水 の 呼吸 11 の 型。 【鬼滅の刃】冨岡義勇の技や水の呼吸の型を紹介!

〇〇の呼吸、〇〇の型

水 の 呼吸 11 の 型

額に痣(生まれつきではないみたい)があり両耳に花札のような耳飾りをしている少年、鬼滅の刃の主人公。 真面目で心優しいが鬼との戦いとなると絶対に諦めない強い意志を発揮するジャンプ主人公のお手本のような青年、しかし鬼狩りの剣士となった後もその優しさは変わらず、人食いの鬼が相手とはいえ命を奪う事の意味を忘れず、鬼に対しても優しさを見せることもある。 それでいて無垢なまま進む。 また一方では、命を弄ぶ者や弱者を傷つける者に対しては、感情的になり並ならぬ怒り出すという一面もあります。 ある日彼の家族は鬼に惨殺され、唯一生き残っていた妹の禰豆子は鬼へと変貌していたその妹を治す手がかりを探すために鬼殺隊に入隊する覚悟を決める。 そして家族の仇であり禰豆子を鬼に変えた「鬼舞辻無惨」を追う 宿敵である鬼舞辻に対してはこれまでにないほどの怒りを見せます。 戦闘スタイル 主な呼吸法は水の呼吸とヒノカミ神楽(日の呼吸)をそれぞれ応用した戦闘スタイル。 元々水の呼吸が体に合っていないため水柱の義勇ほどの威力がでず、かといってヒノカミ神楽ではすぐにスタミナが切れてしまうことから、応用してだす独自のスタイルを確立させつつある。 痣自体は生まれつきではないのですが、上限の鬼たちとの戦いで徐々に色が濃くなりつつあり、伝承にある始まりの剣士と同じポジションにありつつある。 さらに、上限の弐との戦いでは義勇との共闘、父の教えから「無我の境地」にたどり着く。 それは人が本来もつ闘気がなく、気配も感じられることがなくなり、視界の見え方が大きく変わるとされる。 上限の壱や、それと戦っていた岩柱や風柱にも同じ状態になっていた。 水の呼吸一覧 壱ノ型 水面切り (鬼滅の刃 第7話 参照) 交差させた両腕から、勢い良く水平に刀を振るう技。 跳躍状態でも高い威力を持つ基本技。 シンプルな分、攻撃力が高く強靭な鬼の首を斬ることができる。 弐ノ型 水車 (鬼滅の刃 第13話 参照) 垂直方向に身体ごと一回転しながら斬りつけることで、広範囲の敵を攻撃する技。 大型の鬼にも有効で。 弐ノ型・改 横水車 (鬼滅の刃 第17話 参照) 参ノ型 流流舞い (鬼滅の刃 第6話 参照) 水流のごとく流れるような足運びによる、回避と攻撃を合わせた技。 肆ノ型 打ち潮 (鬼滅の刃 第11話 参照) 淀みのない動きで斬撃を繰り出す。 潮のように流れる連撃によって、複数の敵に効果的な技。 肆ノ型 打ち潮・乱 (鬼滅の刃 第76話 参照) 伍ノ型 干天の慈雨 (鬼滅の刃 第31話 参照) 相手が自ら頸を差し出して来た時のみ使う慈悲の剣撃。 斬られた者に殆ど苦痛を与えない。 自ら首を差し出してきた者に使う技。 陸ノ型 ねじれ渦 (鬼滅の刃 第18話 参照) 上半身と下半身強くをねじった状態から、勢いを伴って繰り出す斬撃。 水中でこそ本領を発揮でき、発生させた渦は鋭い水刃となって周囲全てを切り裂く。 回転させて攻撃を防御に転換させた。 漆ノ型 雫波紋突き・曲 (鬼滅の刃 第6話 参照) 全ての水の呼吸の技の中で最速の突き。 鬼の頸を斬り落とすには向かないため、牽制または迎撃用。 捌ノ型 滝壺 (鬼滅の刃 第6話 参照) 怒涛の勢いと共に上段から打ち下ろす。 威力、攻撃範囲ともトップクラス。 玖ノ型 水流飛沫・乱 (鬼滅の刃 第25話 参照) 動作中の着地時間・着地面積を最小限にし、縦横無尽に駆け巡る事を可能とする歩法。 足場の悪い場所での戦いに適している。 拾ノ型 生生流転 (鬼滅の刃 第40話 参照) うねる龍の如く刃を回転させながらの連撃。 一撃目より二撃目の、二撃目より三撃目の威力が上がっていくため、事実上水の型で最強の技だが、充分な威力を引き出すためには相応数の連撃が必要となり、この技の使用中は水の型の特徴である変幻自在の歩法が使えなくなるなど、デメリットも大きい。 ヒノカミ神楽の呼吸 剣術 竈門家に代々伝わる舞いのことであり、祭具と耳飾りを身に付けた厄払いの神楽を舞う踊りに加えて、水の呼吸を応用して戦術にしている。 炭治郎は火を扱う炭焼きの家系として、火の神に捧げるための踊りと思っていて幼い頃から父に教わっていた。 その数は12あるとされている。 ヒノカミ神楽 円舞 (鬼滅の刃 第77話 参照) 炎のような気のオーラを纏い、1撃目に上下2撃目左右に円を描く2連続攻撃 その包まれている炎には炎上効果もあり、斬り口から炎が出る ヒノカミ神楽 幻日虹 (鬼滅の刃 第147話 参照) 高速の捻りと回転による躱し特化の舞、視覚の優れた者ほど、よりくっきりとその残像を捉えてしまう。 熟練され躱しつつ反撃をすることができるようになった。 ヒノカミ神楽 火車 (鬼滅の刃 第77話 参照) この技は不発のためどのような技なのかは不明だ ヒノカミ神楽 灼骨炎陽 (鬼滅の刃 第81話 参照) 炎のような気のオーラを纏い、前方広範囲に渦を描く斬撃 斬られた鬼は灼けるような痛みを感じ、うまく再生できないようになる ヒノカミ神楽 陽華突.

次の

鬼滅の刃/水の呼吸の技一覧!あなたはいくつ覚えていますか?

水 の 呼吸 11 の 型

コンテンツ• 鬼滅の刃伊之助の技 獣の呼吸(型)まとめ 第11話「鼓の屋敷」 今晩お届けの提供絵をご紹介致します。 後提供:嘴平伊之助 来週も是非、御覧ください! — ufotable ufotable 伊之助の型は、 攻撃系の技に 牙(きば)の文字が入りました。 その他は、炭治郎たちと同じで 型(かた)になります。 壱ノ牙 穿ち抜き(うがちぬき) 2本の刀を突き刺し、引き抜くのと同時に斬る技。 那多蜘蛛山(なたぐもやま)で、父蜘蛛と戦ったさいに、くり出します。 刃のギザギザをいかし、相手の首を落とそうとしました。 しかし、予想以上に鬼の首がかたく抜けません。 刀は、敵に刺さったまま、伊之助は絶体絶命のピンチを迎えます。 その後、圧倒的な義勇の技に助けられました。 弐ノ牙 切り裂き (きりさき) 2本の刀を十字にクロスさせ、斬りこむ技。 切りつけると、十字の傷あとが残ります。 無限列車内で、初めて使用しました。 参ノ牙 喰い裂き (くいざき) 手を交差させ、横方向に2つの刀を左右から同時に振り抜く技。 響凱の屋敷、哪多蜘蛛山などで使用しました。 響凱の屋敷の雑魚鬼を、一瞬で切り裂きます。 一方、父蜘蛛との戦いでは、技を放った瞬間刀を折られました。 脱皮した父蜘蛛の体は、鋼も通さないほど硬くなっていたのです。 肆ノ牙 切細裂き (きりこまざき) 左右から、それぞれ3連撃を放つ技。 無限列車内で、初めて使用しました。 特定の場所に、多数の攻撃をしたいときに有効です。 見ることのできない速さで、斬りこんでいました。 伍ノ牙 狂い裂き (くるいざき) 回転しながら、あらゆる場所に斬りつける技。 敵に囲まれ、逃げ場を失ったときに活用しました。 無限列車で初めて使います。 列車内では、鬼の触手から乗客を守るのに役立ちました。 その後、童磨戦でも使用します。 カナヲが襲われそうになったところを助けました。 氷を粉々に切り裂く姿は、花吹雪が舞っているような幻想的な光景です。 陸ノ牙 乱杭咬み(らんぐいがみ) 強力な踏み込みのあと、一点に力を集めた二刀流にしかできない技。 伊之助の奥義にあたります。 この技で、上弦の陸の鬼である堕姫(だき)にトドメをさしました。 刀の刃を内側になるように持ちます。 2つの欠けた刃が合わさるように、切断する目標を挟みました。 そしてノコギリのように、高速で引きます。 帯のように首が柔らかい堕姫の頭が離れました。 漆ノ型 空間識覚 (くうかんしきかく) 相手の居場所などを特定する技。 哪多蜘蛛山で、鬼を見つけるときに使用しました。 相手の気配を感じ取ることができます。 刀は使わず、地面にひざをつき、両腕を肩の位置まで一直線になるように広げました。 どうやら、神経を研ぎすませることで読み取れるようです。 どの距離まで、感じ取れるかは不明です。 しかし半径100mくらいは、余裕でしょうね。 そのくらいの距離はないと、山の中から敵を見つけるのは難しいです。 捌ノ型 爆裂猛進 (ばくれつもうしん) 防御力と回避行動を捨て去り、独特な前のめりの姿勢で素早く移動する技。 上弦の陸の鬼「堕姫」との戦いで使用しました。 イノシシを思わせるまさに全力ダッシュです。 炭治郎と善逸が、彼のフォローをしました。 3人による連携により、伊之助が堕姫に近づくことに成功します。 玖ノ牙 伸・うねり裂き(しん・うねりざき) 腕の関節を全て外し、腕を伸ばして相手を斬る技です。 上弦の弍である 童磨との戦いで繰り出しました。 思いっきり腕を振ることで、関節が外れます。 3mほどの距離を一振りで攻撃しました。 これには、童磨も油断します。 新の技のため、 精度はイマイチです。 首を狙うはずが、相手の両目に当たりました。 戻すときは、ワンピースのルフィのように元通りになります。 骨があるため、ガチンと音が鳴りました。 関節が外れたため、見た目はよくないです。 苦手な方もいると感じましたね。 側にいたカナヲも度肝を抜かれた技でした。 拾ノ牙 円転旋牙(えんてんせんが) 2本の刀を、プロペラのように高速回転させて斬る技。 童磨戦では、凍える冷気の攻撃をよけるために使いました。 冷気を吹き飛ばし、体内に入るのを防ぎます。 見えない連撃をよけるのにも、使えそうでした。 思いつきの投げ裂き(なげさき) カナヲが止めをさそうとした際に、援護した技。 2本の刀を後ろから振りかぶり、たて回転を加え投げます。 童磨戦の場合、刀を動かす動力として使いました。 カナヲがトドメをさそうとした瞬間に、冷気の攻撃が襲います。 そのため、彼女の腕は凍り付き、動かなくなりました。 それをカナヲの刀にうまく当て、押し出します。 数字が付いていないのは、伊之助が即興で思いついた技だからです。 スポンサーリンク 鬼滅の刃伊之助の技『特徴について考察』 伊之助の技は、〇〇裂きや漢字四文字の 比較的シンプルな名前が目立ちます。 小さなことには、こだわらない 彼らしいものとなりました。 ただ短いぶん、絵や説明がなければ、分かりにくいデメリットもあります。 そこは漫画の作品なので、気にしないようにしましょう。 また技は、 豪快なものが多かったですね。 全身を使い、大きく体を動かしながら、相手をほんろうしていく。 そうすることで、相手よりも大きな存在になれ、より戦いやすいのかもしれませんね。 鬼滅の刃のアニメを無料で視聴する方法を紹介! 視聴されていた方は多いでしょう。 そんな中で、何話か見逃していませんか? または、最初から見たいなと感じていませんか? そこでおすすめなのが、 「U-NEXT31日間無料トライアル」です。 31日間、 無料でお試しできる動画配信サービスです。 UーNEXTにはレンタル作品と見放題作品があります。 レンタル作品は、別途お金がかかります。 しかし鬼滅の刃は、全話見放題作品なので、 追加料金はかかりません。 また、期間内に解約すれば無料です。 実際に試してみましたが、本当に期間内は無料でした。 解約方法も実に3分ほどで終わります。 鬼滅の刃伊之助の技『まとめ』.

次の

〇〇の呼吸、〇〇の型

水 の 呼吸 11 の 型

人気漫画『鬼滅の刃』とは? 『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴による大ヒット少年漫画。 『週刊少年ジャンプ』で2016年から連載されています。 主人公の竈門炭治郎は、亡き父の代わりに炭を売って家の生計を立てていましたが、ある日 鬼に家族を殺され、唯一残った妹の禰豆子も鬼に変えられてしまいました。 そして、残された炭治郎は禰豆子を人間に戻すため、人知れず鬼を倒す 「鬼殺隊」に入り、日々鬼達と戦う日々を送ることになるのです。 そんな『鬼滅の刃』は、アニメ化も大成功を収め、シリーズ発行部数は累計2500万部を突破中。 ここからは、今1番アツイと言っても過言ではない大人気漫画『鬼滅の刃』に登場する「水の呼吸」の全ての型を詳しく解説していきます! 剣術「水の呼吸」とは? 【鬼滅】呼吸の基本は炎水風岩雷の五種類。 鬼殺隊の階級が五行ベースなので木火土金水かと思いきやそういうわけでもないようだ。 「水の呼吸」は 容れ物によって形を自在に変える水の如く、相手の攻撃を利用したりいなしたりと、あらゆる状況に対応できる呼吸法であり、炭治郎はこれを育手である鱗滝や錆兎の指導で2年かけて習得しました。 作品の中で現在「水の呼吸」を使用しているのは、炭治郎や鱗滝の他にも、 水柱である冨岡義勇も使用しています。 義勇は炭治郎が鬼殺隊に入るきっかけを作った人物であり、同じ「水の呼吸」でも、炭治郎とは 桁違いの威力で技を繰り出したり、 オリジナルの技を編み出したりしています。 技が登場したのは最終選別編で、鱗滝に恨みを持ち、 錆兎や真菰を殺した強力な鬼と戦いました。 この鬼は 自身の腕を弱点である首に巻きつけて強度を高めており、錆兎も首を切ることができませんでしたが、炭治郎はその首を水面斬りの威力で切り落とすことができました。 エフェクトとしては、斬撃の鋭さを感じるような真っ直ぐな線で、他の技に比べると非常にシンプルなものになっていますが、 斬撃の内側をよく見ると、水の波紋が描かれており、「水面斬り」の名に相応しいものになっています。 必ずしも分かりやすい必殺技が面白さではないことを、和月伸宏がるろ剣を武装錬金で以って乗り越える事で証明したのに、依然世の評価が「和月はるろ剣の人」なのが解せぬ。 こちらも同じく最終餞別編で、炭治郎が人を助けるために技を繰り出しました。 この鬼は「水面斬り」で登場した、錆兎たちを殺した鬼で、 体も非常に大きく、体から生えているたくさんの腕を操るため「水車」が使われたと考えられます。 また、この水車には変形技として 「弐ノ型 改 横水車」という技があり、珠世の屋敷で襲ってきた鬼・矢琶羽が「紅潔の矢」と呼ばれる、物の方向を自在に操れる技で攻撃してきた際、矢を内側に回る水流の流れに乗せ、 その力で逆に矢琶羽を攻撃しました。 水が流れるような滑らかな足運びを行いながら繰り出す技であり、その動きから 回避と攻撃を同時に行うことができます。 この技は手毬を操る鬼・朱紗丸に複数の手毬で攻撃を受けた時に使われました。 エフェクトを見てみると、他の技のような水の 水の飛沫が全く出ておらず、それでいて様々な方向に流れており、 滑らかで自在に動く水の流れを思わせます。 また、画像を見て分かるように、複数の手毬に対応する炭治郎の姿が複数見えており、 残像が残るほど素早く動ける技と考えることもできます。 斬撃をよどみなく繋げていくことで、複数の敵に同時に攻撃をすることができます。 最終選別で炭治郎を取り合って襲ってきた2体の鬼に技を繰り出し、「水の呼吸」を習得してから 初めて鬼の討伐に成功することができました。 エフェクトを見ると、技名の通り、いくつもの波が勢いよく押し寄せるように複数回の攻撃を受けることが分かります。 また、この技は水柱・富岡も作中で披露しており、この技を見た伊之助が 「一太刀の威力が違う 天と地ほどの差がある」と興奮するほどの威力を出し、柱として、 炭治郎との格の違いを見せつけました。 この型は 切られた者ほとんど苦痛を与えない「水の呼吸」唯一の慈悲の剣撃と言われています。 相手が自ら首を差し出してきた場合のみに使用されます。 蜘蛛山編では、下弦の伍である累の恐怖による支配に苦しんでいた「母役」の鬼が、 「死ねば解放される」という思いから、炭治郎に自ら首を差出し、それを見た炭治郎が「干天の慈雨」で首を切り落としました。 また、沼鬼との戦いでも、不発に終わっていますが繰り出そうとしています。 エフェクトを見ると、細く細かく雨が降っており、「干天の慈雨」の名の通り、 渇いた大地に潤いを与えるような優しさを感じることができます。 上半身と下半身をねじった状態から繰り出す技で、勢いを伴って螺旋を描くように周囲を切り裂く斬撃となります。 エフェクトとしては激しく渦を巻く水流が相手に襲いかかるようになっており、その水の流れの勢いは技の中で最も強いものになっています。 水中でこそ大きな威力を発揮する技ですが、地上でも広範囲に渡って攻撃をすることができます。 沼鬼との戦いで2体同時に襲われた際、2体を同時に攻撃するために繰り出されました。 また、 「ねじれ渦・流流」という、ねじれ渦と流流舞いを合わせた技も存在しており、矢琶羽が「紅潔の矢」で攻撃を仕掛けた際に、 矢を絡め取るために使われました。 絵を見る限りでは ねじれ渦の水流の渦を流流舞いのように、自在に操ることでこれを可能にしていると考えられます。 「水の呼吸」の中でも最速の技と言われており、名前の通り斬るのではなく 突くように技を繰り出します。 珠世の屋敷を襲われた際、鬼の操る高速の手毬に対応するためにこの最速の技が使われましたが、基本的に鬼は首を切り落とさなければ死なないため、 決定打にはならないと考えられます。 また、この回で使用されたのは、 「漆ノ型 雫波紋突き・曲」という変形技で、斜めから曲線で突くことによって、 手毬の威力を落とすことに成功しました。 エフェクトとしては、雫が水面に落ち、静かな波紋が広がる様子を描いており、 波を立たせないように一か所に鋭く切り込んでいることが分かります。 捌ノ型 滝壷 新参ものを沼に引きずり込む図って正にこれじゃん 鬼滅の沼鬼 — 日凪セツナ ud0104418624 捌ノ型 滝壷は、2巻10話で初登場した技で、滝から水が流れ落ちるように、 上から地面へと刀を振り下ろすことで繰り出せる技です。 こちらも広い範囲に技を繰り出すことができ、なおかつ 「水の呼吸」の中でトップの威力を出すことができます。 こちらは、沼鬼と戦った際、地面に潜んだ3体の沼鬼が一斉に攻撃を仕掛けた時に 3体同時にダメージを与えるために繰り出されました。 エフェクトを見てみると、 激しく大きな滝に打たれるように攻撃されていることが分かります。 また、攻撃範囲で見ても炭治郎をぐるりと囲むように攻撃ができており、 自分の足元にいる敵などにはかなり有効な技であると考えられます。 あなたへのオススメ記事 玖ノ型 水流飛沫 鬼滅の刃25話、今まで読んだ話数の中では一番グッときた。 この技は攻撃よりも 回避に使われる技で、着地する時の 接地面を最小、最短にすることで縦横無尽に駆け回ることが可能となります。 そのため、足場の悪い場所での戦いに適しています。 「水流飛沫」は鼓を打ち、 凄まじい速さで部屋を回転させながら攻撃を仕掛けてくる鬼・響凱に対応するために繰り出されました。 様々な方向に回転する部屋と攻撃に苦戦していた炭治郎でしたが、この「水流飛沫」で全ての攻撃をかわし、相手の懐に飛び込むことができました。 エフェクトを見てみると、 部屋中にたくさんの細かい水の流れや飛沫が飛び散っており、炭治郎が部屋の回転に合わせて素早く動き回っていることが分かります。 拾ノ型 生生流転 横山大観展で生生流転の巻物見て、 鬼滅の刃で生生流転! — agawayasu a. sound. alchemist's. 「水の呼吸」の中では最も精度の高い型で、刀を回転させながら連撃を打ち出し、 一撃目より二撃目の、二撃目より三撃目と、回転が増すごとに威力が上がっていく「水の呼吸」最強の技です。 蜘蛛山編で、他の型で斬ることのできなかった下弦の伍・累の操る強靭な糸を斬ることに成功しました。 エフェクトは構えた時点で 背景に龍神が浮かび上がり、龍の体が何度も相手に襲い掛かるように斬撃を繰り出しています。 拾壱ノ型 凪 鬼滅42話 炭治郎が頑張った甲斐もあって今度は間に合った義勇さん 前回の打潮 強 から今回は奥義的な独自の型 鬼殺隊は技が体系化されてるから強さの表現にこういう技法が必要だけど、その分恪の違いが分かり易いし格好いい 炭治郎の信頼が窺える「善逸か…?」の所も地味に良い — だみー poisonouspit 「水の呼吸」は、全部で10種類の型が存在していますが、水柱である義勇は、 自身で編み出した義勇だけの技「拾壱ノ型 凪」を扱うことができます。 凪とは無風状態の海のことを指し、海水は揺れず、鏡のようになります。 「凪」の状態の 義勇の間合いに入った攻撃は、全て無になってしまうという技で、蜘蛛山編で炭治郎の助けに入り、「凪」を使った義勇は、累の強靭な糸をばらけさせ、「ヒノカミ神楽」や禰豆子の爆血を使っても倒すことのできなかった 累の首をいとも簡単に切り落としてしまいました。 エフェクトを見ると、義勇の背景に静かな水面が写っており、「凪」を使う際に、義勇はほとんど体を動かしていません。 腕が少し動いているようにも見えますが、剣を振るったかどうかは分からず、また、 どのように発動しているかも不明です。 今後「水の呼吸」の新しい技は出るのか!?今後の展開に注目! 炭治郎は、現在「ヒノカミ神楽」を中心に技を増やしていますが、「 水の呼吸」との合わせ技なども出現してきています。 また、義勇も作中では未だ「打ち潮」と「凪」以外をきちんと披露していません。 今後「水の呼吸」で新しい技が出るかどうかは不明ですが、可能性としては大いにありうるのではないでしょうか。 また、2019年4月から放送されるアニメでは 技のエフェクトがどのように表現されるのか、こちらも期待して待ちたいと思います! 関連記事をご紹介!.

次の