西日本 シティ。 (株)西日本シティ銀行

HKT新劇場、西日本シティ銀行が命名権 AKB初、10月下旬の開館目指す|【西日本新聞ニュース】

西日本 シティ

新築・中古住宅の購入なら建築名人。 諸費用やリフォーム資金もあわせてお申込みOK! なお、以下に該当される場合は専用商品をご利用しております。 お申込人さまが女性の場合 出産・育児等で仕事を休業した場合、最大5年間の元金返済の据置が可能となるなど、女性にうれしい特典のついた女性専用住宅ローン「」をご用意しております。 お申込人さまが60歳以上の場合 お亡くなりになられたときに、担保物件の売却または相続人の方による一括返済することで、毎月のお借入元金のご返済が不要な「」をご用意しております。 対象物件が定期借地権付住宅の場合 西日本シティ銀行なら、定期借地権付住宅についてもご利用いただける「」をご用意しております。 お申込人さまが一定の条件を満たされる場合 年収700万円以上など、一定の条件を満たされる方限定の「」をご用意しております。 お借換 住宅ローンのお借換なら「NCB 借換応援住宅ローン」 「NCB 借換応援住宅ローン」なら、現在のお借入残存期間にかかわらず、ご返済期間を最長50年(ただし、建築から50年を超えない期間)までお選びいただけます! 住宅ローンのお借換なら借換応援住宅ローン。 リフォーム資金もあわせてお申込みOK! なお、以下に該当される場合は専用商品をご利用しております。 お申込金額が1,000万円以内、かつご返済期間が15年以内の場合 他社さまで取扱っている無担保住宅ローンは、有担保の住宅ローン金利に金利を上乗せをするケースが多くありますが、西日本シティ銀行であれば「」を金利上乗せなしでご利用いただけます。 お申込人さまが女性の場合 出産・育児等で仕事を休業した場合、最大5年間の元金返済の据置が可能となるなど、女性にうれしい特典のついた女性専用住宅ローン「」をご用意しております。 お申込人さまが60歳以上の場合 お亡くなりになられたときに、担保物件の売却または相続人の方による一括返済することで、毎月のお借入元金のご返済が不要な「」をご用意しております。 対象物件が定期借地権付住宅の場合 西日本シティ銀行なら、定期借地権付住宅についてもお借換いただける商品「」をご用意しております。 お申込人さまが一定の条件を満たされる場合 年収700万円以上など、一定の条件を満たされる方限定の「」をご用意しております。

次の

(株)西日本シティ銀行

西日本 シティ

string 15 "エネルギー" string 0 ""string 12 "サービス" string 0 ""string 9 "不動産" string 0 ""string 15 "医療・福祉" string 0 ""string 6 "卸売" string 0 ""string 6 "小売" string 0 ""string 6 "建設" string 0 ""string 12 "情報通信" string 0 ""string 6 "教育" string 0 ""string 6 "林業" string 0 ""string 6 "物流" string 0 ""string 6 "製造" string 0 ""string 6 "運輸" string 0 ""string 6 "金融" string 0 ""string 18 "金融・不動産" string 0 ""string 15 "金融・保険" string 0 "" 創立15周年、中計推進で グループ総合金融力の進化を目指す 2014年10月に旧西日本銀行と旧福岡シティ銀行の合併で誕生し、今年で創立15周年を迎える㈱西日本シティ銀行。 17年度に始動した西日本FHグループ初の中期経営計画「飛翔2020 〜知恵をしぼろう〜」で『グループ総合金融力の進化』を目指す中、グループの中核会社としてさまざまな取り組みを進めている。 グループ一丸となった展開で「まるごとサポート」を進化 2016年10月に設立した持株会社、西日本フィナンシャルホールディングス(以下西日本FH)のもと取り組む中期経営計画では、来年3月までを「さらなる飛躍に向けた基盤拡大に取り組み、お客さまに選ばれる地域金融グループを目指す『グループ総合金融力の進化』ステージ」と位置付けている。 中でも特に力を入れるのが、「お客さま起点の総合金融サービスの向上」だ。 これまで企業や個人それぞれのステージから生じるさまざまなニーズに応じて最適なサービスを提供してきた「まるごとサポート」をさらに進化させ、全国地銀上位行の同行を中心に地銀系カード会社トップの九州カード㈱や九州初の地銀系証券子会社の西日本シティTT証券㈱など各社の強みを生かし、グループ一丸となった展開を図っている。 4月22日に「まるごとサポート店」としてオープンする大橋駅前支店・大橋支店の新店舗イメージ 創業支援機能を相次ぎ拡充 企業向けでは、地場産業の育成、成長分野への支援など地域経済の発展に資する最適なサービスを拡充する中、特に力を入れるのが旧2行で培われた「中小企業育成のDNA」を承継した創業支援だ。 17年11月には、福岡地区に続いて北九州地区にも「NCB創業応援サロン」を新設。 両サロンに創業カウンセラー29人を配置し、きめ細かな相談受付態勢を整えた。 さらに昨年は会計ソフトのfreee㈱や弥生㈱、広報活動支援の㈱PR TIMESと提携し、創業支援ツールの提供を拡充。 創業後5年以内の企業に対する融資金額は17年度に初めて1,000億円を突破したが、18年度はさらに上回る見込みだ。 また、国際ビジネス支援では16年9月に横浜銀行、17年5月に東南アジア最大のDBS銀行と業務提携するなど提携金融機関の充実した海外ネットワークを活用し広域かつ深度ある支援を展開している。 個人向けでは昨年夏に東京証券取引所との「資本市場に関する連携基本協定」に基づき、投資初心者やこれから資産運用を検討する顧客を対象に、NISA、積立NISA、iDeCo等の概要や金融商品の基礎について説明・解説するセミナーを、東証と共同で開催するなど、最適なサービスの提供に努めている。 Fin Techなど新たな領域へ挑戦 同行では高度なコンサルティングサービスの提供とともに、ベストミックスチャネルの構築にも取り組んでいる。 店舗チャネルとしては、4月以降、店舗のリニューアルオープンを行い、顧客満足度の高い店舗づくりと質の高い金融サービスの提供に努めていく。 デジタルチャネルにおいても「西日本シティ銀行アプリ」のサービスメニューを拡充している。 昨年4月、税公金お支払いサービス「NCBアプリペイ」の取扱対象に宇美町、志免町、須恵町、新宮町を追加し、福岡県内の6つの地方公共団体で利用可能とした。 同8月には、車購入、旅行、教育資金といった目的毎に、目標金額・期限などを顧客自身で設定してお金を管理できる「目的貯蓄」機能を追加した。 また、同9月には、北九州市との連携の下、㈱prIngが提供する個人間送金、店頭決済を行うアプリ「pring」を利用したQRコード決済の実証実験に取り組んだ。 今後も先進的な金融サービスの提供に向け、新たな領域へ挑戦していく方針だ。 ncbank. 092-731-3654 担 当/人事部人財開発室 (ふくおか経済EX2019年).

次の

HKT新劇場、西日本シティ銀行が命名権 AKB初、10月下旬の開館目指す(西日本新聞)

西日本 シティ

string 15 "エネルギー" string 0 ""string 12 "サービス" string 0 ""string 9 "不動産" string 0 ""string 15 "医療・福祉" string 0 ""string 6 "卸売" string 0 ""string 6 "小売" string 0 ""string 6 "建設" string 0 ""string 12 "情報通信" string 0 ""string 6 "教育" string 0 ""string 6 "林業" string 0 ""string 6 "物流" string 0 ""string 6 "製造" string 0 ""string 6 "運輸" string 0 ""string 6 "金融" string 0 ""string 18 "金融・不動産" string 0 ""string 15 "金融・保険" string 0 "" 創立15周年、中計推進で グループ総合金融力の進化を目指す 2014年10月に旧西日本銀行と旧福岡シティ銀行の合併で誕生し、今年で創立15周年を迎える㈱西日本シティ銀行。 17年度に始動した西日本FHグループ初の中期経営計画「飛翔2020 〜知恵をしぼろう〜」で『グループ総合金融力の進化』を目指す中、グループの中核会社としてさまざまな取り組みを進めている。 グループ一丸となった展開で「まるごとサポート」を進化 2016年10月に設立した持株会社、西日本フィナンシャルホールディングス(以下西日本FH)のもと取り組む中期経営計画では、来年3月までを「さらなる飛躍に向けた基盤拡大に取り組み、お客さまに選ばれる地域金融グループを目指す『グループ総合金融力の進化』ステージ」と位置付けている。 中でも特に力を入れるのが、「お客さま起点の総合金融サービスの向上」だ。 これまで企業や個人それぞれのステージから生じるさまざまなニーズに応じて最適なサービスを提供してきた「まるごとサポート」をさらに進化させ、全国地銀上位行の同行を中心に地銀系カード会社トップの九州カード㈱や九州初の地銀系証券子会社の西日本シティTT証券㈱など各社の強みを生かし、グループ一丸となった展開を図っている。 4月22日に「まるごとサポート店」としてオープンする大橋駅前支店・大橋支店の新店舗イメージ 創業支援機能を相次ぎ拡充 企業向けでは、地場産業の育成、成長分野への支援など地域経済の発展に資する最適なサービスを拡充する中、特に力を入れるのが旧2行で培われた「中小企業育成のDNA」を承継した創業支援だ。 17年11月には、福岡地区に続いて北九州地区にも「NCB創業応援サロン」を新設。 両サロンに創業カウンセラー29人を配置し、きめ細かな相談受付態勢を整えた。 さらに昨年は会計ソフトのfreee㈱や弥生㈱、広報活動支援の㈱PR TIMESと提携し、創業支援ツールの提供を拡充。 創業後5年以内の企業に対する融資金額は17年度に初めて1,000億円を突破したが、18年度はさらに上回る見込みだ。 また、国際ビジネス支援では16年9月に横浜銀行、17年5月に東南アジア最大のDBS銀行と業務提携するなど提携金融機関の充実した海外ネットワークを活用し広域かつ深度ある支援を展開している。 個人向けでは昨年夏に東京証券取引所との「資本市場に関する連携基本協定」に基づき、投資初心者やこれから資産運用を検討する顧客を対象に、NISA、積立NISA、iDeCo等の概要や金融商品の基礎について説明・解説するセミナーを、東証と共同で開催するなど、最適なサービスの提供に努めている。 Fin Techなど新たな領域へ挑戦 同行では高度なコンサルティングサービスの提供とともに、ベストミックスチャネルの構築にも取り組んでいる。 店舗チャネルとしては、4月以降、店舗のリニューアルオープンを行い、顧客満足度の高い店舗づくりと質の高い金融サービスの提供に努めていく。 デジタルチャネルにおいても「西日本シティ銀行アプリ」のサービスメニューを拡充している。 昨年4月、税公金お支払いサービス「NCBアプリペイ」の取扱対象に宇美町、志免町、須恵町、新宮町を追加し、福岡県内の6つの地方公共団体で利用可能とした。 同8月には、車購入、旅行、教育資金といった目的毎に、目標金額・期限などを顧客自身で設定してお金を管理できる「目的貯蓄」機能を追加した。 また、同9月には、北九州市との連携の下、㈱prIngが提供する個人間送金、店頭決済を行うアプリ「pring」を利用したQRコード決済の実証実験に取り組んだ。 今後も先進的な金融サービスの提供に向け、新たな領域へ挑戦していく方針だ。 ncbank. 092-731-3654 担 当/人事部人財開発室 (ふくおか経済EX2019年).

次の