妊娠 後期 不眠。 妊娠中のつらい不眠。眠れない原因と不眠の解消法について|ベビーカレンダー

妊娠と不眠|世田谷区の産婦人科なら冬城産婦人科医院

妊娠 後期 不眠

女性の眠りシステムは、 男性より緻密に出来ている 睡眠をコントロールしているのは、脳幹という部分です。 脳幹の中の視床下部には、生命を維持するために欠かすことのできない自律神経や食欲、性ホルモンなどをコントロールする指令センターもあって、それぞれが互いに影響しあっています。 たとえば、強いストレスで交感神経の優位が続くと眠れなくなったりしますし、食欲が満たされれば副交感神経が優位になって眠くなる、というように。 こうしたメカニズムは男女にほぼ共通ですが、大きく違うのが性ホルモンです。 男性の性ホルモンの分泌は、女性のように大きな変動がありません。 ですから、睡眠の指令センターが性ホルモンの影響を受けることもほとんどないのです。 ところが、子どもを産む性である女性の場合は、女性ホルモンの指令センターがつねに活発に指令を出しています。 排卵や月経を起こし、妊娠を維持し、分娩を開始させ、おっぱいを出す……、そのたびに女性ホルモンの分泌はダイナミックに変化しています。 このとき、睡眠の指令センターともさかんに情報交換しあって、女性は眠りを変化させているのです。 脳幹の視床下部には、眠りや自律神経、食欲、性ホルモンなどの指令センターが集中。 女性ホルモンと睡眠の関係は密接に作用しあっている。 ホルモンの働きで 月経前は眠くなる 女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つがありますが、これが眠りには、それぞれ逆の方向に働きます。 月経から排卵までの間、さかんに分泌される卵胞ホルモンは覚醒を促します。 おおいに活動して受精のチャンスを増やそうとしているのです。 そして、排卵後に多量に分泌される黄体ホルモンは、睡眠を促します。 月経に備えてしっかり休養させようとしているのです。 「月経前になるとすごく眠い…」など、体験的に知っている人も多いと思います。 妊娠すると黄体ホルモンは、さらに活発に分泌され、眠気が一層強くなります。 眠ることで体がリラックスして筋肉の緊張が解けるので、子宮内膜もゆるんで着床しやすくなるのです。 逆に強いストレスや睡眠不足が続いて、子宮の筋肉が緊張して硬くなっていると、受精卵はなかなか子宮内膜に潜り込むことができません。 たとえ着床しても、子宮の筋肉が緊張で強く収縮すると、流産につながりかねません。 緊張を解くいちばん簡単な方法。 それが睡眠なのです。 妊娠初期に黄体ホルモンが急激に上昇して、強い眠気に襲われるのは、「胎児がうまく育つためには、母体がエネルギーをムダづかいしないでリラックスしたほうがいい。 そのためには眠ってしまうのが一番」という、生物学的に非常に優れた戦略なのです。 女性も男性と同じように働いている現代社会で、「眠たくなったから眠る」ということはなかなか難しいでしょう。 でも、女性が本来持っているこの優れた生物としての戦略に、あまり逆らわないほうがいい。 赤ちゃんの成長のために、ぜひ眠りを大切にしてほしいと思います。 ママの眠りが胎児を育てる。 とくに妊娠初期は無理しないで十分な睡眠をとりましょう。 妊娠後期の不眠は、 工夫で乗り切る 妊娠中盤は、ホルモンの分泌も安定してくるので、「眠くて眠くてしょうがない」というようなことはなくなってくるでしょう。 妊娠後半は、逆に眠りにくくなります。 これは性ホルモンの影響というよりも、おなかが大きくなる、体が重くなるなどの物理的な状況が原因といえそうです。 近づいてくる出産や赤ちゃんを迎える生活への不安など、精神的なことが原因で寝付けないこともあるでしょう。 それでも眠ることは必要ですから、できるだけラクな姿勢をとったり、寝具を替えてみたり、軽く昼寝をしてみるなど、いろいろ工夫してみてください。 産後の眠りは おっぱいとともに 産後は、夜中の授乳などでまとまった眠りがとりづらくなるでしょう。 眠れるときに眠る、という考え方で乗り切りましょう。 授乳をしていると、眠くなることがありますが、これは乳汁を促すプロラクチンというホルモンがたくさん分泌されるため。 このホルモンとそれを指令する放出ホルモンにも睡眠を促す作用があるのです。 赤ちゃんにおっぱいをあげながら、ママもうとうと……。 これもまた、生物の自然な姿なのです。 睡眠中の脳内では、情報の神経経路など問題がないかを点検し、修復する作業が行われています。 熟睡することで昼間活躍した脳の情報を整備してメンテナンスし、守っているのです。 睡眠中は、成長ホルモンもたくさん分泌されます。 そのおかげで、筋肉や骨、皮膚細胞などの新陳代謝が促されます。 寝不足だと肌の調子が悪いのは、代謝が遅れて古い皮膚を使わなくてはならないから。 ぴちぴちとした肌のためにも、眠りは必要なのです。 人間は生まれてから死を迎えるまで、活動と睡眠を繰り返しています。 「目覚めて活動する」と「眠ってメンテナンスする」は2つでワンセットですから、眠りをないがしろにはできません。 眠りは百人百様。 同じ1人の人でも生まれてから死ぬまで、眠りのタイプがずっと同じということはありません。 日々、違うといっていいでしょう。 ですから、「昨日はあまり眠れなかった」とか、「寝起きの気分がよくなかった」など、あまり思いわずらわないでください。 睡眠時間が短くても、深い眠りを得て脳と体が満足していることもあります。 よく「8時間睡眠」と言われますが、科学的な根拠はありません。 「8時間睡眠が理想」という思い込みはかえって危険です。 本当は6時間で充分な人が「これじゃあ寝不足だわ」と思い、まったく無意味にストレスを抱え込んでしまうからです。 また、寝起きの気分がよくなかったからといって、眠りの質が悪かったとも限りません。 起きるタイミングが悪かったりすると、そのときの気分だけで、全体の眠りの質までよくなかったと思い込んでしまうのです。 眠りは、とても柔軟で多様性に富んでいます。 「こうでなければいけない」という思い込みを捨てて、気楽に考えたほうがよい眠りを得られるでしょう。 眠れないときの… おすすめ安眠法.

次の

妊娠後期に眠れない!不眠の原因と5つの解消法

妊娠 後期 不眠

妊娠後期~臨月には子宮底(子宮の上部分)がみぞおちの下あたりまで大きくなり、胃が圧迫されて苦しいと感じるママが増えます。 変化の大きいお腹に妊娠線ができ始めるのもこのころです。 乳輪も大きくなり、乳頭が黒ずんできて、母乳が少しずつ分泌され始める場合もあります。 胎児同様、母体の体重増加も著しくなります。 体重管理について厳しく言う病院もあるかもしれません。 そして臨月に近づくと、胃の圧迫感が消えてきます。 分娩に向けて、胎児が下がってきた証拠です。 ただ、次は胃の代わりに膀胱を刺激されるため、尿意が頻繁になります。 この時期起こることの多くが、分娩に向けて胎児とともに母体が準備し始めたことによる現象なのです。 妊娠後期や臨月などの呼び方とは別に、37週0日~41週6日までのお産を「正期産」と言います。 正期産は出産するのにもっとも適した期間のお産であり、胎児が母体から外に出ても十分外の環境に適応できます。 妊娠後期は妊娠28週~をさしますが、妊娠後期であっても胎児は生まれてしまうと外の環境に適応できる状態とは言い切れないのです。 最近は医療技術の進歩で早産であっても育つようになってきましたが、やはり正期産までは母体の中で安心して過ごしてほしいものですよね。 そのため、妊娠後期に無理することは禁物です。 無理をすることで、陣痛や破水が早い時期に始まってしまったり、切迫早産と診断されて入院を余儀なくされたりすることもあります。 破水や陣痛には注意しながら妊娠後期を過ごしましょう。

次の

妊娠中のママが眠れないのはどうして? 妊婦の不眠の原因や不眠パターン、対処法を紹介

妊娠 後期 不眠

はじめに 妊娠、出産は人生において一大イベントの一つです。 妊娠によって女性の身体は 子宮の増大、体重増加、ホルモン環境の変化、免疫力の低下など様々な変化が現れます。 その身体の変化により様々なマイナートラブルが生じてきます。 中でも初期から後期まで妊婦さんを悩ますのが睡眠の問題です。 とっても眠くなる、寝付きにくい、途中で起きてしまうなどの問題が起こってきます。 今回は医師監修の元、不眠の原因について解説していきます。 マイナートラブルとうまく付き合っていき、マタニティライフをよりよいものにしていきましょう。 不眠の原因 妊娠初期(4週~15週)• ホルモンバランスの変化• 不安(流産の不安、子供の障害がないか、高齢出産の不安など) 妊娠初期にはプロゲステロンとエストロゲンというホルモンが急激に増加します。 プロゲステロンとエストロゲンは妊娠の維持のための重要なホルモンですが、人が眠るためには体温を一時的に下げる必要があり、 プロゲステロンは体温を高く保つという作用があるため寝つきを妨げると考えられています。 一方でプロゲステロンは眠気を引き起こすといわれており、これが妊娠初期に「眠気が強い」という症状を引き起こすといわれています。 昼夜の睡眠と覚醒のメリハリがなくなってしまうため、夜間睡眠が浅くなってしまうことが考えられます。 またプロゲステロンは月経前症候群(PMS)を引き起こすホルモンとも言われています。 プロゲステロンが急激に増加する妊娠初期は抑うつ気分、怒りの爆発、イライラ、不安感、涙もろいといった精神的な症状と消化器症状、乳房の張り、痛みといった身体的な症状を引き起こし、これが不眠の原因になることがあります。 妊娠初期から子宮と赤ちゃんは日々大きくなっていくため膀胱が圧迫されて膀胱容量が小さくなり、尿意が強く起こったり頻尿となります。 夜間尿意で起きてしまったり、トイレに行った後、眠れなくなってしまうことで睡眠の質が落ちることがあります。 また妊娠中につきものなのは不安と心配です。 妊娠期には 生理的な反応で子供の命を脅かすことへの警戒心が高まります。 お腹の張りなどを敏感に感じ、感染症、たばこ、アルコール、薬の内服など赤ちゃんへの悪影響を心配し、食事内容や衛生面、睡眠の質などあらゆるものを対象に不安を感じます。 また高齢出産、切迫流産、切迫早産など自分ではどうにもならないことに不安にさらされ、自責感などを生じやすくなります。 不妊治療や過去の妊娠に喪失体験がある妊婦さんは不安が一層高まります。 近年は胎児診技術の発展で早期段階で胎児の状況を知ることができるようになりました。 その種類はエコー検査と呼ばれる超音波検査、などの採血にて行う検査、腹部に針を刺して行う繊毛検査、羊水検査などがあります。 出生前検査の種類と特徴 妊娠中期(16週~27週)• 不安(流産、早産の不安)• 頻尿 安定期といわれる妊娠中期ですが、 大きくなっていくお腹で息苦しくなったり、睡眠姿勢の変化、腰痛などで夜中に起きてしまって不眠となることがあります。 また胎動が始まる時期ですので、日中は動いていて気にならない胎動が横になって静かにしていると気になってしまい眠れないということもあります。 妊娠中は赤ちゃんを大きくしていくために血液量が増えていきます。 腎臓を通過する血液量は妊娠中期が最大となります。 そのため眠ろうとすると何度もトイレに行きたくなるといった症状が起きます。 妊娠中期は精神面でも安定する時期と言われていますが、切迫流産、切迫早産と診断された妊婦さんは不安で眠れない、安静にしないといけないため日中の活動が制限され眠れないといったことがあります。 妊娠後期(28週~39週)• 動機、息切れ• むくみ• 腰痛、背部痛など身体の痛み• むずむず足症候群• 皮膚の痒み• こむら返り• 不安(出産に対する不安、出産後の不安)• 頻尿 妊娠中は血液量が増加します。 妊娠後期には心臓に送られる血液量と心拍数は避妊娠時よりもおよそ50%増えるため、 寝ていても動悸を感じたり、息が苦しく感じることがあるようです。 また妊娠中は貧血になりやすいのですが、貧血も動悸の原因になります。 大きくなっていく子宮により、多く妊婦さんが足のむくみを感じます。 むくみにより足がだるくて眠れないことも不眠の原因の一つです。 また足のトラブルでは むずむず足症候群が発症しやすいといわれています。 原因はわかっていませんが、妊娠後期に発症しやすいといわれており、足がむずむずして何とも言えない不快感が症状です。 夜間に起こると気になって眠れないといったことが起きます。 妊娠後期はお腹の中の赤ちゃんが成長し、胎動や赤ちゃんのしゃっくりを強く感じるようになり、それが原因で夜間目が覚めてしまったり、大きくなったお腹により背部や腰部に負担が掛かるようになり痛みを感じて起きてしまうこともあります。 妊娠期にのみ生じる、いずれも原因不明の妊娠時そう痒性丘疹 PUPPP 、妊娠性疱疹を発症した場合は夜間に生じる強いかゆみにより睡眠が妨げられます。 この場合は内服薬や塗り薬による治療ができますので産婦人科医、皮膚科医に相談が必要となります。 妊娠中期から妊娠後期かけては こむら返りがよく起きます。 就寝中急に足がつるため、跳び起きてしまうことがあります。 下肢の血流不足とカルシウム、マグネシウム不足が原因と言われているため、 適度な運動とミネラルを意識した食事を取るように心がけるとよいでしょう。 妊娠後期には妊娠中期に落ち着いていた情緒の不安定が再び生じてくる時期と言われています。 エストロゲン、プロゲステロンが最高潮に達し、出産を助けるためのリラキシンというホルモンが増え始めることが原因と言われています。 ちょっとしたことで涙ぐんでしまったり、怒りっぽくなることがあります。 また出産が近づくことで早産や帝王切開などの不安、母親自身、赤ちゃんが死んでしまうのでないかという 不安や恐怖が生じてきたり、陣痛に耐えられるか、出産した後自分は母親としてきちんと子供を育てていけるのか、と様々な不安に駆られたりすることがあります。 より良いマタニティライフを過ごすために 前述しましたが、近年は胎児診技術の発展で早期段階で胎児の状況を知ることができるようになりました。 その種類は非侵襲検査、侵襲検査と様々です。 赤ちゃんの状態に不安がある、赤ちゃんの状態を早く知りたい、高齢出産で不安がある妊婦さんはまず採血の検査から行ってみてもよいかもしれません。 は 妊娠10週目から最短2日、最長6日で結果が出ますので不安な気持ちの解消の一つの手段となるでしょう。 妊娠中はホルモンバランスの急激な変化や大きくなる子宮、赤ちゃん、増えていく体重により様々なマイナートラブルが生じてきます。 夜に眠れないと赤ちゃんに影響があるのではないかと不安な気持ちになると余計寝付けなくなることがあります。 しかし母親が睡眠不足でも赤ちゃんへの影響は少ないと考えられているので心配しすぎる必要はありません。 身体を温めすぎると寝つきが悪くなる原因となりますので、 寝る前の入浴を避け、ぬるめのお風呂に入ったり、生活リズムを整えて規則正しい生活を送ってみてください。 またストレッチやマタニティヨガ、マタニティスイミング、散歩などの軽い運動をお勧めします。 妊娠中の睡眠障害は病気ではないものの、妊婦さんにとっては辛い症状の一つです。 原因を知った上で日常生活を工夫をし、マタニティライフをより過ごしやすいものにしていきましょう。 出展資料 バイオメカニズム学会誌,Vol. 29,No. 4 2005 女性の睡眠とホルモン 渋井佳代 妊娠中の身体の変化 Haywood L. Brown MD, Duke University Medical Center Haywood L. duke.

次の