何 を おっしゃる ウサギ さん。 「何をおっしゃるうさぎさん」

うさぎのうた ウサギに関連する童謡・唱歌

何 を おっしゃる ウサギ さん

僕が今まで飼ってきたウサギさんの中にはいなかったんですが、以前ウサギカフェに行ったときにあるウサギさんののどの部分がやたらと膨らんでてちょっと驚いたんですよね。 その時は肉垂の存在を知らなかったので、 「えっ?もしかしてこのウサギさん病気なんじゃないだろうか?」と不安になってしまったんですね。 やたらと喉のあたりがふっくらしてたので。 それで恐る恐るウサギカフェのスタッフさんに聴いてみたんです。 メスのウサギさんにだけできるんですね。 」 スタッフさん「そうなんですよ。 不思議ですよねー。 」 っていう感じで会話は終了したんですが、ここで一つ疑問が。 「何で肉垂って出来るんだろうか?」 っていうこと。 あまりお店のスタッフさんに聴きまくっても悪いしということでお店ではそこまで深く聴けなかったんですよ。 うーん、でも気になるなっていうことで調べてみたんです。 そしたらウサギさんの専門店のホームページに、とてもわかりやすく肉垂についての説明が書かれていたのでね、そちらを引用させてもらいました。 肉垂は野生時代の名残 女の子のうさぎさんの場合、首周りのマフラー、一般的には肉垂ともいわれるものが特徴としてあげられます。 顎の下、胸のところに皮膚が余ってたるんだようなものを指しています。 野生のうさぎでは、この肉垂に冬の間のエネルギー源としての役割があるようです。 ペットうさぎの場合では、必要以上の食事やカロリーがここに蓄えられてしまいます。 引用元: なるほど。 野生のウサギさんにとってはもしかしたらエサが摂れない可能性がある。 それは即ピンチ、もしくは死につながる可能性があるわけです。 自然は厳しいですね。 それを回避するために肉垂はあるというわけです。 緊急用の貯蔵庫みたいなものみたい。 ただ、ペットのウサギさんの場合基本的にはきちんと食べ物を与えていればカロリーが足りなくなることはないので、肉垂はあくまで野生で過ごしていたウサギさんたちの名残の部分というわけですね。 管理人もこの記事を書いていて非常に勉強になりました 笑 ただ、肉垂も全てのメスウサギさんに出来るわけではないようですね。 ウサギさんの品種やエサの上げ方によってはあまり目立たないうさぎさんもいるとのこと。 確かにネザーランドドワーフのメスウサギさんとかで肉垂ってあんまり見たことないんですよね。 僕が見た限りではですけど。 まぁ肉垂自体は病気やけがが理由でっていうことではないので、それ自体を怖がる必要はありません。 これを最初見た時はびっくりしました。

次の

何をおっしゃるウサギさん 元ネタ・意味・由来

何 を おっしゃる ウサギ さん

名前:石下友彦 いしげともひこ 生年月日:1972年9月19日 出身地:宇都宮市 石下友彦さんは1972年に宇都宮市に生まれ、宇都宮大学教育学部附属小学校、同中学校卒業を卒業されます。 子供のころから健康で学校が好きだった石下友彦さんは小中学校で皆勤賞を獲得されます。 その後鹿沼高校に進学、自転車で往復2時間の通学を毎日続けたり、サッカーに本格的に打ち込むなどしますが、無事卒業されます。 高校卒業後は鹿沼に引越しをされ、社会人としての生活をスタートをされます。 いろいろな出会いや経験を得て政治の世界に足を踏み込みます。 1996年に国会議員の秘書として政治の世界に飛び込み、公設第一秘書、政策担当秘書試験に合格し、政治の世界で活躍をされます。 とちぎ自民党国会議員秘書会会長としても活躍され、今回の鹿沼市長選挙で市政に挑戦されます。 そこで国会議員政策担当秘書をされていたときの年収を調べてみます。 国会議員政策担当秘書の年収は700万円〜1000万円以上となることもあるそうです。 ですが、かなりハードな職業なので割に合わない部分もあるようです…残業代、休日出勤手当はなく、土日や深夜まで仕事と非常にキビシイ職場環境なので、正直な話割に合わない部分もあるようです。 まとめ 今回の記事では栃木県鹿沼市長選挙に出馬される石下友彦さんについて記事をまとめてみました。 今回の記事で分かったのは、 ・石下友彦さんの家族の情報は見当たらない ・石下友彦さんの年収 国会議員政策担当秘書時代 の年収は700万円〜1000万円以上 以上です。 その他の詳細な情報が入り次第追記致します。

次の

何をおっしゃる ウサギさん。

何 を おっしゃる ウサギ さん

僕が今まで飼ってきたウサギさんの中にはいなかったんですが、以前ウサギカフェに行ったときにあるウサギさんののどの部分がやたらと膨らんでてちょっと驚いたんですよね。 その時は肉垂の存在を知らなかったので、 「えっ?もしかしてこのウサギさん病気なんじゃないだろうか?」と不安になってしまったんですね。 やたらと喉のあたりがふっくらしてたので。 それで恐る恐るウサギカフェのスタッフさんに聴いてみたんです。 メスのウサギさんにだけできるんですね。 」 スタッフさん「そうなんですよ。 不思議ですよねー。 」 っていう感じで会話は終了したんですが、ここで一つ疑問が。 「何で肉垂って出来るんだろうか?」 っていうこと。 あまりお店のスタッフさんに聴きまくっても悪いしということでお店ではそこまで深く聴けなかったんですよ。 うーん、でも気になるなっていうことで調べてみたんです。 そしたらウサギさんの専門店のホームページに、とてもわかりやすく肉垂についての説明が書かれていたのでね、そちらを引用させてもらいました。 肉垂は野生時代の名残 女の子のうさぎさんの場合、首周りのマフラー、一般的には肉垂ともいわれるものが特徴としてあげられます。 顎の下、胸のところに皮膚が余ってたるんだようなものを指しています。 野生のうさぎでは、この肉垂に冬の間のエネルギー源としての役割があるようです。 ペットうさぎの場合では、必要以上の食事やカロリーがここに蓄えられてしまいます。 引用元: なるほど。 野生のウサギさんにとってはもしかしたらエサが摂れない可能性がある。 それは即ピンチ、もしくは死につながる可能性があるわけです。 自然は厳しいですね。 それを回避するために肉垂はあるというわけです。 緊急用の貯蔵庫みたいなものみたい。 ただ、ペットのウサギさんの場合基本的にはきちんと食べ物を与えていればカロリーが足りなくなることはないので、肉垂はあくまで野生で過ごしていたウサギさんたちの名残の部分というわけですね。 管理人もこの記事を書いていて非常に勉強になりました 笑 ただ、肉垂も全てのメスウサギさんに出来るわけではないようですね。 ウサギさんの品種やエサの上げ方によってはあまり目立たないうさぎさんもいるとのこと。 確かにネザーランドドワーフのメスウサギさんとかで肉垂ってあんまり見たことないんですよね。 僕が見た限りではですけど。 まぁ肉垂自体は病気やけがが理由でっていうことではないので、それ自体を怖がる必要はありません。 これを最初見た時はびっくりしました。

次の