交通費精算 icoca。 ICカードでワンタッチ!勤怠管理&交通費精算|エスピーイー

IC乗車カードを、旅費交通費に計上するベストな経費処理はこれだ!

交通費精算 icoca

入場券としては使用できません。 有人改札の頃は下車する人が電車に乗ってきたのか、入場しただけなのかを判別することは困難でした。 しかし、ICOCA の場合はチップに乗車駅が記録されます。 また、ICOCA 及び ICOCA 定期券は入場券として使用することは出来ません。 従って、下車する(改札を出る)ときに乗車駅と下車駅が同じ場合はエラーとなります。 この様なシステムのため、ICOCA 及び ICOCA 定期券で同一の駅の改札を出入りすることは出来ません。 なお、定期券は ICOCA であるなしに関わらず、入場のみには使用できませんのでご注意ください。 有人改札の頃は上に書いたような理由で入場券のように使っても駅ではわからなかったということです。 Q どちらで質問したらよいのかわからないので、こちらで失礼いたします。 先日友人と某駅の構内で待ち合わせをし、構内の喫茶店で用を済ませて定期で出ようとすると、自動改札を出られませんでした。 身重なのでもたもたとしている内に引っかかったのかと思いましたが、駅の人が来て機械で調べられて、事情を聞かれたのでありのままに話しますと「同じ駅に入って出ることは出来ない。 次から入場料を取る。 」と言うような事言われ、キセルだったみたいです。 友人に話すと「時間が有ったんやから、隣の駅まで行って戻ってきたら良かったのに。 列車に乗らず、駅構内に入る目的なら、たとえ定期券を持っていても「入場券」を買わなければなりません。 但し、「定期入場券」なら、毎日入場することができます(但し、定期入場券では列車には乗ることができない)。 定期券で入場して、すぐに忘れ物があるから出してくれと言うと、入場時刻を見てあまり時間がたっていないなら、入場記録を手動で消去して出してくれるでしょう。 しかし、入場時刻からかなり時間がたっていて、他駅での出場記録も入場記録もなく、また入場した自駅で出ようとすると、それは定期券の区間外の遠い駅まで不正に旅行してきて戻ってきたり、離れた別地域の短区間の定期券や回数券を持っていて、途中無札で乗車して用事を済ませ時駅へ戻って来た可能性が高いので、自駅で入場して時間がたって自駅で出場すると不正乗車と疑われます。 ですから、入場だけが目的なら必ず入場券を買いましょう。 何回も定期券を入場券代わりに不正使用して悪質と判断されたら、その定期券没収の上、定期券の期間中の入場券代金と割りまし料金を取られる可能性もありますよ。 注意しましょう。 定期券は、入場券がわりに使用することはできません。 列車に乗らず、駅構内に入る目的なら、たとえ定期券を持っていても「入場券」を買わなければなりません。 但し、「定期入場券」なら、毎日入場することができます(但し、定期入場券では列車には乗ることができない)。 定期券で入場して、すぐに忘れ物があるから出してくれと言うと、入場時刻を見てあまり時間がたっていないなら、入場記録を手動で消去して出してくれるでしょう。 しかし、入場時刻からかなり時間がたっていて、他駅での出場記録も入場記... A ベストアンサー 地下鉄で使えるカード類はあまりにも多いので整理しましょう。 上に掲げるほど割引率が高くなります。 もちろん、2区以上に乗車する場合は差額を現金又はスルッとKANSAIカードで払えばOKです。 有効期限はあるものの、地下鉄をよく使うが定期を買うほどではないという方にお勧めです。 大阪地下鉄の駅券売機、売店、案内所等で購入できます。 2.回数カード(3300円分使用可、3000円で発売) 割引率は普通の会社の回数券と同程度ですが、無期限なのが魅力です。 大阪市営の地下鉄・市バスに利用でき、残額が足りない時は、他の回数カード、現金又はスルッとKANSAIカードで払うことができます。 大阪市は地下鉄・市バスを乗り継ぐ時に割引が適用されるのですが、このカードならその割引も適用されます。 1もそうですが、大阪市営以外の乗り物には使えません。 例えば御堂筋線の駅から千里中央まで乗った場合は北急部分である江坂-千里中央間の運賃は別途支払う必要があります。 (地下鉄部分江坂までは回数カードで支払う) 発売箇所は1と同じです。 3.ピタパ ICカード方式の乗車券です。 大阪市営の地下鉄市バスは全線対応です。 他のカードと大きく異なるのは1ヶ月間の各社の交通利用状況に応じて、運賃割引が適用されることです。 (大阪市は利用額累計で、他社は同一運賃ごとの利用回数で割引を判断)このため、利用時には運賃の引き去りが一切なく、指定日指定口座から、精算金額が引き落とされます。 即ちクレジットカードと全く同じです。 割引はあるものの、月(1日~末日)単位の利用額の合計が2~3千円程度ですと、たいした割引にはなりませんので、利用状況によっては回数カードのほうが徳となる場合もあります。 但し、残額を気にせず利用できますので、クレジットカードに抵抗がなく、損得を気にしないのなら、お勧めします。 このカードはクレジットカードそのものですので、即時発行はできず、駅等にある申込書でカードを申し込むことになります。 また、大阪市以外で発行したピタパカードでも大阪市営交通分は所定の利用額があれば自動的に割り引かれます。 なお、このカードは券売機等で乗車券に引き換えることや他の乗車券(定期券・回数券)等と組み合わせて使うことはできません。 本人しか使えないことになります。 4.スルッとKANSAI 磁気式カードで、割引はなく販売金額分使用できます。 近畿地方のJR以外の鉄道会社のほとんど(自動改札のある会社は水間鉄道以外全て使えると考えていい)で利用でき、その系列のバスもほとんどが利用できます。 もちろん、大阪市営交通も利用でき、近畿では明石以外の全ての市営交通につかえます。 無期限で、割引がないので、メリットといえば券売機で切符を買わずに乗車できることぐらいしかありません。 どちらかといえば、大阪市営以外の私鉄等を主に使う人にお勧めで、大阪地下鉄をよく使う人は、このカードと1または2を組合すのが賢い利用法といえます。 大阪市営交通では「レインボーカード」の名前で券売機、案内所、売店等で購入できます。 もちろん他社で購入したスルッとKANSAIのカードでも構いません。 このカードは券売機で乗車券等に引き換えることができますので、1枚のカードで複数人で利用したい場合は乗車券に引き換えてください。 (もっとも、もう1枚カードを買ったほうがずっと楽ですが)また、他の乗車券・カード(ピタパ、イコカは除く)と組み合わせて使用することもできます。 5.イコカ JR西日本が発売しているICカードですが、こちらはカードにチャージした金額分しか使うことができず、割引等の特典はありません。 また、大阪市営交通の駅等では、このカードで乗車券等に引き換えることはできません。 下車時に残高不足がある場合に不足金額を現金等で支払うことも原則できません。 (一旦チャージして、その中から払うことになります。 )ですので、大阪市営交通のみで使うには使い勝手がよくありません。 本来JR西日本用のカードをピタパの使える会社でも使えるようにしただけだからです。 従って普段はJRを使うがたまに大阪市営交通も利用するような方にお勧めです。 以上です。 地下鉄で使えるカード類はあまりにも多いので整理しましょう。 上に掲げるほど割引率が高くなります。 もちろん、2区以上に乗車する場合は差額を現金又はスルッとKANSAIカードで払えばOKです。 有効期限はあるものの、地下鉄をよく使うが定期を買うほどではないという方にお勧めです。 大阪地下鉄の駅券売機、売店、案内所等で購入できます。

次の

交通費精算を効率化する!Suica・PASMO・ICOCAなどICカードの履歴活用術とは?|Bizpedia

交通費精算 icoca

Suica・PASMO・ICOCAなど……交通系ICカードの履歴活用術3パターン 電車やバスを利用する際、最近では切符を都度購入するのではなく、ICカードを使用する方がほとんどでしょう。 このICカードの履歴活用によって、交通費精算を効率化する方法3つをご紹介します。 【1】駅の券売機で履歴を印字する 1つ目の方法は、駅の券売機でICカードの利用履歴を印字する方法です。 最もオーソドックスな方法ですが、履歴印字件数には上限があるため注意が必要です。 交通費精算の際には印字した履歴を見ながら、交通費精算書に運賃を一つずつ記入します。 過去のスケジュールから使用したルートを思い出し、路線検索する…という手間がなくなるため、移動が多い営業担当者などは定期的に印字をしておくと、交通費精算の際、多少は楽になるのではないでしょうか。 ・ ・ ・ 【2】「ICカードリーダー」を活用する 2つ目の方法は、専用のICカードリーダーを使い、交通系ICカードの履歴を確認する方法です。 大きく分けて、専用端末を購入する方法と、スマートフォンのアプリを活用する方法の2つがあります。 専用端末「PaSoRi」を購入する ICカード読み取りのための専用端末は「USB対応非接触ICカードリーダー」とも呼ばれ、代表的な製品としてはSonyの「PaSoRi(パソリ)」が挙げられます。 価格相場は2,500円~3,500円ほど。 購入後、はじめにソフトのダウンロードとPCでの設定が必要ではありますが、1度設定してしまえば、そのあとはいつでも楽に履歴確認ができます。 印字のために毎回駅まで行く手間が省けるという点は、大きな魅力ですよね。 ちなみに、機種によって使用できるOS、ブラウザに制限があるケースもあるので注意が必要です。 スマホアプリを活用するーAndoroidのおすすめアプリ4選 専用端末を購入するのが面倒、あるいは邪魔になると感じる方には、アプリを活用する方法がおすすめです。 NFC機能付のAndroid端末であれば、スマートフォンにアプリをダウンロードするだけで、簡単に履歴確認ができます。 代表的な4つのアプリをご紹介しましょう。 その他、残高確認やCSVへの書き出しも可能。 一部のバス情報も見られるというメリットがありますが、定期券の情報が見られないなどのデメリットもあります。 日付、会社、路線、駅、支払額、残額などが分かり、期間指定もできます。 ただし、対応する交通系ICカードは現時点でSuicaとPASMOのみです。 送信した履歴は1件ずつ取り込まれ、明細として管理できます。 対応する交通系ICカードは全国26種類と多い点も魅力的です。 対応している交通系ICカードはSuica・PASMO・TOICA・Kitaca・manaca・ICOCA・SUGOCAなど。 バス路線の履歴確認もできます。 主な決済サービスとして、Apple Payとおサイフケータイについて紹介します。 仕事用とプライベート用で使い分けることで、業務用の交通費だけを簡単に履歴確認できるようになるでしょう。 なお、iPhone上でSuicaの利用金額、乗車区間が見やすく確認できますが、Walletアプリには明細印字機能がありません。 スクリーンショットなどで保存しましょう。 おサイフケータイ機能付のデバイスから会員登録するとSuicaが利用できるようになり、利用履歴も確認できるようになります。 モバイルSuicaは、基本的にクレジットカードの登録が必要ですが、クレジットカードがなくても使用できるサービスとして「EasyモバイルSuica」もあります。 パソコンからモバイルSuicaの会員ページへアクセスすると、Suicaの利用履歴の確認と印刷ができます。 印字は1回のみですが、画面保存すれば繰り返し印刷できます。 ただし、履歴確認できるのはモバイルSuicaを利用した場合のみです。 カード式Suica利用時の明細は確認できません。 さらに便利!マネーフォワード クラウド経費とモバイルSuicaを連携する Apple PayとモバイルSuicaを連携することで、便利に履歴確認ができることは前述した通りですが、最後にもう一つ、更に便利な活用方法をご紹介します。 クラウド型の経費精算サービス「マネーフォワード クラウド経費」を活用すると、上記の方法で履歴を確認する際、都度ID認証を行う手間も省けるのです。 一度設定してしまえば、あとはアプリ側へ自動で連携される履歴データを確認して申請するだけ。 また、定期券内を除外する設定もできるため、通勤範囲内の電車代を差し引く計算の手間もなし。 電車の交通費精算が非常に便利になりそうです。 モバイルSuica・Apple Payを利用している人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の

鉄道でのご利用:自動精算 │ ICOCA:JRおでかけネット

交通費精算 icoca

交通費計算機能で従業員の経費精算管理 Concur Expenseなら、交通費の計算と従業員の経費精算管理がカンタンかつ正確に行えます。 交通系 IC カード Suica、モバイル Suica、PASMO、ICOCA など のデータを読み込んで交通費を計算し、従業員経費精算・管理を行うことができます。 交通系 IC カードを、ネットワーク IC カードリーダー や Android の専用端末で読み込ませると、自動的に Concur Expense に接続し、必要なデータを吸い上げます。 経路・運賃を手入力せずとも、IC カードのデータが Concur Expense に取り込まれます。 なお、データの二重取り込み、データ改ざんの防止、物販データの自動除外にも対応しているため、安心してご利用いただけます。 モバイルSuica対応なので、おサイフケータイ、Apple Payを使って、スマートフォンやApple Watchなどからの乗車履歴の取り込みも可能です。 IC カードの使用履歴を蓄積 交通系 IC カードには、通常 20 件の履歴しか記録されませんが、経費精算の際、Concur Expense に吸い上げられたデータは、サーバーで保管されるため、消えることがありません。 会社に帰ってきたら、IC カードをリーダーにかざすだけで、出張、外出の履歴が自動的に Concur Expense のサーバーに蓄積されるため、経費精算の入力・精算の手間が大幅に減ります。 また、従業員と IC カードは紐付けされ、また二重に蓄積・取り込まれることはありません。 複数のカードに対応 外出・通勤・出張での交通費や旅費など、従業員の経費精算管理の必要性は、人や企業によりさまざまです。 経費精算クラウドのConcur Expense ではそのような多様なニーズに対応するため、交通費精算の際、1 人の従業員につき、複数枚の交通系 IC カードと連動することが可能です。

次の