遺族 年金 いくら もらえる。 遺族年金はいつまでもらえる?金額は?遺族が知っておくべき知識

遺族年金、夫が死亡でいくら?国民年金・厚生年金でもらえるお金【動画で解説】 [年金] All About

遺族 年金 いくら もらえる

遺族年金とは? 遺族年金とは、自分が亡くなった時に、残された家族 基本的に妻や子ども に支給されるお金のことです。 遺族の金銭的困難を救ってくれる制度というわけですね。 遺族年金には「 遺族基礎年金」「 遺族厚生年金」「 遺族共済年金」の3つの種類があります。 そこに「 寡婦年金」「 死亡一時金」の補助も加えて、私たちを金銭的に支援してくれています。 給付の種類や受給額は、加入している公的年金 国民年金や厚生年金など や支払ってきた保険料の期間、遺族の構成・年齢に応じて変化します。 老齢年金のような65歳以降からでないともらえない年金ではありません。 子どもが18歳になるまで 18歳の年度末まで 受け取ることができます。 ただし、18歳未満の子どもがいない場合には、受給することができません。 しかし、平成26年4月の改正で、夫も受給の対象になりました。 よって、現在では母子家庭でも父子家庭でも遺族基礎年金を利用することができます。 18歳未満の子どもがいれば、 遺族基礎年金に上乗せして支給されます。 支給対象も配偶者と子どもだけではなく、祖父母などが加わっています。 厚生年金に加入している必要があるので、基本的に会社員が利用する遺族年金となっています。 まず、遺族厚生年金は配偶者と子ども以外にも支給対象になる遺族が増えます。 注意したいのは、 55歳未満の夫・父母・祖父母には受給権が発生しないことと、 55歳以上であっても60歳になるまでは支給されないことですね。 遺族厚生年金は遺族基礎年金と違って、18歳未満の子どもがいなくても受け取ることができます。 18歳未満の子どもがいる場合は、遺族基礎年金に加算してもらえます。 どちらか一方しかもらえないということはないので、安心して受給しましょう。 ちなみに、18歳未満の子どもがいない妻が40歳以上だったら、65歳になるまでの間はもらえる金額が増えます。 中高齢寡婦加算という特別な手当てをもらうことができ、 年間で585,100円の増額となります。 目安ですが、遺族厚生年金で支給される具体的な金額は以下の通りです。 基本的に公務員の人が利用するもので、職域加算と呼ばれる手当もありましたが、こちらの制度は厚生年金とそろえる形で無くなる予定です。 現段階では、遺族厚生年金よりも少しだけもらえる金額が大きい遺族年金と捉えておけば十分です。 夫が国民年金のみの加入者 自営業やフリーランスで活動 で、かつ18歳未満の子どもがいない場合に適用されます。 この場合、遺族基礎年金の受給対象にならないので、その代わりにもらえる助け舟が寡婦年金です。 国民年金に支払っていた夫の保険料が、掛け捨てにならないようにと配慮された制度というわけですね。 妻が自身の老齢基礎年金を65歳よりも前に繰り上げ受給していると、寡婦年金はもらえませんので注意してください。 死亡一時金は寡婦年金と違って、一時金として一回だけ支払われます。 寡婦年金を受け取る場合は、死亡一時金は利用できないので注意してください。 死亡一時金による受給額は以下の通りです。 妻が自身の老齢基礎年金を繰り上げ受給した場合など その際は、死亡一時金を受け取った方がお得です。 まとめ• 遺族年金とは、自分が亡くなった時に残された遺族が受け取れるお金のこと• 遺族基礎年金• 遺族厚生年金• 遺族共済年金• 寡婦年金• 死亡一時金• 個人で死亡保険に入らなくても、公的保障でこれだけの保障を受け取ることができます。 生命保険の加入や見直しを検討する場合は、この金額を念頭に入れて死亡保険金を設定しましょう。 保険会社の営業に言われるまま「必要以上の保険金」をつけてしまい、毎月の出費に困っている人はとても多いです。 ムダな固定費を減らして【節約の道】を進むためには、こういったお金にまつわる公的制度の知識は不可欠です。

次の

遺族年金はいくらもらえる?受給資格や計算方法をわかりやすく解説! │ シングルLife

遺族 年金 いくら もらえる

「遺族年金」という言葉を耳にしたことはありますか? 遺族年金は、家族の生活を支える大黒柱に万が一のことがあった際、残された家族の生活を守るために支給される大切な公的年金のことをいいます。 「うちは大丈夫」と思っているに方も、「万が一のこと」が絶対に起こらないとは限りません。 そこで、この記事では残された家族のために大切な「遺族年金」について• 遺族年金にはどのような種類があるのか• 遺族年金は「誰が」「いつまで」「いくら」受給できるのか• 遺族年金を受給できるために必要な要件について• 遺族年金請求における時効 以上のことを中心にご説明していきます。 この記事を読んでいただければ、遺族年金の種類や内容、支給要件などについて理解できるようになりますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。 遺族年金は、いつまでどのくらいもらえるのか気になりますが、まずは遺族年金について理解しておきましょう。 遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類があり、受給できる遺族年金は、故人がどのような年金に加入していたかによって決まります。 遺族基礎年金:故人が自営業者などであり、国民年金のみに加入していた場合に受給できる• 遺族厚生年金:故人が厚生年金にも加入していた場合、遺族基礎年金にプラスして受給できる また、公務員は平成27年10月に厚生年金保険制度に統一化され厚生年金に加入することになりましたので、遺族基礎年金プラス遺族厚生年金を受給できます(平成27年9月末までに亡くなった場合は、引き続き遺族共済年金を受け取っています)。 また、一定の要件を満たしている場合、「寡婦年金」や「死亡一時金」を受給することができます。 遺族基礎年金を受給できるのは、 「18歳到達年度の末日を超えていない子のある配偶者」または「その子本人」とされています。 しかし、子供に障害年金の障害等級1級・2級の障害がある場合は、子供が20歳になるまで受給することができます(ただし、故人の死亡時に独身の子に限る)。 よって、例えば16歳と20歳の子供がいる場合は、16歳の子供のみが受給対象者になります。 また、故人の死亡時点でお腹に胎児がいた場合は、胎児が生まれた時点で受給対象者になります。 さらに、遺族基礎年金を受給するには「個人に生計を維持されていた」という要件も必要とされ、同一生計であったことと、年収850万円または所得約655万円未満であることが基準となります。 遺族基礎年金を受給するためには、故人が次のいずれかを満たしていることが必要です。 国民年金に加入中であった• 国民に加入していた人で日本に住所があり、かつ60歳以上65歳未満であった• 老齢基礎年金を受給中であった• 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていた さらに、1と2の場合には、保険料をきちんと納付していたことも要件となり、次のいずれかを満たしていることが必要です。 亡くなった日の前々月までの1年間において保険料を滞納していなかった 故人が保険料をいつまで納付していたか確認し、滞納することがないように納付しておくようにしましょう。 遺族基礎年金がいつまでもらえるのかについてですが、 子供が「18歳到達年度の末日」に達するまで受給することができます。 例えば子供が3人いる場合、上の子供から順に18歳に到達していきますが、1人18歳を過ぎていくごとに受給額が減額になり、3人目の子供が18歳を過ぎたときに遺族基礎年金の受給は終了となります。 また、子供に障害年金の障害等級1級・2級の障害がある場合は、先ほどもご説明しましたが、20歳まで受給することができます。 しかし、遺族基礎年金の受給権について注意しなければならないことがあります。 遺族基礎年金は、故人が亡くなった後に残された妻(夫)と子供のための年金であるため、妻(夫)や子供が死亡したときや再婚したときには、受給権が喪失します。 遺族基礎年金は、いつまでももらえるのかが分かりましたが、実際にどのくらいの金額がもらえるのでしょうか。 遺族基礎年金の給付額は 779,300円+子供の人数分の加算で計算します。 子供の加算は、第1子と第2子がそれぞれ224,300円、第3子以降がそれぞれ74,800円になります。 例えば、18歳未満の子供が3人いる場合の年間支給額は次のように計算されます。 なお、子供が遺族基礎年金を受給する場合の子供の加算は、第2子以降について行い、算出された年金額を子供の人数で除した額が、子供1人あたりの年金額になります。 遺族厚生年金を受給するためには、故人の保険料納付要件が重要になります。 支給されるためには、次の4つの要件のいずれかを満たしている必要があります。 高齢年金に加入中であった• 厚生年金の加入中に初診日のある疾病で初診日から5年以内に死亡• 1級または2級の障害厚生年金を受給していた• 老齢厚生年金を受給している、または老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている 1~3を「短期要件」、4を「長期要件」といいます。 さらに、1と2の場合は、保険料をきちんと納付していたことが必要になります。 保険料納付要件としては、次の2つのうちいずれかを満たしていることが必要です。 死亡日の前々月までの1年間において、保険料の滞納がなかった 厚生年金の滞納はあまり心配ありませんが、以前国民年金を滞納していたことがあるケースもありますので注意が必要です。 遺族厚生年金がいつまでもらえるのかについては、受給者によって異なります。 【妻が受給する場合】 妻が受給する場合は、一生涯支給されることになりますが、老齢厚生年金を受給する場合はその差額が支給されることになります。 老齢厚生年金については、その後ご説明しますので参考にしていただきたいと思います。 また、妻であっても、夫の死亡時に妻の年齢が30歳未満で子供がいないという場合は、支給は5年間のみとなります。 そして、妻が40歳から65歳になるまでの間は「中高齢寡婦加算」といって年額584,500円が加算されます。 中高齢寡婦加算の給付用件には次の2つがあります。 夫の死亡時に妻が40歳以上65歳未満であり、同一生計の18歳未満の子供がいない• 遺族基礎年金・遺族厚生年金を受給していた子供が18歳を超え受給資格を喪失した場合 【子供・孫が受給する場合】 子供や孫が遺族厚生年金を受給する場合は、遺族基礎年金の要件と同様に、「18歳到達年度の末日」までが受給対象となり、障害年金の障害等級1級・2級に該当する場合は20歳まで受給することができます。 【夫、父母、祖父母が受給する場合】 夫、父母、祖父母も受給することができますが、受給開始年齢は60歳からとなり、そこから一生涯受給することができます。 遺族厚生年金は、故人が亡くなる前にどの位の期間厚生年金に加入していたのか、またどのくらいの保険料を納付していたのかによって、受給金額が異なってきます。 というのも、計算において「総報酬制導入」のため加入期間を平成15年3月までと平成15年4月からに分けて計算する必要があるからです。 非常に難解な計算式になりますが、ご参考までにご紹介いたします。 老齢厚生年金は、厚生年金に加入していた年数や給与によって支給額が決まるため、その人ごとに支給額が異なります。 そして、遺族厚生年金のところでも触れましたが、計算式は非常に難解ですので、ご参考までにご説明いたします。 厚生年金受給額の計算は、次のように行います。 【経過的加算】 厚生年金に20歳未満で加入していた部分、および60歳以上で加入していた部分について加算します。 【加給年金額】 厚生年金の加入期間が20年以上あり、本人が65歳になった時点で、65歳未満の配偶者や18歳以下の子供がいる場合に支給される家族手当のようなものです。 寡婦年金はいつまで受給できるのかについて、妻が60歳未満のときと60歳以上のときに分けてご説明します。 【妻が60歳未満】 妻が60歳未満の場合は、妻が60歳に達した日の属する月の翌月から寡婦年金が支給され、妻が65歳に達した日の属する月まで支給されます。 【妻が60歳以上】 妻が60歳以上の場合は、夫が死亡した日の属する月の翌月から寡婦年金が支給され、妻が65歳に達した日の属する月まで支給されます。 寡婦年金がいつからいつまで支給されるのかを簡単にいうと、 60歳から65歳までになりますが、妻が60歳以降に夫が亡くなる場合はその翌月から支給になり、受給期間が短くなりますので注意が必要です。 また、寡婦年金を受給している妻が再婚した場合や、死亡した場合、老齢基礎年金の繰り上げ支給を申請した場合は支給停止になります。 夫が国民年金に加入中死亡した場合、妻には「寡婦年金」と「死亡一時金」が両方受け取れる権利が発生する場合があります。 しかし、 寡婦年金と死亡一時金は併給不可とされ、どちらか一方しか受給することができません。 妻としてはできるだけお得な方を選びたいところですが、まずは給付内容を確認してみましょう。 【死亡一時金】 一時金というだけあって給付は1回限りで、給付額は保険料納付期間によって12万円~32万円になります。 両者の給付額を比べてみると、明らかに寡婦年金の方が高額な年金を受給することができるのがお分かりいただけると思います。 このように 一般的には寡婦年金の方がお得な場合が多いですが、妻が自分の老齢基礎年金を繰上げ受給する場合や老齢厚生年金を受給する場合には、死亡一時金を受給したほうがよいケースもありますので、受給要件や受給額を確認の上どちらにするか決めるといいでしょう。 遺族年金は、いつまでも請求できるわけではなく期限が決められています。 請求できるのは 「遺族年金の受給権が発生してから5年」とされており、5年で時効を迎えてしまいます。 また、死亡一時金だけは2年で時効を迎えてしまいますので、受給権が発生したら速やかに手続きを行う必要があります。 ではここで、遺族年金を受給するための手続きについて簡単にご説明していきます。 死亡したことを届け出る 市区町村役場へ死亡届等を提出する。 【個人がまだ年金受給者でない場合】 国民年金加入者:「国民年金被保険者死亡届」を市区町村役場に提出 厚生年金加入者:「厚生年金資格喪失届」を会社を通じて提出 【個人が年金受給者であった場合】 「年金受給者死亡届」を年金手帳などを添付して年金事務所に提出• 遺族年金請求先 遺族基礎年金を請求する:故人の居住地の地区町村役場 遺族厚生年金を請求する:年金事務所または年金相談センター• 必要な書類 遺族年金の請求をする場合には、「遺族年金裁定請求書」に必要事項を記載します。 必要書類として、年金手帳、戸籍謄本、住民票、死亡診断書などが必要になります。 なお、必要書類は遺族年金の種類によって異なりますので、市区町村窓口や年金事務所などに確認するようにしましょう。 遺族年金について「誰が」「いつまで」「いくら」受給できるのかについてご説明していきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは、• 遺族年金には「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の2種類があり、他にも「寡婦年金」や「死亡一時金」がある• それぞれの遺族年金には受給資格や受給要件が定められており、「誰が」「いつまで」「いくら」受給できるのかが異なる• 遺族年金の請求には5年(死亡一時金の場合は2年)という時効があるため、受給権発生後は速やかに手続きをとることが重要である です。 遺族年金は計算式が難解なため理解しづらいところがありますが、細かい計算はファイナンシャルプランナーなどに相談するとして、受給資格や受給要件についてはしっかりと理解しておき、保険料の納付漏れなどには十分に注意しましょう。 なお、ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

次の

遺族年金の計算方法 誰でも5分で簡単に計算できる | マネーの達人

遺族 年金 いくら もらえる

旦那さんが亡くなった場合、遺族には年金が支払われます。 遺族年金っていくらもらえるのか、気になりませんか? 今回は「子育て世帯のお父さんが亡くなった場合にもらえる年金額」を計算してみようと思います。 遺族年金の目安 遺族年金の額は、たいてい月10万円ぐらいだと思います。 収入や家族構成によって変わってきます。 細かいことはよいのですぐ知りたいという方はをどうぞ。 計算方法を詳しくご説明していこうと思います。 サラリーマン家庭用の計算式です これから挙げる数字は、 ・サラリーマンの夫がいて ・妻と子(18才未満)がいる家庭 を前提にしています。 (妻に収入があってもかまいません。 ) それ以外のご家庭(自営業、国民年金加入、お子さんのいない家庭、18才以上のお子さんのいる家庭)については、改めて記事にさせていただこうと思います。 もらえるのは遺族基礎年金と遺族厚生年金 サラリーマン家庭で旦那さんが万が一亡くなった場合には 1 遺族基礎年金 2 遺族厚生年金 の二つが支給されます。 ちなみに、奥さんが稼ぎ手で、夫が専業主夫の場合は、遺族厚生年金はもらえません。 (奥さんの死亡時に五十五歳以上の旦那さんはもらえます。 ) 遺族基礎年金の計算方法 まず遺族基礎年金を計算してみましょう。 遺族基礎年金の金額は以下の通りです。 遺族厚生年金の額は、過去の年収の平均額をもとに計算されます。 就職した年から今年までの年収の平均額ってわかりますか? 子育て中のご家庭では、200万円台後半~400万円台となる場合が多いのではないでしょうか。 しかし式が複雑で、なんだか難しいですね。 子育て世帯の多くでは、こちらの計算式にあてはめたら十分だと思います。 遺族厚生年金額がやや高くなりますが、月数百円~数千円程度の差です。 ) 遺族厚生年金と年収の一覧表 遺族厚生年金額を一覧にしました。 遺族年金(=遺族基礎年金+遺族厚生年金)の額はいくら? 遺族基礎年金と遺族厚生年金を合わせた額(概算)の一覧です。 この金額を毎月受け取ることができます。 わが家は遺族年金14万円の見込 わが家の場合、夫のこれまでの年収の平均は約450万円でした。 (夫が厚生年金に加入したのが30歳代だったので、よそのお宅よりも多めだと思います。 ) そして子どもは2人。 今、夫にもしものことがあれば、遺族年金は毎月140,963円程度もらえることになります。 こんなにもらえるなんて、意外でした。 18才で減額 子どもが小さいうちは遺族年金は月14万円なのですが・・・ 子どもが18才になると、遺族基礎年金が減額されます。 (正確には、「子が18才になった年度の3月末日まで」です。 就職ではなく進学を選ぶとすると、このあたりから経済的には厳しくなることが予想されます。 必要額をきちんと計算して、生命保険、学資保険をかけることが必要になってきますね。 保険の無料相談が必須! お子さんの生まれる前や、マイホーム購入前には、保険の見直しをすることが大切です。 保険というのは、かけすぎも、足りなくても危険です! 私は出産前にたくさんの保険相談を利用しましたが、その中でも は、すごく詳しく相談に乗ってくださいました。 遺族年金の額についても考慮して、わが家にぴったりの保険を提案してくださいました。 保険加入をお考えの方にはぜひおすすめしたいです。 こちらの記事でも詳しくご説明しています。

次の