仮想デスクトップ ショートカット。 Windows 10の仮想デスクトップとは?メリット・デメリットをご紹介

Windows10の「仮想デスクトップ」機能の活用 パソコン画面を増殖して作業効率を高める

仮想デスクトップ ショートカット

Windows10で複数のデスクトップを利用する Windows 10 で複数の仮想デスクトップを利用する方法です。 【執筆時の環境】 Windows 10 Home バージョン 1903(OSビルド 18362. 720) Surface Pro 7 Intel Core i5-1035G4 タスクビューを表示する 仮想デスクトップはタスクビューで管理できます。 まずは、タスクビューの表示の仕方を覚えましょう。 タスクビューを表示するには下記の方法があります。 タスクバーのタスクビューボタンをクリック タスクバーに左側にある[タスクビュー]ボタンをクリックします。 タスクビューを表示します• 現在のデスクトップと起動中のアプリケーションの一覧、履歴が表示されます• 新しいデスクトップが追加されます• 新しいデスクトップに切り替えて、必要なアプリケーションなどを起動します 新しい仮想デスクトップを追加するキーボードショートカット 素早く新しい仮想デスクトップを追加するにはキーボードショートカットが便利です。 タスクビューを表示します• 開いているウインドウを別の仮想デスクトップに移動する• タスクビューを表示します• 移動したいウインドを別のデスクトップにドラッグ&ドロップします 任意の仮想デスクトップを閉じる 作成した仮想デスクトップは閉じることができます。 仮想デスクトップを閉じても開いていたアプリケーションは閉じられることなく、左隣のデスクトップへ移動します。 タスクビューを表示します• 閉じたいデスクトプをポイントします• インターネットで検索し、Wordでレポート作成と言った場合、ブラウザとWordを別のウインドウにしておきデスクトップを切り替える方が作業効率は上がります。 いままで、仮想デスクトップを利用したことがない方は、ぜひ試してみてください。 その際、キーボードショートカット、そして、ノートパソコンであればタッチパッドジェスチャーを覚えれば、その便利さをより実感できます。

次の

Windows 10のタスクビュー(仮想デスクトップ)をショートカットキーで素早く操作する:Tech TIPS

仮想デスクトップ ショートカット

【 本記事のターゲット 】• Windows 10 のパソコンを保有している• お気に入りのWebページのショートカットをデスクトップ上にアイコンとして表示させたい 今回はWindows 10 PCにて、ご自身のお気に入り・よく見るWebページのショートカットアイコンをデスクトップ上に作成する手順をご紹介します。 パソコンやスマホを使っている方、おそらくほとんどの方で日々よく見るページというのがあるかと。 ブックマーク・お気に入りに登録している人も多いかと思いますが、中には「パソコンのデスクトップ上にショートカットアイコンとして配置しておきたい」という方もいらっしゃるかと思います。 そんな方向けに、今回はWindows 10 パソコンにて、デスクトップ上にご自身のお気に入りWebページのショートカットを作成・配置する方法をご紹介します。 ちなみに、Macやスマホでのショートカットアイコンの作成手順は下記別記事に記載しておりますので、興味がある方は合わせて見てみて下さいね。 Windows 10 PCのデスクトップ上にウェブのショートカットを作成する方法 標準ブラウザ Microsoft Edge ではWebショートカットを作成出来ない Windows 10 では、標準ブラウザとして「Microsoft Edge」というブラウザを利用する仕様になっています。 タスクバー or デスクトップ上に「e」というマークのアイコンがあるかと思います。 上記アイコンですね。 Windows 10 PCを購入して、特に何も設定せずにインターネットを使ってWebページをみると、基本はこちらのブラウザを使う形になります。 では、このMicrosoft Edgeを使ってデスクトップ上にWebショートカットアイコンを作成・配置する方法なのですが... 上記、当ブログのTOPページをMicrosoft Edge で開いたものになりますが... 右上のメニューの中を見たり、表示されたウェブページ上で右クリックをしてみても、「ショートカットを作成」といった項目はありません。 そう、Microsoft EdgeではWebショートカットを簡単に作れないような仕様になっているんです。 旧ブラウザInternet Explorer でWebショートカットを作成する方法 じゃあどうやってWindows 10 PCのデスクトップ上にWebショートカットアイコンを作成するか... 色々方法はあるのですが、比較的簡単なやり方をご紹介します。 まず、「Internet Explorer」というブラウザを使う方法です。 こちらはWindows PCの旧ブラウザとなっていて、Windows 10 PCにも標準で含まれている状態です(2020年4月時点)。 上記の通り、左下の検索枠に「Internet Explorer」と入力してみましょう。 同じ「e」のアイコンでも、少し薄い水色のようなアイコンが表示されると思うので、こちらのブラウザを起動して先ほどと同じ様に、ショートカットアイコンを作成したいページを表示させてみましょう。 上記、同じく当ブログのTOPページですが、ウェブページが表示された状態で右クリックをしてみて下さい。 すると、その中に「ショートカットの作成」という項目がありますので、そちらをクリックしてみて下さい。 上記項目が表示されるので、「はい」をクリックしてみて下さい。 すると、上記の右側のアイコンになりますが、ウェブのショートカットアイコンをデスクトップ上に作成する事が出来ました。 が、上記画像の左側の方が見た目も良いですよね。 こちらのウェブショートカットアイコンを作成する方法を次にご紹介します。 ChromeブラウザでWebショートカットを作成する方法 さて、その方法ですがGoogleが無料で提供しているブラウザ「Chrome」を利用する方法です。 ChromeブラウザはWindows 10 に標準で入っていないので、Microsoft Edge などで「Chrome」と検索すると、下記の様なページにアクセスする事が可能です。 ここから無料でダウンロード出来ますので、こちらよりChromeブラウザをWindows 10 PCへインストールしてみましょう。 インストールが完了したら、上記ショートカットアイコンがデスクトップ上に表示されるはずです。 こちらをクリックしてChromeブラウザを起動し、先ほどと同様にショートカットを作成したいページを表示させます。 ページを表示させたら、右上の点が3つ縦に並んでいるアイコンをクリックし、「その他のツール」をクリックします。 すると、「ショートカットを作成... 」という項目がありますので、こちらをクリックしてみましょう。 すると、上記のような項目が表示されますので、「作成」をクリックしてみましょう。 無事、先ほどお見せした上記ウェブショートカットアイコンを作成する事が出来ました。 これで、いつでもデスクトップのショートカットアイコンをクリックして、指定のページへすぐアクセスする事が可能となります。 TIPS:Webショートカットクリック時、デフォルトで起動するブラウザを設定 ちなみにTIPSとなりますが、Webショートカットアイコンをダブルクリックした時、どのブラウザで開くか指定する事が可能です。 初めてウェブショートカットアイコンを作成してダブルクリックした際、下記のようなメニューが表示される事があります。 利用出来るブラウザ一覧が表示され、左下に表示されている「常にこのアプリを使う」にチェックを入れておけば、いつでも指定のブラウザでショートカットアイコンを開く事が可能です。 上記の通り、既定・標準で利用するブラウザを選択する事が可能です。 例えばいつでも「Chromeブラウザ」で開きたいといった場合、こちらでGoogle Chromeを選択した後、Webショートカットアイコンをダブルクリックしてみましょう。 最後に 今回はWindows 10 PCにて、デスクトップ上にWebのショートカットアイコンを配置・作成する手順をご紹介しました。 標準ブラウザの「Microsoft Edge」だとうまく作成出来ないので、本記事でご紹介した「Internet Explorer」か「Google Chrome」を利用してWebショートカットアイコンを作ってみて下さいね。

次の

【Windows10】仮想デスクトップショートカットキーまとめ

仮想デスクトップ ショートカット

仮想デスクトップのショートカットキー• 仮想デスクトップを作成する• 仮想デスクトップの切り替え• 仮想デスクトップを削除する• 仮想デスクトップの設定 仮想デスクトップのショートカットキー キーボードからも仮想デスクトップを操作できます。 仮想デスクトップを作成する 仮想デスクトップはウィンドウを管理するだけで、デスクトップのアイコンや壁紙はすべて共通です。 タブレットモードでは仮想デスクトップを使用できません。 タスクバーがウィンドウであふれるときは、仮想デスクトップごとに表示するウィンドウを切り替えると操作しやすくなります。 これは Windows 10 の新機能です。 一つのデスクトップに複数のウィンドウが表示されています。 タスクバーの [タスクビュー] をクリックします。 [新しいデスクトップ] をクリックします。 新しいデスクトップが作成されます。 これをクリックします。 [タイトル] をクリックして名前を変更できます。 何も表示されていない新しいデスクトップが表示されます。 スポンサーリンク 仮想デスクトップの切り替え タスクビューから [デスクトップ] をクリックして、切り替えられます。 [デスクトップ] の上にマウスを乗せると、そのデスクトップで開いているウィンドウが表示されるので、そのウィンドウをクリックしても切り替えられます。 ウィンドウを別のデスクトップに移動するには、[ウィンドウ] を移動先のデスクトップにドラッグします。 または [ウィンドウ] を右クリックして [移動先] から [デスクトップ] を選択します。 そのデスクトップにウィンドウが移動されます。 すべてのデスクトップで表示する タスクビューから、[ウィンドウ] を右クリックして [このウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] または [このアプリのウィンドウをすべてのデスクトップに表示する] をクリックします。 すべてのデスクトップにそのウィンドウが表示されます。 よく使うアプリなどをデスクトップを切り替えないで使用できます。 もう一度同じ操作をすると 1 つのデスクトップに戻ります。 仮想デスクトップを削除する タスクビューから削除したいデスクトップの [X] をクリックします。 そのデスクトップが削除され、そこで開いていたウィンドウは前のデスクトップに移動されます。 閉じられることはありません。 仮想デスクトップの設定 [スタートボタン] をクリックして [設定] をクリックします。 [システム] をクリックします。 [マルチタスク] をクリックします。 仮想デスクトップの設定を [すべてのデスクトップ] か [使用中のデスクトップのみ] を選択します。 「すべてのデスクトップ」を選択するとタスクバーに、すべてのデスクトップで開いているアプリケーションが表示されるので、ウィンドウを切り替えやすくなります。 スポンサーリンク.

次の