哲学nwk。 ここは世界の都市を上空から見るスレ|哲学ニュースnwk

ここは世界の都市を上空から見るスレ|哲学ニュースnwk

哲学nwk

79 ID:mDszolen0 休まない 復讐ってほどでもないけど投下させていただきます。 (フェイクあり) 小学校~中学校までいじめられていた私。 小学校から中学校に一緒に来たいじめっ子もいたので中学からは女子からもいじめられるように。 当然親に心配させられないし、先生にも言うのをためらっていた。 何度も何度も自分が死んだらみんなは喜ぶのだろうかと悩んでいたくらいで。 その中で私が選んだ復讐(?)は「休まないこと。 」 いじめっ子たちは「休めよ豚!」「死ね!菌が移るだろ!」「教科書いらねーだろうから捨てといたぜ!」 みたいな今考えるととても幼稚なことをしていて、 そんな逆境の中やすまない自分はカッコイイ!と厨二っぽいことを考えていた。 休みは図書室にこもった。 すると本の楽しさを知って学校には一番に来るようになり、先生に褒められもした。 よくわからないけれどそのときから女子からのいじめはなくなり、 男子が負け惜しみといえるくらい幼稚ないたずらをするだけだった。 」 と言ってやると仲間になった女子は「よく言った!」という顔をして 言われた男子は卒業をしたというのに職員室に呼ばれていた。 聞いた話によると校長、教頭、担任からなどさまざまなお叱りを受けていたようだ。 以降その男子たちに会ってないが、私は皆勤賞という味を占め高校でも皆勤賞を取ることができた。 その事実を知った両親曰く「いじめられていたけれど学校を休まなかった。 」と褒めてくれた。 ・素晴らしい仕事ね。 いつもジブリに出てくる料理の見た目が大好きだったのよ。 ・単純な朝食だけど完璧ね! ・本物のミニマリズムだ!それに料理のインスピレーションを得る素晴らしい考えだね。 ・ あなたのジブリ料理シリーズが大好きだよ。 トーストや卵なんかの単純な食べ物が映画に 重要な要素を加えているよね。 君は本当に素晴らしい仕事をしているよ。 これからも続けてください。 ジコ坊の汁 サンの肉 パズーのパン ニシンのパイ 豚の魚料理 1: 名無し募集中。。。 「どこ出身?」という挨拶がわりの話題のはずが、 「名古屋」と答えただけで 「え、そうなんだ……」と、一瞬空気が固まってしまった。 それもそのはず。 名古屋人への偏見は、 もはや風評被害の域に達する。 今回はこの噂について世間にモノ申したい。 しかし、その実態は「最低限の荷物でアパートに引っ越し、いずれ住むマイホームには 収納スペースが充実しているため、家具(花嫁道具)は不要」というごく一般的なもの。 経済産業省が発表している「平成21年特定サービス産業実態調査 冠婚葬祭業」調べによると、 挙式・披露宴費用が高額な県1位は山形県(387万円)、 2位は新潟県(385万円)、3位は栃木県(384万円)。 名古屋人の住む愛知県(281万円)だった。 「名古屋人と結婚したら金がかかる」はまったく根拠なし!.

次の

[B!] 隣人が死んでるかもしれない:哲学ニュースnwk

哲学nwk

画像 6000円で落札の花瓶、今度は9.6億円で落札 かつて44ポンド(現在のレートで約6000円)で落札された中国の花瓶が先ごろ行われた競売で7000万香港ドル(約9億6000万円)で落札される出来事があった。 競売大手サザビーズは今回の花瓶を「失われた名作」と表現。 18世紀の工芸品で過去50年間、中欧の人里離れた家屋に置かれていた。 花瓶は、60年以上にわたって中国を治めた乾隆帝のために作られたという。 サザビーズ幹部は競売前の声明で、「この極めて壊れやすい花瓶が、たくさんのペットに囲まれた家屋で半世紀にわたって、無事でいたことは奇跡だ」と述べた。 持ち主は80代の女性で花瓶などの品々を相続したとみられている。 サザビーズがユーチューブの公式サイトに投稿した動画でファン・ローゼンタール氏が語ったところによれば、「我々は何年も前に相続された幾つかの中国製の工芸品のある部屋にたどり着いた。 その中を4匹の猫が自由に歩き回っていた。 彼女は食器棚に置かれた一部が金色の中国の花瓶を指さした。 大切にしている品で、何か特別で価値のあるものだと知っていた」という。 サザビーズの記録によれば、この花瓶は1954年に英ロンドンで行われた競売で44ポンドで落札されていた。 その後、さらに80ポンドで売却されていた。 タグ :.

次の

[B!] 隣人が死んでるかもしれない:哲学ニュースnwk

哲学nwk

7月16日 14:58• 7月16日 12:40• 7月16日 11:43• 7月16日 01:00• 7月16日 00:00• 7月15日 23:30• 7月15日 22:30• 7月15日 22:00• 7月15日 20:00• 7月15日 18:00• 7月15日 16:00• 7月15日 14:00• 7月15日 12:00• 7月15日 08:00• 7月15日 07:30• 7月15日 07:00• 7月15日 01:00• 7月15日 00:00• 7月14日 23:30• 7月14日 22:30• 7月14日 22:00• 7月14日 20:00• 7月14日 18:09• 7月14日 16:32• 7月14日 14:02• 7月14日 12:43• 7月14日 08:00• 7月14日 07:30• 7月14日 07:00• 7月14日 01:00• 7月14日 00:00• 7月13日 23:30• 7月13日 22:30• 7月13日 22:00• 7月13日 20:00• 7月13日 18:25• 7月13日 16:18• 7月13日 14:30• 7月13日 13:31• 7月13日 08:00• 7月13日 07:30• 7月13日 07:00• 7月13日 01:00• 7月13日 00:00• 7月12日 23:30• 7月12日 22:30• 7月12日 22:00• 7月12日 20:00• 7月12日 18:00• 7月12日 16:42.

次の