うつ 種類。 うつ・メランコリー型・非定型(新型うつ)の原因と特徴

うつ病の種類

うつ 種類

冷や汗をかく• 心拍数が急に上がる• 体が重い• 疲れが取れない• 眠れない• 朝起きれない• 何もやる気が出ない といった 気持ちでは何とかしようとしても体が全く言うことをきかなくなっていきます。 それでも、 無理してなんとか仕事に行ってはいましたが、車が通る度に「 もしここに飛び込んだら楽になれるのに」とか思いだし、徐々にその回数が増えてきたので自分でも、 自分がおかしくなっていると気づき始めます。 飛び込んでしまってからではもう遅いのです。 実際私の幼馴染がおととし自らの命を絶ちました。 高学歴で性格もいい奴だったのですが仕事のノルマに押しつぶされてうつ病になり、実家に家族で帰っていたのですが、一度未遂があった後に、自ら命を絶ちました。 うつ病になると、言葉では表現しづらいのですが、どうしようもないほどの沈んだ気分になり、何をやっても興味を感じることがなく、今まで楽しかったことも全く楽しくなります。 これがほとんど一日中、そして一日中続くようであるとさすがに日常の生活に支障が出てきます。 私の場合に最初に仕事でも ミスが非常に多くなってきました。 また言ったことを覚えていなかったり、言われたことを覚えていなかったり 記憶の能力が格段に落ちたことを覚えています。 そんなことではだめだと記憶術を休みの日に勉強してみたり、メンタルが弱いからだとメンタルも勉強してみたりはしましたが、根本の原因はそういったものではないのです。 メンタルが弱いからうつ病になると思われがちですが、我々よりメンタルがはるかに強いプロのスポーツ選手でさえうつ病になることがあるのですから、誰だってなりえる病気がうつ病です。 これが初めて私が気分なった時の、体の状態や心の状態でしたが簡単に整理してみたいと思います。 うつ病には分類があります。 私も調べてみるまで知りませんでした。 まずは、うつ病の分類方法の代表的なものをご説明します。 外因性あるいは身体因性のうつ病 身体因性うつ病とは、アルツハイマー型認知症のような脳の病気、甲状腺機能低下症のような体の病気、副腎皮質ステロイドなどの薬剤がうつ状態の原因となっている場合をいいます。 内因性のうつ病 内因性うつ病というのは典型的なうつ病であり、普通は抗うつ薬がよく効きますし、治療しなくても一定期間内によくなるといわれます。 ただ、本人の苦しみや自殺の危険などを考えると、早く治療したほうがよいことは言うまでもありません。 躁状態がある場合は、双極性障害と呼びます。 今回はもしかしたらこれかなーパワハラ、モラハラあったし。 このような原因を重視したうつ病分類が一般的でしたが、最近では原因を重視したうつ病分類とは異なる視点からの分類が、よく用いられています。 さらにうつ病性障害の中に、一定の症状の特徴や重症度をもつ大うつ病性障害と、あまり重症でないが長期間持続する気分変調性障害があります。 うつ病の分類 上記二つの分類法は異なる立場からの分類であり、それぞれに長所と短所があります。 時に「内因性うつ病=大うつ病性障害」「抑うつ神経症=気分変調性障害」のように誤解している方がいますが、適切に使い分けることが大切です。 今回の場合ですが、最初に気づいた変化は今までやれていたパソコンの事務処理で、ミスが多くなってきた。 ということです。 昔からパソコンには慣れているので、事務処理などはあまり気にせずできていたのですが、ある日打ち込んだ後に、ミスが多くあったのを、同僚に指摘され、慌てて訂正をした時がありました。 それまでの自分と比較すると、明らかに変だったのですが、あまり重要に考えずにちゃんと確認しようと考えただけで、うつ病の兆候だったなんて思いもしませんでした。 これは今回のうつ病になった時の初期の変化です。 前回の時は、はっきりとは自分では覚えていないのですが、家内が言うには、 日に日に痩せていったという変化が見られたそうです。 それと 表情が暗く目つきがぼんやりしていたとも言っていました。 また 体臭が獣のような臭い匂いになって、独特な体臭だったとも言っています。 体臭については自分は疲れてくるとこうなるのかということを今回感じました。 大体期間は、6週間から12週間で、この期間は薬の効き目や、身体に合った薬を体に合わせて行く期間で、吐き気、めまい、ふらつきなどの副作用が出やすいのもこの時期です。 副作用が強く出るのは最初のころだけなので、あまりひどくなければそのまま服用を続けますが、余りにひどい場合は医師と相談して違う薬を服用して慣らしていくようにします。 この時期は、今までの状態がゆっくりと収まり、少しずつ良くなっている気がしたり、不安になったりの繰り返しですが、少しづつ安定していくので、安定しだしたら次の段階へ進みます。 うつ病の人が治ったと思ってしまうのがこの辺で、実は安定しだしただけなので、自分の判断で薬の服用などを止めたり、通院しなくなると、 症状がリバウンドで戻ってしまうので注意です。 うつ病が安定してくるの4か月から9か月の症状 良くなってくると今度はこの状態を維持するようにしていきます。 人気記事• こんにちは!うっちーです。 えー今回は「雇用保険(失業保険)の離職理由コード」です。 雇用保険(失業保険)... うつ病になったとき最初に感じるのは、顔の表情、特に笑うのが辛くなったということです。 心から笑えない、楽... 失業保険を受け取っている間、旦那さんの扶養に入ることは可能なのでしょうか? 扶養に入ることでメリットは様... こんにちは!うっちーです。 そこで の3つに絞って書いていきたいと思います。 ・ブラック企業にいてうつ病」になりそう ・やっぱりこの職場ちょっとおかしい、あぶない ・本当にスト... うつ病で治ってきたなっていう兆候はいつどんな時に起こるのか? それと気を付けなければならないのは、「うつ... えー今回は「雇用保険(失業保険)で得するもらい方|特定受給資格者と特定理由離職者」です。 うっちーです。... こんにちは!うっちーです。 うつ病かもしれないと思った時に をご説明していきたいと思います... と思っている方に、そうした病院を探していくことでのデメリットをご説明します。 会社を退職して失業状態になった時に、雇用保険と同時に国民年金に加入しなければなりません。 会社に勤めてい... 再就職手当とはどういったでしょうか?雇用保険(失業手当)受ける資格がある人が安定した職業についた場合に支給され... 本人が「もう働ける、復帰できる」と感じても、周りからすると「まだ早いんじゃないか」と思う「うつ病」の人がいます... 離職票が届かない状態で仮申請するための手順はどうするの? 離職票が届かない状態で仮申請するための注意点... Web 制作の勉強を始めたのは 2009年メニエールを発症した時に、2週間休職していた間、家でパソコンを触って... こんにちは!うっちーです。 えー今回は「離職票の退職理由に異議あり!何故か自己都合退職だった時の変更方法」です。... このページでうつ状態になった時、もしくは「うつ病」になってしまった時、どうして体に力が入らなくなったり、体がだ... こんにちは!うっちーです。 えー今回は「失業保険を不正受給してバレるとどうなる?」です。 失業保険の不正受... と思う時ありますよね。 今回は、周りから見て明らかに行動が変だったり、様子がおかしい、もしかして... 仕事の悩みとして一番多いのが、転職や移動など新しい環境に移った時の人間関係だと思います。 中でも上司か... 月5万円を稼ぐ方法は「独学でWeb制作初心者が月5万円稼げるようになるまでにした勉強法」に書きましたが、今回は...

次の

うつは「意欲が下がる病気」ではない――「うつ」に関する10の誤解 1・2

うつ 種類

うつ病の身体症状として代表的なものが、 睡眠障害です。 とくに早朝に目が覚めて、その後眠れなくなる「 早朝覚醒」タイプが多くみられます。 午前3時、4時といった未明の時間帯に目が覚めてしまうこともあります。 「眠らないと仕事にさしつかえる」と思って眠ろうとしても、再び寝つくことができません。 うつ病の人は物事を悲観的に考えがちですから、いろいろなことを思い悩み、もんもんとしながら朝を迎えることになります。 起床する時刻になっても、短時間しか眠っていないため、寝覚めが悪く、強い疲労感が残ります。 また、朝方は抑うつ症状がもっとも強く現れることが多いので、「また1日が始まったか…」と、いっそうめいってしまいます。 たとえようのないつらさに、「どうでもいいや」という気持ちになり、ふとんから起き上がろうという気力もなくなります。 夜、十分に眠れないので、昼ごろから眠り、夜がくると目が冴えて眠れないという悪循環をきたし、昼夜逆転した生活パターンになる人もいます。 人によっては、日中でも雨戸やカーテンを閉め切って、暗がりで寝ているようになります。 これは、うつ病が重くなると、太陽光や電灯を異常にまぶしく感じるようになるためです。 家族が部屋の雨戸やカーテンを開けると、本人はふとんを頭からかぶってしまいます。 この繰り返し) 長時間眠り続ける眠になることもある 不眠とは逆に、過眼になるケースもあります。 夜は睡眠時間を十分とっているのに、昼ごろまで、ときには夕方ごろまで目が覚めないことがあります。 それにもかかわらず熟睡感がなく、「1日中眠くてしかたがない」と訴える人もいます。 なお、過眠の患者さんは、それほど多くはありません。 睡眠障害の種類 睡眠障害には、「不眠」と「過眠」とがあります。 睡眠障害で最も多いのが「不眠症」です。 不眠はだれでも経験するものですが、あまりにも長く続き、生活に支障が出てくるようになると問題です。 不眠の原因は、精神面の影響によるものと、体の障害によるものがあります。 心の病気としては、「 神経症」「 うつ病」「 統合失調症」「 躁うつ病」「 摂食害」などで不眠がみられます。 不眠にはいくつかの種類があります。 入眠障害 ベッドに入っても、なかなか寝つけないもので、不眠ではこれがいちばん多いようです。 神経症でもよくみられます。 中途覚醒 夜中に、何度も起きてしまうものです。 早朝覚醒 夜中に近い、かなり早い時間に目が覚めてしまうタイプです。 一度目が覚めてしまうと、もう眠ることができなくなります。 特に、うつ病では、この早朝覚醒がよくみられます。 熟眠障害 ある程度の時間は眠っているにもかかわらず、よく眠ったとか、熟睡したという気分にならないものです。 睡眠障害と不眠症状はちがう? 心の病気の多くは、不眠、睡眠障害という症状を伴います(患者さん側から見れば不眠、医師側からみると睡眠障害です)。 寝つきが悪いのは、寝床に入ってから1時間以上たっても眠れないケースです。 眠らなければいけないと思うことがストレスとなり、脳が休むべき時間なのに活動しすぎて、眠ろうとすればするほど目がさえてしまいます。 眠りが浅く、何度も目が覚めるのは、お酒の飲みすぎや加齢による影響でもあらわれます。 アルコールは、少量なら寝つきをよくしますが、度を超すと眠りの質を悪くします。 お年寄りは、日中の居眠りや運動不足が原因になっていたり、筋肉が老化するために足がムズムズしたり、けいれんを起こして眠りが妨げられていることがあります。 早く目が覚めてしまう早朝覚醒は、うつ病でも起こりやすい睡眠障害のひとつです。 ほかに、加齢によっても起こりますが、この場合は無理にもう一度眠ろうとせずに起きてしまい、昼間の仮眠もとらないようにすれば、次は朝までゆっくり眠れます。 昼間も眠気がとれず、居眠りをしてしまうのは、加齢のほか 睡眠時無呼吸症候群が考えられます。 太っていて気道が圧迫されるもので、眠りが浅いこともあります。 横向きで寝たり、減量することで改善できるケースが多いようです。

次の

大うつ病性障害|うつアカデミー

うつ 種類

私自身がそうだったように、結果として多くの人は症状が重篤(じゅうとく)になってから、インターネット等の身近な媒体で、病気について検索することになります。 しかし、そういった場所でえられる知識は往々にして不正確なうえに、むしろ偏見や差別につながるものさえあります。 じっさいにそれを鵜呑(うのみ)にした人びとによって、患者の治療方針がミスリードされたり、人格的に攻撃されることもあります。 この章では、なかでも多くの人がおちいりがちだと思われる、10種類の「うつに関して広く流布しているが、正しくない理解」をとりあげ、精神科医を中心とした専門家による文献を典拠として注記しながら、ひとつひとつ、どこがまちがいかをあきらかにしていきたいと思います。 誤解1 うつは「こころの風邪(かぜ)」である 多くのうつ病体験者が複雑な心境になるのが、「うつはこころの風邪」という、よく聞くフレーズではないかと思います。 私も、初めて上司(学部長)に診断書を提出したとき、「うつはこころの風邪だから。 だれにでもあることだから」と言われました。 善意でおっしゃって下さっていることがはっきりしていたので、その温かさに感謝する気持ちと、「でも、あきらかにそんなものじゃないんだよな」という実感とが混ざりあって、そのまま泣きくずれそうな心地がしたのをおぼえています。 うつ病とはどのような症状が出るのかについては、次の項目でのべますので、ここではこの「こころの風邪」という表現の由来を説明しておきます。 この言い方は世界共通のものではなく、日本に特殊なキャッチフレーズだと言われています。 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という、副作用が少なく飲みすぎ(オーバードーズ)の際の危険も低いため、従来とくらべて投与しやすい薬が国内でも認可された、1990年代末に定着しました。 (1).

次の