カー エアコン 故障 診断。 千葉県松戸市|カーエアコン修理 ・ドライブレコーダー・カーナビ・ETC取付・ 自動車電装品販売 【桜デンソー 】

車のエアコンが効かない|カーエアコン修理診断サービス

カー エアコン 故障 診断

冷媒の補充でエアコンの効き良くなるかどうか事前に判断する方法 カーエアコンに冷媒を補充する前に考えておかなければならないことは、冷媒を補充すればエアコンの効きが良くなる可能性があるのかということ。 冷媒を補充したのにエアコンが直らなかった・・・なんてことになったらショックなので、まずはここで紹介する内容を理解して、あなたの車のエアコンが冷媒を補充すれば直るのかどうか判断していきましょう。 【判断方法その1】暑い日だけエアコンの効きが弱い場合 夏場の特に暑い日だけエアコンの効きが弱くなるような場合は、逆に言うと暑くない日はエアコンがちゃんと動いているということになるので、エアコンの構成部品が壊れている可能性は少ないといっていいでしょう。 このような場合は、先ほど述べてきた通り、カーエアコンから毎年少しずつ冷媒が漏れていき、暑い日に車内を冷やすために必要な分の冷媒量より、カーエアコンの中に残っている冷媒量が少なくなってしまっている(厳密に言うと、コンデンサーの凝縮圧力が下がって車外に熱を放出できない)ので、暑い時だけエアコンがあまり効かないということになってしまいます。 このような状態で冷媒が足りていない場合、真夏の暑い日にエアコンの設定を以下のようにした状態でエアコンの吹き出し口の温度を測定してみてください。 吹き出し口温度測定する時のエアコン設定• AC;ON• 設定風量;最弱• 設定温度;最低• 逆に言うと、このような微量な冷媒が不足の場合は気温の下がってくる夜間はエアコンがちゃんと冷えることが多いので、このような場合はエアコンの冷媒ガス補充で対応できる可能性は高いと言えます。 【判断方法その2】サイトグラスが白い泡だらけ 冷媒漏れによる能力ダウンが疑われる場合、カーエアコンをONにしているとき(ブゥーーンという音と共にエンジンルームのファンが回っているとき)に車のボンネットの中にあるサイトグラスというガラス窓から冷媒の状態を確認すると、白い泡交じりの冷媒が勢い良く流れてくるのが見えると思います。 その様子は、こちらで紹介されているYouTube動画を見てもらうとよく分かると思います。 どうしてサイトグラスに白い泡交じりで冷媒が流れている状態だと冷媒が不足しているという判断ができるのかというと、このサイトグラスというパーツは凝縮器(コンデンサー)という熱を車外に放出するアルミ製の熱交換器の後に取り付けられており、規定量の冷媒が充填されていればこの位置での冷媒の状態は完全な液体か、またはちょろっと気泡が混じっている程度になっていて、サイトグラスからは何も見えない(完全な液体であれば気体が混じっていないため、白い泡状のものは見えない)はずだからです。 出典) このように、適正な量の冷媒漏れによって何年かかけながら冷媒が漏れていってしまい、サイトグラスで冷媒が白い泡のような状態で勢い良く流れているようなケースでは、単に減ってしまった冷媒を補充してあげればエアコンの性能が回復する可能性が高いと考えてよいでしょう。 ちなみにサイトグラスがない車の場合は、エアコンの低圧ポート(キャップにLの表示がある)の配管表面温度を測定することでも冷媒の不足を確認することができます。 例えば、低圧ポートはエバポレーター(蒸発器、車内に冷気を出すパーツ)の下流側に設置されているため、この配管温度が外気温と同じぐらい十分に高い場合、冷媒量が不足している可能性があります。 ホームセンター等に売られている非接触タイプの温度計(2000円程度)などで配管温度を測定してもいいですし、ちょっと配管を触ってみて冷たくなければ冷媒量が不足している可能性がありますので、ご参考まで。 【判断方法その3】低圧圧力が少しだけ低い カーエアコンの冷媒ガスが不足している場合、エアコン動作時(コンプレッサー動作時)の低圧圧力が極端に低くなります。 例えば、R134aの場合、安定時の適正冷媒圧力は約0. 2MPa(ゲージ圧)程度なのですが、冷媒ガスが抜けてしまっている場合、その圧力が0. 1MPa前後ぐらいまで少しだけ低くなってきているはずです。 これぐらいのレベルだと冷媒ガスの補充でエアコンの冷えが回復する可能性があります。 それよりも低圧圧力が低い、例えば0~-0.1MPaの範囲にある場合は、もう完全に冷媒がなくなっているような状況(冷媒漏れがひどい状況)ですので、例え冷媒補充を行なったとしても、すぐに冷媒が抜けてしまいますので、冷媒漏れの修理が必要でしょう。 ただし、そのことを承知の上で、冷媒を補充してみてどのくらいの期間、カーエアコンが動くのかどうか見てみたいという人は、下のPDFを参考に必要な冷媒量を充填してみましょう。 >> このデータ集を見ると分かると思いますが、カーエアコンの中が空っぽの状態からエアコンが正常に作動するレベルにするには、結構な量の冷媒が必要になりますね。 普通、適正なリーク量で10年ぐらい経ち、冷媒の効きが悪くなる場合、毎年3~5gづつ冷媒が減っていくわけなので、補充する冷媒の量は30~50g程度、ちょっとカーエアコンの使い方が悪かった場合でもせいぜい100gぐらい(200gのサービス缶の半分ぐらい)の冷媒補充で済むはずです。 これらのことを考えると、焼き付き防止装置が働くような状況は相当な量のリークが発生している可能性がありますので、たとえ冷媒を補充したとしてもまたすぐに漏れ出してしまうと思いますので、冷媒のガスの補充でエアコンが直るとは考えない方が良いでしょう。 なお、カーエアコンの低圧圧力は冷媒を充填する際に使うチャージホースについている低圧圧力ゲージ(約1000円)のガス缶側を全閉の状態で測定できます。 【注記】 本来であれば、エアコン動作時の低圧側と高圧側の冷媒圧力をゲージマニホールド(安いものでも約5000円ぐらいから)で測ることでより、正確にエアコンの故障箇所を特定することが出来ます。 例えば・・・• クールダウン開始時点 高圧=2~2. 1~0. 安定時 高圧=1. 3~1. 18~0. 22MPa(1. 8~2. ですので、コンプレッサーは動いているものの低圧圧力が低いという条件を満たす場合、冷媒漏れがカーエアコンが冷えない原因になっている可能性が非常に高いと言えます。 低圧圧力を測定するだけなら、1000円ぐらいのチャージホースについている低圧ゲージで出来ますので、出費を抑えたいという場合は、上記のような考え方をしていくといいと思います。 なお、素人でも簡単にエアコンの冷媒封入量をチェックすることが出来るツール(約2000円)がありましたので、こちらの記事で紹介しておきます。 >> 【判断方法その4】それ以外の場合 上記でお話した通り、「エアコン(コンプレッサー)は動いているのだけれど、ちょっと冷えがトロいなぁ」という場合は、エアコンガスの補充でエアコンの効きが戻る場合があります。 逆にそれ以外の場合、例えば、エアコンのスイッチを入れても全くコンプレッサーが動かない(アイドルアップしない)とか、夜の比較的涼しい時間帯でもエアコンが全く冷えないという場合は、冷媒ガスの漏れがひどかったり、それ以外の部品の故障が考えられます。 判断方法1~3のように、カーエアコンの冷媒ガス補充は、正常な範囲での冷媒漏れが原因の場合にのみ有効な方法になります。 冷媒不足でないのに冷媒を充填した場合、カーエアコン内の圧が高くなりすぎて、壊れていなかったパーツまで壊してしまう可能性もあります。 「カーエアコンの冷えが弱いのは、冷媒が適正量足りていないだけだ」という確信があって、作業を自己責任で行えるという場合以外は、プロに修理を依頼した方がいいでしょう。 >> 次のページでは、カーエアコンに冷媒ガスをDIY補充するために必要な道具についてお話していきます。

次の

カーエアコンの修理!@「点検」&「診断」&「判断」【車検&整備@東大阪】

カー エアコン 故障 診断

自分でできる最適で簡単なエアコンの状況確認およびエアコンの修理方法を紹介します。 この方法を活用して、自分でエアコンの修理にチャレンジして下さい。 真空引き,エアコン 故障,カーエアコン 故障,エアコン 真空引き,サンデン sd7v16,sanndenn,ビートル,ビートル エアコン故障,エアコン故障 の情報があります。 何かポイントとなるキーワードがありましたでしょうか?? 知らないワードがあった場合はグーグル検索で確認しておきましょう、、• 室内の空気は循環しているだけなんですよ。 熱だけの移動です。 エアコンはヒートポンプ原理を使っていますから、省エネです。 専門用語で説明しますとCOPが高い。 COPが5以上あるでしょう。 さて、エアコンが効かない根本原因は、冷媒関連に問題があるからです。 室外の熱い空気を冷媒があることで冷たくし、冷房の冷たい風にします。 夏の場合は熱を冷媒に乗せて、外へ運びます。 冬の場合は熱を冷媒に乗せて、外の熱を室内へ運びます。 このエアコン内部の冷媒が不足すると、風がぬるくなり、エアコンの効きが悪くなってしまうんです。 エアコンを設置する時に、室外機を真空引きしてから冷媒を置換します。 その時に、冷媒が漏れたりするとエアコンの効きが悪くなります。 また、稀にあるのがエアコンの室外機の不具合です。 エアコンの室外機の熱交換フィンが凹んでたりすることで、熱交換効率が下がればエアコンの効きに影響があります。 後は温度計や風速計です。 エアコン用のリモコンが故障している場合もありますから、電池も交換しましょう。 基本的に工具だけで良いです。 ホームセンターや100均でも買えます。 バラバラで購入してもOKです。 エアコン冷媒の量が少ない時はプロに頼みましょう。 エアコンの冷媒交換は危険です。 また、ヒートポンプのコンプレッサの故障もプロへ依頼しましょう。 ・エアコンの運転モード確認。 冷房 暖房 ドライ 送風 風量 温度 ルーバー 風向き ・エアコン本体の異音、匂い、振動 ・エアコン本体の冷媒量(プロが確認) ・エアコン本体のドレインホースの確認 ・室外機の熱交換フィンの確認 ・室外機のファン稼働状況確認 ・室外機の電源系統の確認 ・室外機の熱交換フィン前の障害物確認 エアコンの不具合についてのみんなの疑問点と解決アドバイスについて• 家庭用エアコンに関してご享受願います。 賃貸物件にて、富士通ゼネラルのエアコン AS282PT でなくなる。 室外機の動作も停止 ・電源コード抜き差ししても症状に変化なし。 ・室外機のリレー回りを軽く叩いても症状に変化なし。 と言った感じです。 当方自動車整備士 低圧電気取扱者 ・電装整備士含む なので、基本的な エアコン... エアコンの下取りか購入かについて。 現在賃貸マンションで年末に新居に引っ越す予定です。 マンション... マンションでは入居時に エアコンを1台設置しており、退去の時は持ってでないといけません。 最初は新居の子ども部屋に今使っ てる エアコン... 業務用エアコンの室外機についてです。 長文すみません、本題は一番下だけです。 先日、成人し... 成人した親孝行として実家に取り付けるための壁掛け エアコンを購入してきました。 ジョーシンにて工事込みで交渉していたのですが その際... エアコンがあまり冷えません。 新品のエアコンなんですが、以前使っていた10年前のエアコンに比べ、 全然冷えません。 今の エアコン... 初めてエアコンを買います。 東北の雪国住みですが、「寒冷地仕様」ではないといけないのでしょうか?... 現在は、古く冷える家なので、11月ころから寒い日は石油ファンヒーターを使い始め、真冬は小さめの石油ファンヒーターを2台使っ... エアコン 水漏れについて質問です。 4年前にエアコンを購入し、 購入した年は水漏れは無かったの... エアコン 水漏れについて質問です。 4年前に エアコンを購入し、 購入した年は水漏れは無かったのですが 翌年から外のホースから水が出ず 室内で水漏れして壁と床が水浸しになっる事があります。 購入した年…水漏れ無し 一年... 賃貸物件のエアコン、吹き出し口につけるカバー?について 築20年ほどの賃貸物件に入居しています。 入 入って約1年です。 エアコンの吹き出し口のカビ汚れがひどく、昨夏 ・冬でこんなに!?ってほどだったので 管理会社に「... 初めて質問させていただきます。 エアコンを買いかえようと思っていますが、室外機をおける場所が狭く、 困っています。 現在入手可能な製品で、室外機の幅が最小の エアコンをご存知の方はご教示ください。 一般的なマン ション... エアコン1台で2部屋を冷やしい場合、 エアコンを稼働させてる部屋から扇風機を回せばいけますか? や エアコン1台で2部屋を冷やしい場合、 エアコンを稼働させてる部屋から扇風機を回せばいけますか? やはりその分電気代は高くつきますよね。 2部屋でそれぞれ エアコンをつけるのと、上記の方法ではどちらが電気代はマシ... 【写真あり】2004年製のダイキンエアコンについて。 今年から入居したマンションのエアコンなの... エアコンなのですが、古いため側面のシールから型番が確認できなく知恵袋に投稿しました。 わかる情報としては、 エアコン本体にダイキンのロゴ...

次の

【完全保存版】自動車カーエアコンの冷媒ガスを自分で補充する方法

カー エアコン 故障 診断

電装系修理• スバル ステラ 2018年07月15日 18:53エアコンガス補充後 コンプレッサーマグネットクラッチ 短絡故障 エアコンガスを補充した後、コンプレッサーが故障しました。 当初は、 「エアコンが全く効かない」とご相談です。 お車は全くといっていい程クーラーガスが入っていない状況で、漏れが 大きい可能性があります。 引き渡しの際はエアコンも冷えて正常だといえましたが、半日も経過して いない間に全く冷えなくなって、変な音もエンジンルームから聞こえる様 になったとの事で、お預かりいたしました。 異音はエアコンコンプレッサー本体からです。 室内のエアコンスイッチは点灯してるのですが、全く作動しません。 どちらにしてもコンプレッサが故障している模様なのでフロントバンパー を取り外します。 診断機(Gスキャン)を繋いで、ACシステムの作動命令を確認すると、 「エアコン動け」とECUは言っています。 が、 コンプレッサーのマグネットクラッチに作動電圧は無く、リレーも単体 では問題ありませんでした。 マグネットクラッチ部のベアリング状態を確認したいので リブベルトを取り外します。 テンショナーを緩めて行います。 コンプレッサー先端がフリーになった所で、ガタ付を確認すると プーリーのベアリング自体が損傷しています。 エアコンガスの圧力が上がった(正常に)為、ベルトで回される負担に ベアリングが耐えられなかった模様。 ガタ付で内部の電磁石が短絡(ショート)した為にエアコンシステムが 止まったと予想されます。 ここで怖いのが、ハーネスにダメージが出る事です。 ショートすると熱を持ち、配線の被覆が溶けたり焦げたりした場合は修復 する手間が倍々です。 配線図を確認し、各ヒューズを点検すると、室内側で切れていました。 というより、切れてくれててありがとうです。 それがヒューズ本来の役割ですから。 修理は、ご予算の関係で、中古(程度重視)のコンプレッサと レシーバータンクを交換です。 レシーバータンク(リキッドタンク)とは、ガスシステム内部の湿気と ゴミを受け止める役割をします。 コンプレッサ損傷で内部に出た金属カスがある場合、エキスパンションバルブ を詰まらせて効かなくなったりする可能性が出てしまいますから。 組付けオイルは忘れずに ベルトを取付ける前にひと手間。 中古コンプレッサのプーリーに腐食が見られます。 ベルトを削る可能性があるので、手作業ですがワイヤーブラシで清掃。 余談ですが、 どうしても湿気でそうなります。 長期間エンジンを始動しないお車もベルトが接触してない箇所は腐食 しますのでベルトにやさしく無いですよ。 残るは、ベルトを取付け、真空引き、充填です。 ここで思い出したことが。 「当初のご相談時に、ガス漏れが大きい可能性がある」です。 ガス検知器は、一旦ガスを補充しないと反応がしません。 フロントバンパーを取り外して見える箇所に板金修理の跡がありました。 (当店ではありません) コンデンサー自体にダメージ(漏れ穴)があったり、コンデンサーを脱着 している可能性もあるのでフロントバンパーを取付けると点検しずらい箇所 に検知器を沿わせます。 すると、コンデンサ下側のパイプ繋ぎ目に漏れ反応です。 泡のリークチェッカを付着させると、ポコポコ泡の漏れでした。 これでは、1シーズンも持ちません。 再度ガス回収を行います。 つなぎ目のゴム製Oリングに不具合があるとみてパイプを 取り外してみると、Oリングが噛み込んで切れています。 新品に替えます。 このお車のエアコンガス漏れが完全に止まるとは言い切れませんが、 大きな漏れ部の修理はできました。 真空引き、充填を行い、漏れが修理できた事を確認し作業は完了。 冒頭の画像は、マグネットクラッチ先端を取り外した所です。 ベアリングが損傷し、クラッチの隙間がなくなっていたので 焼き付いたのか見てみた内容です。 その他、 お客様に状況をご理解頂けてありがとうございました。 ガス補充したから壊れたのは確かですが、それだけコンプレッサが 内部で冷媒を圧縮するに必要な力の大きさを思い知りました。 確かに軽自動車ならスピードが出なくなる程のパワーロスですよね。 対象車両情報 メーカー・ブランド スバル 車種 ステラ 店舗情報 (株)カーコンサルエコー 〒990-2334 山形県山形市蔵王成沢字町浦474-4• 無料電話お気軽にお電話下さい! 0066-9746-1987•

次の