ムゲンダイナ持ち物。 ムゲンダイナ

【ポケモン剣盾】伝説ポケモンの入手方法【ソードシールド】

ムゲンダイナ持ち物

ムゲンダイナVMAXデッキレシピ 素早くベンチにポケモンを並べて、ムゲンダイナVMAXで大ダメージ! 《ムゲンダイナVMAX》の特性 「ムゲンゾーン」でベンチを最大8匹まで並べることができ、その状態で 「ドレッドエンド」を撃てば 最大火力の270ダメージを出すことができます。 ただし、ベンチが8匹になるためには事前に悪以外のポケモンが出ていないことが条件で、さらに 《ムゲンダイナVMAX》の特性が働いている時には悪以外のポケモンを出すことができません。 なので今回のデッキでは悪タイプ以外のポケモンは採用しない構築になっています。 また、場に1匹しか 《ムゲンダイナVMAX》がいなかった場合、それが倒されたしまうとベンチを5匹に戻さなければいけなくなってしまうので、しっかりと控えにも 《ムゲンダイナVMAX》を育てておく必要がありますね。 超強力な手札補充ポケモン、クロバットV! 《クロバットV》の特性 「ナイトアセット」があれば、ドロサポを使わなくても手札を6枚になるまで展開することができます。 特に個人的には、エネルギーの指定が無くどんなエネでも持ってこれる点が優秀だと思っています。 ローズのすごいきずぐすりのコンボでムゲンダイナVMAXを回復! 今回ちょっとやりたくなって採用したコンボなのですが、 《ムゲンダイナVMAX》のHP的に一撃ではほぼきぜつさせられない点に注目して、まず回復カードである 《すごいきずぐすり》を入れました。 この際2エネをトラッシュするのですが、ここで新カードの 《ローズ》がきれいにその2エネをトラッシュから 《ムゲンダイナVMAX》に戻してくれます。 ジラーチ対策にアブソル! ちょっとピンポイントかもしれませんが、今の環境ではまた 《ジラーチ》が増えてきているので、それを 《エスケープボード》で簡単に逃げられないように、そしてそれ以上に悪ポケモンなので 《ムゲンダイナVMAX》との相性もいいので入れました。 ヤミラミで山札圧縮! 今回は 《デデンネGX》や 《ヤレユータン》といった悪以外のポケモンを採用できなかったため、山札を掘るカードが欲しくて 《ダートじてんしゃ》以外にもこの 《ヤミラミ》を採用しました。 状況を見て特性 「ほりさげる」で不必要なカードをトラッシュしてもいいですし、わざと悪エネをトラッシュして 《ローズ》でエネ加速という動きも可能です。 闘対策にウィークガードエネルギー! 《ムゲンダイナVMAX》が流行れば、相対的にその弱点である闘タイプが流行るはずです。 そして個人的にはその中でも 《ケケンカニ》あたりがまさに天敵になってくると思っています。 こうなると簡単に倒されてしまうので、その弱点を消すために1枚採用しました。 正直ここは2枚あってもいいかなと思っています。

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選は不要!育成方法についても説明

ムゲンダイナ持ち物

この記事にはポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレが含まれています。 あらかじめご了承ください。 ポケモンのシリーズによっては、ストーリー上避けて通ることのできない伝説のポケモンとの戦闘があります。 最新作であるポケモン剣盾でもムゲンダイナというポケモンが登場し、捕獲しないと先に進めない仕様となっていました。 こうした伝説のポケモンはストーリー中1匹しか手に入らないため、よく考えて捕まえる必要があります。 今までの伝説はどのみちレート対戦で使うことができなかったことから軽視されてきましたが、今回のムゲンダイナに関してはそうも言っていられないと感じたので記事にすることにしました。 2020年1月18日追記:『ムゲンダイナの努力値を考える』の項を追加しました。 ムゲンダイナはマックスレイドバトルで活躍する ポケモン剣盾では4人のトレーナーが1匹ずつポケモンを持ち寄って戦うマックスレイドバトルというものがありますよね。 このマックスレイドバトルで大活躍するのがムゲンダイナというポケモンなのです。 マックスレイドバトルは何度もこなす必要がある まず、このマックスレイドバトルの必要性について語っていきたいと思います。 マックスレイドバトルはレベル上げ、技レコード集め、夢特性持ち、高個体値のポケモンなどなど、様々を報酬を手に入れられるコンテンツとなっています。 クリア後の遊びとして何度もこなすこととなるでしょう。 少しでも成功率を上げるため、また効率的に周回するためにもムゲンダイナを育てておくと役立つことでしょう。 ムゲンダイナは特攻キャラ! ムゲンダイナの専用技であるドラゴンタイプの「 ダイマックスほう」は、ダイマックスしたポケモンに2倍のダメージを与える効果があります。 ソシャゲでいうところの特攻キャラみたいなところですね。 また、ムゲンダイナはドラゴンタイプの通らない相手に毒で弱点をつけ、苦手な鋼タイプにも自力取得するかえんほうしゃで対抗できるため、どんなレイドにも参加することが可能な万能な1匹となっています。 ザシアン・ザマゼンタも特攻キャラ! 他にもザシアン、ザマゼンタが覚える「 きょじゅうだん」という技もレイドでは有効です。 しかし、鋼タイプなので通りが悪く、持ち物も固定になってしまうため万能ではありません。 ザシアンの特性による火力アップもレイドで効果的ではあるのですが、レイドバトルのポケモンが能力変化を打ち消す行動をしてくることがあります。 そのため、持ち物による火力アップが期待できるムゲンダイナ( こだわりメガネ推奨)のほうが信用できると思います。 攻撃モーションがながい点は考えものですが… ムゲンダイナの種族値からおすすめの性格を考える ムゲンダイナの詳細を見ていきます。 ムゲンダイナの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 140 85 95 145 95 130 特攻と素早さが高く、攻撃が低いのがわかると思います。 物理技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り攻撃を落とす性格を選ぶこととなります。 控えめと臆病どっちがいい? 特攻の上がる控えめと素早さの上がる臆病で迷う方が多いと思います。 結論から言うと、 マックスレイドバトルで活躍させることを考えるなら控えめを選ぶべきでしょう。 マックスレイドバトルにおいて、ムゲンダイナの素早さは過剰すぎます。

次の

【ムゲンダイナ デッキ 2020年】優勝デッキレシピ,回し方,相性の良いカードを紹介&考察!

ムゲンダイナ持ち物

マックスレイドバトルは『ムゲンダイナ』が強いと言われており、様々なレイドで活躍できる性能を持っています。 この記事ではマックスレイドバトル用のムゲンダイナ育成方法をまとめていきます。 ムゲンダイナはなぜマックスレイドバトルで強いのか? ・専用技「ダイマックスほう」がダイマックス相手なら威力2倍 ・単純にステータスが最高級 ・誰でも入手できる ムゲンダイナはストーリー中にゲットできる伝説のポケモンであり、誰でも入手することができます。 ストーリー中での厳選は少し難しいものの、今作では性格補正を変えることができ、個体値を引き上げることができるので 非厳選個体でも無問題です。 ただしフェアリータイプ相手にはダイマックスほうが無効化されるため、フェアリータイプには別のポケモンを用意するか、ムゲンダイナの毒技で対処しましょう。 ムゲンダイナのマックスレイドバトル用育成方法 ・リゾチウムやポケジョブで特攻努力値を最大まで上げる ・ダイマックスほうのPPを最大にする(ポイントアップ、ポイントマックスを使う) ・けいけんアメを使ってレベルを100に上げ、すごいとっくんをする ・性格補正をひかえめミントで変える まずムゲンダイナの運用をする前に、特攻努力値を最大まで引き上げましょう。 他の努力値も上げたければ上げても良いのですが、レイド以外で使わないという場合は他の箇所を上げなくても問題ありません。 個体値は攻撃以外を最大になるように『すごいとっくん』をしましょう(バトルタワー右のカウンター)。 『すごいとっくん』は『おうかん』で個体値を最大まで上げる効果があり、レベル100のみ利用可能になります。 マックスレイドバトルを遊んでいればアメは沢山手に入るので、レベル100に上げるのはそこまで難しいことではありません。 『ぎんのおうかん』は様々な場所で入手でき、ワイルドエリアのハノシマ原っぱにいる『穴掘り兄弟』に依頼すると簡単にゲットできます。 レイド用ムゲンダイナに持たせる持ち物 ムゲンダイナには 『こだわりメガネ』を持たせましょう。 ダイマックスほう以外を使用することが無いため、一部例外を除いて安定の道具となります。 その一部例外は『特性プレッシャー』『メタモンソロ』などが該当します。 プレッシャー持ちはPPが足りず、ソロメタモンはフェアリー持ちにへんしんされる可能性があるため、こだわりメガネ持ちは不向きです。 ちなみにこだわりメガネは「スパイクタウンでネズと戦ったステージの右端」から拾うことができます。 ポケモン剣盾 初心者向け記事リンク 当サイト『ポケモンまとめマスター』では、ポケモンソードシールドからポケモンを始める人、対戦を始めようと思っている人に向け、初心者向けの記事を用意しています。 攻略や調べ物にお役立てください。

次の