シンフォギア xv 4 話。 TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」公式サイト

「戦姫絶唱シンフォギアXV」第4話「花の名は、アマルガム」先行カット公開!

シンフォギア xv 4 話

戦姫絶唱シンフォギアXV あらすじ 神の力を以ってして、神そのものを討ち斃さんとした原初のヒトガタ、アダム・ヴァイスハウプトは、サンジェルマンたちの理想の源であるラピス・フィロソフィカスにて黄金錬成されたシンフォギアが撃槍。 暗躍してきたパヴァリア光明結社はここに瓦解し、その残党は、各国機関の活躍によって追い詰められていくのであった。 かつての超大国アメリカもまた、日本に向けた反応兵器の発射事実を非難・追及され、国際社会からの孤立を招いていた。 閉塞した状況は、新たな世界規模闘争の火種にもなりかねないため、速やかなる政治的解決が望まれているが、複雑に絡む国家間の思惑は軋みをあげるばかりで、遅々として進んでいない。 当該国である日本も、アメリカとの協調政策を打ち出して関係修復をアピールしているものの、どこかうすら寒い表面的なムードに終始して、局面打開には至っていない。 いまだ見えない世界の行く末。 さらに、張りつめた空気はここにも。 都内ランドマーク各所が一望できる、デートスポットとしても人気の大観覧車のゴンドラに乗っているのは、私立リディアン音楽院に通う高校生、立花 響と小日向 未来。 ふたりが手にした鯛焼きは白玉入りであり、絶品。 甘すぎず、まるでぜんざいもかくやという口当たりの餡は申し分が無かった。 それでも、ふたりの間に緊張が走るのは、何の気なしに未来が響に発した、問い掛けに始まるものであった。 返答に窮した響の胸の奥にあるものは、果たして。 過去から現在に向けて紡がれたいくつもの物語は、XVに集束していく。 聖骸を巡る攻防は、どこまでも真夏の只中。 はじける湖面を舞台に、少女たちの歌声が輝きを放つ。 アニメ広場 以下当サイト は各動画共有サイトにあるアニメ情報をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れや紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですがコメント、またはからお知らせいただけますと幸いです。 All Rights reserved.

次の

戦姫絶唱シンフォギアの楽曲一覧とは (センキゼッショウシンフォギアノガッキョクイチランとは) [単語記事]

シンフォギア xv 4 話

「戦姫絶唱シンフォギアXV」 第7話 「もつれた糸を断ち切って」 「戦姫絶唱シンフォギアXV」第7話。 第7話は、キャロルちゃん復活エピソード。 エルフナインちゃんの中にいたキャロルちゃんが復活する今回。 チフォージュ・シャトーを起動させて用済みになったエルフナインちゃんが抹殺されるピンチに・・・ そんなエルフナインちゃんを守るために懐かしいオートスコアラーの4人が復活! かつてキャロルちゃんを守っていた自動人形がエルフナインちゃんを守る熱い展開に。 さらに、絶体絶命のエルフナインちゃんを守るために水瀬いのりキャロルちゃんもついに復活! お話は、オートスコアラーの墓場のような場所でチフォージュ・シャトーを起動させられるエルフナインちゃんのシーンから。 仕事が終わったところでエルフナインちゃんを操ろうとしますが・・・ エルフナインちゃんの中にいたキャロルちゃんが洗脳を防ぎます! 一瞬、水瀬いのりキャロルちゃんが出てきたw そんなことがあって前回ラストのチフォージュ・シャトー復活のシーンに繋がります。 追い詰められていたヴァネッサさんも撤退してしまうことに。 おっぱいから脱出アイテムw アジトを突き止めたので切ちゃんたちが出撃!!! 今回のエロ変身バンクは切ちゃん!!! 切ちゃんのエロポールダンス最高!!!!!! 謎の触手を出す敵との対決する装者たち!!! 切ちゃんのピンチには・・・ 神殺しのパンチを持つビッキーが颯爽登場で守ってくれます!!! しかし、触手に捕まってしまったビッキーがかなりのダメージを食らってしまうことに・・・ 予定より早く企みがバレてしまったノーブルレッドの3人。 本部では、なんかおかしい表情になっている翼さんの姿が。 奏さんの名前を言って恍惚な表情を見せる翼さんがやばいw マリアさんは今回もアップルの歌が聞こえると主張しておりました。 響と未来ちゃんの気になる絆の夢シーンも登場。 神の力の依代になった未来ちゃんをビッキーが攻撃してしまうフラグが・・・ そして、ヴァネッサさんの手によって命を狙われるエルフナインちゃんのシーンへ。 ギリギリで避けるエルフナインちゃんがさすがw 大ピンチに叫ぶと、あのオートスコアラーの人たちが助けに来てくれることに!!! 石上静香の懐かしいオートスコアラーもきたw ちょっとぶっ壊れてるあの井澤詩織のオートスコアラーもww てなわけで、第3期のGXでキャロルちゃんを守っていたオートスコアラーも再登場の今回! 直接回線で繋いで未来ちゃんの無事を伝えるエルフナインちゃんがめちゃ有能!!! オートスコアラーたちもキャロルちゃん似のエルフナインちゃんを守る活躍を見せます! エルフナインちゃんを導けないミカの醜い手を「大好きです!」と褒める熱いシーンも!!! しかし、マスターを逃がすオートスコアラーの活躍もここまでだったわけで・・・ ぎゃああああ、ミカたちもやられてるううううううう!!!! というわけで、マスターを守るために不完全な体で復活したオートスコアラーたちの復活劇もここまでといういうことに・・・ そして、絶体絶命となったエルフナインちゃんを守るあの人の復活劇がついに!!! 「みんなのためにボクは!!!」 エルフナインちゃんの突然の変身バンクきたああああああ!!!! そこに現れたのはオートスコアラーたちのマスターのキャロルちゃん!!!! 声が水瀬いのりに変わったwww キャロルちゃんが美味しいところを全部持っていく復活エンドに!!!! 「オレは奇跡の殺戮者だ!!!!」 エンドロールもキャロルちゃんが歌うというキャロルちゃん無双エンド!!! というわけで、キャロルちゃんの復活劇が熱いお話となっている今回でした。

次の

「戦姫絶唱シンフォギアXV」第4話「花の名は、アマルガム」先行カット公開!

シンフォギア xv 4 話

この地、この刻の天地に描かれるレイラインによって鼓動するシェム・ハの腕輪。 全ては、神の力を手に入れんとする風鳴 訃堂の思惑であった。 不協和に奏でられる音の羅列に続いて大噴火する人体が、蜘蛛の結界を突き破る。 駆けつけた装者たちと相対するヴァネッサは、戦う理由を語る事で響を翻弄する。 ペースを乱されながらも理解を深めようとする響を無碍に拒むヴァネッサ。 その言葉は、異質と隔たれた存在が覚える諦観からくるものであった。 起動儀式の祭壇より、逃走を果たすノーブルレッドと風鳴 訃堂。 諦観だが、装者を「強き相手」と括った高に、弱さを知るマリアの機知が付け入られると、 ここに盤面は覆り、シンフォギア装者たちの反撃が総力をもって開始される。 圧倒的な彼我の戦力差。 それでも背を向けずに迎え撃つノーブルレッドの不敵な笑み。 巧妙・周到に張り巡らされた策の果てに囚われてしまった装者6人は、 閉鎖空間内に圧縮されたエネルギーに打ちのめされ、猫噛む窮鼠の逆襲に昏倒してしまう。 朦朧とした意識の中、投げ掛けられた言葉に響は、花咲く勇気を思い出すのであった。 知恵と工夫で迎え撃つ敵を力押しで正面突破しちゃう響ちゃんはやっぱ響ちゃんですね。 両者の想いと想いがぶつかるバトルの熱さはさすが〝シンフォギア〝。 前回の終盤で「まさかあいつが」と思いましたが、普通に強いところが少し見られた爺様でした。 ヴァネッサのアフロダイAっぽい技は笑いましたし、響の意識に語りかけるサンジェルマンの登場に驚きと興奮がありました。 — スラム slam52 戦姫絶唱シンフォギアXV4話感想ッ!ノーブルレッド編完ッ!いや真面目に完な気がする。 奥の手ダイダロスエンドが破られちゃったし、OPのペア組むまでもなく響一人にやられちゃったし、風鳴の怪物が表立って来ちゃったし。 残党組の命運は響の手を取れるかにかかってるな。 — アプリア earthboundcube 「戦姫絶唱シンフォギアXV」第4話。 お前一体どこから出てきたサンジェルマン! まだ4話だぞ。 こういうオビワン系キャラの登場はもっと後でいいんじゃないか? それにしても、なんかシンフォギアシリーズにしては話の展開が遅い気がする。 1期みたいな狂速感、グルーヴ感をプリーズ。 — たかちゃん takahashiNKS [視聴メモ] 戦姫絶唱シンフォギアXV 4話「花の名は、アマルガム」 攻められているんだけど、一応は相手の意図をくじいた形で終わるから負けてはないんだろうな。 どうも敵味方の区別がつきにくいけど。 敵方のジジイはなんか翼さんの縁続きかね。 もう、声優 悠木碧 目当てに見ているようなもんだな。 — りんさん コト 林某 rinnrinn7 【戦姫絶唱シンフォギアXV:第4話】マリアとヴァネッサが戦場に立つとお姉ちゃん力が高まって素敵。 アジトを失った協力者を車中泊に甘んじさせるあたりにも風鳴訃堂の人格が知れる。 の無力化はあのジジイの所為だろうというかそれしかないような— 高志乃P yama1122334 戦姫絶唱シンフォギアXV 4話視聴終了。 マリアさんの変身カッコいい!アガートラームの汎用性がやばいッ!!すげえカッコいいッ!! 花咲く勇気Ver. Amalgam だとぉッ!? ついにあの花に名前が付いた、繋いだ手だけが紡ぐもの。 勝てなくたって、正義を信じて、握りしめて。 — たなはXV 灰 nominalnomina 「戦姫絶唱シンフォギアXV」第4話:背負った物の重さが、信じる強さになり、無尽蔵の正義を生む。 響の強さの根源は、信じる事。 それを知っているサンジェルマンが、響を鼓舞する。 そしてどうやら今回の最大の敵は、自分達が今まで守ってきた物らしい。 今までとは別の意味で、苦しい戦いの予感。 シンフォギアには響の伸ばす手がいつだって届きそうで届かないもどかしさがずっとあって、わかりあうという理想に近づこうとするドキドキ感が、本話ではサンジェルマンとの邂逅に託され、それは歌に乗って響くのですね。 拳を止め、掌を開く。 熱いぜ…熱すぎるぜこのアニメ。 — とりぞー naruminskey 今回のシンフォギアXV4話見て思ったけど、やはりというかサンジェルマン達は激強だったなという再確認ができたことですね。 CMで前振りしたしキャロルも来ないかな? 今回の敵は非道なやつらだけど響には対話を重んじるやり方を貫いて欲しい。 3話で切調が目的を聞いてたのは響や翼の影響感じて感慨深かった。

次の