脱毛 スタッフ 本音。 脱毛口コミ!全部実際行ってみた本音のおすすめランキング

脱毛サロンで働くエステティシャン。気になるあれこれ、本当はどうなの?

脱毛 スタッフ 本音

メンズ脱毛に来る人を脱毛サロンスタッフはどう思ってる? 脱毛といえば、一昔前まで女性のイメージが強かったですよね。 男が脱毛するってどうなんだろう?• 脱毛する男に対してサロンスタッフはどう感じているんだろう? このような疑問で不安になり、なかなか踏み出せない人も少なくありません。 そこで、メンズ脱毛に訪れる人を脱毛サロンスタッフがどのように思っているのかリサーチした結果、次のような意見をとても多く見かけました。 「お手入れが大変そうだから早くきれいにしてあげたい」 「できるだけリラックスさせてあげたい」 脱毛する側からみると、男が脱毛することをどのように思われているのか気になってしまいがちですよね。 一方、 脱毛のプロであるスタッフは、男性が脱毛することに対してかなり肯定的であり、なおかつサポートしてあげたい気持ちの方が強いんですよ。 したがって、恥ずかしいと感じる必要は一切ありません! 安心して、メンズ脱毛に挑戦しましょう。 メンズVIO脱毛に対するスタッフの本音とは? メンズ脱毛の施術の中には、デリケートな部分を取り扱う「VIO脱毛」があります。 紙ショーツを着用して施術が行われるため、下半身がもろに露出してしまう心配はありませんが、施術中はどうしても見られてしまいがちです。 そこで、メンズVIO脱毛に対するスタッフの本音についても徹底的にリサーチした結果、男性であっても女性であっても、考えていることは以下の1点のみです!• 毛穴がどこまでの範囲にあるか VIOの脱毛は、粘膜部分に細心の注意を払いながら施術を行わなければいけません。 そのため、毛穴がどこまでの範囲にあるのかをしっかりと確認し、粘膜ギリギリまできちんと光やレーザーを照射する必要があるんですよ。 ここに神経をかなり使うことから、デリケートな部分の大きさや形、色をチェックするようなことはありません。 脱毛の施術であることをしっかりと割り切って作業を続けているため、メンズVIO脱毛に関しても恥ずかしいと考える必要はないでしょう。 ただし、以下のようなケースでは脱毛スタッフから嫌がられてしまう可能性があります。 メンズVIO脱毛でスタッフから嫌がられる人の特徴 メンズVIO脱毛でスタッフから嫌がられてしまう人の特徴は次の4つです。 脱毛前のシェービングをしていない VIO脱毛に限らず、脱毛の施術前には必ずシェービングする必要があります。 なぜなら、 黒色のメラニン色素に反応する光やレーザーを使って施術を行うため、皮膚の表面に伸びている毛が生えていると、火傷などのリスクを高めてしまうんですよ。 さらに、長い毛が生えていることによりレーザーや光のパワーが分散され、発毛組織を効率よく狙い撃ちできなくなります。 このような事態を避けるためにも、脱毛前のシェービングは必須となっているんですね。 しかし残念ながら、メンズVIO脱毛の施術に挑む人の中には、事前に説明していてもシェービングの重要性が理解できず、そのまま来店(来院)するケースもあります。 これだと、シェービングに余分な時間を割くことになったり、直前で施術を断らなくてはいけなかったりするため、スタッフからすると複雑な気持ちです。 デリケートゾーンが汚れている メンズVIO脱毛前には、「デリケートな部分をしっかり洗って清潔な状態で来てください」とはっきり言われるケースは少ないです。 しかし、 だからといって汗や皮脂で汚れた状態のまま脱毛の施術に挑むと、脱毛前にスタッフがしっかりと拭き取らなくてはいけない状態に陥る可能性も。 また、汚れている状態では悪臭を放つ可能性もあるため、エチケットとしてマナー違反になります。 いくらお金を払うお客さんの立場であっても、最低限のマナーは守るようにしましょう。 個人情報をしつこく聞き出そうとする 脱毛サロンやクリニックには、若くて綺麗な女性スタッフがたくさんいます。 自分好みの女性が施術を担当するスタッフとして現れた際、密室なのをいいことに口説こうとする人がいるんですね。 「どこに住んでるの?」「彼氏はいるの?」 こんな個人情報をしつこく聞き出そうとすると、いくら仕事でも女性スタッフはうんざりとしてしまいます。 相手が仕事であることをしっかりと理解し、妨害するような言動は避けるのがベストです。 興奮して射精する メンズVIO脱毛では、次のような脱毛前の処理がある場合も少なくありません。 剃り残しをシェービングする• 冷却ジェルを塗布する さらに、 脱毛器を照射する際にはデリケートな部分に触れてしまうこともあるため、生理現象として男性は勃起してしまうケースがあります。 これに関しては、よくあることなのでスタッフは何とも思いませんが、興奮して射精までされてしまうと、はっきりいって迷惑ですよね。 特に、相手が女性スタッフだとこのような可能性も考えられるので、「ちょっとまずいかな」と感じた際には休憩を申し出てください。 また、相手が異性である女性スタッフだと興奮しやすい場合には、男性スタッフが対応してくれるサロンやクリニックを選ぶのが良いでしょう。 脱毛サロンスタッフからみた失敗しないメンズ脱毛サロンの選び方と注意点! せっかくメンズ脱毛に挑戦するのなら、失敗しないサロンやクリニックを選びたいものですよね。 そこで、脱毛のプロであるスタッフからみた失敗しないメンズ脱毛サロンの選び方と注意点を以下にわかりやすくまとめました! クリニック脱毛とサロン脱毛は部位で使い分ける メンズ脱毛には、医療レーザー脱毛器を使ったクリニック脱毛と、光脱毛器を使ったサロン脱毛の2種類があります。 どちらにもメリットとデメリットが存在しますが、全身脱毛に挑戦するのなら部位によって使い分けると効率よく脱毛できるんですね。 例えば、• もちろん、必ずしも必要なわけではありませんが、黒色のメラニン色素に反応する脱毛器を使用している場合、太くて濃い毛が密集している剛毛な部位は、サロンの光脱毛でも十分な効果を実感できる可能性が高いんです。 一方、産毛も生えているような部位に関しては、サロンの光脱毛だと反応しにくく、医療レーザー脱毛の方が効率的な場合もあります。 このような事態を想定し、あらかじめ脱毛部位を分けておくと、より早く脱毛効果を実感できる可能性が出てくるんですよ。 ただし、全身脱毛はセットで行った方がトータル費用を抑えられる可能性があるため、あくまで参考程度にしておいてくださいね。 回数セットプランより脱毛し放題プランがおすすめ サロンやクリニックの脱毛プランをみると、• 回数セットプラン• 脱毛し放題プラン この2つの料金プランから選べる場合があります。 もし、脱毛し放題プランを選べるのであれば、こちらを選ぶことにより、後から追加料金を発生させなくて済むため、脱毛にかかるトータル費用を抑えられる可能性が出てくるんですよ。 どの程度の仕上がりを目指すかによっても変わってきますが、ツルツルの無毛にしたいのなら、脱毛し放題プランを選ぶ方がおすすめですね。 ただし、脱毛サロンやクリニックの中には、回数セットプラン終了後に大幅な割引を適用できる場合があります。 このようなケースでは、回数セットプランでも安心して受けられるため、あらかじめ料金設定をしっかりと確認しておくことが大切ですね。 施術間隔は月に1度で通える脱毛サロン・クリニックが良い 脱毛の施術では、毛周期に合わせて光やレーザーを照射していきます。 したがって、次回の施術までに2〜3ヶ月程度空けるケースも少なくありません。 しかし 脱毛のプロであるスタッフたちは、自分自身が脱毛する際に、生えてきたら施術することも多いんですね。 毛周期を無視して連日のように施術を行っても意味がありませんが、1ヵ月程度経過したら生えてくるのが一般的なので、月に1度のペースで通えるのが理想的です。 間隔をたくさん空けなくてはいけないサロンやクリニックではなく、こまめに通えるサロン・クリニックを選ぶようにしましょう。 予約の取りやすさはしっかりとチェックしておく 安さを売りにしている脱毛サロンやクリニックの多くは、予約が殺到しています。 特に夏前の4月から混みはじめ、6~8月はかなり予約がしにくい状態となります。 1ヶ月前の予約を心がければ好きな日を抑えることができます。 その結果、なかなか予約を取ることができず、自分に合った周期で脱毛の施術に通えなくなってしまう可能性もあります。 これではいつまでたっても脱毛完了の見通しがつかなくなってしまうため、安さだけにとらわれず、予約の取りやすさをしっかりとチェックしておくことが大切です。 脱毛スタッフの本音のまとめ 今回は、脱毛サロンスタッフの本音や、プロからみる失敗しないサロン・クリニックの選び方をご紹介しました。 上記でご紹介した内容をぜひ参考にしていただき、ぜひ今後の脱毛ライフに役立ててみてくださいね!.

次の

これがスタッフの本音!なかなか聞けない恥ずかしいVIO脱毛あるある|つるるん革命

脱毛 スタッフ 本音

メンズ脱毛に来る人を脱毛サロンスタッフはどう思ってる? 脱毛といえば、一昔前まで女性のイメージが強かったですよね。 男が脱毛するってどうなんだろう?• 脱毛する男に対してサロンスタッフはどう感じているんだろう? このような疑問で不安になり、なかなか踏み出せない人も少なくありません。 そこで、メンズ脱毛に訪れる人を脱毛サロンスタッフがどのように思っているのかリサーチした結果、次のような意見をとても多く見かけました。 「お手入れが大変そうだから早くきれいにしてあげたい」 「できるだけリラックスさせてあげたい」 脱毛する側からみると、男が脱毛することをどのように思われているのか気になってしまいがちですよね。 一方、 脱毛のプロであるスタッフは、男性が脱毛することに対してかなり肯定的であり、なおかつサポートしてあげたい気持ちの方が強いんですよ。 したがって、恥ずかしいと感じる必要は一切ありません! 安心して、メンズ脱毛に挑戦しましょう。 メンズVIO脱毛に対するスタッフの本音とは? メンズ脱毛の施術の中には、デリケートな部分を取り扱う「VIO脱毛」があります。 紙ショーツを着用して施術が行われるため、下半身がもろに露出してしまう心配はありませんが、施術中はどうしても見られてしまいがちです。 そこで、メンズVIO脱毛に対するスタッフの本音についても徹底的にリサーチした結果、男性であっても女性であっても、考えていることは以下の1点のみです!• 毛穴がどこまでの範囲にあるか VIOの脱毛は、粘膜部分に細心の注意を払いながら施術を行わなければいけません。 そのため、毛穴がどこまでの範囲にあるのかをしっかりと確認し、粘膜ギリギリまできちんと光やレーザーを照射する必要があるんですよ。 ここに神経をかなり使うことから、デリケートな部分の大きさや形、色をチェックするようなことはありません。 脱毛の施術であることをしっかりと割り切って作業を続けているため、メンズVIO脱毛に関しても恥ずかしいと考える必要はないでしょう。 ただし、以下のようなケースでは脱毛スタッフから嫌がられてしまう可能性があります。 メンズVIO脱毛でスタッフから嫌がられる人の特徴 メンズVIO脱毛でスタッフから嫌がられてしまう人の特徴は次の4つです。 脱毛前のシェービングをしていない VIO脱毛に限らず、脱毛の施術前には必ずシェービングする必要があります。 なぜなら、 黒色のメラニン色素に反応する光やレーザーを使って施術を行うため、皮膚の表面に伸びている毛が生えていると、火傷などのリスクを高めてしまうんですよ。 さらに、長い毛が生えていることによりレーザーや光のパワーが分散され、発毛組織を効率よく狙い撃ちできなくなります。 このような事態を避けるためにも、脱毛前のシェービングは必須となっているんですね。 しかし残念ながら、メンズVIO脱毛の施術に挑む人の中には、事前に説明していてもシェービングの重要性が理解できず、そのまま来店(来院)するケースもあります。 これだと、シェービングに余分な時間を割くことになったり、直前で施術を断らなくてはいけなかったりするため、スタッフからすると複雑な気持ちです。 デリケートゾーンが汚れている メンズVIO脱毛前には、「デリケートな部分をしっかり洗って清潔な状態で来てください」とはっきり言われるケースは少ないです。 しかし、 だからといって汗や皮脂で汚れた状態のまま脱毛の施術に挑むと、脱毛前にスタッフがしっかりと拭き取らなくてはいけない状態に陥る可能性も。 また、汚れている状態では悪臭を放つ可能性もあるため、エチケットとしてマナー違反になります。 いくらお金を払うお客さんの立場であっても、最低限のマナーは守るようにしましょう。 個人情報をしつこく聞き出そうとする 脱毛サロンやクリニックには、若くて綺麗な女性スタッフがたくさんいます。 自分好みの女性が施術を担当するスタッフとして現れた際、密室なのをいいことに口説こうとする人がいるんですね。 「どこに住んでるの?」「彼氏はいるの?」 こんな個人情報をしつこく聞き出そうとすると、いくら仕事でも女性スタッフはうんざりとしてしまいます。 相手が仕事であることをしっかりと理解し、妨害するような言動は避けるのがベストです。 興奮して射精する メンズVIO脱毛では、次のような脱毛前の処理がある場合も少なくありません。 剃り残しをシェービングする• 冷却ジェルを塗布する さらに、 脱毛器を照射する際にはデリケートな部分に触れてしまうこともあるため、生理現象として男性は勃起してしまうケースがあります。 これに関しては、よくあることなのでスタッフは何とも思いませんが、興奮して射精までされてしまうと、はっきりいって迷惑ですよね。 特に、相手が女性スタッフだとこのような可能性も考えられるので、「ちょっとまずいかな」と感じた際には休憩を申し出てください。 また、相手が異性である女性スタッフだと興奮しやすい場合には、男性スタッフが対応してくれるサロンやクリニックを選ぶのが良いでしょう。 脱毛サロンスタッフからみた失敗しないメンズ脱毛サロンの選び方と注意点! せっかくメンズ脱毛に挑戦するのなら、失敗しないサロンやクリニックを選びたいものですよね。 そこで、脱毛のプロであるスタッフからみた失敗しないメンズ脱毛サロンの選び方と注意点を以下にわかりやすくまとめました! クリニック脱毛とサロン脱毛は部位で使い分ける メンズ脱毛には、医療レーザー脱毛器を使ったクリニック脱毛と、光脱毛器を使ったサロン脱毛の2種類があります。 どちらにもメリットとデメリットが存在しますが、全身脱毛に挑戦するのなら部位によって使い分けると効率よく脱毛できるんですね。 例えば、• もちろん、必ずしも必要なわけではありませんが、黒色のメラニン色素に反応する脱毛器を使用している場合、太くて濃い毛が密集している剛毛な部位は、サロンの光脱毛でも十分な効果を実感できる可能性が高いんです。 一方、産毛も生えているような部位に関しては、サロンの光脱毛だと反応しにくく、医療レーザー脱毛の方が効率的な場合もあります。 このような事態を想定し、あらかじめ脱毛部位を分けておくと、より早く脱毛効果を実感できる可能性が出てくるんですよ。 ただし、全身脱毛はセットで行った方がトータル費用を抑えられる可能性があるため、あくまで参考程度にしておいてくださいね。 回数セットプランより脱毛し放題プランがおすすめ サロンやクリニックの脱毛プランをみると、• 回数セットプラン• 脱毛し放題プラン この2つの料金プランから選べる場合があります。 もし、脱毛し放題プランを選べるのであれば、こちらを選ぶことにより、後から追加料金を発生させなくて済むため、脱毛にかかるトータル費用を抑えられる可能性が出てくるんですよ。 どの程度の仕上がりを目指すかによっても変わってきますが、ツルツルの無毛にしたいのなら、脱毛し放題プランを選ぶ方がおすすめですね。 ただし、脱毛サロンやクリニックの中には、回数セットプラン終了後に大幅な割引を適用できる場合があります。 このようなケースでは、回数セットプランでも安心して受けられるため、あらかじめ料金設定をしっかりと確認しておくことが大切ですね。 施術間隔は月に1度で通える脱毛サロン・クリニックが良い 脱毛の施術では、毛周期に合わせて光やレーザーを照射していきます。 したがって、次回の施術までに2〜3ヶ月程度空けるケースも少なくありません。 しかし 脱毛のプロであるスタッフたちは、自分自身が脱毛する際に、生えてきたら施術することも多いんですね。 毛周期を無視して連日のように施術を行っても意味がありませんが、1ヵ月程度経過したら生えてくるのが一般的なので、月に1度のペースで通えるのが理想的です。 間隔をたくさん空けなくてはいけないサロンやクリニックではなく、こまめに通えるサロン・クリニックを選ぶようにしましょう。 予約の取りやすさはしっかりとチェックしておく 安さを売りにしている脱毛サロンやクリニックの多くは、予約が殺到しています。 特に夏前の4月から混みはじめ、6~8月はかなり予約がしにくい状態となります。 1ヶ月前の予約を心がければ好きな日を抑えることができます。 その結果、なかなか予約を取ることができず、自分に合った周期で脱毛の施術に通えなくなってしまう可能性もあります。 これではいつまでたっても脱毛完了の見通しがつかなくなってしまうため、安さだけにとらわれず、予約の取りやすさをしっかりとチェックしておくことが大切です。 脱毛スタッフの本音のまとめ 今回は、脱毛サロンスタッフの本音や、プロからみる失敗しないサロン・クリニックの選び方をご紹介しました。 上記でご紹介した内容をぜひ参考にしていただき、ぜひ今後の脱毛ライフに役立ててみてくださいね!.

次の

脱毛口コミ!全部実際行ってみた本音のおすすめランキング

脱毛 スタッフ 本音

ひと昔前は高額なイメージがあり、一般人にはなかなか経験できなかった光脱毛。 最近はお手頃価格でおしゃれなサロンも増えてきて、実際に光脱毛を済ませている人も少なくないですよね。 この記事を読んでいる方でも、友人の中に「脱毛したことがある」という人が増えている実感があるのではないでしょうか?そんな最近流行りの脱毛サロンですが、脱毛サロンで働くエステティシャンならではの「あるある」もあるようですね。 本記事では脱毛サロンのお仕事を、働く皆さんの本音も交えながらご紹介したいと思います。 脱毛サロンってどんな仕事なの? 脱毛に関しての国家資格や公的資格はなく、美容脱毛士やCPE設定電気脱毛士、美容光脱毛検定などいくつかの民間資格があります。 こういった資格を持っていないと施術できない、というわけではないので、サロン独自の資格制度を設けている会社もあります。 まずは座学で毛や肌についての基本的な知識や、光脱毛の仕組みを学び、それから機器の操作方法や接客マナー、身だしなみについての研修を受けるサロンが一般的です。 お肌トラブルなどを避けるためにも、研修はきちんと行われているサロンがほとんど。 未経験でも安心して始められます。 実際に店舗に配属されてからは、毎日お客様の施術をしているだけではなく、それ以外にもやることがたくさん。 最初は先輩エステティシャンについて施術のヘルプに入ります。 慣れてきたら、お客様への施術を任されるのはもちろん、サロンの規模によっては施術の合間に受付や予約の管理を行っていることも。 他にも、新規のお客様へのカウンセリングや、経験が多くなってくると新人や後輩へのトレーニングを任されることもあります。 施術のときには、機器やベッドを効率よく使い、お客様をお待たせしないためにも、一人のお客様に対して複数人で施術させていただくこともあるようですね。 勤務体系ですが、サービス業ということもあり、シフト制のため、休みは不規則になりがちです。 また、予約状況によっては定時退社が難しくなることもあるようです。 さらに、美容業界ならではかもしれませんが、スタッフやお客様も美容への関心が高い方が多いので、業務時間外でも個人的に美容や脱毛に関する勉強をし、接客レベルの向上を図っているというエステティシャンもいます。 デリケートゾーン(VIO)の脱毛にまつわるアレコレ お客様の立場からすると、VIOといったデリケートゾーンの脱毛はとても恥ずかしいもの。 一方のエステティシャンの立場では、正直あまり気にならないようです。 というのも、脱毛サロンのスタッフはデリケートゾーンの脱毛を経験している人がほとんど。 多くのお客様の施術を経験していて慣れているというのもあるかもしれません。 それよりも、デリケートゾーンは他の箇所に比べて粘膜に近く、施術部位が複雑で痛みを伴いやすいので、施術のときには特に集中して慎重に行っているようです。 話をしていると気がまぎれるというお客様も多いので、いつも以上に話しかけ、リラックスしてもらうように心がけている、というエステティシャンの声も良く聞きます。 デリケートゾーンの脱毛経験があるスタッフから痛みに共感してもらい、励まされることで、なんとか施術を乗り切れたという経験者も。 Vラインについては施術前に残す形を決めるのですが、エステティシャンはその相談をされることもあります。 人気の形や自然に見える形を紹介したり、「水着や下着からはみ出ないようにしたい」というお客様のご要望を伺ったりして、満足してもらえる形を決めていきます。 エステティシャンがデリケートゾーンの施術で困ることと言えば、清潔にしてこない人がいること。 「若干においがあるのはやむを得ないのですが、少しでも気を遣ってほしい」と感じるエステティシャンもいるようです。 また、事前に自己処理をお願いしているにも関わらず、全く処理をしていない状態で来店されるのも困りもの。 他箇所に比べて施術前の処理に時間がかかるので、予定時間を過ぎてしまい他のお客様のご迷惑になってしまうこともあるようです。 エステティシャンだって人間だもの。 本音やあるあるエピソードとは!? 脱毛サロンでエステティシャンをしていると、最も困るのが無断キャンセルや無断遅刻とのこと。 連絡もなく、サロンから連絡をしてもつながらないと、その時間が無駄になってしまうだけではなく、他のお客様をお待たせして迷惑をかけてしまうこともあります。 たった一本電話を入れてくれれば・・・と何とも言えない気持ちになってしまいますね。 特に無断遅刻によって待たされてしまったお客様からクレームを言われてしまったら、お店側に落ち度はないのに謝罪するしかなく、やりきれない気持ちになるのは想像に難くありません。 また、お客様ご自身が施術後の禁止事項を守らなかったにも関わらず、クレームを言われてしまうことも。 例えば施術後は1週間から10日間は日焼けを避けるようにお願いしていても、翌日に紫外線に当たって肌が赤くなってしまったり・・・。 しつこいくらいに禁止事項を伝えていても、このように理不尽とも言えるクレームを受けてしまうケースもあるようです。 特に夏場は初めて脱毛サロンに足を運ぶ人が増える季節でもあり、気候の良さからアウトドアの予定も増える季節。 こういったトラブルが多くなる傾向があるようです。 女性ばかりの職場ということもあり、人間関係が良好なのか気になりますが、多くのサロンではスタッフもお客様も女性ばかりのため、和気あいあいと楽しく過ごせているようです。 美容意識が高い人が多いので、最先端の美容知識を得ることができるなどのメリットも多いとのこと。 施術の練習のために、お互い練習台となって施術しあったりすることもあるようです。 ただ、中には意地悪な先輩がいてあまり良い雰囲気ではない、というサロンもあるようなので、どのような人が所属しているかで環境が左右されるという点では他の職場とあまり変わりないようです。 気になる!脱毛サロンで働くエステティシャンの給与はどれくらい!? 脱毛サロンで働くイメージはつかめてきたけれども、実際にどれくらいの給与なのか・・・。 働くときには欠かすことができない条件の一つ、給与額。 サロンごとで差異はありますが、脱毛サロンのエステティシャンの標準的な給与スタイルを見ていきましょう。 エステティシャンは「基本給プラス成果報酬」という給与体系が多いようです。 基本給は20万円程度が一般的で、成果報酬の金額はノルマに応じてまちまち。 もちろん、厳しいノルマを達成できた方が、給与額も上がります。 エステティシャンの中には、月額50万円を稼ぐすごい人もいるそうです。 成果報酬の他、資格取得に応じて資格手当が支払われるとか、皆勤手当をもらえる会社もあります。 ノルマというと達成できないと叱責を受け、嫌がらせをされるのでは・・・と思うかもしれませんが、今はあまりに無理なノルマを課すような会社は少なくなってきているようです。 また、ノルマ自体がない会社も増えてきています。 無理な勧誘があるとインターネット上の口コミ等ですぐに広がってしまい、お客様が離れていってしまうので、会社側も配慮しているのでしょう。 ノルマがある場合には、アフターケア用の化粧品をご紹介したり、新しく施術箇所を増やしていただくようコースをご提案したりすることが多いようです。 給与ももちろん大事ですが、実際に働いているエステティシャンはお客様がキレイになっていくのを見るのが嬉しく、それがやりがいにつながっているとのこと。 「脱毛の効果があったよ、ありがとう」など、ちょっとした感謝の言葉がとても嬉しいという声が多いです。 施術中はお客様と会話していることがほとんどなので、その中で美容に関することや様々な知識について教えてもらうことができ、知見が広がっていくのも楽しみのようです。

次の