無塩バター。 無塩バターと有塩バターの違いは?2つの役割と代用するときの注意点について

食パン作りの無塩バターは有塩バターで代用可能?その出来栄えは?|暮らしのヒント

無塩バター

スポンサーリンク バターの有塩と無塩って何が違うの? バターは生クリームを撹拌して水分と脂分を分離させて、脂分を固めて作ったものです。 バターと言っても、有塩と無塩と発酵という種類があります。 無塩バターには、塩が入っておらず、主にお料理やお菓子作りに使います。 有塩バターには、塩を作っている過程で加えています。 実際には100gに1. 4gくらい入っています。 バターの種類には、有塩や無塩の他に発酵バターがあります。 発酵バターはもしかしたら、使ったことがない方もいらしゃるかもしれませんね。 発酵バターは、乳酸菌などを入れて発酵させたものです。 風味があって高級な製品となっています。 なので、有塩のバターはトーストなどに塗ると味が付いているので、おいしくいただけますが、 お料理、特にお菓子作りでクッキーやケーキなどの生地に使うときは、全体の味に関係してくるので、 無塩バターを使って、必要があれば後で分量の塩を足す方法がとられます。 もちろん、有塩バターよりも無塩バターの方が値段が高いのと、塩が入っていないと保存期間も短いので、使いきれなかった場合は、きっちりジップや容器に入れて密封して冷凍保存して、自然解凍で使うといいです。 バターの有塩と無塩、使い分けはどうするの? 前述のように、お料理の種類によって、塩加減が料理やお菓子に影響する場合は無塩バターを使います。 無塩バターと有塩バターは、塩加減だけでなく、風味の違いもあって、有塩バターは熱を加えるとコクが増すのですが、無塩バターは、けっこうあっさりとしたおいしさなんです。 家庭で作るケーキやクッキーは、個人的に有塩バターを使っても十分美味しく作れるのですが、バタークリームなどは、やはり有塩ではだめで、無塩バターで作るととてもおいしく出来ます。 そしてパン作りでは、塩は小麦粉のグルテンの働きを活発にする作用があるので、 無塩バターを使って塩を別に投入すると、焼き上がりと食感が違うわけです。 また、パンケーキなどを作るときに、バターを溶かしたり焦がしたりして入れるのですが、 思ったよりも塩気が強いことがあるので、無塩バターを使った方が良いと言うことです。 尚、親戚の人に聞いたところ、物のない時代には無塩バターがなく、有塩バターを水で洗って使ったと言われましたが、本人もそれで塩がとれたかどうかわからないけどと笑っておられました。 スポンサーリンク 無塩バターを有塩バターで代用できる? こう言っては何ですが、冷蔵庫にある材料、そのへんのスーパーで買ってきたバーゲンの卵、薄力粉、砂糖、マーガリン、生クリームとかで作ったケーキやクッキーでも、家庭で作るととてもおいしく出来ます。 カスタードクリームなどは、卵や牛乳ですごく味が変わるので、良いものを使うことにしています。 なので、産みたて卵とか、厳選された薄力粉や砂糖などを使うと、どれだけおいしく出来るかといつも思うくらいなのです。 もちろん、無塩バターで作ったケーキ、クッキーなどが、おいしくないはずがないです。 が、前述のように、家庭で家族でいただくケーキを作るのに、わざわざ無塩バターを使わなくても有塩バターでも代用はできます。 パン焼き器でパン作りのときも、毎日そこまで厳密にすることはないと思います。 もちろんホワイトソースを作るときも、最後に塩を足すし、味見をしておいしければいいのです。 手抜きというほどじゃなくても、本来は無塩バターを使うんだと言うことだけ覚えておいて、とっておきのときに使うようにすればいいと思います。 まとめ 有塩バターには、有無を言わさず塩が入っていて、無塩バターには塩がほとんど入っていないので、料理やケーキ、クッキーを作るときに塩が邪魔しないように無塩バターを使います。 風味や何かも考えて、レシピもよく見て使い分けをしましょう。 また、無塩バターは有塩バターよりも日持ちがしないので、冷凍保存しましょう。

次の

業務スーパーのバターはおすすめ!450gの無塩バターなどの値段は?

無塩バター

こんな方におすすめの記事• パン作りに無塩バターを使う理由を知りたい• 余っている有塩バターでパンを作りたい• 有塩バターを使うのはNGなパンってあるの? 2年ほど自宅でパンを焼いていますが、有塩バターだとパンがしょっぱくなるとばかり思い込んでいる時期がありまして、無理して有塩・無塩両方のバターを揃えていました。 使い切れない日も多くどうしたものかと悩んでいましたが、実はそこまで塩分量が多くないことに最近気付いたわけなんです。 なんという取り越し苦労。 僕のように家の冷蔵庫に有塩バターが残っているのに、わざわざパン作り用に無塩バターを買うのは正直もったいないです。 あまりシビアにならずに塩分量を工夫してパン作りをしていきましょう。 バター100gあたりに含まれる食塩の量:1. 28g』です。 微々たる量ですよね。 正直、この差であればよほど味覚が優れていない限りは気付かないと思います。 それでも気になるという人は、材料の塩を計算して減らすと良いでしょう。 参考までに小麦粉250gに対して、塩5g・バター20gと記載されていた場合を例に説明します。 28g)で作った場合 4. 72g 1. 詳しく知りたい方はをご覧下さい。 ちょっと細かいんですが、大体0. 15~0. 特に『 生地を引き締める効果』は重要ですね。 有塩バターを使うからといってパン生地に加える塩の分量を極端に減らしてしまうと、どうなると思いますか? 塩はパン生地を引き締めて表面に張りを出す効果があるんですが、塩が少ないと張りが出なくてパンがずっとベタベタした状態になってしまいます。 こうなってしまうと焼き上がりもボリュームが出ないし、ベタッとして美味しくないです。 以上の2つの理由により『デニッシュ系パンに有塩バターは使えない』という結論になります。 マル得ワザ:有塩バターから塩分を取り除くことも可能です そもそも有塩バターから塩分を取り除く事ができれば何も問題ないんですよね。 そこで塩分を除外する方法がないか調べてみたところ、有塩バターを一回溶かして固め直すことで塩分と油分を分離させて取り除くことが可能だと分かりました。

次の

業務スーパーのバターはおすすめ!450gの無塩バターなどの値段は?

無塩バター

バターのカテゴリーについて Amazon. jp「バター」のカテゴリーでは、無塩バターや有塩バター、発酵バターなど、さまざまな種類のバターを取り扱っています。 バターは牛乳から分離したクリームを固めた食品で、パンに塗って食べるほかにも、ソースの材料、調味料、炒め油、菓子の材料など、さまざまなものに使われる親しみのある食品です。 無塩バターと呼ばれるものは、バター本来の風味が十分に引き出せることから、製菓、製パンの材料として多く利用される傾向があります。 原料の生乳に微量の塩分が含まれていることから、無塩バターと表記せずに食塩不使用バターと表示されることもあります。 ほとんど食塩が入っていないので、日持ちは未開封で5か月ほどとなります。 有塩バターは、食塩を加えてあるのでそのままで食すと塩の風味を感じ、調味料としての役割を担うこともできます。 保存期間は未開封で6か月ほどで、含まれている食塩の量は約1. 5%ほどであるとされています。 バターを使う 「バター」で取り扱っている無塩バターや有塩バターは、さまざまな料理に使うことができます。 製菓や、味と仕上がりに影響の出やすい製パンでは無塩バターがおすすめです。 有塩バターであっても、使用量が50gほどと少ない場合は味に影響が出ない場合もありますが、バターを100g単位で多く使用することの多いケーキやパイ生地、バタークリームなどでは、特に味に塩分の影響が出てしまう傾向があります。 有塩バターは、トーストに塗ったり、蒸かしたじゃがいもに使うなどして、素材の味に塩分を足し合わせておいしくなるような料理に使うのがおすすめです。 さらに、バターは加熱して溶けるとうま味と香りが引き立つので、脂肪の少ない部位の肉のソテーには有塩バターをプラスするという方法もあります。 また淡白な味わいの魚料理にもバターのコクで味の深みを出すことができる場合が多いです。

次の