カミツキガメ。 カミツキガメはなぜ駆除される?外来種問題やワニガメとの違い

ワニガメとカミツキガメの違いとは?どっちが強いの?

カミツキガメ

2017年千葉県が新しい試みを始めました。 カミツキガメの駆除を専門とする職員を採用したのです。 カミツキガメの繁殖が確認されは印旛沼周辺の、人々の不安の声が耐えない事に対する決断だとされ、ニュースでも報道されました。 田んぼに手を入れるのが怖いとか、魚のワナの網を引きちぎられたなどの声を受け、専門家が駆除、捕獲作戦に出たのです。 そもそもカミツキガメは、一体どのような方法で、カミツキガメを捕獲するのでしょうか。 ご説明いたします。 カミツキガメの駆除方法は? アメリカでは、カミツキガメは食用として捕獲されることもあります。 人によってはスッポンよりも美味しいという人もいますが…。 食用目的の時に捕獲に使用されるのは、餌に鶏肉や魚肉を使った延縄で捕獲されるのが一般的です。 一本の幹縄に多数の枝縄をつけ、その先端に、大き目の針をつけます。 大きめにする目的は、他のカメを釣ってしまわない為です。 日本のやり方は、ワナを設置する方法が多く用いられています。 千葉県の駆除チームが行う捕獲方法も、もんどりワナか、カニ籠という縦長の籠を使用しているようです。 縦長でないと、深い場所で窒息してしまい、他に一緒にかかってしまったほかの在来種のカメまで命を落としてしまうからです。 もしくは、5月から6月に産卵の為に陸に上がってきたカミツキガメを直接捕獲する方法が取られます。 孵化後の8月以降には、幼体が成体のはいれないような水路にいることが多く、そこにワナを仕掛けます。 捕らえたカミツキガメは、冷凍庫に収容し、そのまま凍結させてしまう駆除方法が取られます。 カミツキガメの駆除の報酬 一般の人が、籠を設置して捕まえようとする行為自体、漁業規則で禁止されている事が多い上に、カミツキガメの捕獲は、法律で禁止されています。 捕まえて運搬したり、飼育したりするのも、懲役3年以下または300万円以下の罰金を科されます。 どの自治体もカミツキガメを捕獲することでと報酬がもらえるような事は現段階では、ございません。 スポンサードリンク まとめ 捕まえると報奨金がでる生き物もあるようですが、捕獲許可、狩猟免許、道具などが必要となるケースが多く、その資格の更新費用の方が高くついてしまう事もあるそうです。 カミツキガメは、ウナギや、ヘラブナ釣りの折に誤って釣れてしまうことも多いそうですが、無理に針を外そうと試みたりせず、役場に連絡をするのが良いでしょう。 千葉県では、専門家を雇い入れて懸命な駆除作業を進めていますが、目だった成果を得られてはいないようです。 それほど根付いてしまっているという事なのでしょう。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

印旛沼産カミツキガメの美味しい食べ方や調理法・臭みや味の紹介

カミツキガメ

精肉にしたものをフライパンでただ焼きました。 手足の皮などは一切下処理を行っていません。 (薄皮も剥がしていません) まずは素材の味を楽しむためにあえて味付けせずに食べてみたいと思います。 たぶん臭いと思います。 材料:無処理のカミツキガメ肉 この時点でやはり少し臭います。 川臭いような生臭いようなそんな臭いです。 カミツキガメが緊急時に臭腺からだす臭いとは別物です。 あの臭いの方がかなり臭いですね。 【手順】ただ焼く フライパンに油をひいてただ焼きます。 とりあえず5分くらい焼いていい感じの焼き目が付けば完成です。 焼きカミツキガメ完成! 見た目が良い感じにワイルドですね。 山賊焼きというワードに見合うビジュアルです。 ひと口かじってみましょう… ぬぁッ!!!!赤いッ…!!!! 5分以上焼いたはずなのに中身がかなり赤いままでした。 サルモネラ菌の恐れもあるので次からはもっとしっかり焼くことに…。 もっとしっかり焼いてみた 次は、弱火でじっくり8分以上焼いてみました。 個人的には尻尾のキールがおすすめポイント。 カッコいいよね。 尻尾の肉 今度はしっかり中まで火が通っていました。 冷静に味の分析を行っていきましょう。 基本的にはやっぱり少し臭いです、皮が臭います。 ですが、肝心な肉の方はかなりイケます。 筋張った肉からはしっかりと旨味を感じることができるので、サバイバル下ではかるく塩をかけるだけで素晴らしく美味しいタンパク源となるでしょう。 骨から筋肉を歯で外すときの動きは、ヘビ肉を食べている時に似ていますが、ヘビの肉よりもよっぽどジューシーなので、ヘビに比べたら食べやすい食材と言えるでしょう。 特筆すべきはカミツキガメの分厚いブヨブヨした皮です。 ゼラチン質のコラーゲンが豊富で噛んでるだけで疲れるくらいに弾力があります。 正直言って、ただ焼いただけの皮は臭いしゴムを食べているような感覚なので、個人的には無いほうが良いです。 皮自体に臭みがついているので、気になるのなら剥がしても構いませんが、このゼラチンのようなブヨブヨを食感に加えたいという方はそのままでも全然問題ないと思います。 皮を剥ぐのはかなり時間がかかりますが、少しでも臭いを取り除きたい方は絶対取り除くべき。 首の肉 首に張り付いている肉は他の部位と比べると、繊維が細かい。 ジューシーさは他の部位に劣りますが、肉量が豊富なので食べ応えがあります。 結論:焼きカミツキガメは普通にイケるけど皮は無くてもいいかな サバイバル環境下であれば、皮の栄養も重要なので捨てることはできませんが、調理する際に余裕があるならば手足の皮は剥いだ方が良いと思います。 もしくは、焼く前に臭み消しの処理を行ったり、味付けをすれば臭みを気にすることなく食べれるのではないでしょうか。 野生食材を食べる人の中ではかなり常識化してきましたが、どんな食材も揚げればだいたい美味しく食べることができます。 とはいえ、皮の処理をしないと臭うということが分かったので、今回は皮を剥がしたり、薄皮を剥いたりして徐々に臭みからさようならをしていこうと思います。 材料:カミツキガメの肉 今回は、以前さばいて冷凍保存していたカミツキガメの肉を使います。 後述しますが、焼きカミツキガメの時に皮の臭いが気になったので、今回は「皮を完全に取り除いたもの」「薄皮を剥いたもの」の2パターンで調理してみます。 片方は皮を完全に取り除き、もう片方は熱湯をかけて薄皮を剥いていきます。 片方の前脚は皮を完全に取り除く 小型ナイフを逆に立ててブヨブヨした皮に切れ目を入れます。 皮が緩んでいると全く歯が通らないので片方の手で皮を張りながらやるとなんとか切れます。 早い話、よく切れるキッチンバサミがあればその方が良いです。 ですがここではナイフを使った剥ぎ方を解説します。 皮に一筋の切れ目が入ったら、皮を張りながら肉と皮の間にナイフの刃を当てていくと硬く癒着しているゼラチン質の膜を切れます。 自分の持てる全ての力を使って、上の写真の状態から剥がそうと試みましたが無理でした。 手の先に行けば行くほど皮と肉の間にブヨブヨが少なくなりゆとりを感じることができなくなります。 皮と肉が密着しているほど剥がしにくいのでここまでくると人の力では剥がせないのではないでしょうか? 半ばあきらめた状態で爪の部分の皮を残し終了。 ちなみに前脚1本の皮を剥ぐのに約20分かかりました。 僕の容量の悪さもありますが、所見だとこのくらいの時間がかかることを覚悟しておきましょう。 もう片方の前脚は熱湯で薄皮を剥く「湯引き」 もう片方の前脚の皮の処理は「湯引き」というものです。 この工程は非常に簡単です。 スマホの画面をスライドするように親指を滑らせれば薄皮を簡単に向くことができます。 面白いのは、薄皮を剥くことで皮の臭いが大部分消え去るということです。 カメを調理する際、「皮つきのまま食べたい」というのであれば薄皮は向いておいた方が良いですね。 「臭いのが食べたい」という物好きは別ですが 以上で、前脚2本の下処理は終了です。 ここから調理に入っていきます。 肩回りの筋肉はかなり筋張っているのでカメ肉特有のかったい食感を味わうには絶好の部位です。 片栗粉を適当にまぶしましょう。 片栗粉を付けてから時間が経ちすぎると肉から染み出るドリップで片栗粉がべちゃべちゃになってしまうので早めに揚げてしまいましょう。 3分経ったら一度油から上げます。 ここではまだ表面が白っぽくても構いません。 そうすることで余熱で肉の内側にじっくり火を通すことができます。 強火で一気に揚げてしまうと、表面はカリカリだけど内側はまだ肉が赤いといったことが起こるからです。 カミツキガメの唐揚げ完成! カミツキガメの唐揚げ完成です! 処理方法別、部位別ごとに味の評価をしていきます。 前脚:皮の処理は湯引きのみ 臭いについて、これは例えるのにかなり苦労してようやく絞り出した感想なのですが…新車の臭いというか…ゴムにお湯をかけたような…臭いがします。 はっきりいってゴム臭いです。 焼いた時と同じ感覚です。 薄皮を剥いた時は「臭いかなり減った!」と思っていましたが、なんだかんだいって皮があると臭いますね。 印旛沼のカミツキガメが、ドブみたいな止水域で長年ため込んできた悪いものが鼻を通って嗅覚細胞を攻撃しに来ているのを感じます。 臭いの感想が長文になってしまいました。 次は食感です。 皮つきなので非常にモチモチしています。 これが甘かったら出来の悪いグミなんじゃないかと思うくらいにモチモチしています。 これは焼いた時と同じ感想ですが、皮自体に味は無くただただ食感要員といった感じです。 筋肉からは相変わらずの旨味を感じます。 一本一本がかたい筋ですが、噛めば噛むほどしっかりと味が出てくるので味付けしなくても楽しめる一品です。 前脚:皮は完全に取り除いた これは、皮を完全に取り除いた前脚です。 さすがに皮が無いだけあって臭いは全然しません。 お店で出されるならこの状態が望ましいですね。 写真を見ていただくと分かるんですが、ちぎれた筋肉繊維が非常に細かいでしょう。 鮭とばのようなビジュアルからも分かる通り、筋肉繊維にジューシーさはありません。 ただ噛めば噛むほど旨味が出てきます。 近いうちにカミツキガメジャーキーを作りたいくらいです。 肩甲骨:その周りの肉 肩甲骨周りに筋肉は他の部位よりも筋張っていて、歯を使って骨から剥がすのにかなり頑張りが必要になります。 ただ、その分旨味も十分にあります。 カミツキガメジャーキーを作るならば肩甲骨周りの筋肉を使った方がいい感じのハードタイプジャーキーが出来ると思います。 この部位は文句無しで美味しいですね。 元々皮もないので臭みはありませんし、他の部位よりもまとまった肉量が取れるのでおすすめ部位です。 ガーリックバターソテーは自分の十八番でもある調理法なのでめちゃめちゃ美味しく出来ました。 しっかり味を付けてもカミツキガメの旨味を感じることができます。 そのため今のところこの調理法は、自分が最もおすすめともいえる食べ方です。 にんにくはおろしタイプでも刻むタイプでもどちらでも構いません。 風味に加わればいいので。 そのためナイフやキッチンバサミの刃が入りやすいというメリットがあります。 その反面、皮と肉の密着度具合もかなりギュッっとなってしまうので、皮と肉の間にナイフの刃を入れるのが困難でした。 結果的に皮を剥ぐスピードが上がったので、湯引きを行ってから皮を剥ぐのが今のところベストな方法であると言えるでしょう。 ゴロゴロ転がしましょう。 ひたすら弱火で炒めましょう。 バターとオリーブオイルがなくなってにんにくが焦げる前に火を止めます。 バターが加わることでマイルドな味わいになるのですが、噛んでいると後ろから追いかけてくるカミツキガメの旨味が味に深みを生まれさせていますね。 脂身は全然美味しくない 味はしないんだけど、なんか気持ち悪い。 体に良いものではないなって感じの味。 味が無いから表現のしようがない。 ごめんね。 でも全部食べるよ。 素材の味を生かすために出来るだけ調味料は抑えながら作りました。 ただ、他の調理法で皮の臭みがどうしても気になったというのもあったので、臭み消しには全力で対応した所存です。 結果:ちょっぴり臭った 材料 材料は、牛乳、料理酒、みりん、醤油、しょうが、長ネギ、カミツキガメの肉(頭部、頸部、尾部)、肝臓、陰茎を使いました。 牛乳のコロラド粒子に臭みが吸着するため、豚肉の臭い消しなどによく使われます。 以前、ナマズの臭い消しで焼酎と牛乳を比較した際に、牛乳に浸けたほうが臭いが抑えられていたのでおすすめです。 しょうがや長ネギには消臭効果があるため、一緒に煮ることでカミツキガメの臭みを抑えることができます。 醤油は最後に入れます。 アクは食材のエぐみや血だというので臭いが気になるカミツキガメの場合は出来るだけ残さず取り除きました。 ゼラチン質の皮もプルプルになりましたが、中の方はまだ少し硬かったです。 2時間くらい煮込めばもっとトロトロになるはずなので、時間がある方は数時間煮込むといいかも。 カミツキガメ汁完成! カミツキガメのち〇こいただきます。 臭みも味もない。 食感は完全に噛み切れる硬さのゴム。 硬いゼラチン固めてみました。 みたいな部位だ。 嗜好性は無いがとりあえず精はつきそう。 カミツキガメの首肉は、これぞカメ肉といった部位だ。 (ようやく来たか)と心の中で思いながら、旨味の消えない肉との戦いが始まる。 モギュッモギュッと咀嚼音を響かせながら首の肉を噛んでいると、シンプルに顎が疲れる。 牛でも豚でも鳥でもないオリジナルの肉質。 これがカメなんだよなぁ 相手に勢いよく咬みつきために発達した強靭な首の筋肉の弾力はすさまじく、1人で首回りの肉を食べるのに5分以上はかかる。 もちろん美味い。 尾部の肉は比較的首肉と似ているので説明は省略する。 カミツキガメ雑炊の味 汁単体の時と比べると、ほんのり香る皮の臭みを一切感じないのでめちゃめちゃ美味しい! 旨味や甘味を臭みに邪魔されることなくバクバク食べれる。 カミツキガメの肉はやはり他のカメ(アカミミガメ、クサガメ)と違って肉が柔らかく、比較的鶏肉に近いので黙って出されたら鶏肉のねぎまと区別がつきませんね。 繊維のほぐれやすさは柔らかいですが、繊維自体はしっかりしているので魚やカエルと比べるとやはり違った噛み応えがあって面白いです。 研究室のメンバーにも食べてもらいましたが、おおむね好評でした。 材料 用意するのはネギとカミツキガメの肉とタレの調味料(タレの作り方は後述する)です。 焼きながらかけてもよし、焼いた後に塗ってもよし。 食べた人からは、「臭みを一切感じない」「ご飯にかけて食べたい」などの高評価をいただきました。 今まで牛乳やショウガ、日本酒などで臭みを取り除いて素材の味を楽しむことを目標としていましたが、印旛沼の呪いは我々が思っている以上に恐ろしいものだったので濃い味付けでごまかすのが一番手っ取り早い気がしてきました。 作り方 ごま油を大さじ2たらしたホットプレートでネギとカミツキガメの肉を炒めて、「テンメンジャン」とかいうよく分からない中華調味料を小さじ1ほどチューブから出して混ぜて炒めるだけです。 最後に 今回は、カミツキガメの美味しい食べ方や調理法、その味について解説しました。 8000文字を超える大作になってしまいましたが、最後まで読んでくれたそこの君!ありがとう!こんなマニアックな記事をここまで読めるあなたは間違いなく同士だ。 よろしくね。 おわり.

次の

カミツキガメの駆除!方法や報酬ってどれくらい?

カミツキガメ

スポンサーリンク 1. 情報を集めどんな生物なのかを知る カミツキガメは印旛沼にいる。 そうは分かっていても印旛沼は広く、手当たり次第に探すわけにもいきません。 カミツキガメが具体的に何処に住んでおり、どういった生活を送っているのか、知る必要がありました。 私はこれを解決するために、ひたすらインターネットで調べました。 個人のブログから県や国の発信している資料まで、とにかく沢山の情報を漁りました。 特に参考になったものを紹介します。 ・泥の底質があり、水生植物や沈水木などがある環境を好む。 ・夜行性で早朝や夜間には岸や沈水物に沿って活動し餌を探査する。 ・食性は雑食性であり、昆虫類、甲殻類、貝類、魚類や両生類のほか、鳥類や小型哺乳類の死体など動物質、水草などの植物質も食べる。 ・千葉県印旛沼流域では5月末~6月に産卵が集中する。 ・産卵は陸上で行われる。 土を堀った産卵巣に20~40個の卵を産んで埋め戻す。 この資料から沢山のカミツキガメに関する知識を学ばせていただきました。 こちらには計画をたてるうえで重要な、カミツキガメの生息域・捕獲を実施している場所・時期などの情報が掲載されており、どのあたりで取れそうなのかを判断する大きな材料となりました。 その他、もちろんにも概要や生き物の特徴が記載されておりましたしにも外来種としての扱いや注意点が紹介されており勉強になりました。 また地味に大切なのがカミツキガメ捕獲経験者のインターネットブログ。 写真付きで現地の情報が紹介されていたり、取れたパターン、取れなかったパターン、先駆者の苦労してきた足跡がつづられたものを沢山読ませていただきました。 現実的な視点でとても参考になりました。 ありがとうございます。 そんなワケでウチのブログもぜひ参考に読んでくださいね!(突然の宣伝) 以上、ひとつめ、採集活動において最も大切なことは情報です。 とにかくターゲットの情報を集めましょう。 相手を知り画をたてる、まずはここから。 現在のインターネット社会では沢山の情報が公開されておりはかどりますよ。 2. 場所を把握するため下見にいく カミツキガメの情報はわかりました。 ただし問題がひとつ、私は東京住まいです。 今の時代は便利で、グーグルマップやヤフーマップなどの地図アプリで現地の地形写真を見ることができます。 印旛沼地域の全景@グーグルマップ ぱっとみ、印旛沼と呼ばれる湖を中心とした典型的な湿地帯。 川や田んぼがあることが見て取れます。 最初に調べたカミツキガメの情報から、ざっくり居そうな水域に目星はつくのですが、実際にそこはどういう場所なのだろう? 岸から釣り竿を垂らせるのか? 生い茂った草木やフェンスなどで阻まれていれば出来ません。 カミツキガメの好む地形がその川のどういう場所にあるのか? これも写真では分かりません。 またカミツキガメは生態からすると夜釣りでの捕獲になる様子、暗い中で釣りを行うためのしっかりとした足場があるのかもきちんと確認しなければなりません。 当日いきあったりばったりという手段もあるのですが、それで夜に川にでも落ちでもしたら大変です。 最悪死にます。 そんなわけでひと手間ではありましたが、いちど現地に下見にいってみる事にしました。 調べてみると、駅にて自転車のレンタルをやっているようでしたので、自転車を借りて事前に衛星写真でおさえていたポイントをぐるりと回って観察する事にしました。 ・川の幅、深さ、形、岸の形、水辺へのアクセス ・落ち着いて釣りができる地面があるか ・カメの好む地形かどうか などなど確認していき、良さそうな場所をチェックしていきました。 更に、川の近くで釣りや農作業をしている方などを見かけたら声をかけて、カミツキガメを見たことがないか聞いてみました。 知らないという場合がほとんどでしたが、どこどこで見たという有力な情報も得られました。 この日は1日かけてぐるりと走り、利用できそうなポイントを幾つか発見することが出来ました。 以上ふたつめ。 一見無駄手間に見えますが、闇雲にアタックするよりも下見をしてじっくり挑むほうが近道だと私は考えます。 そう、 童話のウサギとカメの競争では、じっくり歩いたカメが勝つ。 のです。 歩けば歩いただけ勝利に近づく、これは間違いありません。 ま、今回はそんな カメをとって食べてしまうのですが…。 3. 道具を揃える カミツキガメの情報と場所はつかみました。 最後はどうやって捕獲をするか検討をしていきます。 これまら調べた情報より、捕獲に用いる手法は二つに絞られました。 ・経験者のブログで掲載されていた釣り ・防除計画で使われているカゴ網 ただ、現地の漁業組合の発信している情報を見ると、カゴ網は使用が認められていない様子。 そんなわけで、カゴ網の使用を断念し、最初の捕獲方法は釣り一本に絞ることに決めました。 みっつめ。 道具の話でした。 ちなみに具体的にどんな道具が必要になったのか、気になる方もいらっしゃると思います。 ただ私が最初に失敗したものも含んだ道具をお伝えしても仕方ない…。 というわけで、持ち物レシピをこのあと紹介いたします。 最後まで読んでくださいね! まとめ 以上、私がカミツキガメを最初に捕まえるまでにやった三つの事でした。 この三つはどんな生き物や植物をとって食べるのにも必要な要素、これからとって食べる活動をやっていく方の参考になればと思い書き起こしました。 ご自身で行かれる方はどうぞ参考にしてやってください。 強力な釣り糸 噛みちぎられないよう強力な糸を用意しましょう。 オススメの釣り糸はPEラインの三号~五号。 カミツキガメ10連ガチャをやる場合は糸は基本この糸を使って下さい。 釣り竿を使う場合は、直まきにしなくてもOK、オモリから針までをこの糸にして下さい。 これくらいだとクサガメに飲まれません 飲んでしまったクサガメを持ち帰らないのであれば、大きめの針を使いましょう。 これも通販だと安いです。 オモリ 餌を沈めるために使います。 カミツキガメ10連ガチャをやるときに、流れがまったくない場所であれば、オモリナシでも構いません。 コスパの観点からはナス3号あたりがオススメ。 川の流れがあるような場所では流れてしまうので6号以上を使いましょう。 明かり 夜釣りを行うための必須アイテムです。 懐中電灯でも良いのですが、手が塞がる事によるリスクを避けるためヘッドライトを用意することをオススメします。 予備の電池は必須です。 USB充電式のライトは便利なのですが、この予備の電池を持てない問題があります。 予備に安くていいので懐中電灯を持ちましょう。 私は上のライトをAmazonで購入しました。 評判がよかったので。 長靴 水の中に入るわけではないのですが、釣り場は草地のため夜露に濡れます。 Amazonでも十分なのですが足に合わないと返品がめんどうです。 1~2サイズ大きい物を買うのがオススメ。 ワークマンが近くにあれば安くて良いものが試着しつつ買えます。 ハサミとナイフ 仕掛けのセットに使用します。 またカミツキガメがとれた場合は喉を切ってシメるのにも使います。 頑丈なハサミを用意しましょう。 別にナイフを持つのもアリですが、銃刀法に気をつけて下さい。 金切りバサミを購入する際は、分解して清掃できるものを選ぶと長く使えるのでおすすめです。 私はAmazonで購入したものをときどき研ぎなおして使っています。 タモ網 カミツキガメは重く、糸の力だけでは水からあがりません。 たも網を用意して下さい。 中には手で掴んであげる猛者もおりますが、おすすめしません。 釣具屋のでも良いのですが、スーパーのほうが安い 釣り竿とリール カミツキガメ10連ガチャをやるだけならいりません。 川で釣るのであれば、草木が多く、短い竿では阻まれて釣りがし辛い場所が多いので、3メートル以上あると安心です。 上州屋などでリール付きで売られている安価な長竿で十分、これで色々釣れます。 その他 ラジオペンチ … 外道のクサガメの針を外すときに使います。 百均のものでOK カラーテープ … 置き竿の場所の目印に使います。 目立つ色ならなんでもOK カメ袋 … すぐ脱走します。 IKEAの袋のような頑丈なものを用意して下さい。 ゴミ袋 … ゴミもカメ肉も入る便利な袋、厚めのものを数枚用意しておきましょう。 防寒着 … カミツキガメの産卵シーズンは夜冷える事が多いです。 真冬装備で挑むのがおすすめです。 レジャーシート … 休憩するときに使います。 バケツ … シメるときにあれば便利です、なければなしでもOK 以上、 持ち物リストでした。 みなさんがカミツキガメを捕獲できますように!.

次の