ご飯 と 味噌汁 の 位置。 みそ汁の定位置(秘密のケンミンSHOW)は右手前か左奥のどっち?

味噌汁やご飯の正しい並べ方は?箸のマナーも覚えておこう!

ご飯 と 味噌汁 の 位置

この記事の目次• ご飯、味噌汁の置き方とは? 和食の配膳位置 和食における基本的な献立である 「一汁三菜」を基本とした配膳は、以下のとおりです。 【一汁三菜の配置と献立例】 主食(手前左):白飯や具入りのご飯など 一汁(手前右):お味噌汁やお吸い物など 主菜(奥右):お刺身、焼き物、揚げ物、蒸し物、煮物など 副菜(奥左):煮物、蒸し物、和え物、焼き物など 副々菜(奥中):和え物、煮物など 引用元- ご飯が「左」お味噌汁が「右」 何度も言いますが、和食のお膳は、ご飯が左、お味噌汁が右です。 それでは、なぜ、ご飯が「左」で、汁物が「右」なのでしょうか? 日本古来の伝統で、左側に重要なものを配置するという「左上位」の考え方から、主食のご飯を「左」に配置しているんです。 諸説あるようですが… 汁椀がご飯茶碗の奥にあると、汁椀を手にとって口元に持ってくる時、上位のご飯茶碗の上をまたぐから、無作法だという説。 一般的に汁椀は高さが低いので、奥にある主菜を取りやすいように、右手前に置かれているという説。 引用元- 日本人なら知っておきたいご飯と味噌汁の置き方! お料理を出すときに一番大事なこと 利き手にもよりますが、右手は箸、左手はお椀ですよね。 そこで日本料理には箸の置き方、そしてお椀の置く位置に決まりがあります。 日本人なのだから知っているよ! っと思っていても、ここでしっかりとおさらいしてみましょう。 箸は手前から見て箸先は左側に向いていることが基本です。 そしてお茶碗は左、汁物は右側にきますよね。 知らない人は箸の向きを逆にしたり、ごはんとお味噌汁を逆に置いてしまっている人もいます。 もし誰かに料理を作って出すときに、このようなことをしてしまうと礼儀に欠き、相手に失礼になってしまいます。 陰陽の関係がある お茶碗が左で汁物が右という決まりですが、昔から逆に置くことは仏善といって、仏様にお供えするときに出すときだけというようにも言われています。 それ以外では、陰陽の関係があるようです。 ごはんは陽で汁物は陰と決められており、出す側から見て陽は右側、陰は左側となるため、食事を頂く側はごはんが左側にきて、汁物が右側にくるようになっているのです。 日本では右側は左側よりも上位だと考えられているので、陽であるごはんが出す側にとって右にくるようです。 引用元- ご飯と味噌汁の置き方の作法は幕末から変わらず! 作法の歴史は幕末から これら日本料理の出し方は、陰陽五行が取り入れられ、主菜や副菜などの出し方、お皿の形にまで及びます。 すべてを覚えつくすのも大変ですが、基本のごはんと汁物の出し方は知っておきましょう。 そしてこれらが形式的に完成されたのが幕末からと言われています。 会席料理が基本となり、それまでは流派によって作法が異なっていたようです。 幕末以降は一つにまとめられ、武家による礼法として今日まで伝えられています。 しかし、ごはんと汁物の位置関係については平安時代からすでに確立されたもので、流派を問わずこの作法が使われてきたようです。 引用元- 定食屋で食べる際は味噌汁の置き方も変わってくる? お椀が左奥 ある別の定食屋で,味噌汁のお椀が茶碗の向こう側,つまり左奥に置かれて出てきた。 その理由は2つ考えられる。 1つはお盆が小さいこと 笑。 味噌汁を右側に置くと,すべての品をお盆に載せきらないのである。 もう1つは,主菜の魚を食べやすくするためである。 魚は,味はいいが食べるのに手間がかかる。 私はこの手間も魚の味の一部だと思っているので一向に構わないのだが,手間がかかることは確かである。 その魚に手間をかけるときに,手前にお椀があるというのはかなり邪魔。 この点で,お椀が遠くにあるのは合理的である。 さらに,お椀は茶碗を持ち替えて左手で持つものなので,左側にあるというのは機能的でもあるのだ。 そこで最初に戻って,一番上の定食屋で出てきた品の並びを変えてみることにする。 左手前に茶碗,左奥にお椀,右手前に主菜を置いてみた。 主菜の野菜炒めは魚のように食べるのに手間がかかるものではないが,食べやすくなる。 ご飯も窮屈そうでなくなった。 引用元- 伝統的なご飯と味噌汁の置き方について考えてみた! どうして伝統的に左にご飯で右に味噌汁というようになっているのかを考える。 もしかすると宗教的な理由もあるかも知れないが,ここでは考えない。 まず,ご飯が左というのは,先にも述べたように,ご飯は主食であり,茶碗は持つものであり,箸は右手で持つからである。 日本式では,茶碗は常に左手に持ち,箸で主菜や副菜を取りながら食べていくのが普通のスタイルである。 お椀に持ち替えるときに置くこともあり,その場合でも左側に置くというのは合理的である。 味噌汁が右になった理由が問題である。 庶民の生活としては,古くは囲炉裏を囲むような形が多かったからではないだろうか 古すぎか。 貧しいときは,主菜が味噌汁だけということもあったのかもしれない 貧しすぎか。 どちらも右に味噌汁が来るのは自然である。 炉端のときに味噌汁を奥に置いたら落ちてしまうし,貧しいときはご飯と味噌汁の2品しかないのだから当然である。 味噌汁が右になったごく当たり前の理由は,家族での食事では,食卓の中央におかずが置かれてそれを全員が共有する形だからだろう。 共有しないご飯と味噌汁は各自の一番近いところに置くことになるので,必然的に味噌汁は右になるのである。 引用元- twitterの反応 最近のおしゃれ和食カフェレストランとかでの配膳の仕方が悪いからご飯と味噌汁の置き方知らないんだと思うわ。 さすがに知り合いで死んだ人の置き方されてたらすぐ注意しちゃう。 嫌だから。 — あきゃね@成分ずんだ 低浮上 右側 suzakumoe 藤原紀香ってご飯茶碗と味噌汁茶碗の置き方も知らない人だったよな。 — waniki waniki3 味噌汁とご飯の置き方逆の人みると、女子力低って思う。 一応これは心得ておいてもいいとおもう。 — ミゾイキクコ kikutomatu.

次の

味噌汁やご飯の正しい並べ方は?箸のマナーも覚えておこう!

ご飯 と 味噌汁 の 位置

ご飯の正しい並べ方 和食の献立の基本は「一汁三菜」 「一汁三菜」は主食のご飯(お米)の他に、汁物が1つ、おかずが3つある献立です。 ご飯の並べ方はこの「一汁三菜」を置く位置が配膳の基本となります。 ご飯の基本的な並べ方は、主食のご飯は左手前、汁物(お味噌汁など)は右手前、メインのおかずは右奥、副菜は左奥、副副菜は中央、と言う配置になります。 白いご飯や炊き込みご飯など。 お味噌汁やお吸い物など。 お刺身、焼き物、揚げ物、蒸し物、煮物など。 煮物、蒸し物、和え物、焼き物など。 和え物、煮物など。 一汁三菜の置き方を覚えておけば、後はこれをベースに他のおかずを追加しておいて置けば綺麗に並べることができます。 ご飯の並べ方の注意点 お漬物や梅干の並べ方 お漬物や梅干は一汁三菜には含まれませんのでおかずとしてカウントされません。 ご飯と汁物の間の真ん中に置きましょう。 デザートの並べ方 デザートをご飯と一緒に出すときは、一般的に左側の奥に置きます。 お箸の並べ方 お箸は持ち手を右側にして一番手前に横向きに置きます。 また箸置きを添えるのはマナーです。 お茶の並べ方 正式なマナーですと、お茶を最初から食事と一緒に置くことはしません。 食事が終わった後、お茶だけを持ってくるのがマナーです。 とは言え、私もそうですが実際には食事と一緒にお茶を飲む方が多いと思います。 その場合はお膳から離れた右奥に置くのが良いでしょう。 お醤油さしやお塩などの並べ方 お料理に含まれないお醤油さしや塩は、一汁三菜のお膳には入れずお膳から離れた右奥に置きます。 右奥に置く理由は取りやすい位置だからですが、一般的に右奥は下位の位置になります。 お酒の並べ方 ご飯を食べる前におかずをつまみにお酒を飲む場合、ご飯の位置にお酒を置きます。 お酒を飲んだ後、ご飯は別に持ってきます。 魚の並べ方 主菜に並べる焼き魚の置き方にもルールがあります。 しゃけなどの切り身の場合は皮を上向きで奥にして盛り付けます。 アジなどの干物の場合は身を表にくるよう盛り付けます。 タラの粕漬けや煮魚など大きさが左右で違う魚は身が大きい方が左、小さい方を右に盛り付けます。 さんまなどの頭つきの魚の場合は左に頭、手前に腹、右に尾がくるように盛り付けます。 この並べ方は「左上位」の伝統からきています。 尚、魚の食べ方のマナーは頭のほうから尾に向けて食べるのが正しい食べ方とされています。 一般的に背からお箸を入れて身を取りますが、焼き魚を食べるときは魚をひっくり返すのはNGです。 ご飯の並べ方が決まっている理由 和食の一汁三菜の基本は幕末以降に統一されたマナーのようです。 一汁三菜の配膳は、ご飯、汁物、おかずをバランス良く食べることができる並び方でもあります。 ご飯(お米)が左で汁物(お味噌汁)を右に置く意味 汁物(お味噌汁)を「右手前」に置く理由は、右利きの人が最も食べやすい位置だからです。 また、昔の日本では左右で比べると左が尊い(「左上位」)という考えがありました。 お米は貴重な食料なので、左に置く文化になったという説もあります。 つまりお米が一番偉いということですね。 他の理由としては、神様へのお供えの際、お米が左側にくるからという説もあります。 逆にご仏壇にお供えする際のご飯は右側に置きます。 おそばやうどんなどの麺類とご飯がセットになっているものもご飯は左に置きます。 例えば、おそばと炊き込みご飯のセットの場合、炊き込みご飯は左、おそばは右になっています。 洋食のご飯の並べ方 洋食のご飯の並べ方は料理によって主食の種類もさまざまですし、スープやサラダやライス・パンがあるかないかで並べ方に違いがありますので和食のようにはっきりしたルールはありませんが、一般的に汁物(スープ)は右側、ライスは左側に置きます。 和食のご飯と汁物の置く位置と同じですね。 パスタなどの主食にスープやライスが付いていない場合はメイン料理を中央に置きます。 パンやライスはメイン料理の左側(または左上)に置きます。 スープ皿はメイン料理の右側(または右上)に置きます。 洋食の並べ方に困ったら一汁三菜のご飯の並べ方をベースにしましょう。 パスタの並べ方• パスタは中央に置く• スープはパスタの右側• 付け合せのサラダなどはパスタの左側上に置く パスタにスープやサラダが付いていない場合はパスタを中央に置きます。 パンはパスタの左側(または左上)に置き、スープ皿はパスタのの右側(または右上)に置きます。 洋食の並べ方に困ったら一汁三菜のご飯の並べ方をベースにしましょう。 パスタのフォークとスプーンの並べ方 パスタの場合、一般的にフォークとスプーンがある場合はパスタの右側にフォーク、左側にスプーンを縦向きに置きます。 と言っても特に置く位置にルールはありませんので、お店によって違う位置に置いてあることもありますね。 パスタの右側にスプーンとフォークを並べて縦向きに置いたり、フォークだけですと下に置いているお店もありますね。 カレーライスの並べ方 ライスとカレーが別々になっている場合、ライスは中央、カレーは右上に置きます。 プレートのご飯の並べ方 1つの大きなプレートに綺麗にご飯が盛り付けられているものがありますが、料理内容がバラバラなものが多く特にルールはありませんが一般的にライスやパスタを左側、スープはプレートとは別に右側に置きます。 これも一汁三菜の並べ方と同じですね。 プレートの左手前にピラフやパスタ、右奥に主菜、左奥に副菜や副副菜などを置きます。 スープはプレートの右側におきましょう。 フォーク・ナイフ・スプーンの並べ方 フォークは左側に縦向きに置き、ナイフは右側に刃を内側に向けて縦向きに置きます。 スプーンはナイフの外側に並べ、グラスはお皿の右側に置きます。 料理の種類によって使用するフォークとナイフの種類が変わる場合は外側から使うよう並べます。 中華のご飯の並べ方 中華料理の並べ方に厳密なルールはありませんが、箸を置く位置は和食とは違って右横に縦向きに置きます。 レンゲも同じく持つほうを下にむけて縦に置きます。 もしご飯の並べ方に困ったら料理は日本の一汁三菜の置き方と同じでOKです。 地域によってご飯の並べ方が違う ご飯の並べ方のマナーとして、ご飯は左、お味噌汁は右が基本ですが、地域によってご飯の並べ方のルールやお味噌汁を置く位置が違います。 東京など関東の場合はご飯は左、お味噌汁は右• 大阪など関西の場合はご飯は左手前、お味噌汁はご飯の後ろ(左奥)• 中国地方はお味噌汁はご飯は左手前、お味噌汁はご飯の後ろ(左奥) その他に「ご飯は左、お味噌汁は右奥」や「お味噌汁は左手前、ご飯は左奥」などの地域もあります。 地域にあったご飯の並べ方をしましょう。 ご飯の並べ方でやってはいけないこと ご飯を右側に置くのはNG ご仏壇に供える際、ご飯は右側に置きますので、食卓で右側にご飯を並べるのはマナー違反だとい われています。 左利きの方はご飯が左側にあると食べにくいので、ご飯を右側に置いてもOKという意見も多いようですが、ご飯を食べ始めてから自分で位置を変えるのは自由ですので、お客様と一緒に食事をする場合は「ご飯が左、お味噌汁が右」に並べましょう。 ご家族だけの場合はどちらに置いても気にしなくて良いと思います。 テーブルセッティングでアロマキャンドルはNG ご飯を並べ終わった後、食卓の飾りに物足りなさを感じてアロマキャンドルなど香りがついているものをつけるとアロマの香りが料理の香りを無くしてしまいますので注意しましょう。 まとめ ご飯の並べ方をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?ご飯の並べ方にはいろいろルールがありましたが、結局のところ、一汁三菜がそれぞれ食べやすい位置にあるということですね。 マナーにとらわれず自由に食べた方が美味しいと思われる方も、伝統やマナーを身につけておいて損はありません。 今回ご紹介した一汁三菜の並べ方を実践してみてくださいね。 いつもと違う食卓の雰囲気が味わえますよ。

次の

これは変わらない!ご飯と味噌汁の位置は決まっている!

ご飯 と 味噌汁 の 位置

ご飯茶や味噌汁のお椀は手に持って食べるため、手に取りやすい手前に配置するわけです。 しかし、これって食べにくい配置だと思いませんか?実は私はこの配置は苦手です。 私は魚が好きなので、主菜が魚になることがよくあります。 魚は骨などを丁寧に取り除く必要があるので、 汁物が手前にあると非常に邪魔なんです。 日本には主菜を右手前に配置する地域が多く存在するんですよ! スポンサーリンク 汁物が左奥は非常に多い! レストランでは、ほぼ汁物が右手前に配置されています。 しかし、実は日本人の多くは、 汁物が左奥に配置される方が、食べやすいと感じているんです! つまり、図にするとこうです。 全国でアンケートを取ったところ、味噌汁は右手前が良いと答えた人は、 全体の39. 最も頻繁に手を出す主菜の手前に汁物を置いておくのは、こぼすリスクを増大させますよね。 汁物のお椀を手に持とうと思ったら、左奥でも十分に取りやすいです。 私は東京出身の人間ですが、この配膳位置がしっくりきますね! というわけで、以上のことを踏まえると、ベストな配膳位置が見えてきました! スポンサーリンク 配膳位置は美しく食べられることが大事 そもそもマナーというのは、みんなが気持ち良く過ごすためのものです。 食事におけるマナーで最も重要なのは、 みんなが美味しく気分良く料理を楽しむことです。 そのためには 見た目を美しく、大きな音を立てない食べ方ができれば良いはずですよね?配膳位置というのは、その原則が守られれば問題無いはずです。 そう考えると、手前に配置するものは、最も手を付けるものが良いと思います。 その方がこぼすリスクも低くなり、見た目の美しさも保つことできるからです。 そして、最も頻繁に手を付ける食べ物というのは、人によって様々ですよね?ということは、 最適な配膳位置というのは、人それぞれだということです。 自分にとって、最も美しく、スマートに食べることができる配膳位置が一番ではないかと思います! 和食の配膳のマナー• 汁物を右手前に配置する 汁物は右手前に主菜は右奥に配置します。 でも、これだと汁物をこぼすリスクが高いです。 主菜を右手前に配置する 主菜は右手前に汁物は左奥に配置します。 でも、これだと汁物が遠いのでやや手に持ちにくいです。 美しく食べやすい配置に変える! 頻繁に手を出すものを手前に配置します。 自分が食べやすくこぼしたり、余計な音を出しにくい配置にすることで、美しく食べられるようにしましょう! 大切なことはその場にいる人が、気持ち良く食事できることです。 そのために重要なのは、 美しく食べることに尽きると思います。 みなさんも自分なりの美しい食べ方ができる、配膳位置を追及してみてくださいね! あなたにとって、マナーはどんなものですか? マナーは本来、 知らない人同士でも、気持ちよく過ごすことができるように考えられた、暗黙のルールだと思います。 でも、そこには人それぞれ、認識のズレや、重んじる度合いの違いがあります。 また、時代と共に変わるものでもあります。 そのため、最近では 時に大きなトラブルが起きているように思えるのです。 「みんなのマナー」では、皆さんが、そのようなトラブルに巻き込まれないように、様々なマナーの知識を書いています。 しかし、 書かれているマナーを押し付けたりしません。 マナーを守らない人を断じるようなこともしません。 また、それぞれのマナーは、入念に調べて、正しいと確信したものだけを書いているつもりです。 しかし、書かれていることが、絶対に正しいとは考えていません。 また、読む人によっては、違うと感じるものもたくさんあると思います。 そこで「みんなのマナー」では、より正確で、有益で、思いやりのある内容に、作り変えていくために、 読者の皆さんのご意見を大募集しています! もし間違いや足りてないマナーを見つけたり、疑問を感じた場合は、ぜひ、こちらのからご連絡ください。 マナーの重要度を示すマークの意味 「みんなのマナー」では、その記事で紹介したマナーの重要度を評価しています。 その重要度はマークで示しています。 それぞれのマークの意味はこうです。

次の