コッヘル ペアン。 [B!] ペアン鉗子|鉗子(2)

[B!] ペアン鉗子|鉗子(2)

コッヘル ペアン

手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『 ミクリッツ鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説しています。 黒須美由紀 〈目次〉• ミクリッツ鉗子は腹膜専用の鉗子 先端部にとても頑丈な鈎が付いている ミクリッツ鉗子とは、腹膜専用の鉗子です。 ミクリッツ鉗子は、コッヘル鉗子のように先端部に鈎がある、有鈎の鉗子です。 医療器械メーカーによっては、「ミクリッチ」と発音(表記)することもあります。 パッと見た感じは、かなり大きめのコッヘル鉗子のように見えますが、 把持部の彎曲が強く、溝のある部分が短い、という特徴があります。 また、ミクリッツ鉗子には、「外し型」と「BOX型」の2タイプがあります。 memo「外し型」と「BOX型」の違い ミクリッツ鉗子には、「外し型」と「BOX型」の2種類のタイプがあります。 外し型は、1本の鉗子を2つに分解することができるため、よりキレイに洗浄することができます。 しかし、外し型は、関節部のネジが表面に出ているため、このネジが外れてしまう危険性があります。 手術中、ドクター()から鉗子が戻ってきた場合には、この 関節部のネジが無くなっていないか、破損していないかを併せて確認しましょう。 BOX型は、鉗子の中にネジが埋め込まれた形状になっていますので、使用中にネジが外れてしまうことは、ほぼありません。 ミクリッツ鉗子を使用する場面 基本的に、ミクリッツ鉗子の使用用途は、腹膜を把持することです。 開腹手術中(腹膜切開から閉腹まで)、 腹膜を開いておくために使用されます。 一般的に、ミクリッツ鉗子は、開腹手術の器械セットの中に6本入っています。 手術室や術式によっては、8本や10本のこともあります。 6本が組み込まれている場合、手術で開腹した時には、6本すべてを術野に出し、 腹膜を6ヶ所でつかみ、腹膜が開いた状態を維持します。 その後、開腹鈎をかけて、開腹した状態を維持しながら手術を進めていきます。 直接介助の看護師が、次にミクリッツ腹膜鉗子を手に取るのは閉腹時です。 閉腹用の糸で腹膜を縫合する時に、ミクリッツ鉗子を順番に外していくことで、術野から鉗子が看護師の手元に戻ってきます。 6本のミクリッツ鉗子を外す順番は、(1)頭側の横の2本、(2)下肢側の横の2本、(3)頭側と下肢側の頂点部分の2本の順に鉗子を外すことが多いようです。 memoミクリッツ鉗子の数え忘れには要注意 ミクリッツ鉗子は、サイズが大きいため、内に忘れるということはほとんどありません。 しかし、閉腹操作への移行時は、鉗子が手元に戻ってくるなど、直接介助の看護師はとても慌ただしくなります。 そのため、器械カウントは、数え忘れがないように注意しましょう。 ミクリッツ鉗子の誕生秘話 外科医のDr. ミクリッツが開発? ミクリッツ鉗子が、いつ、どのような目的で、誰の手によって開発されたのか、正確なことはわかっていません。 しかし、19世紀のヨーロッパに、ヨハン・フォン・ミクリッツ(Johann von Mikulicz-Radecki:Dr. ミクリッツ)というオーストリア系ドイツ人(ポーランド人という説もある)の医がいました。 ビルロートの手術との関係性 Dr. ミクリッツは、世界で初めて癌切除の手術を成功させたテオドール・ビルロート(Christian Albert Theodor Billroth:Dr. ビルロート)の弟子でした。 ビルロートは、世界の名だたる音楽家と親交が熱い人物でしたが、普段は近づき難く、弟子たちの頼みにも素直に耳を傾けない堅物な性格だったと言われています。 一方、その弟子であるDr. ミクリッツは、患者さんやその家族からのお願いに親身になって応えたり、患者さんの家族から受け取った手紙に返事を書くなど、色々なことに前向きな人物であったと言われています。 外科医としても、新しいものを取り入れようとする性格だったようです。 ミクリッツは、Dr. ビルロートが行った世界初の幽門側胃切除術にも関係していたと考えられています。 師であるDr. ビルロートの手術の成功を助けるため、その一環として、腹膜を大きく開けておくミクリッツ鉗子という器械を考案したのではないかと、筆者は推測しています。 ミクリッツ鉗子の特徴 サイズ メーカーによって異なりますが、一般的なサイズは18~20cmです。 小さなもの(14cm程度)は、「ベビーミクリッツ鉗子」と呼ばれることもあります。 形状 先端部(把持部)の形状は曲がっていて、関節部から先端までの半分程度が把持部です()。 図1ミクリッツ鉗子の把持部と把持部の断面 memo13Cr ステンレスの特徴 メーカーによっては、より硬度が高い13Cr ステンレスを使っています。 しかし、若干錆びやすい性質のため、取扱いには注意が必要です。 製造工程 ミクリッツ鉗子が 製造される工程は、コッヘル鉗子やペアン鉗子と同様です。 素材を型押し、余分な部分を取り除き、各種加工と熱処理を行い、最終調整を行います。 価格 メーカーによって異なりますが、一般的なサイズのもので 1本5,000円~8,000円程度です。 寿命 他の器械と同様に、洗浄・滅菌の過程での扱い方や、日々のメンテナンスなどにより、使用できる年数が変わってきます。 しかし、腹膜専用の鉗子のため、他の用途で使われることは考慮する必要はありません。 memo鈎の状態には気をつけよう ミクリッツ鉗子は、「腹膜をしっかりとつかんでおく」ための器械です。 そのため、鈎が摩耗して減ってしまった状態では、腹膜をつかむことは難しくなりますので、取り扱いは丁寧に行いましょう。 ミクリッツ鉗子の使い方 使用方法 開腹(腹膜切開)後、腹膜の断端をミクリッツ鉗子で把持し、開いた状態にしておきます。 その際、2本1組のミクリッツ鉗子を1~3組使用します。 図2ミクリッツ鉗子の使用例 開腹(腹膜切開)後、ミクリッツ鉗子で腹膜の断端(6ヶ所)をはさみ、腹膜を開いた状態にしておく。 類似器械との使い分け ミクリッツ鉗子は一般的に、開腹した時に術野へ出て、閉腹するまで手元に戻ってきません。 そのため、手術中に別の器械と取り違えるということはあまりありません。 しかし、準備したミクリッツ鉗子の一部を使用しなかった場合は、器械盤の上に数本残っていることになります。 この場合、他の器械との取り違えが起こる危険性があるため、器械盤の脇にあるポケットにしまっておく、布などで包んで触れないようにしておく、などの工夫が必要です。 また、 途中で直接介助看護師が交代する場合は、器械盤に残っているミクリッツ鉗子の本数の申し送りを忘れてはいけません。 これを怠ってしまうと、最も忙しくなる閉腹操作時に、「ミクリッツ鉗子が足りない!」という問題が発生する危険性があります。 memoミクリッツ鉗子の代用はコッヘル鉗子で 使用するミクリッツ鉗子が6本では足りない場合、長い曲型のコッヘル鉗子を代用として使用することもあります。 禁忌 ミクリッツ鉗子は、腹膜を把持することに特化した鉗子です。 他の部位や場面では使用しないため、 開腹後の臓器に対する使用や、他の器械との取り間違いは禁忌です。 ナースへのワンポイントアドバイス いつでも次の1本を渡せるように準備しておく ミクリッツ鉗子は、基本的には2本1組で使用します。 1本をドクターに渡したら、すぐに次の1本を渡せるように、手元に準備しておくとよいでしょう。 重要なことは、「必ずペア(6本、または8本など)で使うこと」です。 使用前はココを確認 先端の鈎がスムーズに噛み合うか、先端の鈎が破損・摩耗していないかを確認します。 術中はココがポイント ドクターに手渡すときは、 ラチェット部分を1つだけ閉じた状態で手渡すと、ドクターがすぐに使用できるので親切です。 その際、ドクターが器具を確認できるように、 看護師は「ミクリッツ鉗子です」と声を出して渡しましょう。 使用後はココを注意 ドクター(術野)からミクリッツ鉗子が戻ってきたときは、 鈎が破損していないかを念入りに確認してください。 破損がある場合は、術野を確認してもらう必要があります。 特に問題が無ければ、洗浄時にキレイに洗いやすくなるよう、を含んだガーゼなどを使って、などの付着物を落としておきます。 また、「外し型」を使用している場合は、関節部のネジがきちんと残っているかも、併せて確認しましょう。 片付け時はココを注意 洗浄方法 洗浄方法の手順は、下記(1)~(3)までは他の鉗子類の洗浄方法と同じです。 (1)手術終了後は、必ず器械のカウントと形状の確認を行う (2)洗浄機にかける前に、先端部に付着した血液などの付着物を、あらかじめ落しておく (3)感染症の患者さんに使用後、消毒液に一定時間浸ける場合、あらかじめ付着物を落としておく (4)洗浄用ケース(カゴ)に並べるときは鈎が引っかからない場所に置く ミクリッツ鉗子は、コッヘル鉗子などと比較すると、先端に大きな鈎が付いています。 洗浄用ケース(カゴ)に並べる場合は、自分の手袋などを引っかけないように注意しましょう。 また、雑な並べ方をすると、他の器械と重なりあってしまい、鈎を引っかけてしまうこともあるため、きちんと整頓して並べるようにしましょう()。 図3洗浄ケース内での並べ方例(ミクリッツ鉗子) 洗浄時は、開くことができるものは完全に開く、外せるものは外すのが基本です。 左上段より、コッヘル鉗子、モスキート鉗子、ペアン鉗子、長ペアン鉗子、マチュウ、リンパ節鉗子、アリス鉗子、長剪刀、短剪刀、ヘガール持針器。 左下段より、 ミクリッツ鉗子、、腸鉗子、長、短鑷子。 滅菌方法 コッヘル鉗子と同様に高圧蒸気滅菌が最も有効的です。

次の

コッヘル鉗子|鉗子(1)

コッヘル ペアン

手術室にある医療器械について、元手術室勤務のナースが解説します。 今回は、『 ペアン鉗子』についてのお話です。 なお、医療器械の歴史や取り扱い方については様々な説があるため、内容の一部については、筆者の経験や推測に基づいて解説しています。 黒須美由紀 〈目次〉• ペアン鉗子は外科用止血鉗子 ペアン鉗子は外見がコッヘル鉗子とソックリ ペアン鉗子とは、手術用の鉗子です。 ペアン鉗子は、最もポピュラーな鉗子の一つであるコッヘル鉗子と、見た目がとてもよく似ていて、一目見ただけでは区別がつきません。 しかし、鉗子を開いたときの先端部と、使用用途は異なります。 ペアン鉗子には、組織把持面に滑り止めの溝のみがあるのに対して、 コッヘル鉗子には、溝の先端部にかぎ状の突起があります。 この突起部を「鈎(こう)」と呼び、 鈎がないことを「無鈎」、鈎があることを「有鈎」と呼んでいます。 memoペアン鉗子とコッヘル鉗子の区別法 一般的に「 無鈎がペアン鉗子で、有鈎がコッヘル鉗子」と覚えよう。 ペアン鉗子を使用する場面 ペアン鉗子が使用される場面は、外科手術をはじめ、婦人科手術、泌尿器科での開腹手術、手術など、さまざまな診療科においてです。 ペアン鉗子を使用する主な場面はの通りです。 表1ペアン鉗子の主な使用場面 開腹後に血管や組織を結紮する時 結紮用糸を把持する時 組織を把持する時 組織同士を剥離する時 血管や組織の間にマーキング用テープを通す時 テープを把持する時 基本的に、 ペアン鉗子は、コッヘル鉗子のような有鈎のものを使うと、組織の損傷や穿孔などのリスクが生じるシーンで使用されます。 病棟や外来で、チューブ類をつかむためにペアン鉗子が使用されますが、これはチューブ類の損傷を避けるためです。 memo形状別、ペアン鉗子の使用用途例 一般的に、ペアン鉗子は手術中のあらゆる場面で使用されます。 ペアン鉗子の先端部の形状は、曲型と直型のものがありますが、基本的な使用用途は、のように使い分けられます。 表2曲型・直型の使い分け 曲型 組織間などの剥離の場面で使う 直型 結紮用の糸を把持するなど、何かを「持っておく」ために使う ペアン鉗子の誕生秘話 ペアン鉗子の由来はフランスの外科医の名前 「ペアン」という名称は、19世紀後半、フランスで活躍した医師 ジュール・エミール・ペアン(Jules Emile Pean:以下、Dr. ペアン)の名前に由来します。 当時、Dr. ペアンは、ウデが良い医師として、とても人気の高い外科医で、フランス以外の国々にもその名声が届いていました。 memoDr. コッヘルに教授していたDr. ペアン コッヘル鉗子を開発した医師 エミール・テオドール・コッヘル(Emil Theodor Kocher:以下、Dr. コッヘル)も、数年間ですが、Dr. ペアンに師事していたと言われています。 ペアン鉗子は動脈からの出血を防ぐ救世主 当時の外科医は、大きなは縫合糸で結紮し、小さな血管は圧迫や焼灼によって止血していました。 しかし、時代の流れとともに、外科手術はより深部層へ切り込むことが多くなり、動脈を切る回数が増えていきました。 これに伴い、手術によっては、を大量の出血が満たしてしまい、自分が何を行っているかわからくなってしまう外科医もいました。 外科医にとって、手術時の出血は最大の問題です。 ペアンは、この現状をなんとか打破しようと考え、1858年にフランスの器械メーカーが開発したX型の異物鉗子を改良して、1862年に止血鉗子を開発しました(一部で、1870年という説もあります)。 これが、現在のペアン鉗子です。 ペアン鉗子の登場により、動脈からの出血をしっかりと止めたうえで、その動脈を1本ずつ結紮するという、現在の止血方法の基礎ができあがったと言われています。 多くのライバルに打ち勝ち、名付けられた ペアン鉗子の発明の優先権を巡っては、ちょっとした攻防戦があったと言われています。 ペアン鉗子が開発されたのは、今から150年以上も前のことですが、現在の鉗子の形状に近い、「X型に開くことができ、ラチェットを使って閉じたままの状態が維持できる鉗子」は、すでに存在していました。 しかし、あくまでも「異物を掴むための鉗子(異物鉗子)」というものだったため、直接、血管をはさんで止血する繊細な手技には適していませんでした。 そこで、Dr. ペアンは、血管をつかみ止血する操作に最適な形状の鉗子に作り変えたわけですが、同時期に、同じ問題にぶつかっていた他の医師や、加工を担当した器械メーカーとの間で、「 発明した器械に誰の名前を付けるのか」という、争いがあったと言われています。 どのような形で決着したかは定かではありませんが、150年以上経った今でも「ペアン鉗子」という名称が残っていることから考えても、Dr. ペアンが「どういった場面で、この鉗子を使用するか」ということを明確にした最初の外科医であるという事実は、間違いないでしょう。 ペアン鉗子の特徴 サイズ 医療器械メーカーによって異なってきますが、最も 一般的なサイズは13~14. 5cmです。 これよりも大きなもの(18cm程度)は、手術室では「長ペアン」と呼ばれることがあります。 形状 先端部(把持部)の形状は、 真っ直ぐな「直型」と、 彎曲した「曲型(反型)」があります()。 図1直型と曲型の先端部(ペアン鉗子) 材質 現在、 多くのペアン鉗子はステンレス製です。 メーカーによっては、より硬度が高い13Cr ステンレスを使っていますが、錆びやすいため、取り扱いには注意が必要です。 なお、ステンレスが発明されたのは20世紀に入ってからです。 開発当時のペアン鉗子は、違う材質で製造されていたようです。 日本では、昭和30年代頃になって、やっと手術用の器具にステンレスを使用するようになったため、それまでは鉄製ニッケルクロームメッキ製のものが多かったようです。 製造工程 ペアン鉗子が 製造される工程は、コッヘル鉗子と同様です。 素材を型押しし、余分な部分を取り除き、各種加工と熱処理を行い、最終調整という工程が必要になります。 価格 メーカーによって異なりますが、一般的なサイズのもので 1本2,000円~5,000円程度です。 寿命 ペアン鉗子の寿命は、明確には定まっていません。 何年間使用していると壊れるというよりも、使用頻度はどうか、どのような使い方をしているか、洗浄・滅菌の過程での扱い方など、いくつかの要因によって使用できる年数が変わってきます。 ペアン鉗子の使い方 ペアン鉗子の使用方法 切開後、切離面の止血のために、筋層や皮下の脂肪組織で、 開いた動脈の切離面をペアン鉗子で把持し、動脈を圧挫させて止血を行います。 コッヘル鉗子でも同様の止血処理ができますが、コッヘル鉗子には鈎が付いているため、開腹(腹膜切開)後に露出する柔らかい組織には使用できません。 一方、ペアン鉗子は、開腹後の血管や腸管などの柔らかい組織に対しても使用でき、開腹操作と関係ない整形外科や形成外科などでも使用できます。 血管を糸でしばって止血することを「結紮(けっさつ)」と言いますが、基本的に、ペアン鉗子は、のように血管を挟んで止血し、結紮用の糸をかけるために使用します。 ペアン鉗子は結紮処理には欠かせない医療器械です。 図2ペアン鉗子で止血や糸を把持する また、太い血管や組織をマーキングするテープが抜け落ちないように把持することもあります。 memoペアン鉗子とコッヘル鉗子は使用する部位が基本的に違う ペアン鉗子は、コッヘル鉗子の元になった医療器械だと言われています。 ペアン鉗子もコッヘル鉗子も、止血鉗子という点では同じ機能を持ちますが、現在では、その使い方(使う部位)が大きく異なっています。 また、ペアン鉗子は、止血以外の目的でも使用されることがあるため、応用範囲が高い機器と言えます。 禁忌と使い方の注意点 層や皮下の脂肪組織で使用する場合、これらの場所は脂肪分が多いため、ペアン鉗子が滑ってしまい、組織を上手く把持できないことがあります。 そのため、というほどではありませんが、このような場所では、ペアン鉗子はあまり使用しません。 また、ペアン鉗子は、組織を把持する以外にも、マーキングしたテープの把持などにも使用するため、術野に出ている時間が長い医療機器の1つです。 器械の数を数える(器械カウントを行う)場合は、「今、術野に何本のペアン鉗子が出ているか」をしっかりと把握しておく必要があります。 ナースへのワンポイントアドバイス ペアン鉗子とコッヘル鉗子の取り間違いを防ぐ メーカーによっては、ペアン鉗子とコッヘル鉗子を区別するために、 ペアン鉗子の脚の部分に、横溝が数本あるものがあります()。 図3ペアン鉗子とコッヘル鉗子の違い また、器械盤の上に置く際には、ペアン鉗子とコッヘル鉗子を取り間違えないように、「 ペアン鉗子とコッヘル鉗子の間に別の鉗子を置いて区別する」あるいは、「 布やポケットなどを利用して、使わない間はコッヘル鉗子を隠しておく」などの工夫をしましょう。 なお、ペアン鉗子は使用用途が広いため、いつでも使えるように準備しておきましょう。 使用前はココを確認 先端の鈎がスムーズに噛み合うか、先端の鈎が破損・摩耗していないかを確認します。 術中はココがポイント ドクターに手渡すときは、ドクターがすぐに使用できるように、 ペアン鉗子のラチェット部分を1つだけ閉じた状態で手渡しましょう。 なお、手渡す際には、ドクターが受け取ったものが何かをはっきりとわかるように、 「ペアン鉗子です」と声を出して渡しましょう。 使用後は歪みや破損に注意 ドクター(術野)からペアン鉗子が看護師の手元に戻ってきたときは、 咬み合わせが歪んでいないか、先端部分などに破損がないかを念入りに確認しましょう。 咬み合わせが歪んでいる場合は、そのペアン鉗子はもう使用できません。 また、 破損している場合は、破損した部品がどこにあるか、ドクターにも術野を確認してもらう必要があります。 特に問題が無ければ、またすぐに使用できるように、を含んだガーゼなどを使って、などの付着物を落としておきます。 片付け時のポイント 洗浄方法 洗浄方法の手順は、下記(1)~(3)までは他の鉗子類の洗浄方法と同じです。 (1)手術終了後は、必ず器械カウントと形状の確認を行う (2)洗浄機にかける前に、先端部に付着した血液などの付着物をあらかじめ落しておく (3)感染症の患者さんに使用した後は、あらかじめ付着物を落とし、消毒液に一定時間浸ける (4)洗浄用のケース(カゴ)に並べるときは、コッヘル鉗子と区別して並べる 洗浄から乾燥までが終わると、それぞれの手術器械を棚に片付けたり、再び術式に合せた器械セットに組み込むことになります。 その際、コッヘル鉗子とペアン鉗子は区別できるようにしなければなりません。 そのため、洗浄用のケース(カゴ)に並べるときは、のように、 それぞれの器械を分けて並べておくと、片付ける時に他の器械と取り間違えることを防ぐことができます。 図4洗浄用ケース内のペアン鉗子の並べ方 洗浄時は、開くことができるものは完全に開く、外せるものは外すのが基本です。 左上段より、コッヘル鉗子、モスキート鉗子、 ペアン鉗子、 長ペアン鉗子、マチュウ、リンパ節鉗子、アリス鉗子、長剪刀、短剪刀、ヘガール持針器。 左下段より、ミクリッツ鉗子、、腸鉗子、長、短鑷子。 [参考文献]• (1)• (2)高砂医科工業株式会社 高砂鉗子(添付文書)• (3)C. トンプソン(著), 川端富裕手(訳). 手術器械の歴史. 東京: 時空出版; 2011. (4)石橋まゆみ, 昭和大学病院中央手術室(編). 先輩ナースのチエとワザ オペナーシング 08年春季増刊. 大阪: メディカ出版; 2008. (5)ユルゲン・トールヴァルド(著), 小川道雄(訳). 外科医の世紀 近代医学のあけぼの. 東京: へるす出版; 2007. [執筆者] 黒須美由紀(くろすみゆき) 元 手術室看護師。

次の

コッヘル鉗子|鉗子(1)

コッヘル ペアン

血管鉗子 [36]• 止血鉗子 [33]• チューブ鉗子 [27]• モスキート鉗子 [22]• ペアン鉗子 [20]• ケリー・剥離鉗子 [18]• 布鉗子 [17]• コッヘル鉗子 [14]• 消毒鉗子・スポンジ鉗子 [14]• 腸鉗子 [12]• ブルドック鉗子 [8]• アリス鉗子 [6]• マギール鉗子 [6]• 把持鉗子 [4]• 舌鉗子 [4]• 除去鉗子 [4]• クリップ鉗子 [3]• 切線鉗子 [3]• 腎臓鉗子 [3]• 膣部鉗子 [3]• 鈎鉗子 [3]• 鋭匙鉗子 [3]• ギブス鉗子 [2]• 抜糸鉗子 [2]• 生検鉗子 [2]• 胎盤鉗子 [2]• ドレーン鉗子 [1]• リスター鉗子 [1]• リンパ腺鉗子 [1]• 亀頭鉗子 [1]• 側弯表皮鉗子 [1]• 十二指腸断端鉗子 [1]• 十二指腸鉗子 [1]• 器械鉗子 [1]• 子宮鉗子 [1]• 心耳鉗子 [1]• 抜歯鉗子 [1]• 残痕鉗子 [1]• 毛抜き鉗子 [1]• 汐津骨鉗子 [1]• 消化器鉗子 [1]• 消毒鉗子 [1]• 痔核鉗子 [1]• 直角鉗子 [1]• 粘膜鉗子 [1]• 胃鉗子 [1]• 腱通し鉗子 [1]• 腹膜鉗子 [1]• 角鉗子 [1]• 隅式甲状腺鉗子 [1]• 食道鉗子 [1]• 骨鉗子 [1]• 髄核鉗子 [1]• その他関連商品 [3].

次の