リンデロンvg軟膏 顔。 リンデロンVG軟膏0.12%について前に、日焼けしちゃって皮膚科に行ったらリンデ...

リンデロンVG軟膏・クリームの強さ・やけどに使える?

リンデロンvg軟膏 顔

リンデロンVG軟膏とは リンデロンVG軟膏は、配合されたステロイドによって皮膚の抵抗力を高め、出血を防いでくれる、即効性・抗炎作用をもつ強力な塗布剤です。 ステロイドだけではなく、ゲンタマイシンという抗生物質も配合されていて、皮膚の炎症や細菌の繁殖なども防いでくれます。 以前は「効果が強力過ぎて使うと危ない」と言われていましたが、現在では、「用法・容量を守って正しく使用すれば、危険な薬ではない」とされています。 また、子供に比べて、皮膚の厚い大人が使用する分にはさほど心配は要りませんが、皮膚の薄い子供が使うと皮膚が薄くなってしまい、毛細血管が膨れて赤みがかった顔になるといった症状が引き起こされることがあります。 ですので、 医師・薬剤師の指導の下で、用法・容量を守って使用するのが基本となります。 顔に使えるの? リンデロン軟膏は顔に使うことが可能です。 よくある顔の症状としては、• ニキビ• 虫刺され• 蕁麻疹 などが挙げられます。 個々の症状でしようが可能か、それとも、控えるべきかを解説していきます。 ニキビに対して 軟膏内のステロイドには、ニキビの炎症を抑える効果があります。 ですが、ニキビは リンデロンVG軟膏を使わなくとも改善可能です。 薬に頼らずに洗顔や生活習慣・食習慣の改善で治すようにしましょう。 スポンサードリンク 虫刺されに対して 虫刺されでは、 リンデロンVG軟膏を使用する必要はないケースがほとんどです。 虫刺されの場合「どんな虫に刺されて、どのような症状がでているのか」によって使う必要があるかないかに違いが生じます。 蚊や毛虫、ノミやダニなどに刺されて痒みを伴う場合とハチやアブ、ブヨなどに刺されて激しい痛みが伴う場合があります。 顔は全身の中でも特にデリケートな部分なので、刺された後の症状は人によってまちまちです。 日頃の生活習慣やアレルギー体質などが関係しています。 虫に刺されてしまったら、洗い流し、冷やすだけでも十分に症状は改善されます。 ハチなどに刺されて激しい痛みを伴う場合は、すぐに病院の皮膚科に行きましょう。 もし、洗って冷やした後でも腫れていたり、赤みを帯びている場合は、医師・薬剤師に相談し、指導のもとで使用するようにしてください。 火傷に対して 火傷の場合、 リンデロンVG軟膏は使用可能です。 使い方としては、火傷した部分を冷やした後で、薄く伸ばして塗り、サランラップに包むことで、火傷が治るのを早めてくれます。 顔なのでサランラップで包むのは難しいかもしれませんが、包帯やマスクと合わせて上手に隠すようにしてください。 蕁麻疹に対して リンデロンVG軟膏は、蕁麻疹にも効果を発揮してくれます。 ですが、ステロイドの副作用を考慮すると 短期間の使用が望ましいです。 どうしても痒みが我慢できない場合は、長期間使用し続けることにならないように注意してください。 最後に 結論としては、「 顔にも使用できるが、使用しない方が良い」という感じですかね。 使用する場合も、医師・薬剤師に相談の上で使いましょう。

次の

【薬剤師が解説】リンデロンVG軟膏の効果・副作用と使い分け

リンデロンvg軟膏 顔

関連記事 ニキビの種類には、角栓や汚れで毛穴が詰まってできる「白ニキビ」、それが酸化して黒くなっている「黒ニキビ」、炎症が起こって赤くなっている「赤ニキビ」、さらに悪化して膿が溜まっている「黄ニキビ」があります。 顔ニキビの原因は、ヒトの体に存在する常在菌であるアクネ菌です。 ニキビは毛穴が詰まることによってできますが、アクネ菌は空気に触れることを嫌がるため、詰まった毛穴の奥は絶好の住み処になります。 アクネ菌が毛穴の奥に住み着くと、毛穴が炎症を起こして赤ニキビができます。 赤ニキビが悪化すると黄ニキビになりますが、黄ニキビの原因は黄色ブドウ球菌です。 黄色ブドウ球菌も、アクネ菌と同様に常在菌で、肌が健康な状態であれば何も悪さはしません。 しかし、ニキビの炎症が起こると黄色ブドウ球菌が集まってアクネ菌の動きを活発にし、炎症を悪化させます。 そのため炎症部分は膿を持って晴れ上がり、赤ニキビを通り越して黄ニキビになってしまいます。 実は、リンデロンVG軟膏はニキビの症状にはあまり処方されません。 ニキビに対してステロイド剤の使用は基本的には推奨されていないことも背景にあります。 リンデロンVG軟膏はステロイドと抗生物質が合成されている薬です。 ステロイドは炎症を抑える作用があるため、ニキビの中でも、赤ニキビや黄ニキビの炎症を起こした部分に効果を発揮するケースもあります。 しかし、リンデロンVG軟膏に含まれる抗生物質のゲンタマイシンはニキビの原因となるアクネ菌(嫌気性菌)に効果はありません。 また、ステロイドの作用によって免疫低下を引き起こし、ニキビの原因菌であるアクネ菌や黄色ブドウ球菌をかえって増やしてしまう可能性も考えられます。 そのため、ニキビの症状にリンデロンVG軟膏が第一に処方されることはあまり無いのです。 ステロイド剤は症状に合わせて正しく使用される必要があるため、まずは医師の診察を受けることをおすすめします。 リンデロンVGは顔に使える? リンデロンは顔に使うこともできます。 ただし、使用する部位や症状については医師の診察の元で指示を守ってください。 また、眼科用には使用できません。 リンデロンVG軟膏の2つの成分ですが、ひとつは、ベタメタゾン吉草酸エステルというステロイド、もうひとつはゲンタマイシン硫塩酸という抗生物質です。 ステロイドは副腎皮質ホルモン剤で抗炎症作用や免疫抑制作用があります。 抗生物質のゲンタマイシンには殺菌作用があります。 ミナカラおくすり辞典 病院や皮膚科に行く時間がない時、リンデロンVGとほとんど同じ効果の薬をドラッグストアやインターネットで買うことができます。 リンデロンVGとは抗生物質の種類が異なりますが、ほぼ同じ作用をします。 ベトネベートN軟膏ASも、リンデロンVGと同じステロイド外用剤です。 漫然と使用しないようにしましょう。 使用の際は添付の文章を確認し、不明なことがあれば薬剤師に相談してください。 症状の改善が見られない場合や、異常を感じた場合はすぐに医師の診察を受けましょう。 ベトネベートN軟膏ASについて、詳しくはこちらをごらんください。 ミナカラおくすり辞典: おわりに ニキビには人それぞれの原因・症状があるので、リンデロンVG軟膏が家にあるからといって自己判断で使用することは絶対にやめましょう。 ニキビでお悩みの場合は、まずは皮膚科に相談して、自分の症状にあった薬を処方してもらいましょう。

次の

リンデロンa軟膏の強さと効能と副作用!顔のニキビにも効く?

リンデロンvg軟膏 顔

記事の内容• 回答:それぞれステロイドとしての強さが異なる、別の薬 ステロイド外用剤の『リンデロン』には、 DP・V・VG・Aの4種類があります。 同じ『リンデロン』でも、このアルファベットが違えば薬の成分・ステロイドとしての強さも異なる 別の薬です。 皮膚の厚さは場所によって大きく異なるため、同じ薬を塗っても吸収される量が違います。 そのため、。 塗り薬は、家に残っている薬を使ったり、家族・兄弟間で使いまわしたりといった、間違った使い方が特に起こりやすい薬ですが、医師・薬剤師に指示された使い方以外はしないようにしてください。 『リンデロン』も4種がそれぞれ別の強さにランク分けされています。 『アンテベート』や『マイザー』等と同じ強さのもので、主に手足や体幹といった部分に使用し、顔には使いません。 一般的に、体幹のうちお腹や首など皮膚の薄い部分にも使用できる強さです。 「フラジオマイシン」という抗生物質も配合されているため、眼や耳に細菌が感染し、炎症を起こしているような場合に使用します。 そのため、。 48 2 :181-3, 1967 PMID: 例えば 顔と足のうらでは、薬の吸収が100倍近く異なるため、同じ薬を使うわけにはいきません。 皮膚が厚い手足に、弱いステロイド外用剤を使っても、あまり効果が期待できません。 皮膚が薄い顔に、強いステロイド外用剤を使うと、。 「たかが塗り薬」と油断することなく医師・薬剤師の指示を守り、自己判断で勝手な使い方をしたり、家族・兄弟間で薬を使いまわしたりしないようにしてください。 薬剤師としてのアドバイス:虫刺されに『リンデロン』を使う場合は、特に注意 『リンデロン』は、虫刺されに処方されることがあります。 しかし、よく効くからといって「リンデロン=虫刺されの薬」と認識することは非常に危険です。 があるからです。 虫刺されの薬をもらう際には、どの場所に使える薬なのか、医師・薬剤師に予め確認しておくことをお勧めします。 特に、を考える必要があります。 また、虫刺されであっても動悸や冷や汗などのショック症状がある場合には、すぐに病院を受診するようにしてください。 ポイントのまとめ 1. ステロイド外用剤の『リンデロン』には、DP・V・VG・Aの4種類があり、薬の強さも成分も全く違う 2. ステロイド外用剤は、塗る場所によって厳密に使い分ける必要がある 3. 重ね塗りをする場合、方法で使います。 これは、ステロイド外用剤を不必要に塗り広げてしまわないためです。 しかし、塗布順序にとって効果に違いはない4 とされているため、塗布範囲が同じであればどちらを先に塗っても問題ありません。 3 Pediatr Dermatol. 25 6 :606-12, 2008 PMID: 4 西日皮膚. 原因がはっきりしない足の痒みは、安易に「ステロイド」を使う前に、皮膚科を受診することをお勧めします。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の