白い アジサイ 種類。 アジサイ【アナベル】の育て方

紫陽花(アジサイ)の花言葉の意味!白・青は良い意味?悪い意味?

白い アジサイ 種類

アジサイ アジサイは日本が原産地です。 一般に見られる手まり状のアジサイは、 ガクアジサイ(原種)をヨーロッパで品種改良されたものと言われています。 いまやたくさんの種類がありますよね。 特徴としては、花すべてが装飾花となっています。 装飾花とは、 飾り花です。 なので種子が出来るのは稀である為、挿し木や株分けで増やすのが一般的です。 フラウノブコ 『フラウノブコ』 装飾花が赤紫色で覆輪(フクリン)状の手まり咲き紫陽花。 「フラウ」は、オランダ語で「婦人」という意味だそうです。 花びら(装飾花)の中心部に近づくほど色合いが濃くなるグラデーションが見事です。 モナリザ 『モナリザ』 弁の縁に刻みが入っています。 一重であるが、白い覆輪(ふくりん)とナデシコ弁が華やかでなアジサイ。 フリルがついてるみたいで可愛らしいです。 ありがとう 『ありがとう』 午前中の柔らかい日光を十分にあてて育てると花色が濃く色づくため、鮮やかな地色と白覆輪(ふくりん)のツートンカラーが楽しめるアジサイ。 土によって、花色はピンクから青に咲き分けることが出来るそうですよ。 名前が良いですよね~ 贈り物にもしたい感じ。 ガクアジサイ ガクアジサイの原種は千葉南部や三浦半島、伊豆などの限られた海岸地域で自生しています。 ガクアジサイは、日本古来の、昔からあるアジサイです。 小さな粒々のまわりを、3~4枚の花弁を付けた小さな花が取り囲んでいる様子が額のように見えるので「ガクサジサイ」というそうですよ。 小さな粒粒が 花で、ガクとなってる花は装飾花で、こちらもただの飾り花です。 装飾花は、目立つことで、本来の花の部分に昆虫(受粉を助ける)を誘引するためにあるそうです。 丸くて分厚い緑の濃い葉っぱも特徴的です。 雨に唄えば 『雨に唄えば』 八重・がく咲きの品種。 一輪の花は3センチ弱と小型です。 花数は多くありませんが、花弁の数は20枚近くあります。 小さな花を控え目に付ける様子が可愛らしいです。 天を仰いで 『天を仰いで』 平咲きとなり、天を仰ぐ姿となります。 大人っぽいシックな雰囲気ですよね。 天を仰いでは、土の酸度によって花色が変わる品種です。 酸性なら紫、アルカリ性ならピンク色になります。 ホロヨイ 『ホロヨイ』 うす赤のガク咲き。 山アジサイと交配したものです。 葉の形はガクアジサイ形に近いですが、山アジサイみたいに薄緑で光沢がない葉です。 ガクアジサイとヤマアジサイは容易に交配ができるそうですよ。 ヤマアジサイ ヤマアジサイは山や沢の周辺に自生する野生種。 小型の品種で、枝も細め、葉や花も小さめです。 ガクアジサイとは異なり葉に光沢はなく、葉の厚さも薄いです。 葉っぱが尖がっているのが特徴です。 ヤマアジサイ系のアジサイは、 そのほとんどが野山に自生する野生種の改良品種ということもあって、半日陰のような冷涼な環境を好みます。 可憐な雰囲気で自然風の庭によく合い、鉢植えにも向いています。 七変化 『七変化』 この名前の由来は、環境によって様々な色合いに変化することらしいですよ。 時の移り変わり、土や日当たりによって色がかわります。 きれいなピンクもありますよ。 ヤマアジサイは細くて繊細な雰囲気、しなやかさがあるので、風に揺れる姿も美しいです。 新朝日 『新朝日』 有名な赤花のヤマアジサイ紅(くれない)の血を引いています。 小さいながらも華やかさがあって目を引きます。 少し、赤紫に近い赤です。 土の酸度が変わっても変化しない種類です。 紅(くれない) 『紅』ヤマアジサイでも人気の高い種類です。 白く咲き始めた花が徐々に赤く移り変わってゆくさまを楽しめる美しい花。 紅の花が白から赤に変わるのは、 花びらが太陽の光に当たるからだと言われています。 アジサイの育て方のポイント アジサイはもともと野山に自生していた植物で、 繁殖力が旺盛で丈夫なでとても育てやすい植物といわれています。 家のアジサイなどは、 地植えのものは、ほったらかしでもいつも元気だったりします。 手間いらずです。 でも、剪定の時期を間違えると翌年に咲かなかったりもしますので、 アジサイが元気に育つ、参考になりそうな育て方のポイントを書いておきます。 (花あとが気にならなければ、剪定はしなくても翌年も咲きます。 枝や葉が元気なものを選ぶ。 日当たり~半日陰の場所でよく育つ。 鉢植えの場合は、水切れに注意する。 アジサイの剪定は花が咲いた後、花が咲いた枝先2~4枚を切る。 (新芽を残す)• 肥料は、花後と新芽が動き出す前の2月頃にあげると元気です。 鉢植えのアジサイは、1~2年に1回、一回り大きな鉢に植え替えましょう。 色にこだわる場合は、 青花系であれば、未調整のピートモスを混ぜて酸性の土に、 ピンク花系であれば、苦土石灰を混ぜて中性~弱アルカリ性の土にしましょう。

次の

紫陽花の種類が知りたい!白くて小さい妖精のようなあの花はなに?

白い アジサイ 種類

紫陽花(アジサイ)とは? 紫陽花の開花時期は6月から7月で、原産地は日本、東アジア、北アメリカなど。 小さな花びらに見えるのは、実はガクが発達したもので装飾花と呼ばれています。 開花期間も長く、梅雨時の風景を美しく彩ってくれる植物であることから、観賞用植物として人気があります。 日本だけでなく、アメリカやヨーロッパでも広く栽培されており、ヨーロッパで誕生した園芸品種も存在します。 その他の大きな特徴として、咲き進んだ過程や土壌の酸度などによって花の色が変化することがあげられるでしょう。 そのため日本では「七変化」「八仙花」とも呼ばれていました。 紫陽花の語源は、藍で染めたような青い花が、たくさん集まって咲くという意味の「集真藍(アズアサイ)」に由来しているという説があります。 ちなみに紫陽花の漢字表記として用いられる「紫陽花」は、唐時代の中国の詩人・白居易が別の花に付けた名前が誤って広まってしまったものだそうです。 前述したように日本が原産地であることから、『万葉集』にも登場しているほど歴史の古い花なのですが、実は最初から人気の高い花という訳ではありませんでした。 『万葉集』に収録されている和歌で、紫陽花を題材にしたものはわずか二首。 江戸時代に至っては「ユウレイバナ」と呼ばれて嫌われていたそうです。 そんな紫陽花が見直されるようになったのは戦後、北鎌倉の「明月院」の庭に植えられたことがきっかけになったのだとか。 現在の明月院は「鎌倉のあじさい寺」と呼ばれる名所となっています。 この他にも紫陽花を栽培し、初夏の風物詩として人気を集めている名所旧跡が全国に存在し、見頃の時期には「あじさい祭り」などのイベントを開催するところもあります。 各地で開催されていますので、より多くの情報を知りたい場合は、友人と一緒に調べたり、情報を共有するのがおすすめです。 紫陽花は園芸品種としても人気が高く、特に最近は園芸技術の発達もあって、魅力的な園芸品種が多く作出されています。 通販サイトで美しい紫陽花の写真を見て、思わず購入ボタンをクリックした人もいるのではないでしょうか。 梅雨時を美しく彩る花として、初夏には生け花やショーウィンドウのディスプレイなど、飾り花として使われることも多くなってきた紫陽花ですが、注意すべき点は毒性があること。 摂食すると過呼吸や嘔吐、痙攣や麻痺などを起こし、死亡することもあります。 日本でも2008年に、料理の飾りに使用されていた紫陽花の葉を食べた客が中毒を起こしたという報告があるそうです。 スポンサーリンク 花言葉とは? 花言葉は植物に象徴的な意味を持たせるため、各々の植物に与えられたものです。 いつ誕生したのかは不明ですが、西欧の貴族社会では、19世紀初頭に草花を擬人化した『詞華集』が人気を博したという記録が残されています。 日本に花言葉を楽しむ習慣がもたらされたのは明治時代。 当初は輸入された言葉をそのまま使用していましたが、やがて日本独自の言葉が提案されるようになったそうです。 こういった経緯も影響しているのか、花言葉は非常にたくさんの種類があります。 1つの花でも、花の色や花の状態などで意味が変わるものがあるほどです。 また、園芸産業の発達により、新品種が作出された際には、作出者本人が意味を命名することもあるそうです。 新品種は花の種類を問わず次々と誕生しています。 同じ様に新しい意味も誕生するかもしれませんね。 スポンサーリンク 紫陽花(アジサイ)の花言葉の意味 花言葉にはポジティブな意味のものとネガティブな意味のものとの2種類があります。 紫陽花もまた然り。 まずはポジティブな意味を持つ紫陽花の花言葉からご紹介します。 紫陽花のポジティブな意味は「辛抱強い愛情」「一家団欒」「団結」などです。 「辛抱強い愛情」は、雨が降り続く季節にも負けずに花を咲かせるところから、「一家団欒」や「団結」は、小さな花が集まって咲く花姿から生まれたとされています。 ネガティブな意味としては「移り気」「浮気」「冷淡」などがあります。 「移り気」や「浮気」は、紫陽花の花色が変化する特徴から生まれたとされています。 そして「冷淡」の花言葉は、日本で咲く紫陽花の花色が青や藍といったクールな色彩が多いからだと言われています。 紫陽花の花色が変化するのは、紫陽花の花に含まれている色素であるアントシアニンが関係しています。 この色素には土壌が酸性だと青い花をつけ、アルカリ性だと赤い花をつける性質があります。 日本の土壌は総じて酸性が強いため、青や藍、青紫といった青みの強い花が多く見られるのだそうです。 スポンサーリンク 色で変わる紫陽花(アジサイ)の花言葉の意味 紫陽花は開花の状態や土壌の酸度などで色を変える花です。 そして色によって花言葉も違います。 ここでは紫陽花の色別の意味をご紹介します。 白 花嫁のウェディングドレスと共通している色であることや、色素がないため変色しないことから、結婚式でもよく使用されている白い紫陽花。 花言葉は「寛容」「ひたむきな愛情」「気の迷い」などです。 「寛容」と「ひたむきな愛情」の2つは結婚式にぴったりではないでしょうか。 「気の迷い」というと、あまり良いイメージはありませんが、結婚は人生の中でも極めて重要な出来事であることを考えると、「ここで結婚を選択したことは正しいのかどうか」と不安になるのは無理もないことです。 そう考えると、納得できるかもしれませんね。 スポンサーリンク 青 青い紫陽花の花言葉は「辛抱強い愛情」「清澄」「神秘」「あなたは美しいが冷淡だ」など。 梅雨時の長い雨に耐えて咲く花の美しさや、青色から受けるイメージから生まれたとされています。 一般に青や藍といった色は「寒色」と呼ばれ、神秘的で凛としたイメージと冷たいイメージとの両方があります。 紫 紫陽花の紫色は、赤紫色と青紫色との2種類に分かれ、前者は赤やピンク色、後者は青色の紫陽花とほぼ同じ意味を持ちます。 赤紫色は「元気な女性」、青紫色は「辛抱強い愛情」や「無情」「高慢」などです。 ピンク ピンク色などの赤みが強い色をした紫陽花のは「元気な女性」。 明るく、可愛らしいイメージのあるピンク色にぴったりなですね。 花の種類で変わる紫陽花(アジサイ)の花言葉 紫陽花の花言葉は品種によっても違います。 非常に豊富な数がある紫陽花の品種の中から、ピックアップしたものをご紹介します。 ダンスパーティー ダンスパーティーは非常に人気の高い品種の1つです。 ピンク色の星型の花を次々と咲かせる様子が、まるで花がダンスをしているように賑やかなことからこの名前がつきました。 そんなダンスパーティーの花言葉は「強い愛情」「一家団欒」「家族の結びつき」「元気な女性」など。 母の日のプレゼントとしても人気の高い品種です。 万華鏡 万華鏡は島根県農業技術センターで育成された品種で、ピンクや青の装飾花に白い縁取りが入る、とても華やかで美しい紫陽花です。 その美麗さと商品性の高さから、花きの新品種コンテストである「ジャパンフラワーセレクション2012-2013」(鉢物部門)において、最優秀賞にあたる「フラワー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。 そんな万華鏡の花言葉は「辛抱強い愛情」「元気な女性」。 最優秀賞を受賞した実績もあって、母の日のプレゼントとしても非常に人気の高い品種です。 コンペイトウ コンペイトウは、ガクアジサイと呼ばれている日本原産種を品種改良して生まれた品種の1つ。 はっきりとした花色に白い縁取りが入る、華やかで愛らしい姿が人気の品種です。 花言葉は「忍耐強い愛情」「謙虚」など。 「謙虚」はガクアジサイの花言葉でもあります。 スポンサーリンク てまりてまり てまりてまりは、八重咲きの小さな装飾花が、手まり状に丸く集まって咲く紫陽花です。 花言葉は「元気な女性」「辛抱強い女性」など。 ウズアジサイ・オタフクアジサイ ウズアジサイ、またはオタフクアジサイとも呼ばれているこの品種は、花弁が渦をまいたように丸まっているのが特徴です。 江戸時代からある品種で、病気にかかった紫陽花を改良して誕生した変異種とされています。 花言葉は「移り気」「忍耐強い女性」「元気な女性」などです。 母の日に紫陽花を贈るケースが増えている 母の日に贈る花の定番といえばカーネーションですが、最近は鉢植えの紫陽花を選ぶ人が増えているそうです。 その理由として、「元気な女性」「辛抱強い愛情「「一家団欒」といった母の日にふさわしい花言葉を持つこと、品種改良技術の進歩で魅力的な品種が増えていること、そして紫陽花が非常に育てやすい花であることなどが挙げられます。 紫陽花は日本の気候に合っている植物なので、コツさえつかめれば花を育てた経験が少ない人でも育てられます。 また、紫陽花の本来の開花時期は6月ですが、最近は母の日用として温室で育てられたものが出回るようになりました。 そのおかげで手頃な価格で購入しやすくなったことも、鉢植えの紫陽花が人気となった理由でしょう。 ちなみに母の日用のプレゼントとしては、「元気な女性」の意味を持つピンク色の紫陽花が好まれているそうです。 結婚式で紫陽花を使う場合には花言葉の意味に注意しよう 最近では結婚式のテーマフラワーとして使用される機会も増えている紫陽花ですが、以前は結婚式に使うのはタブー視されていました。 何故かといいますと、「移り気」「浮気」「冷淡」などといったネガティブな意味のイメージが強かったからです。 そのため、今でも年配の人達の中には、紫陽花を結婚式に使うことを厭う傾向があるとも言われています。 ですので、結婚式に紫陽花を使いたい場合は「家族の結びつき」「元気な女性」「忍耐強い愛情」「寛容」など、紫陽花のポジティブな意味の花言葉をしっかり伝えてから使うことをおすすめします。 これはフランスの紫陽花に赤やピンク色が多いことが関係しています。 紫陽花は土壌が酸性だと青く、アルカリ性だと赤くなる性質があります。 フランスの土壌はアルカリ性が強いため、赤やピンク色の花をつけやすいのです。 また、紫陽花が開花する6月は、日本だと雨が降り続く高温多湿な時期ですが、フランスでは湿気が少なく太陽の日差しも心地よい、とても過ごしやすい時期。 赤やピンク色の持つ活動的なイメージと、過ごしやすい気候から「元気な女性」という詞が誕生したのではないかと言われています。 まとめ 紫陽花の花言葉について、色々とご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 大切な誰かへの贈り物にする時には、素敵な言葉を添えて贈るときっと喜ばれると思います。 綺麗で魅力的な品種もたくさんそろっていますので、自分で楽しむために購入するのも良いですね。 最後までご拝読いただき、ありがとうございました。

次の

アメリカノリノキ‘アナベル’とは

白い アジサイ 種類

白のアジサイはアントシアニンという花の色の元になっている色素を持っていません。 ですからどんな土に植えても白のままです。 色が変わった理由として2つ考えられます。 1つは購入された白のアジサイがもともと白のアジサイではなかったということ。 アジサイのなかには日に当てる時間が短いか、ほとんどないと発色が薄くなる品種があります。 花が咲いたばかりでは着色がほとんどなく日に当てると色づいてくるというものもあります。 こういう品種だったかもしれませんね。 その場合にはなるべく直射日光は避け、カーテン越しなどの弱い光にだけ短時間当てるようにしてください。 もう一つの理由は 白の品種のアジサイでも花が咲き進むとわずかに色づいてくる場合があります。 中性からアルカリ性土壌ではごく薄いピンク色に、酸性土壌ではごく薄いブルー(紫)になります。 これは白花アジサイの特徴ですので咲き始めら咲き終わりまで純白の状態にしておくのは不可能です。 土壌を変えてもこればかりは変えることは出来ません。 アジサイを販売している方ももう少し勉強してから説明してもらえると助かるのですが・・・ ちょっと不親切な対応でしたね。

次の