ミンネ。 ミンネのトラブルまとめ!避けるために知っておくべき注意点も!

ミンネで売れない作家を卒業!マネする5つの売上UP方法(minne)|トンログ

ミンネ

4年ほどつかい続けたハンドメイドマーケットのminne(ミンネ)を退会しました。 このマーケットを長年つかった感想と、僕がいま利用してるサービスについて書きました。 すこしでも誰かの参考になれば幸いです。 ハンドメイドマーケットとは? まずここから。 ハンドメイドマーケットとは、オンライン上で手作り品を売買するシステムで4、5年前から注目されはじめ、ハンドメイドブームと共に似たようなサービスが次から次へ立ち上がりました。 あ、ちなみに メルカリやフリルと混同する人もいるでしょうが、まったく違いますからね。 メルカリやフリルはネット上で売買できるフリマなので、手づくり品じゃなくてもいいわけです。 一方でハンドメイドマーケットは手づくり品じゃなきゃいけなくて、しかもその作り手がネット上でクリエイターとして販売しなければいけません。 テレビコマーシャル(CM)で宣伝してたminne(ミンネ)や、参入が遅くてもう話を聞くこともなくなったドコモのdクリエイターズなどもありますが、そろそろ力関係がはっきりしてきてひと段落ついてきた印象です。 ハンドメイドマーケットの使いづらさ 僕らはシルクスクリーンでプリントしたデザインTシャツをminne(ミンネ)で販売してて、ほかにもiichi(いいち)、Creema(クリーマ)、SoooooS(スース)、自社ネットショップ、と利用してる販売方法は合わせて5通りありました。 ハンドメイドマーケットはすべて自分で商品をアップロードしなきゃいけなくて、文章などは使いまわしできるとはいえ、管理画面のつくりはそれぞれ違いますし結構な手間がかかるんですよ。 こうした攻略本には裏技がのってるのかもしれませんが。 でどこも サイズを選べる仕様になってないのも痛くて、ほかのとこで売り切れたら手動ですべて変更しなきゃいけない…。 ぶっちゃけ本気でTシャツだけを販売したいのであれば手間にも感じないのかもしれませんが、僕はブログやサイトの運営はじめ、いまは スリランカで職人と一緒につくったものを積極的に販売していきたいのでありますよ。 すると、こうしたハンドメイドマーケットは製作者本人が販売しないといけない決まりなので、スリランカ品は僕がなにかしらの2次加工を施さないと売っちゃいけないことになります。 第一弾となったバティック(ろうけつ染め)を取り入れたバックは内側を僕がシルクスクリーンしたからOKなものの、新商品のMacBookケースは完全にアウト。 あたらしく作ったバックもアウトです…。 こうしたハンドメイドマーケットはスリランカのものづくり品には使えないんですよね…。 残念ながら。 だとどうしてもシルクスクリーンのTシャツだけを売りつづけてくことになって、手間と利益だけじゃなく、僕の熱量もわりに合わないような気がしてくるわけです。 あ、ミンネの新しい本がまたでてる。 日本のハンドメイドマーケットで不動の地位を得てきてますな。 おすすめは自社ネットショップ!BASEの利用 そこで売り上げがあまりよくないminne(ミンネ)を退会しました。 あとこれからiichi(いいち)も退会しようと考えています。 Creemaは残して、途上国や環境支援となるSoooooSはもちろん継続(ここはスリランカ品もそのまま販売できる)、そして一番大切なのはやはり自社ネットショップですね。 もしまだ自社ネットショップを作ってない方がいたら、BASEでつくるといいでしょう。 無料でかなり本格的なものができるだけじゃなく、1分もかからずに素人でも簡単につくれます。 うまくいかなかったらやめればいいだけなので、利用しないのはもったいないですな。 マジでオススメです。 ここからどうぞ。

次の

ミンネ(minne)で売れないハンドメイド作家を脱出する方法|見てもらえない理由と売れた作品事例

ミンネ

ホームページを持っていない• プロフィールが雑• 画像の見栄えが悪い• SNSを利用していない• 男性向けのアイテムを作っている• 100均で買えそうorライバルが強い• 値段設定が高い• ミンネストア内のSEO対策していない• メディアにプレスリリースを送ってない ホームページを持っていない ハンドメイド作家に多いのが、公式ホームページを持っていない方です。 販売するだけならミンネだけでも可能ですが、ホームページがないことが売れない原因の1つとなることがあります。 公式ホームページは、ミンネだけでは伝えられない情報やブランドの雰囲気などを伝えることができます。 また公式ホームページがあれば、「しっかりと運営しているブランド」「副業感覚ではなく、本気度が高くクオリティも高そう」などポジティブな印象を与えてくれます。 どこかのマスコミやWebメディアが取り上げたい、ビジネスの話をしたいといった際に自分のホームページを持っていないと信頼性が低く見えてしまうのでチャンスを逃してしまう可能性もあります。 これまで作ってきた作品などのポートフォリオ写真や経歴などミンネだけでは伝えられない情報も盛り込むことができるので1人のクリエイターとしての価値を高めるべく、公式ホームページは必ず用意しておきたいです。 ホームページをこれまで自作したことがない方にオススメなのがグーペというホームページ作成サービスです。 ミンネと同じGMOペパポ株式会社が開発しており、ミンネと連携させやすくハンドメイド作家向けの設計になっています。 プロフィールが雑 プロフィール欄がいい加減な人の商品は売れません。 理由としてはハンドメイド作家としてのプロ意識が低く、副業・お小遣い稼ぎでやっているように見えてしまうからです。 商品の個性や他の類似品との違いなど差別化ができる魅力的な文章を書けるように楽天などのECサイトを参考にセールスライティングを意識してみてください。 また「返品不可」「ノークレーム・ノーリターン」といったメルカリでよく見る文面は上から目線の印象を与えてしまうので書かない方が無難です。 同じく特定商取引法に記載されてある電話番号に「対応できないので電話かけないでください」みたいなことを書いてしまうと信用できないと判断されて購入されません。 サポート体制がしっかりしていない出品者の商品は購入してもらえにくいので、作家として長期的に活動していくのであれば、サポート体制は充実させていくようにしましょう。 画像の見栄えが悪い メルカリだと画像のクオリティが少し悪い方が業者ではなく、素人っぽさが出て売れやすいといいうことがあります。 メルカリは既製品を売るのがメインなので、素人写真の方が好まれますが、ミンネはハンドメイド作家のオリジナル作品を販売しているので、素人っぽい画像よりもプロのカメラマンが撮影したようなクオリティの高い写真が好まれます。 写真にもこだわれる方の方が几帳面さ・プロ意識などを連想させて「この人の作った商品なら品質も高そう」といった印象を与えることができます。 ブランディングにもなるので、画像はプロの撮影したような写真のみを使うように心がけましょう。 写真だけでなく、文字やイラストなど画像編集も行うといいと思います。 SNSを利用していない 集客にSNSの利用はオンラインショッピングではもはや欠かせないツールの1つとなりました。 SNSはFacebook・Twitter・Instagaramが3強です。 この中でハンドメイド作家が利用すべきなのはインスタグラムです。 インスタは写真がメインのSNSであることや美的センス・ファッション感度の高いユーザーが多いのでミンネを使うユーザーとの親和性が高いです。 Twitterはインスタにはない拡散力が魅力ですが、暴力的なコメントも多いことや、暇つぶしに利用されることが多くハンドメイド作家の物販には向かないので使わなくてもいいです。 男性向けのアイテムを作っている ミンネのランキング商品を見ると、大半のアイテムが女性向けということもあり、 実際に購入しているのは女性ユーザー 特に20〜30代 が多いと予想できます。 もしトレンドに敏感な若い女性世代の商品を取り扱っていないのであれば、この世代をターゲットにした新商品を開発してみるのもいいかもしれません。 100均で買えそうorライバルが強い 現在ミンネで販売している商品が100均でも購入できるようなアイテムであれば売れません。 近年は100円ショップにあるような中国の大量生産品でもデザイン性の高い雑貨・日用品が数多く販売されています。 コスパに優れた100均アイテムと似たようなデザインであれば、わざわざ送料を払ってまでミンネで購入する必要はないので、より尖ったデザインにしたり、100均では販売していないようなジャンルの商品を企画する必要があります。 またミンネでも人気商品がありますが、そのような定番商品と似たような商品の場合知名度・レビュー数が少ない出品者から購入するメリットがないので、何かしら優位性を確立しないと売れません。 値段設定が高い ミンネで売れる商品を作る重要な要素の1つが値段決めです。 ユーザーは「クオリティの高い商品を少し安く買えた」際にお得感・幸福感を感じることができます。 自分が売りたい商品の競合の値段のボリュームゾーンを考えて、尖った特徴があれば同じぐらいの値段、デザイン性が弱ければ、少し安い値段にするとお得感を演出できます。 また値段がいくら安くても100均で購入できるような商品には魅力を感じません。 値段だけでなく、そもそもミンネで購入する理由を考えて商品作りをするようにしましょう。 ミンネストア内のSEO対策していない ミンネで特定の商品ページが見られる経路としては、「ランキング・人気アイテム」「特集・ピックアップ」「検索」の3つがメインです。 ランキングや特集に選ばれるのは少し難易度が高いですし、まず誰かに注目されないといけないので、自分で施策することができません。 自分で集客の導線を張れる数少ない施策が検索からの流入です。 検索して商品を探してもらうには、商品名に盛り込む必要があります。 「財布 ピンク」とすれば、商品名には検索でヒットさせたいキーワードをしっかり記入しましょう。 ちなみにYahooなどの検索エンジンでペナルティ対象となるキーワードの羅列はミンネでは利用可能です。 自分の商品の特徴となるようなキーワードを羅列してしまっても現状は問題ありません。 多くのランキングアイテムでもキーワードの羅列が利用されているので、検索上位表示されているアイテムの商品名を参考にしてみてください。 ちなみにどんなキーワードでどれぐらいの検索ボリュームがあるかといった情報は「」などを利用することで調べることができます。 またミンネではハッシュタグも利用できるので、商品ページでは積極的にハッシュタグをつけて、検索の動線設計をしていきましょう。 メディアにプレスリリースを送ってない ミンネ以外の集客手段として商品情報などのプレスリリースを送ることも検討してみてください。 ミンネで活動している作家さんの多くがメディアで紹介されています。 どのようなメディアが掲載歴があるのか傾向を確認してみると自分の作品でも掲載される可能性のあるメディアが見つかるかもしれません。 まとめ• ホームページを持っていない• プロフィールが雑• 画像の見栄えが悪い• SNSを利用していない• 男性向けのアイテムを作っている• 100均で買えそうorライバルが強い• 値段設定が高い• ミンネストア内のSEO対策していない• メディアにプレスリリースを送ってない ハンドメイド作家なら、なるべく自分の作品制作に集中したいところですが、ネットで商品を売る以上、上で述べたようなWeb集客の施策は避けて通れません。 Webマーケティング目線で考えるスキルが身につくと商品の企画にも応用が効くので、ぜひ面倒くさがらずに、ホームページの作成やSNS運用、プレスリリースなど、色々とトライしてみてください。

次の

ミンネで嫌がらせレビューを書かれました!!ピアスをご購入...

ミンネ

〇〇様 こんにちは。 届いた作品に破損があるとの事で、誠に申し訳ありません。 お手数をお掛けしますが、破損していた作品を着払いでお送り頂くことは可能でしょうか? 破損個所を直して、改めて〇〇様へお届けしたいと思っております。 ご希望でしたら、着払いで破損した作品をお送り頂き、キャンセル処理をすることもできます。 可能な限り〇〇様のご希望に添うように対応させて頂きたいと思っています。 ご迷惑をおかけして、誠に申し訳ありませんがご返信をお待ちしております。 どちらにしても、お客様に迷惑が掛かっているので、丁寧に心を込めて謝罪するのが大事。 新しい作品か直したものを再び送るなら、謝罪のメッセージカードや次回使える割引券、おまけなどを入れると誠意が伝わりやすいのでおすすめ。 注文した作品が届かない 作品が届かないトラブルの場合考えられる原因は4つ• 住所が間違っていた• 配送途中• 郵便事故で行方不明• 嘘をついている 住所間違いで届いていない場合は、自分が書いた住所が間違っていたのか、お客様自信が住所の登録を間違えていたかどちらかになります。 念のため、ミンネに登録されている住所が正しいか確認してもらいましょう。 発送したばかりなのに、「 まだ届かないんだけど!」ってクレームを入れてくるお客様も中にはいます。 発送の場所とお届けの場所にもよりますが、天候などにより1週間程度、届くのに時間がかかる場合もあるので、もう少し待ってもらうように、伝えましょう。 1週間以上経過しても届かない場合は、郵便事故の可能性も考えられます。 私は、今まで何百件も定形外やクリックポストなどを利用してきましたが、1度も郵便事故などのトラブルはありません。 でも、稀に近所の違うお家のポストへ投函されてしまい、そのまま受け取られてしまったり、配送中に紛失なんて事もあります。 私の家にも良く、違うお家の郵便物が入っていたことがあり、届けたことが何度もあります。 面倒な人だと、そのまま受け取ってしまう場合もあるんですよね。 郵便事故かなと思ったら、作品を発送した郵便局、ポスト投函なら最寄りの郵便局で調査依頼をしてください。 「 発送した場所や時間、日付、封筒の大きさ、形、重さ、送料と送り先の住所」などを細かく記載して、調査を依頼する事ができます。 なので、郵便トラブルを早く解決できるように、発送する前に荷物の写真などを撮影しておくと、調査依頼がしやすくなります。 今は、インターネットでも調査依頼が出来るようなので、郵便局が遠い人はネットで調査依頼をしてみてください。 そして、作品を受け取っているのに、「 届いていない」と嘘をつく悪質な人もいます。 受け取っているのに、届いていないと嘘をつくことで、キャンセル処理をしてもらい、タダで作品を手に入れるのが目的。 例えば、返品理由はこんな感じ• 思っていたイメージと違う• サイズが合わない 洋服など• 想像より小さい• 自分に似合わない 作品の説明に事細かに、サイズや色味などを記載していても起こります。 お客様都合の返品依頼は、作家にはなんの落ち度もないので、基本的にお断りしても大丈夫。 返品お断り後の評価やクレームが怖いって場合は、お客様の送料負担で返品してもらってキャンセル扱い。 いくらクレームが怖くても、自分に落ち度がない場合、着払いで返品してもらうなんて、損するやり方はしない方が良いと思います。 中には断られたのに、勝手に着払いで返品してくる人もいるようなので要注意。 返品を断る際は、「 着払いで返品された場合受け取ることができません」とメッセージに付け加えた方が良いかも。 何度も同じ人が注文とキャンセルを繰り返す 販売した作品が壊れてしまい修理を頼まれたら無料で修理した方が良い? 私の場合は、無料じゃなくて有料で修理していました。 購入して1週間とかなら、作品の強度自体に問題もありそうなので、送料も負担して直しても良いと思います。 でも、半年とか1年経過しているものまで、無料で修理していたら今後きりがありません。 一度直したらまた無料で修理をお願いされる場合もあります。 修理してまで長く使ってくれて感謝する気持ちがあるなら、おまけとか割引券をつけてもいいし。 ついつい、無料で修理を受けてしまいがちですが、長くハンドメイド販売を続けて利益を出したいなら、ちゃんと線引きが必要。 作品を販売する際も、購入からどのぐらいは、無料で修理をするのか、無料の修理期間が過ぎたら、いくらで修理可能かなど詳しく記載しておくと、トラブルを避ける事ができます。 販売した作品の修理はしないって選択肢もあるよ 値引きを要求された ミンネってCMを放送しだしてから、新規のお客様もどんどん増えています。 値段交渉をして、値切るのが当たり前なフリマアプリ「 メルカリ」の影響でしょうか。 最近ミンネなどハンドメイド販売サイトでも、値段交渉してくる人が増えてきています。 値段交渉されても値下げに応じるのはやめましょう。 定価で買ったお客様、これから定価で買うお客様に失礼。 それに、自分の作品のブランド価値を下げることにもなりかねません。 中には、値切って買ったハンドメイド作品を、自分が作ったかのように転売されるなんてトラブルもあります。 作品が高値で転売されていた 最近、ハンドメイド作品を大量に購入し、転売するトラブルが増えてきています。 ハンドメイドのイベントなどで、ハンドメイドサイトよりも安く出品している作家さんの作品を大量に購入して、ネットで転売しようとしたものの、売れなくて失敗。 作家に「 家族の障碍者がイベントであなたの商品を大量に購入してしまったので返金してほしい」と嘘の理由で返金を要求した人がいると話題になりました。 イベントで購入した作品を、イベントよりは高く、正規のネットショップよりは安くフリマアプリで転売していたみたい。 しかし、転売に気づいた作家さんが根回し済みで、全然売れなくて嘘をついて返金を要求したそう。 もちろん、話し合いにより、嘘だったと認めたので、返金の話はなくなったようです。 イベントなどで、通常より安く販売している場合、このようなトラブルが起きる事があるようなので、転売されたくないって人は、ご注意を。 本当に、バイヤーなのか、大量に安く売るときは名刺をもらうなど、転売されないか確認が必要。 オーダーを受ける場合の販売方法は2つ• 出来上がってから購入して支払いをしてもらう• 購入と支払い後に作る ピアスやネックレス、雑貨など特にサイズがなく、依頼されたデザインも含め誰にでも合うものは出来上がってから購入してもらっても良いと思います。 完成したものを気に入らなくて購入してもらえなかった場合も、他の人が購入してくれれば問題ないので。 ただ、一般的な好みからずれた独特のデザインや、その人のサイズに合わせた洋服や指輪など、他の人が購入してくれる確率が低いものは、先に支払いをしてもらい作り始めるのが安全。 完成後に購入してもらえず、誰にも購入してもらえない状況になると、材料費や人件費もかかって大損。 高額なオーダーも購入後に作り始める方が安心。 オーダー自体をお断りする場合は、定型文でもいいのでちゃんと返信しましょう。 メッセージを無視すると、結構傷つく人もいます。 あとで、どんなトラブルにつながるかわからないので、常に丁寧に接客することを心がけましょう。 たくさん販売すればするほど、トラブルになる可能性も高まります。 お客様は神様だけど、言いなりになるのは良くありません。 トラブルに動じず、毅然とした態度で臨むのが重要。

次の