ソフトバンク光 プロバイダ 確認。 ソフトバンク光でIPv6を利用する為の接続方法とは

ソフトバンク光のメールのアドレス取得や設定の方法を知りたい!

ソフトバンク光 プロバイダ 確認

ソフトバンク光のIPv6とは? IPv6はざっくり言うと家の光回線からネットへ繋ぐための接続方法のことで、ネットの速度や繋がりやすさと関係があります。 ネットの接続方法はIPv4とIPv6の2つ。 なので ネットを快適に使いたい人はIPv6に切り替えた方がいいですよ、ということになります。 またIPv6にもさらに3種類があって、その中でも「v6プラス」というものが1番速くなりやすい、ということだけ知っておけば問題ありません。 IPv6の種類 PPPoE IPv6:速度はあまり変わらない IPoE IPv6:一部のサイトでのみ速くなる v6プラス:速度が速くなりやすいIPv6はどの光回線でも使うことができて、すでにどこかの回線と契約している人も工事なしで接続方法を変更することができます。 ただ契約している光回線によってはWi-Fiルーターのレンタルや、IPv6にするための申込み手続きが必要になることもあるので確認してみてください。 IPv6を使うには光BBユニットが必要 IPv6に切り替えるためには光BBユニット (月額467円)でレンタルして、自分の家のモデムと接続をしなければなりません。 速度を早くするために月額467円を毎月支払うのはもったいないと感じるかもしれません。 ただソフトバンクやY! mobileのスマホを持っている人は、光BBユニットをレンタルすることでスマホ料金を安くすることができるんです。 光BBユニットの他にも2つのオプションに登録することで、おうち割というセット割が適用できて、スマホの料金が最大1,000円割引に。 mobileのスマホを持っている人なら、光BBユニットをレンタルした方が結果的にネット料金を安くすることができます。 ソフトバンク光のIPv6に切り替える方法 ソフトバンク光のIPv6はこれから申込みをする人と、すでに契約中の人で方法が違うので、それぞれのパターンに分けて紹介していきます。 これからソフトバンク光を申し込む場合 これからソフトバンク光を申し込むのであれば、契約と同時に光BBユニットのレンタル手続きが完了します。 申し込み窓口はソフトバンクショップ、家電量販店、電話、webなどがありますが、どこでもレンタルの手続きができますので、好きな方法でソフトバンク光を契約してください。 おうち割を適用させる場合は自動的に光BBユニットもレンタルできるので、手続きをする必要はありません。 契約が完了すれば、ソフトバンク光の工事前に光BBユニットが届くので、開通したあとにモデムと接続をすれば自動でIPv6接続を使えるようになります。 ソフトバンク光をすでに契約中の場合 ソフトバンク光を契約している人は、まずIPv6が利用できているかどうかを確認しましょう。 光BBユニットがあれば、IPv6接続になっていますが、どれなのかよくわからない人は公式のホームページでどの接続方式になっているのかを確認してみてください。 IPv6接続になっていない場合は、ソフトバンクショップ、またはMy softbankから光BBユニットのレンタル手続きができます。 申し込みをする時にS-IDとパスワードが必要になるので、契約したときに家に届いている書類で確認してください。 My softbankはネットでの手続になっていて、好きな時間に手続きができるのでおすすめです。 実は光BBユニットも種類があって、古い機種を使っている人はそもそも速度がでません。 機器の側面にシールが貼ってあるのですが、下の方に 「型番:J18V111. 00」と書いている場合は1番古い機種になっています。 ソフトバンクの会員ページから交換の申込みをして、新しい機器を送ってもらいましょう。 1週間後には新しい機器が家に届くので、接続や設定をすると速度をあげることができます。 古い機種は配達員が引き取ってくれるので、ダンボールなどで梱包しておけば問題なし。 また「型番:J18V150. 00」であれば最新なので、この場合は交換をする必要はありません。 市販のルーターだとIPv6は使えない? すでに自分で市販のルーターを持っているから、光BBユニットは必要ないよ、という人もいるかと思います。 必ず光BBユニットを利用しないとソフトバンク光でIPv6を利用することができません。 どうしても自分で用意したWi-Fiルーターを利用したい人は、光BBユニットに購入したWi-Fiルーターを接続することでWi-Fiを飛ばせるようになります。 ただし配線や機器が増えるのジャマになってしまうデメリットがありますので、注意してください。 まとめ Ipv6接続は通信速度に関わることなので、今ソフトバンク光を使っていて何も不満がないのであれば気にする必要はありません。 ただ検索や動画が観づらい人はIpv6になっていない可能性があるので、切り替えの手続きをしましょう。 早ければ1週間後には速度が改善できます。

次の

ソフトバンク光の契約内容の確認・変更方法│ありがちな請求トラブルの原因

ソフトバンク光 プロバイダ 確認

Contents• ソフトバンク光のプロバイダはYahoo! BB なぜソフトバンク光に加入する時にプロバイダを選ぶという作業がないのか。 それはソフトバンク光のプロバイダはYahoo! BBというふうに最初から決まっているからなんですよ。 ソフトバンク光はフレッツ光の回線を利用している光コラボの一つです。 光コラボというとSo-net光やビッグローブ光のようにフレッツ光のプロバイダが打ち出している 回線とプロバイダの一体型サービスですよね。 ソフトバンク光のプロバイダがなぜわかりにくいのかと言うとソフトバンクとYahoo! BBの名前が違うからなんですが、Yahoo! はソフトバンクの子会社です。 なので同一の会社で行うプロバイダ一体化サービスと同じことなんですね。 ソフトバンク光のプロバイダは変更できる? ソフトバンク光の契約時にプロバイダをYahoo! BB以外にすることはできません。 契約中にプロバイダだけ他のプロバイダに変更することもできません。 ソフトバンク光を契約すると同時にプロバイダとしてYahoo! BBを利用することになるのです。 Info ソフトバンク光はプロバイダ一体型サービスの為途中で変更する事やプロバイダを自由に選ぶことも出来ません。 プロバイダの役割とは? そもそもプロバイダの役割って一体何なのかよくわからないという方もいるかもしれません。 ソフトバンク光に申し込むとまず自宅にフレッツ光の回線を引きこむ工事をしますよね。 インターネットを使うためにはプロバイダに自宅まで来た回線にインターネットサービスを供給してもらわないといけないんです。 回線が水路でそこに水(インターネット)を流すのがプロバイダと考えていただけるとわかりやすいのではないかと思います。 なのでインターネットを使うためには必ず回線とプロバイダの2つが必要になるんですね。 ソフトバンク光の料金とプロバイダ料 光回線によっては回線使用料とは別にプロバイダにも毎月料金を支払うというシステムをとっているところもあります。 でもソフトバンク光はプロバイダであるYahoo! BBが一体になったサービスなので、別途プロバイダ料を支払う必要はないんです。 ソフトバンク光の月額料金はプロバイダ料も込み込みで速度1Gのプランの2年自動更新契約で以下の様になっています。 ファミリータイプ 5,200円 マンションタイプ 3,800円 ソフトバンク光が遅いと感じたら光BBユニット 光BBユニットを使うと混雑しがちな従来のIPv4という接続方式ではなく、次世代のIPv6高速ハイブリッドを利用してネットに接続することができるんですね。 ソフトバンク光の速度に不満で光BBユニットをレンタルしていないという方は、まずはレンタルに申し込むようにしてください。 ソフトバンク光が遅いといった状況は既に一昔前の話になっているのです。 こちらの光BBユニットレンタルはおうち割光セット(スマホセット割引)を利用する為の必須条件ともなっているのです。 上記のことからどこかのサイトではソフトバンク光をこき下ろしたいが為におうち割光セットは全く持って意味がないなんて書かれ方もしてますが、以下の全ての条件を満たした場合だけ意味がなくなります。 少し話がそれていますが、光BBユニットはソフトバンク光で複数のサービスと複雑に絡み合ってとても重要な部分である為、詳しくご紹介させていただきました。 ソフトバンク光のプロバイダYahoo! BBのサービスについて プロバイダは各社独自で色々なサービスを打ち出していています。 ソフトバンク光に申し込むならプロバイダであるYahoo! BBのサービスについても気になりますね。 ここではYahoo! BBのメリットや特徴などを紹介していきますよ。 Yahoo! のサービスをお得に使えるメリットがある プロバイダでYahoo! BBを利用するメリットはYahoo! の人気サービスがよりお得に利用できるYahoo! BB基本サービスというオプションに加入することができることです。 Yahoo! BB基本サービスには以下の2種類のプランがあります。 スタンダード 月額料金300円 プレミアム 月額料金550円 Yahoo! BBサービス内容 スタンダード プレミアム 未加入 Yahoo! メールの容量 無制限 無制限 10GB Yahoo! の出品手数料 落札価格の10% 落札価格の8. 8% 落札価格の10% バスケットLIVE パ・リーグLIVE 利用不可 見放題 利用不可 ヤフオク! やYahoo! ショッピングなどYahoo! のサービスをよく利用する方にとっては、加入しておくとお得といえますね。 ソフトバンク光には基本メールアドレスがない 他の光回線(プロバイダ)と契約すると会員用のメールアドレスがもらえることが多いですがソフトバンク光にはこのサービスがなく、Yahoo! BB基本サービスに加入した場合だけ会員用のメールアドレスが発行されるようになっています。 どうしてもメールアドレスが必要な場合はYahoo! のフリーメールなどで自分でメールアドレスをつくるようにしてくださいね。 Yahoo! BB基本サービスの会員専用のメールアドレスは"~ ybb. jp"となり、Yahoo! のフリーメールのアドレスは"~ yahoo. jp"となっていますよ。 memo ソフトバンク光の契約ではメールアドレスは付与されません。 重要な連絡事項は登録時のスマホ電話番号宛にSMSで発信されます。 スマホの電話番号が無い場合は連絡用のメールアドレスとして利用中のメールアドレスを設定するか、申し込み前に事前にYahoo! のフリーメールアドレスを作成しておくと良いかもしれません。 乗り換え前のプロバイダ契約に関する注意点 現在使っている光回線で 自分で選択したプロバイダを使っているという場合、ソフトバンク光に乗り換えるなら今使っていプロバイダをどうすればいいのかその扱いに悩むかもしれません。 ここではソフトバンク光に乗り換える場合のプロバイダに関する注意点を紹介しますよ。 プロバイダ一体型以外は個別で解約が必要 ソフトバンク光に乗り換えると自動的にYahoo! BBをプロバイダに利用するということになります。 プロバイダを選べるタイプの光回線の乗り換えでは、乗り換え前と乗り換え後に同じプロバイダを利用する場合プロバイダは解約しなくていいこともあります。 でもソフトバンク光に乗り換える場合は、現在プロバイダにYahoo! BBを使っていない限りそれは無理ですよね。 なので前の回線を解約するのと一緒に必ずプロバイダも解約するようにしてください。 回線だけ解約してプロバイダの契約はそのままにしておくと、使っていないプロバイダ料を毎月払い続けることになってしまうので注意してくださいね。 プロバイダを解約する時の注意点 プロバイダを解約すると当たり前ですがそのプロバイダから提供されていたサービスが使えなくなってしまいます。 プロバイダのサービスには 会員用メールアドレス ブログサービス セキュリティサービス などがあるのですが、一番困るのはメールアドレスが使えなくなることなのではないでしょうか。 多くのプロバイダでメールアドレスだけを残せる月額300円前後のプランを用意してくれているので、どうしてもそのアドレスが必要な場合は利用することを検討してみてください。 もしメールアドレスが変わっても大丈夫なら新しく無料のフリーメールをつくってしまう方が余計な費用がかからず良いかもしれませんよ。 プロバイダの解約でも違約金が発生することが 光回線の解約ほど高額ではないものの、プロバイダの解約でも違約金が発生することがあります。 特に契約してすぐ解約する場合は違約金を請求される可能性が高くなります。 違約金の有無を確認したい場合は現在ご利用中のプロバイダのカスタマーサービスに問い合わせてみてくださいね。 もし違約金が発生してもソフトバンク光に乗り換えるなら心配ありません。 あんしん乗り換えキャンペーンを利用することで、乗り換えに伴う違約金を全額補償してもらえます。 また代理店から申し込むことでこれとは別に最大33,000円前後のキャッシュバックまでもらえる可能性がありますよ。

次の

自分が契約しているプロバイダはどう確認するの?すぐできる3つの方法

ソフトバンク光 プロバイダ 確認

皆さん、こんにちは!最近Android TVにハマって寝不足の2700です!Androi TVでインターネットTVを流していると作業が捗るのでお勧めですよ! 皆さんの中で自宅のインターネットを解約したり、契約しているインターネット会社の乗り換えをするときに困ったことに出くわしたという人は少なからずいるのではないでしょうか? はたまた「これからインターネット解約したい」とか「インターネット会社を乗り換えたい」という人でも「手続きのときに困ったと聞いたことがあって、不安になっている」といった人もいるかと思います。 そこで今回は「解約」や「乗り換え」のときに最も困った状況に陥りやすい項目の「プロバイダ」についてお話をしたいと思います。 プロバイダは意外と存在が忘れ去られがちでありながら大事な立ち位置にいるものですので、この記事を読んでプロバイダの大切さも見直して頂けると幸いです。 おさらい!「プロバイダ」とは? ここでは最初にインターネットサービスを契約するときに店員さんが説明されることが多いんですが、おさらいとして「プロバイダ」について解説します。 当然のことなのですが例えばNTTの「フレッツ光」を契約して、導入工事が完了してもインターネットは利用できません。 「フレッツ光」の光回線はあくまでもインターネット通信を提供するものであって、 「インターネットを利用できる権利」を与えてくれるわけではありません。 「フレッツ光」は電車に例えて表すと線路の立ち位置にいます。 線路に乗って行き来するには電車に乗る駅が必要ですよね? そこで駅と電車の役目をしてくれるのが今回のテーマになっている「プロバイダ」になるわけです。 「プロバイダ」という駅で切符を買って電車乗って、初めて「フレッツ光」という線路を行き来できることになります。 皆さんにイメージは伝わったでしょうか?更に「プロバイダ」は多くのサービス会社が展開をしており、インターネットサービスを利用の方では「フレッツ光を使っているのはわかっているんだけど、プロバイダはどこか忘れちゃった」という人が意外と多いです。 では契約している「プロバイダ」がどこのサービスかわからない場合、どのような問題があるのでしょうか?次の項目で、このあたりも含めて解説していきましょう。 「解約」や「乗り換え」でもっとも起こりやすい「プロバイダ」の問題 主に発生する問題はこの2点です。 ・「どこのプロバイダと契約をしているのかわからない」 まず先ほどにもあった状況だとどうなるのか?既に予想がついてる人もいるかと思いますが、プロバイダの解約ができないという問題が発生します。 プロバイダの解約は契約しているサービス会社に電話して解約申請を行うのが基本になっているので、まず契約プロバイダがわからないと 解約するにもどこに電話したらいいのか全くわからないですよね?このパターン、実は意外と多いのです。 他には解約後や他社サービスに乗り換えた後にこういったトラブルも起こっています。 ・「プロバイダを契約していることを忘れていて、解約後(もしくは乗り換え後)も毎月基本料金が引き落とされていた」 こちらもインターネットのトラブルでは非常によく見る事案です。 例えばフレッツ光から他社サービスに乗り換えをすると、他社サービス開通後に フレッツ光の解約と、プロバイダの解約が別々で必要になります。 実はこの 「別々」というのが見落とされがちで「フレッツ光を解約すればそれで大丈夫」とご認識される人が多々見受けられるのです。 特にオンライン申込みで他社サービスに乗り換えた人にはよくあるこのトラブル。 店頭で他社サービスに契約手続きを行うと、必ずと言っていいほど店員さんが「今はプロバイダはどちらご利用ですか?」と聞いてきます。 店頭での乗り換え申込みでは比較的少なめですが、たまに店員さんの説明漏れがあるので油断をしてはいけませんね。 そうですね。 十分な注意が必要です。 プロバイダ問題の解決方法 ・契約プロバイダがどこかわからなかった場合 自宅に来ている請求書を探してみる、NTTの請求書を見てみると意外とすぐに契約プロバイダが判明するものです。 しかし請求書送付にも毎月手数料が発生するこの時代。 オンラインで明細確認ができると案内され、そのまま請求書送付が無しという人もいることでしょう。 そんな方でもご安心ください!こんな状況でも簡単に確認ができる方法があるのです! 実はオンラインで契約プロバイダを簡単に確かめることができます。 試しに下記のURLをクリックしてみましょう。 そうすると左上に 「プロバイダー(ISP)」と書いてある項目がありますよね。 その項目に書いてある会社名が、あなたが契約しているプロバイダになります。 あとはインターネット検索で 「契約しているプロバイダ名 解約」と入力して検索ボタンを押せば解約方法が簡単に調べることができますよね。 これは自宅のパソコンだけではなく、自宅のWi-Fiに接続したスマートフォンでも確認できるので片手だけで問題が解消される優れものです。 ・契約プロバイダはわかったけど、IDやパスワードがわからない! 「解約」や「乗り換え」をするのであればそこまで必要にはなりません。 しかし今後継続する可能性もある人には必要になることもあるでしょう。 プロバイダのIDとパスワードは基本的に契約した当時に封書で送れてきます。 その封書には 「重要な内容なので大切に保管してください」と記載されているので、ご自宅のどこかに眠っている可能性は高いです。 もし無かった場合はどうすればいいのか?そのときは契約プロバイダの カスタマーセンターに電話をすれば再発行の手続き等をしてくれるので安心してください。 このIDとパスワード、「接続の調子が悪いな?」と感じたときの再設定に必要なものなので今後は紛失しないように注意しましょう。 そうです。 しかしIDやパスワードなど大事なものなのでしっかり保管しておくのが前提です。 この点もお忘れなく。 トラブルがあったときは? プロバイダの契約の存在を忘れてしまい、「解約」や「乗り換え」のあとも月額が口座から引き落としされていたというトラブルが最も多いことは前述にあった通りなのですが、この場合の解決策はあるのでしょうか? 結論から言うと 「解決策はありません」というのが実情です。 何故かというと、乗り換えた先での説明漏れ等の過失がない限りこのケースは「顧客過失」となり無駄に引き落としされていた月額料金は返ってこないのです。 しかし店頭で他社サービスへの乗り換えをした際に、店員さんから「プロバイダの解約も忘れずにしてくださいね」等の説明がなかった場合はそこを強く言えば他社サービス側で何かしらの対応はしてくれる可能性はあります。 断言はできませんが…でも、乗り換え先の過失ではありますからね…。 やるべきことが1つならいいのですがフレッツ光の場合は、フレッツ光の解約とプロバイダの解約が必要です。 ちょっと面倒ですがしっかり手続きを行うことが大事です。 今後、乗り換え先でトラブルを避ける対策 一番早い方法は 「解約時に回線もプロバイダも一括で解約可能」なサービスを選択することです。 このような形態は意外と少ないですが、「SoftBank 光」がこれにあたります。 全てを一括でまとめてくれる光コラボでも解約時はプロバイダに連絡が必要なものがあるので、契約するに 「解約するときはプロバイダにも申告が必要か?」と聞いておいたほうがいいでしょう。 もしくは解約時に「ここに電話するだけで大丈夫なの?」と聞いておくことです。 用心にこしたことはありませんからね…。 フレッツ光ならプロバイダの解約をくれぐれもお忘れなく。 うっかり忘れてしまった利用プロバイダ インターネット契約で断然人気が高かったサービスと言えばフレッツ光です。 光回線を利用している多くの人がフレッツ光に加入していたといっても過言ではありません。 NTT手掛けるサービスで信頼性も高いものとなっています。 最近はNTTの光回線を貸し出す形で光コラボレーションという商品が出回っています。 こちらも光回線ですがNTTの光回線を利用しているのでフレッツ光と同じ回線を利用している状況になります。 フレッツ光よりも光コラボレーションは料金を安く提供していることが多く月額料金の負担をダウンさせる上でも人気の商品となっています。 どういったものか試しに使ってみたいといった人もいることでしょう。 そうなると光回線の解約と転用をする必要があります。 解約ですがフレッツ光の場合、 光回線とプロバイダの解約が必要となります。 光回線のみ解約したというユーザーもいますが、プロバイダも自分で解約しないと継続利用のままで料金もそのまま引き落とされてしまいます。 インターネットを利用しているもののプロバイダはどこを利用しているかわからないといった人もいることでしょう。 実はこれは珍しい話ではなく、けっこうある話です。 何となく契約してしまった人は特にそうした傾向が強いです。 プロバイダの利用ですがIPアドレスやDNSサーバーアドレスから探しだすことができないか?と気になっている方もいることでしょう。 インターネット接続をしてオンラインから探し出せればベストですね。 またプロバイダのアドレスを使っている方もいることでしょう。 そうした方は @の後にプロバイダのヒントなるメールアドレスになっていると思うのでそちらで確認するといいでしょう。 プロバイダの情報ですがサーバーのIPアドレスなどで確認できます。 サーバーの管理者であればこうした手順を熟知していることでしょう。 プロバイダについては新規登録の際に契約内容を結んでいるはずです。 また自宅にプロバイダに関する書類がないか確認してみるといいでしょう。 専門家でもない限り回線会社の詳細はわからないと思います。 プロバイダについても何らかの形で確認をとれば問題なく利用できます。 無線LANについては自分で設定している人もいることでしょう。 あるいは最初に業者に設定してもらっている人もいるかと思います。 設定なども契約書類をみて行うのが通例なので書類を探してみましょう。 接続先ですが WAN側IPアドレスなど接続情報を確認するといいでしょう。 インターネット接続サービスですがDNSサーバーもだいじな存在です。 メールについてもプロバイダのものでないか?確認してみましょう。 グローバルIPアドレスなどルーターの設定も大事です。 これらもメモで残しておくなり、なんらかの工夫をした方が良いでしょう。 ドコモnetなども人気の商品です。 接続パスワードなども含めてしっかり管理しましょう。 説明のページでルーターの設定の仕方が書いていることもあります。 IPアドレスなど接続についてもポイントを押さえてチェックしましょう。 設定ですがサイトでも紹介しているケースがあるので参考にしてみるといいでしょう。 パソコンの利用で役立つ情報がインターネット上には多数あります。 光回線についてよくわからない人は 説明を読むなり接続方法を探すなりするのがベストかと思います。 ネットの契約は手軽にできますが管理は自己責任です。 業者任せにするのではなく最低限の知識はもっておきましょう。 インターネットに関する書類やID、パスワードなどはしっかり管理するようにしましょう。 書類は1つのところにまとめておいたり、IDパスワードはわかりやすいところに別途保管しておくというのはどうでしょうか。 プロバイダ確認くんを使って調べるのが一番簡単 書類はかさばるし邪魔なものも多いです。 中には誤ってインターネットに関する書類を処分してしまったという人もいることでしょう。 光回線やプロバイダなど書類はややこしいですし、うっかり捨ててしまうケースもあります。 IDやパスワードは覚えやすいものにしていたり、あるいは最初に設定済みなので特段問題なく利用できるケースもあるかと思います。 最初に設定をしておけばそのまま継続利用できるのが一般的です。 問題はトラブルがあったときや解約時です。 解約時には光回線とプロバイダの両方を契約している場合、 光回線とプロバイダと各々に解約手続きを進める必要があります。 フレッツ光を利用している人はNTTに光回線の解約を申し出ればいいわけですが、問題はプロバイダです。 プロバイダはあまり意識しないで契約する人も多く、自分がどこのプロバイダを利用しているかわからない人もいます。 自分がどこのプロバイダと契約しているかわからず、さらに書類もない場合、まずはどこと契約になっているか探す必要があります。 そうした人におすすめなのが プロバイダ確認くんです。 プロバイダ確認くんがインターネットの接続状況をみてプロバイダを確認することが可能です。 プロバイダ確認の上でももっとも役立つ方法の1つです。 どういう形で確認になるか?というとまずはプロバイダ確認にアクセスします。 アクセスはスマホやパソコン、タブレットなどどの端末からでも問題ありません。 そうすると現在利用しているIPアドレスが表示されます。 プロバイダの割り出しですがゲートウェイの名前から大体のプロバイダ先を見当することが可能です。 きちんと割り出すにはIPアドレスから表示されるドメイン調査ツールでプロバイダを確定することが可能です。 この方法はインターネットを接続していることが前提なのでインターネット接続がなされている状態でないとプロバイダの確定ができないので注意が必要です。 IPアドレスはとても便利なものです。 逆いうと自分の履歴もIPアドレスなどから判明することが少なくありません。 プロバイダについてはこうした形でリサーチできます。 契約書などは邪魔にしがちですが しっかり保管しておくこと前提です。 プロバイダに限らずあらゆる契約書は大事な書類となっています。 書類についてはひとまとめにしてしっかり保管するよう心掛けがけましょう。 保管が苦手な人ほど先に保管をしっかりしておけば後々悩むことはないでしょう。 プロバイダー料金がどの請求かわからないケースも多い プロバイダーがどこかは請求書を見ればわかるはずと思った人もいることでしょう。 プロバイダ関係の書類を紛失してしまったり、処分してしまった人という人も少なくありません。 プロバイダの解約をしなければならないのにプロバイダの手がかりとなるものがないといった話も耳にします。 実はこれは珍しいケースではなく、けっこうあるパターンなのです。 プロバイダの請求書ですがクレジットカードや口座振替、コンビニ支払いなど人によってそれぞれです。 大抵請求書をみればどこのプロバイダを利用しているかわかるのですが、中にはわからないような請求書もあります。 例えば電話料金合算サービスというタイプの請求書です。 固定電話を利用している人はnttの固定電話を利用しているかと思います。 さらに光回線となるとフレッツ光を使っている人もいることでしょう。 このようにntt系のサービスを利用している人は プロバイダも含めて請求書が一緒になっておりわかりづらいかもしれません。 請求書の連絡先に電話して詳細を確認してみるといいでしょう。 またプロバイダは年払いのシステムがあるところもあります。 利用料金もそんなに高くないと年払いで支払っている人もいることでしょう。 過去に支払ったときの請求書を持っていれば問題ありませんが、請求書についても処分してしまう人が大半かと思います。 プロバイダがわからないときはまずはインターネット接続で確認するのが1番です。 インターネット接続でプロバイダを確認してみるのがベストでしょう。

次の