台湾 ドラマ 路。 ドラマ『路~台湾エクスプレス~』から見る台湾の鉄道や歴史、言語台湾ストーリー

『路』台湾エクスプレスの主題歌・エンディング曲を歌っているのは誰?歌手名や曲名・歌詞を紹介!

台湾 ドラマ 路

吉田修一原作の長編小説 『路(ルウ)』 NHKと台湾公共電視台PTSの共同制作でドラマ化。 脚本は、「篤姫」も手掛けた川渕久美子。 全3話、5月30日 土 が最終回でした。 「プロジェクトX」的な、技術秘話とか苦労話が中心…、ではなく、 それに関わる、あるいは絡み合う人間模様を描いたドラマ。 この物話のボリュームだと、10話くらいでないと描けないのでは。 という話は、またあとで触れることにして。 スラブ軌条の高架線を走る台湾高鐡 700T。 台湾高速鐵道、略して台湾高鐵。 その走行音は、日本の700系とそっくりでした。 最終回にもJR東海の700系が登場します。 帰国した春香を乗せて、富士山をバックに富士川鉄橋を渡る700系のぞみ。 有名な撮影スポットです トラブル続きで開業予定が遅れたことをマスコミにすっぱ抜かれる場面。 ニュース画面に700Tの先頭車がボンネット開放して連結器を見せる貴重な姿が! 元々は、フランス、ドイツを中心とするヨーロッパのシステムを導入するはずだった台湾高鐡。 車両もTGVベースになるはずでした。 1998年ドイツの新幹線ICEが脱線転覆事故を起こしたこと、そして1999年に台湾大地震が発生したことを契機に、台湾高鉄は運転コアシステムを日本式新幹線方式に切替えることに計画変更。 ドラマでは、台湾高鐡プロジェクトマネージャーのドイツ人副総経理ジャックバルトと日本の技術コーディネータ安西が激しくぶつかる場面が何度かありますが、そうした背景がわからないので、見ている人には理解し辛かったと思われます。 例えば、1話に登場する、乗務員扉とその窓の開閉にかかわる議論の衝突。 700Tには乗務員扉がありません。 また、日本では新幹線でも駅出発時に車掌が乗務員室の窓から顔を出して安全確認をするのが普通ですが、台湾プロジェクトでは必要ない、と一蹴されてしまいます。 乗務員扉の無い台湾高鐡700Tと、JR西日本700系7000番台RAILSTAR。 モータ出力は700Tが285kw、700系は275kw。 台湾高鐡の総延長距離348. 5km、駅数12駅は、 九州新幹線博多-鹿児島中央間の268. 9km、12駅と規模的には近いです。 運行コアシステムは、実際の集中制御室が良く再現されています。 実際のシステム。 日本信号や京三製作所などの鉄道関連メーカが納入。 台北に近い、燕巣車両工場の場面です。 コチラは北陸新幹線白山総合車両所、何となく雰囲気が似ています。 さて、盛り過ぎというか消化不良なのが、 主人公 春香と台湾人建築士 劉人豪 エリック との恋バナ。 学生時代の旅行中の出会いから8年ぶりに再会するも、春香は「婚約者がいるの」と伝え、エリックは「好きな人とは友達にはなれない」と、別れを告げるのですが…。 そもそも、東京の商社『大井商事』 モデルは三井商事ですね)から、台湾のプロジェクト会社に出向を命じられた春香が、現地でどんな業務をしているのか、あまり詳しく描かれていません。 位置づけとしては技術コーディネーターもしくはそのアシスタントのはず…。 プロジェクト仲介の商社が相手法人と打合せるときは、大抵単独ではなく関連するメーカや建設会社のエンジニアを伴うと思われるのですが、ドラマのように技術打合せが商社主体で進められるのも不自然です。 そして、 一時帰国した春香が、名古屋のホテルマンを勤める婚約者繁之に婚約指輪を返し、別れを告げる場面…。 うーん、何とも罪作りな…。 意識のすれ違いみたいなのは何となくわかるものの、場面展開が唐突なので、これも共感を得にくい描き方に…。 この辺り、このドラマの評価が極端に分かれるところで、春香の評価も両極端。 「春香はエリックと結ばれて欲しい」という声がある反面、「三股掛けた悪女」とか「繁之さんかわいそう」とか...。 波瑠さんの表情は、なんとも刹那的なんですけどね。 うーん、罪作りな。 小説では、婚約解消された繁之さんはうつ病になるらしいのですが…。 恋バナに振るなら、韓流ドラマのようにズルズルドロドロにしないと、海外ロケドラマではバランスが取れません。 そして、マスコミすっぱ抜かれ事件の責任を取らされ、台湾高鉄を追われた運行管理副責任者のレスター ワンが、開業遅れを挽回するため、再びプロジェクトに戻ってくる場面。 これもちょっと唐突でした。 マスコミの信頼を回復するため、台湾高鐡プロジェクトは、レスターワンの提案で、1ヵ月間の本番ダイヤ無事故試運転を決行。 この1ヵ月無事故試運転は実際に行われたエピソードですが、それまでに至るトラブルや事故について触れられていないので、その必要性が伝えきれていないのが残念。 "なんでそんなことしなきゃいけないの?"というのが要る訳です。 トライ最終日の最終列車に、板橋駅から副総経理バルトと、春香の上司山尾が乗り込みます。 指令所のモニターに映る二人。 商務車 Business Class ですね。 日本のグリーン車、シートピッチ1160mm。 座席表示も日本式。 700系のグリーン車。 シートピッチ1160mmは700Tも、700系も同じです。 700系0番台普通車と、700Tの標準車の座席です。 コチラもシートピッチは同じで、100系以来の1060mm。 3-2配置も一緒です。 試運転最終105列車が板橋駅を発車。 途中、鳥との衝突が伝えられますが、異常なしとして、列車はそのまま走行を続けます。 航空管制と同じ用語「バードストライク」なんですね。 試運転105列車は終点の左営駅へ。 左営駅に到着、ホームに停車した試運転105列車。 無事、1ヵ月無事故試運転を終え、歓声を上げる運行管理者やプロジェクト関係者。 ホームに降り立ったバルトと安西が、わだかまりを越え握手します。 なんだ、安西も試運転列車に乗ってたんですねー。 議論がかみ合わない場面では、もう少し欧州側の主張や理念も伝えてほしかった。 そしてエンディングへ。 開業後間もない、台湾高鐵 板橋駅。 エリックが尊敬する台湾生まれの日本人建築家、ガンに侵され余命短い葉山勝一郎を、春香が台湾新幹線に初めて案内する場面(ややこしい)。 は、話が日本の台湾統治まで及び複雑なのでここでは割愛...。 これもまた、背景が深くて盛り過ぎな訳ですが。 ちなみに、この改札機はフランス式です。 ここで、これまた唐突に春香は、日本の建設会社に就職し台湾に一時帰国したエリックと再会。 エンディングの巻き過ぎストーリー感が漂いますが…。 葉山に促され、春香はエリックと新幹線に乗車します。 葉山はチケットを買い直し、別の座席へ。 車内で「台湾に残って仕事を続ける」と、エリックに伝える春香。 「また離れ離れだね」と、自身は日本で働くエリックの寂しげな表情。 でも「僕たちは運命なんだ」と、お互いの想いを伝える二人。 うーん、なんだか無理無理ハッピーエンドに持って行った気もします。 エンディングで、初めて出会った13年前、学生時代の旅行を回想するシーン。 春香がエリックに宿泊するホテルの場所を尋ねて、 案内してもらったその翌日、屋台レストランで偶然の再会。 エリックはスクーターで春香を観光案内します。 この場面は、 「ローマの休日」のイメージなんでしょうねー…。 やっぱり、背景描写が圧倒的に不足しているのが残念。 「プロジェクトX」にするのか、 「韓流恋バナ」にするのか、 どっちつかずで中途半端なんだなー。 とはいえ、台湾高鐡とJR東海全面協力の、日台合作ドラマ。 意欲的なのは感じます。 巷の評価は賛否両論のようですが、私はアラ探し的にも楽しめました。

次の

アーロン、日台共同制作ドラマ『路』出演「90年代の恋愛はストーリー性があった」

台湾 ドラマ 路

(NHK総合、土曜、全3回) ドラマのタイトルは「路(ルウ)~台湾エクスプレス~」です。 主演は 波瑠さん。 その相手役は、台湾のアイドルグループ飛輪海(フェイルンハイ)のメンバーであるアーロンさん。 他に、井浦新さん、寺脇康文さん、高橋長英さん、シャオ・ユーウェイさん、ヤン・リエさん、リン・メイシューさんらが出演されます。 <台湾高速鉄道について> 台湾高速鉄道をご存知でしょうか。 台北市・南港駅から高雄市・左営駅までの345kmを結ぶ高速鉄道のことです。 日本が 新幹線の車両技術を輸出・現地導入した初めての事例です。 2001年から工事がスタートし、2007年に完成しました。 台湾高速鉄道は当初は 2005年の完成予定でしたが、スケジュールの延長が繰り返されました。 その原因は、台湾が日欧混在システムを採用したことにあります。 つまり 台湾高速鉄道で日本の技術が導入されたのは 新幹線の車輛だけで、分岐器はドイツ製、列車無線はフランス製ものが使われているのです。 日本と欧州の足並みが揃わなかったことから、開発は遅れていくことになりました。 そもそも最初の契約の段階では、台湾は欧州連合と組んで新幹線事業を進める予定でした。 しかし1999年に 台湾大地震が起きたことや、ドイツ鉄道が自国で脱線事故を起こしたことなどから、台湾は地震の多い日本の技術も導入する方針に転換しました。 この小説は、そんな台湾高速鉄道の建造計画が進む 台湾が舞台です。 鉄道が出来上がってく過程と並行して、その近くで生活している人や鉄道事業に関わる人達の様子が描かれます。 【広告】 <あらすじ> 主人公は、大井物産の 台湾新幹線事業部に勤める多田春香。 入社4年目の新人社員です。 彼女は東京生まれ神戸育ちで、台湾で暮らしたこともなければ留学経験もありません。 大学時代に一人で台湾旅行に行ったことがあるだけです。 1999年、日本の新幹線車両が台湾の鉄道で使われることが決まりました。 大事業に参加したかった春香は、台湾に 転勤することを承諾しました。 彼氏は日本で働いているので、遠距離恋愛になります。 春香は台湾に住んでいるとはいえ、たまの休みには日本に帰って来て、家族や彼氏に顔を見せることは怠りません。 春香には台湾で忘れられない思い出がありました。 それは大学時代の一人台湾旅行で、ある青年と知り合ったことです。 青年は親切に色々な場所を案内してくれました。 別れ際に春香は青年から連絡先を書いた紙を受け取りますが、日本に帰国後にその紙を失くしてしまい、一切 連絡が取れなくなってしまいました。 当時の春香は中国語は出来ず、英語もカタコトだったため、青年の名前すら分かりませんでした。 春香は再び台湾にやって来て、青年と巡った場所を探してみましたが、会えませんでした。 春香は、仕事をする中で台湾で親しくなった林芳慧(リン ファンホエ)に、旅行のエピソードを話していました。 5年も前の話なので、春香は今さら青年を探そうとはしていませんでしたが、芳慧は知人のツテを当たって地道に 捜索を続けました。 やがて、春香の探していた青年は、現在日本にいて働いていることが判明します。 なんと二人ともお互いの消息が不明なまま、相手の国に行って働いていたわけです。 驚きのすれ違いです。 春香のエピソードだけではなく、他の 登場人物の話も並行して描かれます。 春香の職場のワーカホリックな先輩・安西誠。 戦時中は台湾で生活し、現在は定年で建設会社を退職した葉山勝一郎。 彼らの人生が交差し、広大な物語が展開していきます。 【広告】 <まとめ> 建設中の台湾高速鉄道の周りで暮らす人たちの物語です。 メインは 台湾新幹線事業部に勤める多田春香の話ですが、それだけに留まらない物語の広がりと豊かさがあります。 恋愛小説とも言えますし、大規模事業に関わるビジネス小説とも言えますし、歴史小説とも言えます。 爽やかなノスタルジーに浸りたい方におすすめの作品です。

次の

日台共同制作ドラマ「路」で注目される俳優:炎亞綸と邵雨薇の紹介台湾ストーリー

台湾 ドラマ 路

執筆背景 [ ] 吉田が10年以上前に台湾を訪れた際に、驚くほどの気候や風土、そして雰囲気が故郷のに似ていたため自身に合うと感じたといい、そこから何度も台湾に足を運ぶようになった。 2004年に日本人女性と台湾人の男性が屋台で出会う小説を書いて以降、更にこの物語を組み立てて長編に仕立てたいと思うようになったという。 また、台湾でに公開された映画『』のエンディングで「」を合唱するシーンに涙するほど感動して「この映画がなければ『路』もなかった」とも語り、さらに「」と称される、日本統治下の台湾に生まれ時代に翻弄された日本人の物語を加えて執筆したという。 本作で描きたかったのは昭和前期から平成まで続く時間の長さや奥行きであったといい、個々の人間を深く描いていくことで国の関係やその時代をも見通せるような小説にしたかったと語る。 台湾を訪れたことで更に台湾が好きになったという吉田は「老人が船に乗って何日もかけて渡った遠い台湾と現代の若い人が感じる近くの台湾との格差を見るのも楽しい。 時間が短くなることでそれぞれの思いの距離も近くなればいいと思う」と語った。 作中では、「今回は食べ物1つ、登場人物の性格1つとっても、僕の好きなものだけを書きました」と語るように台湾の気候や光景、夜市で売られる食べ物、台湾人の風習や考え方などを多く描出し、さながら吉田版「台湾ガイドブック」の性格も併せ持っている。 あらすじ [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年5月) 主要人物 [ ] 多田春香(ただ はるか) 本作の主人公。 台湾新幹線事業部所属。 入社4年目で抜擢され台湾に出向し現職に就く。 劉人豪(リョウ レンハオ) 東京の大手建設会社の建設計画室に勤務する台湾人。 英語名はエリック。 会社では他にエリックという名の外国人社員がいたため、本名の人豪から「ジンちゃん」と呼ばれている。 大学生時代、一人旅で台湾を訪れ道に迷っていた春香を助け、その翌日偶然再会した春香を観光案内する。 次の日、帰国する春香をホテルで見送る際自分の電話番号を渡すも連絡は来ず、翌年発生したで春香が被害に遭ったのではないかと心配し、神戸へと飛んだ。 大学卒業後を終え、日本へ移住、日本語学校、大学院を経て現職に就く。 安西誠(あんざい まこと) 商社社員。 台湾新幹線事業部所属で春香の先輩。 妻と息子を日本に残し単身赴任中。 妻とはうまく行っておらず、クラブのホステス・ユキと同棲する。 葉山勝一郎(はやま かついちろう) 台湾生まれで第二次世界大戦後に日本へ引き揚げた日本人()。 戦後、日本に引き揚げて以降、大手建設会社に勤務し、高速道路の設計などをしていたが定年退職、同じく台湾生まれの妻・曜子と悠々自適の生活を送っていたが、病気で先立たれる。 その後ゲストスピーカーとして呼ばれた講演会の終了後、質問しに来た人豪が台湾出身だと知り自宅に招く。 陳威志(チェン ウェイズー)[阿志(アーズー)] 在住。 フリーターで、親に紹介された親戚の中古車店の手伝いをしていたが、兵役の後、台湾新幹線開通に伴い新しく設置される燕巣車輛整備工場に勤務することになる。 燕巣郷に住む祖母の家にスクーターで頻繁に通っている。 その他の人物 [ ] 台湾 蔡明樹(ツァイ ミンスー) 人豪の高校時代からの友人。 脱サラ後、辣醤鶏唐揚げ店を営む。 笵琳琳(ファン リンリン) 芳慧の高校時代からの親友。 江昆毅(ジャン クンイー)[阿昆(アークン)] 芳慧の恋人。 林芳慧(リン ファンホエ)[小慧(シャオホエ)] 台湾新幹線事業部の現地採用社員。 山尾 台湾新幹線事業部の部長。 ユキ クラブ・クリスタルのホステス。 ケビン クラブ・クリスタルの従業員。 中野赳夫(なかの たけお)[呂燿宗(ル ヤオツオン)] 台北市内病院の院長。 旧制台北高校卒業。 張美青(ツァン メイチン)[阿美(アーメイ)] 威志の幼馴染。 留学から中途帰国し、未婚の母となる。 李大翔(リー ダーシャン) 威志の中学時代からの友人。 王窈君(ワン ヤオジュン) 威志の中学時代からの友人。 リゾートホテル勤務。 日本 池上繁之 春香の恋人。 東京都内の大手ホテルに勤務。 有吉咲 大手建設会社の建設計画室勤務。 人豪の同僚。 高浜 大手建設会社の建設計画室室長。 葉山曜子 勝一郎の妻。 鴻巣義一 勝一郎と時に同隊に所属。 旧制台北高校卒業。 出典: 書誌情報 [ ]• 単行本:『路』(2012年11月21日発売、、)• 文庫本:『路』(2015年 05月 08日発売、、) テレビドラマ [ ] 日台共同制作ドラマ 路 ( ルウ ) 〜台湾エクスプレス〜 別名 路〜台灣Express〜 ジャンル 原作 『路』 脚本 演出 松浦善之助 出演者 邵雨薇() 楊烈( ()) 林美秀( ()) 音楽 エンディング Chendy「つながる心」 国・地域 言語 時代設定 1999年 - 2020年 話数 3話 製作 制作統括 土屋勝裕 松川博敬 於蓓華 プロデューサー 坪井清治 林彦輝 撮影監督 杉山吉克 編集 高室麻子 製作 (共同制作) 放送 放送チャンネル 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 第1回:土曜 21:00 - 22:13 第2回:土曜 21:00 - 21:49 最終回:土曜 21:00 - 21:59 放送枠 放送分 第1回:73分 第2回:49分 最終回:59分 回数 3 特記事項: にて第2回を5月21日に、最終回を5月28日に23時15分から先行放送。 『 路〜台湾エクスプレス〜』(ルウ たいわんエクスプレス)のタイトルにおいて日本及び台湾のである(NHK)と(PTS、公共電視台)の共同制作による「日台共同制作ドラマ」としてテレビドラマ化され、およびの「」枠でから まで全3回に渡って放送された。 主演は。 麗しの島と呼ばれた台湾の美しい景色や活気ある街角を背景に、日本と台湾の人々の国境と時間の垣根を超えた心の交流を描く。 製作 [ ] の発生時に寄せられた台湾からの震災支援に対しお礼をしたいとの思いが原点となり、「台湾で、台湾の放送局と合作という形でドラマを作れたらそれが一番のお礼になるのではないか」との発想から本作の企画・制作へと至った。 PTS(公共電視台)との共同制作、の撮影協力のもとで、撮影は約2か月間にわたって、、など台湾各地で行われ、花蓮では日本のドラマとしては初となる台湾原住民の豊年祭の撮影を行った。 キャスト [ ] 主要キャスト [ ] 日本• 多田春香 -• 安西誠 -• 山尾一 -• 葉山勝一郎 - (青年期:)• 葉山曜子 - (青年期:)• 池上繁之 -• 有吉咲 - 台湾• 劉人豪(エリック) -• ユキ - 邵雨薇()• 台湾料理屋のおばちゃん - 林美秀( ())• 中野赳夫(呂燿宗) - 楊烈( ()) (青年期: )• ケビン -• 林芳慧 -• ジャック・バルト - Gary Edward Gitchel(ギャリー・エドワード・ギッチェル)• レスター・王 - 梁正群( ())• 陳威志 - 李梓誠(リー・ズーチェン)• 張美青 - 吳玳昀(ウー・ダイユン) その他のキャスト [ ]• 陳威志の父 - 應蔚民( ())• 陳威志の母 - 黃舒湄• 熊井建設取締役 - (第1回)• 安西の妻 - (第1回)• サチコ クラブ・クリスタルのママ - ()(第1、2回)• の役員 - (第2回) スタッフ [ ]• 原作 - 『路』(刊)• 脚本 -• 音楽 -• 主題歌 - Chendy「つながる心」(作詞:田渕久美子、訳詞:陳信延、作曲:清塚信也)• 題字 -• 演出 - 松浦善之助(NHK)• 制作統括 - 土屋勝裕(NHK)、松川博敬(NHK)、於蓓華(PTS)• プロデューサー - 坪井清治、林彦輝(PTS)• 共同制作 -• 第1回は21時から22時13分まで73分。 第2回は21時から21時49分まで49分。 最終回は21時から21時59分まで59分。 NHK BS4Kにて第2回を5月21日の23時15分から5月22日の0時5分に、最終回を5月28日の23時15分から5月29日の0時15分に先行放送。 原作との違い [ ]• ドラマでは、劉人豪が葉山曜子を見舞い、その後曜子の葬儀に参列するシーンが登場するが、原作では、劉人豪が葉山勝一郎と出会うのは、葉山が妻と死別した後となっている。 原作では、芳慧は婚約者(その後結婚し夫)とその友人のつてを頼って、およそ1年を経て人豪の連絡先情報を得るが、ドラマでは芳慧の婚約者(夫)は登場していない。 ドラマでは、人豪が2月22日に台湾に帰国した際に春香と8年ぶりに再会する設定となっているが、原作では人豪が夏休みに帰国した際に9年ぶりに再会となっている。 ドラマでは春香が葉山邸を訪れ、後に台湾で人豪とともに葉山を出迎えるシーンが描かれているが、原作では春香と葉山は直接会うことはなく、台湾で出迎えるのは人豪(と中野こと呂)のみである。 ドラマでは人豪が春香に告白、春香が池上との婚約を理由に断り、結果別れるシーンが描かれているが、原作では池上が激務から心身を病み休職、春香はその池上と別れることが出来ず、人豪とはなかなか関係も進展しないものの決定的に別れる場面は描かれていない。 ドラマでは、威志が美青と辰辰と一緒に開通した台湾高鐡に乗っている際にプロポーズするシーンが登場するが、原作では開通前に既に結婚している。 ドラマでは、安西が離婚しユキと日本に帰るシーンも描写されていない。 前番組 番組名 次番組• 2019年11月9日閲覧。 文藝春秋. 2019年11月9日閲覧。 文藝春秋. 2019年11月9日閲覧。 2013年3月8日. 2019年11月9日閲覧。 中央社フォーカス台湾. 2013年10月5日. 2019年11月10日閲覧。 文藝春秋. 2019年11月9日閲覧。 NHKドラマ. ドラマトピックス. 2019年11月8日. 2019年11月9日閲覧。 中央社フォーカス台湾. 2020年4月3日閲覧。 中央社フォーカス台湾. 2020年5月15日閲覧。 インタビュアー:「本の話」編集部. 文藝春秋. 2019年11月9日閲覧。 吉田修一『路』特設サイト. 2020年5月23日閲覧。 株式会社blueprint. 2019年11月8日. 2019年11月9日閲覧。 中央社フォーカス台湾. 2020年5月15日. 2020年5月16日閲覧。 2019年11月8日. 2019年11月9日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2020年5月4日. 2020年5月16日閲覧。 外部リンク [ ]• - 土曜ドラマ• 中国語 -• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の