あんこ 解凍方法。 あんこの正しい保存方法と美味しい解凍方法。余らせたらもったいない!

あんこの正しい保存方法と美味しい解凍方法。余らせたらもったいない!

あんこ 解凍方法

パンといえば、冷凍保存している方が多い食品だと思います。 食パンや丸パンなど中に何も入っていないパンは保存も解凍もとても手軽ですが、「あんぱん」は果たしてどうなのでしょうか? 実はあんぱんは冷凍保存向きのパン種なんです! こちらのページでは、様々なあんぱんを冷凍保存してきた「東京あんぱん」によるあんぱん冷凍方法をご紹介いたします。 より美味しく、より長くあんぱんをお楽しみいただけると幸いです。 あんぱんのおすすめ冷凍方法 あんぱんの冷凍保存で大切なポイントは以下の3点です。 半分にカットする これは一番大切なポイントです。 大部分のあんぱんは、パン生地の中にあんを詰めているので、そのまま冷凍保存してしまうと、 解凍時に中のあんこにまで熱が届かない状態となります。 あんこにまで火を通そうと加熱時間を増やしてしまうと、せっかく美味しい状態で冷凍したパン生地が硬くなったり、乾燥してパサついてしまう場合があります。 それを防ぐために、あんぱんは必ず「 半分にカットしてから冷凍」保存をしてください。 乾燥しないよう密閉する パンの食感を損なう大きな原因は「乾燥」です。 乾燥によって、パン生地に含まれる水分が減少し、 パサつきが生まれます。 乾燥が大敵なハード系のパンの場合、霧吹きで水を吹きかけてから解凍処理を行う場合もあるほど、パンにとって水分は大切なものとなります。 ですので、 冷凍時は密閉できるジップロックやラップなどでしっかりと密閉してから保存を心がけましょう。 生地によって解凍方法を分ける 3つ目のポイントは、解凍方法です。 食パンなどのシンプルなパンに比べて具が内包されたパンは、生地とあんとで火の通りに違いが生まれます。 また、生地の厚さによっても解凍方法をアレンジした方が良い場合もあります。 以下にパン生地による解凍方法の違いを記載してみます。 ふんわり系/もっちり系 パン生地に比較的熱が通りやすい「ふんわり」「もっちり」系は、電子レンジ加熱がおすすめです。 長時間加熱すると生地の柔らかさが失われてしまうので、 500Wで20秒~30秒を目安に加熱してみてください。 中のあんが多めの場合は、あんの部分を上または下にすることで火の通りが良くなります。 ハード系 クラストと呼ばれる表皮部分が厚めのハード系パンの場合は、電子レンジ+トースターのダブル解凍がおすすめです。 まずは全体をある程度解凍させるために、 電子レンジ500Wで20秒ほど加熱し、その後トースターでクラスト部分をパリっとさせるために2分ほど加熱してください。 中はふわっと外はカリッとな出来立てのような食感をお楽しみいただけます。 薄皮系 薄皮系はあんこの量によっては、解凍が難しい場合があります。 それは、あんこを解凍させるために加熱しすぎると皮が美味しくなくなってしまうからです。 あんこが多く、 電子レンジ500Wで30秒ほどでも解凍されない場合は、少しだけ自然解凍してから加熱するといいかもしれません。 以上があんぱんの冷凍保存のポイントとなります。 各あんぱん紹介ページにおすすめの冷凍保存・解凍方法を記載していますので、そちらも併せてご参照ください。 勿論、あんぱんは出来立てが一番美味しいですが、冷凍してもなお美味しさを保てる工夫をすることで、いつでも好きな時にあんぱんが楽しめるのは嬉しいですね。

次の

あんこうを冷凍・保存・解凍調理する方法

あんこ 解凍方法

市販のあんこを使用する簡単おはぎ(ぼたもち)の作り方 おはぎ(ぼたもち)を作るには、小豆を煮てあんこを作らなくちゃいけないから、とっても手間がかかるイメージですよね。 しかし意外や意外なんですよ。 もち米と白米を炊飯器で炊いて、市販のあんこを使用すれば簡単におはぎが作れちゃうんです。 もち米に白米を加えて炊くことでおはぎが冷めても硬くならないんです。 これって嬉しいですよね。 硬いおはぎは美味しくないですもんね。 それでは、 市販されているあなたのお好みのあんこ(こしあん、粒あん)を使用した、簡単おはぎの作り方を紹介しますね。 計量カップ(1合・180ml)を用意して、カップにもち米を七分目(約126ml)まで入れて、残りの部分に白米を足して1カップにしましょう。 この方法を2回すればで2合用意できますね。 この作業が面倒な人は、 もち米1合と白米1合(1対1の割合)でも大丈夫です。 (2)もち米と白米を合わせて洗いましょう。 (3)洗ったもち米と白米を炊飯器に入れて、 すし飯の2合の線まで水を入れます。 すし飯の目盛がない炊飯器の場合は、 白米の2合の線より約2mm下に水を入れればOKです。 (4) 浸水(約30分)させてからスイッチを入れます。 (5)炊飯中に市販のあんこを丸めておきましょう。 (あんこ800g使用・1個分は50g) ここでは、16個分で計算していますが個数はお好みでOKですよ。 (6)炊飯器のスイッチが切れたら、 すぐに内釜を取り出し塩を振ってください。 蒸らしてしまうともち米がベチャッとしてしまうので注意しましょう。 (7)すりこ木を水で濡らして、ご飯粒が半分残るくらいにつぶしましょう。 つぶし過ぎると、粘りが出てしまい食感が悪くなっちゃいます。 (8)ホールケーキを切る要領で、ご飯に16等分のラインを入れ、手を水で濡らして丸めていきます。 手を水で濡らしすぎて水が多くなってしまうと、ご飯がやわらかくなってしまうので くれぐれも湿らせる程度にします。 (9)ラップにあんこを置いて手で広げ、その上に丸めたご飯をのせましょう。 (10)ラップをあてがいながら、あんこを伸ばして包み込み完成です。 市販のあんこで作った手作りおはぎの保存は冷凍で お彼岸中やお盆のおはぎは、家族分の他にお参りに来ていただいたお客様の分も用意する家庭が多いので、足りなくなったら大変だからと多めに作ったり買ったりしますよね。 そこで困るのがおはぎが余った時です。 家族全員で頑張って食べようとしても、甘いおはぎは一度にたくさん食べれるものではありませんね。 また、大好きだからといっても3食(朝・昼・晩)おはぎでは飽きてしまうでしょう。 やはりおはぎが余ってしまった場合は、無理に食べようとしないで保存しましょう。 一番良い保存方法は冷凍保存ですよ。 しかし、 翌日に食べないのであれば早めに冷凍保存しましょう。 その日のうちに食べきれない場合は早めに冷凍保存しましょう。 食べ切れないものは早めに冷凍保存しましょう。 常温保存の方法 タッパーなどの 密閉ができる容器に入れて出来るだけ 空気に触れないようにし、 直射日光の当たらない涼しい場所で保存しましょう。 常温で日持ちしないのなら冷蔵保存しちゃえばいいのではないかと思われがちですが、 冷蔵庫はNGです。 ご飯が硬くなって食感が悪くなり、味も落ちてしまいます。 おはぎの冷凍保存の方法 ラップやアルミホイルを使って 1個ずつしっかり包んでから、タッパーやジップロックなどの 密閉容器に入れて冷凍します。 急速冷凍が出来れば尚いいですね。 タッパーに入れる際は おはぎ同士がくっつかないように注意しましょう。 保存期間 おはぎの冷凍保存期間は、 4週間~5週間を目安にしましょう。 冷凍したからといって、安心して入れっぱなしはダメですよ。 おはぎは時間が経てばたつほど味が落ちてしまうので、出来るだけ早目に食べましょう。 冷凍保存したおはぎを解凍する方法は? 冷凍保存をしたおはぎを解凍して食べる時は、 電子レンジで1分ほど解凍してから自然解凍しましょう。 気温や室温によって自然解凍する時間は変わってくるので、様子を見ながら食べてくださいね。 【私の場合】 9月の秋彼岸の時、冷凍のおはぎを解凍して食べたのですが、 自然解凍の時間は30分~1時間ほどでした。 電子レンジで 温めすぎてしまうと、 パサついたり逆にあんこがドロドロになってしまうことがあって、美味しく食べれない可能性があるので気をつけてくださいね。 まとめ 市販のあんこを使用しておはぎは簡単に作れるので、ぜひお彼岸に挑戦してみましょう。 和菓子屋さんでもあんこの販売をしてくれるとこがあるので、出来たら和菓子屋さんのあんこを使用することをおすすめします。 ものすごく美味しく出来ます。 ぜひ問い合わせてみましょう。 スーパーに置いてあるあんこでももちろんおいしくできます。 冷凍保存や解凍の方法を覚えてしまえば、お彼岸を過ぎてもおやつにいただくこともできるので、安心して手作りおはぎに挑戦しましょう。

次の

あんこの賞味期限が長い理由はなぜ?開封後の保存方法のおすすめは?|食品の保存方法と賞味期限

あんこ 解凍方法

身が柔らかく淡泊な味わいをしていて、身だけでなくさまざまな部位を楽しむことができるあんこうは、鍋やから揚げ、とも酢和えとして楽しめます。 そんなあんこうを、急速冷凍を活用して冷凍・保存・解凍調理する場合に適切な方法を紹介します。 あんこうの基本 あんこうは白身魚で、身は柔らかく淡泊な味わいをしています。 身だけでなくさまざまな部位を楽しむことができ、特にあん肝と呼ばれる肝臓やコラーゲンの多い皮は人気が高いです。 あんこうは北海道以南の砂泥状の海底に生息しています。 山口県の下関や、茨城県の平潟、日立、福島県の相馬原釜、島根県の浜田などで漁が盛んです。 体の幅広い部分を食べることができるため、鍋で食べるのが最も一般的な調理法です。 そのほか、皮や身を揚げた唐揚げ、身やヒレを茹でたものを肝入りの酢味噌にあえて食べる、とも酢和え等の調理法があります。 水温が低くなる冬場には身が締まって味が良くなるので、12月から2月にかけての寒い時期が旬となります。 春先の産卵時期になると、肝が小さくなってしまい商品価値が薄まり、味も落ちると言われています。 あんこうを使った食品の冷凍方法 あんこうを丸ごと ラップ等で隙間なく包むか、袋に入れて脱気して冷凍。 冷凍する際に内臓を取り出すなど下処理はしない。 解凍する場合は、氷水を張った容器に入れて解凍する(氷水解凍)。 あんこうのフィレ 袋に入れて脱気包装をする(脱気をしすぎるとドリップが出るので注意)か、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 冷凍してから脱気包装をしたり、ラップ等で包んだりしてもよい。 解凍する場合は、氷水解凍。 あんこうのから揚げ、とも酢和え から揚げは加熱後の食感が失われる場合があるので、脱気包装はせずラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 冷凍後に包装を行ってもよい。 とも酢和えは袋に入れて脱気包装を行うか、ラップ等で隙間なく包んで冷凍する。 解凍する場合は、自然解凍、流水解凍、加熱調理。 魚の冷凍・保存・解凍について、もっと詳しく知るには? 肉と比べると組織が弱く、冷凍に注意が必要な魚を、美味しく冷凍するポイントを紹介。 フィレやむき身、干物、下味がついたものなど、商品に合わせた急速冷凍・保存・解凍の方法を詳しく紹介します。 コンサルティング・商品開発のご相談は お気軽にこちらからどうぞ•

次の