ほくろ レーザー 経過。 レーザーでホクロ除去しました!術後の経過を報告【画像あり】『銀座よしえクリニック』

ホクロ除去施術から1週間経過しました。(ホクロ除去体験記⑤)

ほくろ レーザー 経過

ほくろ除去体験談 皮膚科・形成外科でとってもらいましたが、先生の説明によると、ほくろを焼灼するとのことでした。 なので、おそらく電気分解法での焼灼だと思います。 1つ3000円と激安でしたが、カウンセリングなどはほとんどなく、初診で除去するほくろに赤ペンでマークをして数十分後に、ほくろ除去というスピード除去でした。 ほくろ除去の流れは、ベッドに横になったら、軽くアルコール消毒。 その後、医師がほくろ一つ一つに局所麻酔を施しました。 この麻酔が結構痛かったです! 特に唇に近いところの注射は他の部位よりも痛覚が過敏なのか、痛く感じました。 しかし、長年悩みであったほくろがなくなるならと考えると余裕で我慢できるレベルです。 10分くらいして麻酔が効いた頃に、焼灼です。 焼灼中はピッピッピッと電子音が聞こえます。 痛みは麻酔が効いているので、少しチクチクする程度でした。 ほくろ除去経過|術前 ほくろ除去前の写真です。 頬、鼻、鼻下、口角、こめかみに7つのほくろがありますね。 今回は、この7つのホクロ全部を除去してみました。 ほくろ除去経過|当日4時間後 ほくろ除去4時間後の写真です。 最初なのでキズパワーパッドは、1番小さいスポットタイプを切らずにそのまま使用しています。 ほくろ除去経過|6時間後(キズパワーパッド貼り付け2時間後) 少しずつ傷の部分が白く膨らんできました。 傷口から浸出液がでてきている証拠なので、貼り付け方も問題ないということでしょう。 ほくろ除去経過|1日後 ほくろ除去1日後の写真です。 傷口の白くなった部分が大きくなってきました。 キズパワーパッドは2~3日に1回交換すればいいので、この日はこのまま放置です。 ほくろ除去経過|2日後(45時間経過後) キズパワーパッドの交換のために、絆創膏を外して水道水で洗浄し、ティッシュでふいた後の写真です。 今回は、キズパワーパッドのスポットタイプを半分にカットして使いました。 部位によっては丸くカットしています。 絆創膏をできるだけ小さくした方が目立たないのでおすすめです。 こちらがカットしたキズパワーパッドを貼った写真です。 そのまま使うよりもかなり目立たない感じがしますよね。 後、実はこの写真、キズパワーパッドの上からエアウォールUVという紫外線を97%カットしてくれるフィルムを貼っています。 エアウォールUVはきれいに貼るとつけているのがわからないほど目立たないので、おすすめです。 ほくろ除去後は、紫外線対策をちゃんとしないと色素沈着が残ることがあるので、エアウォールUVで紫外線対策をすることをおすすめします。 絆創膏の上から日焼け止めを塗るのも可能ですが、つけ忘れて外出してしまうことがあったり、日焼け止めは取れてくることがありますよね。 効き目がなくなった状態で外出してしまったら、せっかくの苦労が水の泡になります。 なので、確実に紫外線カットしてくれるエアウォールUVがおすすめです。 ほくろ除去経過|4日後 お風呂に入ったときに、口の上のキズパワーパッドが外れたので撮影しました。 ほくろ除去4日後ですが、まだ目立ちますね。 ちなみに、鼻のキズパワーパッドも前日に剥がれて張り替えています。 鼻は汗を書きやすいので剥がれやすく、口周りはひげが伸びてきたせいで剥がれてしまったようです。 鼻や口周りは剥がれやすいので、カットせずに使用したほうがいいと思います。 また、運動して汗をかきすぎると、剥がれる可能性があるので、あまり運動をしないようにしたほうがいいですね。 ちなみに、私は自然治癒力を少しでも高めるために、ビタミン剤やバナナ、キウイなどの果物を毎日摂取するようにしています。 ほくろ除去経過|5日後 鼻、口角のほくろ除去跡はだいぶ目立たくなくなってきました。 一方、頬の2つはまだ陥没があります。 頬のほくろは色が濃かったので、深く焼灼されたので、治りが遅いのだと考えられます。 こめかみ部分もだいぶ良くなってきてますね。 頬とこめかみはキズパワーパッドを3日間張りっぱなしだったので、治りが早くなるのではないかと期待していたのですが、何度もキズパワーパッドを交換している鼻や口の下の方が治りが早いようです。 私の場合は、キズパワーパッドを長く貼ったからといって治りがよくなるわけではありませんでした。 ほくろ除去経過|一週間後 ほくろ除去7日後の経過です。 こめかみの下、鼻、口角の跡のキズパワーパッドが白くふくらまなくなったのでテープを外しました。 ほくろ除去跡はだいぶん目立たなくなってきました。 滲出液は出なくなったので、上皮ができたのだと思います。 なので、これらの跡に関しては、テープは卒業となりました。 テープを剥がした跡は紫外線対策のために、エアウォールUVだけを貼ります。 エアウォールUVを貼った写真はこちらです。 正直ほとんどわからないと思います。 ここまでくればもうほとんど目立たないですね。 関連記事 2018-11-23 00:37 ほくろ除去経過|8日後 ほくろ除去経過8日後です。 鼻と口の上のほくろ除去跡はほとんど目立たなくなりました。 口の上のほくろもキズパワーパッドを貼っても膨らまなくなったので、翌日からはテープなしにしています。 ほくろ除去直後はほんとに治るのか不安でしたが、かなり治ってきて嬉しいです。 普段はマスクで隠しているので、誰でも何も聞かれませんでした。 しかし、今日は、お昼ごはんを友人と食べることになり、どうしても流れで断ることができなかったのです。 結構何か言われるかを心配していましたが、「どうしたの?」と聞かれ、「怪我をした」と適当にごまかしてなんとかなりました。 テープが少なくなっていたからギリギリごまかせた感じです。 さすがに、テープを顔に5枚も貼っていては、怪しまれたと思います。 なので、ほくろ除去後は8日後からギリギリ人と食事ができると考えていいでしょう。 ほくろ除去経過|9日後 ほくろ除去経過9日後です。 今日からテープは2枚になりました。 日中はこの状態でマスクをして過ごしています。 頬のテープも白くなっていないので、明日くらいには外せるでしょう。 こめかみのテープは髪で隠れるので、頬のテープが外せたら、ほぼ見かけに悩む必要はなくなりそうです。 ほくろ除去経過|10日後 ほくろ除去経過10日後です。 どの跡もほとんど目立たなくなりました。 キズパワーパッドを貼っても白い膨らみがなくなってきたので、もう絆創膏は貼らなくてもいいと思います。 念の為、こめかみ上と頬はもう1日くらい貼っておいて、白くならなければ絆創膏なしにするつもりです。 1番治りが早いのが鼻ですね。 よく見ると陥没はありますが、写真ではほとんどわからなくなっています。 ほくろ除去経過10日後でこれくらいのレベルにまで回復するという参考になれば嬉しいです。 ほくろ除去経過|12日後 ほくろ除去経過12日後です。 鼻の跡はほとんど目立たなくなりました。 口角と唇上の跡もかなりよくなってきてますね。 頬の2つには、2日前からキズパワーパッドを貼っていましたが、白く膨らまなかったので、テープは卒業にします。 こめかみの上のキズパワーパッドは少し膨らんだので、また貼ってみて白くならなければ、テープなしにする予定です。 基本的に、目立つ部位のテープははがせるようになりました。 経過12日後になると、テープはほぼ貼らなくていいといえますね。 紫外線対策のためのエアウォールUVはまだしばらく貼っておきたいと思います。 ほくろ除去経過|二週間後 ほくろ除去経過二週間後です。 昨日から、もうテープはどこにも貼っていません。 最後に貼っていたこめかみ上の絆創膏は昨日に外しました。 13日後にすべてのテープがとれたということになります。 ほくろ除去跡はほとんど目立たなくなりました。 普段はエアウォールUVだけを貼って、マスクをして生活しています。 関連記事 2018-11-27 19:01 以降はあまり変化がみられないと思うので、写真だけどんどん追加していきたいと思います。 ほくろ除去経過|三週間後 ほくろ除去経過|四週間後 ほくろ除去経過四週間後の写真です。 あまり変化はわかりませんが、鼻下、口角、鼻のほくろ除去跡の色素沈着が目立たなくなってきた気がします。 頬とこめかみは陥没しています。 今後の経過に期待したいですね。 ちなみに、現在のケアは、頬とこめかみの部分のみエアウォールUVを貼っています。 鼻、鼻下、口角については日焼け止めをピンポイントで塗って、マスクをつけることで紫外線対策中です。 ほくろ除去経過|5週間後 ほくろ除去経過|6週間後 ほとんど目立たなくなってきました。 ほくろ除去前よりも顔の印象がよくなっていますね。 ヒゲ脱毛も同時に行い、1回照射(2週間前に照射)しただけなのですが、モテるようになったような実感があります。 女の子に彼女がいてそうと言われました。 紫外線ケアはほくろ除去した部分にのみ日焼け止めを塗って、日中はマスクをしています。 後、日差しが強いときに車を運転する場合は、サングラスをするようにしていますね。 ほくろ除去経過|7週間後 ほくろ除去経過|11週間後 ほくろ除去してから3ヶ月近く経過しました。 微妙な変化ですが、少しずつ赤みや凹みもなくなってきている気がします。 ほとんど目立ちませんが、きれいさっぱりきれいになるにはまだまだ時間がかかりそうですね。 ほくろ除去後のケア 病院では、抗生物質の塗り薬を塗っていただいたあとに、ガーゼをテープで固定するといった処置をしていただきました。 処方薬としては、抗生物質の軟膏ゲンタシンだけをいただきました。 絆創膏やテープなどはいただけなかったです。 3~4日は、毎日洗顔後(朝と夜)に、軟膏を塗って、絆創膏かガーゼをはっておくように指示され、1週間後に受診するように言われただけ。 しかし、いろいろ調べてみると キズパワーパッドを使った湿潤療法の方が治りが早いと書いていました。 なので、今回はキズパワーパッドを使った湿潤療法で治癒をすることに決めたのです。 湿潤療法で治癒をすることに決めた理由は他にもあります。 ・絆創膏やガーゼだとあまりに目立ちすぎる ・湿潤療法は傷の治りが早いと言われている ・ネット上では湿潤療法をしている人が多い 今度受診に行ったときに、先生に何か言われるかもしれませんが、自己責任で湿潤療法をしたいと思います。 ほくろ除去跡にキズパワーパッドを貼った写真 ほくろ除去跡にキズパワーパッドを貼った写真がこちらです。 肌色なので、あまり見えませんね。 今週はあまり予定はないのですが、外出する際は、大きめのマスクをつけるつもりです。 後、エアウォールUVという紫外線対策グッズと帽子なども必須ですね。 マスクをつけるとこんな感じです。 頬の絆創膏は隠せますが、こめかみの部分は無理でした。 頬のマスクもギリギリかくれているだけなので、少しずれると見えてしまいます。 なので、大きめのマスクを使った方がいいでしょう。 関連記事.

次の

【体験談レポ】ほくろ取り放題で顔のほくろを10個除去した感想!

ほくろ レーザー 経過

QスイッチYAGレーザー施術後の経過 【施術前】 【施術直後】 【5日後】 【7日後】 …綺麗にシミが消えました! 1箇所は5日でカサブタが取れ、もう1箇所は7日でカサブタが取れました。 次に、今回はチャレンジするまで不安であったことを書いていきたいと思います。 QスイッチYAGレーザーを行うまでの疑問点 1週間保護テープ貼らなきゃいけないの? 答えは、必ずしも貼らないといけないわけではないそうです。 ただ、色素沈着の不安を考えると、貼っておいたほうがベストと考えます。 保護テープにもよると思いますが、とても肌に馴染むので、貼る場所によってはあまり周りに気づかれないと思います。 参考として、手に保護テープを貼るとこのような感じです。 また、保護テープを貼れない方用に、保護ができるコンシーラーもあるそうです。 湘南美容外科には用意があるようでした。 ちなみに、メイクはカサブタが取れてからと先生から指示がありましたので、メイク用のコンシーラーは避けたほうがよいと思います。 費用はどのくらい…? 5mm以内であれば、5,000~10,000円ほどが平均だと思います。 1ショットや1照射 1,000円くらいのクリニックがありますが、シミ1個の除去に数ショット必要になるので注意が必要です。 ちなみに、わたしは5mm以下のシミを1個980円で除去しました! その理由は…GROUPON グルーポン ! 通常1個5,000円のところ980円のチケットを購入しました。 GROUPON グルーポン については、また後日記事を書きたいと思います。 シミ?ほくろ? わたしはシミだと思って、今回除去をお願いしたところ、中には「ほくろかもよ~」と言われたものもありました。 医師でも見分けがつかないこともあるので、とりあえずシミとして照射を行うことを勧められました。 ほくろであれば、芯が残るみたいです。 結果、わたしは1箇所ほくろでした… シミとほくろ、どちらにしてもQスイッチYAGレーザーを行うことは間違いありませんが、ほくろの場合、あと数回行う必要があるそうです。 ほくろのほうが皮膚の深くまで色素があるため、一気に除去しようとすると、窪みが生じてしまうからです。 今回の記録は以上とします。 また何か思いついたら追記していきます。

次の

レーザーでほくろを除去したら跡が残った…原因と予防法

ほくろ レーザー 経過

ホクロ除去したいけど、傷あとが残ってホクロより目立ったらどうしよう…… と、不安になって一歩踏み出せないお気持ち、わかります。 ホクロをなくしてキレイになるはずだったのに、 傷あとのせいで気持ちが暗くなるのは本末転倒です。 「ホクロがあったほうがマシだった」とは、絶対に思いたくありませんよね。 私も後悔はしたくないので、たくさんのホクロ除去体験ブログや、美容皮膚科などのサイトを読み漁り、納得できるまで調べました。 今は「ホクロ除去して本当に良かった」と感じています。 毎日鏡を見ることが嬉しくて、自然と笑顔になっています。 私もそうでしたが、ホクロ除去で一番気になるのは ダウンタイム(施術をしてから回復するまでの期間)でしょう。 ホクロ除去への不安がなくなるよう、私のホクロ除去手術後の傷あとの経過をくわしく報告します。 ぜひ参考にしてください。 ホクロ除去の手術直後の様子 まずは、「炭酸ガスレーザーでの除去手術 直後の傷あとはどうなるの?」と、気になりますよね。 血が流れたり、焦げたままでホクロより目立ったりするかもしれないと心配になるかもしれません。 なるほど! ホクロがレーザーの熱で一瞬で沸騰するってことね! 具体的には、ホクロの組織を焦がして、少しずつ削るように除去していきます。 焦げた部分は、その都度医師が拭き取ります。 熱が加わるので、術後は やけどのあとと同じようになります。 「血が止まらなかったりしたらどうしよう」という心配はいらないので安心してください。 また、かさぶたもできません。 ただ、医師の判断で 切除手術をした場合は、出血があるかもしれません。 そのため、ケアについて十分確認しましょう。 1-2. ホクロ除去の術後のケアは簡単です 術後のケアは「え? これだけ?」と思うほど簡単です。 傷あとに、処方された直径8mmのシールを貼るだけで完了します。 顔を洗う前にシールを取ります。 シールは傷あとからの滲出(しんしゅつ)液を吸って、白くふくらんでいます• 傷あとを優しくなでるように指先で洗います。 決して強くこすらないようにします• お風呂を出たら、傷あとの水分を清潔なタオルでそっと押さえるように拭き取り、すぐにシールを貼ります 傷あとを触ってみたくなりますが、我慢してそっとしておきます。 お風呂の後はゆっくり休みましょう。 とはいえ、私はホクロを除去した興奮で、いつもより寝る時間が遅くなってしまいました……。 術後翌日から1週間(1日目から7日目)の経過 翌朝、ドキドキしながら傷あとを見てみました。 シールは傷あとからの浸出液を吸って、白くぷっくりふくらんでいて、ポロっと取れました。 傷あとは周りが白っぽく毛羽立っていて、赤みがありました。 気づくと、シールが白くぷっくりふくらんでいて取れそうなので、3回貼り替えました。 2-1. 1日目から7日目の経過を画像で確認• 1日目:白っぽく毛羽立っている。 シールを3回貼り替え• 3日目:皮膚が再生してきている。 白いところがなくなる。 シールは2回張り替え• 5日目:真っ赤になる。 シールは2回張り替え• 7日目:真っ赤なままだけど、少し小さくなる。 シールの貼り替えが1日1回になる。 シールの周りの皮膚が少しめくれてかゆい まさに「やけど」という感じだった翌日から、1週間で赤く、少し小さい傷あとになりました。 ただし、お風呂上がりに拭くときに、強くこすってしまうことがあり、「しまった!」と慌てるので注意が必要です。 「こすったから真っ赤になったのかもしれない」と思いましたが、治る過程のようです。 2-2. シールの上から化粧できます 手術の後、当日でもシールの上からお化粧できますよ! 実際、シールは肌色で目立たないので、化粧の邪魔をしません。 ただ、直径が8mmで厚みもあるので、ぱっと見シールとわかります。 どうしてもシールを見せたくない場合は、化粧下地やコンシーラーなどで段差を埋めてカバーしてしまいましょう。 私はシールを化粧で隠しませんでした。 もともとホクロを隠していなかったので、シールが恥ずかしいとは思えなかったからです。 除去したホクロは「山すそ5mm、標高3mm」の ホクロ山でしたので、隠そうにも隠せませんでしたけど……。 シールが気になる方はカバーメイクをするか、マスクで隠しましょう。 ちなみに、シールを貼っていた2週間のあいだ、一度もシールについて聞かれませんでした。 聞かれたら「実はホクロを除去したんです!」とカミングアウトしようと思っていたのですが、拍子抜けです。 自分から「見て見て!」ということでもありませんので、家族にだけ経過を報告していました。 術後8日目から14日目の経過 2週間後に で再診を受けました。 イケメン医師ではなく美人女医で、「順調に治ってきていますので、シールはもう貼らなくて大丈夫ですよ。 その代わり、紫外線対策はしっかりしてください」と指導されました。 8日目:赤いけど少し小さくなる。 シールの貼り替え1日1回• 10日目:周りの赤みが減ってくる。 シールの貼り替え1日1回• 12日目:周りの赤みがさらに減ってくる。 シールの貼り替え1日1回• 14日目:全体的に赤みが減ってくる。 シールなしになる 帰り道、シールがなくてすがすがしい気分でした。 つい、ガラスに映る自分の顔を見てしまいます。 ただ、日焼け止めを持って行かなかったので、傷あとを手で隠しながらうつむき加減で急いで帰宅しました。 完全に、具合悪い人に見えたことでしょう……。 再診には 日焼け止めを持参することをオススメします! 3-1. 紫外線対策は必須です 帰宅後、しっかりと日焼け止めを塗りました。 それから毎日塗り続けています。 傷あとはまだ皮膚が完全に再生していませんので、紫外線の影響をモロに受けてしまうからです。 もし塗らないと、紫外線の影響で 色素沈着を起こしてしまい、傷あとが茶色く残ってしまうかもしれません。 ノーメイクで外出することはあまりないとは思いますが、「ちょっとゴミ捨てに」という時でも気を抜かず、日焼け止めを塗りましょう。 ちなみにマスクは紫外線を通しますので、対策としては意味がありません。 術後2週間から3週間(21日目)の経過 傷あとの中心が少し凹んだように思えましたが、元に戻りました。 まだ赤みが目立ちます。 少し小さくなったように思いましたが、あまり変化を感じられませんでした。 皮膚が完全に再生していないからでしょう。 レーザーでの除去はやけどと同じなので、治るまで時間がかかります。 こすらず、日焼け止めを毎日ちゃんと塗り、そっとしておきました。 術後1ヶ月(30日目)の経過報告 だいぶん傷あとが小さくなりました。 (すっぴんなので、毛穴やそばかすには目をつぶってくださいね) 赤みが引いたので、傷あとが気にならなくなってきました。 皮膚がかなり再生されたからでしょう。 周りの皮膚との境目がなくなり、触ってみるとフラットになっているのがわかりました。 ファンデーションを塗ると、うっすら赤みが見えます。 コンシーラーを使えばほとんど見えなくなるほどに、色が薄くなりました。 術後2ヶ月(60日目)の経過報告 かなり目立たなくなりました! まだ少し赤みがありますが、ほどんど目立ちません。 周りの皮膚との境目もほとんどなくなり、フラットなままです。 ファンデーションを塗るとほとんど見えなくなります。 ここに大きなホクロ山があったとは思えません! まとめ ホクロ除去から2ヶ月で、傷あとは化粧をするとほとんど見えなくなるまでに回復しました。 まだ少し赤みが残っていますが、ホクロに比べれば1000倍ほどマシです。 除去して気づきましたが、ホクロのせいで目立っていたほうれい線が、今では目につかなくなりました! 本当に 除去して良かったと感じています。 ただ、術後の経過には個人差があります。 私は「若いうちに除去していれば、もっと治りがキレイで早かったかもしれない」と、少し後悔しています。 40代での除去は治りが遅いので、1日でも若いうちに除去することをオススメします。

次の