉に2人が頷く。 「?」 エマはキョトンとする。 ————舞台は再び森の中———— 「わかったわギルダ、 私達も〝王都〟へ向かいましょう。 」 ムジカがギルダの手を握り締めて言う。 「待って! でもムジカ達はずっと王達に————」 止めようとするギルダを尻目に 「いいわよね? ソンジュ。 」 「!」 「私も戦争を止めたい。 それに何より私達友達でしょ!」 「・・・まぁ確かにここで〝王都〟も悪くねぇ。 」とソンジュ。 「じゃあ決まりね。 うーん! そうなのかぁ! 物語に直接関係のない描写はここまでそぎ落とすのか・・・と、 この潔さには「胸がすく」思いだ!! そして今回の一番の注目ポイントは————— みんなが・・・ それぞれの想いを胸に〝王都〟へ行こうと決心する場面だ! もう心のドキドキとワクワクが止まらない! そして、この高まる緊張感は——— 来週へと持ち越されるのである。 約束のネバーランド144話の感想 今週の「約束のネバーランド」は———— ムジカ抹殺の「危機」からの脱出と、 全てのキャラ達が〝王都〟へと向かう過程が描かれる。 うわ~~ でもこうなると・・・ この「物語」もホントに終わりが近いんだなぁ~~ と、実感せずにはいられない。 そしてここで強く感じられるのは———— この物語における登場人物達の背負っているモノや 担ってる役目・・・等の設定における俊逸さである!! 世界の調和を保とうと必死で頑張る 笑顔と光の「守護者」でピースメーカーの「エマ」、 革命者であり、崇高な目的の為なら どんな殺戮をも辞さないテロリストでもある「ノーマン」、 そしてイエスの如き殉教者の様相を呈し、 仏教の様に全てを受け入れる広い心を持つ 宗教者たる「ムジカ」と守護者の「ソンジュ」 このキャラ達が 今、〝王都〟に集結しようとしているのだ!! これだけでもワクワクせずにいられないではないか!? そしてそこで一体何が起こるのか!! どんな結末が待ち受けるのか? その様々な事柄を 銀河の煌めきの様に胸に馳せて————— 来週からの行く末を、心から「愛でよう」ではないか!!.

次の