どうせみんないなくなる。 蒼穹のファフナー (そうきゅうのふぁふなー)とは【ピクシブ百科事典】

どうせ皆死ぬんだから

どうせみんないなくなる

生駒正幸が発案し、皆城公蔵が承認した危機回避プログラムで、建造されていたファフナー・ティターンモデル4機全てが投入された。 参加要員は選抜されたパイロット8人、各スタッフ32人の計40人。 全員が謂わば志願兵であり、パイロット達にはL計画始動までに参加取り消しを行えば受理される事が通達されていたが、参加取り消しを行った者はいなかった。 作戦期間は60日間。 作戦終了までのタイムカウントは、大ホールのモニターに表示されていた。 竜宮島海面下の左翼部L区画を切り離し、"Lボート"としてある程度潜行してから浮上、海上を自動航行しながらフェストゥムを引き付けて迎撃する。 本編終盤のNブロック分離シーンで一瞬見えるコンソールにL区画がないのはこの為。 その間、参加者達にとってはこのLボートが竜宮島となる。 Lボートには2日に1度フェストゥムの襲撃があり、作戦開始から僅か6日で同化現象によって咲良同様昏睡状態に陥ったパイロットが出てしまい、それを皮切りに次々戦死ではなく同化現象によって脱落していくパイロットが出始める。 コード形成率の高いパイロット達でも、パイロット間のクロッシングで読心を防ぐ目的でのジークフリードシステム搭載により、ノートゥングモデルの数十倍にまで跳ね上がった同化速度は大きな負担となり、最大15分間しか戦闘時間はなかった。 しかも脱落に伴って、搭乗の頻度が高まると同化の進行は蓄積されていく。 コード形成率は「 どれだけファフナーと一体化出来るか」という数字であり、「 同化現象にどれだけ耐えれるか」の数値である同化耐久率はパイロット選抜においては重視されていなかったようで、更にジークフリートシステムは蒼穹作戦で取られた分割方式ではなく文字通り 1機につき丸ごと1つ搭載する方式が執られていた事も、同化速度が爆発的に上がった要因だった。 しかもこの時はまだ同化現象に対する治療法が確立されておらず、同化現象を起こしたが最後、医療スタッフもただ見殺し同然に結晶化して"いなくなる"のを見守る事しか出来なかった。 だがフェストゥムはLボートを竜宮島と認識している為攻撃の手は止まないどころか激化の一途を辿っていき、いつしか非戦闘員にも死者が出始める。 大ホールモニター下には、まだ戦えるパイロット達の生きたい、死にたくない、島に帰りたいという叫びが日に日に増えていった。 その悲痛な落書きも、数を重ねる毎に前向きなものから「帰りたい」「おかあさん」と悲痛さを増していく一方で、どれだけパイロット達が精神を摩耗させていっているかを物語っていた。 そんな中、作戦終了まで残り29日時点で祐未の搭乗していたファフナーが激戦の末コックピットブロックが半ば露出するほど損傷し使用不能になる。 声のない叫びも届かず、船橋幸弘が僚に救助された直後結晶化、砕け散り"いなくなった"のを皮切りに、 末期症状を起こしたパイロット達は次々に結晶化し"いなくなって"いき、まだ戦えるパイロットにも初期症状が出始め、更に精神を追い詰めていく。 そして 「自分たちの武器であるファフナーにじわじわと殺される」という絶望や恐怖を爆発させた村上剛史がと殴り書きをしてしまい、僚は激怒してそれを咎めたが、とうに恐怖と不安が臨界点を越えていた残り4人となったパイロット達は泣き崩れた。 そして残り13日時点で村上が戦死、コックピット諸共えぐられて大破した為使用できるファフナーも残り2機のみになり、追い打ちをかけるように後に生存パイロットの立木惇が負傷し、戦えるパイロットも僚と祐未のみとなってしまった。 そして60日目、計画終了日。 最初40人いた参加者は、度重なる襲撃により公蔵の願いも虚しくパイロット3人を含めたった12人となっていた。 計画終了時刻を迎えると大ホールモニターがせり上がり、脱出用の潜水艇プラットフォームが姿を現す。 負傷していた惇は潜水艇に乗艦、僚と祐未は残った2機のティターンモデルに搭乗しLボートを離脱した。 L計画終了を迎えると襲撃中のフェストゥムを巻き込んでLボートそのものが自爆するようプログラムされていたのだ。 生駒の「フェストゥムは海中で活動出来ない」という定義を信じて潜水艇とファフナーはLボートの爆発圏内から離脱に成功。 その時点で初めて竜宮島の現在座標を知り、まさに目と鼻の先という地点まで航行した時だった。 脱出用に用意されていた潜水艇のキャパシティは参加者の数と同じ40人。 このことから公蔵が 本当に全員の帰還を信じていた事が察せられる。 『ROL』が全体的に僚のモノローグ調なのは、大人達がブラックボックス内に僚が遺した音声記録を再生していた為。 この作戦により竜宮島に与えられた平穏は僅か半年で幕を閉じた。 しかし、もう一刻の猶予も無かったアルヴィスに半年の準備期間を与え、またファフナーを使う上でのリスクを明らかにしたことは非常に大きな成果といえるだろう。 少なくとも彼らの存在が無ければジークフリード・システムを分離するというアイデアも生まれず、総士たちはもっと絶望的な戦いに放り込まれていた事は確かである。 プクの死因は老衰。 当時15歳で人間の年齢に置き換えると76歳と相当の高齢であり、きっと僚が帰るのを待って彼の傍に行ったのだろう。 ブラックボックスへの音声記録保存時間を加味すると僚はティターンモデルの強烈な同化の進行に2時間近く耐えた事になり、「僚だけなら島に戻れたのでは」という声もあるが、祐未が「いなくなった」以上、クロッシングによる読心防止策は取れず竜宮島の航行座標がフェストゥムに露見する可能性が非常に高く、結局 あの場での自爆しか道はなかった。 僚の自爆により、公蔵以下Alvis職員に「海底にも敵 フェストゥム がいる」と認識させる事が出来た。 潜水艇撃沈時に「消滅 シグナルロスト 」とソロモンが探知したのは、Alvis及びソロモン側がフェストゥムの存在を探知出来ていなかったからである。 後に『』 以下HAE において、かつて無印で人類軍から切り捨てられ竜宮島に救われた元人類軍の面々が島への恩返しとしてL作戦を行うことを自発的に提案しているが真壁司令から「二度と繰り返してはならない」と突っぱねられてる。 真壁司令に深い傷跡を残していることがわかる。 作戦は形を変えてRボートを用いて敵陣に斬り込みを行う長期的遊撃作戦が実施された。 L計画を思い出させる作戦内容ではあったものの、こちらは参加者全員の生還を前提に立案されており、全員が生存した蒼穹作戦に倣って 「第二次蒼穹作戦」と命名された。 なお、試写会で「第二次蒼穹作戦」のシーンが上映された時、それだけで会場がザワついた。 『HAE』の一騎の回想によると、一騎を始めとした後輩たちにもL計画があった事、その顛末と僚や祐未達参加者の最期が伝えられている。 また『HAE』内の灯篭流しのシーンで、放映版で死亡した咲良の父や衛・翔子・蔵前の灯篭の中に僚の灯籠が流されている事が確認されている。 流した人物は定かで無いが、『EXODUS』にて登場する叔母の佐喜が流したのか、計画の全容を知った後輩達或いはAlvis職員の誰かではないかという推察がある。 新世代パイロットの一人である鏑木彗の姉がL計画参加者。 そのことで彼の母親は精神を病んでおり、L計画参加者の遺族に与えた痛みをなおも見せる。 『EXODUS』では、鏑木彗の母親をはじめL計画に参加したパイロットの親族と思しき人達が連名で「第二次L計画」を提案していることが明らかになった 最低1度は提出し、反対されている模様。 いくら無駄死にではなく貴重な時間を稼ぎきったとはいえ、L計画が関係者の心に大きな傷を残していることが伺える話である。 上記の第二次L計画の賛同者は柳瀬夏樹・立木正義・柴田義竜となっており、いずれもL計画で殉死したパイロット達の苗字と一致する為、全員がL計画殉死者の遺族である事が示唆されている。 だが村上姓がない為、剛史の両親は反対している可能性が高い。 がSDPにより見た未来によると、 「第二次L計画は実行されるものの全滅、戦力が半減して島もアザゼル型ウォーカーに滅ぼされる」という 第一次とは違い完全に無駄死にになる救いのない結末が示された。 しかも、L計画そのものが「フェストゥムに竜宮島の位置がバレていない」という前提で成り立つ為、フェストゥムに島の航路がバレバレのEXODUSにおいては完全な自殺行為でしかなく、危機回避プランというより「 彗の両親の後追い自殺兼L計画参加者の遺族による、島を巻き込んだ盛大な自殺」でしか無かった。 しかしカノンの戦いによって未来が変わり、彗の説得によって母親が娘の死を受け入れて改心、計画は破棄された。 が、大規模攻撃によりL計画に類似した通称プランデルタ「PLAN DIVISION PHASE EXODUS」が考えられている事が発覚。 これは本島を放棄し水面下L・Rボートに住民を乗せて別れる戦略的撤退の面が強い。 だが、島のミールによって生命をギリギリの所で繋いでいる大人達の大部分はこれにより死亡する可能性が高く、カノンが見た未来でフェストゥムが跋扈し誰もいない島となっていたのはこれが起因とも考えられる。 また、僚が住んでいた家は現在空き家となっており、後輩達のパイロット合宿の場として利用された。 だがその合宿中に最悪の災厄が訪れた……• 第三次蒼穹作戦時、甲洋が帰還した際に剣司と彗が島のミールとクロッシングした時、カノンの背後に僚と祐未を含めた早乙女以下L計画参加者達がメッセンジャーとして現れている。 彼らもまたオルガや広登と同じ様に島に"還って"来れたのだろう…。 考えてみたらこれだけでなく同じような戦いがいくつもあったんだろうな・・・ -- 名無し 2014-02-27 20:24:22• スパロボUXでは刹那の中の人にひっかけて僚先輩が「魂はカタチを変えながら」竜宮島に還って来たと言われたな -- 名無しさん 2014-02-27 21:02:17• 新作エグゾダスでは参加者の遺族が何人か登場 -- 名無しさん 2014-04-11 21:30:06• 悲惨な戦いだけど希望を次世代に繋げただけ随分マシという・・・ -- 名無しさん 2014-09-12 02:29:56• HAEの一騎の回想によると、一騎を始めとした後輩たちに もL計画があった事、その顛末と僚や祐未達参加者の最期 が伝えられている。 -- 名無しさん 2015-01-11 18:59:51• そんな回想あったっけ? -- 名無しさん 2015-01-11 19:00:47• Preface of 蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHでのことかな?映画の前日譚。 -- 名無しさん 2015-01-11 19:15:07• 第二次L計画の計画書見た瞬間「おいやめろ」と思ったわ… -- 名無しさん 2015-03-28 23:40:23• みんな誰のために戦って、帰りたがってたのに、それなのにいなくなってしまったのか・・・分かってないんだろうなぁ・・・ -- 名無しさん 2015-03-30 23:40:54• ただ予想外にフェストゥムが水中活動出来たから全員死ぬことになったんだよな…。 あの母親の第二次L計画はそこら辺を分かって作っているのか気になる -- 名無しさん 2015-03-31 01:39:12• 彗の母親の計画や賛同者はその想いに泥塗る行為になってる。 同時にLoRで見せた僚の選択や総士の決意の美しさの対の部分だんだよね。 -- 名無し 2015-03-31 12:41:40• その内佐喜と彗の両親が衝突しそうだ -- 名無しさん 2015-03-31 13:23:24• 観たあとだともうこの項目読むだけで辛いんだが… -- 名無しさん 2015-06-08 13:40:51• 現在の鏑木家で唯一の救いは彗君が姉を両親を憎んでないことかな・・・。 これで「俺がこんな目にあうのは姉ちゃんのせいだ!」とか思うようになってしまったら、本当に早苗の死が無駄死になってしまう・・・ -- 名無しさん 2015-06-08 16:51:46• 飛鳥さんがいてくれたらきっと、最後、自爆を決意したところで助けに来てくれる!と信じてる。 -- 名無しさん 2015-09-06 08:35:32• カノンの未来視では第二次L計画が全滅フラグの模様・・・ -- 2015-10-18 02:09:39• 正直、まだあのおばはんL計画やる気なのかよと思ってしまった -- 名無しさん 2015-10-22 13:56:12• 余談の部分なんだけど、ノートゥングモデル開発はL計画以前の話だし、L計画があったからジークフリードシステムと機体を分離する~ってアイデアの部分は間違いだと思うんだけど、なんかソースあったっけ? -- 名無しさん 2015-10-24 23:59:13• ゼロやティターンとの違いは内蔵式かどうかという点。 -- 名無しさん 2015-10-28 07:30:25• L計画(と総士のファフナー搭乗失敗)が分離の決定打になったってなら同意できるが -- 名無しさん 2015-10-30 09:15:33• どんな形であれ、参加者はちゃんと還って来られたんだな… -- 名無しさん 2015-11-14 21:56:41• EXODUS計画、実行したら自分たちももたないってことは大人たちも知ってるんだから、きっと、「このままこの島で死ぬくらいなら、せめて若者たちだけでも……」ってことなんだろうなぁ。 だけど、これは島のミールを裏切ることにもなるような気がするんだが……。 そこまで追い詰められてるってことか……。 織姫たんなんとかして!!>< -- 名無しさん 2015-11-17 07:48:43• TV版でL区画が無いって言う伏線はちゃんとあったんだし後付というか設定が日の目を見た、って形だよね -- 名無しさん 2016-04-13 11:44:10• そういえば、プランデルタって何の略なんだろ? PLAN DIVISION PHASE EXODUSでは、どう略してもDELTAにはならない気が…… -- 名無しさん 2016-04-13 17:37:35• 略じゃなくてギリシャ文字の順番? アルファ、ベータ、ガンマ、デルタで他に三つあったとか -- 名無しさん 2016-05-15 18:20:00• 結局エクソダスラスト、プランデルタで島を脱出してから大人たちはどうなったんだろう? 確か、真壁パパは、ミールに放射線病治してもらったから大丈夫だと思うけど…… -- 名無しさん 2018-08-04 17:06:01• あの…BEYOND9話のタイトル… -- 名無しさん 2020-04-18 17:15:41• beyondのタイトルで来ているんですけど。 まさか操の船使うとかじゃないよね?そういや操や甲洋、pvにうっていなかったね -- 名無しさん 2020-05-09 08:23:11.

次の

【どうせみんないなくなる】誰かいなくなった時用BGM ニココメ

どうせみんないなくなる

生駒正幸が発案し、皆城公蔵が承認した危機回避プログラムで、建造されていたファフナー・ティターンモデル4機全てが投入された。 参加要員は選抜されたパイロット8人、各スタッフ32人の計40人。 全員が謂わば志願兵であり、パイロット達にはL計画始動までに参加取り消しを行えば受理される事が通達されていたが、参加取り消しを行った者はいなかった。 作戦期間は60日間。 作戦終了までのタイムカウントは、大ホールのモニターに表示されていた。 竜宮島海面下の左翼部L区画を切り離し、"Lボート"としてある程度潜行してから浮上、海上を自動航行しながらフェストゥムを引き付けて迎撃する。 本編終盤のNブロック分離シーンで一瞬見えるコンソールにL区画がないのはこの為。 その間、参加者達にとってはこのLボートが竜宮島となる。 Lボートには2日に1度フェストゥムの襲撃があり、作戦開始から僅か6日で同化現象によって咲良同様昏睡状態に陥ったパイロットが出てしまい、それを皮切りに次々戦死ではなく同化現象によって脱落していくパイロットが出始める。 コード形成率の高いパイロット達でも、パイロット間のクロッシングで読心を防ぐ目的でのジークフリードシステム搭載により、ノートゥングモデルの数十倍にまで跳ね上がった同化速度は大きな負担となり、最大15分間しか戦闘時間はなかった。 しかも脱落に伴って、搭乗の頻度が高まると同化の進行は蓄積されていく。 コード形成率は「 どれだけファフナーと一体化出来るか」という数字であり、「 同化現象にどれだけ耐えれるか」の数値である同化耐久率はパイロット選抜においては重視されていなかったようで、更にジークフリートシステムは蒼穹作戦で取られた分割方式ではなく文字通り 1機につき丸ごと1つ搭載する方式が執られていた事も、同化速度が爆発的に上がった要因だった。 しかもこの時はまだ同化現象に対する治療法が確立されておらず、同化現象を起こしたが最後、医療スタッフもただ見殺し同然に結晶化して"いなくなる"のを見守る事しか出来なかった。 だがフェストゥムはLボートを竜宮島と認識している為攻撃の手は止まないどころか激化の一途を辿っていき、いつしか非戦闘員にも死者が出始める。 大ホールモニター下には、まだ戦えるパイロット達の生きたい、死にたくない、島に帰りたいという叫びが日に日に増えていった。 その悲痛な落書きも、数を重ねる毎に前向きなものから「帰りたい」「おかあさん」と悲痛さを増していく一方で、どれだけパイロット達が精神を摩耗させていっているかを物語っていた。 そんな中、作戦終了まで残り29日時点で祐未の搭乗していたファフナーが激戦の末コックピットブロックが半ば露出するほど損傷し使用不能になる。 声のない叫びも届かず、船橋幸弘が僚に救助された直後結晶化、砕け散り"いなくなった"のを皮切りに、 末期症状を起こしたパイロット達は次々に結晶化し"いなくなって"いき、まだ戦えるパイロットにも初期症状が出始め、更に精神を追い詰めていく。 そして 「自分たちの武器であるファフナーにじわじわと殺される」という絶望や恐怖を爆発させた村上剛史がと殴り書きをしてしまい、僚は激怒してそれを咎めたが、とうに恐怖と不安が臨界点を越えていた残り4人となったパイロット達は泣き崩れた。 そして残り13日時点で村上が戦死、コックピット諸共えぐられて大破した為使用できるファフナーも残り2機のみになり、追い打ちをかけるように後に生存パイロットの立木惇が負傷し、戦えるパイロットも僚と祐未のみとなってしまった。 そして60日目、計画終了日。 最初40人いた参加者は、度重なる襲撃により公蔵の願いも虚しくパイロット3人を含めたった12人となっていた。 計画終了時刻を迎えると大ホールモニターがせり上がり、脱出用の潜水艇プラットフォームが姿を現す。 負傷していた惇は潜水艇に乗艦、僚と祐未は残った2機のティターンモデルに搭乗しLボートを離脱した。 L計画終了を迎えると襲撃中のフェストゥムを巻き込んでLボートそのものが自爆するようプログラムされていたのだ。 生駒の「フェストゥムは海中で活動出来ない」という定義を信じて潜水艇とファフナーはLボートの爆発圏内から離脱に成功。 その時点で初めて竜宮島の現在座標を知り、まさに目と鼻の先という地点まで航行した時だった。 脱出用に用意されていた潜水艇のキャパシティは参加者の数と同じ40人。 このことから公蔵が 本当に全員の帰還を信じていた事が察せられる。 『ROL』が全体的に僚のモノローグ調なのは、大人達がブラックボックス内に僚が遺した音声記録を再生していた為。 この作戦により竜宮島に与えられた平穏は僅か半年で幕を閉じた。 しかし、もう一刻の猶予も無かったアルヴィスに半年の準備期間を与え、またファフナーを使う上でのリスクを明らかにしたことは非常に大きな成果といえるだろう。 少なくとも彼らの存在が無ければジークフリード・システムを分離するというアイデアも生まれず、総士たちはもっと絶望的な戦いに放り込まれていた事は確かである。 プクの死因は老衰。 当時15歳で人間の年齢に置き換えると76歳と相当の高齢であり、きっと僚が帰るのを待って彼の傍に行ったのだろう。 ブラックボックスへの音声記録保存時間を加味すると僚はティターンモデルの強烈な同化の進行に2時間近く耐えた事になり、「僚だけなら島に戻れたのでは」という声もあるが、祐未が「いなくなった」以上、クロッシングによる読心防止策は取れず竜宮島の航行座標がフェストゥムに露見する可能性が非常に高く、結局 あの場での自爆しか道はなかった。 僚の自爆により、公蔵以下Alvis職員に「海底にも敵 フェストゥム がいる」と認識させる事が出来た。 潜水艇撃沈時に「消滅 シグナルロスト 」とソロモンが探知したのは、Alvis及びソロモン側がフェストゥムの存在を探知出来ていなかったからである。 後に『』 以下HAE において、かつて無印で人類軍から切り捨てられ竜宮島に救われた元人類軍の面々が島への恩返しとしてL作戦を行うことを自発的に提案しているが真壁司令から「二度と繰り返してはならない」と突っぱねられてる。 真壁司令に深い傷跡を残していることがわかる。 作戦は形を変えてRボートを用いて敵陣に斬り込みを行う長期的遊撃作戦が実施された。 L計画を思い出させる作戦内容ではあったものの、こちらは参加者全員の生還を前提に立案されており、全員が生存した蒼穹作戦に倣って 「第二次蒼穹作戦」と命名された。 なお、試写会で「第二次蒼穹作戦」のシーンが上映された時、それだけで会場がザワついた。 『HAE』の一騎の回想によると、一騎を始めとした後輩たちにもL計画があった事、その顛末と僚や祐未達参加者の最期が伝えられている。 また『HAE』内の灯篭流しのシーンで、放映版で死亡した咲良の父や衛・翔子・蔵前の灯篭の中に僚の灯籠が流されている事が確認されている。 流した人物は定かで無いが、『EXODUS』にて登場する叔母の佐喜が流したのか、計画の全容を知った後輩達或いはAlvis職員の誰かではないかという推察がある。 新世代パイロットの一人である鏑木彗の姉がL計画参加者。 そのことで彼の母親は精神を病んでおり、L計画参加者の遺族に与えた痛みをなおも見せる。 『EXODUS』では、鏑木彗の母親をはじめL計画に参加したパイロットの親族と思しき人達が連名で「第二次L計画」を提案していることが明らかになった 最低1度は提出し、反対されている模様。 いくら無駄死にではなく貴重な時間を稼ぎきったとはいえ、L計画が関係者の心に大きな傷を残していることが伺える話である。 上記の第二次L計画の賛同者は柳瀬夏樹・立木正義・柴田義竜となっており、いずれもL計画で殉死したパイロット達の苗字と一致する為、全員がL計画殉死者の遺族である事が示唆されている。 だが村上姓がない為、剛史の両親は反対している可能性が高い。 がSDPにより見た未来によると、 「第二次L計画は実行されるものの全滅、戦力が半減して島もアザゼル型ウォーカーに滅ぼされる」という 第一次とは違い完全に無駄死にになる救いのない結末が示された。 しかも、L計画そのものが「フェストゥムに竜宮島の位置がバレていない」という前提で成り立つ為、フェストゥムに島の航路がバレバレのEXODUSにおいては完全な自殺行為でしかなく、危機回避プランというより「 彗の両親の後追い自殺兼L計画参加者の遺族による、島を巻き込んだ盛大な自殺」でしか無かった。 しかしカノンの戦いによって未来が変わり、彗の説得によって母親が娘の死を受け入れて改心、計画は破棄された。 が、大規模攻撃によりL計画に類似した通称プランデルタ「PLAN DIVISION PHASE EXODUS」が考えられている事が発覚。 これは本島を放棄し水面下L・Rボートに住民を乗せて別れる戦略的撤退の面が強い。 だが、島のミールによって生命をギリギリの所で繋いでいる大人達の大部分はこれにより死亡する可能性が高く、カノンが見た未来でフェストゥムが跋扈し誰もいない島となっていたのはこれが起因とも考えられる。 また、僚が住んでいた家は現在空き家となっており、後輩達のパイロット合宿の場として利用された。 だがその合宿中に最悪の災厄が訪れた……• 第三次蒼穹作戦時、甲洋が帰還した際に剣司と彗が島のミールとクロッシングした時、カノンの背後に僚と祐未を含めた早乙女以下L計画参加者達がメッセンジャーとして現れている。 彼らもまたオルガや広登と同じ様に島に"還って"来れたのだろう…。 考えてみたらこれだけでなく同じような戦いがいくつもあったんだろうな・・・ -- 名無し 2014-02-27 20:24:22• スパロボUXでは刹那の中の人にひっかけて僚先輩が「魂はカタチを変えながら」竜宮島に還って来たと言われたな -- 名無しさん 2014-02-27 21:02:17• 新作エグゾダスでは参加者の遺族が何人か登場 -- 名無しさん 2014-04-11 21:30:06• 悲惨な戦いだけど希望を次世代に繋げただけ随分マシという・・・ -- 名無しさん 2014-09-12 02:29:56• HAEの一騎の回想によると、一騎を始めとした後輩たちに もL計画があった事、その顛末と僚や祐未達参加者の最期 が伝えられている。 -- 名無しさん 2015-01-11 18:59:51• そんな回想あったっけ? -- 名無しさん 2015-01-11 19:00:47• Preface of 蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTHでのことかな?映画の前日譚。 -- 名無しさん 2015-01-11 19:15:07• 第二次L計画の計画書見た瞬間「おいやめろ」と思ったわ… -- 名無しさん 2015-03-28 23:40:23• みんな誰のために戦って、帰りたがってたのに、それなのにいなくなってしまったのか・・・分かってないんだろうなぁ・・・ -- 名無しさん 2015-03-30 23:40:54• ただ予想外にフェストゥムが水中活動出来たから全員死ぬことになったんだよな…。 あの母親の第二次L計画はそこら辺を分かって作っているのか気になる -- 名無しさん 2015-03-31 01:39:12• 彗の母親の計画や賛同者はその想いに泥塗る行為になってる。 同時にLoRで見せた僚の選択や総士の決意の美しさの対の部分だんだよね。 -- 名無し 2015-03-31 12:41:40• その内佐喜と彗の両親が衝突しそうだ -- 名無しさん 2015-03-31 13:23:24• 観たあとだともうこの項目読むだけで辛いんだが… -- 名無しさん 2015-06-08 13:40:51• 現在の鏑木家で唯一の救いは彗君が姉を両親を憎んでないことかな・・・。 これで「俺がこんな目にあうのは姉ちゃんのせいだ!」とか思うようになってしまったら、本当に早苗の死が無駄死になってしまう・・・ -- 名無しさん 2015-06-08 16:51:46• 飛鳥さんがいてくれたらきっと、最後、自爆を決意したところで助けに来てくれる!と信じてる。 -- 名無しさん 2015-09-06 08:35:32• カノンの未来視では第二次L計画が全滅フラグの模様・・・ -- 2015-10-18 02:09:39• 正直、まだあのおばはんL計画やる気なのかよと思ってしまった -- 名無しさん 2015-10-22 13:56:12• 余談の部分なんだけど、ノートゥングモデル開発はL計画以前の話だし、L計画があったからジークフリードシステムと機体を分離する~ってアイデアの部分は間違いだと思うんだけど、なんかソースあったっけ? -- 名無しさん 2015-10-24 23:59:13• ゼロやティターンとの違いは内蔵式かどうかという点。 -- 名無しさん 2015-10-28 07:30:25• L計画(と総士のファフナー搭乗失敗)が分離の決定打になったってなら同意できるが -- 名無しさん 2015-10-30 09:15:33• どんな形であれ、参加者はちゃんと還って来られたんだな… -- 名無しさん 2015-11-14 21:56:41• EXODUS計画、実行したら自分たちももたないってことは大人たちも知ってるんだから、きっと、「このままこの島で死ぬくらいなら、せめて若者たちだけでも……」ってことなんだろうなぁ。 だけど、これは島のミールを裏切ることにもなるような気がするんだが……。 そこまで追い詰められてるってことか……。 織姫たんなんとかして!!>< -- 名無しさん 2015-11-17 07:48:43• TV版でL区画が無いって言う伏線はちゃんとあったんだし後付というか設定が日の目を見た、って形だよね -- 名無しさん 2016-04-13 11:44:10• そういえば、プランデルタって何の略なんだろ? PLAN DIVISION PHASE EXODUSでは、どう略してもDELTAにはならない気が…… -- 名無しさん 2016-04-13 17:37:35• 略じゃなくてギリシャ文字の順番? アルファ、ベータ、ガンマ、デルタで他に三つあったとか -- 名無しさん 2016-05-15 18:20:00• 結局エクソダスラスト、プランデルタで島を脱出してから大人たちはどうなったんだろう? 確か、真壁パパは、ミールに放射線病治してもらったから大丈夫だと思うけど…… -- 名無しさん 2018-08-04 17:06:01• あの…BEYOND9話のタイトル… -- 名無しさん 2020-04-18 17:15:41• beyondのタイトルで来ているんですけど。 まさか操の船使うとかじゃないよね?そういや操や甲洋、pvにうっていなかったね -- 名無しさん 2020-05-09 08:23:11.

次の

【ドルフロ】【疑問】ドルフロのラストってどうせみんないなくなるっての確定してるの?

どうせみんないなくなる

島を守るために犠牲を……! 『』の前日譚である『 蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』。 本作では竜宮島の囮 通称Lボート を用意し、フェストゥムを竜宮島から引き離す「L計画」の概要が描かれている。 L計画はいわゆる陽動作戦であり、が囮の島を襲撃した際はファフナーでこれを迎え撃つ。 その一方で、フェストゥムの読心能力に対抗する為に作戦の全容は参加メンバーに明かされておらず、定期的に補給が解放され、最終日には脱出ボートを開放する事で極力人員の命を守るための配慮がされており、計画は犠牲者0を目指すはずであった……。 だが、現実では下記のデメリットにより実際の生存率は0に等しかった。 試作型であるティターン・モデルの搭乗には15分の制限時間があり、これ以上乗ってしまうとパイロットの同化現象が進んでしまう。 パイロットに掛かる負荷は通常のファフナーより重く、乗れば乗るほど 制限時間関係なしで同化現象が起こってしまう。 しかもパイロット交代の隙を突かれてパイロットやスタッフが『いなくなる』リスクもあった。 加えて囮の島であるLボートは 実質的な閉鎖空間であり、竜宮島への連絡はおろか作戦最終日以外の帰還が許されなかったりと外部からの補助は受けられない。 参加メンバーは作戦内容を知らされていない上に、 外部からの補給が全くない。 メンバーの誰かが欠けても補充はされない。 Lボートの設備は不完全で、パイロットの戦闘経験が全くないなど戦力に不安を抱えている。 という風にどこからどう見ても絶望的な状況である。 そして周りの人々がフェストゥムの攻撃や同化現象の末期症状(結晶化して砕け散る)でいなくなり、それでも希望を持ち続けようとLボートの乗員たちが始めた寄せ書きの上に、ある日こんな落書きが書かれた。 い み ど な ん う く な せ な る はその落書きを書いたに怒りを露わにし 「 なんであんなこと書いた! 言え! なんでだ!!」と突っかかった。 その後L計画がどうなったかは本編を見て確かめてほしい。 ただ一つだけ言えるのは、彼らの戦い、彼らの想いは決して無駄などではなかったという事である。 そこから転じて、近年のアニメやゲーム、あるいは現実において 「その後の展開で、どうにも、誰も、救われそうに無い流れが見えてきた」時、 この言葉を書き込むのが定番になりつつある。 なお、『ファフナー』本編でも、初期案では主人公であるは第一次蒼穹作戦から帰還した直後に結晶化して「いなくなる」予定だったという…。 スパロボでは、あくまで生き残る気だった……だから承認したのだ!! 『』本編が初参戦した『』において、 最終決戦後に生き残ったたちファフナーパイロット勢が、同化現象の進行によって近いうちに全員死亡してしまう事が仄めかされた極まりないエンドが描かれるという衝撃的な事件が発生。 しかも同時参戦作品である『』の難病である「ラビッドシンドローム」がフェストゥムから提供されたデータを応用することで治療法があっさり確立したにもかかわらず、それから1年が経ったエンディングでも同化現象は治療できないという意味不明な展開であった しかも、ゴーダンナー側の科学者は「暇でしょうがなくてさ」などと語って一人でバカンスを満喫しているという有様である。 多くのファフナーファンが抑えきれない怒りと共にこの言葉を思い出し、そしてに 「馬鹿野郎! なんであんなシナリオ書いた! 言え! なんでだ!!」と、各々差はあるが激しい怒りをぶつけた。 とはいえ、Kの制作当時はUXにおけるEXODUS同様、 劇場版アニメであるHEAVEN AND EARTHは未発表であり、続編への考慮が不可能なファフナーシナリオに、ある程度絶望的な終末を想像しても仕方ない点があったことは記しておく。 ……そんな言い訳では済まないほど、違和感が酷く許されないシナリオ展開およびエンディングではあったが。 というか、である以上、上記の言い訳は言い訳にすらなっていない。 救いようの無いバッドエンドからの代名詞として知られるとのバッドエンドを毎回毎回木っ端微塵に叩き壊してきたスパロボでは、原作より更に救いがなくなったバッドエンドなど決して許される展開ではないのだ。 ただしフラグを立てても、最終話で消滅するだけはどうやっても救うことは出来ず、 しかも死亡原因がよりにもよってあのを救うために力を使い果たし同化現象が進行して消滅するというものだったため、プレイヤーは唖然としたのであった。 さらにその直後に他のキャラは宴会を開き裸踊りまでするという常識を疑いたくなる展開までも…。 「」 私は、彼ら全員の生存を信じている!! Kから約四年後に発売されたにもファフナーは劇場版を伴って参戦した。 初の声付き参戦である。 もう一度繰り返す。 初の声付き参戦である。 こちらでは、原作準拠の暗いイベントは起きる(というか、Kの反省なのかシナリオに絡んでくる)ものの、Kの様な悲惨な展開にはならず、むしろ後述するような事態になっている。 またこちらでも、、、そして劇場版唯一の死亡キャラ?であるを生存させる事も可能 但し劇場版への流れのため、の同化は避けられないが。 適当極まりない理由とシチュエーションで生還したKとは異なり、各々がストーリーを大きく盛り上げてくれる。 特にと、翔子生存時のとの交流は多くのファンを感動へと誘った。 さらにはストーリーの随所で、「」を筆頭に 鬱展開が確定しているシリーズ最新作『』(当時はまだ未放送)への布石ほぼ全てを平然と破壊し、続編フラグを粉々に叩き割ってしまった。 具体的には、 ・フェストゥムが最終的に『命の意味』『自分たちが何であるか』『何故自分たちが最終的に宇宙全てを同化して無に還そうとしていたのか』を理解した為、 人類はフェストゥムとの対話による和解を達成した。 ・原作におけるキーパーソンの一つである敵対組織の人類軍が、 終盤で完全な人類の敵サイドに回ってしまい、地球連邦からも討伐対象として認定され、最終的にヘスター・ギャロップら上層部含めて全滅した。 ・上記の出来事により、EXODUSの黒幕の一人であるアトランティスコア=ベイグラントが人類軍壊滅後、プロメテウスの岩戸から救出されている可能性すらある。 ・蒼穹作戦において北極海ミールから同化現象の治療に関する膨大な量のデータが贈られてきた際、が即座に解析をの方でサポートする様に取り計らったため、 原作とは比較にならないスピードで同化現象の治療をする事ができた。 ・上記の同化現象の治療速度爆ageに加え、一騎の同化現象の進行具合と症状が原作と比べて遥かに緩やかかつ穏やかであった為、 一騎の寿命問題もおそらく存在しない。 Kとは雲泥の差だが、。 なんでこんなエンディングにした! Yeah!! おかげで、スパロボユーザーやファフナーファンからは 「どうせみんないなくならない」とか 「どうせみんないきのこる」とか 「どうせえぐぞだすははじまらない」という風に、この言葉もネタにされている。 ちなみに 戦線を一時離脱したの復帰イベントの舞台も竜宮島であり、の導きによって意識を取り戻すというクロスオーバーが展開された。 RIGHT OF LEFTファンへの一種のサービスだろうか? 過酷な状況にあっても、生きようとする者の意志。 」「~を書いた! 『なんでだ! 言え!』」などの表記揺れが多く目立ち、時には『なんでだ! Yeah!! 』のような非難を装った歓喜表現の改変まである。 この記事でも長いこと、大事な原作の台詞が「『どうして』『こ』んなこと『を』書いた! 言え!『』」という誤記のままだった辺り……。 この辺の誤解は、甲洋の同化症状とファフナー喪失を淡々と語る総士に真矢がぶつけた「どうしてそんなことを言うの!? 」というセリフや、伝言ゲームのように意味や使われ方が変わっていたネットスラング達と似たような経緯であるため、仕方ないことである。 誰もが、怖さと怒りと悲しみで、いっぱいだった…… 最後に 以上が、「どうせみんないなくなる」というピクシブ百科の記事だ。 ここまで読んでくれた方、この台詞を知らずに乱用している方、ファフナーを知っている・知らない方、他にもたくさんの人がいるだろう。 皆の言わんとしていることは第三者にも十二分に伝わっており、状況次第でこそあども変化するため、色々な想いもあるかもしれない。 単なる表記揺れにしろ他作品で使うにしろ、これがファフナーネタであることを踏まえた上で、空気を相互に読んで使用、もしくは使用しないことを 祈っている。 関連記事 親記事.

次の