白タイトスカートコーデ 夏。 白スカートコーデ50選【2020春夏】プリーツ、タイト etc.大人女子に似合うキレイめカジュアルスタイル

白スカートコーデ13選【2018夏】

白タイトスカートコーデ 夏

ロングシーズン活躍するダークグレーのカットソートップスとプリーツスカートのコーデ。 スカートはネイビーと花柄が交互になったプリーツスカート。 バッグは夏らしくネイビーの編みバッグ。 パンプスもスカートに合わせてネイビーをチョイスしましょう。 アクセサリーはシルバーもゴールドもどちらもOK。 大きめのパールもコーデを華やかにしてくれますよ。 シューズはスカートに合わせてネイビーも良いですし、アクセサリーと同じくゴールド・シルバーで光を添えても良いですね。 トップスはレースタンクトップや白のTシャツなどと合わせても素敵。 コーデの幅が広がるのはセットアップならでは。 夏らしく白のサンダルやオープントゥのものを合わせてみてくださいね。 バッグもメッシュ素材や旬の編みバッグなど、重たくならないものを合わせると、涼やかなコーディネートに。 アクセサリーはエレガント系もナチュラル系も合わせやすいので、その日の気分や選ぶシューズによって変えてみるのも楽しいですよ。 黒のTシャツと合わせてカジュアルに着ても良し、白のブラウスを合わせてサッパリとフェミニンに着ても良しなアイテムです。 カジュアルに着るときは白のローカットスニーカーと、白とネイビーのボーダートートバッグと合わせてマリンな雰囲気もプラス。 夏のお出かけにピッタリなコーデが出来ますよ。 アースカラーのパンプキンイエローの鮮やかさを、ほどよく緩和してくれる優秀アイテムです。 アウターにはスカートと同色のブラウンのロングカーディガンを合わせて、Iラインを強調してスタイルアップを狙いましょう。 シューズはサンダルもスニーカーもマッチする万能なデザインですので、TPOに合わせて選んでください。 カラーのポイントは、例えば真っ白よりはアイボリー、ロイヤルブルーよりはターコイズブルーのように、自然の色がマッチします。 ライトグレーのワントーンコーデを寂しい印象にしないコツは、柄を上手に取り入れることです。 シックな柄を取り入れることで、色のフェミニンな印象を崩すことはありません。 ニュアンスカラーのコーデをキープしたい時には、同じ明るさ・同じ鮮やかさの色の小物を使いましょう。 ライトカラーかつグレイッシュなパープルのパンプスで、上品コーデの完成です。 アクセサリーはシルバー系がマッチします。 パキッとした白とブラックでまとめて、夏らしく涼やかなモノトーンコーデを作りましょう。 重苦しくならないコツは、なるべく白ベースを意識することです。 ブラックのロングカーデは、シャリ感のあるものを選ぶと、重たすぎず軽やかな印象に。 服がモノトーンなので、アクセサリーはカラーアイテムやゴールドがおすすめです。 カラーアクセサリーを取り入れて楽しんでみてくださいね。 涼しげな寒色が多くなる夏の時期ですが、日差しに負けないアースカラーでコーデにバリエーションを持たせましょう。 小物はブラックで引き締めて、明るさを入れたい時にはシューズやバッグを白にしてアレンジしてもOKです。 スポーティーな小物で思いっきりカジュアルにしたり、レディなサンダルや華奢なブレスレットでフェミニン要素を足すこともできるコーディネートです。 アクセサリーはゴールドや珊瑚色、スカイブルーなどがおすすめです。 フェミニンなイメージがありますが、スカート選びや合わせるアイテムでカジュアルにもハンサムにもできるんです。 ひざ丈のものやふわっと軽い素材ならより女性らしく、マキシ丈やひざ下のロング丈のもの、素材がしっかりしたものだとカジュアルな印象に変わります。 なりたいイメージに合わせて、ぴったりなスカートを探しましょう。

次の

夏のタイトスカートコーデ13選|白・黒・ロングタイトスカート他、大人のタイトスカート着こなし集

白タイトスカートコーデ 夏

メンズライクなトップスでカジュアルダウンさせる分、逆にマキシスカートの女らしさが際立って。 インパクト小物を盛り付けて、デートのウキウキ感をUP。 ボリューム控えめな一枚だから、レースアップのサンダルやかご調バッグなど、小物合わせで盛り上げるのが大事。 黄みの強いベージュのエコスエードスカートでまろやかな色気を加えたら、白小物で抜け感を。 ベーシックな〝VANS〟の『オーセンティック』。 肩ひじ張らないラフさで、カラフルなタイトスカートをデイリー仕様にシフト。 地厚生地や大きめポケット、そしてフロントスリットなど、程よいカジュアル要素があるストライプスカートは、コンサバになりすぎないのがいい。 コンチョ付きのベルトでアクセントをプラスして。 ごくベーシックなコンパクトTに、あえてのタイトスカート合わせでボディラインを強調した女っぷりスタイル。 パールやパンプスなど知性派小物を合わせれば、ボーダーだって幼さは皆無。 スカートの鮮やかな赤が、パリジェンヌ風のオーラを引き出して。 まとうだけで元気になる、鮮やかなイエロー。 流行のチノ素材スカートとの組み合わせで、さらに旬な装いに。 流行中のロングスカートも、足元をスニーカーにすると休日らしい軽快さが宿ります。 〝ニューバランス〟のスポーティなデザインをコーディネートのアクセントに。 黒レザーならハズしすぎず、大人っぽさも兼備できる。 [Domani8月号 65ページ] 靴¥13,800(エミ ニュウマン新宿店〈ニューバランス〉) タンクトップ¥8,000(ドメニコアンドサビオ) スカート¥20,000(フレームワーク 自由が丘店〈ラミ〉) ネックレス¥38,000(H. この配色を生かすべくトップスはあくまでシンプルに。 ナチュラルな小物合わせで頑張らないおしゃれを楽しんで。 フェミニンだけど甘すぎない、絶妙にテイストミックスされた組み合わせを堪能して。 ともするとアッパーな印象に見えるラベンダーパープルは、モード感の強い着こなしでクールに魅せて。 白いワンピースのすそからラベンダーのプリーツスカートをのぞかせれば、流行のレイヤードスタイルが完成。 小物はシルバーで涼しげな雰囲気にまとめると、より辛口な印象に。 [Domani8月号 59ページ] ワンピース¥24,000(エッセン. たっぷりとした身ごろと小さな襟、そしてドロップショルダーで人気の大ヒットシャツ。 ウエストマークする着こなしが、実力以上のメリハリボディを印象づけて。 旬を感じる小物合わせも決め手に。 だけどこの一枚は、たっぷりしたボリュームと長い丈が、シックに着られそうだなと思いました。 私が安い服を着るときの法則は、重厚な小物使いです。 写真のようなレザーバッグだったり、ほかにもメンズ靴を合わせるなど、夏でもあえて重みのある小物をプラス。 そうすることで、着こなしに適度な貫禄がつくんです。 遊び心のあるかごバッグやメタルサンダルと合わせれば、バケーション感のあるコーディネートに。 一見、ガーリーなドットスカートは、ノースリーブの肌見せ感とインパクト小物で〝不真面目〟に着くずして、ガールズトークが盛り上がる夜遊びスタイルに。 ヘビーウエイトのコットンを100%使用したメンズTシャツは、リラックス感のあるシルエットに惚れる。 流行のビビッドカラーも、色調が強すぎるとチープに見えるけれど、やや渋みのあるこのイエローは、大人が着ても似合います。 華やかな色は、つい気後れしてボトムで選んでしまいがちですが、トップスで着られるというのもうれしい。 そこでリッチ感が出るので。 小物もブランドを意識してコーディネート。 目の粗い白ニットからのぞく、グレーのタンクトップが技あり!アシメトリーなすそのスカートも、動くたびに躍動感があふれて。 着こなしがシンプルになりがちな夏スタイルこそ、各アイテムのデザイン性が大切になってくる。 夏に惹かれる軽やかな白スタイル。 [Domani8月号 25ページ] カットソー¥11,000(スリードッツ青山店〈スリードッツ〉) スカート¥16,000(ピーチ〈ミューニック〉) チョーカー¥16,000(ヴァンドームヤマダ〈ケンゴ クマ プラス マユ〉) バッグ¥25,000(アルアバイル) 靴¥16,500(モード・エ・ジャコモ〈カリーノ〉).

次の

大人の【タイトスカート×スニーカー】コーディネート集♪カジュアルにさらりと着こなそう!

白タイトスカートコーデ 夏

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 白・黒・ロング・フレアも! 夏のスカートコーデ術 夏は気分を一新して爽やかなスカートコーデに更新! 大人のヘルシーさを引き出す定番の白・黒スカートは押さえておきたいカラー。 シンプルトップスとも好相性なロングスカートやフレアスカートも今どきの丈感&質感で、夏の着こなしを盛り上げてくれます。 清潔感のある白はほどよい甘さがあるので、どんな色を合わせるかでイメージも大きく変わります。 洗練された大人の女性をアピールするならトップスに爽やかなカラーを持ってくるのがおすすめ。 小物で都会的な要素をプラスするのを忘れずに。 ボタンを上まで留めたブラウンニットと、レトロ感のあるベージュソックスでクラシカルな気分に。 気分が明るくなるグリーントップスに透け感のあるスカートを合わせて、風通しのいい軽やかな装いに。 マニッシュなストライプシャツで白フレアスカートの甘さを抑えて。 とろみ素材のフレアスカートがやさしくフェミニンな雰囲気をつくってくれる。 シューズのブラウンでオール白のフェミニン感を抑えるのがポイント。 ヘルシーな女らしさは黒スカートに託して シックな黒スカートも人気の定番カラー。 夏らしくノースリーブや背中開きなど、ほどよい肌見せを取り入れると女っぷりよく仕上がります。 いつものオフィスコーデも、きちんと感とヘルシーな女らしさをアピールして、夏ならではの着こなしを堪能して。 モノクロの人物フォトTを合わせてほどよくモードに振って。 ワンショルダートップスとマキシスカートのドレッシーなスタイルに、カーディガンのように肩にサラッとはおって。 背中の肌見せは、これ見よがしではないナチュラルな着こなしがポイント。 ビッグシルエットのトップスは前だけインすれば、こなれた印象に。 シャツのボタンをすべて閉じて、襟を立てれば知的な印象が加わります。 ラップ風スカートがシンプルながら華やぎをプラスしてくれる。 黒のバーサンダルを合わせて、女っぽくヌーディな抜け感をだして。 夏コーデの主役はやっぱりロングスカート ドラマティックなシルエットを生むロングスカートは、夏の着こなしを盛り上げる主役級アイテム。 レディな印象のトップスや効きのいい小物を合わせるのも素敵ですが、夏らしい涼しげなシンプルトップスも好相性。 コンパクトにまとめると、抜け感のある大人のきれいめカジュアルがつくれます。 足元はボリュームサンダルでパンチを効かせて。 サンダル&ソックスのレイヤードは、黒でまとめれば想像以上にすっきり。 スニーカー合わせがほどよいカジュアル感を与えてくれる。 かごバッグとフラットサンダルで抜け感を出すのがコツ。 ガーリーなピンクと渋めグリーンで、大人のカラーミックスが完成。 パンツだとカジュアルになりがちなボーダーも、スカート合わせで可愛く着こなせる。 パッと華やぐトマトレッドで夏の気分を明るく盛り上げて。 フレアスカートで甘すぎない女らしさを叶えて 歩く度に足元で裾がゆれるフレアスカートは、爽やかな夏コーデにぴったりの一枚。 ボリューム感のあるフレアシルエットは、夏らしいきれい色や個性の強いカラーをぜひ取り入れてみて。 気負いなくシンプルトップスを合わせるだけで、グッと洗練された印象になります。 ビーサンはブラウンを選んで、きれいめをキープ。 フレアスカートもネイビーならフェミニンになりすぎず、どんなトップスでも着こなしやすい。 足元はなじみカラーで気負いなく着こなすのがコツ。 背中が大きく開いたバックシャンデザインでボーダーカットソーも女っぷりよく着こなせます。 ネイビーのフレアスカートが女性らしい好印象を与えてくれる。 かごバッグを持って夏をとことん満喫! 最後に 夏は熱がこもりにくいスカートの出番が多くなりますが、薄手の生地やさらりとした質感のスカートは、暑い日々を爽やかに過ごす夏ならではの楽しみとも言えますね。 トップスは女性らしさとコンパクト感を意識すると、ほどよいメリハリシルエットがつくりやすくなります。

次の