情熱大陸 コロナ。 <情熱大陸>新型コロナの迅速診断キットの開発に奔走! ウイルス研究者・塩田達雄氏の活動に迫る

情熱大陸で塩田達雄のコロナ研究特集!!日本の救世主となる?

情熱大陸 コロナ

4月12日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00〜)は、ウイルス学者の河岡義裕が登場。 新型コロナウイルスが世界を脅かす今、ウイルス学の世界的権威が伝えたい事に迫る。 同番組では、15年前に河岡を取材。 その中で、河岡は当時からウイルスの恐ろしさに警鐘を鳴らし、未知なる微生物の研究の奥深さを伝えていた。 そして2020年、人類はその猛威に直面することに。 地球規模で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、再び、河岡を訪ねた。 河岡は現在、政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバーとして提言を行っているほか、在籍する東京大学医科学研究所にて新型コロナのワクチン開発にも取り組んでいる。 まだ分からないことばかりの新型コロナウイルス。 しかし、ウイルスを長年研究する河岡は「危機的状況ではあるが、ちゃんとやれば、乗り越えられる。 それを分かっている我々研究者が、一般の人たちに、防ぎ方を分かってもらうようにするのが、使命だ」と語る。 番組では、最前線で闘う河岡の姿を目撃。 新型コロナウイルスに今どう立ち向かえばいいのか、河岡に直撃する。 外部サイト.

次の

情熱大陸:感染管理専門家/坂本史衣 院内感染をどう防ぐのか 「私が医療現場を守る…」

情熱大陸 コロナ

1980年、鳥取県生まれ千葉県育ち。 幼少期から里山が遊び場の昆虫好き。 手先が器用で5ミリ四方の紙で折り鶴を作る技巧派の少年だった。 4回の浪人生活を経て入学した東京藝術大学の授業で、自在置物師・冨木宗行に出会う。 過去のものと思い込んでいた自在置物が、現代まで継承されていたことに感動し、その日のうちに弟子入りを申し込む。 プロフィール2 今までに作った生き物は150種以上。 「全日本金銀創作展」開催委員会会長賞受賞。 「平成28年度日本文化藝術奨学金」において「第8回創造する伝統賞」受賞。 七宝作家の妻、4歳の娘の3人暮らし。 幼い頃は「ヤドカリ」になりたかった、プラモデルとゲームを愛してやまない40歳。 公式ページ• Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

「新型コロナは危機的状況だが乗り越えられる」…『情熱大陸』にウイルス学の世界的権威が解説

情熱大陸 コロナ

自在置物という金属工芸品をご存知だろうか? 虫、蛇、甲殻類から龍などの幻獣まで、様々な生き物の姿を金属で再現。 まるで生きているかの様に、「自在」に動かすことができる置物だ。 江戸時代中期、太平の世で職を失った甲冑師によって生み出されたと言われており、以来、伝統工芸として技術の継承を繰り返してきた。 満田晴穂は、江戸時代から続く自在置物の技術を継承した国内唯一の作家。 個展を開催すると販売の抽選に100人の行列ができるほどの人気ぶり。 去年4月にはロンドンで個展を開催した。 作るのは人気の昆虫のクワガタムシから、その見た目から敬遠されがちな虫の代表格・ゲジ(ゲジゲジ)まで分け隔てない。 「なんでこれを作ったの?」と妻に突っ込まれるほどのマイナーな昆虫をも愛する、根っからの虫好きだ。 満田の持ち味は、徹底した観察眼と緻密な手業にある。 本物の標本を隅々まで解体し採寸。 普段は閉じられて見ることの出来ないオニヤンマの口の中でさえ、金属で精密に再現する。 本物と見紛うほどの作品たちは「たまたま金属で生まれてきた命」とも評されるほどだ。 明治時代以降、長らく海外に作品が渡り、国内では日の目を浴びなかった自在置物。 令和に受け継がれた唯一無二の超絶技巧をご覧いただこう。 HARUO MITSUTA 1980年、鳥取県生まれ千葉県育ち。 幼少期から里山が遊び場の昆虫好き。 手先が器用で5ミリ四方の紙で折り鶴を作る技巧派の少年だった。 4回の浪人生活を経て入学した東京藝術大学の授業で、自在置物師・冨木宗行に出会う。 過去のものと思い込んでいた自在置物が、現代まで継承されていたことに感動し、その日のうちに弟子入りを申し込んだ。 今までに作った生き物は150種以上。 「全日本金銀創作展」開催委員会会長賞受賞。 「平成28年度日本文化藝術奨学金」において「第8回創造する伝統賞」受賞。 七宝作家の妻、4歳の娘の3人暮らし。 幼い頃は「ヤドカリ」になりたかった、プラモデルとゲームを愛してやまない40歳。

次の